包茎手術 必要。 包茎って??手術必要なのか?その回答です!

包茎って??手術必要なのか?その回答です!

包茎手術 必要

男性の カンジダ性亀頭包皮炎の原因は、ペニスが包皮に覆われているため、カリの部分が乾燥せずに菌が繁殖しやすいために起こります。 つまり、包茎でなければカンジダ性亀頭包皮炎にはならない・・・ということになります。 仮性包茎なのが原因なので、当たり前と言えば当たり前なのですが。 そのため、包皮はできる限り剥いて乾燥させるよう指導されます。 カンジダ性亀頭包皮炎で手術が必要なケース 日本人の多くは仮性包茎です。 ですが、これは日本だけに限ったことではなく、海外でも非常に多いので、本来は包茎手術は必要ありません。 ですが、先ほども紹介したように、カンジダの原因はペニスに包皮が被っているからなので、場合によっては手術が必要なケースがあります。 ただし、そのケースは非常に稀であり、通常は手術をする必要性は全くありません。 手術が必要なケースは、 ・真性包茎 ・包皮が剥けても痛みが伴う ・ムケても窮屈 このような場合にのみ、手術が必要になります。 要は仮性包茎と言っても、真性包茎またはそれに近い状態の方のみが手術が必要であり、それ以外の方は必要ありません。 これは包皮をめくって乾燥させることができないことや、薬を塗るのが困難であるためです。 ただし、カンジタは一度症状が出ると長引く傾向があるので、長期戦を覚悟する必要があります。 けれど、面白いことに包茎手術を薦める医者は非常に多いんです。 「包茎だと彼女に嫌われる」「恥ずかしくて自信がない」など、巧みにメディアを使って誘導し、手術した方がよいと思わせています。 要は 医者の金儲けのための手段なんです。 本当にしっかりとしたアドバイスをしてくれる医者であればいいのですが、中には金儲けのためだけに薦める医者もいるので、カンジダ性亀頭包皮炎ですぐに包茎手術をした方が良いという医者には注意してください。 包茎手術でトラブル続発!! 当サイトではよほどの包茎(真性)ではない限り、手術はオススメしないと言ってきました。 事実、国民生活センター(2016年6月23日)の発表で、 大量出血や壊死・高額施術などトラブルが続発しているため、注意が呼びかけられています。 この相談では2011年から2015年の5年間が対象になっており、その数は1092件に上るようです。 被害は異性に対して敏感な10代〜30代の方が大半を占めているようです。 詳しい内容を知りたい方は、国民生活センターが発表しているPDFを載せておきますので、ご確認ください。 ですが、きちんと治療すれば治りますので、スグに治らないからといって安易に手術することはやめてください。

次の

包茎手術

包茎手術 必要

包茎を脱するために行う治療。 「どうやって包茎を治すの?」気にはなるけど、費用や治療内容、手術の流れにちんちんにかかる負担など、心配な点は多いですよね? そこで、今回は包茎治療に関するすべての内容を、実際の体験談から赤裸々に紹介したいと思います。 人間、わからないことには不安や心配を感じるものですが、知ってしまえば案外それらは無くなるもの。 包茎で悩んでいるけど、治療に一歩踏み出せない男性の一歩に繋がることを祈ります。 治療の流れの前に、包茎手術の内容を知ろう! 包皮を覆っている包皮を無くし、亀頭部をつねに露出させるのが包茎手術。 包茎を治療する時の流れは、細かい違いはあるものの包茎手術の種類に関わらず基本的に同一の流れを取ります。 包茎手術の種類は包茎の状況によって異なります。 主に仮性包茎に行われる手術です。 ペニスをできる限り伸ばして、ぐるっとペニスを一周分するように包皮を取り除きます。 傷跡が目立ち、ペニスがツートンカラーになることもあります。 背面切開術 Photo by 包皮先端 カリ の背側を縦に切開し、包皮輪を広げる包茎手術。 主に真性包茎やカントン包茎に行われます。 環状切開術と違い、半周分だけ包皮を切除するので傷跡が目立ちにくくなります。 亀頭直下埋没法 出典: 環状切開術と同様に環状に切除する 輪切り するも、切除場所が亀頭直下部分になる手術。 勃起状態のペニスのサイズに合わせて、亀頭の下の部分の包皮を切除し、亀頭下部で皮を縫合します。 位置的に傷跡を目立たなくさせることができますが、性感度を下げる恐れもあります。 