水出し紅茶 インフルエンザ。 紅茶市場が復調 “抗インフルエンザ活性”報道で特需、“タピオカミルクティー”も追い風に|食品産業新聞社ニュースWEB

美味しいだけじゃない!インフルエンザウイルスに効く紅茶の力!|藤六愛|note

水出し紅茶 インフルエンザ

新型インフルエンザウイルスにも効果を発揮。 インフルエンザウイルスは、毎年変化しています。 たとえ予防接種をしても、今年のインフルエンザには効力がないということもありますよね。 ですが、紅茶ポリフェノールは 生きたウイルスにも吸着能力を発揮。 インフルエンザウイルスA型(トリ、ブタ、ウマ、ヒトを含む)、B型、昔のウイルス、今の「新型」問わず、 すべてのインフルエンザウイルスにも対応していると研究結果が出ています。 熱が下がっても、紅茶で感染予防。 インフルエンザ予防の要は、 「人からもらわない、人にあげない」こと。 熱が下がっても、口腔内に残っているインフルエンザウイルスを紅茶で失わせることができれば、周囲の家族など、健康な人への感染予防ができますね! 飲み方のコツ 紅茶は、「ストレート」あるいは「レモンティー」で。 ミルクティーでは紅茶ポリフェノールがミルクのタンパク質に取り込まれてしまうため、 ウイルスの感染力を奪う効果がなくなってしまいます。 豆乳も同様です。 ミルクティーを楽しみたい場合は、最初の1、2口をストレートで味わってから、ミルクを入れてください。

次の

紅茶の抗インフルエンザ活性に注目集まる “テアフラビン”で感染拡大を阻止|食品産業新聞社ニュースWEB

水出し紅茶 インフルエンザ

紅茶のカフェイン含有量について コーヒーと言えばカフェインというイメージを持つ方も多いでしょう。 しかしカフェインは、私たちが普段口にする飲み物の多くに含まれています。 紅茶やコーヒーだけでなく、 緑茶やコーラ、 ウーロン茶やほうじ茶にも含まれます。 ここでは、紅茶、コーヒー、緑茶のどれが最もカフェインが含まれているのか、それについて紹介していきましょう。 コーヒーや緑茶と比べた紅茶のカフェイン含有量 まず、前提として、紅茶やコーヒーに関してですが、その 抽出方法によっても変わってくるので(次項で紹介)一概には言えません。 そしてお茶についてもその種類によっては若干の変化があるので、一般的な飲み物としての比較として 参考程度にとどめておいてください。 まず、コーヒーと比べた場合ですがコーヒー豆と紅茶葉を比べた場合、それぞれに含まれるカフェインの含有量は 紅茶葉の方が多くなります。 しかし一杯を抽出するのに使う量が違うので飲むときには コーヒーの方がカフェインを多く含む場合が多くなるようです。 また緑茶に関しては、紅茶よりも若干カフェインの含有量は 少なくなるようですが、どの茶葉を使うかと入れ方によって前後するので、どちらとも言えないでしょう。 しかし一般的には紅茶の方がカフェインの含有量は多いようです。 これに関しては コーヒーほど変化がないということが言えるでしょう。 それよりも 茶葉の種類と入れるお湯の温度で変わると言えるでしょう。 例えばの場合には100度で淹れた紅茶がもっともカフェインの含有量が多いようです。 については、水出しでつくった紅茶が最もカフェインの含有量が多くなります。 このように、抽出方法というよりも、その 茶葉の性質が大きく関係してくると言えるでしょう。 これは植物に由来する水溶性化合物の総称をいいます。 ではタンニンとカフェインにはどのような関係性があるのでしょうか。 タンニンは 「カフェインと強く結合する」という特徴を持っています。 つまり、カフェインが人間の体に吸収されて、その影響を与えるよりも前に、カフェインと結合することで カフェインが人体に及ぼす影響を防ぐのです。 つまり、たとえ同じ量のカフェインが含まれていたとしても、コーヒーに比べて紅茶の方がカフェインが人体に及ぼす影響を軽減できるということになります。 寝る前に紅茶を飲むならノンカフェインの茶葉 カフェインには、利尿作用や覚醒作用があるために、紅茶やコーヒーを飲みすぎると眠くなくなってしまうということがあります。 でも寝る前に紅茶を飲んでリラックスタイムを味わいたい。 そう考える方も多いでしょう。 ではそのような時はどうすればよいのでしょうか。 おすすめは、 ノンカフェインの茶葉を使った紅茶、 もしくはローカフェインティーと呼ばれる紅茶を使うということです。 カフェインを取り除く技術を使うことによって作られた紅茶を飲めば、カフェインによる覚醒作用を抑えることが出来るでしょう。 これによって赤ちゃんも間接的にカフェインを摂取してしまうことになるのです。 もしも紅茶を飲む場合には、母乳を上げる数時間前にしましょう。 紅茶は飲んでから 1,2時間後くらいにカフェイン濃度のピークがきます。 その時間帯に授乳しなくて済むように気をつけておきましょう。

