よ みぃ 結婚。 【2020年】結婚した有名人・芸能人を総まとめ 出産&妊娠も随時更新!

結婚前までに貯金はいくらあればいい?目標は250万円? [結婚のお金] All About

よ みぃ 結婚

結婚までにいくらお金が必要? また、結婚にかかるお金は、地方や両家の考え方などでも千差万別です。 は新郎側が全て用意するところもあれば、生活インフラは全て嫁入り道具でまかなうといったところまで。 まずは、両家で話し合いをして、共通認識をもつことが必要です。 今回は、標準的なパターンで、これだけあれば安心という貯蓄ラインを考えていきたいと思います。 も男女半々を想定して考えます。 さて、あなたの貯金は結婚までどれくらい近づいていますか? 結婚式・披露宴・新婚旅行のために150万円 結婚といえば、、などのイベントが目白押し。 まず、これらのお金を準備したいですね。 リクルート ブライダル総研「ゼクシィ結婚トレント調査2017」によると、結婚イベントにかかる費用は次のとおりです。 結納、指輪、挙式、披露宴、新婚旅行にかかったお金:平均463万3000円• 披露宴・披露パーティ招待客の総額:平均230万7000円 つまり、差し引き235万円程度は自分たちで用意をしなくてはいけないということです。 このデータでは、親・親族からの援助があった人の割合は76. 1%、援助があった人の援助額平均が182万円となっていますが、最初から親のお金をあてにするわけにもいきません。 まずは、2人で結婚のイベント費用として300万円程度は貯めたいところです。 ちなみに、2人で結婚費用として貯金をしていた人の貯金額平均は294万2000円。 このあたりを指標にしておけば問題なさそうです。 1人あたり150万円を目指しましょう。 新生活準備のために50万円 次に新生活に準備したいお金を考えましょう。 同じく「ゼクシィ新生活準備調査 2016」によると、新生活準備のためにかかった費用の平均は 72万3000円とのこと。 インテリア・家具の購入(40万円)、家電製品の購入(37万4000円)など、新生活にもお金がかかることがわかります。 1人暮らしを既にしていたり、親と同居するなどでかかるお金は変動しますが、まずは新生活の準備として100万円ほどあると安心ですね。 1人当たり50万円を目標としましょう。 新生活の予備費として50万円 他にも、生活予備費としていくらかは手元に貯金がないと困ります。 最低でも3か月は生活していけるだけのお金はもっておきたいですね。 ということで、100万円程度は手元に残すようにしたいものです。 1人あたり50万円ですね。 結婚に向けてとりあえず計250万円 このように見ると、結婚イベントに150万円、新生活の準備に50万円、生活予備費に50万円と合計250万円となりました。 まずは結婚までに250万円はクリアしたいところです。 でも、誰でもが250万円を貯めなくてはいけないというものでもないし、これだけあれば絶対安心というものでもありません。 もう少し、個別に考えていきましょう。 マイホーム購入予定があれば、プラス300万円 いつかはマイホームを購入したいなら、独身時代になるべく多く貯金しておけば資金計画が楽になります。 逆に、結婚してからマイホーム資金を新たに貯めるというのは難しいかもしれません。 マイホームを購入する時は、のほかにも手数料などの諸費用が必要になってきます。 物件費用にもよりますが、800万円程度は購入資金として手元に用意したいものですね。 となると、結婚後にどれくらい貯められるかを逆算すれば、結婚前にマイホーム用に準備しておきたいお金がわかってきます。 結婚後に200万円を貯めるとすると、結婚前には600万円は用意したいですね。 1人あたり300万円です。 結婚までに1人あたり最低50万円は貯めておきたい このように考えると、「お金がないと結婚できないの?」と思ってしまいますが、決してそうではありません。 親からの援助がある場合もあるでしょうし、セレモニーを省略する場合もあるでしょう。 すでに住まいがあって、新生活のための準備をする必要がない場合もあるかもしれません。 どのような場合でも、結婚後の独立した生活のためにある程度の蓄えは必要です。 病気やケガなどの時にも安心して生活できる準備をしておきましょう。 病気や災害などの時を考えて、夫婦で100万円は準備したいですね。 お互い貯められるなら50万円ずつです。 結婚前のお金の貯めどきを逃さない! 結婚に向けての貯金は大変いいことです。 ただ、これらのお金、結婚にだけでなくその後の生活基盤にもなるものです。 長い結婚生活がお金で困ることがないように、新生活にもお金を残すようにしましょう。 お金が貯められないときは、親からの援助、セレモニーの縮小など、できることを考えて工夫をしたいですね。 結婚前が一番お金を貯めやすい時期です。 しっかりと準備したいものです。 【関連記事】.

次の

「田舎の長男」との結婚に絶望した彼女の告白

よ みぃ 結婚

概説 [ ] 「婚姻」と「結婚」 「婚姻」と「結婚」では、「婚姻」のほうが、学術的にも、法的にも、正式の用語として扱われている。 先述のように学術的には「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めた概念として、「結婚」は配偶関係の締結を指し、用いられている。 や などの百科事典では「婚姻」を項目として立てている。 法概念としても「結婚」ではなく「婚姻」のほうが用いられている。 日本の民法上でも「婚姻」と表現されており()、講学上においても法概念としては「婚姻」が用いられる。 一方、日常用語としては「結婚」という表現が用いられる頻度が増えている。 では「婚姻」の定義として、「結婚すること」とした上で、「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子がとして認められる関係」としている。 「結婚」の文字は「婚姻」の文字とともに漢籍を由来とし、日本ではより用いられてきた。 しかし、当時はどちらかといえば「婚姻」の文字の方が使用例が多かった。 時代になり、この関係が逆転して「結婚」の二文字が多く使用されるようになった(出典:第二版)。 では「婚姻」である。 「婚姻」の範囲、多様な意味• 婚姻について説明するにあたって、まずその位置づけを広い視野で見てみると、の成人の性的関係というのはの発生以来の基礎的形態であり、それが成立するのに必ずしも規範やを必要としない。 だが、社会がその男女の結合関係の成立を許容し承認するのは、これが婚姻という形態をとることによるのである。 婚姻というのは社会的に承認された夫と妻の結合なのであるが、ところがこの《夫》や《妻》の資格や役割については、各社会・各時代において独自に意味づけがなされており、比較する社会によっては、互いに非常に異なった意味づけを行っているものがある。 よって上記の「社会的に承認された夫と妻の結合」という定義以上に細かい定義を盛り込むと、すぐにそうした定義文に当てはまらないような社会が見つかってしまう。 例えば仮に婚姻を「一対の男女の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子供が嫡出子として認められる関係」などと定義してしまうと、日本などではこれは当てはまるものの、他の地域・文化ではこれに当てはまらない事例が多数見つかってしまう。 例えば南インドのにおける妻訪形式の男女関係は、性的関係に留まるもので、男は「生みの親」()にはなるものの、居住・生産・消費・子の養育・しつけなどには一切関与せず、社会的・経済的なつながりを持たないのである。 ナヤール・カーストでは子はのの身分を得はするが、それ以上の社会的・経済的なつながりは一切なく、父親の葬儀にも参加しない。 また、たとえば北アメリカのでは、首長の特権は(息子ではなく)娘の夫(義理の息子)を通じてに伝えられる。 そして娘がない場合は、息子(男)が(娘の代わりに)他の男を「婿(むこ)」として迎え入れ、その結婚式は通常と全く同じ方式で行われ、その式を行ってはじめて婿は特権を譲り受けることができるのであり、つまりこの同性間の婚姻では、男女の性的な要素は全く含まれておらず、婚姻はあくまで地位や財産の継承の道筋をつけるために行われている。 このように、「婚姻」(や「結婚」)という用語・概念は、社会によって全く異なった意味を持ちうる。 個々人の婚姻状態の行政上の分類用語。 「未婚」「有配偶」「死別」「離別」。 「非婚」。 分類の困難。 日本ののにおいては、「有配偶」という用語を使い、「未婚」「有配偶」「死別」「離別」で、結婚に関連する状態を分類していることが多い。 以前は日本で、結婚していないことを「未婚」(みこん)、すでに結婚していることを「既婚」(きこん)と単純に分類しようとする者もいたが、実際には死別する人も多く、また特に離婚する人々の割合が増えているので、で「未婚」「既婚」から二者択一させるのは非常に無理があり、実態を把握できなくなる。 (なお「死別」とは、配偶者が死亡してしまった状態で、通俗的には「」と言う)。 さらに最近、日本では、本人の積極的な意思で結婚しないことを選択することを「非婚」と呼ぶ。 「未婚」と言うと、まるで本人は結婚を望んでいてその状態にたどりついていないかのような印象、誤解を生むが、結婚しないことを意識的に、意思を伴って選択していることを、はっき明示する表現である。 その後、という結婚と同棲の中間的な関係を保障する制度が実施。 近年では統計的には結婚制度を避けて、むしろPACS制度を選ぶ人々の割合が大きくなり、結婚制度を選択する人のほうがむしろ少数派(マイノリティ)になる。 昔の単純な分類には当てはまらない男女の方の割合が増え、分類はかなり複雑化している。 