スラック ライン 庭。 スラックライン

自宅でスラックラインを設置するためのラックを単菅で自作してみた!

スラック ライン 庭

ご存じですか?巷で人気急上昇中のスラックライン。 小学校の体育教材としても採用されるそうですね。 ご存じない方は、細いロープの上でするトランポリンをイメージして頂くと近いかも知れません。 幅わずか5センチほどのライン 伸縮性のあるロープ の上で、高く飛び上がってトリックを決める。 もちろん店長は、、、できません。 そんなスラックラインは、元々は大きな木と木の間にラインを張って綱渡り遊びをするところからスタートした、いわばアウトドアスポーツです。 ところが日本ではなかなかラインを張るのに適した場所、ましてご自宅の庭にはそんな大木なんか生えていません。 で、ラインを張る時の基礎 アンカー としてくい丸を使って頂くケースが増えています。 今回は、くい丸でのアンカー設置のお手伝いにお邪魔してきたので、少しご紹介したいと思います。 施工のお手伝いにお邪魔しました お世話になっているさんからのご紹介でくい丸をご購入頂いたお客様のところに、施工のお手伝いがてらお邪魔してきました。 20メートルほどはラインが張れると思います 気軽にスラックラインを楽しめる場所を作りたいんです、と準備を頑張っていらっしゃいます。 屋内にもラインがあるのですが、少し長めのラインが欲しいので、屋外にラインを張りたいというご希望でした。 打ち合わせの結果、少しでも距離を稼ぐために対角線上にラインを張る事にしました。 杭のスペック 今回は、少しでも深く打ち込みたいということで、ではなく、太さ48. 6mm、長さ1. 5mをチョイスして頂きました。 地上の出しは50cmほど欲しいという事でしたので、打込み位置にビニールテープでマーキングしてから、いざ打ち込みです。 施工は電動ブレーカーが楽チン 電気が通っていれば電動ブレーカーを使うのがお勧めです お邪魔する前に電源がある事を確認していたので、電動ブレーカーとコードリールを持参しました。 くい丸の頭に乗っかっているのが電動ブレーカーです。 スラックラインは取り外しすることもありますが、アンカーの杭は常設しておくので、基本は抜く事がありません。 ですので、出来るだけ真っ直ぐ打ち込めるよう、特に打ち始めは慎重に作業します。 杭が真っ直ぐ打てているか確認する方法 写真の方が手に持っている黒と黄色のものは、実はパイプ専用の水平器です。 通常皆さんが水平器 水準器 というと、このようなものをイメージされると思います。 ホームページより こうした水準器を2個使う L字型に杭に当てる 事で、杭の傾きを知る事も出来ます。 ただ、水平器も2個必要ですし、いちいち杭に当てるのが若干面倒でもあります。 ということで、当店では洗濯機に付いているのと同じ気泡管タイプをお勧めしています。 ホームページより これをくい丸に当てて確認しながら、真っ直ぐになるように調整しながら打ち込んでいきます。 上の写真では一番左側の使い方に近いですね。 施工は4本で20分程度 手前側の2本。 奥側にも同じものがあります。 打ち込んでみると、表面から30cm程度は柔らかいのですが、そこからが結構固くて少し手こずりました。 その分杭としてはしっかり効いている事になりますので、アンカーを設置する場所としては良い条件だったのではないかと思います。 4本打って、施工時間はだいたい20分くらいでした。 あっという間ですね。 スラックラインアンカー杭は、2本で1組が基本 上の写真ではくい丸が2本写っていますが、このように、スラックラインのアンカーとして使用する時は、2本で1組が基本です。 くい丸1本だけをアンカーにすると、ラインを張った時にしなって傾いてしまいます。 くい丸の本体は鉄パイプで出来ています。 これを防ぐために、くい丸を2本1組にして横にかかる力に耐えるようにするわけです。 特にご自宅の庭など、制約の多い場所に設置する時には様々な工夫が必要になります。 お悩みの方はぜひお気軽に。 スラックラインについてはお問い合わせも多いので、他の記事でもご紹介していきたいと思います。 ありがとうございました。 コメントを投稿するにはが必要です。 検索対象: 検索 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

