大江山の歌 品詞分解。 小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事 口語 訳

俊頼髄脳の歌の八つの病の中に

大江山の歌 品詞分解

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。 いつも独学受験. jpにお越しいただきましてありがとうございます。 助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。 歌合の歌人に選ばれた小式部内侍をからかった定頼の中納言!返り討ちに! 歌人として有名な和泉式部さんの娘、小式部内侍さんは当時、自分の歌がうまいのは母の和泉式部が代わりに詠んでいるからではないか?と人々から疑われていたという。 そんな中、自分をからかった定頼の中納言をみごとな詠みっぷりで返り討ちにした小式部内侍さんに当時を振り返ってもらった。 前から自分の実力がちゃんと評価されてないなとは思っていたんです。 有名な歌人の母の七光なんじゃないの?代わりに読んでもらってるんじゃないの?って。 今回いい機会だと思って、ちょっかいを出してきた定頼の中納言の袖を掴んで聞かせてやったの。 私が詠んでるのよって。 そしたらどうなったと思う? 定頼の中納言ったら返事もしないでどっか行っちゃったの。 しつれーな奴だと思わない?。 ていうかダサすぎるわよね? 心の中で中指を立てていたわ。 あらいけない、ついつい本音が出ちゃったわね。 今のはオフレコでよろしくね。 まあこれを機会に私も有名になったから、定頼の中納言には感謝しているわ。 彼はいい踏み台になってくれたわね。 では後半のコシャリの空想は置いておいて、内容に入っていきましょう。 和泉式部、保昌が妻 にて丹後に下り けるほどに、 京に歌合あり けるに小式部の内侍歌詠みにとら れて詠み けるを 現代語訳 和泉式部が、夫の保昌の妻として(保昌の任国の)丹後の国に下っていた頃に、 都で歌合があったが、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌人に選出されて、歌を詠んだが、 品詞分解 和泉式部 名詞 保昌 名詞 が 格助詞 妻 名詞 にて 格助詞 丹後 名詞 に 格助詞 下り ラ行四段活用動詞「下る」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 ほど 名詞 に 格助詞 京 名詞 に 格助詞 歌合 名詞 あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 に、 格助詞 小式部の内侍 名詞 歌詠み 名詞 に 格助詞 とら ラ行四段活用動詞「とる」未然形 れ 受身の助動詞「る」連用形 て 接続助詞 詠み マ行四段活用動詞「詠む」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 を、 接続助詞 定頼の中納言戯れに、小式部の内侍に、 「(歌人として有名な母和泉式部のいる)丹後に派遣した人はもう帰って参りましたか。 「踏み」=足で踏む=行く• 「文」=手紙 の掛詞になっています。 このパターンを覚えておこう! 品詞分解 大江山 名詞 いくの 名詞 の 格助詞 道 名詞 の 格助詞 遠けれ ク活用形容詞「遠し」已然形 ば、 接続助詞 まだ 副詞 ふみ 名詞 も 係助詞 み マ行上一段活用動詞「みる」未然形 ず 打消の助動詞「ず」終止形 天の橋立 名詞 と詠みかけ けり。 思は ずにあさましくて、「こはいかに。 」 とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖を引き放ちて逃げ られにけり。 小式部、これより、歌詠みの世おぼえ出で来 にけり。 現代語訳 と(小式部内侍は定頼の中納言に)詠みかけた。 定頼の中納言は思いがけず(小式部内侍のみごとな歌の詠みに)驚いて、 これはどうしたものだ とだけ言って、小式部内侍への返歌も出来ず、小式部内侍の掴まれた自分の袖を引き離してお逃げになった。 小式部内侍は、この時から、歌人として世間の評判になることになった。 品詞分解 と 格助詞 詠みかけ カ行下二段活用動詞「詠みかく」連用形 けり。 過去の助動詞「けり」終止形 思はずに ナリ活用形容動詞「思はずなり」連用形 あさましく シク活用形容詞「あさまし」連用形 て、 接続助詞 「こ 代名詞 は 係助詞 いかに。 過去の助動詞「けり」終止形 小式部、 名詞 これ 代名詞 より 格助詞 歌詠み 名詞 の 格助詞 世おぼえ 名詞 出で来 カ行変格活用動詞「出で来」連用形 に 完了の助動詞「ぬ」連用形 けり。 過去の助動詞「けり」終止形 この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。

