永遠 の 桃花 52 話。 永遠の桃花 あらすじ53話

第52話 三生石の悲劇

永遠 の 桃花 52 話

結構ファンタジー要素もりもりで分かりづらいので3話までの登場人物まとめを入れときます• 白浅 はくせん 司音 しいん ヤン・ミー…主人公。 狐帝の末娘。 おてんば娘だったため折顔上神に預けられ、その後墨淵に弟子入りする。 折顔 せつがん上神 ケン・チャン…天族の太古から生きている上神。 白浅を預かる。 墨淵 ぼくえん上神 マーク・チャオ…白浅の師匠。 父神の息子で武神を司る。 瑶光 ようこう上神 …崑崙虚に住み着いている、墨淵に惚れている。 疉風 ちょうほう …墨淵の一番弟子、西海水君の王子。 令羽 れいう …墨淵の弟子、司音とともに翼族に捕まる。 子闌 しらん …白浅と共に弟子入りしたが、折顔の一言で兄弟子になった。 白止 はくし …狐帝、白浅の父親。 白真 はくしん アラン・ユー…白浅をかわいがっている兄。 天君 てんくん ジャン・カイ…天界の長。 東華帝君 とうかていくん ガオ・ウェイグァン…元・四海八荒の君主、四海が平和になるとその座を降りて天君に譲った。 司命星君 しめいせいくん…人間の運命を司る。 東華帝君の側に控えている事が多い。 玄女 げんじょ…白浅の幼なじみ。 親に結婚を強いられ白浅の兄である白真を頼って崑崙虚ににげてきた。 白奕 はくえき…白浅の兄、玄女の姉と結婚し一女を設けた。 白鳳九 はくほうきゅう ディリラバ…白浅の姪。 翼族のみなさん• 擎蒼 けいそう レン・イーミン…翼族の君主、謀反を企てる。 離怨 りえん ドウ・ジュンザ… 擎蒼 けいそうの長男。 父親には忠実だが、弟を排除したい。 離鏡 りけい チャン・ビンビン… 擎蒼 けいそうの次男。 色狂いと言われているが優れた人物。 司音に惚れている。 臙脂 えんじ ダイ・スー… 擎蒼 けいそうの娘。 男装姿の司音を好きになった。 いい子。 永遠の桃花|第1話「崑崙虚での修行」 サクッとネタバレ 10万年前、 父神 ふしんは混沌に戻り神々も相次いで姿を消した。 残っているのは天族の竜族および 鳳 ほう族と 九尾天狐 きゅうびてんこの子孫のみいずれも武神の中で身分が高い。 白浅 はくせんは九尾狐の末裔、やんちゃで騒ぎばかり起こすので 古くからの 上神 じょうしんである 折顔 せつがんにしつけられることになった。 10万年ぶりに現れた 神器 じんぎの 扇 おうぎを 墨淵 ぼくえんの弟子たちが追いかける。 天族の武神・墨淵の手をも逃れていってしまった扇を手にしたのは、折顔に連れられ 崑崙虚 こんろんきょにやってきた白浅だった。 彼女は 折顔に拾われた野狐の司音だと身分を偽り、 男装をして墨淵上神の17番目の弟子になった。 それから2万年が過ぎた。 司音 しいんとその兄弟子・ 子闌 しらんは人間界に降りて占いをするうちある女性につけられる。 女は 瑶光 ようこう上神、その昔墨淵上神と共に戦い兄弟子の 疉風 ちょうほうによれば墨淵に惚れ込み崑崙虚に住み着いているという。 司音は「墨淵のほうが何百倍も優れている」と口にしたことで半刻おきに水に浸かる水牢に閉じ込められてしまう。 騒ぎに気づいた兄弟子たちは瑶光上神の仕業ではと墨淵に報告。 瑶光の住まいを訪れ司音を救うと、墨淵は2月17日に蒼梧の頂で今回の件の決着をつけるという。 司音は「師匠、苦しい、あの瑶光上神は師匠に似合わない」と寝言を、それを微笑ましく見つめる墨淵、「私が守ってやる」とつぶやく。 央錯殿下が訪ねてくる。 天族と翼族の関係が悪化している今、内輪もめはやめてくれと。 決着の日、勝利した墨淵は瑶光に崑崙虚から去るよう告げる。 目が覚めた司音を青丘の 玄女 げんじょが訪ねてくる。 彼女は 白玄上神の妻の妹、幼なじみだが司音は知らないふりをする。 玄女は白真上神の頼み事を持ってきたという。 文には 黒熊精 こくゆうせいに嫁げと親に強いられている玄女を崑崙虚でかくまってほしいというものだった。 墨淵の許しを得て玄女は崑崙虚に住まうことに。 お、おもしろいやないか… 最初の神とか2万年とかファンタジー展開がぶっ飛びすぎててなんの話…?ってなってたけどなれてきたら最高に萌えるなにこれ最高。 今回一番たまんなかったのが、水牢で水攻めされて意識を失ったままの司音 司音でいいの? が意識を失ったまま墨淵の布団に寝かされて寝言言ってるとこ。 「私が守ってやるからな…」 守られてぇ〜!!!!!! 誰が誰だかわかんなかったけど、とにかく姓が白とつく人はみんな白浅の兄弟たちなんだな。 おっけわかった。 たまんね。 永遠の桃花|第2話「翼族の野望」 サクッとネタバレ 白浅 はくせんが世話をしている 金蓮 きんれん でかい金の蓮、人になるんだって は 墨淵 ぼくえんが父神から授けられたものだった。 