どんなときもwifi 安い。 通信障害に注意!どんなときもWiFiがつながらない場合の返金・無償解約について徹底解説

【通信費の節約】「どんなときもWifi」のメリット・デメリット

どんなときもwifi 安い

この記事でわかること• 話題の「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• よくばりWiFi(公式): どんなときもWiFiは初月日割りになります。 2年間の合計費用もよくばりWiFiの方が安い 初月と翌月が無料になる上に、月額料金が30円安いので、 2年間の合計費用もよくばりWiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用 どんなときもWiFi めっちゃWiFi 86,520円 79,700円 料金的メリットが大きいのは、圧倒的によくばりWiFiです。 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも補償内容は一緒 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、端末補償オプションがあります。 料金はよくばりWiFiの方が安いです。 端末補償の料金 どんなときもWiFi めっちゃWiFi 月額500円 月額380円 加入しておくと、故障や水没した際に無料で修理・交換が可能です。 未加入の場合だと、何かあった場合に弁済金が18,000円もしますので、補償は加入をおすすめしています。 よくばりWiFiは端末補償も2ヶ月無料 よくばりWiFiの月額料金2ヶ月無料は、端末補償への加入が条件です。 なんだか騙された気がしてますが、実はこの 端末補償も2ヶ月無料となっています。 そのため、最初の2ヶ月間は端末補償に入って2ヶ月無料を適用させて、不要だと思った方は外せば問題ありません。 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、ルーターはレンタル品なので返却が必要です。 いざというときのために、端末補償には加入しておいたほうがいいでしょう。 現在、よくばりWiFiは「春のよくばりキャンペーン中」につき、今申し込んだ方のみ「3年目以降は端末の返却が不要」になります。 2年経ったら端末補償を外してしまいましょう。 どんなときもWiFiは3キャリア対応ですが、よくばりWiFiはソフトバンクにしか対応していません。 どんなときもWiFi:3キャリアのLTEに対応 どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しています。 ただし、ほとんどソフトバンクにしかつながりません。 一応、その場所によって最適な回線につながる、ということになっていますが、十中八九ソフトバンクです。 稀に他の回線につながりますが、速度が遅くなりやすいという傾向があります。 よくばりWiFi:ソフトバンクのLTEのみ よくばりWiFiはソフトバンクのLTE回線にしか対応していません。 ソフトバンクがつながらないところでは、圏外になるということです。 ただし、このご時世 ソフトバンクだけが圏外になるような場所はほとんどなく、ほぼ全国どこでもつながると言っても過言ではないでしょう。 むしろ、ソフトバンク以外にはつながらないので、逆に通信が安定しやすいという考え方もできます。 速度に大きな差はない どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、同じルーターを使います。 どちらも、 平均すると20~40Mbpsほど出ているので、大きな差はないと考えて大丈夫でしょう。 日常的に使う分には特に支障をきたすことはありません。 いっそソフトバンクにしかつながらないよくばりWiFiの方が安定していると感じています。 ドコモやauにつながってしまったばっかりに速度が遅くては意味がないですよね。 「春のよくばりキャンペーン」中につき、よくばりWiFiが非常に良心的な設定となっています。 よくばりWiFi:3年目以降の違約金なし 更新月以外の違約金 どんなときもWiFi よくばりWiFi 1年目 19,000円 18,000円 2年目 14,000円 9,500円 3年目~ 9,500円 春のよくばりキャンペーン中につき 無料 表のとおり、よくばりWiFiは3年目以降の違約金がありません。 なぜなら、そのときにはもっと良い条件のポケットWiFiが出ている確率が非常に高いから。 なので、正直3年目以降のことはあまり考えなくていいのです。 ただし、うっかり更新月で解約を忘れてしまった場合のことをふまえると、違約金が少ないに越したことはありません キャンペーン中とはいえ、3年目以降の違約金がないよくばりWiFiは非常に良心的と言えますね。 総合評価:よくばりWiFiの勝利 総合評価としては、よくばりWiFiの方が優れていることがわかりました。 どんなときもWiFiがよくばりWiFiより秀でているポイントは「口座振替で契約ができる」「サービスとしての実績」の2点です。 この2点を重要視するのであれば「どんなときもWiFi」を選ぶと良いでしょう。 それ以外の人は、素直に「よくばりWiFi」を選んでおきましょう。

