スピード モード の 追加 データ 量 まで 引き続き 同じ 速度 で ご 利用 いただけ ます。 トーンモバイルの通信速度はホントに遅い?YouTubeは出来るか試してみた

コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)お申し込みにあたっての重要説明事項|コミュファ光

スピード モード の 追加 データ 量 まで 引き続き 同じ 速度 で ご 利用 いただけ ます

506HWが遅いときの対処方法 506HWを長く使っていると通信が遅いと感じることがあります。 対処法を見ていきましょう。 通信速度が制限されているか確認する 506HWの通信速度が遅いときは、契約しているプランのデータ通信量の上限をオーバーしている可能性が高いため、まずは通信の速度制限がされているか確認します。 利用したデータ通信量はスマートフォンやパソコンで確認でき、 ワイモバイルのマイページにログインして「ご利用状況の確認」を選択してください。 ポケットWi-Fiの電源を入れ直す まず最初に試したい方法はポケットWi-Fiを再起動をすることで、特に原因が分からないときは再起動をすることで回復することが多いです。 Wi-Fiルーターも精密機械なので、 細かい不具合が発生することで通信が遅くなっていることもあり、一度電源を切ることで通信速度を回復できます。 チャンネルを変更する ポケットWi-Fiで利用している無線LANのチャンネル周波数が合っていないことで通信が遅くなるケースがあるため、チャンネル変更をすれば状態を良くすることが可能です。 設定の項目からパスワードを入力してログインしWi-Fiの詳細設定を選択することでチャンネルを変更できます。 ポケットWi-Fiをリセットする 再起動をしたり、チャンネルを変更しても通信速度が回復しない場合は、ポケットWi-Fiをリセット(初期化)するのも1つの手段です。 ポケットWi-Fiをリセットすると 本体上のデータやSSIDやパスワードも全て初期状態(工場出荷時と同じ状態)になるため要注意。 端末の状態を全てリセットすることで発生していた不具合も解消できる可能性があります。 506HWはなぜ遅い?その理由とは 同じ条件で複数の端末を使っていても506HWだけ通信が遅いこともあるため、なぜ506HWが遅いのか理由を見ていきましょう。 そもそも通信速度は遅い ワイモバイルでは複数のポケットWi-Fiを提供していますが、506HWは 下りの最大通信速度112. 5Mbpsであり、高速データ通信を期待することはできません。 何か通信が遅くなる要因があったとき、さらに速度が落ちるためより遅さを実感することになります。 バッテリー容量が少ない ポケットWi-Fiの性能はバッテリーに依存している部分が大きく、バッテリー残量が少ないとデータ通信に関する能力も落ちてしまいます。 506HWはバッテリーの容量が 1,500mAhと少なく、連続通信時間は最大で6時間ほどしかないため、しばらく使っているとバッテリー残量が少なくなり、通信速度が遅く感じやすいです。 端末が古くなっている 506HWが発売されたのは2016年の4月であり、発売された年に契約をしていると2年から3年近く使っていることになります。 ポケットWi-Fiの買い替え目安は2年から3年であり、 2年以上使っているとバッテリーの最大容量が減り連続通信時間も短く、あらゆる機能に生じる不具合は増えていくため、機種変更が必要です。 通信速度が遅いことで悩んでいるのであれば、自身の契約期間を考慮して契約解除料といった金銭的負担が少ないのであれば買い替えてください。 506HWの料金プランとプランのデータ通信量 【料金プラン】 Pocket WiFi プラン2 ライト 月額料金 2,480円 データ通信量 5GB 契約期間 3年 ワイモバイルではPocket WiFiプラン2というデータ通信量7GBで月額料金が3,696円で通信サービスを利用できるものもありますが、 506HWには対応していないためデータ通信量は最大で5GBまでしか使えません。 506HWは軽量でコンパクトなスタイリッシュで人気がありますが、性能が低い以外にもデータ通信容量が大きいプランが使えないためライトユーザー向けの機種です。 