司音に与えた罰 書写3万回 が終わるまで半月、やんちゃな司音を出歩かせないよう策を練った上で、 墨淵は半月ほどこもって修行をするという。 書写に飽きた 司音 しいんは見張り役の 令羽 れいうの憧れである 狐帝 こていと 折顔 せつがんに会える 宴があると唆し 青丘 せいきゅうへ出かけることに。 しかし翼族の君主・ 擎蒼 けいそうに捕まり 大紫明宮に連れて行かれてしまう。 翼族の王女・ 臙脂 えんじは男の姿をした司音のことを気に入った様子。 一度は歓迎の宴に招かれた二人だが、使者に化け崑崙虚に訪れたことがある 擎蒼 けいそうにより墨淵の弟子であることがバレてしまう。 令羽は養子になるか切り刻まれるか選べと言われ、 司音とは別々に監禁される。 翼族 よくぞくの君主・ 擎蒼 けいそうは、天下を治める 天君 てんくんの恩賞を受け取らず 謀反 むほんを企んでいる。 天族の尊神・ 東華帝君 とうかていくんは気にすることはないというが、東皇鐘という天地を滅ぼす神器が 擎蒼 けいそうの手にあることを天君は気にかけている。 天君は折顔そして鳳族や九尾狐族と関係を深め味方につけようと、青丘との婚姻を進めることに。 二人がいなくなって8日がたった。 疉風 ちょうほうが言うには司音はもうすぐ 天劫 てんごうを受けて上仙になるという。 その頃、司音は 臙脂 えんじの手助けで宮中から逃げ出し 擎蒼 けいそうの次男・ 離鏡 りけいに出会っていた。 父への誕生祝いに 衣がほしいと言われもみ合いになり池に落ちた二人はなんだかちょっといい雰囲気に。 「妹が惚れた男なら逃してやる」と約束し司音は部屋に持って離鏡と酒を酌み交わす。 酔いつぶれて10日は起きないらしい。 青丘 せいきゅうでは狐帝の初孫になる姫・ 白鳳九 はくほうきゅうが誕生した。 え?離鏡様と結婚するんじゃないの?また違う人なの? はあはあ、面白いよう…なにこれ… 美少女が男装してイケメンといい仲になるって少女漫画の定番をめちゃくちゃ美しい顔面の中国の方々が演じていて美術も素敵ってもうどうしたらいいですか。 今回池に落ちたところで、お!お!!お約束か!と思ったら違ってしょんぼりしちゃった。 すでに王女様と次男には好かれてるけど、どうせ後で長男も好きだ…ってなっちゃうんでしょ!!? ていうか、天劫ってなんですの?強くなるってことはわかるんですけど、いつ来るかわからない上に来たら大変…?初潮か? わかんね!次! 永遠の桃花|第3話「師匠の愛」 サクッとネタバレ 浴場に呼ばれた 司音 しいんは寝ている間に兄弟子の 令羽 れいうが、頭をぶつけ手首を切り池に身を投げ今度は断食していると知る。 来月3日に行われる親子の 契 ちぎりまで誰にも会えないのだという。 司音は 離鏡 りけいに女だということを見破られてしまう。 離鏡は司音のことを気に入り来月3日に逃がすこと、そして文を令羽に届けると約束してくれる。 離鏡はそれから毎日のように蓮池に通い、司音とともに池に落ちたことを思い出していた。 ある夜、深酒をして司音の部屋にやってきた離鏡は 「お前が好きだ」と襲いかかり未遂で寝てしまう。 翌朝、目を覚ました離鏡は何も覚えていない様子だが司音から話を聞き飛び出していってしまう。 大紫明宮に1人で乗り込んできた墨淵と再会した司音は、令羽を救い出す。 圧倒的な力で敵をなぎ払う 墨淵 ぼくえんだが君主・ 擎蒼 けいそうを前に苦戦する。 そこへ離鏡が助けに入り3人は逃げることができた。 しかし、逆鱗に触れた離鏡は投獄されてしまう。 崑崙虚 こんろんきょに戻った三人だが、 墨淵は司音の代わりに天劫を受け3度雷に打たれてしまう。 修行をしっかりしていれば天劫の日を読めたものの、未熟な司音では受けきれないと墨淵が身代わりになったのだ。 投獄されていた離鏡を連れ出した臙脂は父の怒りが収まるまで人間界にでも行けというが、離鏡は崑崙虚を目指す。 修行に精を出す司音を兄である 白真 はくしんが訪ねてきた。 擎蒼 けいそうの暴挙を重く見た天君は抑え込む策を考えているという。 兄弟も父子も反目している天族、 擎蒼 けいそうを罰し後釜に愚か者の離鏡を置き意のままにしようと天君は企む。 崑崙虚にやってきた離鏡は 「身分も地位も捨てて一緒になりたい」と結婚を申し込む。 司音は翼族とは一緒になれないと断るも、他の女はもう目に入らないと本気で迫られる。 ちょっと補足 離鏡に着いてきた火麒麟ちゃん 麗王別姫の弟 安だよね? によると、天族の聖地である崑崙虚に入れば、元神という肉体を超越した命の精髄が合わなくて傷ついてしまうかも知れないらしい。 しかもその前に深手を負っている。 離鏡さんどうなっちゃうの! キャストを調べていて知っちゃったんだけど、そうなのかそういうことなのか。 そうね離鏡じゃちょっと軽いもんね。 とりあえず今はディリラバ様の登場が心待ちです。 4話から最終回までのネタバレはここから.

