ギター コード 表。 ギターのオープンGチューニングの押さえ方や運指がすべてわかる指板表!

ギターコード表について表の横に〇とか×とかありますよね?〇・・・開放弦を弾...

ギター コード 表

Contents• ダイアトニックコード一覧 基本的にはこの形です。 これはキーCなので、キーDのダイアトニックであれば最初のコードのCmaj7の形で、5frから始めて、等間隔移動すればキーDです。 参考までにキーDのダイアトニックコードです。 着目して欲しいのはフレットの場所です。 コードの形は同じですが、スタートのフレットが5frに変わっただけです。 キーEであれば、最初の形を7frから始めたらOKです。 Emaj7ー F m7ー G m7ー Amaj7ー B7ー C m7ー D m7b5 キーDまでは上の形通りで弾いて問題ないですが、Eとなると12frまで行ってしまうので、別の形も覚えましょう。 Fのダイアトニックコードであれば、フレット数を+1にして弾けばOKです。 Gであれば+3、Aであれば+5、Bであれば+7もしくはダイアトニックコードキーCの形で、2frから始めればOKです。 参考までにその他キーのダイアトニックコードです。 というのも、度数で覚えていった方が楽だからです。 あわせて読みたい マイナーキーのダイアトニックコード さて、マイナーキーのダイアトニックなんですが・・・やらない方がいいです。 (笑 3つあるので、混乱してしまう上に使用頻度が低いので、スルーしていいと思います。 ただ、簡単なバージョンがあるので、こちらは必ず覚えましょう。 先ほど紹介したメジャーキーのダイアトニックを使います。 上図はCメジャーのダイアトニックコードですが、これはAmのダイアトニックでもあります。 ポイント Cのダイアトニックは Cmaj7ー Dm7ー Em7ー Fmaj7ー G7ーAm7ー Bm7b5 Amのダイアトニックは Amー Bm7b5ー Cmaj7ー Dm7ー E7ー Fmaj7ー G7 一つだけ違うところは、 Amの5度の音であるEm7がE7に変わります。 というのも5度の音はドミナントコードで1度に行く性質があるからです。 こちらで必要なものを紹介しているので、ご覧ください まとめ いかがでしたか? 全部一気に覚えようとすると必ず メタパニにかかるので、少しづつ覚えていきましょう。 でも紹介したように、ダイアトニックコードを知っていたら、ギタリストの天敵である 耳コピがかなりズムーズに出来るようになるので、しっかり頑張ってください。 コツは一つ一つのキーで名前を覚えるんじゃなく、下記のように1度はmaj7 2度はm7・・・・と覚えて、その都度のキーに合わせて弾いてください。

次の

初心者向けのギターコードはこれ!最初に覚える5つのこと

ギター コード 表

指使い入りギターコード表はこちらから無料ダウンロード・印刷ができます 主要なコードしか載せてませんが、別のコードが必要になったときに書きたせるようにエクセルファイルで作ってあります。 後で書きたす場合はエクセルファイルをダウンロードすると良いと思います。 あとはPDF、JPGがありますのでお好みでどうぞ。 ダウンロードは以下のリンクをクリックしてください。 PDFファイル Excelファイル JPGファイル 指使いが書いてあるので初心者でも押さえ方が簡単にわかる ギターを始めたばかりのころは、まずコードを覚えてみようという人も多いかと思います。 しかし、 どの弦のどのフレットを押さえるかはわかっても、どの指で押さえるかまではなかなかわからないものです。 そこで初心者向けに指使いまで書いたコード表を作ってみたというわけですっ。 必ずしもコード表の指使いどおりにしなくても良いと思いますが、無理のない押さえ方になってますので参考にはなると思いますよ~。 指使い入りギターコード表の見方 コード表を見るとコードダイアグラムには番号が書いてあるのがわかると思います。 この番号は指を表しています。 この番号があることで、コードを何の指で押さえればよいかがわかるわけです。 同じフレットで番号が同じ場合は1本の指で押さえます。 例えばFならば1弦から6弦の1フレットを人差し指1本で押えます。 このように 1本の指で複数の弦の同じフレットを同時に押えるコードをバレーコードと言います。 初めのうちはこのバレーコードが難しいと思います。 弦を押さえているつもりでも、なかなか音が出ないんですよね~。 コードの指使いは押さえやすいやり方でOK さきほどもお伝えしましたが、コード表の指使いは目安として参考にしていただければと思います。 押え方に無理がなければ、ある程度は自分の押さえやすいやり方でいいと思いますよ~。 例えばC のコード。 コード表の押さえ方は以下のように書かれています。 5弦から1弦の4フレットを人差し指でセーハ• 5弦6フレットを中指• 4弦6フレットを薬指• 3弦6フレットを小指 ですが、次のような押さえ方でもOKです。 5弦から1弦の4フレットを人差し指でセーハ• 5弦から3弦の6フレットを薬指でセーハ 1弦は薬指を浮かせて6フレットを押さえないようにする どっちも難しいんですが、やりやすいほうでOKだと思いますよ~。 ギター初心者に難しい押さえ方のコードは別記事で紹介してます 特に難しいと思われるコードの押さえかたは別記事で解説しますので、ぜひご覧ください。 ギター初心者がつまずきやすいFコードです。 簡単に押さえられる省略コードを紹介していますので参考にしてみてください。