次の

【モバイルWi

どんなときもwifi 安い

どんなときもWiFiはお支払い方法によって、月額料金が異なります。 そのため、同じプランを申し込んだとしても、支払い方法が違うだけで、こんなに違うの・・・? とならないために! クレジットカード払いは、口座振替より 月額500円安いため、どんなときもWiFiを2年間使用した場合、口座振替を選ぶより 12,500円おトクになります! なお、口座振替を選択した場合、月額料金とは別に口座振替手数料200円が発生します。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 また契約事務手数料・決済手数料・付属品の合計額を代金引換にてお支払いいただきます。 お支払い方法に関係なく、法人契約の場合は身分証などのご提出が必要になります。 2台以上ご契約の場合はお支払い方法に関係なくお申込み審査させていただきます。 また充電器を別途ご購入いただいた場合も初回ご請求に1,800円 税抜 を合算してご請求させていただきます。 明細等はお送りしておりませんのでご了承ください。 利用国エリア 2 中東・南米・アフリカ•

次の

どんなときもWiFi と よくばりWiFi を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

どんなときもwifi 安い

トップ画像引用元: どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの共通点は3つ! 画像引用元: どんなときもWiFiとめっちゃWiFiには大きな共通点が3つあります。 モバイルWi-Fiルーターのスペック• 使用出来る回線の種類• 速度制限の条件 モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、上記3つは大きな比較点ですが、どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの2社には違いはありません。 提供しているモバイルWi-Fiルーターのスペックは同じ 提供しているモバイルWi-Fiルーターのスペックは下記表の通りで全く互角です。 項目 めっちゃWiFi どんなときもWiFi ルーター U2s D1 最大下り速度 150Mbps 150Mbps 最大上り速度 50Mbps 50Mbps 同時接続台数 5台 5台 重量 151g 151g バッテリー容量 3,500mAh 3,500mAh 連続使用可能時間 12時間 12時間 見た目も全く同じなので、モバイルWi-Fiルーターのスペックでは2社を比較することは出来ません。 使用できる回線の種類も同じ どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの使用する回線は、• ドコモ• ソフトバンク の4G LTE回線を使用しています。 提供しているモバイルWi-Fiルーターが、エリアや電波状況で自動で回線を切り替える、次世代型のクラウドSIMを搭載している点も共通です。 回線の種類も同じ、クラウドSIMのシステムも同じなので回線の品質で2社を比較するポイントにはなりません。 速度制限の条件も同じ どんなときもWiFiとめっちゃWiFiは、どちらも 通常利用では速度制限にかからない点を公式ホームページで記載しています。 違法ダウンロード等のネットワーク回線の不正利用と判断される時• ネットワークの占有と思わしき大容量の通信を短時間で行った時 上記に該当するユーザーのみ速度制限の対象になる可能性だけ示唆されているので、一般的な使い方では2社で速度制限になることは無いでしょう。 どちらも速度制限とは無縁なので、毎日たっぷりデータ通信を行いたい人にはおすすめです。 比較ポイントは「月額料金」「契約年数と契約解除料」「海外利用」の3つ! 「モバイルWi-Fiルーターのスペック」「使用する回線の種類」「速度制限」の点で互角というのが分かりました。 したがって、2社を比較するポイントは 「月額料金」「契約年数と契約解除料」「海外利用」の3つに絞られます。 この3点を徹底比較していきましょう。 