エキサイトモバイル 最適料金プラン。 エキサイトモバイルの評判・評価 メリット・デメリットとキャンペーン!

エキサイトモバイルってどうなの? 料金プラン・特徴・評価まとめ

エキサイトモバイル 最適料金プラン

ドコモ回線をそのまま利用できる• 料金が安い• 回線速度が遅くなりすぎない ドコモ利用時、夫婦のスマホ代でだけで月15,000円ほどかかっていた通信費。 エキサイトモバイルに乗り換えてからは、夫婦のスマホ+タブレット端末の 3台契約で 月5,000円になり、通信費の大幅な節約に成功しています。 とても魅力的な「エキサイトモバイル」なのですが、残念なことに格安SIMの中での認知度は低め。 「自分も使っているよ」という方にはあまり出会ったことがありません。 そこでこの記事では、我が家で利用している格安SIM「エキサイトモバイル」について詳しくまとめました。 エキサイトモバイルならではのお得なサービスがたくさんあるので、格安SIM選びの参考になれば嬉しいです。 家族でまとめて乗り換えたい方や、複数回線を利用している方• 通話よりもデータ通信による利用がメインの方• データ使用量が少ない方、逆に大容量を使用したい方• Wi-fi環境でのスマホ利用が多い方 エキサイトモバイルの料金プラン エキサイトモバイルは、ドコモ回線を利用した格安SIMです。 通話がメインの方よりも、 データ容量が多い方にメリットが大きいのが特徴。 通信速度が速く、価格も安いことから、通信費の節約を考えて3大キャリアから乗り換えを検討している方にもおすすめです。 料金プランは「最適料金プラン」と「定額プラン」の2種類 エキサイトモバイルの料金プランは、使ったデータ量の分だけお金を支払う「最適料金プラン」と、毎月の上限と支払額が決まっている「定額プラン」の2種類があります。 最適料金プラン• 定額プラン エキサイトモバイルの「最適料金プラン」 高速データ通信量/月 1枚コース 3枚コース 低速通信のみ 500円 税抜 対象プランなし 〜100MB 630円 税込 1,050円 税込 〜500MB 630円 税込 1,100円 税込 〜1GB 660円 税込 1,180円 税込 〜2GB 770円 税込 1,340円 税込 〜3GB 880円 税込 1,550円 税込 〜4GB 1,150円 税込 1,780円 税込 〜5GB 1,450円 税込 1,890円 税込 〜6GB 1,600円 税込 1,950円 税込 〜7GB 1,900円 税込 2,100円 税込 〜8GB 2,120円 税込 2,190円 税込 〜9GB 2,200円 税込 2,380円 税込 〜10GB 2,380円 税込 2,540円 税込 〜11GB 対象プランなし 2,830円 税込 〜12GB 対象プランなし 3,100円 税込 〜13GB 対象プランなし 3,450円 税込 〜14GB 対象プランなし 3,790円 税込 〜15GB 対象プランなし 3,980円 税込 エキサイトモバイルの「最適料金プラン」では、 その月に利用したデータ容量の分だけ支払いをします。 例えば、使用したデータ容量が2. 5GBだった場合、3GB分を支払えばOK。 月末に残りのデータ容量を気にしてセーブをしたり、使いすぎて速度制限がかかることはありません。 データ容量が、余った・足りないということを気にする必要がないというのがメリットです。 