根部切除術 出典: ペニスの根元部の包皮を切る包茎手術。 傷跡が陰毛で隠れるのて目立たず、亀頭部から離れているため性感帯も温存できます。 ただし、重度な真性包茎・カントン包茎では手術ができないことがあります。 Vカット小帯温存法 出典: 亀頭直下埋没法と同様の包茎手術。 従来の亀頭直下埋没方と違い、V字カットによる切除で性感帯とも言われる裏筋(小帯)を残し、かつ傷跡を目立たなくさせ綺麗な仕上がりにします。 高度な技術を用いる包茎手術で、手術費用も高額です。 包茎の状態によって判断されるため、まずは一度診察することから始まります。 亀頭増大手術 出典: ヒアルロン酸等を注入し、亀頭を増大して包皮が亀頭に被らないようにする包茎治療。 恒久的な治療では無いので、元に戻ってしまうデメリットがある。 埋没陰茎矯正術 長茎術 出典: 体の中に埋まっているペニスを体外に引き出すことで、物理的な長さを増させて包皮を剥く包茎治療。 陰茎と恥骨を固定している靭帯を、医療用の糸を用いて引き出します。 医療用の糸を用いず、靭帯を剥離させたりする方法もあります。 ただし、被り量の多い包茎では、ペニスを長くしても包皮が剥けきらないことがあります。 恥骨部脂肪吸引 下腹部についた皮下脂肪を吸引することで、埋まってしまったペニスを引き出し、ペニス全体を大きく見せる方法。 包皮の引っ張りを利用する治療法ですが、メインはペニスを大きく見せて短小を治すものです。 ナチュラルピーリング法 余った包皮をペニスの根元部分に引っ張り、医療用糸で固定する包茎治療。 包皮を剥いて亀頭を露わにする方法のため、自力で剥けない真性包茎・カントン包茎には適用できません。 根元部固定法 接着剤固定法 包皮を剥いた状態で医療用接着剤を用いて、亀頭が剥けている状態に固定する包茎治療。 主に、包皮の剥き癖をつけることを目的としたものです。 半年ほどで接着剤の効果が無くなったり、癖が付かない場合が多かったりと効力に限りがあり、多くのクリニックではこの方法は取り扱いされていません。 包茎治療・包茎手術の流れ 実際に包茎治療・包茎手術を受けるとなると、最初から最後までどのような流れになるのかが気になるポイントだと思います。 そこで、包茎治療・包茎手術の一から十までの流れを、私の体験も踏まえて説明します。 包茎治療・包茎手術の流れを知っていることで、不安や心配な点も薄れてくると思います。 ネットや雑誌などに包茎治療のクリニック情報が記載されていますので、そちらのメールアドレスや問い合わせフォーム、電話番号に電話しましょう。 手術をしたい旨を伝えることで、すぐに日程を決めることができます。 一番手っ取り早い方法は電話での予約ですが、メールや問い合わせフォームからの連絡を私はおすすめします。 言わずもがな、包茎に対する悩みは決して軽いものではなく、予約には勇気が入ります。 まずは文章で伝えることで、予約へのハードルを下げることができます。 最初の訪問はとても不安や緊張を抱えると思いますが、いきなり手術するわけではなく、最初はカウセリングから始まりますので安心してください。 カウセリングでは、自分の包茎に対する悩みや手術に対する疑問・不安を、医師が解消してくれます。 手術の内容や費用の説明もこの場で行われますね。 要は、面談形式でこちらの相談に乗ってくれる場、と考えればOK。 包茎で抱えている悩みを全て打ち明けましょう。 このカウセリングで、実際に自分の包茎を医師に見せ、手術の内容や費用についての見積もりを取ってもらいます。 手術のオプション選択も、このタイミングで医師の助言のもと、選択できます。 見積もりをもとに、手術を受けるかどうかを判断する流れとなっています。 もちろん、予想以上の金額になってしまったり、手術の内容に不満があったりした時は、手術をしなくても大丈夫です。 基本的にカウセリング自体は無料となっていますので、そこは安心してください。 また、会計方法もこの場で決める流れとなっています。 現金やクレジットカードで支払える場合は、術後にその方法で支払えば良いですが、厳しい場合は医療ローンを組むことができます。 カウセリングが終われば、いよいよ医師と手術日を決めます。 カウセリング当日に手術を行うことも可能です。 