どんなときもWiFiの月額料金と契約年数と契約解除料 画像引用元: どんなときもWiFiの月額料金と契約年数と契約解除料についてまとめたのが下記の表です。 料金プラン名 データ放題プラン ベーシックデータ放題プラン 1~24ヶ月目までの月額料金 3,480円 3,980円 25ヶ月目以降の月額料金 3,980円 4,410円 契約年数 2年 2年 契約解除料 9,500円~19,000円 9,500円~19,000円 支払い方法 クレジットカード 口座振替 どんなときもWiFiは支払い方法によって契約できる料金プランが変わりますが、サービス内容に違いはありません。 月額料金が安さで、どんなときもWiFiの契約を考えているなら クレジットカード払いで契約した方がおすすめです。 どんなときもWiFiはクレジットカード」と「口座振替」に対応! どんなときもWiFiの決済方法は クレジットカードと口座振替に対応しているので、クレジットカードを持っていないユーザーでも契約可能です。 モバイルWi-Fiルーターを提供している会社にはクレジットカードでしか契約出来ない会社も少なくないので、口座振替を希望するユーザーには敷居が高くなりがちです。 どんなときもWiFiなら口座振替で契約できるので、クレジットカードを持ちたくない人や、様々な事情で持てない人にもおすすめできる会社です。 口座振替は月額で約700円高くなるので注意! どんなときもWiFiは口座振替に対応していますが、クレジットカード払いと比較すると月額料金は高くなるので注意が必要です。 クレジットカード払いと口座振替の差額約500円と、口座振替手数料200円が上乗せされるので、クレジットカード払いと比べて 約700円高くなります。 契約年数後は月額料金が高くなるので2年時に一旦解約推奨 どんなときもWiFiの契約年数は2年ですが、2年後の月額料金は割引が無くなるので、引き続き安く利用したいなら、 更新月で一旦解約をするのがおすすめです。 更新月を逃してしまうと解約時に契約解除料がかかってしまうので、安く利用し続けるには解約の手間を挟むので、ネットが使えない時期が出る可能性もあり、不便に感じるかもしれません。 解約の手間を考慮するとどんなときもWiFiは、• 利用は2年と決めているユーザー• 解約の手間を厭わないユーザー に向いています。 めっちゃWiFiの「月額料金」「契約年数と契約解除料」 画像引用元: めっちゃWiFiの月額料金と契約年数・契約解除料をまとめたのが下記の表です。 めっちゃWiFiは「クレジットカード」のみで口座振替は未対応 支払い方法はクレジットカードのみ対応しており、 口座振替ではめっちゃWiFiを契約することが出来ません。 契約年数に限らず料金は常に3,480円で固定は嬉しいポイント めっちゃWiFiの月額料金は 契約年数に限らず3,480円で固定されており、契約年数に関わらず月額料金が上がることはありません。 どんなときもWiFiは契約して2年後に月額料金が上がるので、お得に利用したい人は一旦解約の手間を挟む必要がありましたが、めっちゃWiFiは解約する必要がありません。 その為、めっちゃWiFiは 「2年以上の長期利用を考えているユーザー」におすすめです。 25ヶ月目以降は契約解除料0円なのでいつでも解約可能もメリット めっちゃWiFiは2年間の契約期間を経過した後でも、 契約解除料0円でいつでも解約できるのもメリットの1つです。 どんなときもWiFiは2年後に1ヶ月訪れる更新月を逃すと、再度2年契約となり解約時に契約解除料が発生してしまいます。 めっちゃWiFiは2年後には0円で解約できるので、更新月を逃しても好きなタイミングで乗り換えできるのは嬉しいポイントです。 次の章では、どんなときもWiFiとめっちゃWiFi、「月額料金」「契約年数と契約解除料」で比較するとどちらがおすすめなのかを考察してみました。 「月額料金」「契約年数と契約解除料」で比較するとどちらがおすすめ? どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの月額料金・契約年数・契約解除料の情報を基におすすめのユーザーは下記のようになります。 25ヶ月以上の長期利用なら「めっちゃWiFi」の方がお得に利用できる!