次の

Orange(長渕剛) / コード譜 / ギター

ギター コード 表

「ギターの楽譜を読むのは難しそう」と思っている方は多いでしょう。 しかし、実は、ギターの楽譜は、5分で読めるようになるのです。 この記事では、ギターの楽譜の読み方を分かりやすく紹介します。 苦手意識がある人も、ぜひ、最後まで読んでみてください。 最後には「なんだ、ギターの楽譜って簡単じゃん」と思って頂けると思います。 ギターの楽譜は2種類! ギターの楽譜には2種類あります。 「コード譜」と「TAB(タブ)譜」です。 「コード譜」はギターコードが描かれた楽譜で、名前の通り、コード演奏に使います。 「TAB譜」は6本線の楽譜で、ギターソロなどの単音弾きで使います。 それぞれ詳しく説明していきましょう。 コード譜の読み方 はじめにコード譜から説明しましょう。 コード譜は、「コードダイアグラム」と「リズム譜」の2つでできています。 コードダイアグラムは、コードの押さえ方を示した図です。 リズム譜は、文字通り、リズムを示した楽譜です。 コードダイアグラムを見て、コードを押さえ、リズム譜を見てします。 コードダイアグラムは、次の図のようなことを教えてくれます。 横の線が 弦、縦の線が フレットです。 そして、黒丸が 押さえる場所です。 Cコードなら「5弦3フレット」「4弦2フレット」「2弦1フレット」を押さえれば良いです。 一方で、リズム譜は、次のことを示しています。 「コ」の字の記号がダウンピッキング、「V」の字がアップピッキングをすることを示しています。 ) 線に重なっている 斜めの四角は、ストロークのリズムを表しています。 コードダイアグラムとリズム譜を合体すると、コード譜になります。 楽譜は、左から右へ向かって読んでいきます。 コードダイアグラムを見て、それぞれのコードを押さえ、その下のリズム譜にしたがって、ストロークします。 コード譜の読み方のまとめ• TAB(タブ)譜の読み方 次に、TAB(タブ)譜の読み方を覚えましょう。 TAB譜は、6本の弦を、紙にそのまま写したものです。 下の図を見てください。 横線が、それぞれの弦に対応しています。 一番下が6弦、一番上が1弦です。 そして線の上に書いてある数字がフレットの番号です。 これだけでTAB譜は読めたも同然です。 ここからは、さらに詳しい説明になります。 もし興味がなければ読まなくても大丈夫です。 弾きたい曲のTAB譜を見て、分からないところがあれば、適宜、以下の内容を参照しましょう。 TAB譜の読み方 テクニック編 TAB譜には、押さえる場所やリズムの他に、テクニックについても書いてあります。 テクニックの記号について説明していきましょう。 ハンマリング・オン TAB譜に「H」という記号があったら、それはハンマリング・オンです。 Hでつながれている左側の数字でフレットを押さえ、弦を弾きます。 すると、跳ねるような音が出ます。 これがハンマリングオンです。 プリング・オフ 「P」の記号は、プリング・オフを意味しています。 ハンマリングの反対です。 Pでつながれた、左右両方のフレットを押さえておきます。 そして弦を弾きます。 その直後に、数字が大きい方のフレットの指を、弦をひっかくように離して、音を出します。 落ちるような音です。 スライド 「S」の記号は、スライドです。 「S」でつながれた、左の数字を押さえて弦を弾きます。 そして、その弦の振動を残したまま、押さえている指を、次の数字のフレットへスライドします。 なめらかな音の変化が特徴です。 チョーキング 「C」の記号は「チョーキング」です。 チョーキングは、弦を引っ張って音を変えるテクニックです。 「C」でつながれている数字のフレットを押さえて音を出し、そのままフレットに対して水平方向に、弦を引っ張りあげます。 弦でフレットをこするようなイメージです。 「ギューン」と高くなる音が特徴です。 ビブラート 「~~~」という記号がついているのは、「ビブラート」です。 弦を押さえて音を鳴らし、押さえている指をそのまま、弦に対して水平方向に、フレットをこするように、弦を上下に揺らします。 うねうねと揺れる音色が特徴です。 ギターの楽譜の読み方 ちょっとだけリズム編 コード譜にも、TAB譜にも、4分音符や8分休符などの、拍子の記号が出てきます。 ストロークの記号や数字の上に付いている棒や旗が、拍子を表す記号です。 また、一定の間隔で、縦の線が入っていますが、この線で区切られている区間を、小節といいます。 ひとつの小節には、メトロノームが4回「カチ・カチ・カチ・カチ」と鳴る長さだけ、音が入ります。 4回手拍子をして「タン・タン・タン・タン」という長さだけ音が入ります。 この「カチ」や「タン」の1回分の長さが、下の図でいうところの、4分音符です。 「1小節の中には4分音符が4つ入る」と覚えておくといいでしょう。 数字の上に棒が1本だけあったら、それが4分音符です。 棒が1本に加えて、横向きに1本の旗が出ているのは、8分音です。 4分音符の半分の長さで、1小節の中に8つ入ります。 棒が1本あり、旗がなく、棒の下が白丸になっているのは、2分音符です。 4分音符の2倍の長さで、1小節に2つしか入りません。 下の図で整理しましょう。 図では、1小節目はすべて4分音符、2小節目はすべて8分音符、3小節目はすべて2分音符です。 図のように、それぞれの音をカタカナにして覚えるとリズムを理解しやすいです。 しっかり覚えましょう。 まとめ 今回は、ギターの楽譜の読み方を説明しました。 今回の内容は、いっぺんに覚えなくても問題ありません。 弾きたい曲の楽譜を見て、分からないところがあったときに、その都度調べて覚えれば十分です。 もっと詳しく楽譜を学びたい方は、ギターの楽譜ではなく、一般的な楽譜を先に学ぶことをオススメします。 普通の楽譜をしっかりマスターしてから、ギターの楽譜に取りかかった方が、理解が深まり、よりスムーズに学習が進むでしょう。

次の