具体的な工程は、包茎手術の種類によって多少の差はあるものの、局所麻酔を打ち、ペニスの皮を切り取り、残った皮を縫合するといった段取りです。 所要時間はおよそ30〜60分。 麻酔は家に帰るまで効果が持続しますので、術後の帰り道で痛みを伴うことはめったにありません。 私の場合も、家に帰ってから数時間は麻酔が持続していました。 カウセリング時に選択した会計方法で支払うのが一般的です。 会計と同時に、包帯・軟膏・痛み止めの薬が処方されます。 包茎手術は外科手術のため、手術した傷口からリンパ液がでることや出血することがあります。 傷口が治るまでは痛みを伴うことももちろんあります。 そういった場合に処方された包帯・軟膏・痛み止めの薬を使います。 クリニックにもよりますが、基本的にこれらは何度でも無料で処方してもらえますので、足りなくなったらもらいに行きましょう。 処方された痛み止めを飲み、軟膏を塗って包帯を取り替える日々が流れます。 ただ、この際に何かトラブルが起これば、すぐにクリニックに行きましょう。 また、ナイロン糸で縫合した場合は、手術の傷口が治った段階で抜糸する必要があります。 抜糸は、手術日から14日以降の日時で行われます。 14日よりも前だと、傷口が完全に治りきっていないため、抜糸はできません。 抜糸は、麻酔を一切せずに行われますが、これが全然痛くないんですよ。 正直、包茎の手術で一番驚いたことでした。 麻酔をしないと聞いて、覚悟して挑んだのですが拍子抜けです。 全くといっていいほど痛みなんてありませんでした。 抜糸は10分もかからずに終わります。 抜糸は基本料金の中に費用が含まれていますので、特にお金はかかりません。 手術日の会計で抜糸の日程を決めるのが一般的ですが、術後の14日以降であれば、メールや電話で抜糸日の予約をすることも可能です。 抜糸が終われば、晴れて包茎の手術は終了!待っているのはズルムケライフ……!!ただし、ここで気をつけなければいけないことが……。 悲惨、包茎手術の落とし穴!術後はしばらく自慰やSEXができない? 包茎の手術をした後、術後の4週間は自慰やSEXができません。 術後は、傷口が完全に治っていないため、濡らしたり刺激を与えてはならず、術後2週間はお風呂ダメ、4週間はこするのダメ、となっています。 お風呂に入るときは、ビニールでペニスを覆い、根本を輪ゴムで止めるなどして濡れないように対処する必要がありますね。 洗いたい気持ちはわかりますが、こらえてください。 私もムレムレしながらもなんとか2週間耐えましたので。 激しい刺激にも耐えられるようになるのには、少なくとも術後から4週間はかかります。 その間はもちろん、自慰やSEXはダメです。 しようものなら傷口が開き、激痛とともに激しい出血に見舞われます。 絶対に止めましょう。 本当に止めましょう。 ちなみにですが、4週間マスターべーションをしなかった私は、夢精して性欲のバランスを取っていました。 (実話)まぁ、しようと思って夢精したわけではないですけどね。 ちなみに、包茎の手術をした後は、傷口が治ろうとしてリンパ液や血が出ることがあります。 医師によると、多かれ少なかれ、必ず起こることのようです。 変な液が出てきても、出血しようとも、慌てずに包帯を変えて軟膏を塗ってあげることが大事。 意外と出血でパニックになってしまう人が多いようですが、「あぁ、必ず出るもんだからしょうがないかぁ」と余裕を持った心で対処しましょう。 もっと詳しく!包茎手術の手順 包茎治療が予約から始まり、アフターケアで終わることは上記で理解したことかと思います。 ですが、実際に行われる包茎手術の術中の流れについて、もっと細かく知りたい人は多いことでしょう。 次は、包茎手術がどのような手順で行われるのかについて、詳しく見ていきましょう。 手術前日 包茎手術の前日は、手術がスムーズに受けられるようにコンディションを整えることをします。 睡眠を良く取って体調を整えたり、毛深い人は隠毛を短めに切ったりなど。 翌日の午前中に手術を受ける人は、夕食以降は飲食をしないようにしましょう。 万が一、麻酔が体に合わず副作用で嘔吐した場合に、胃の中に入っているものを誤って気管や肺に入れないようにするためです。 午後に手術を受ける場合は、寝るまでの飲食に留めましょう。 手術当日 朝起きてからは飲食を避けましょう。 手術が夕方の時は軽めの朝ごはんに留めてください。 