公務員 ボーナス 2019。 公務員のボーナスについて|支給日・平均額・国家公務員、地方公務員、民間企業の違いなどについて解説

国家公務員の冬のボーナスを公開します!(2019年版)

公務員 ボーナス 2019

人数規模だけで見ていちゃダメよね。 だって学歴や年齢構成が全く違う会社では実態とかけ離れたものになっちゃうもの。 公務員のボーナスの計算方法は? 分かりやすく説明すると、公務員のボーナスは以下の計算式で求めることができます。 これに通勤手当や住居手当などの各種手当が加算されて、毎月の給料になっているんですよ。 扶養手当とは? 扶養手当は、 妻や子供を養うために支給される手当ですね。 東京都の場合、 配偶者は6,000円、子は9,000円です。 (子ども二人目以降は、一人につき4,000円加算) 地域手当とは? 地域手当とは、東京などの大都市では地方に比べ物価が高いため、格差が出ないよう 調整するための手当です。 地域手当については、で計算例とともに説明していますので、ご覧ください。 新規採用1年目の夏のボーナスはいくら? 算定方法は、先ほどのボーナスの計算式に当てはめるだけです。 ただし、 新卒公務員の場合注意しなければいけないことがあります。 それは 在職期間です。 多くの新規採用職員は4月採用なので、在職期間が短くその分ボーナスも少なくなります。 今回は、このケースで計算していきます。 ボーナスについて少し詳しく説明すると、正式にはボーナスは期末手当と勤勉手当の2つから成り立っています。 ボーナス=期末手当+勤勉手当 これを、世間でよく使われる「ボーナス」という言葉で表現しているんですね。 そして期末手当と勤勉手当は、在職期間の取り扱いが違います。 そのため、期末手当と勤勉手当を個別に見ていく必要があるというわけです。 期末手当(平成30年度のボーナス支給月数で計算) それでは期末手当を計算してみましょう。 3= 67,065円となります。 勤勉手当(平成30年度のボーナス支給月数で計算) 続いて 勤勉手当についても計算します。 4= 65,696円となります。 期末手当と勤勉手当を合計すると、ボーナスの額は132,761円となります。 数字を丸めると、以下のようになります。 基本給は、大卒地方公務員の1年目の平均給料月額を使用。 扶養手当、地域手当は0として計算。 在職期間は任意で選んだ茨城県職員の給与に関する条例()および、職員の給与に関する規則()を参照。 今回の試算では地域手当は0として計算したため、 地域手当が出る自治体に勤めている人はもっとボーナスがもらえることになります。 目安として、以下に計算結果を示します。 該当する自治体の地域手当を確認すれば、この目安を使ってだいたいボーナスがいくらもらえるか見積もることができます。 新規採用1年目の冬のボーナスはいくら? 続いて、冬のボーナスです。 冬のボーナスは約42万円 夏のボーナスの約3倍にもなりましたね! これは冬のボーナスのほうが期末手当の支給月数が多いのと、期間率を100%計算するためです。 僕の最初の冬のボーナスも、額面でだいたいこのくらいでしたね。 夏のボーナスと合わせたら50万円を超えます。 それだけあったら、いろいろ欲しかったものを買えますよね!毎回ボーナスの時期が来ると、何を買おうかワクワクしますよ~! 地域手当の違いによる冬のボーナスの加算額 冬のボーナスも、地域手当の違いによる差額を掲載しておきますね。 夏のボーナスのときは、せいぜい数千円から1万円の差でしょ?と思っていた方もいるかもしれません。 しかし満額もらえるボーナスや年収ベースで見ていくと、地域手当の差は大きなものになってくるのです。 お手軽な年収アップの方法 もしあなたが民間企業に勤めていて、年収アップを目的とした公務員への転職を考えているのであれば、手っ取り早いのは他の民間企業に転職することです。 なぜなら、公務員試験はかなりの難関で倍率は10倍以上なんてザラにありますし、しかも1年以上勉強が必要です。 会社勤めをしながら1年以上勉強するのは、正直キツすぎます。 しかもそれだけ努力をしても公務員になれる保証はないのですから、その 労力は転職に回したほうが得策です。 転職エージェントは、漠然とした相談でも親身になって聞いてくれます。 そして、あなたの現状やこれまでの仕事内容を伝えることで、あなたの要望にぴったりの職場を見つけてくれます。 行動を起こさなければ、現状のまま事態はまったく変わってくれません。 おすすめの転職サイト、転職エージェントについてはで紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