次の

永遠の桃花~三生三世~

永遠 の 桃花 52 話

白浅は人間界に行き右腕のない10歳の照歌(夜華)を見つけます。 白浅は照歌に、未来の夫を見にきたのよと数珠を渡し、私の代わりにあなたのそばにいると告げます。 照歌は、僕も玉佩がある 受け取ってと渡します。 白浅と白真は崑崙虚に戻ってくると白鳳九が来ていました。 白浅は白鳳九に譲位の話をしますが、白鳳九は私も帝君に嫁ぎたいと泣いて飛び出していきます。 一方、離鏡は擎蒼(けいそう)が東皇鐘を出ることを知らせようと崑崙虚に行きますが白浅には会えず、自分が封印しようと決心するのでした。 つづく 永遠の桃花 あらすじ51話 (感想) なぜ?なぜ?東華帝君は白鳳九を受け入れないの? 年の差?白鳳九が嫁ぐと孤族の女帝となる者がいなくなるから? 白鳳九が可愛そう😭😭 墨淵に愛されていることに気がつかない白浅。 鈍感なのね~😱夜華に夢中だものね🥰 墨淵は、話してくれ…聞きたいと言います。 折顔は、そなたが逝った時 白浅は亡骸を抱きかかえていた…悲しみのあまり逆上し翼族を皆殺しにしようとしたと話し始めます。 一方、白鳳九の父は東華帝君に、娘を娶ってもらえないかと頼みに行きます。 しかし、帝君は私と白鳳九には縁がないと答えるのでした。 帝君は白鳳九に、そなたと人間界で夫婦だったのは修練のため。 ゆえに いかなる望みも無駄なのだ 縁がないのだから…と冷たく突き放します。 白鳳九は、なぜ私に冷酷なの…と悲しみます。 帝君は、誰に対しても同じだと答えます。 白鳳九は、違うわ。 そうとは思えない…何かあったのなら言ってくださいと言います。 帝君は、そなたの父が何をしに来たと?そなたを娶ってくれと頼みに来たと明かします。 白鳳九は、父上が頼んでも娶る気がないのですか?と問います。 帝君は、そうだと答えます。 白鳳九は、何もかも私のせいです…父上が人に頼むなんて一度もなかったのに…私が悪いのです。 私のせいで青丘に恥をかかせてしまうなんて…もう帝君から離れますと泣きじゃくりながら走り去ります。