手術室についたら まず服を脱いで手術着に着替えます。 そして麻酔の副作用が出ても対処できるように、点滴を行います。 手術手順• 亀頭部を露出させ、冠状溝から5ミリほどの距離を置いて内側 亀頭部側 の切開線を決めます。 包皮を戻した状態で外側 根元側 の切開線を決めます。 陰茎根元に麻酔を打ち、その後手術部分の皮膚に麻酔を打ちます。 二つの切開線の間の皮膚を陰茎から剥がします。 下側 陰茎の裏側 の切開をY字型にします。 出血箇所を止血します。 皮膚の断端を縫い合わせます。 出血を最小限に抑えるため、弾性包帯で巻いて手術は終了です。 痛みがある場合は鎮痛剤を飲むか座薬を使用します。 手術後 家 術後は歩いて帰宅できますが、できる限り安静にした方が良いです。 化膿止めの抗生物質と痛み止め、包帯などを処方してもらい、薬を一週間程度服用します。 夜間に勃起して包帯がきつくなる場合もありますが、緩めない方が安全です。 勃起で痛みがひどくなる場合は、冷やして勃起を静めましょう。 翌日 外来を受診し、傷の具合を確認します。 ほとんどの場合問題なく終了しますが、状態によっては再止血や再縫合がすることもあります。 一週間後 再度診察して、以上が無ければ診察は終了です。 抜糸が不必要な糸を使用していた場合、この時点ではほとんど残っていますが、一ヶ月程度で全部抜け落ちます。 ナイロン糸等で縫合した場合は、この一週間後 手術後から14日以降 に抜糸を行います。 包茎の治療を受ける年齢層 包茎手術の流れを見たところで、次は包茎の治療に関連する内容をいくつか説明したいと思います。 包茎治療ではどの年齢層が治療をしているか、気にはなりませんか? 「包茎の治療に興味はあるけど、俺と同じ年齢層はやっているのか?」という具合に疑問に思うのもおかしなことではありません。 包茎の治療で多い年齢層は幅広く、20〜40代が多いようです。 なぜこのように幅広いのかと言うと、包茎に対して強く悩みを抱える年代は20代であり、経済的に余裕が出てくるのが30〜40代からだと医師は答えています。 確かに、頷ける理由かもしれませんね。 私も20代の時、とにかく友人や女性に見られることが恥ずかしかったので治療を受けましたが、治療費用は決して安くはないので必死にお金を稼ぎました。 あの時はとにかく恥ずかしさが優先して治療に踏み切ることになってきましたが、そのまま年齢を重ねていけば、特定の女性としかSEXはしなくなりますし(結婚の視点から)、その女性さえ包茎を容認してくれれば、お金に余裕ができた段階で手術しようという気になっていたかもしれませんね。 ちなみに、数は少ないけど10代や60〜70代で包茎の治療を受けに来る患者も居るようです。 包茎の治療には未成年の場合、保護者との同伴が必要になるため、10代は少ないようです。 それもそうですよね、包茎はとてもデリケートな問題をなので、中々両親に打ち明けることも手術に同伴してもらうよう頼むことも、難しいことでしょう。 では、60〜70代で包茎の治療に来る人はどういった人なのでしょうか?その年齢でも障害現役、息子も現役ということなのでしょうか?もちろん、息子が生涯現役の人も中にはいますが、60〜70代だと、介護のために包茎の治療をするという理由になってくるらしいです。 介護では全身を洗ってもらったり、排尿の世話をしてもらったりするわけですから、やはり包茎を見せるのは恥ずかしいと考える人が多いようですね。 また、包茎だとしっかり陰茎を掃除できず、介護の人に迷惑をかけるからといった理由から治療を受ける人も居るようです。 治療内容ってどうなっているの?かかる時間は? 包茎の治療は、余った皮を陰茎の半分に当たるところで輪切りに切断し、残った皮と陰茎本体を糸で縫合する内容になっています。 余分な皮がなくなり、余った皮も陰茎本体と融合するので、ズルムケちんこのできあがり!というわけですね。 手術にかかる時間は30〜60分ほどで、局所麻酔(陰茎付近だけ感覚がなくなる)で行われます。 そのため、入院することなく、日帰りで手術が行われますね。 抜糸がポイント!手術にかかる費用っていくらするの? かかる費用は、包茎の種類や状態によって手術の内容は異なります。 基本となる料金は余った皮と陰茎本体を縫合する糸の種類によって決まり、そこからオプション形式で料金が足されていく感じですね。 