インスタ リーチ と は。 Facebook・Instagram広告「リーチ」と「インプレッション」の違いとは?

「リーチ」のマーケティングにおける意味と使われる場面

インスタ リーチ と は

インスタのインプレッション数とリーチの違いは? 早速、インスタのインプレッションと、リーチの違いについて 説明していきます。 インプレッションは、「投稿が閲覧された合計回数」のことを指します。 リーチ数は「投稿を閲覧したユニークユーザー数」となります。 たとえば、1人のユーザーが、投稿を10回閲覧すると 「インプレッションは10」と表示されますが、「リーチ数は1」とカウントされるのです。 ということが言えますね!! そして、リーチ数に対して、インプレッション数があまり伸びていない。 ということは、リーチしてきた人に対して、貴方のホーム画面にある 写真や情報が、あまり関連性が無いということが考えられます。 インスタのホーム画面や投稿のジャンルなどを関連性の高い 投稿に変えることで、このインプレッション数は伸ばすことが出来ると 言えます。 スポンサーリンク そして、インプレッション数を伸ばすためには、 そもそもリーチ数が少なくても意味が無いということです。 インスタのインプレッション数とリーチを爆発的に上げた方法は? 僕自身のインプレッション数と、リーチ数の数字を乗せた画像を再度見てください。 その中で、 大きく関わっているのは、『ハッシュタグ』ということが解ります。 そう、ハッシュタグは、リーチ数を掴むためには、 非常に重要な役割をしているということが解ります。 そして、僕のような一般人が、爆発的にリーチやインプレッションを上げるためには、 影響力のある人のアカウントのハッシュタグを真似る必要があります。 今、『ググる』から『タグる』への時代 インスタ世代の若者達は、既にインターネットの検索以上に インスタ内で『タグの検索』を行っています。 その後、その詳しい情報を知りたい時に、『ググる』と言う行動を行っています。 そうした中で、注目度の高いハッシュタグというのは、 インフルエンサーや、影響力のあるインスタグラマーが 使っているものと言えます。 その既に成功している、ハッシュタグを、真似ることで 一般人でもリーチ数やインプレッションをしっかりと上げることが できたのです。 勿論、写真やジャンルに関係のない、ハッシュタグは意味をなしませんが きちんと、自分が発信したい情報と、マッチした、ハッシュタグを使えば、 リーチ数は必ず上がります。 また、その上で、ホーム画面の投稿の統一性があれば、 インプレッション数がアップするということが解りますね!! まとめ さて、僕自身も、まだまだインスタについては、研究段階でもありますが、 こうして、沢山の投稿をしてみて、データを取ってみて、と言う解析は 楽しいものです。 今回は、インスタのリーチ数とインプレッション数の違いについて• リーチは見に来た人の数•

次の

主要SNSにおける「リーチ」を知り、効率よく情報を拡散するために

インスタ リーチ と は

Instagram インサイトについて インサイト機能では、プライベートアカウントとはまた異なる便利な機能が使用できます。 製品や広告宣伝:ブランディングや製品告知など• フォロワーの分析:マーケティングツールに• フォロワー・ビジターのアクティビティ分析:コンテンツの閲覧回数・アクセス時間帯 各アカウントの 目的に応じて様々な利用方法ができるよう工夫されています。 インサイト利用時に知っておきたい基礎用語 この機能を利用するにあたって知っておきたいのが、インサイトで使用されている基本用語です。 そこで、これだけは押さえておきたいという、主にインサイト機能で使われている用語を3点ご紹介します。 インプレッション インプレッションとは、 ユーザーが画面で広告を目にした回数を指します。 ここでいうユーザーは、フォロワーに限らず、タイムラインやストーリーでコンテンツを見たユーザー全てを含んでいます。 例えば、あるユーザーがタイムラインに表示された広告を見て、もう一度スクロールしコンテンツを表示・確認すれば、インプレッションは2回とカウントされます。 各コンテンツの注目度が一目でわかる• ユーザーの興味・好みの傾向を掴むことができる などのメリットがあります。 ユニークアカウント ユニークアカウントとは、 コンテンツを閲覧したユーザーのことで、これを「ユニークアカウント数」として数えることもできます。 ここで、インプレッション数とユニークアカウント数の違いと使い分けに関する疑問が出てきますね。 そこで、これらの違いをご紹介します。 インプレッション数とユニークアカウント数の違いとは 先ほど説明したインプレッションとユニークアカウントの違いは何だろう?と疑問に思う方がいるかもしれません。 その違いは、 カウント方法です。 インプレッション数=ユーザー数を関係なく コンテンツが表示・クリックされた回数。 ユニークアカウント数= コンテンツをクリックしたユーザー数。 どちらもクリック回数と関連する機能ですが、このような違いがあります。 どちらもユーザーの関心や動向調査に便利なツールとなっています。 インサイトが見れない時の対処法 インサイト機能を利用する際に注意したいのが、 パソコンやデスクトップからこれらの機能は利用できないことです。 そのほか、インサイト機能にアクセスできない場合は、次の対策を行ってみましょう。 Facebookとの連携を確認• アップデートが最新版になっているかチェック• 一旦本体をシャットダウンし再起動後、インスタグラムを開く 特にインサイトを利用するアカウントは、Facebookとの連携でアカウントが作成されており、 2つのアプリが最新版へアップデートされていない場合は、この機能が表示されない場合があります。 ぜひこれらを試してみましょう。 以上、Instagramのビジネスツールとして欠かせないインサイト機能についてご紹介しました。 今や幅広い世代で利用されているインスタグラムでは、その特徴を有効活用しようと試みる個人・企業が多くなっています。 ぜひこの機能を活用して、効率的にインスタを利用しましょう!.