婚姻・結婚にまつわる日本語の表現 [ ] 両親に挨拶をする花嫁 ちぎり 婚姻を古くから「(夫婦の)」ともいう。 「入籍」 結婚することを、「籍を入れる」と言ったり、特にマスコミなどでは「入籍」と表現する場合があるが、この意味での「入籍」は、戸籍法上の「入籍」とは意味が異なる。 一般に言われる「籍を入れる」・「入籍」は、単に「婚姻届を提出することで、が同じ籍になる」という意味である(出典:広辞苑)。 これに対し戸籍法上の「入籍」とは、すでにある戸籍の一員になることである。 すでにある戸籍とは筆頭者が存在する戸籍であり、これに入るには筆頭者の配偶者になるか、子(養子含む)として戸籍に加えられるしかない。 結婚は、上では初婚の場合(分籍をしていなければ)、が受理されることにより、元々お互いが入っていた親の戸籍から離れて新しく戸籍が作られ、そこに2人が構成される。 そのためこのケースでは戸籍法上の「入籍」とは言わない。 ただし、離婚や分籍の前歴があれば当人が筆頭者であるため、その戸籍に配偶者を迎え入れればこれは戸籍法上の「入籍」と呼ぶこともできるが、一般的ではない。 なお、まれに「婚姻届」ということを、「入籍届」と表現されることがある。 入籍届は父母の離婚や養子縁組に際し子が別の(基本的には非筆頭者側の)戸籍に入るための届出書であり、婚姻届とは全くの別物である。 なお、近年では、女性の社会進出にともない、仕事上などの理由で改性できないなどの理由で、法的に「婚姻」の届は出さずを選択するカップルも増えている。 このほか、結婚の類義語として、一方の側に立った表現として「嫁入り」「輿入れ」「婿入り」などがある。 婚姻の形態 [ ] 婚姻の分類 [ ] 単婚と複婚 [ ] 一夫多妻制が完全に非合法化及び撤廃され、法的拘束力が十分 注釈: 1インド、シンガポール及びスリランカ: を除き、いかなる形態においても非合法である。 2エリトリア: 法律は一夫多妻婚を禁じているが、に基づく特定の国及び宗教はこれを認めている。 ムスリムは合法的にのみ一夫多妻の婚姻関係を結ぶことが可能である。 3モーリシャス: 一夫多妻ユニオンは合法的に承認されていない。 ムスリムの男性は妻の法的地位を享受していない女性と4人まで婚姻関係を結ぶことが可能である。 単婚制(、Monogamy) 一人の男性に対して、一人の女性という結婚形態。 近代国家の多くはこの婚姻制度のみを採用している。 近代以前はしばしば妻のみに義務を要求されたが、これは男性による女性の支配だとして多くの国で撤廃され、一部の国では男女に貞操義務が課された。 なお一夫一婦制の社会で、すでに配偶者がいるのに他の者とも結婚することをと呼ぶ。 複婚制 Polygamy• Polygyny 一人の男性が複数の女性と婚姻関係を持つ形態。 前近代においてはほぼすべての社会で実践されていた。 現在でも中東の社会などに認められる。 また、の徒も近年までは、一夫多妻制を採用していた。 ただしこの制度を採用している地域の男性住民のすべてが複数の妻を持っているわけではない。 イスラム教の一夫多妻制は、イスラーム教の公式見解に従えばによって男性がする可能性が高かったため、未亡人や遺児の生活を保障するために始められたとされる。 複数の妻が持てるのは経済的な余裕のある男性に限られる。 一夫多妻制は男性による女性支配の原因となっているとされているが、西ヨーロッパ・アメリカの知識人の中には自国の女性差別を隠蔽するためにこのことを取り上げるものもいるという批判もある。 Polyandry 一人の女性が複数の男性と婚姻関係を持つ形態。 現在この結婚制度を正式に法的に採用している国はないが、チベットなどで妻が複数の兄弟を夫とする慣習がある。 集団婚 集団婚は、複数の男性と複数の女性が婚姻関係を持つ形態。 が唱えられていた19世紀には、私有財産制度以前の原始社会で行われていたと考えられていたが、最近のや、の知見からは、その存在が否定ないし疑問視されている。 詳細は「」を参照 内婚と外婚 [ ] 同一の地域・氏族・民族の者の間でなされる結婚を内婚 Endogamy 、異なる地域・氏族・民族等の者の間でなされる結婚を外婚 Exogamy という。 ただし、近い血縁関係にある者同士が婚姻関係を結ぶ(、、、)については多くの社会で制限が存在する。 また、同じ姓の者同士が結婚するについては慣習的に嫌われる地域がある。 なお、夫の死後において夫の兄弟と婚姻関係を結ぶ制度は(順縁婚)、妻の死後において妻の姉妹と婚姻関係を結ぶ制度は(逆縁婚)と呼ばれる。 同類婚と異類婚 [ ] 職業・階層・教育・趣味などの点で同一ないし類似の社会文化的属性を有する者同士の結婚を同類婚 Homogamy 、異なる社会文化的属性を有する者同士の結婚を異類婚 Heterogamy という。 夫居制・妻居制・選択制・新居制 [ ] 社会学では結婚後の夫婦の居所により夫居制・妻居制・選択制・新居制という分類が用いられることがある。 男が女の元にあるいは女が男の元に通う形態は通い婚という。 特に夫が妻の元に通う場合は妻問婚(つまどいこん)とも言う。 に見られるように、かつての日本でも見られた形態である。 現在では 別居婚とも言われる。 (異性婚と)同性婚 [ ] 詳細は「」を参照 2006年7月29日、の権利の擁護と国際人権法確立を目的とした「」が採択され、性的指向を根拠にした差別の禁止などの観点から、同性結婚制度や登録パートナシップ制度が必要との記述が盛り込まれた。 フランスでは、2013年2月には下院で、4月12日には同国の上院で、同性婚解禁法案が賛成多数で可決された。 イギリスでは、2013年2月 庶民院(下院)で、7月15日 には貴族院(上院)で同性婚法案を賛成多数で可決し、2014年3月29日 イングランドとウェールズで同法律、が施行され、同年12月16日にはスコットランドで同性婚法案が施行された。 アメリカ合衆国では、2015年6月26日、最高裁判所が「法の下の平等」を定めた「アメリカ合衆国憲法修正第14条」を根拠に、アメリカ合衆国のすべての州での同性結婚を認める判決をだした。 婚姻の解消 [ ] 婚姻は生前に解消されることがあり、これを一般にという。 その扱いについては文化・制度ごとに異なっており、離婚が容易に認められる文化、原則的に認められない文化、一切認められていない文化などの違い、またどのような理由が認められるか、についても文化・制度ごとに異なる。 京都聖マリア教会での結婚の秘跡• では「」として扱われる。 結婚のとして認められるのは信徒同士の場合である。 非信徒と信徒 混宗結婚と異宗結婚 、教会によっては非信徒同士の結婚式も執り行う。 カトリック教会では、上の離婚者のを結婚と認めていない。 のは生涯である。 ただし、他教の既婚の司祭的役割の者が改宗した場合は、を求められることはない。 結婚禁止になったのは、の以降のことである。 は結婚できる。 ではも含めた聖職者も結婚および妻帯が可能であり、妻帯した主教も数多く存在する。 また正教会と違い、・司祭となった後でも結婚が可能である。 ではとして扱われる。 ではといい、機密である為、信徒同士でのみ行われる。 夫婦となる者のうち片方もしくは両方が未信徒である場合、を受けてから婚配機密を行う。 は独身を保つ。 の内、・は妻帯が可能であるが、輔祭になる前に結婚しなければならない。 また神品の再婚は認められない。 はから選ばれるため、主教は独身者である。 離婚は職を解かれるほどの重い罪であり、一般信徒も一定期間、停止などの措置が取られることになる。 しかし一般信徒の場合、配偶者の生存の如何には関係なく3回まで再婚が認められる場合もある(但し極めて稀)。 詳細は「」を参照• の中でもやでは、会衆(教会員・信者)の同意により、神の導きと見なし結婚が成立する。 プロテスタントの代表的なの一つであるは、配偶者に不倫があった場合にのみ、潔白な方に離婚を認めており、そのとき相手を死んだ者として扱う。 な教会では比較的離婚には、柔軟である(というより、人によって考え方がバラバラである)。 イスラム教 [ ] では婚姻は戒律により(商取引などと同様に) 人間同士のとして扱われており、キリスト教の結婚のように神に誓った物ではない。 イスラム教における結婚では夫婦ともにイスラム教徒であることを必須条件としている。 このため、夫婦のどちらかがイスラム教徒でない場合は結婚前に改宗することが求められる。 手続 結婚の手続き(儀式)は「ニカーフ」と呼ばれ、を知る者であれば誰でも執り行うことができ、また、当事者たちに都合の良い場所で行うことができる。 結婚には二人のムスリムの証人が必要であり、イスラーム法を知る人()が二人居ればよいとされている。 ただし、実際にはによる承認やによる証書の発行が必要となる。 また、「当事者たちの都合のよい場所で行うことができる」とされているが、通常は、において、そのモスクのが執り行う。 イスラーム教における結婚は、「1人の男と1人の女との間に結ばれる契約」であり、その結婚に対しては何らの法的制約もないので、花婿の同意および花嫁と彼女の保護者とのとが一番重要であると考えられている。 (通常、花嫁の自由意志による同意は、結婚の儀式の前に、直接あるいは間接的に得られている。 花婿側の自由意思による同意の表明は儀式中に行う。 ) 結婚の儀式が始まると、まずイマームによるを讃える定型的な説教がで行われ 、イスラーム教の結婚制度の尊厳、および妻や夫としてのやについて説明される。 イマームは、花嫁の保護者に対し、自分の娘(あるいは自分が後見人となっている娘)と花婿との結婚に同意するかどうか、公の場(=2人の正式な証人が同席し儀式が行われている、まさにこの場)で表明するように求める。 保護者が同意を表明すると、イマームは、次に、花婿に対し、名を呼びあげた花嫁との結婚に合意するかどうか表明するように求める。 Nikah(結婚の)に署名をするイスラームの花嫁。 (なお、もしも離婚することになった場合のについてもこの契約書に明記しておく。 ) そしてイマームの導く無言の祈りで式が完結し、が交わされる。 乾燥したの実(=)などのお菓子が参列者に振舞われる。 イスラーム内の宗派ごとの相違点 イスラム法における結婚は制度が複雑で部外者には理解しにくい一面もある。 やでは認められていない独自のムトア婚(一時婚)などの制度があり、宗派によって結婚の制度が異なる上にアラブ社会ではこれに部族習慣法が加わって極めて複雑な婚姻関係が形成されている。 年齢 では、ムハンマドの妻アーイシャが9歳でムハンマドと結婚しの性行為を行ったというに基づき、女性の結婚最低年齢は9歳である。 男性の結婚最低年齢は13歳程度である。 しかし中東のイスラム教国を除く多くのイスラーム諸国では 現在では [ ]15 - 18歳が結婚最低年齢である。 、、など、人間は生まれたときから結婚する権利があると認める国もあり、法制度上の下限がない国もある。 ただし結婚しても性行為は9歳になるまで不可としている。 結婚の不成立(無効) 非婚での性行為が戒律上、認められていないため、初婚のさいには、男性は、女性はであることを求められる。 そのため、初婚の際に女性が処女でなかった場合、そもそも契約条件を満たしておらず「結婚は無効」という解釈が成り立つ。 離婚 イスラム教では離婚を制限していない。 夫が「離婚」を意味する「タラーク」という言葉を、妻に対してはっきりと聞こえるように、ゆっくり大きな声で3回唱えることでその意志を表明すれば、それだけで離婚できる。 再婚 イスラム教では離婚を制限していないため、離婚・死別のどちらでも男女とも可能。 一夫多妻制 イスラム法における結婚ではが認められていることが特徴のひとつとして挙げられるが、経済的な事情もあり実際に複数の妻を持っている人物は少ない。 サウジアラビアの初代国王であるは国を平定するために100以上ある国内の主要部族の全てから妻をもらっているため百数十人の妻がいたといわれている。 このため初代国王の王妃が何人いたのか国王本人やサウジ王室自身も含めて把握できていないがイスラム社会における結婚の最多事例と言われている。 サウード王家は一夫多妻結婚を繰り返しているため、初代国王の子孫は鼠算式に増えて5で2万人以上にまで増えた。 他 イスラム教国では売春は重罪であるが、短期間での結婚と離婚を繰り返すことで、実態としては売春でありながらそれをあたかも売春ではないかのように装う「脱法行為()としての結婚」「結婚を装った売春」が行われていることもある。 ユダヤ教 [ ] では結婚は神聖な行為と考えられ、未婚の男性は一人前とみなされない。 「結婚は神が人間を誕生させて最初に行った行為であるから、必ず結婚すべきである」とされている。 今でも伝統を守る地域では男子は18歳になると結婚する。 恋愛は行うべきだが恋愛はあくまで一時的なもので、結婚とは結び付かないものだと教えられている。 結婚と法制度 [ ] 法学上、婚姻制度については人類の保族本能に基づき、これが習俗・宗教・法律といった社会規範によって規律されるものと説かれることが多い。 近代法における構成要素 [ ] 同性ユニオンが合法的に承認されていない リスト上方の色は下方の色に優位に立つ 未施行の法律を含む。 近代法における婚姻の構成要素として、社会的要素、自然的要素、意思的要素の3つが挙げられる。 社会的要素 婚姻の儀式などの要素がある。 結婚の際のについてはを参照。 自然的要素 婚姻は伝統的には男女間での成立するものと考えられてきたが 、一部の国または地域では男性同士や女性同士のも法的に認められている。 日本では同性間のは受理されない。 1998年に川崎の若宮八幡宮で神前結婚式が行われ反響を呼んだ。 意思的要素 婚姻は当事者間の合意すなわち契約により成立する。 婚姻の成立 [ ] 婚姻の成立の形態に関する法制度としては次のように分類される。 事実婚主義(事実婚・無式婚) 社会慣習上において婚姻と認められるような事実関係があれば法律上の婚姻と認める制度 法制上、一般に婚姻には公示機能として一定の手続(儀式等)を伴うのが通例とされ、1926年のソビエト・ロシア法など事実婚主義の採用は歴史的にみても極めて稀にしか存在しないとされる。 形式婚主義(形式婚・要式婚) 婚姻の成立には何らかの手続を要するとする制度• 法律婚主義(法律婚・民事婚) 婚姻の成立には法律上の所定の手続を要するとする制度(法律上の所定の手続が届出である場合を特に届出婚主義という)• 儀式婚主義(儀式婚)• 宗教的儀式婚(宗教婚) 婚姻の成立には一定の宗教上の儀式を要するとする制度• 習俗的儀式婚 婚姻の成立には一定の習俗上の手続を要するとする制度 なお、各国間では婚姻の成立方式が異なることから、の場合には当事者との関係でいずれの国の私法を適用すべきかという国際私法上の問題となる。 法定財産制 [ ] 婚姻後の財産の帰属・管理の形態に関する法制度は次のように分類される。 吸収制 配偶者の一方の財産が他方の財産に(この法制の多くは妻側の財産が夫側の財産に)吸収されるとする制度。 共有制(共通制・合有制) 夫婦が財産を共有する制度。 共有の具体的範囲は各法制ごとに異なる。 別産制 原則として各自が財産を所有し自己の名で得た財産はその者の固有財産となる制度。 この制度は歴史的には妻の財産を夫から解放する点に意義があったとされる。 複合財産制 上の財産制の要素を併用する制度。 日本では別産制を採用している。 米国では州によって異なり、たとえばカリフォルニア州では共有制を採用している。 結婚の歴史 [ ] 西欧における結婚史 [ ] の教会法はを承継して婚姻は契約によって成立するとしていたが(合意主義)、(秘蹟)の教義の下、西欧では結婚には男女が教会においてサクラメントを受けることを要するとする宗教婚主義が支配的となったとされる。 しかし、による婚姻還俗運動の下で法律婚主義が登場すると、絶対王政の台頭とカトリック教会の凋落の中で、秘蹟と契約の分離する民事婚思想が広まることとなり法律婚主義が次第に拡大していったとされる。 日本における結婚史 [ ] この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 婚姻は終生にわたる共同での生活を目的とする典型的な身分行為であり、財産法上の契約関係のような特定の目的を達成する限度でのみ認められる結合とは異なる全人格的結合であるとされる。 そのため婚姻はに親しまない行為であり、また、やの親しまない行為とされる。 についてこの節では、条数のみ記載する。 婚姻の成立 [ ] 婚姻の成立要件 [ ] (民法)は、婚姻の成立に上の手続を要求する法律婚主義を採用している()。 実質的として 当事者の婚姻意思の合致及び 婚姻障害事由の不存在が必要とされる。 また、形式的要件として に基づく届出が必要とされる。 婚姻意思の合致 [ ] 婚姻には、まず実質的要件として婚姻意思の合致が必要である。 1項は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と規定する。 「婚姻意思」とは何かという点については、婚姻という身分行為に必要な届出をなす意思であるとする形式的意思説もあるが、通説は婚姻届出を出す意思を有するとともに社会通念に従って夫婦と認められる生活共同体を創設しようとする意思をいうとしている(実質的意思説、実体的意思説)。 婚姻意思が存在しない場合(婚姻意思の欠缺)の婚姻は無効である(1号)。 なお、成年被後見人が婚姻をするには、その成年後見人の同意を要しない()。 婚姻障害事由の不存在 [ ] 婚姻には民法に規定される婚姻障害事由(から)が存在しないことが必要である。 婚姻障害事由のうち、民法731条から736条までの規定に違反した婚姻は「不適法な婚姻」として、法定の手続に従ってうる()が、737条違反については誤って受理されると、もはや取り消し得ない(後述)。 婚姻適齢 日本における婚姻適齢は、は18歳以上、は16歳以上である()。 婚姻適齢に達しない場合は婚姻障害事由となり、により取り消しうる(不適齢者の取消しについてはに定めがある)。 ただし、実際には当事者が婚姻適齢に達しているか否かは、戸籍の記載から明らかであるので、誤って届出が受理された場合や戸籍上の生年月日が誤って記載されていた場合などに成立するにすぎない。 日本では婚姻適齢につき男女間で2歳の差があり、これは女性のほうが成熟が早く、統計的に平均初婚年齢が女性のほうが若い点などを考慮したものとされるが、これが現代においても合理的と評価できるかは疑問とされる。 婚姻適齢につき「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日総会決定)では、男女ともに満18歳とすべきとしており、2009年7月の法制審議会の部会は、男女ともに18歳に統一すべきとの最終答申が報告された。 婚姻適齢に達したは婚姻できるが、未成年者の婚姻には父母の同意が必要である()。 未成年者は婚姻により私法上において成年者として扱われる()。 通説によれば、この成年擬制の効果は年齢20歳に達する前に婚姻を解消した場合であっても失われないとされているので、初婚の解消後にする場合には親の同意は必要とされない。 なお、未成年者の婚約については、未成年者(婚姻適正年齢外)であるからといって結婚をする約束(婚約)は無効にはならないという判例(大判大8・4・23民録25輯693頁)もあるため、高校生同士が結婚の約束をしていたことが証明されるに至った場合には、法的効力をもつ婚約となることがありうる。 (30年)、年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正がで成立した。 