クリニックによって値段は前後しますが、 抜糸を必要とするナイロン糸を用いる場合はおよそ7万円、 抜糸を必要としない吸収糸だと10万円以上といった感じですね。 手術をしたら、 縫合で使った糸を術後から14日で抜糸する必要がありますので、 抜糸を必要とするかしないかで費用が大きく変わってくるんですね。 吸収糸は、人間の体にあった素材でつくられていおり、徐々に体に吸収されていくので、抜糸を必要とせず、その分金額が高くなっています。 オプションの内容としては、縫合する場所をカリの裏にして「V字」にするプランや、むき出しになった亀頭が感じる刺激を少なくする ヒアルロン酸注射を打つプランなどがあります。 基本的に、残った皮が縫合される場所は陰茎に沿って円状です。 要するに、棒の周りに沿って縫われるわけですね。 縫った痕がひと目で分かってしまう感じです。 これを、 カリの裏で「V字」に縫合することで、手術したことがわかりにくくすることができるんです。 また、カリ裏に残った皮を集めて縫合すると、 皮がカリ裏に与える刺激を軽減してくれますので、早漏の対策にもなるようですね。 この オプションは基本料金に およそ10万円プラスすることで、受けることができます。 また、手術後にむき出しになった亀頭は、長年皮によって守られていたので、とても外部からの刺激に敏感になっています。 その刺激を和らげるためには、ヒアルロン酸を亀頭に注入します。 ヒアルロン酸を注入すると、亀頭内部で薄い膜ができ、神経に刺激が伝わるのを和らげるクッションになってくれるというわけですね。 この ヒアルロン酸注射、1本あたり約12万円もかかり、 亀頭のサイズによって注入する本数が異なってきます。 平均して2〜3本が必要になるらしいので、 多ければ注射だけで30万円以上かかるわけですね。 誰にもばれない医療ローンとは? このように、包茎の手術は決して安くありません。 オプションをつける場合は、やはり20〜30万円前後の料金になってしまいます。 現金やクレジットカードで支払うのに、少し厳しい料金かと思います。 ただ、 嬉しいことに陰茎の手術には医療ローンを使用することができます。 この医療ローンは、住んでいる現住所と身分を証明できれば、 家族や職場にバレることなく利用することができるんです。 免許証一枚で借りられて、かつ秘密主義で使い勝手は最高というわけですね。 分割は相談をベースとして決めることができ、だいたいは20〜40回払いになることが多いようです。 包茎はすぐにでも解決したい悩みなので、お金を貯めるまで手術を待たなくても良くなるこの医療ローンは嬉しい限りだと思います。 手術が終われば、そこは別世界。 包茎の手術に関する実際の流れは以上です。 意外と細かい流れなんかは、クリニックのHPを見てもわからなかったりします。 やはり、デリケートな部分の手術には不安や心配が大きいものです。 細かいところまでも知り、それを納得して上でないと、中々一歩を踏み出せない方思います。 私も、まさかこんなに長い期間、息子をいじいじできないということは知らず、夢の中で果てるという経験をしてしまいました。 ある意味レア体験ではありましたが、布団やシーツを掃除する時は、心と顔が無になっていましたね。 若干涙目にもなっていました。 それに、術後に出血することも知らず、本当に怖かったです。 いや、本当にまじで。 事前に知っておけばまだ冷静でいられたかもしれませんが、息子から血が出てくるのって、本当にビビりますよ……。 ですが、真性包茎からズルムケになり、友達と銭湯に行くの時も、彼女とSEXするの時も、今では堂々とした自分で居ることができます。 なんというか、自信がつくっていうのはこのことなんだな、と。 包茎だった時には、こんなにオスらしい気持ちは知りませんでした。 手術後は、ちんちんがズキズキ痛くなったり、カリの刺激でビクビクなったり、そもそも手術するのがめちゃくちゃ怖かったりしましたが、今では手術して良かったと心から感じています。 確かに、包茎に手術は敷居が高く、怖いなと感じる人も居るかもしれませんが、意外となんてことはありませんよ! ちゃんとした処置をすれば、術後のケアもできますしね。 包茎で悩んでいるようであれば、ぜひ一度、手術を検討してみてはいかがでしょうか? 【関連記事】.