アドバンスオプションは利用できる? ワイモバイルではアドバンスモードというデータ通信量無制限で利用できる追加オプションがありますが、Pocket WiFiプラン2に対応していないと使えないため、506HWではアドバンスオプションを利用できません。 506HWを解約する方法 ライトユーザー向けの506HWを使っていれば、データ通信量が物足りなく感じたり、通信速度の不満を感じることも多いので、そのようなときは解約をして新しい機種を利用してください。 では、506HWを解約する方法を見ていきましょう。 ワイモバイルの店舗で解約する 506HWを解約するためには、基本的に店舗での解約になるためお近くのワイモバイルショップを探してください。 家電量販店でもワイモバイルの店舗としての役割がなければ解約の手続きができないため要注意です。 解約に必要なもの 解約には 本人確認書類・印鑑・契約中の端末が必要で、店舗に持ち込み店員を訪ねれば解約の手続きを行えます。 本人以外にも家族にが代理で解約もできますが、契約者の本人確認書類・代理人の本人確認書類・家族の証明書類・委任状が必要になり手間がかかるため、あまりおすすめしません。 電話で解約されているか確認する 解約の手続きが完了したら、念のためしばらくしてから電話で解約されているか確認。 まれに解約の手続きに不備があり解約されていないことがあるため、 余裕を持って解約をして電話で解約されたか確認することが無難です。 日割り計算されない ワイモバイルは解約しても日割り計算されず、 解約月も1ヶ月分の利用料金がかかってしまうため、月初に解約すると数日分の利用料分の損をしてしまいます。 契約解除料と端末代に注意 506HWの契約期間は3年間であり、契約期間外で解約をすると契約解除料が発生し、キャンペーンやキャッシュバックを利用していると違約金が発生するため、負担は大きいです。 端末代金も分割で支払っている場合も、解約と同時に一括請求されるため要注意。 特にパソコンやタブレットと同時購入すると料金の割引があるバリューセットで契約していると、最大で39,400円の契約解除料が発生し、負担は大きいため注意してください。 もし店舗で解約したのにも関わらず解約の手続きに不備があると、契約が自動更新されるため解約に契約解除料が発生することもあるため、電話で解約の確認をすることがおすすめです。 必要になるものを忘れないようにするのが大切です。 506HWが遅い場合の対処方法、通信量の見方や解約方法 まとめ 506HWはもともと高速データ通信を行える端末ではないため、本体の劣化と伴い通信速度は落ちていくため、契約更新のタイミングで解約するのがおすすめです。 通信速度が遅いときは再起動やリセット、チャンネル設定を変更する• 506HWは3年契約であるため、解約するときはタイミングに要注意• ワイモバイルの店舗で解約可能で、本人確認書類や印鑑が必要 506HWは最大で5GBまでしかデータ通信量を使えないため、どれくらいデータ通信を利用したかこまめにチェックし速度制限がかからないようにしてください。

次の

お知らせ一覧

スピード モード の 追加 データ 量 まで 引き続き 同じ 速度 で ご 利用 いただけ ます

使い方も簡単で「Opera Mini」を普段のブラウザとして利用するだけでOK。 画像やテキストのデータサイズを、オリジナルの10%ほどに圧縮してくれます。 さらに 意図せずに出てくる広告表示もブロックしてくれるので、かなりのデータ通信量の節約に繋がります。 もしデータ通信制限にかかったとしても、Opera MiniでWebページを開くことで表示スピードを損なうことなく閲覧することができます。 Androidスマホを使っていて、データ通信量を節約したい方にうってつけのアプリと言えるでしょう。 補足:Opera MiniはiPhoneとiPadでは使えない Opera MiniはiPhoneやiPadでは使えません。 他のブラウザアプリ、Chromeでも「データセーバー」と言われるデータ通信量の圧縮機能があったのですが、iPhoneとiPadでは使うことができなくなってしまいました。 iPhone と iPad ではデータセーバーはご利用になれません。 現時点では、この機能はプラットフォームの制限によりご利用になれません。 