この中には、 女性が結婚できる年齢を現行の16歳から18歳に引き上げる内容も盛り込まれ、男性と統一された。 これにより、(4年)から、日本では結婚できるのは「成人」のみとなり、親の同意は不要となる。 重婚の禁止 配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない()。 一夫一婦制をとり多婚制を否認する趣旨である。 本条は実質上の一夫一婦制をも志向するものではあるが、732条の「配偶者」は法律上の配偶者を意味し内縁など事実上の婚姻を含まない。 重婚が生じる場合としては、• 誤って二重に届出が受理された場合• 後婚の成立後に前婚の離婚が無効あるいは取り消された場合• を受けた者の配偶者が再婚した後に失踪宣告が取り消された場合• あるいは戦死公報による婚姻解消ののち残存配偶者が再婚した後に前の配偶者が生還した場合• 失踪宣告を受けた者が実は生存していて他所で婚姻した後に失踪宣告が取り消された場合• 内地と外地とでそれぞれ婚姻した場合 があるとされる。 失踪宣告の取消しなどにおける善意再婚者(重婚の事実を知らなかった者)の保護については問題となる (失踪宣告の取消しの場合について多数説は民法32条1項準用により後婚の当事者が善意であれば前婚は復活せず重婚は生じないとする。 も参照)。 重婚を生じた場合、後婚については本条により取消原因となるほか、前婚については離婚原因(770条1項1号・5号など)となる。 なお、悪意(故意)による重婚は()を構成し処罰される(相婚者も同様に処罰される)。 女性は前婚の解消または取消しの日から100日を経過した後でなければ、再婚をすることができない(1項)。 この期間は期限、、寡居期間とも呼ばれる。 女性が再婚する場合において生まれた子の父性の推定が重複して前婚の子か後婚の子か不明になることを防ぐ趣旨である(最判平7・12・5判時1563号83頁)。 かつて、再婚期間は6か月とされていたが、「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では6か月から100日に短縮すべきとしていた。 (平成27年)12月16日最高裁判所大法廷判決は、同項が100日を超えて再婚禁止期間を定めていることについて憲法14条1項、24条2項に違反すると判示。 違憲判決を受けて離婚後100日を経過した女性については婚姻届を受理する法務省通知が出され、2016年6月1日に民法の一部を改正する法律案が国会で可決成立し条文上も100日となった。 本条の趣旨から、父性の推定の重複という問題を生じない場合には1項の適用は排除される。 女性が前婚の解消または取消しの後に出産した場合には1項の適用はなく、さらに2016年の改正により女性が前婚の解消または取消しの時に懐胎していなかった場合にも医師の証明書があれば再婚禁止期間中でも婚姻届は受理されることとなった(2項)。 再婚禁止期間については等による父子関係の証明方法もあることから、本条の合理性そのものを疑問視する733条廃止論もある。 ただし、772条をそのままにして本条を廃止すると父性推定が重複する場合には判決や審判によって父が確定されるまで法律上の父が未定という扱いになるとして、再婚禁止期間を廃止する場合には一定の立法上の措置が必要との論もある。 なお、2016年の民法改正においても改正法の施行から3年後をめどに制度の見直しを検討することが付則に盛り込まれている。 近親者間の婚姻の禁止 上また上・道義上の見地から一定の親族間での婚姻は認められない。 直系血族又は三親等内の傍系血族の間の婚姻の禁止 直系血族の間では婚姻をすることができない(本文)。 非嫡出子は父からのがない限り法律上の父子関係を生じないが、その関係上、父と未認知の娘との間の婚姻については、認知がない以上は法律上の親子関係にないため本条の適用余地はないとする説(法律的血縁説) と実質的な直系血族である以上は婚姻は認められないとする説(自然血縁説) が対立する。 なお、養子縁組前に養子が出生した子と養親とは親族関係にないため(判例として大判昭7・5・11民集11巻1062頁)、本条の適用はない。 三親等内の傍系血族の間についても婚姻をすることはできない(本文)。 ただし、養子と養方の傍系血族との間の婚姻は許される(但書)。 養子の実子と養親の実子の間の婚姻については学説に対立がある。 直系姻族間の婚姻の禁止 直系姻族の間では婚姻をすることができない(前段)。 728条又は817条の9による直系姻族関係終了後も同様とされる(後段)。 養親子等の間の婚姻の禁止 養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者と養親又はその直系尊属との間では、729条の規定により親族関係が終了した後でも、婚姻をすることができない()。 養子またはその縁組後に出生した直系卑属と養親またはその直系尊属の配偶者との間(婚姻していた当事者にあっては婚姻が解消されている場合に限る)においては離縁後においても婚姻が禁止されるか否かについて学説には対立があるが、実務は婚姻障害にあたらないとする(昭28・12・25民事甲2461号回答)。 未成年者の婚姻についての父母の同意 未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない(1項)。 父母の一方が同意しないとき、父母の一方が知れないとき、死亡したとき、又はその意思を表示することができないときは他の一方の同意だけで足りる(2項)。 親権を辞任・喪失している父母の同意権については学説に対立があるが、父母の同意は親権と無関係であるとして実務は同意権を有するものとしている(昭33・7・7民事甲1361号回答、昭24・11・11民事甲2631号回答)。 また、実父母と養父母とがいる場合に実父母の同意が必要か不要かをめぐっても学説に対立があるが、実務は養父母のみを同意権者とする(昭24・11・11民事甲2641号回答)。 父母の同意がない場合には婚姻障害事由に該当することとなり婚姻届は受理されないが、婚姻障害事由のうち本条違反は取消原因として挙げられていないため()、誤って受理されるともはや取り消し得ず有効な婚姻となる(通説・判例)。 したがって、この父母の同意は厳密には婚姻成立要件ではなく届出受理要件ということになる(最判昭30・4・5裁判集民18巻61頁)。 本条については解釈上の問題点も多く、立法論としては法定代理人の同意とすべきとの案、同意に代わる家庭裁判所の審判も認めるべきとの案、本条そのものについて削除すべきとする案などがある。 戸籍法に基づく届出 [ ] 婚姻には形式的要件としてに基づく届出()が必要である(2項)。 これは婚姻の効力を第三者にも及ぼすためである。 この届出については当事者間の合意で婚姻は成立しておりその効力発生要件にすぎないとする説と届出がない以上は婚姻は成立しないのであるから婚姻の成立要件であるとする説(通説)などがある。 婚姻届は当事者の本籍地又は届出人の所在地でこれをしなければならない(戸籍法25条1項)。 婚姻の届出は731条から737条まで及び739条2項の規定その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ受理することができない()。 なお、外国に在る日本人間で婚姻をしようとするときは、その国に駐在する日本の、又はにその届出をすることができる(前段)。 婚姻は戸籍事務の担当者が届出を受理した時点で成立する(大判昭16・7・29民集20巻1019頁)。 婚姻の届出をしない場合には婚姻届出の欠缺(けんけつ)として婚姻は無効である(2号本文)。 ただし、その届出が2項に定める方式を欠くだけであるときは、婚姻はそのためにその効力を妨げられない(2号但書)。 2004年7月16日に「」が施行、これにともない戸籍法も一部改正した。 特例法の定める要件を満たす者は家庭裁判所で性別の変更の審判を請求することができ、戸籍上の性別の変更が可能となった。 戸籍上の性別にしたがい、その男女の婚姻届は受理される。 婚姻の無効と取消し [ ] 婚姻の無効 [ ] 婚姻意思の欠缺や婚姻届出の欠缺は婚姻の無効原因であり、また、婚姻の無効原因はこの二つに限られる()。 詳細は「」を参照 婚姻の効力 [ ] 夫婦同氏の規定 [ ] 夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する()。 婚姻後に夫婦が称する氏については、届書に記載して届け出なければならない(戸籍法74条1号)。 偶然にも同一の氏である場合にも同様である(の場合に法的な意味を有することになる)。 当事者の婚姻前の氏とは関係のない第三者の氏とすることは許されない。 なお、明治民法が制定されるまでは妻は生家の姓を用いること()とされていた(明治9年3月17日太政官指令15号。 夫婦の氏につき「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では、夫婦は婚姻の際に定めるところに従い夫もしくは妻の氏を称しまたは各自の婚姻前の氏を称するものとし、夫婦が各自婚姻前の氏を称する旨の定めをするときは夫婦は婚姻の際に夫または妻の氏を子が称する氏として定めなければならないものとしており、選択的制度の導入、導入する場合の子の氏等についての議論がなされている。 2015年 平成27年)12月16日最高裁大法廷判決は、婚姻に際し夫婦同氏のみを認める民法750条の規定について憲法13条、14条1項、24条に違反しないと判示している。 なお、日本の戸籍実務においては日本人が外国人と結婚する場合については夫婦同氏の規定の適用はないとしている(昭和20年4月30日民事甲899号回答、昭和42年3月27日民事甲365号回答)。 