次の

古今著聞集小式部の内侍大江山助動詞の活用と接続をしつこく確認

大江山の歌 品詞分解

【作者】 未詳( 六波羅二臈 ろくはらにろう 左 ざ 衛門 えもん 入道 にゅうどう ともいわれている) 【成立】 鎌倉時代(1252年)〔鎌倉時代は1185~1333年〕 【ジャンル】 説話集(民間に伝わる話や物語のこと) 【別タイトル】 「大江山の歌」など 「大江山」は高校生の教科書にはほとんど載っており、文章の難易度はそれほど高くまりません。 ここでは和歌の修辞法である 掛詞についてしっかりと学んでほしいと思います。 教員の方はコピペ等で教材づくりに有効活用してください。 概要 和泉式部が夫の保昌と丹後に下っていたときに、前夫との娘である小式部内侍が、京での歌合せに選ばれた。 京では、定頼中納言が、小式部内侍のいる 局 つぼねを通るときに、ちょっかいをかけたが、小式部内侍が即興で詠んだ歌に驚き、返答もせずに逃げて行った。 これより小式部内侍は歌詠みの世界で評判になった。 解説 本文 和泉式部 いづみしきぶ 、 保 やす 昌 まさ が 妻 め にて 丹後 たんご に下りけるほどに、京に 歌合 うたあわせ ありける に、 小式部内 こしきぶない 侍 し 、歌詠みにとられて詠みけるを、 定頼 さだよりの 中納言 ちゅうなごん たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなく 思 おぼ すらむ。 」と言ひて、 局 つぼね の前を過ぎられけるを、 御簾 みす よりなからばかり出でて、わづかに 直衣 なほし〔のうし」 の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず 天 あま の 橋立 はしだて と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるようやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 これはうちまかせての 理 り 運 うん のことなれども、かの 卿 きやう の心には、これほどの歌、 ただいま詠み出だすべしとは知られざりけるにや。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 『和泉式部日記』を書く。 なお前夫は 橘 たちばなの 道 みち 貞 さだ。 このころ 丹後 たんご 守 のかみ であった。 今の京都府の北部。 公 きん 任 とう の子。 外から見えないようにする。 どれほど。 じれったい。 あきれる。 「やは」の形のときは反語になることが多い。 「~であろうか」など訳す。 現代語訳 【現代語訳のみ】 和泉式部が、保昌の妻として丹後に下っていたころに、京で歌合せがあった(のだが、その)とき、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌詠みに選ばれて詠んだところ、定頼中納言がふざけて、(局に)小式部内侍がいたときに、「(お母様に歌を詠んでもらうために)丹後へ遣わした人は参上しましたか(=帰ってきましたか)。 (あなたはその手紙を)どれほど待ち遠しくお思いでしょう。 」と言って、局の前を通り過ぎなさったのを、(小式部内侍は)御簾から半ば身を乗り出して、すこし(定頼中納言の)直衣の袖を引きとどめて、 大江山を超えて生野を通っていく道は遠いので、まだ天の橋立へ踏み入ってみたこともありませんし、母からの文も見ていません。 と詠みかけた。 (定頼中納言は)意外なことで驚いて、「これはどういうことでしょうか。 このようなことがあるのでしょうか、いやないでしょう。 」とだけ言って、返歌もできずに、袖を引っ張って逃げなさった。 小式部内侍はこのときより歌詠みの世界に評判が広まった。 このことは(小式部内侍にとっては)ありふれた当然なことなのですが、この定頼卿の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとはお分かりにならなかったのでしょうか。 