次の

カフェインレスの紅茶でインフルエンザ予防をする方法とは?| LinkTea

水出し紅茶 インフルエンザ

スポンサーリンク インフルエンザ予防には緑茶がいいの? 昔から健康に良いとされる緑茶ですが、その健康によい理由が少しずつ明らかになってきています。 日本のみならず海外の研究によって風邪やインフルエンザなどウイルスに対する殺菌作用の有効性が証明され、世界中から注目を集め始めています。 例えば、約2000人の子どもたちを対象に、アメリカの栄養学専門誌「THE JOURNAL OF NUTRITION」が行った緑茶とインフルエンザに関する研究によると、1日1~2杯飲むグループは38%、3~5杯飲むグループは46%も発症が減少するという結果に。 また、日本の緑茶メーカーと静岡県立大学との共同研究でも、緑茶に含まれるカテキンがどのインフルエンザウイルスに対しても感染阻害作用があることが分かりました。 何気なく飲んでいた緑茶が実は、日々の健康に役立っているんですね。 緑茶に含まれるカテキンがウイルスが細胞に吸着すること、細胞内でのウイルス増殖を阻害する効果があります。 また、テアニンが免疫力を高める効果があります。 緑茶1日1~2杯で38%、3~5杯で46%の予防効果があるとされていますので、ぜひ毎日取り入れたいですね。 1日の始まりに1杯、家に帰ってきてから1杯と、毎日続けるのも難しくなさそうです。 インフルエンザ予防には紅茶の方が効果的?! 緑茶とは原材料が同じ紅茶。 紅茶にも緑茶と同じように、インフルエンザウィルスの活動や増殖を抑える働きがあるということが報告されています。 殺菌作用は、紅茶の中に含まれるテアフラビンという成分が理由です。 テアフラビンは紅茶に含まれる赤い色素でありポリフェノールの一種です。 緑茶に含まれるカテキンが発酵してテアフラビンになります。 もともとは同じ成分なんですね。 この殺菌作用は即効性があり、衛生状態のよくない国でも紅茶は活躍しているそうですよ。 お茶にはカテキン、紅茶の中には赤い色素テアフラビンという成分が入っているということをご紹介しました。 この二つの成分がなぜインフルエンザウイルスの感染予防に効果的なのかというと、このカテキンとテアフラビンはインフルエンザウイルスの突起に付着するという性質を持っています。 カテキンやテアフラビンがついたウイルスは、うまく細胞に着地することができないので感染することができなくなるという効果があるんです。 緑茶も紅茶も同じように効果が認められていますが、効き方は紅茶のほうが優れているということがわかっています。 特に短時間での差を見ると紅茶に軍配が上がります。 これは、それぞれのお茶の成分に違いがあります。 緑茶のカテキンがウイルスを捕まえる手を1つ持っているのに対して、紅茶のテアフラビンは2つ持っている構造をしています。 そのためウイルスを捕まえる力がテアフラビンの方が強いんです。 だって単純に考えれば2倍の効果ですもんねw ちなみに紅茶だけではなくウーロン茶もテアフラビンに近い成分が含まれているので紅茶と同じくらいの効果が期待できると言われています。 胃まで押し込んでしまったらよくないと思われるかもしれませんが、今で運ばれたインフルエンザウイルスは胃酸で殺菌されてしまうんです。 鼻やのどの粘膜には細く長い突起物の細胞が多数存在しています。 この突起物が「線毛」と呼ばれ線毛を生やしている細胞を「線毛細胞」と呼んでいます。 一つの線毛細胞には約250本の線毛が突起しています。 線毛は肺の方からのどの方向に向かって活動しており肺に吸い込まれた異物は粘液に捕獲され線毛の力で外部へ排出されていきます。 インフルエンザや風邪が流行りはじめる11月頃から気温も寒くなって空気も乾燥してきますが、空気が乾燥するとこの線毛の働きが悪くなってしまいます。 線毛の乾燥を防いでくれるのが水を飲むという行為なのです。 水を飲むことによって粘液が下から上に運ばれて、鼻やのどの線毛運動が活発的になります。 暑い夏場に比べると冬になると圧倒的に水を飲む量が減ってしまいがちですよね。 普段私たちは2L程度の水を摂取しているようです。 意識して更に1L程度飲むことができたらいいですね。 線毛の活動を活発に保つことができるように、こまめに水分摂取をするようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? インフルエンザの予防には緑茶も紅茶も効果があるということがわかりました。 更には、水でも効果があるですね。 授乳中は、睡眠不足、栄養の偏り、過度の疲労、ストレスなどが重なって、免疫力が落ちやすくなっているんです。 お母さんがインフルエンザになってしまったときに、母乳からインフルエンザはうつらないということはお伝えしました。 ただ、飛沫感染や空気感染でうつってしまう可能性はありますので、注意することは必要です。 授乳をする時には赤ちゃんと接触することになりますので、母乳をあげるのはやめた方がいいのかという考えになりがちですが、そうとも言えません。 今回は母乳をあげない場合についてのデメリットや、楽に母乳を続ける方法についてご説明します。

次の