今後 Apple が WKWebView の仕様を変更し、この機能が利用可能になった場合は、再度追加いたします。 引用元:Chrome のデータセーバーを使ってデータ使用量を減らす iPhoneを使っている方は、別のアプリでデータ通信量を削減することが可能です。 秘策5. iPhoneなら広告ブロックアプリを利用する もし普段利用しているスマホがiPhoneなら、広告ブロックアプリを導入することをオススメします。 広告ブロックアプリは「280blocker」一択です。 docomoでは直近3日間の制限は撤廃されていますが、XiでFOMAを契約している場合、直近3日間で300万パケット以上のデータ通信を行なうと規制される恐れがあります。 (Xi契約でFOMA端末をご利用の場合、直近3日間のデータ利用量が特に多いお客様(約300万パケット以上)は、それ以外のお客様と比べて通信が遅くなることがあります。 ) 引用元:docomo -Xiデータ通信 ご注意事項 補足:通信解除した時は端末の再起動必須 通信制限の解除は、反映されるまでに時間がかかります。 そのため、1日の0時を数時間経過していてなお通信速度が改善されない時は、 端末の再起動を行っておくことをオススメします。 128kbps通信解除お申込みから反映されるまで、時間がかかる場合があります。 端末の再起動を実施いただくことで、通常速度にてご利用いただけます。 引用元:docomo -128kbps通信解除 通信速度の制限はWeb閲覧やアプリにも影響する 先の動画では右側にある端末が速度制限にかかっていて、読み込みが始まっても途中で動画が途切れています。 こうした速度制限は動画だけでなく、 アプリやWeb表示をする際にも影響を及ぼしてきます。 冒頭で話していた、地図アプリや乗り換え案内の読み込み表示が劇的に遅くなる現象が起こります。 たとえば外出先で以下のような、• 工事費40,000円が実質無料• 開通月は日割で請求• com•

次の

通信速度の制御について

スピード モード の 追加 データ 量 まで 引き続き 同じ 速度 で ご 利用 いただけ ます

ギガ放題プランを知る上で重要となるのが赤文字にした上記3つの要素です。 それぞれについて詳しく見ていきましょう! ギガ放題プランは月間データ容量が無制限! WiMAXで人気のギガ放題プランの最大の特徴は、なんといっても 月間データ容量に制限がないことです。 通常のモバイルWiFiや格安SIM、スマホの場合、月間3GBや7GBまでの制限があることがほとんど。 規定のデータ容量を超えると、動画はもちろん、インターネット検索すら進まない程の速度制限となってしまうため、毎月通信制限を気にしながらインターネットを利用しなければいけません。 しかし、WiMAXのギガ放題プランならその心配は不要。 月間データ容量を気にせず、無制限にインターネットを使って頂くことができます。 ただし、ギガ放題には月間データ容量の制限はないものの、短期的な制限があるという点には注意が必要。 ギガ放題プランの制限については後ほど詳しく解説するので、ここでは省略します。 WiMAXの利用料金は業界最安級 次に、ギガ放題プランの 「お得な料金」について解説します。 一言で「お得な料金」とは言っても、ポケットWiFiの料金はデータ容量や速度などの条件によっても様々。 そのため、ギガ放題と近い条件で料金を比較する必要があります。 上記の条件を満たすのが、Softbank ソフトバンク のLTE回線と同様のネットワークを持つY! mobile ワイモバイル のポケットWiFiです。 それでは、このY! mobileの無制限プランと比較して、WiMAXのギガ放題プランがどれだけお得なのか比較していきましょう! Y! WiMAXギガ放題と LTEを比較! 3年利用時の料金で比較 WiMAX ギガ放題 BroadWiMAX 最安値キャンペーン利用時 : 3,465円 LTE 無制限プラン Y! mobile ワイモバイル : 4,380円 Y! mobileの無制限プランと、WiMAXギガ放題プランを比較すると、料金の差は一目瞭然。 もちろん、ギガ放題のほうが料金が安い分、WiMAXの通信速度が劣るのではないかという心配も必要ありません。 