2020年夏・公務員のボーナス平均支給額はいくら? [仕事・給与] All About

公務員 ボーナス 2019

2020年夏の公務員のボーナス平均支給額やボーナス事情、国家公務員のボーナスの決まり方、気になる支給日についてご紹介します。 2020年夏の公務員のボーナス平均はいくら?2020年夏の公務員のボーナス平均支給額、ボーナス事情を紹介します。 国家公務員のボーナスは民間の給与事情を元に法律によって決められています。 地方公務員のボーナスも国家公務員に準じて決まっています。 それぞれのボーナスの決まり方、気になる支給日についてご紹介します。 2019年夏のボーナスは好調でしたが、2020年はどうでしょうか? 2020年夏 国家公務員68万 7600円、1. 3%増まずは国家公務員の前回(2019年冬)のボーナスからみてみましょう。 内閣人事局の発表によると、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の2019年冬のボーナス(令和元年12月期の期末・勤勉手当)の平均は約68万7700円。 前年同期より3. 1%減少となりました。 その主な原因は、それまでは夏よりも冬のボーナスの金額が多かったものが、夏と冬と同額になったためです。 前年と同比で支給されていても、0. 1%増。 上げ幅は小さく抑えられました。 勤勉手当は年間0. 05カ月分アップしたものの、平均年齢が下がった(35. 5歳から35. 0歳)のが減少の原因です。 1人への支給を年間でみると、微増ということになります。 2020年夏の国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の平均支給額は68万7600円、 前年比1. 支給月数が昨年の2. 195カ月分から2. 245カ月分と増加するためです。 6%増では、地方公務員はどうでしょうか? 地方公務員も国家公務員の支給実態に合わせるところがほとんどです。 公務員(国+地方)の1人当たりのボーナス平均支給額は74万499円と、前年比0. 6%増。 2019年夏が4. というのも、公務員はストライキなどを実行する「争議権」が認められていません。 その代わりに公務員と民間の給与を比較し、公務員給与を民間の水準に合わせようということです。 具体的には、国家公務員の4月分の給与と、民間企業(企業規模50人以上等の条件あり)の4月分の給与と前年8月からその年7月までに支給されたボーナスを比較し、民間の基準に合わせるよう、国家公務員給与の水準を改定、俸給制度・諸手当制度の見直しを行っています。 比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています。 これらを人事院勧告とし、この結果をもとに給与法が改正されています。 このように、国家公務員の給与やボーナスが決まります。 令和元年人事院勧告でボーナス引き上げ令和元年8月に発表された、人事院勧告の内容をみておきましょう。 民間給与平均は41万1510円。 それに対して国家公務員給与は41万1123円。 その差387円をうめるために、初任給や若年層の俸給引き上げ、ボーナス引き上げ(0. 05カ月分)等改定がされています。 2020年夏 公務員のボーナス支給日は6月30日気になる、国家公務員の2020年夏ボーナス支給日ですが、これも法律で決められています。 ボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給は、 ・基準日(夏6月1日、冬12月1日)に在職する職員に対して (基準日前1カ月以内に退職や死亡した職員にも支給される) ・支給日は、夏6月30日、冬12月10日 (支給日が土曜の場合は前日、日曜の場合は前々日の金曜) と記されています。 2020年の6月30日は火曜ですので、当日6月30日が支給日となります。 地方公務員もこの法律にもとづいて支給されています。 公務員のボーナスは、いわば民間全業種の平均給与やボーナスの鏡ともいえる存在です。 平均年齢が下がっているのにもかかわらず、今年はなんとかキープできたということでしょうか。 ただ、コロナ禍の影響で2020年からの民間のボーナスは間違いなく減少に転じるでしょう。 それらに連動して、公務員のボーナスも減少に転じると思われますが、民間の下げ幅と公務員の下げ幅がどのようになるか、注目したいところです。