次の

亀頭増大(強化)手術が必要なサイズとは?小さい原因と手術のメリットデメリット

包茎手術 必要

Contents• カントン包茎は手術が必須|管理人はカントン包茎でした ボク自身は28歳の時にカントン包茎手術をしました。 25歳で長男が誕生したのですが、それまでは「嫁純情」でしたので、包茎についての知識がありませんでした。 セックスの普通にしていたため、これと言って注意されることもなかったのでそのまま放置して過ごしてきました。 しかし子供が出来て、お風呂に入る機会が増える為、これはごまかすのがきついな…と思って包茎手術をしました(笑) 上記の図のように、カントン包茎は「亀頭の最大の直径の大きさ」よりも「先端部分の皮」が小さい状態です。 ですから、無理やりに亀頭をむき出しにすると、しばらくするとうっ血した状態になります。 上記の様に、ゴムでキツキツにきびると、血がうっ血するのと同じ理由で、物理的に直径の大きさが小さい為に、非常に危険な状態になります。 ですので、カントン包茎は絶対に手術が必要になります。 ずっと包茎のままでも大丈夫、という男性であれば問題はありませんが…その様な男性はいないと思います。 カントン包茎とは?|無理やりに剥くと非常に危険 直径の理屈で考えた場合、カントン包茎を強引に剥くと非常に危険になります。 血がうっ血して、最悪の場合は亀頭が壊死する可能性もあるようです。 僕も何度か亀頭を露出した事がありますが、亀頭がどんどん紫になってきた為、怖くて元に戻しました。 元に戻ればいいですが、最悪の場合は、亀頭が元に戻らない状態になります。 緊急で病院に行くのは非常に恥ずかしいので、「病院に行くのは恥ずかしいから何としてでも自力で亀頭を出すぞ!」と言う無謀な考えはやめておいた方が良いです。 包茎手術は恥ずかしいのか?|クリニックでの対応について 僕の場合は、もう20年位前ですので、今ほどプライベート保護の面に関してもナーバスではありませんでしたが、包茎手術の電話相談から予約まで全く恥ずかしい事はありませんでした。 電話クリニック相談では、男性の方が相談にのってくれました。 また看護婦さんと顔を合わせるような事もありません。 歯医者さんの様に、病院に入るとオープンな環境で「何人かの受け付けの女の人がいる」事はないので安心していいと思います。 僕の時代で(20年前)その様な感じでしたので、今はもっといい状態になっていると思います。 の2つを行いました。 確か当時、「タッちゃんさんはカントン包茎で亀頭が小さい状態だから、包茎手術をしても亀頭が成長していないから、見た目的にシリコンを入れた方が良いよ」みたいな感じでドクターにその場で言われました。 値段は幾らかを聞いたとき、包茎手術と一緒であれば安くなると言われ、はっきりとは覚えていないのですが「そのくらいなら、ついでにしてもらおう」と思い、やってもらいました。 記憶があやふやなのですが、「シリコン注入の亀頭増大」は事前予約ではなかったと思います。 「皮を切ったついでにやっときましょう」位の感じで受けた様な気がします(笑) 話は反れましたが、基本的にペニス増大手術にしても、包茎手術を受けるにしても「看護婦さんや、受け付けの人に見られる」事は殆ど有りません。 もし気になるような方は、事前に問い合わせをされてみると良いでしょう。 問診も合わせて、トータルで2時間もいたかな?位のイメージでした。 というのも、当時僕は働いていたのですが、手術の当日「痛みがあったら怖い」と思って、休みを取っていたのです。 しかし、包茎手術が終わって2時間ぐらい経って全く痛みがなかった(パンツが擦れる痛みはあったけど、我慢出来る痛みだった)ので仕事をしました。 ですから、手術による痛みは全くありませんでした。 包茎手術を始める前に、亀頭に麻酔注射を打つのですが、「この注射を亀頭に打ちます」と言われて見せてもらった注射が、「こんなに細いんだ!」と思ったの覚えています。 注射が亀頭にのめり込む感覚は、腰が引ける痛みがありましたが、我慢出来ない様な痛みではなかったです。 