むしろ、Y! WiMAXとY! mobileの最大通信速度を比較 サービス名 最新機種名 下り最大速度 WiMAX W06 1,237Mbps au4GLTE Y! ここまでの内容でWiMAXのギガ放題は、「 高速通信のWiMAX」を「 お得な料金」で「 無制限」利用できるプランということがおわかり頂けたのではないでしょうか。 WiMAXは1ヶ月単位で契約プランを変更することができます。 最初はギガ放題を使ってみて、容量が多いと感じたら通常プランへ変更することも可能です。 使い放題でも完全無制限ではない?速度制限を徹底解説 ここまでは、ギガ放題についてメリットを中心に解説してきました。 しかし、ギガ放題プランにもデメリットといえる注意点があります。 その注意点とは、ギガ放題プランにも 速度制限があるということ。 「 無制限なのに速度制限があるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。 これから詳しく説明しますが、実は月間データ容量に制限のないWiMAXのギガ放題プランとはいえ、完全に無制限というわけではないのです。 ギガ放題プランの速度制限は以下の2種類です。 ギガ放題プランで3日10GB• ハイスピードプラスエリアモード au4GLTE で月間7GB それぞれの速度制限について見ていきましょう! ギガ放題プランの3日10GB制限とは? ギガ放題プランは、月間データ容量に制限を設けていないものの、 3日間10GBまでという短期の制限があります。 無制限とはいえ、3日でデータ使用量が10GBを超えると、最大速度が1Mbpsまで低速化してしまうのです。 しかし、ご安心ください。 1Mbpsという速度は、Youtubeの通常画質動画であれば視聴可能な速度。 検索すら進まないスマホなどの速度制限と比較すると、ギガ放題プランは 非常に緩い制限となっています。 さらに、ギガ放題プランは 制限の期間も短いというのも特徴です。 速度制限になる期間は、3日10GB以上使った翌日の18時から午前2時までの約8時間のみとなっています。 ギガ放題プランは完全無制限とは言えないものの、制限自体が非常に緩いため 実質無制限に利用できるというプランです。 auのLTE回線を使うことで、より高速かつ広範囲でのインターネット通信が可能となります。 しかし、ギガ放題プランであっても auの4GLTE回線まで使い放題とはなりません。 au4GLTE回線が使えるハイスピードエリアモードの場合、どのプランでも利用データ容量は1ヶ月7GBまで。 1ヶ月7GBを超えた場合、ギガ放題プランでも速度制限にかかります。 そして、特に注意してもらいたいのが、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限になった場合です。 ギガ放題であっても、 最大速度128Kbpsという速度まで制限がかかってしまいます。 ちなみに、128Kbpsとはスマホなどの速度制限と同様でインターネット検索すらも進まないほどの速度。 また、ハイスピードプラスエリアモードでの制限は 月末まで続いてしまうという点も、前もって確認しておきましょう。 とはいえ、au4GLTE回線は通信エリアも広く、高速通信が可能となるため非常に便利であることも事実。 そのため、以下2点に注意しながら、ハイスピードプラスエリアモードを利用することをおすすめします。 なるべくハイスピードプラスエリアモードを利用しない• しかし、利用環境によってはどうしても繋がらないということもあるでしょう。 そして、ハイスピードプラスエリアモード利用後は、 すぐに通常モードへ切り替えること。 うっかり、ハイスピードプラスエリアモードのまま利用していて、気付いたときにはギガ放題プランなのに速度制限になっていたということもあります。 ハイスピードプラスエリアモードに関する上記2点を守るだけで、ギガ放題プランは実質無制限で快適に利用することが可能ですので、しっかりと注意しましょう! WiMAXルーターW06なら通信モードの自動切替機能を搭載! 2019年1月に発売したWiMAXのモバイルルーターW06、ホームルーターL02には、 通信モードの自動切換機能が搭載されています。 