エキサイトモバイルの「定額プラン」 高速データ通信量/月 1枚コース 3枚コース 0GB 650円 税込 1,100円 税込 1GB 670円 税込 1,260円 税込 2GB 770円 税込 1,450円 税込 3GB 900円 税込 1,680円 税込 4GB 1,170円 税込 1,980円 税込 9GB 2,250円 税込 2,460円 税込 20GB 3,980円 税込 4,480円 税込 30GB 5,980円 税込 6,580円 税込 40GB 7,980円 税込 8,580円 税込 50GB 10,180円 税込 10,680円 税込 「定額プラン」は、0〜50GBの間で、 自分で設定したデータ容量分の金額を毎月支払うというプラン。 データ容量が超大量に必要な人や、毎月の通信費を同じ額に揃えたいという人には、こちらのプランがおすすめです。 設定したデータ容量が上限となり、 余った分は翌月に繰り越ししたり、データ容量が足りなくなった場合、 580円 税抜 /1GBで追加することができて安心です。 SIM1枚なら、 1枚で9GBまで• SIM3枚なら、 3枚で合計9GBまで• SIM5枚なら、 5枚で合計9GBまで ちなみに、SIM3枚コースで申し込んだ場合でも、2枚のみ使っても特にペナルティなどはありません。 2台分の契約をしたい場合、 1枚コースを2契約結ぶより、3枚コースで申し込んだ方がお得です。 我が家でも、タブレット端末を利用するまではその方法で利用していましたが、特に問題なく利用することができました。 音声通話機能やSMS機能はオプションで追加が必要 エキサイトモバイルでは、 音声通話機能やSMS機能は必要な場合のみオプションで追加するというシステム。 《オプション追加料金》 音声通話機能 SMS機能付き 月額700円 税別 /枚 SMS機能のみ 月額140円 税別 /枚 通話料 20円/30秒 通話料金やSMS送受信料金は、定額や使い放題ではなく、利用内容に合わせて支払う必要があります。 そのため通話が多い方の場合、 電話アプリなどを併用して通話料金を抑える工夫が必要です。 格安SIMでは多くがこの制度を導入しているため、エキサイトモバイルに限ったことではありませんが、注意が必要です。 エキサイトモバイルのメリット・デメリット エキサイトモバイルのメリット エキサイトモバイルのメリットは、以下の4点です。 口コミなどの情報が少ない• 音声通話機能を契約した場合、12ヶ月間の解約制限がある• データ容量の追加が割高 口コミなどの情報が少ない エキサイトモバイルはCMをあまり見かけないせいか、これほどお得な割にユーザーが少なめ。 そのためか、「人気格安SIMランキング」などで割と上位に出てくるのにも関わらず、 口コミなどの実際に使っている人の情報が少ないです。 我が家でも、ドコモから格安SIMへの乗り換えを検討していた際、あまりの安さと口コミの少なさに「本当に大丈夫?」と思ったくらいです。 ただ、乗り換えてもう2年以上経ちますが、「 エキサイトモバイルを使わない理由がない」というくらい大満足。 口コミが少ないからと、乗り換えを見送らなくて正解でした。 音声SIMを契約した場合、12ヶ月の解約制限あり 12ヶ月以内に解約する場合、 9,500円 税抜 /電話番号の解約違約金がかかります。 ただし、この制度はエキサイトモバイルに限ったことではなく、他の格安SIMの多くも同様です。 