この点に関して戸籍法は外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から6か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができるとしている(戸籍法第107条第2項)。 同居・協力・扶助義務 [ ] 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない()。 これは婚姻の本質的義務で身分的効果の中核をなすとされる。 正当な理由なく同居しない配偶者に対して他方の配偶者は同居するよう請求しうる。 ただし、同居の審判があっても本人の意思に反する強制履行はできないとされている(通説・判例。 判例として大決昭5・9・30民集9巻926頁)。 また、婚姻関係が完全に破綻している場合には同居の請求は認められない(大阪高判昭35・1・14家月12巻4号95頁)。 正当な理由のない同居・協力・扶助義務の不履行は「悪意の遺棄」として離婚原因となる(1項2号)。 病気による入院、出稼ぎや単身赴任、家庭内暴力など同居が困難な事情があると認められる場合には同居義務違反とはならず、やむをえず別居している配偶者に対して同居請求権を行使することは権利の濫用にほかならない(通説)。 貞操義務 [ ] 夫婦は貞操義務(守操義務)を負う(通説・判例。 大決大15・7・20刑集5巻318頁)。 民法上には直接的な明文の規定はないが、婚姻の本質からみて当然の義務であると解されており、は離婚原因となる(1項1号)。 夫婦間の不法行為責任 他方配偶者は(損害賠償責任)を追及しうる(通説・判例。 大決大15・7・20刑集5巻318頁)。 第三者の不法行為責任 相手方たる第三者は共同不法行為者となり(大刑判昭2・5・17新聞2692号6頁)、その第三者に故意・過失がある限り、他方配偶者はその第三者に対しても慰謝料請求しうる(通説・判例。 大刑判明36・10・1刑録9輯1425頁、最判昭54・3・30民集33巻2号303頁)。 ただし、判例は夫婦関係がすでに破綻していた場合の第三者の不法行為責任を否定する(最判平8・3・26民集50巻4号993頁)。 なお、夫婦間の未成年の子からの第三者への損害賠償請求は否定される(最判昭54・3・30民集33巻2号303頁)。 婚姻による成年擬制 [ ] 未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなされる()。 やにも同旨の規定があり、これらの規定は婚姻した未成年者が親権や後見に服するとすることは夫婦生活を阻害し法的関係に混乱を来すなど弊害を生じるためとされる。 成年擬制の効果は原則として私法領域に限られ、それ以外の法分野における成年擬制の効果は各法の趣旨によって定められるが、少年法・・・など公法領域については原則として成年擬制の効果は及ばないとされる。 通説によれば未成年者が離婚した場合にも成年擬制の効果は失われずに復帰するわけではない(成年擬制存続説)。 婚姻の取消しの場合にも不適齢婚による場合を除いて制限行為能力者には復帰しない(通説・実務)。 夫婦契約取消権 [ ] 夫婦間でしたは、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。 ただし、第三者の権利を害することはできない()。 夫婦関係が実質的に破綻している場合には、形式的には婚姻関係にあっても本条にいう「婚姻中」とはいえず夫婦契約取消権を行使することはできない(最判昭33・3・6民集12巻3号414頁、最判昭42・2・2民集21巻1号88頁)。 本条の妥当性については疑問視する見解が多い。 そもそも本条は沿革的にはローマ法に由来するもので夫から妻への家産の流失を防ぐといった趣旨があったとされるが、このような立法理由は今日では妥当でない。 また、契約取消権の濫用が問題化したこともあって判例はその行使を厳しく制限しており契約取消権は実質的な意義を失っているとされる。 このようなことから「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では民法754条の規定は削除すべきとしており現在議論がなされている。 夫婦財産制 [ ] 婚姻によって夫婦間に生じる財産関係すなわち夫婦間の費用の負担、財産の帰属、管理収益権などを規律する制度。 日本の民法は以下により、まず、婚姻の届出前に契約によって定めることを認め(契約財産制)、契約がない場合に法定財産制に従うものとしている()。 契約財産制 [ ] 契約財産制とは夫婦財産契約に基づく財産関係である。 夫婦財産契約は単なる夫婦間の契約ではなく登記によって第三者への対抗力を有する法律関係を生じる。 夫婦財産契約とは夫婦が婚姻の届出前にその財産関係についてなす契約であり、夫婦財産契約を定めた場合には法定財産制の適用はない(の)。 ただし、日本ではこのような慣習がなく民法の定める制度も厳格なこともあって夫婦財産契約が締結される例は極めて少ないとされ、ほとんどの夫婦財産制は法定財産制によっている。 夫婦が法定財産制と異なる契約をしたときは、婚姻の届出までにその登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない()。 夫婦の財産関係は、婚姻の届出後は、変更することができない(1項)。 夫婦の一方が、他の一方の財産を管理する場合において、管理が失当であったことによってその財産を危うくしたときは、他の一方は、自らその管理をすることを家庭裁判所に請求することができる(2項)。 共有財産については、前項の請求とともに、その分割を請求することができる(3項)。 家庭裁判所の審判又は契約中に予め定められた規定により、財産の管理者を変更し、又は共有財産の分割をしたときは、その登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない()。 法定財産制 [ ]• 婚姻費用の分担 夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する()。 日常の家事に関する債務の連帯責任 夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う(本文)。 ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は責任を免れる(但書)。 日常家事とは、夫婦の共同生活体を維持するために必要な費用を言い、たとえば、や家賃、納税資金調達行為等が該当するが、具体的には、夫婦の収入、資産、職業等によって判断される。 不動産など、夫婦の一方の固有財産を売却する行為は日常家事に該当しない 最高裁判決昭和43年7月19日。 日常家事につきの規定 は直接適用されないが、相手方が、その夫婦にとって日常家事の範囲内の行為であると信じるにつき正当な理由があった場合には、110条の類推により、相手方は保護される 最高裁判決昭和44年12月18日。 夫婦間における財産の帰属 夫婦の財産については共有とする共有制、各自の所有とする別産制などがある。 日本の民法は夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産)とするとして別産制を採用する(1項)。 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定される(2項)。 別産制はに違反しない(最大判昭36・9・6民集15巻8号2047頁)。 ただし、別産制をとるときには、夫婦の一方が他方の事業に協力している場合、夫婦の一方が内にあって家事にあたる場合、夫婦間の収入に格差がある場合などに不平等な結果を生じることとなるが、民法は婚姻継続中は家庭内の自律に任せ、婚姻解消時、具体的には相続においては配偶者相続権や、離婚においてはなどの制度によって清算することとしている。 婚姻の解消 [ ] 法律上、婚姻関係は夫婦の一方が死亡した場合(夫婦の一方がを受けた場合を含む)及びが成立した場合に解消される。 日本の明治民法下での結婚 [ ] 婚姻の成立要件は、• 男は満17年、女は満15年に達したこと、• 現に配偶者をもっていないこと、• 女は前婚の解消または取消の日から6か月を経過したこと、• によって離婚または刑の宣告を受けたものは相姦者と婚姻ができないこと、• 直系血族間、三親等内の傍系血族相互間の婚姻でないこと、• 男が満30年、女が満25年に達しない間は家に在る父母の同意を得ること、• 家族は戸主の同意を得ること、• 市町村長に届出をおこなうこと、 などである。 市町村長に届出をおこなうことという要件を欠くときは婚姻は無効であるが、その他の要件を欠くときは取り消し得べきものとなって、法律所定の者が裁判所に取消の訴を提起することができる(改正前民法780条)。 婚姻の取消はただ将来にむかって婚姻を消滅させるのみで、その効力は過去に遡らないから、婚姻が取り消されてもすでに夫婦の間に生まれた子があれば、依然として嫡出子である。 婚姻の効力は、• 夫婦間に配偶者としての親族関係を生じること、• 夫婦は互いに同居の義務および扶養の義務をもつこと、• 夫(入夫婚姻であれば女戸主)は婚姻中の費用および子女の養育費を負担する義務をもつこと、• 配偶者の財産を使用収益する権利をもつこと、• 夫は妻の財産を管理すること、• 妻が重要な法律行為をするには夫の許可を得なければならないこと、• 日常の家事については妻は夫の代理人とみなされること、 などである。 一夫一婦の共諾婚が定められ、かつ婚姻は市町村長に届出ることによって効力を生じるとして、厳格な法律婚主義が採用された。 なお、夫婦同氏の原則が定められたのは(明治31年)の明治民法制定以降である。 