次の

Instagramインサイトとは

インスタ リーチ と は

インスタグラムがグルメサイトのポジションを脅かしている。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インスタグラムがテークアウトの注文受け付けなど飲食店向け機能を充実させ、使い勝手が高まった。 コロナ後の外食店経営は、コスト削減と来店頻度の高い常連客づくりが鍵になる。 有料広告型のグルメサイトは、交流機能とネット通販機能を備えたインスタグラムに対し、有効な対抗軸を見いだせずにいる。 1928年創業の会席料理「本家たん熊 本店」(京都市下京区)は5月中旬、京都市内を対象にインスタグラムでテークアウトとデリバリーの受け付けを始めた。 「料理を注文」ボタンを押せば、外部の予約システム「テーブルチェック」に遷移して注文できる。 新型コロナウイルスで苦しむ外食店を支援しようと、インスタグラムが4月下旬に設けた新たな機能だ。 1928年創業の会席料理「本家たん熊」のテークアウト商品「すっぽんの吸い物(5人前)」1万800円(税込) 新型コロナを機にテークアウトやデリバリーの充実を図ることにしたが、世間のインスタグラムのイメージは「若い層の利用が多い」。 客単価が2万円程度で、客層の年齢が高めな本家たん熊の場合、どこまで効果があるか懸念はあった。 ただ、いざ始めると杞憂(きゆう)に終わった。 「50~60歳代の常連客が『インスタ見たよ』と買いに来てくれた」と若主人の栗栖純一さんは話す。 実は、デリバリーは京都・祇園の花街に料理を届けるなどコロナ前から取り組んでいたが、インスタグラムで初めて知った常連客が少なからずいた。 インスタ効果で、デリバリーとテークアウトの売上高は30%程度伸びているという。 「#テイクアウト」投稿が25倍に インスタグラムのデータを分析するテテマーチ(東京・品川)が顧客のアカウント約2万件を分析したところ、5月末時点の業種別件数は、アパレルが2108件とトップで、雑貨・小売りが911件、飲食は696件だった。 インスタグラム活用のアパレル先行は、ほかの数字を見ても明らかだ。 アパレル業界による最初のインスタグラム投稿は2010年10月頃だった。 これに対し、飲食は12年1月と遅れた。 5月末の平均フォロワー数もアパレルが1万4583に対し、飲食は4234と大きく見劣りする。 インスタグラムには、投稿した衣料品や雑貨の写真をタップすると注文画面に遷移するなどアパレル通販向きの機能が備わっている。 このほか、業界でおなじみの影響力があるインフルエンサーによる販促もあって、インスタとの相性が良かった。 これに対し、飲食業界は、グルメサイトがインターネット予約の受け皿になってきた。 これも、アパレルに差をつけられた理由になっているようだ。 しかし、新型コロナはこうした景色を一変させた。 テテマーチによると、「#テイクアウト」のフィード投稿数は、2月に比べて、3月が2倍超、4月は約20倍、5月が約25倍と急速に伸びた。 テークアウト注文機能の新設はもちろん、ビジネス用アカウント開設が無料という点が大きい。 グルメサイトも「テークアウトが可能なお店の特集」を始めたり、利用料を一時的に減免したりした。 しかし、平常時の利用料は1店舗につき毎月数万円から数十万円に上る場合がある()。 中長期的なコスト削減を見据えてインスタ活用を模索する飲食店が増えているようだ。 テテマーチは「アパレルに遅れたが、飲食店のインスタ活用は今年秋頃まで拡大が続く」とみる。 日本人は世界の3倍、「#検索」 日本でのインスタグラムの利用は、「#(ハッシュタグ)検索」が多いという特徴がある。 「#検索」数はグローバル平均の3倍に上り、日本の利用者の4人に1人が利用している。 「#渋谷ランチ」など実用的な口コミ検索のほか、「#グルメ好きな人と繋がりたい」、「#グルメスタグラム」など趣味や好みが近い人を探す用途で使われている。 今まで食べログなどグルメサイトが担ってきた口コミ機能をカバーしているほか、お店とお客が直接つながって常連客づくりがスムーズになる効果も期待できる。 本家たん熊の栗栖さんは、「いろんな立場からの口コミが氾濫するグルメサイトより、オフィシャルな正しい情報をインスタグラムで発信した方が、正しい店のブランドイメージをお客様に持ってもらえる」と話す。

次の