あらかじめ、ハイスピードプラスエリアモード au4GLTE での上限データ通信量を設定することで、規定通信量に到達すると自動で通常のハイスピードモードへ切替ができるようになりました。 ハイスピードプラスエリアモードの速度制限が不安という方も、WiMAXのモバイルルーターW06、もしくはホームルーターL02の自動切換機能があれば安心です。 以上2つがWiMAXのギガ放題プランが速度制限となる条件です。 3日10GBの制限に関しては、比較的緩い制限となっている特に心配の必要はありませんが、au4GLTE回線を利用できるハイスピードプラスエリアモードの場合は、月末までまともにインターネットができない状態になるので注意して使うようにしましょう。 ギガ放題プランの申し込みは本当におすすめか口コミ・評判をご紹介 ここまで「WiMAXのギガ放題」の基本情報について見てきました。 他のモバイルWiFiと比較して、速度制限も緩く、お得に契約できるのがWiMAXのギガ放題プランです。 とはいえ、ギガ放題がおすすめの契約プランというのはわかったものの、「 本当に実質無制限で利用できるのか不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、当サイトでは独自アンケートも含め、ギガ放題プラン契約者のリアルな口コミ・評判を調査しました。 それでは早速、ギガ放題プランを契約中の方の口コミ・評判について見ていきましょう。 今回チェックするのは下記の2点です。 ネットサーフィンや動画資料に使っていましたが、速度に関して特に不便はありません。 ただ、オンラインゲームなどに使用する場合はクレードルから有線接続しないと回線が落ちますし、電波の接続状況は置く場所によってかなり変わります。 家に据え置き型のWiFiがなく、日中は家にいないので持ち運べるところに利点を感じます。 最初はポケットWiFiというものは屋外向けのもので、室内では電波が悪くなってしまうのではないかと不安だったのですが、ボタンひとつで屋内向けまたは屋外向けのモードを切り替えることができることを知りギガ放題プランを契約しました。 室内以外に外出時は電車のホーム、会社の中など色々な場所で使っていますが特にストレスなく使えています。 リビングでは、パソコン2台、ゲーム4台、スマートフォン2台を1台のWiMAXで対応使っています。 私の住まいは田舎なので、数あるモバイルWiFi端末機の中でWiMAXしか電波が届かないことから契約していますが、リビングの中ならどこでも支障なく動きます。 ただ、部屋から出ると電波は、届きにくくなりますが、ほとんどリビングに居るので支障はありません。 また、外へ持ち出して、会議などで使ってもスムーズです。 しかしカフェの時に利用した時は室内だったこともありYouTubeが使い放題でした。 室内でのWiMAXプロバイダの電波はすごく良いのですごく便利だと感じました。 もっと室外に出た時に電波が良くて使い勝手がいいプロパイダだったら良かったのにな、と感じました。 自宅は問題なく電波が入るため満足していますが、外に出てみると同じ建物内でも窓側 入口側 では電波は入るのに奥に入ると圏外の場所がまだまだ多数あります。 実際自分の店舗 喫茶店 でも窓側テーブル席は電波あるにもかかわらず少し奥のカウンター側やトイレでは圏外です、店舗外はどこでも柱4本立つ環境であります。 都市部に出てみても地上はほとんどが柱4本ですが地下に入れば少しありますが、使い始めた当初よりは繋がる部分も明らかに増えていると思います。 ただし、接続状況では地下鉄や屋内など障害物に囲まれている場所でWiMAXは繋がりにくいという意見も。 最近では都市部の地下鉄駅などで「WiMAX使えます」という表記も見られますが、まだ完全にどこでも使えるというわけではなく、場所によっては電波が弱くなることもあるようです。 ギガ放題に限らず、WiMAXなどポケットWiFiの通信速度は、エリアや利用する環境によって変わります。 通信エリア内であれば基本問題ありませんが、地下鉄など繋がりにくい場所では速度が遅い・繋がらないということも考えられるので注意しましょう。 通信エリアなどに不安があるという方は、契約前にUQWiMAXのから通信エリアを確認するようにしましょう。 