12ヶ月経過した後にはいつでも解約可能ですので、短期で利用したい場合を除き、そこまで気にする必要もないでしょう。 データ容量の追加が割高 データ容量の追加は、 1GBごとに580円と基本料金に比べてかなり割高。 1つ上のプランを選択しても、580円も高くならない場合がほとんどです。 定額プランにするのであれば、 データ容量に余裕を持っておいたほうが無難です。 エキサイトモバイルの申し込み方法 エキサイトモバイルの申し込みは、公式ページより簡単に行うことができます。 公式ページ: 《SIMカードのサイズについて》 SIMカードのサイズには、• nanoSIM:8. 3mm• 2019年現在、 nanoSIMが主流ですが、念のためサイズを確認しておくことをおすすめします。 取り扱い説明しなどで確認するか、一度取り出してサイズを測ってから申し込みましょう。 公式ページの解説がとても詳しくて親切なので、流れに沿って申し込みを行えば特に困ることはないと思います。 迷いがちな項目は、リンクがきちんと貼ってありますので、その都度調べながら申し込みを行うことができましたよ。 本人確認書類のアップロードが完了すると、 1週間ほどで自宅にSIMカードが郵送で届きます。 「自宅でスマホ切替え」の手続きを行うと、数日で切替が完了し、利用できるようになります。 あとはエキサイトモバイルのSIMに差し替え、APN設定という簡単な設定を行えばすぐに利用可能です。 この辺のことも、公式サイトに詳しく記載されているので、流れに沿って行っていけばOK。 ここで不安なことといえば、「 いつからいつまでスマホが使えなくなるの?」という点ですよね。 SIMの差し替えを行うまでは、元の契約会社での利用が継続されていますので、スマホが使えなくなるのは、 差し替えている最中のほんの数分〜10分程度だけ。 これなら、安心して乗り換えることができますね。 申し込みにかかる手数料 エキサイトモバイルの申し込みには、以下の手数料がかかります。 《手数料》 新規契約手数料 3,000円 税抜 /申込 無料 SIM追加手数料 3,000円 税抜 /申込 他者へのMNP転出手数料 3,000円 税抜 /電話番号 SIM再発行/サイズ変更/交換 機種変更 3,000円 税抜 /枚 契約プラン変更 0円 税抜 SIMカード発行手数料 394円 税抜 /枚 3枚まで無料 SIM追加手数料:新規契約時の追加は無料• データ通信料金: 2,540円 最適料金プランSIM3枚コース、〜10GB• 音声通話機能: 1,400円• 通話料 データ通信量が8〜10GBになることが多く、月の通信費は4,500〜5,500円くらいにおさまっています。 まとめ エキサイトモバイルは、通信費の節約をするにはとてもおすすめの格安SIM。 普段使っているデータ容量に合わせて、データ容量が多い人も少ない人も、自分にあったプランを申し込むことができます。 SIM3枚コースの場合、SIM3枚のデータ容量の合算で料金が決まるため、端数が出にくくお得です。 2台持ちや、家族で利用したい方の場合、特に節約効果が高くなるでしょう。 エキサイトモバイルの知名度はあまり高くありませんが、「知らなかった」で済ませるのはもったいないほど、格安SIMの中でも特に高品質で低価格のサービスです。 通信費の節約を考えている方は、ぜひ候補の1つに考えてみてはいかがでしょうか? 公式ページ:.

