アイビス 透過 保存。 自動で5秒!?背景透過化(削除)できる「press.prosperity.com」の使い方

アイビスペイント透過png保存が反映されない時の対処方法

アイビス 透過 保存

今LINEではたくさんの種類のスタンプが販売されています。 最初にLINEスタンプのクリエイターに目を付けてスタンプを作成した人の中には億万長者になった人もいるかと思います。 今回はアイビスペイントというアプリを使って作っていきます。 簡単にLINEスタンプは作れます。 下の記事も是非参考にしてみてくださいね~ 目次• スポンサーリンク <下準備をしておく> では初めに今回使うアイビスペイントというアプリをダウンロードしておきます。 有料版もありますが、無料版で充分作れます! ねこまちは無料版にしました。 今回は紙に描いたイラストをそのまま使って、スタンプを作る方法になるので、あらかじめ白い紙にLINEスタンプ用のイラストを描いて、それをスマホで写真撮影しておきましょう。 <アイビスペイントを使って、作成スタート!> アイビスペイントアプリを起動します。 左の【マイギャラリー】をクリックします。 このマイギャラリーのページに、作ったイラストが保存されます。 次にキャンバスを選びます。 LINEスタンプのキャンバスが用意されているので、それを選びます。 これは便利!アイビスペイントの良いところの1つだと思います! これでキャンバス画面が出てきました。 スポンサーリンク <紙に描いたイラストをアイビスペイントに取り込む> 右下の【1】を、クリックします。 次に【カメラ】マークをクリックして、あらかじめ撮影しておいたイラストをアプリに取り込みます。 カメラマークをクリックすると、スマホの写真アルバムが出てくるので、取り込みたいイラストの写真を選んでください。 次に線画抽出しますか?と聞かれます。 今回は手書きのイラストの線をそのまま使うので、【OK】します。 このままだと背景が暗いので、この画面で調整します。 【黒側】をプラスしていくと、線や背景の黒さが際立ちます。 【白側】をマイナスしていくと、画面は白さが際立ちますので、ちょうど良いところまで調整していきましょう。 イラストの背景がキャンバスの白に馴染んで、線もハッキリとしているので、保存します。 これで線画が完成しました。 紙に描いたイラストの線をそのまま使用すると、簡単に出来ますね。 綺麗な線画にするコツとしては、イラストをペンでなぞったりして、あらかじめしっかりした線を描いておくと良いです。 線が薄すぎると調整した時に、うまく線画を作れない可能性があるからです。 <イラストに色を塗っていく> 色付けしていきますよ~ 右下の【2】をクリックします。 これから色を塗るので、レイヤーを変更します。 レイヤーは透明な層みたいなもので、レイヤーが重なって1枚の絵が出来ています。 下の画像でいうと、右側が完成の絵で、左側一番下に背景のレイヤー、真ん中は塗り、一番上が線画で、それぞれ透明な層なので色や線がないところは透明な為、重ねて上から見ると右のような絵になるという訳です。 ねこまちのつたない説明では分かりにくいかもしれませんが😅使っていくうちに分かると思いますよ。 ではレイヤーの変更をします。 線画はレイヤー2になっている状態なので、下【1】の四角いところをクリックすると青い囲みが移動します。 レイヤー1が青線で囲まれ選択中になりました。 この状態でキャンバス画面に戻り、色を塗っていきます。 