次に、WiMAXのギガ放題プランは、本当に実質無制限で使えるほどデータ容量が使えるのかを口コミ・評判で見ていきましょう! ギガ放題プランは本当に無制限に近いのか・・・ スクロールしてご覧ください。 実際に使用していて通信制限が掛かったことはありませんので、ギガ放題なら制限なく使えて満足です。 ギガ放題なら無制限に使えていたので電波が良いところでは動画などが見放題でした。 5GBほど使用しました。 かなり長時間利用することがなければ実質無制限で使うことができます。 動画のアップロードなど通信を多く使うものは速度制限にかかることもありますが、すぐ解除されるのでストレスは感じられなかった。 中には、ギガ放題の3日10GBの制限にかかったことがあるという方もいらっしゃいましたが、すぐに制限は解除されストレスなく利用することができたとのこと。 このことからも、ギガ放題プランは 実質無制限と言えます。 実際の契約者の口コミ・評判を見ても分かる通り、 WiMAXのギガ放題プランは快適にインターネットを使うことができるおすすめの契約プランです。 お得に契約するならプロバイダの月額料金を比較! それでは、WiMAXのおすすめプラン、ギガ放題を契約しましょう!と、言いたいところですが、お待ちください。 WiMAXのギガ放題プランを契約できるプロバイダ 販売代理店 は23社もあります。 プロバイダによって、契約プランや速度、通信エリアなどのサービス内容に違いはありません。 しかし、各WiMAXプロバイダによって ギガ放題の料金は異なるのです!どのWiMAXプロバイダでギガ放題を契約するかによって、 年間1万円以上も料金に差が出ることも。 逆を言えば、 WiMAXプロバイダ各社の料金をしっかり比較すれば、実質無制限のギガ放題をお得に契約できるのです。 ただし、WiMAXプロバイダの料金を比較する際には、重要なポイントがあります。 そこで、ここからはWiMAXプロバイダの料金を比較する際のポイントをご紹介した後、実際にWiMAXプロバイダの料金を比較していきます。 WiMAXプロバイダ「ギガ放題」料金比較のポイント WiMAXの料金は「 実質月額料金」で比較するようにしましょう。 月額料金ではなく、あえて「実質月額料金」と言ったのは、WiMAXには基本月額料金の他にも、キャッシュバックや割引などのキャンペーンがあるため。 大幅な月額料金割引のあるBroadWiMAXや、基本月額料金が高いものの高額キャッシュバックがあるGMOとくとくBBなど、基本料金もキャンペーンもプロバイダによって様々です。 そのため、各WiMAXプロバイダでギガ放題プランを契約した場合の月額料金はもちろん、 キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンも含めた実際に支払う「実質月額料金」を比較する必要があります。 見ていただくとわかる通り、WiMAXプロバイダ各社のギガ放題プランは、料金も契約期間も様々。 他のWiMAXプロバイダなら基本的に無料となる端末代金も、UQWiMAX、BIGLOBE、nifty、au、ヤマダなどの家電量販店などではかかってしまうということもあります。 そんな数多くあるWiMAXプロバイダの料金を比較した結果、ギガ放題プランを最安で契約できるのは「 Broad WiMAX」と「 GMOとくとくBB」となりました。 どちらのプロバイダも、WiMAXプロバイダでは実質月額料金が最安。 ギガ放題プランを新規でお得に申し込みたいという方に一押しのプロバイダです。 ただし、GMOとくとくBBのキャンペーンに関しては注意点もあります。 GMOとくとくBBの場合、最安プロバイダどころか、 最も料金が高くなってしまうなんてこともあるんです。 それは一体どういうことなのか、次項で見ていきましょう。 WiMAXの無制限プランを契約する際はキャンペーン内容が重要! WiMAXのキャンペーンといえば、「キャッシュバック」と「月額料金割引」の2種類があります。 その中でも、人気キャンペーンなのがキャッシュバックです。 特に、先ほど紹介したGMOとくとくBBは、 27,200円もの高額キャッシュバックを行っており、非常に人気となっています。 しかし、そんな キャッシュバックキャンペーンにも落とし穴があるということを皆さんはご存知でしょうか?ここからは、そんなキャッシュバックキャンペーンの注意点について解説していきます。 