次の

エキサイトモバイルの評判と詳細・速度・口コミ

エキサイトモバイル 最適料金プラン

それぞれ詳しく見ていきましょう。 新しい人気のSIMフリースマホが揃ってる 豊富なラインナップから選べる エキサイトモバイルでは、価格を抑えたエントリーモデルを中心に人気スマホが多数ラインナップしています。 人気のiPhoneやSIMフリーAndroid端末を取り扱っています。 格安SIMに乗り換えるタイミングで新しく端末を購入する場合、初期設定や相性問題の心配がないのは初心者にも安心です。 自分にあった料金プランが選べる 使った分だけ支払う従量制プランも選べる 多くの携帯会社では定額プランを採用していますが、毎月使用するデータ容量が一定ではない方も多いはず。 エキサイトモバイルは、使用したデータ容量に応じて料金が変動していく「 最適料金プラン」が選べます。 料金やデータ容量が一定の「定額プラン」と、料金が変動する「最適料金プラン」は、どちらも一長一短あるため、自分の使い方に合わせて選んでみてください。 1つの回線で1~5枚までのSIMを利用できる 1回線で5枚までSIMを利用できる エキサイトモバイルでは、1契約で最大5枚のSIMでデータ容量をシェアできます。 SIMカードの追加には1回線につき手数料が3,000円と、SIMカード発行手数料394円が発生します。 家族みんなで利用したい人や、メインで使うスマホ以外のサブスマホやタブレットなど複数台で使用するときに便利です。 家族や複数端末でシェアする場合の注意点として、定額プランで誰かが高速データ容量を使い切ってしまうと、全ての回線が低速化してしまうためご注意してください。 最適料金プランの場合は料金が高額になる可能性があります。 通話料が半額になるエキモバでんわ 通話料が半額になる「エキモバでんわ」 エキモバでんわは、相手先電話番号の先頭に「0037-692」を付けて発信することで、通話料がおトクになるサービスです。 IP電話サービスとは異なり、通常の電話回線を使用するため音質がクリアです。 3分以内の国内通話が定額になる「かけ放題オプション」を追加することも可能です。 新プランの「でんわパックプラン」には、最初からエキモバでんわが付帯しており、「最適料金プラン」「定額プラン」は、別途申込みが必要になります。 低速・高速通信の切り替えが可能 格安SIMでは搭載されている事が多い 低速・高速通信の切り替えにもバッチリ対応。 高速通信を手動でオフにすると、高速データ容量を消費せず低速で通信が可能です。 高速通信が必要ないテキストが中心の読み物やメールなどのやり取りなら意外と実用的です。 最適化プランの人は料金を節約するために、定額プランの人はデータ容量を節約したいときに使うと効果的です。 エキサイトモバイルの料金プランを解説 エキサイトモバイルの料金プランは大きく分けて3種類。 高速データ通信と音声通話がセットになった「でんわパックプラン」、あらかじめ使用するデータ容量を決める「定額プラン」と、使ったデータ通信量に応じて料金が変動する「最適料金プラン」から選べます。 どのプランも一長一短があるため、それぞれの特徴を踏まえて自分にあったプランを選んでみてください。 でんわパックプラン でんわパックプラン でんわパックプラン高速データ通信と音声通話ガセットになったプラン。 また、初期費用が0円で始められるのでオススメです。 Lプラン以外は1回3分~10分の通話定額が付いており、 短時間の通話が多いユーザーには使いやすいと思います。 容量が少ないときは金額が安く抑えられ、多めに使ったときでも速度制限に掛からずに使えます。 料金を安く抑えたい人やデータ使用量が変動しやすい人におすすめです。 その反面、規定のデータ容量を超えるごとに自動的に追加料金が発生していくので、データ容量をうまく管理しないといけません。 使いきれなかった高速データ容量は翌月まで繰り越せます。 毎月のデータ容量に変動が少なく、定額で使いたい方におすすめです。 高速データ容量が0MB(低速通信のみ)のプランをはじめ、1GB~50GBまで幅広く用意されており自分に合った容量が選びやすいです。 一括価格と分割価格は以下の通り。 セット端末の価格から3,000円オフで購入することができます。 キャンペーン期間は「 2020年2月6日(木)12:00 ~ 2020年3月31日(火)11:59」となっています。 気になる人はチェックしておきましょう。 1 17D50 auやソフトバンクで購入したiPhoneは、機種によってSIMロック解除をすれば利用できるようになります。 SIMロック解除の条件はキャリアによって異なるため、乗り換える前に確認しておきましょう。 また、テザリングに関してはSIMロックの解除に関わらず一部端末で利用することができません。 エキサイトモバイルでもiPhoneの販売をしており、端末の初期設定が完了した状態で届きます。 端末購入を検討している初心者の方は、乗り換えがスムーズに行なえるのでオススメです。 まとめ:エキサイトモバイルの評価 エキサイトモバイルの料金プランや特徴についてご紹介しました。 通信品質については混雑時に弱い印象がありますが、それ以外の時間帯であればそれほど気にならず使えます。 格安SIMに乗り換えるメリットである「 価格の安さ」を重視している場合、エキサイトモバイルは相性がいいと思います。 段階定額制のプランと定額プランの2種類から選ぶだけのシンプルなプランで、初心者でも迷うことなく自分にあったプランが見つけられます。 今なら、新規申込みは初期登録手数料の3,000円がかからない「 初期登録手数料0円キャンペーン」を実施しているので、どの格安SIMにしようか悩んでいる方は、 お手頃な価格で始められるエキサイトモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

