コロナ は いつまで 続く。 コロナ いつまで続くの?スピリチュアルな意味や予言と予測!?

コロナウイルス日本いつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査!

コロナ は いつまで 続く

(2020年6月12日追記) 新型コロナウイルスの「感染第2波」や「景気回復の遅れ」に懸念が強まり、NYダウは 前日比 1,861ドル安を記録しました(過去4番目の下げ幅)。 日経平均も、NYダウが下落したことや円高が進んだことなどが要因で、続落しています。 2020年6月8日には 23,000円を超えており、コロナショック前の水準に一気に戻ってきました。 これほど急激に株価が戻ると、「 いつまで続くのか」疑問に思う方がいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、コロナバブルがいつまで続くのか、現状を整理しつつ予想していきます。 日経平均株価が23,000円を回復 <日経平均株価の推移(6か月)> (出典:) 上の図は、日経平均株価の6か月チャートです。 コロナショックが起きた3月にかけて株価が急落し、一旦19,000円付近まで回復、5月後半からはコロナショック前に近い水準まで、一気に株価が上昇しているのがわかりますね。 景気後退が予想されている中で、急激に株価が回復するのは少し気持ち悪く感じます。 なぜなら、株価は企業の価値によって決まるからです。 それにも関わらず、どうして株価が上がったのでしょうか? 中央銀行の金融緩和が株価を押し上げた 景気が悪いのに株価が上がっていく裏側には、 中央銀行の存在があります。 中央銀行とは、「国の金融システムの中核を担う銀行」であり、日本であれば日本銀行(以下、日銀)が、これに当たります。 以前、「」で紹介したとおり、日銀はコロナショックの対応策として、 金融緩和を実施しています。 金融緩和とは、世の中にお金がスムーズに流れるようにするための施策です。 特に意識されたのが、 ETFの積極的な買入れです。 日銀がETFを買うと、その分だけ株価には上昇圧力が加わります。 投資家たちは日銀のETF買いによって株価が上昇すると予想し、その波に乗るかのように株式を買いました。 そのため、日経平均株価が上昇したと考えられます。 このほかにも、政府による財政対応や経済回復への期待が、株価を押し上げた可能性があります。 詳しくは「」をご覧ください。 日経平均株価の今後はどうなる? 日経平均株価の今後を予想するのはとてもむずかしいので、上昇シナリオと下落シナリオに分けて考えていきます。 上昇シナリオ 日経平均株価が上昇するとしたら、次のようなシナリオが考えられます。 中央銀行の金融緩和期待で、株価が上がる 1つ目の「6月12日のメジャーSQに向けて株価が上がる」について考えていきます。 むずかしい内容なので詳しい説明は省略しますが、先物やオプション取引の満期日で、SQ日に強制的に決済されます。 空売りをすると、一定期間後に買い戻して返済しなければならない仕組みなので、 メジャーSQ日には大量の買戻しが起き、株価が上がりやすくなります。 つまり、 6月12日のメジャーSQまでは株価が上昇すると考えられるのです。 2つ目の「中央銀行の金融緩和期待で株価が上がる」は、現在の株式市場と同じ状況です。 「 株価が下がっても中央銀行が買い支えてくれる」 安心感があるので、投資家は積極的に株式に投資できます。 そのため、株価に上昇圧力がかかっているのです。 割高感が意識されて、株価が下がる• 地政学リスクの高まりで、株価が下がる• 中央銀行の金融緩和が終了し、株価が下がる 1つ目の「割高感が意識されて、株価が下がる」について考えます。 後ほど詳しく説明しますが、やといった指標を見ると、 かなり割高感が出ているような印象です。 そのため、割高感から 利益確定のために株式を売る投資家が増えてくれば、株価が下落する可能性があります。 2つ目の「地政学リスクの高まりで、株価が下がる」についてです。 アメリカと中国の関係性悪化や香港での暴動などといった、政治的なリスクが高まっています。 これによって 経済活動が停滞する可能性があり、もしそうなれば、株価にはマイナスの影響が及ぶのです。 3つ目の「中央銀行の金融緩和が終了し、株価が下がる」を見ていきます。 この理由はかんたんです。 上昇シナリオと下落シナリオを総合的に考えると、 6月12日のメジャーSQまでは株価が上がりやすく、その後は 利益確定により株価に下落圧力が加わるのではないかと予想しています。 加えて地政学リスクや金融緩和の終了などにより、株価に下落圧力が加わるかもしれません。 相場の方向性を予想するのはあまり意味がありませんが、現状を整理するとこのようなシナリオが考えられます。 おすすめの温度計は以下の3つです。 日経平均PER• 騰落(とうらく)レシオ• RSI(アールエスアイ) 日経平均PER まずは、「日経平均PER」から紹介します。 日経平均PERは、 株式市場が割高な水準にあるのかどうかをチェックできる指標です。 日経平均に組み入れられている銘柄のEPS(1株あたり純利益)の何倍の株価となっているかを表します。 数値が高ければ高いほど割高と判断する指標です。 通常時は12~15倍で推移していますが、2020年6月5日には 20倍となっています。 通常時と比べて かなり割高感が出ているのがわかりますね。 <日経平均PER> (出典:) 2020年6月5日時点では、騰落レシオ(10日)が 173. 31%となっており、相場が かなり過熱しているのがわかります。 騰落レシオは、「」で確認できます。 RSI(アールエスアイ) 最後に、RSIを紹介します。 RSIとは日本語で「相対力指数」と言われ、 株価の方向性をチェックできる指標です。 0~100%の間で推移し、株価の上昇局面に入ると50%以上で推移します。 反対に下落局面に入ると50%以下で推移するので、50%が上昇か下落の境目になっています。 また、 RSIが70%以上であれば買われすぎ、30%以下であれば売られすぎと判断できるので、相場の天井や底値を推測するのに役立ちます。 RSIは、SBI証券で確認できます。 以下の画像の赤枠部分がRSIです。 <日経平均株価のRSIの推移(6か月)>.

次の

新型コロナウイルスはいつまで続く?季節は関係あるの?SARSやMERS、インフルエンザウイルスと比較

コロナ は いつまで 続く

トルコの首都アンカラにあるハジェテペ大学医学部小児感染症学科のメフメト・ジェイハン教授が、コロナウイルスはその潜伏期間中、患者に何の症状も見られない時期に人から人へ感染することができると述べた。 ジェイハン教授は、 「コロナウイルスの潜伏期間は2日から14日間に及ぶ。 このウイルスは、インフルエンザ、髄膜炎、肺炎、水疱瘡、はしかなどの際の飛沫を通じて感染する。 SARSとMERSは発症後に感染したが、新型コロナウイルスは潜伏期間中に感染する。 なので、対策を講じ、社会的隔離と衛生に注意を払うことが極めて重要だ」と語った。 コロナウイルスはSARSとMERSに比べて感染力が強いことを指摘したジェイハン教授は、流行は3通りの方法で終息する可能性があることに注意を促した。 ジェイハン教授は、 「人々の大多数が免疫力を高めてウイルスが広がらなくなるか、またはワクチンが開発されてそれにより免疫がつく。 3番目は、ウイルスが変異して人から人に感染しなくなる。 流行は、この3通りの道のどれかによって終息するだろう。 例えば、SARSはおそらく変異して終息した」と述べた.

次の

コロナバブルはいつまで続く?日経平均の今後の見通しを予想しました

コロナ は いつまで 続く

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の