おそらく、亀頭周りに4ヶ所位は麻酔注射をした記憶があります。 虫歯のときに麻酔を打つ感じです。 しばらくすると全く痛みがなくなります。 包茎手術で痛みがあるというのは、次の日の朝勃ちの時の亀頭の腫れ、皮の突っ張りの痛さです。 ペニスの勃起は、亀頭が膨らむ状態ですので、平常時で皮を縫合する為ペニスが勃起した時は物理的に物体の容量が伸びる、増える事で痛みがあるんだと思います。 この朝勃ちの勃起のみが本当に辛かったです。 しかし、3日目ぐらいに「ペニスが勃起する瞬間に、目元を思いっきりぐっと抑えることで痛みがなくなる」事を知りました。 男性は自分の予想が付かない時にペニスの勃起が起こることがありますが、カントン包茎の手術を終わったばかりの時は、根元をしっかりと押さえてください。 包茎手術の痛みは、ペニスの勃起の時だけでしたので、根元を押さえる方法を覚えるとかなり変わってきます。 ペニス長茎術等の手術の場合は、ペニスの靭帯を切る為痛みなども多少は変わってくると思います。 しかし亀頭にシリコンを注入したり、皮を切ることは痛み的にはそこまで酷くない印象です。 勃起した時の痛みはやはり最初はビックリするくらいですので、勃起しそうになった、勃起して痛みが出た時は根元をしっかりと力強く押さえてください 包茎の種類で手術をするべきかしないで良いのかが決まる 包茎手術と言っても、基本的にはあなたの包茎の種類によって「手術をするかどうか?」が決まります。 やらなくて良いものは、極力やらないほうが有利です。 外科的な何かの作用をペニスにするのは、一番最終手段で良いと思います。 外科的手術が必要なのは真性包茎とカントン包茎と重度の仮性包茎 外科的手術が必要な包茎手術は、「真性包茎」と「カントン包茎」です。 真性包茎とカントン包茎の場合、 自分でペニスの皮を強引に剥いたりすれば、亀頭がうっ血したり壊死する可能性があるので絶対にやらない様にしてください。 包茎手術の金額について 僕の場合、おそらく40万はいかなかったくらいのローンだったと思います。 20年も前の事なので覚えていないので申しわけないのですが。 包茎手術だけであれば20万円以内で収めることが出来るでしょう。 ABCクリニックは「クイック手術」等もあります。 3万~包茎手術も出来ますね。 真性包茎とカントン包茎は保険は効くのか? 真性包茎とカントン包茎は病気として考えられていますので、「保険対象」になります。 しかし、それは「通常の病院」に限ってです。 包茎手術を「専門的に」行っているクリニックは、基本的に保険はききません。 僕の場合の「カントン包茎手術+ペニス増大(シリコン)」も保険なしで40万円以内…という感じでした。 一日数本の「悩めるペニス」を診察している可能性が非常に高い専門のお医者さんにしてもらう安心(餅は餅屋)• プライベートが完全に守られているため「恥ずかしい思い」が極力ゼロに近い状態• 基本的に「ドクター1人」が手術をしてくれる為、「自分のペニス」をさらし者にされる事はない• 「保険がきくから!」の理由だけで「クリニックの選択肢を外す」のは、経験者の僕からしたら考えられません。 ちゃんとしたクリニックで包茎手術をする事をお薦めします。 やはり、包茎手術をしたい男性は「恥ずかしさ」との戦いだと思います。 僕もそうでしたので。 「プライベート完全保護」と「出来上がり」の部分で言えば、専門のクリニック、包茎手術をかなりの数をやって実績を作っているクリニックで包茎手術は「プライスレス」な価値があります。 包茎手術を「通常の病院」でしてもらうメリットとデメリット 真性包茎やカントン包茎は「保険適用」がされる為、地元の病院で手術をする場合、その病院が包茎手術をしてくれていれば「保険がある状態で包茎手術」が出来ます。 10万円の包茎手術であれば、3万円台で出来ると言う事です。 ABCクリニック等は、包茎手術の種類によっては3万円くらいで出来ますし、上野クリニックも、金額的に言えば僕が包茎手術をした時代よりもかなり安いです。 