次の

エキサイトモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、従量制プランの格安SIM

エキサイトモバイル 最適料金プラン

エキサイトモバイルの速度制限 出典: は高速データ通信量を使い切った時は、通信速度が200kbpsに制限されます。 この200kbpsに制限されている時に3日で366MBを超えるデータ通信を行うと通信速度が20kbpsに制限されることがあります。 他の格安SIMでは高速データ通信を利用している時に3日で決められた高速データ通信量を超えたら制限されることがありますが、エキサイトモバイルでは高速データ通信を利用している時に制限されることはありません。 ただし、画質の優れた画像を1日に何全通もメールで送信したり、Webカメラで映像を撮影し1日中高画質で配信したりしてしまうと制限がかけられる場合があります。 ただしこのような使い方は意図的に行わないとしないもののため、高速データ通信を利用中は制限がないと考えて構いません。 低速モードになって3日で366MBを超えるデータ通信量を使用すると制限がかかってしまいます。 この時の制限が20kbpsですが、20kbpsですとSNSの閲覧なども難しくなってしまうため出来るだけ避けるようにしましょう。 エキサイトモバイルで速度制限を避けるために エキサイトモバイルは高速モードと低速モードの2種類用意されています。 この2つを切り替えることで速度制限にかかることを避けていきましょう。 高速モードは、下り最大300Mbps、上り最大50Mbpsとなっております。 低速モードは、月々の料金に関係するデータ通信量にカウントされない程度に利用することとなるので、SMSなどを利用する時に向いているモードです。 低速モードの時の速度は最大で200kbpsとなっているため、高速モードと比較すると劣ります。 低速モードに切り替える場合はバースト機能を使っていくことでSMSやWebサイトの閲覧が簡単に行なえます。 このバースト機能は、高速モードをオフにしても通信直後のデータ量は高速通信となる機能のことです。 バースト機能を使うことで低速モードに切り替えてもSNSやWebサイトを閲覧しやすくなります。 ただしエキサイトモバイルのSIMを複数枚運用しているという場合、全てのSIMカードの合計が366MBを超えると制限されるため注意が必要です。 エキサイトモバイルの料金プラン ここからはエキサイトモバイルの料金プランをまとめていきます。 先程もご紹介した通りエキサイトモバイルは使った分だけの支払いとなる最適料金プランと、毎月の料金が一定となる定額プランの2つのプランが用意されています。 高速データ通信を主に利用するという場合であれば、定額プランを選ぶと良いでしょう。 高速データ通信では下り最大300Mbpsのため、使えば使うほど通信量はかかってきます。 そのため最適料金プランで使うと使いすぎてしまう場合もあるので、定額プランの方がおすすめです。 定額プランであれば最初に決めたデータ通信量を超えないようにするだけなので、どれくらい使っているのか気にしすぎなくても良いでしょう。 最適料金プランを使う場合は低速モードやバースト機能を上手に使っていくことで、月々の料金を節約することが可能です。 最適料金プランを選択肢、高速モードを利用せずに低速モードだけで1カ月使い続けられれば月々の支払いは540円になります。 エキサイトモバイルのメリット ここからはエキサイトモバイルのメリットをまとめていきます。 高速モードと低速モードを切り替えられる 先程も書きましたがエキサイトモバイルは高速モードと低速モードを切り替えられます。 低速モードを利用することで高速通信量を気にせずにネットに繋げるため容量が少ないプランを選ぶことが可能です。 高速モードと低速モードが切り替えられるので上手く低速モードを利用して安めのプランを選ぶことも出来ます。 バースト機能に対応している バースト機能に対応しているため、テキストばかりのサイトやTwitterなどのSNSを利用する時に一気にデータをダウンロードしてくれるので速く感じます。 そのため低速モードのときでもイライラする事なく利用できるのです。 余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる エキサイトモバイルは余ったデータ通信量を翌月に繰り越せます。 翌月に繰り越せるのは定額プランの場合のみで、最適料金プランの場合は繰り越せません。 定額プランを利用している場合も低速モードとの切り替えを行っていくことで節約し翌月に繰り越すということも可能です。 高速データ通信を使いすぎても3日感の速度制限がない 他の格安SIM会社では高速データ通信を3日間で使用しすぎると速度制限がかかってしまうというところもあります。 ですがエキサイトモバイルは高速データ通信の場合は3日間の使い過ぎでの速度制限がありません。 低速モードの時は速度制限がかかることがあるため気を付けましょう。 エキサイトモバイルのデメリット ここからはエキサイトモバイルのデメリットもまとめていきます。 低速モード時に3日間で使いすぎると速度制限がかかる 先程ご紹介したのですが、エキサイトモバイルは低速モード時に366MBを超えてしまうと速度制限がかかります。 低速モード時に速度制限がかかるとインターネットが満足に使えない状態になってしまうので気を付けましょう。 高速モードと低速モードを簡単に切り替えるアプリがない 高速モードと低速モードが用意されている格安SIM会社はモードを切り替えるアプリを用意していることが多いのですが、エキサイトモバイルには簡単に切り替えるアプリがありません。 今後アプリがリリースされることを期待しましょう。

次の