スラックラインを自宅で@くい丸を使えばDIY要らず

スラック ライン 庭

徐々に知名度が上がって来たスラックライン。 名前だけではどんなスポーツか思い浮かばないけど、ベルト状のラインの上で歩いたり跳ねたりする姿を、テレビやSNSで目にした事がある!という方も増えて来ました。 スラックラインは手軽に始めれて、子供から大人まで幅広く楽しめるスポーツなので是非皆さん楽しんでみて下さい。 今回はそんな「スラックラインを始めてみたいけれど、どうしたら良いのか分からない」という方に向けて、この記事を読むだけでスラックラインが直ぐに始めれるように解説いたします。 スラックラインが出来る場所探し スラックラインは木と木の間にラインを設置して、そのラインの上で歩いたり飛び跳ねたりするスポーツです。 大会等はありますが基本的には対戦形式ではありませんので、スノーボードやサーフィンのように各個人が自分のスキルを高めて楽しむスポーツです。 スラックラインはラインを設置する木や柱が無いと始まりません。 道具を買う前に、スラックラインを設置出来そうな場所を探しましょう。 もっともポピュラーな場所は公園です。 ラインを設置する木は直径25㎝以上の太い木で、幅はどんなラインでも短く設置出来るので、5mでも8mでも10mでも大丈夫です!一般的に販売されているスラックラインは15mなので、巻きつける木の幅を考えると最大で13mの長さまで設置する事が可能です。 地面の理想は芝生で設置できる場所があると最高です!芝生はクッションの役割と、裸足でスラックラインをする時に足が汚れにくいので都合が良いです。 芝生だとよりスラックラインをより楽しみやすいというだけで、必ずしも芝生でなければいけないという事ではありませんのでご安心ください。 公園によってはスラックライン自体を禁止している場所があるので確認するのも忘れないで下さい。 都市部の管理者がいる公園などではスラックラインを認知しているようなので、一言こえをかけてからマナーを守って楽しみましょう。

次の

スラックラインの台をソーホースブラケットを使ってDIY テーブルにもなる

スラック ライン 庭

まだまだ初心者なのでライン上で激しいトリックはやらないため、強度的にもこれくらいでいいか、という判断です。 実際には深く掘ってコンクリート流し込んだりしないとダメみたいですけどね。 場所は駐輪場にぎりぎりかからない場所にしますか。 それにしても一時期は芝生がキレイに生えていたのに手入れをちゃんとやらなかったら雑草だらけだなあ(汗) まず一本目の杭を打ち込みます。 やはり少しナナメに入れたほうが強そうですよね。 日頃のストレスをトンカチに込めでひたすら打ち込みます。 よし、一本入った。 2本めもどんどん打ち込みますよ。 位置が揃うまで打ち込みます。 シャックルで2本の杭を連結。 ここにラインを引っ掛けます。 パレットは会社の廃材置き場からもらってきました。 パレット3枚くらいの高さが初心者にはちょうどいいですね。 そしてラインの反対側は電柱に。 こちらは強度には申し分ありません。 かなりピンと張ることができました。 上を歩いてみましたがとてもいい感じ。 実はラインの半分はカーポートの下を走っているので雨が降っても練習ができるというスグレモノです。 クルマは若干うしろにはみ出して停めれば問題なし! さあ、どんどん練習しますよ!!! ナニゴトもチャレンジしたがる1973年信州生まれ。 趣味のけん玉は4段。 (出張指導やイベント依頼も絶賛受付中!) 筒けん開発~販売中です。 このブログは管理人の思ったことや感じたこと、忘れないように記録しておくことなどを目的に開設しています。 情報が古いものも含まれることがありますのでご了承ください。 なお、記事は事前の告知なく削除されることがあります。

次の