次の

第52話 三生石の悲劇

永遠 の 桃花 52 話

夜華の苦肉の計が、功をそうして、無事結ばれる二人。 「 私を一途に愛して。 裏切ったら、捨てる」と言う素素。 「 絶対、裏切らない」とキスする夜華。 神仙としての記憶がない白浅と、皇太子の立場を隠しての夜華の結婚でした。 これから、どんな波乱が二人を襲うのでしょう。 白浅の身体に触ったところを、天界から戻った夜華が見つけます。 夜華は怒り、男を仙術で消すとともに、周囲の人々の動きも止めました。 驚く白浅に、キスする夜華。 少しずつ、二人の距離も縮まっていくのでしょうか。 元神を固めるのに必要な結魄灯 けっぱくとう を持ってきてくれた夜華。 白浅に対し、 自分のことは眼中に無く、墨渊のことを愛してると思い込んでいます。 墨渊のことしか頭にないのか、と自分の想いをぶつけるキスシーンです。 パッチーンって白浅に 平手されましたね。 夜華が可哀想でした。 相変わらずドストレートな夜華に対し、初めて白浅が「 私も愛している」というシーンです。 白浅の気持ちを聞いて 心から喜びをかみしめ「私の子をまた、産んでくれ」という夜華でした。 素素が誅仙台から飛び降りてから、ずっと 罪の意識を持ちながら白浅を愛してきた夜華にやっと幸せがきたようで、とても感動的なシーンでした。 永遠の桃花の胸キュンシーン キスシーンでは話題になったのがわかるほどで、見ているこちらまでドキドキしましたね! そんなキスシーンに続き、 永遠の桃花の胸キュンシーンの話数を解説付きでご紹介します。 しかし、仙術によって消えてしまい、探し回る夜華なのでした。 その姿が、とても切ないのです。 翌日、再び白浅と出会い、最初は否定され落胆します。 けれど、 仕草と業火のやけどの跡を見て、素素と同じ人物であると確信をもってからは、グイグイいきます。 素素を失ってから 抜け殻のようになっていた夜華が、やっと生気を取り戻しました。 望むものは本当にないのかと問われ、「 望むものは、そなただけ」というシーンです。 でも、もう今生でそなたを抱くことはないのだな、と心で想い涙をにじませるのでした。 人間界で素素としてキスしたことが、脳裏に浮かぶ白浅。 それほど、自分が夜華との初夜を望んでいたの?と不思議に思う白浅です。 墨渊の元神を養う丹薬 たんやく をつくるために神芝草 しんしそう を取りに、4頭の猛獣を退治に行く 命がけの決意を秘める夜華。 3日間、結魄灯 けっぱくとう 見守るように言い付けていきます。 白浅も、夜華のことが好きになってきているのに、気づかないのがいじらしいですね。 夢のなかで夜華に会い、現実を夢のように思い生きる白浅の前に、夜華が再び還ってきてくれました。 生きてさえいてくれたら、全てを許すし、全てを認める。 ただ、そばにいてほしい。 愛し合う二人のキスシーンで、終わりました。 数々の苦難を超えてきたからこその 信頼と慈しみに満ちた表情に、良かったぁと思える胸に残るシーンです。

次の