次の

公務員1年目(新規採用)の夏冬ボーナスはいくら?支給日はいつ?|公務員試験おすすめ予備校・通信講座比較

公務員 ボーナス 2019

実は、公務員のボーナスは3回もらえていた時期がありました。 で、このことについて紹介しています。 民間企業のボーナス日は? ちなみに、民間企業の夏のボーナスは公務員の支給日より遅いケースが多く、一般的には7月の初旬に支給されています。 そして冬のボーナス支給日は12月初旬が多いです。 冬のボーナスは、夏よりも会社によって違いが大きくあるので一概には言えません。 ただ多くの会社では12月5日、12月10日、12月25日など5の倍数の日に支給されることが多いようですね。 ボーナス日が休日のときはいつ支給されるの? 公務員のボーナス日が休日の場合は、前日か前々日に支給されることがほとんどです。 たとえば、以下のような具合です。 2019年夏のボーナス支給日 6月28日(金) 冬のボーナスについては、支給日が平日ですので通常どおり10日に支給されるということですね。 2019年冬のボーナス支給日 12月10日(水) なぜ休日だと前払いになるの? なんで支給日が休日のときには前日に支払うの?という疑問があると思いますが、それは条例や規則で、支給日が休みの場合の取扱いについて定めているからです。 前日支払いの考え方としては、福利厚生的な側面も含まれています。 たとえばローンを組んでいたり、給料日を計算して生活費をやりくりしている人がいるとします。 すると、定められた日付よりも後ろ倒しで給料が支払われると、その日数分だけお金が入るのが遅くなるので、 お金のやりくりに困るわけですね。 そのため、少しでも早く職員に給料を出してあげたほうが職員のためになる・・・このように、福利厚生的な面があるといえます。 そしてこの考え方はボーナスだけでなく、毎月の給料でも存在します。 そのため、給料日が休日の場合は前倒しで支払われることとなっています。 公務員のローンについては、へどうぞ。 少しでも安くローンを組むためのおすすめの方法を紹介しています。 公務員のボーナス支給月数はどうやって決まるの? はじめに人事院が国家公務員のボーナスを決め、地方公務員がそれにならうかたちで支給月数を決定します。 具体的には、毎年8月に人事院という機関が 「人事院勧告」 というものを出しており、ボーナスの支給月数は事実上ここで決まります。 そして地方公務員は、人事院勧告で決まった月数をそのまま適用することがほとんどです。 公務員のボーナス支給額はどうやって決まるの? 人事院では、従業員50人以上の事業所を対象にして、ボーナスや毎月の給料を調査しています。 そしてその実績と照らし合わせて、その平均値に近づくように勧告を行っていきます。 ということは、公務員のボーナスは 従業員50人以下の事業所よりも多くなるということ。 実は、公務員のボーナスが高いと言われる理由はここにあります。 50人以上の事業所ばかり計算していたらそりゃあボーナスが多くなるに決まってるだろ!そもそもボーナスがない中小企業だってたくさんあるんだぞ! という声が多く聞かれるのは、このような計算方法が原因だったんですね。 ただ、公務員という組織の規模は大きく、町役場でも100人以上の規模になることは普通です。 そう考えると、事業規模で比較するなら50人以上を算定根拠として使うのは、あまりにかけ離れた数字を使っているともいえない面があるとも言えます。 2019年のボーナス支給月数を予想してみた 2018年8月の人事院勧告では、国家公務員のボーナスは前年度よりも 0. 05ヶ月分増額となる改定が行われました。 そこで、2019年の人事院勧告ではどのような勧告がされるか予想してみました。 