それ以前は、「婦女は結婚してもなお所生の氏(婚姻前の氏)を用いること」、すなわちが原則であった。 国際私法における結婚(国際結婚) [ ] 、本国人と外国人との間の結婚等の国際結婚については、どこの国の法を適用すべきかという準拠法の問題を生じる。 日本ではに定めがある。 婚姻の成立及び方式 [ ] 日本の法の適用に関する通則法によれば、婚姻の成立は各当事者の本国法による(法の適用に関する通則法24条1項)。 また、婚姻の方式は婚姻挙行地の法によるが(法の適用に関する通則法24条2項)、当事者の一方の本国法に適合する方式でも有効とされる(法の適用に関する通則法24条3項本文)。 ただし、日本において婚姻が挙行された場合において、当事者の一方が日本人であるときは、日本法によることを要する(法の適用に関する通則法24条3項但書)。 婚姻の効力 [ ] 日本の法の適用に関する通則法によれば、婚姻の効力は、夫婦の本国法が同一であるときはその法により、その法がない場合において夫婦の常居所地法が同一であるときはその法により、そのいずれの法もないときは夫婦に最も密接な関係がある地の法によるとされる(法の適用に関する通則法25条)。 夫婦財産制 [ ] 日本の法の適用に関する通則法によれば、夫婦財産制についても原則として婚姻の効力の場合と同様の扱いとされる(法の適用に関する通則法26条1項・25条)。 ただし、夫婦が署名した書面で日付を記載したものにより、次に掲げる法のうちいずれの法によるべきかを定めたときは、夫婦財産制はその法による(法の適用に関する通則法26条2項前段)。 夫婦の一方が国籍を有する国の法• 夫婦の一方の常居所地法• 不動産に関する夫婦財産制については、その不動産の所在地法 この場合において、その定めは将来効のみ認められる(法の適用に関する通則法26条2項後段)。 外国法を適用すべき夫婦財産制にあっては、日本においてされた法律行為及び日本に在る財産については、善意の第三者に対抗することができない(法の適用に関する通則法26条3項前段)。 この場合において、その第三者との間の関係については、夫婦財産制は日本法の規定による(法の適用に関する通則法26条3項後段)。 ただし、外国法に基づいてされた夫婦財産契約であっても、日本においてこれを登記したときは、第三者に対抗することができる(法の適用に関する通則法26条4項)。 日本における結婚の状況 [ ] 種類• 恋愛的な出来事• 気持ちと感情• ()(• 男女ともに全ての結婚の平均年齢も最初の結婚の平均年齢も上昇中である 下記の表を参照。 日本の全ての結婚の平均年齢と最初の結婚の平均年齢の変化 [ ] 全ての結婚の平均年齢と最初の結婚の平均年齢と夫婦の年齢差の変化 年度 全ての結婚の平均年齢(歳) 最初の結婚の平均年齢(歳) 男性 女性 夫婦の年齢差 男性 女性 夫婦の年齢差 (33年) 27. 7 23. 1 夫が4. 6歳上 - - - (43年) 28. 7 24. 0 夫が4. 7歳上 27. 0 23. 0 夫が4. 0歳上 (9年) 29. 2 24. 2 夫が5. 0歳上 27. 4 23. 2 夫が4. 2歳上 (5年) 28. 9 24. 2 夫が4. 8歳上 27. 3 23. 2 夫が4. 1歳上 (15年) 30. 0 24. 9 夫が5. 1歳上 29. 0 24. 6 夫が4. 4歳上 (25年) - - - 25. 9 23. 0 夫が2. 9歳上 (昭和35年) 28. 1 24. 8 夫が3. 3歳上 27. 2 24. 4 夫が2. 8歳上 (昭和45年) 27. 6 24. 6 夫が3. 0歳上 26. 9 24. 2 夫が2. 7歳上 (昭和50年) 27. 8 25. 2 夫が2. 6歳上 27. 0 24. 7 夫が2. 3歳上 (昭和55年) 28. 7 25. 9 夫が2. 8歳上 27. 8 25. 2 夫が2. 6歳上 (昭和60年) 29. 3 26. 4 夫が2. 9歳上 28. 2 25. 5 夫が2. 7歳上 (2年) 29. 7 26. 9 夫が2. 8歳上 28. 4 25. 9 夫が2. 5歳上 (平成7年) 29. 8 27. 3 夫が2. 5歳上 28. 5 26. 3 夫が2. 2歳上 (平成12年) 30. 4 28. 2 夫が2. 2歳上 28. 8 27. 0 夫が1. 8歳上 (平成17年) 31. 7 29. 4 夫が2. 3歳上 29. 8 28. 0 夫が1. 8歳上 (平成22年) 32. 5 30. 3 夫が2. 2歳上 30. 5 28. 8 夫が1. 7歳上 (平成27年) 33. 3 31. 1 夫が2. 2歳上 31. 1 29. 4 夫が1. 7歳上 日本の出生年代コーホート別と年齢層コーホート別の未婚率・有配偶率・初婚率の変化 [ ] が管轄するのデータに基づいて、国勢調査年の1950年時~2015年時を、20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~64歳、65歳~69歳の年齢層別に、人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率を表形式で表記する。 厚生労働省が生涯未婚率を計算する基準年齢が50歳時点の未婚率(正確には45歳~49歳の未婚率と50歳~54歳の未婚率の平均値)であるが 、1950年度~2015年度の国勢調査の配偶関係統計では、50歳以後の初婚があるので、50~54歳、55~59歳、60~64歳、65歳~69歳の年齢層も含めて表記する。 20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳になった時以後の初婚率 % の計算式は、下記のとおりである。 1921年~1925年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1920年~1925年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1950年 25~29歳 2,847,626 977,804 1,825,795 9,151 34,311 34. 3 64. 1 0. 3 1. 2 95. 91 3,397,997 515,973 2,686,451 92,410 102,873 15. 2 79. 1 2. 7 3. 0 77. 48 1955年 30~34歳 2,817,154 256,015 2,509,330 10,470 40,982 9. 1 89. 1 0. 4 1. 5 84. 56 3,345,468 264,263 2,850,731 111,929 118,394 7. 9 85. 2 3. 3 3. 5 56. 70 1960年 35~39歳 2,782,870 101,484 2,628,743 13,067 38,874 3. 6 94. 5 0. 5 1. 4 61. 53 3,300,265 179,834 2,833,054 152,121 134,665 5. 5 85. 9 4. 6 4. 1 37. 24 1965年 40~44歳 2,748,642 66,924 2,627,124 17,920 35,530 2. 4 95. 6 0. 7 1. 3 42. 39 3,256,379 152,073 2,761,335 209,349 131,983 4. 7 84. 8 6. 4 4. 1 26. 79 1970年 45~49歳 2,696,819 51,755 2,577,705 28,213 38,912 1. 9 95. 6 1. 0 1. 4 26. 89 3,222,878 128,021 2,662,070 294,028 138,656 4. 0 82. 6 9. 1 4. 3 13. 89 1975年 50~54歳 2,616,771 45,884 2,481,878 46,847 41,625 1. 8 94. 9 1. 8 1. 6 19. 99 3,164,934 119,229 2,510,260 405,587 128,775 3. 8 79. 3 12. 8 4. 1 9. 24 1980年 55~59歳 2,511,379 38,890 2,356,314 69,718 43,315 1. 6 93. 9 2. 8 1. 7 9. 50 3,102,126 109,344 2,324,015 531,242 129,151 3. 5 75. 1 17. 2 4. 2 3. 22 1985年 60~64歳 2,379,902 36,940 2,194,436 101,957 44,841 1. 6 92. 3 4. 3 1. 9 9. 66 3,025,636 106,280 2,076,602 713,048 126,264 3. 5 68. 7 23. 6 4. 2 2. 74 1990年 65~69歳 2,194,783 30,712 1,979,671 138,976 39,296 1. 4 90. 5 6. 3 1. 8 - 2,908,793 98,806 1,775,261 900,757 113,871 3. 4 61. 5 31. 2 3. 9 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1940年 20~24歳時 の年齢層別婚姻統計は国勢調査データに記載されていない、1945年 20~24歳時 は第二次世界大戦の終結直後の混乱期で国勢調査は実施していない。 1926年~1930年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1926年~1930年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1950年 20~24歳 3,871,378 3,201,072 647,872 3,530 17,852 82. 