• 契約して2年後も月額料金は3,480円で固定• どんなときもWiFiと違い、お得に利用する為に一旦解約する手間が無い 契約年数の2年後 25ヶ月目 も継続して利用を考えているユーザーは、上記の2点からめっちゃWiFiがおすすめです。 解約せず2年後も契約を続けると、 どんなときもWiFiユーザーの方が支払う月額料金は増えていくので、お得に利用したいならめっちゃWiFiを選びましょう。 25ヶ月目以降の更新月以外に解約を考えているユーザーも「めっちゃWiFi」がおすすめ• めっちゃWiFiは25ヶ月目以降は契約解除料0円で解約できる• どんなときもWiFiは更新月の翌月、26ヶ月目以降から再度解約時に契約解除料が発生する めっちゃWiFiは 25ヶ月目以降は契約解除料0円で解約できるので、25ヶ月目以降に解約を考えているユーザーにもおすすめです。 「2年後に解約するかどうか分からない」と、思うかもしれませんが2年経過すれば新たにお得なWi-Fiを提供する会社が出ている可能性もあります。 そんな時でも契約解除料0円で乗り換えできるので、2年後も契約しているか分からないと考えているユーザーにも、めっちゃWiFiはおすすめです。 口座振替を希望するユーザーは「どんなときもWiFi」を選ぼう 口座振替に対応しているのはどんなときもWiFiだけで、 めっちゃWiFiは口座振替には対応していないので、クレジットカードが必須です。 その点から口座振替を希望するユーザーには、どんなときもWiFiの方がおすすめになります。 ただし、口座振替の場合は、クレジットカード払いより月額料金が約700円程高くなる点は了承のうえで契約しましょう。 特に 事前のオプション申し込みは不要で、そのまま海外で使えるので、海外利用を考えているユーザーには、どんなときもWiFiもめっちゃWiFiも魅力的です。 では海外で利用する時にどちらがおすすめかを比較してみましょう。 使用出来るデータ量と速度制限後の通信速度は同じ• どんなときもWiFi・めっちゃWiFi共に使用できる1日のデータ量は1GBまで• 1GB利用後の通信速度は384kbpsに速度制限されるのも共通 どんなときもWiFi・めっちゃWiFi共に上記2点の共通点があるので、1日に使用出来るデータ量や速度制限時の速度では比較ポイントにはなりません。 1日単位当たりの料金は「めっちゃWiFi」の方が安い! 海外利用時に1日当たりの料金面で比較すると、 めっちゃWiFiは1日あたりの料金が850円で利用出来る地域があるので、どんなときもWiFiよりお得です。 マカオ• シンガポール• インドネシア• フィリピン• マレーシア• ベトナム• インド• ミャンマー• モンゴル• ラオス• カンボジア• バングラデシュ アジア各国に旅行やビジネスで出張する機会の多い人には、めっちゃWiFiの方が特に安く利用できるのでおすすめになります。 総合的に「めっちゃWiFi」の方がお得!口座振替なら「どんなときもWiFi」を選ぼう!• 2年の契約期間後の月額料金• 契約期間後はいつでも契約解除料0円で解約可能• 海外利用の料金が安い 以上の点を考慮すると、 めっちゃWiFiの方が総合的に優れている部分が多いので、2社を比較して契約を考えているユーザーには、めっちゃWiFiがおすすめです。 一方のどんなときもWiFiには「口座振替で契約可能」というメリットがあるので、口座振替を希望するならどんなときもWiFiを選ぶのも良いでしょう。 WiFiルーターのスペック・回線の種類・速度制限の条件で両社に違いはない• 口座振替に対応しているのは「どんなときもWiFi」のみ• 25ヶ月目以前の料金は互角、以降の月額料金は「めっちゃWiFi」の方が安くなる• 契約年数は同じ2年だが契約年数後の契約解除料は「めっちゃWiFi」だけ常時0円• 海外利用時の1日あたりの料金は「めっちゃWiFiの方が安い」• 総合的に見てお得に利用できるのは「めっちゃWiFi」• 口座振替を希望するユーザーなら「どんなときもWiFi」を選ぼう どんなときもWiFiもめっちゃWiFiもメリットはそれぞれにあるので、自分自身のニーズに合ったモバイルWi-Fiルーターを選びましょう。

次の