【ブラシ】マークをクリックすると、たくさん編集ツールが出てきます。 その中の【塗りつぶし】を選びます。 また線画が完了した時は右下の数字が【2】になっていましたが、今は【1】になっています。 レイヤー1が選択されているということです。 色を塗ってみました。 レイヤー1が選択中なので、線画の下に色がつき、綺麗に塗れました。 ・綺麗に色を塗るコツ 選択中の【レイヤーが2】の状態で色を塗った場合は下の画像のようになります。 何かおかしいですよね~? 塗りのレイヤーが線画レイヤーの上にあるために、塗りが線より主張してしまいました。 この状態になった場合の解決方法は、レイヤーの順番を変更することです。 選択中レイヤー【2】をクリックします。 青線で囲まれているレイヤー2を下にスライドさせるだけで順番が入れ替わります。 これで移動しました。 塗りなのでレイヤーは線画の下の【レイヤー1】にしておきます。 キャンバス画面に戻ると、塗りも綺麗になっているのが分かります。 塗りが完了したら次は透過します。 今回は真ん中の薄いグレーの柄を選びます。 画面背景が柄つきになりました。 柄の部分は透過されている部分です。 この時に画面を拡大したりして 透過漏れが無いかチェックします。 下の画像は漏れだらけです 色の塗り残しがなくなったら、保存します。 右の赤い丸で囲んだところをクリックすると、保存方法が出てきますので、黄色の【透過PNG保存(キャンバス)】を選んで、スマホの写真アルバムに保存します。 8個以上スタンプが作成できたら、次は販売申請をします。 <LINE Creators Studioにイラストを取り込む> 販売申請をするときには、LINE Creators Studioアプリを使うので、ダウンロードをしておきます。 ここからはの記事で説明した内容と同じです。 使用する画像は今回描いたイラストではありませんが、使い方は同じです。 【+スタンプを作ろう】というところをクリックします。 現在はバージョンアップされていて、ちょっと変わっていると思いますが、スタンプをつくるというところをクリックしてスタートします。 次にタイトルを入力します。 タイトルのところをクリックすると、タイトル入力画面にうつります。 タイトルは申請の時、改めて入力できるので、ここでは適当なタイトルでも問題はないです。 一番上の【アルバムの写真を使う】をクリックすると、スマホの写真アルバムが出てくるので、画像を選びます。 次は切り抜きます。 今回は下のツール【かたち】を選びます。 かたちを選ぶと形の種類が下に出てくるので、好きなのを選んでください。 ここでは正方形を選択しています。 背景は透過出来ているので、 イラストが図形の内側に入るように指で拡大縮小させて、調節すればOKです!• サイズ・角度調整の画面が出てきました。 ここで下の【スタンプシュミレータ】をクリックすると、完成イメージを確認できます。 確認して良ければ保存します。 【画像編集】画面になりますが、保存がしたいので右上の【次へ】をクリックします。 もう一度【完成イメージ】画面が出てくるので、右上【保存】をクリックします。 では残りのイラストも同じ方法で保存していきます。 8個以上保存できたら、いよいよ販売申請をしていきます。 LINE Creators Studio でも 紙にあらかじめ描いたイラストを使って作成する方法を で、ご紹介しましたが、アイビスペイントの方が綺麗に作成できると思います。