キャッシュバックキャンペーンの注意点 ギガ放題に限りませんが、WiMAX契約者の方へ当サイトが実際にアンケート調査したところ、半数近くの人がWiMAXの高額キャッシュバックを受け取ることができていないと判明しました。 キャッシュバックが受け取ることができなかった理由は主に以下の3つ。 キャッシュバックの手続きメールは約1年後に届く• 手続きメールはプロバイダのメールアドレスに届くため気付きにくい• 手続き期限が約1ヶ月間と短い 上記の通り、WiMAXの高額キャッシュバックは受け取り手続きが複雑。 もちろん、期間内に手続きができなかった場合はキャッシュバックを受け取ることはできません。 高額キャッシュバックを行っているプロバイダは、 月額料金が高めに設定されていることが多いため、キャッシュバックを受け取ることができないと、 最も高い料金でWiMAXを利用することになってしまいます。 そのため、GMOとくとくBBのような高額キャッシュバックのプロバイダでギガ放題プランを契約する場合は、最も高い料金を支払うリスクもあるということを知った上で契約することをおすすめします。 Broad WiMAXなら月額料金割引と受け取り安心のキャッシュバック 確実に最安料金でギガ放題プランを契約したいという方におすすめなのが、 Broad WiMAXです。 現在BroadWiMAXでは、「 月額料金割引」と「 当サイト限定のAmazonギフト券10,000円キャッシュバック」の2つのキャンペーンを行っています。 月額料金割引に関しては、自動で毎月の料金が割引されるため、受け取り忘れることはありません。 そして、 当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンも受け取り忘れの心配は不要なんです! 限定キャンペーンは、複雑な手続きを一切なくし、ルーター端末が届き次第、すぐにキャッシュバックの申請ができるようになっています。 もちろん、手続き期間に制限もないので、いつでも簡単にキャッシュバックを受け取って頂くことが可能です! 「安心」して「確実」に最安値でWiMAXのギガ放題プランを利用するなら、当サイト経由でBroad WiMAXを契約することをおすすめします。 WiMAXのギガ放題プランまとめ ここまでWiMAXのギガ放題プランについて、ご紹介してきましたがいかがでしたか。 通信速度やデータ容量、そして料金を見ていく中で、WiMAXのギガ放題プランが他のサービスと比較しても コスパが良いということをお分かりいただけたかと思います。 ただし、WiMAXのギガ放題をお得に申し込むためには、 料金・キャンペーンの比較が必須。 当サイトではBroad WiMAXをおすすめしましたが、あなたに合ったプロバイダをしっかりと選んでお得にギガ放題をお申し込みしましょう。 下記ページでは、 当サイト限定のBroadWiMAXのキャンペーンはもちろん、その他のWiMAX主要プロバイダの 最新キャンペーン情報も比較しています。 WiMAXの申し込みをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。 最後によくある質問をご紹介 最後にWiMAXのギガ放題プランについて、よくある質問をまとめました。 WiMAXのギガ放題プランってなに? ギガ放題プランは、WiMAXでおすすめの大容量プランです。 月間のデータ容量は無制限で、WiMAX契約者の9割以上が利用するプランとなっています。 速度制限はないの? ギガ放題プランは、月間データ容量に制限はありませんが、3日間で10GB以上使うと短期的に速度制限がかかります。 万が一、速度制限になってしまっても、約8時間で速度制限は解消されるのでご安心ください。 ギガ放題プランの料金は? ギガ放題プランの料金は、契約するプロバイダによって様々。 また、プロバイダによってはお得なキャンペーンを行っていることもあります。 各プロバイダのギガ放題プランの料金一覧はこちらをご覧ください。 プラン変更はできるの? WiMAXは1ヶ月単位でのプラン変更が可能です。 そのため、多くデータ容量を使う月はギガ放題、使わない月は通常プランなどと、用途にあわせてプラン決定するという選び方もできます。

次の