「お医者さんの技術」「金額」で、昔と比べかなりの進化を遂げている包茎手術クリニックの現状です。 ですから、保険が利くからといって通常の病院に行くメリットは考えられないのですが…それでも、病院で保険も利かせたいと思うの男性もいるかもしれません。 総合病院でも大丈夫ですが、• 地元なので「知り合いの看護婦やドクター」がいないとも限らない• 基本的には「包茎手術専門」のドクターはいないと思うので、出来上がりが不安• 包茎手術以外の色々な患者さんがいるため、クリニックの様に「プライバシー」に対して力を入れていない可能性が高い• カントン包茎と真性包茎は保険が利く病気ですが、「プライスレス」な部分を考えれば、「有名なクリニック1択」です。 私が色々な情報を収集した限りでは、 上野クリニック ABCクリニック をお薦めします。 ペニス増大を考えているのであれば、カントン包茎を治すのがお薦め ペニスをデカくしたい男性は、真性包茎とカントン包茎は早急に包茎手術で治療する選択が良いと思います。 真性包茎・・亀頭がデカくなっても皮は剥けない• カントン包茎・・亀頭がデカくなれば「うっ血」が酷くなる可能性が高い ですので、「ペニスデカくしたからどうなる」という話ではないのです。 亀頭が露出していないペニスが幾らデカくなって、「子供のペニスがデカくなっただけ」ですので本当に意味がありません。 例えば、肉体改造で例えると、ダイエットをするのは「格好いいカラダ」「格好いい見た目」になりたいからだと思います。 運動もせずに、単純に食べ物でダイエットをしても、「老人の様に痩せる」だけであり、「体重はグラム単位で減った」けど「格好いい体になれたのか?」で言えばnoになります。 恥ずかしさや不安はあると思います。 しかし、誰でもその様な悩みは持っています。 飛び込んでみて格好いいペニスになった後、ペニス増大に取り組めばよいでしょう。 包茎手術のついでに亀頭増大もする事をお薦めします 僕のように、包茎手術のついでにペニス増大をする事をお薦めします。 事前の相談で、この辺りの金額も聞いておくとよいでしょう。 僕の場合は確か行き当たりばったりで決めたので…(笑) 痛みや難しさは、• カントン包茎手術を単独でした時• カントン包茎手術+シリコンなどの亀頭増大 では全く変わらないでしょう。 金額の部分で違いは出てきますが、「ついで感覚」でせっかくなのでした方が良いです 「亀頭が露出する」だけで、ペニスの見た目が見違えるほどになります。 人間は「欲」が出てきます。 「シリコンをしてもらえばよかった…」と必ず思うはずです 笑 例えば、上野クリニックの場合「シリコン注射1本12万円から」です。 今でも、あのアドバイスをくれたドクターには本当に感謝をしています。 何の努力もせずに、いきなりペニス増大を外科的なモノでする方法はお薦めしませんが、「必ずやらなくてはダメな真性包茎とカントン包茎手術」のついでに、シリコン注射をする事が絶対にお勧めです。 仮性包茎の場合はペニス増大で完治する可能性も十分にある 割と程度が悪い仮性包茎の場合でも、 相対的なサイズが上がった為、皮とペニスの容量が合ったか分からないけど皮カムリ状態を打破出来た この様な口コミや体験、経験もあります。 仮性包茎の男性に限り、まず先にペニス増大やチントレを行ってペニスをデカくする事に取り組めば良い結果が出るかもしれません。 カントン包茎手術のまとめ いかがでしたか?カントン包茎は手術が絶対に必要です。 真性包茎やカントン包茎は、無理やりに皮をむくと亀頭が壊死する可能性が非常に高い為素人判断でやらない様にしましょう。 たまに、「ペニスの先の皮を器具で伸ばし首長族の要領で亀頭の直径よりもデカくして包茎を治す」等の広告も見ますが、個人的にはお薦めしません。 「リスク」と「時間的な効率」を考えた場合、その様な器具で治すことのメリットがあまり分かりません。 何よりも、素人が勝手にその様な判断をするのは危険です。 カントン包茎の場合は、適したクリニックで一日も早く手術をする事をお薦めします。

次の