【現代語訳と本文】 和泉式部が、保昌の妻として丹後に下っていたころに、京で歌合せがあった(のだが、その)とき、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌 和泉式部 いづみしきぶ 、 保 やす 昌 まさ が 妻 め にて 丹後 たんご に下りけるほどに、京に 歌合 うたあわせ ありけるに、 小式部内 こしきぶない 侍 し 、歌 詠みに選ばれて詠んだところ、定頼中納言がふざけて、(局に)小式部内侍がいたときに、「(お母様に歌を詠んでもらうために)丹後へ遣わ 詠みにとられて詠みけるを、 定頼 さだよりの 中納言 ちゅうなごん たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣は した人は参上しましたか(=帰ってきましたか)。 (あなたはその手紙を)どれほど待ち遠しくお思いでしょう。 」と言って、局の前を通り過ぎなさったのを、 しける人は参りたりや。 いかに心もとなく 思 おぼ すらむ。 」と言ひて、 局 つぼね の前を過ぎられけるを、 (小式部内侍は)御簾から半ば身を乗り出して、すこし(定頼中納言の)直衣の袖を引きとどめて、 御簾 みす よりなからばかり出でて、わづかに 直衣 なほし〔のうし」 の袖をひかへて、 大江山を超えて生野を通っていく道は遠いので、まだ天の橋立へ踏み入ってみたこともありませんし、母からの文も見ていません。 大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず 天 あま の 橋立 はしだて と詠みかけた。 (定頼中納言は)意外なことで驚いて、「これはどういうことでしょうか。 このようなことがあるのでしょうか、いやないでしょう。 」とだけ と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるようやはある。 」とばかり言って、返歌もできずに、袖を引っ張って逃げなさった。 小式部内侍はこのときより歌詠みの世界に 言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世に 評判が広まった。 おぼえ出で来にけり。 このことは(小式部内侍にとっては)ありふれた当然なことなのですが、この定頼卿の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、 これはうちまかせての 理 り 運 うん のことなれども、かの 卿 きやう の心には、これほどの歌、 即座に詠むことができるとはお分かりにならなかったのでしょうか。 ただいま詠み出だすべしとは知られざりけるにや。 (あなたはその手紙を)どれほど待ち遠しくお思いでしょう。 (定頼中納言は)意外なことで驚いて、「これはどういうことでしょうか。 このようなことがあるのでしょうか、いやないでしょう。 」 と詠みかけけり。 」 とだけ言って、返歌もできずに、袖を引っ張って逃げなさった。 小式部内侍はこのときより歌詠 とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠 みの世界に評判が広まった。 品詞分解 単語 品詞等 和泉式部、 名詞 保昌 名詞 が 格助詞 妻 名詞 にて、 格助詞 丹後 名詞 に 格助詞 下り 動詞・四段・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 ほど 名詞 に、 格助詞 京 名詞 に 格助詞 歌合 名詞 あり 動詞・ラ変・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 に、 格助詞 小式部内侍 名詞 歌詠み 名詞 に 格助詞 とら 動詞・四段・未然形 れ 助動詞・受身・連用形 て 接続助詞 詠み 動詞・四段・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 を、 格助詞 定頼中納言、 名詞 たはぶれ 動詞・下二段・連用形 て、 接続助詞 小式部内侍 名詞 あり 動詞・ラ変・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 に、 格助詞 丹後 名詞 へ 格助詞 遣はし 動詞・四段・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 人 名詞 は 格助詞 参り 動詞・四段・連用形 たり 助動詞・完了・終止形 や。 