次の

LINEスタンプをiPhoneだけで作る方法!アップロードまで完璧!

アイビス 透過 保存

用意する物• ボールペン 濃い目の鉛筆でも可• 紙 白いものだと尚良し• スマホ• ibis Paint アイビスペイント をインストール たったこれだけです。 めちゃくちゃ手軽ですね。 アプリを使ってスマホでイラストを描く方法 では、具体的にibis Paint アイビスペイント という アプリを使用して スマホで イラストを描く手順を紹介していきます。 アナログでOK!下絵を描く まずは アナログでOKなので、用意した紙にペンで イラストを描きます。 この時に 線がハッキリと見えるようにボールペン等の濃いペンで描くようにしましょう。 次にこの絵の写真を スマホで線に ピントが合うように撮り、コントラストの調整を行います。 線をよりくっきりさせ、背景が真っ白になるように調整しましょう。 こんな感じになれば下絵の準備は完了です! 2. 絵をスマホのイラストアプリに読み込む 下絵の準備が出来たら、絵を イラストアプリ「ibis Paint アイビスペイント 」に読み込んで行きます。 マイギャラリーをクリックし、左下の「+ボタン」クリックします。 「新規キャンバス」と出て、項目が現れるので「写真を読み込む」をクリックし、先程描いた絵 コントラスト調整済 を選択します。 ちなみに、私はキャンバスサイズは推奨の大きさを利用しています。 ここで線画抽出の是非を問われるので「OK」をクリックして下さい。 このイラストアプリのココが凄い! 何と、先ほどアナログで描いた絵の線を、線画として自動で抽出してくれます!背景は透過扱いに!!!スマホでここまで出来るとは感動。 全体の色味を調整出来る画面に切り替わるので、ここで更に背景が白、線がより黒くくっきりとなるように調整します。 これで スマホの アプリへの読み込みは完了! 3. スマホのイラストアプリで色を塗ろう ここまでくれば後もう少しです! 画面左下にある上図赤枠の箇所からツールを選択する事が出来ます。 この中から「自動選択」を選びます。 顔のエリアをタップすると自動で範囲を選択してくれます。 この状態で再度ツールの選択を行い「塗りつぶし バケツのマーク 」をクリック。 画面下真ん中の色の部分をタップし、顔の部分に塗りたい色を選択します。 選択したら、そのまま範囲に囲まれている部分をクリック!すると・・・ 選択した範囲の色塗りが完了です!簡単…。 ちなみに、選択範囲の解除は画面上部の点線の四角いアイコンから行えます 同じ要領で髪の毛や、目の色を塗っていきます。 全部塗り終わりました! 4. イラストに装飾をしよう この アプリの凄い所として、 2000枚を超える無料素材を使用する事が出来ます。 画面右上の写真アイコンをクリックすると、使用出来る無料素材が出現し、ここから背景画像や装飾に使用する イラスト素材を選ぶことが出来ます。 今回は生物・人 カラー の中の「羽デフォルメ02」を髪飾りとして使用してみました。 追加した素材は新規レイヤーとして追加されます。 右下の部分が1から2に変化しているのが確認出来ますね。 補足 レイヤーはドラッグで上下を移動出来ます。 またレイヤーを削除したい時は、レイヤー画面の右側にあるゴミ箱ボタンから削除できます。 スマホのアプリで描いたイラストを保存しよう 最後に保存です。 この段階で保存されるのでご安心を。 マイギャラリーに戻ってくるので、保存したい イラストを選択した状態で画面下中央のボタンをクリックします。 Jpeg形式、PNG形式等選べるので、好きな形式を選んで保存すると、 スマホのカメラロールに保存完了です! スマホのアプリで超簡単にイラストが描けた スマホでド素人が イラストを描こうとすると、最初につまづくのが線画ですよね。 「こんな小さな画面でどうやったら綺麗に描けるのか…」と私も最初は思い悩みました。 なので、この「ibis Paint」というアプリを発見した時は衝撃を受けました。 線画をアナログからこんなに綺麗に抽出し、透過状態にしてくるなんて、技術の進歩は凄いですね。 私はただの絵を描くのが好きなだけで イラストに関してはド素人ですが、色塗りがサクサク出来るせいか、「ソレっぽい」絵に仕上げる事が出来ました。 全然下手くそですが…。 デジタルで絵を描いてみたいな~と言う方にはオススメのイラストアプリです。

次の

アイビスペイントで背景の透明化や透過保存する方法

アイビス 透過 保存

ペイントは背景を透明にはできません・・・。 結論からいうとWindows10標準の ペイントは透過画像に対応していないため、 背景を透明にすることはできません。 例えば、すでに背景が透明になっているPNG画像を開いて上書き保存をすると 以下のような警告が表示されます。 以下の記事を参考にしてください。 Windows10標準のペイント3Dで背景を透明に! 別の透過画像に対応したソフトを導入するのもひとつの方法なのですが、 ここでは手軽に標準ツールのみでやっていく方法を紹介します。 使用するのはペイント3Dです。 3Dしか編集できないんじゃないの?と思いきや2D画像も大丈夫です。 透明にする手順 1. まずは、「ペイント」から「ペイント3D」を起動します。 「ペイント」を起動から「ペイント3D」を開くと、「ペイント」で何もしていなければ 以下の初期画面 ようこそ画面 が表示されます。 ここでは新規作成をクリックします。 編集画面が表示されますので、ブラシを選択して試しに何か描いてみます。 ここで、透過情報を持っているPNG画像を開いても、ペイントと違って問題なく透過された状態で表示されます。 背景を透明にします。 メニュー上部の「キャンパス」をクリックし、右に出る オプションの中で「透明なキャンパス」をオフからオンに切り替えます。 すると、背景が白色から透明になりました。 背景色が白色の画像を読み込んでこの操作を行えば、同じように背景が透明になります。 あとは、左上の「メニュー」ボタンをクリックして「名前を付けて保存」で適当な 位置にファイルを保存すれば終了です。 保存する際は、PNGかGIFを選ぶようにしましょう。 この2つは背景を透明にすることが出来る画像形式です。 PNG,GIF以外の形式は透過情報を画像に保持することが出来ず、背景を透明にすることはできませんのでご注意ください。 作業手順としては以上となります。 なお、今回のように手書き文字を透過する方法ではなく、既存の画像を透過する方法を お探しの方は、以下の記事が参考になると思います。 様々なグラフィックソフトを比較してみました。

次の