7 16. 7 0. 1 0. 5 97. 70 3,932,345 2,169,605 1,682,937 15,655 63,980 55. 2 42. 8 0. 4 1. 6 92. 38 1955年 25~29歳 3,802,724 1,558,614 2,199,649 6,078 38,034 41. 0 57. 8 0. 2 1. 0 95. 36 3,860,355 793,434 2,941,188 29,704 95,868 20. 6 76. 2 0. 8 2. 5 79. 55 1960年 30~34歳 3,774,040 374,583 3,346,625 9,545 42,367 9. 9 88. 7 0. 3 1. 1 80. 85 3,801,653 356,380 3,269,183 56,197 119,211 9. 4 86. 0 1. 5 3. 1 55. 18 1965年 35~39歳 3,773,472 157,334 3,563,463 12,408 38,663 4. 2 94. 5 0. 3 1. 0 54. 43 3,780,525 255,234 3,306,613 94,378 122,424 6. 8 87. 5 2. 5 3. 2 37. 78 1970年 40~44歳 3,690,875 104,134 3,518,140 20,365 47,808 2. 8 95. 3 0. 6 1. 3 32. 63 3,702,753 196,180 3,217,364 149,983 139,079 5. 3 86. 9 4. 1 3. 8 20. 68 1975年 45~49歳 3,656,501 90,717 3,471,612 36,830 56,755 2. 5 95. 0 1. 0 1. 6 23. 39 3,704,909 180,448 3,150,613 231,980 141,072 4. 9 85. 1 6. 3 3. 8 13. 73 1980年 50~54歳 3,546,963 74,497 3,343,680 58,153 66,401 2. 1 94. 4 1. 6 1. 9 9. 60 3,653,059 162,076 3,007,949 327,754 149,438 4. 4 82. 5 9. 0 4. 1 5. 43 1985年 55~59歳 3,409,374 72,201 3,170,097 89,382 75,128 2. 1 93. 1 2. 6 2. 2 10. 31 3,590,371 157,120 2,805,043 468,795 156,301 4. 4 78. 2 13. 1 4. 4 4. 05 1990年 60~64歳 3,236,549 65,166 2,959,039 129,538 71,130 2. 0 91. 8 4. 0 2. 2 5. 93 3,508,465 148,235 2,559,520 634,749 146,166 4. 2 73. 4 18. 2 4. 2 1. 09 1995年 65~69歳 2,998,706 56,571 2,672,067 181,382 66,032 1. 9 89. 8 6. 1 2. 2 - 3,397,372 142,066 2,227,109 873,624 137,530 4. 2 65. 9 25. 8 4. 1 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1931年~1935年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1931年~1935年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1955年 20~24歳 4,231,701 3,811,674 410,541 1,084 8,262 90. 1 9. 7 0. 0 0. 2 97. 16 4,244,253 2,820,075 1,385,165 5,218 33,724 66. 4 32. 6 0. 1 0. 8 94. 04 1960年 25~29歳 4,129,166 1,903,699 2,196,151 4,394 24,190 46. 1 53. 2 0. 1 0. 6 94. 45 4,150,358 899,350 3,165,896 18,101 66,520 21. 7 76. 3 0. 4 1. 6 81. 72 1965年 30~34歳 4,180,969 462,006 3,678,649 6,907 31,411 11. 1 88. 0 0. 2 0. 8 76. 84 4,143,948 374,484 3,645,742 40,323 81,536 9. 0 88. 0 1. 0 2. 0 56. 18 1970年 35~39歳 4,154,678 195,448 3,900,113 11,800 46,789 4. 7 93. 9 0. 3 1. 1 45. 58 4,118,164 239,220 3,688,521 77,454 112,823 5. 8 89. 6 1. 9 2. 7 31. 81 1975年 40~44歳 4,125,063 151,077 3,889,435 22,567 61,265 3. 7 94. 3 0. 5 1. 5 30. 10 4,099,007 204,704 3,635,215 132,692 125,688 5. 0 88. 7 3. 2 3. 1 20. 69 1980年 45~49歳 4,033,146 124,854 3,784,219 36,867 81,774 3. 1 94. 0 0. 9 2. 0 17. 40 4,057,241 180,415 3,523,372 200,942 147,966 4. 5 86. 9 5. 0 3. 7 11. 02 1985年 50~54歳 3,926,414 122,048 3,634,250 60,773 105,463 3. 1 92. 7 1. 5 2. 7 17. 71 4,006,580 174,304 3,351,423 306,455 171,536 4. 4 83. 7 7. 7 4. 3 9. 01 1990年 55~59歳 3,783,367 111,338 3,454,774 92,291 107,709 3. 0 91. 7 2. 5 2. 9 13. 39 3,941,521 164,585 3,151,070 436,744 169,466 4. 2 80. 3 11. 1 4. 3 5. 61 1995年 60~64歳 3,611,948 102,951 3,232,671 137,235 108,471 2. 9 90. 3 3. 8 3. 0 10. 93 3,863,161 159,584 2,884,301 633,025 166,980 4. 2 75. 0 16. 5 4. 3 4. 58 2000年 65~69歳 3,357,281 84,793 2,935,426 188,041 103,523 2. 6 88. 6 5. 7 3. 1 - 3,748,658 146,921 2,540,546 861,025 160,369 4. 0 68. 5 23. 2 4. 3 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1936年~1940年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1936年~1940年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1960年 20~24歳 4,160,096 3,810,241 343,400 1,187 4,534 91. 6 8. 3 0. 0 0. 1 95. 86 4,230,886 2,888,067 1,319,303 4,031 18,592 68. 3 31. 2 0. 1 0. 4 94. 38 1965年 25~29歳 4,191,561 1,915,499 2,253,977 3,256 16,586 45. 7 53. 8 0. 1 0. 4 91. 71 4,243,666 806,443 3,376,668 15,849 42,531 19. 0 79. 6 0. 4 1. 0 79. 82 1970年 30~34歳 4,215,776 494,265 3,677,474 6,274 37,011 11. 7 87. 2 0. 1 0. 9 67. 69 4,225,557 305,272 3,799,880 35,898 84,334 7. 2 89. 9 0. 8 2. 0 46. 89 1975年 35~39歳 4,212,566 255,452 3,892,439 11,643 52,207 6. 1 92. 4 0. 3 1. 2 37. 53 4,209,754 222,646 3,814,679 67,394 104,438 5. 3 90. 6 1. 6 2. 5 27. 46 1980年 40~44歳 4,158,990 197,092 3,854,930 20,864 80,000 4. 7 92. 8 0. 5 1. 9 20. 17 4,178,510 185,781 3,738,371 110,217 140,792 4. 4 89. 5 2. 6 3. 4 13. 