係助詞・疑問 いかに 副詞 心もとなく 形容詞・ク・連用形 思す 動詞・四段・終止形 らむ。 助動詞・現在推量・連体形 と 格助詞 言ひ 動詞・四段・連用形 て、 接続助詞 局 名詞 の 格助詞 前 名詞 を、 格助詞 過ぎ 動詞・上二段・未然形 られ 助動詞・尊敬・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 を 格助詞 御簾 名詞 より 格助詞 なから 名詞 ばかり 副助詞 出で 動詞・下二段・連用形 て、 接続助詞 わづかに 形容動詞・ナリ・連用形 直衣 名詞 の 格助詞 袖 名詞 を 格助詞 ひかへ 動詞・下二段・連用形 て、 接続助詞 大江山 名詞 いくの 掛詞 の 格助詞 道 名詞 の 格助詞 遠けれ 形容詞・ク・已然形 ば 接続助詞 まだ 副詞 ふみ 掛詞 も 係助詞 見 動詞・上一段・未然形 ず 助動詞・打消・終止形 天の橋立 名詞 と 格助詞 詠みかけ 動詞・下二段・連用形 けり。 助動詞・過去・終止形 思はずに 形容動詞・ナリ・連用形 あさましく 形容詞・シク・連用形 て、 接続助詞 「こ 代名詞 は 係助詞 いかに。 副詞 かかる 連体詞 よう 名詞 やは 係助詞・反語(係) ある。 」 動詞・ラ変・連体形(結 と 格助詞 ばかり 副助詞 言ひ 動詞・四段・連用形 て、 接続助詞 返歌 名詞 に 格助詞 も 係助詞 及ば 動詞・四段・未然形 ず、 助動詞・打消・連用形 袖 名詞 を 格助詞 引き放ち 動詞・四段・連用形 て 接続助詞 逃げ 動詞・下二段・未然形 られ 助動詞・尊敬・連用形 けり。 助動詞・過去・終止形 小式部、 名詞 これ 代名詞 より、 格助詞 歌詠み 名詞 の 格助詞 世 名詞 に 格助詞 おぼえ 名詞 出で来 動詞・カ変・連用形 に 助動詞・完了・連用形 けり。 助動詞・過去・終止形 これ 代名詞 は 係助詞 うちまかせて 副詞 の 格助詞 理運 名詞 の 格助詞 こと 名詞 なれ 助動詞・断定・已然形 ども、 接続助詞 か 代名詞 の 格助詞 卿 名詞 の 格助詞 心 名詞 に 格助詞 は、 係助詞 これ 代名詞 ほど 副助詞 の 格助詞 歌、 名詞 ただいま 副詞 詠み出だす 動詞・四段・終止形 べし 助動詞・可能・終止形 と 格助詞 は、 係助詞 知ら 動詞・四段・未然形 れ 助動詞・尊敬・未然形 ざり 助動詞・打消・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 に 助動詞・断定・連用形 や。 係助詞 和歌の修辞法 【修辞法】 〇掛詞 「いくの」…地名の「生野」と「行く」 「ふみ」…「文」と「踏み」 〇四句切れ 〇倒置法…四句目と五句目が倒置 〇体言止め…「天の橋立」 〇縁語…「踏み」は「橋」の縁語 参考 ・教科書『新編古典B』(2015)東京書籍 ・教科書『古典B古文編』(2017)数研出版 ・『明治書院版教科書ガイド新精選古典B古文編』(2019)真珠書院 ・『原色小倉百人一首』(2016)文栄堂 無料教材 自己の責任のもとでご使用ください。 著作権を放棄するものではありません。 教育目的に限りご使用ください。 教材等の中身に不備があった場合、みかたんごまでご連絡ください。 内容に不備がある場合がありますので、一応、内容を精査したのちのご使用をお勧めします。

次の

十訓抄「大江山」の品詞分解|高校古典

大江山の歌 品詞分解

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾(みす)より半らばかり出でて、わづかに直衣(なほし)の袖を控へて 局の前をお通り過ぎになったのを、(小式部内侍は)御簾から体を分ほど出て、少し(定頼の)直衣の袖を引きとめて、 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての理運のことなれども、 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だすべしとは知られざりけるにや。 あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の