僕の予想では、据え置きです。 ここ5年間、公務員のボーナスは増額改定が続いていました。 その背景には、アベノミクスによる企業の業績が好調だったことが挙げられます。 しかしここ最近、企業の業績の伸びが鈍化してきています。 決算発表を見ても下方修正している企業が目立つようになってきました。 さらに、日経平均株価も25,000円のカベを超えることができず、下落トレンドに入っているようにも見受けられます。 (2019年1月19日現在) そして米中の貿易戦争の不透明感は2018年から引き続き続いたまま。 こうした情勢を受け、日本国内企業の業績が好調なままでいることは難しいのではと考えます。 2018年のボーナスは年間で4. 45ヶ月分支給されましたので、2019年もこの4. 45ヶ月分が支給されると予想します。 公務員のボーナスの計算方法は? 次に、ボーナスをどのように計算するのか説明します。 ただ、計算方法は割とシンプルですので安心してください。 公務員のボーナスは基本的には以下の計算式で求めることができます。 45ヶ月とすると、年間で以下の額がもらえます。 45ヶ月=133. 5万円 そのとおり!国家公務員の平均年齢はこんなに若くないよ 笑 このカラクリですが、「 管理職のボーナスを除くもの」として公表されているんですよね。 このことは、内閣官房の記者発表資料にもちゃんと明記されています。 しかし、管理職をあえて除外する必要はないと思います。 今後発表されることになる統計で、全職員へのボーナス支給額が掲載されることになるからです。 ではなぜこのようなことをするのか?という疑問についてですが、それは数字が与えるインパクトにあります。 数字の影響は大きいので、「公務員はボーナスをもらいすぎている」という印象を少しでも軽減するための手段じゃないかと僕は考えています。 2019年夏のボーナスの平均支給額 推計値 国家公務員の夏のボーナス平均支給額(推計値) それでは、統計資料に基づいて独自に推計してみた結果はこちらです。 地方公務員は夏に比べて約9万円アップ! 民間の景気がいいとどんどんボーナスも上昇していきますが、いったん景気が原則すると公務員の給料やボーナスは上がらなくなります。 国家公務員の過去10年間のボーナス推移 次に、国家公務員と地方公務員の過去10年間のボーナスの推移を見てみましょう。 まずは国家公務員からです。 2018年 4. 45ヶ月分 約171万円 2017年 4. 4ヶ月分 約169万円 2016年 4. 3ヶ月分 約165万円 2015年 4. 2ヶ月分 約161万円 2014年 4. 1ヶ月分 約158万円 2013年 3. 95ヶ月分 約140万円 2012年 3. 95ヶ月分 約139万円 2011年 3. 95ヶ月分 約148万円 2010年 4. 15ヶ月分 約155万円 2009年 4. 5ヶ月分 約167万円 2008年 4. 5ヶ月分 約165万円 地方公務員の過去10年間のボーナス推移 続いて地方公務員のボーナス推移です。 2018年 4. 45ヶ月分 約155万円 2017年 4. 4ヶ月分 約153万円 2016年 4. 3ヶ月分 約150万円 2015年 4. 2ヶ月分 約148万円 2014年 4. 1ヶ月分 約145万円 2013年 3. 95ヶ月分 約150万円 2012年 3. 95ヶ月分 約152万円 2011年 3. 95ヶ月分 約143万円 2010年 4. 15ヶ月分 約151万円 2009年 4. 5ヶ月分 約166万円 2008年 4. 5ヶ月分 約168万円 国家公務員、地方公務員ともに約140万円~170万円の間で支給されていることが分かりますね。

次の