77 1985年 45~49歳 4,092,121 190,792 3,744,890 35,579 116,390 4. 7 91. 6 0. 9 2. 8 18. 83 4,144,493 177,178 3,601,744 177,863 185,485 4. 3 87. 0 4. 3 4. 5 10. 29 1990年 50~54歳 3,997,248 173,255 3,613,682 57,977 132,168 4. 4 90. 9 1. 5 3. 3 13. 03 4,091,138 166,048 3,446,517 264,114 197,351 4. 1 84. 6 6. 5 4. 8 5. 85 1995年 55~59歳 3,906,621 169,640 3,468,516 90,062 145,757 4. 4 89. 5 2. 3 3. 8 13. 48 4,046,859 165,572 3,260,008 397,379 206,281 4. 1 80. 9 9. 9 5. 1 6. 62 2000年 60~64歳 3,749,528 143,840 3,270,877 131,390 151,410 3. 9 88. 5 3. 6 4. 1 2. 61 3,986,305 152,497 3,018,610 570,005 207,806 3. 9 76. 4 14. 4 5. 3 0. 64 2005年 65~69歳 3,545,006 131,834 3,022,549 177,943 147,361 3. 8 86. 9 5. 1 4. 2 - 3,887,604 147,348 2,706,828 780,515 205,351 3. 8 70. 5 20. 3 5. 3 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1941年~1945年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢から65歳~69歳までの初婚率の変化 1941年~1945年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1965年 20~24歳 4,523,969 4,085,786 430,450 1,499 3,814 90. 4 9. 5 0. 0 0. 1 93. 26 4,603,550 3,134,727 1,446,447 7,289 12,722 68. 1 31. 4 0. 2 0. 3 93. 39 1970年 25~29歳 4,545,780 2,113,369 2,406,136 2,718 22,001 46. 5 52. 9 0. 1 0. 5 86. 91 4,602,418 834,392 3,695,575 14,435 57,638 18. 1 80. 3 0. 3 1. 3 75. 15 1975年 30~34歳 4,624,591 661,900 3,912,688 6,285 42,263 14. 3 84. 6 0. 1 0. 9 57. 48 4,621,200 354,194 4,148,446 31,230 86,712 7. 7 89. 8 0. 7 1. 9 41. 22 1980年 35~39歳 4,594,716 391,805 4,106,643 11,797 77,170 8. 5 89. 5 0. 3 1. 7 28. 73 4,606,865 253,773 4,155,679 56,262 138,166 5. 5 90. 3 1. 2 3. 0 18. 26 1985年 40~44歳 4,551,877 338,265 4,061,613 21,336 124,656 7. 4 89. 3 0. 5 2. 7 18. 19 4,583,077 224,398 4,049,157 97,636 209,650 4. 9 88. 4 2. 1 4. 6 8. 02 1990年 45~49歳 4,482,298 301,995 3,965,819 36,776 153,560 6. 8 89. 0 0. 8 3. 4 10. 13 4,535,714 207,203 3,918,562 152,577 241,289 4. 6 86. 7 3. 4 5. 3 1. 72 1995年 50~54歳 4,421,787 294,395 3,847,664 60,443 183,762 6. 7 87. 7 1. 4 4. 2 9. 30 4,500,131 204,359 3,769,475 240,249 269,090 4. 6 84. 1 5. 4 6. 0 1. 15 2000年 55~59歳 4,290,239 257,034 3,673,315 92,405 202,080 6. 1 86. 9 2. 2 4. 8 -0. 06 4,443,933 190,348 3,570,579 359,817 284,249 4. 3 81. 1 8. 2 6. 5 -4. 27 2005年 60~64歳 4,154,529 241,618 3,486,684 132,493 211,580 5. 9 85. 6 3. 3 5. 2 -2. 60 4,390,100 185,392 3,340,909 520,731 293,915 4. 3 77. 0 12. 0 6. 8 -5. 50 2010年 65~69歳 3,921,774 235,184 3,240,554 180,384 207,284 6. 1 83. 9 4. 7 5. 4 - 4,288,399 190,385 3,031,887 716,673 286,393 4. 5 71. 8 17. 0 6. 8 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 未婚者数・未婚率は、通常ならば、加齢とともに減少するが、2005年度と比較して、2010年度に男性の未婚率、女性の未婚者数・未婚率が増大している原因は説明がない。 1946年~1950年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1946年~1950年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1970年 20~24歳 5,344,885 4,811,541 523,348 2,419 4,632 90. 1 9. 8 0. 0 0. 1 89. 65 5,382,751 3,856,300 1,491,402 15,611 17,942 71. 7 27. 7 0. 3 0. 3 92. 65 1975年 25~29歳 5,426,289 2,619,455 2,776,464 2,725 24,695 48. 3 51. 2 0. 1 0. 5 80. 70 5,368,294 1,122,569 4,175,836 11,506 57,483 20. 9 77. 8 0. 2 1. 1 74. 82 1980年 30~34歳 5,421,545 1,165,316 4,174,171 6,188 65,420 21. 5 77. 1 0. 1 1. 2 56. 72 5,350,186 486,040 4,709,754 24,968 126,071 9. 1 88. 1 0. 5 2. 4 42. 06 1985年 35~39歳 5,398,230 765,397 4,493,057 11,724 120,197 14. 2 83. 4 0. 2 2. 2 34. 36 5,339,814 354,259 4,713,636 48,613 220,493 6. 6 88. 3 0. 9 4. 1 20. 66 1990年 40~44歳 5,349,985 626,864 4,509,120 21,876 162,280 11. 8 84.

次の

秋元才加、ラッパー・PUNPEEとの結婚発表「今後も変わらず、精進して参ります」 |最新ニュース|eltha(エルザ)

よ みぃ 結婚

「それでも結婚したい」という生の声を聞き、年間100〜150組のカップルを結婚に導いている結婚相談所・マリーミー代表で本連載筆者の植草美幸氏と、結婚をめぐる問題について社会学の視点から詳細に論じた『』を5月に上梓した、中央大学文学部教授・山田昌弘氏が、最近の結婚事情について語り合った。 日本と欧米で「結婚不必要」な理由が違う 山田昌弘(以下、山田):『結婚不要社会』では、タイトルのとおり、日本は結婚が必要のないものになっているということが、大きなコンセプトになっています。 欧米も結婚不要社会です。 しかし、欧米の不要の意味と日本の不要の意味は違う。 欧米では性的なパートナーは人間の幸せにおいて必要だけど、パートナーと結婚する必要はないし、ずっと同じパートナーと一緒にいる必要もないと考えているという意味で、結婚は不要になっています。 この連載の一覧は 一方、日本の近代社会は結婚しないと心理的に生きにくくなる「結婚不可欠社会」でした。 それは現代も変わらず、結婚を望む人はいまだ多い。 しかし、結婚が困難になりつつあるから、パートナーなしでも楽しく過ごす。 そういう意味で不要になりつつあります。 植草美幸(以下、植草):確かに、昔は結婚していないと世間体が悪いと考える人が多かった。 先日、うどん屋さんに入ったら6テーブル中5テーブルはおひとり様の女性でした。 しかもその多くはおそらく独身。 見ればだいたいわかります。 おひとり様を楽しんでいる女性は本当に多い。 「いつでも結婚できるだろう」という人もいるのでしょうが、30代後半になって慌てて結婚相談所に駆け込んで来るケースは少なくありません。

次の