漢方便秘薬。 大正漢方便秘薬は不安がいっぱい!?効果・口コミ大特集!

タイプ別! 便秘のオススメ漢方薬 [漢方・漢方薬] All About

漢方便秘薬

(2)妊婦または妊娠していると思われる人。 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。 (4)胃腸が弱く下痢しやすい人。 (5)次の症状のある人。 はげしい腹痛,吐き気・嘔吐 2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること [関係部位:症状] 皮膚:発疹 消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛,吐き気・嘔吐 3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること 下痢 4.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること 5.1ヵ月以上連続して服用する場合は,医師,薬剤師または登録販売者に相談すること 効能・効果 便秘。 便秘に伴う腹部膨満・吹出物(にきび)・腸内異常醗酵・痔・頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・食欲不振(食欲減退)などの症状の緩和 効能関連注意 体力に関わらず,使用できる。 用法・用量 次の量を1日1回,就寝前に水またはお湯で,かまずに服用すること。 [年齢:軽い便秘(2〜3日便通がないとき):頑固な便秘(4日以上便通がないとき)] 15歳以上:1錠〜3錠:2錠〜4錠 5歳〜14歳:半錠〜1錠半:1錠〜2錠 5歳未満:服用しないこと 錠剤には割線が入っているので,便通の具合をみながら,半錠ないし1錠ずつ増量(前記の最大量まで)または減量すること。 用法関連注意 (1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。 (2)用法・用量を厳守すること。 (3)次の人は服用量を控えめにすること。 体の衰弱している人,月経時の人 (4)初回は最少量を用いること。 (5)便通の改善がみられたら量を減らし,服用間隔をあけること。 成分分量 4錠中 成分 分量 内訳 大黄甘草湯エキス散 金匱要略,26. (2)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。 (2)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。 (3)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。 詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。 (4)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。 (5)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。 (6)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。 (2)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,4日以内に服用すること。 消費者相談窓口 会社名:武田コンシューマーヘルスケア株式会社 問い合わせ先:「お客様相談室」 電話:フリーダイヤル 0120-567-087 受付時間:9:00〜17:00(土,日,祝日を除く) その他:なお,タケダ健康サイトでは,多くの健康情報や症状・疾患の情報をわかりやすく紹介しています。 jp 製造販売会社 武田コンシューマーヘルスケア(株) 会社名:武田コンシューマーヘルスケア株式会社 住所:〒541-0045 大阪市中央区道修町四丁目1番1号 販売会社 剤形 錠剤 リスク区分等 第2類医薬品.

次の

タケダ漢方便秘薬 65錠(武田薬品工業)の口コミ・レビュー、評価点数

漢方便秘薬

漢方薬は効き目が出るのが遅い、副作用がない、というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、便秘薬については、効き目がかなりシャープであることが多いんです。 代表的な便秘薬の漢方処方に、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)や麻子仁丸(ましにんがん)、(ぼうふうつうしょうさん)などがありますが、 漢方の考え方として、病気だけでなく体の不調を全体的に治していくためにお薬を飲むということがベースにありますので、一般的に、症状だけでなく「体質」や「体力の有無」なども見ながら薬の選択をしていきます。 大黄甘草湯のように、便秘薬として販売されている商品の他に、婦人薬の中にも、効能効果に「便秘」が記載されている処方はたくさんありますし、に処方される「乙字湯(おつじとう)」もお通じを促す効果があります。 漢方薬では、一つ一つの症状ではなく体全体を整えていくため、たとえば・・・• 便秘すると吹き出物が出やすい• 生理痛がひどく、生理前になると便秘になる• 血圧が高めで、お腹の脂肪(肥満)も気になる という風に、便秘に付随した症状が複数ある人は、漢方薬の方が適しています。 体質に関係なく飲むことができる大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう) 漢方薬は飲む人の体質や体力を考慮して選ぶのですが、実は、 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は体力がある人もない人も、飲むことができます。 飲む人に対する制限がほとんどないので、漢方の便秘薬を飲みたいという人は、一度お試しいただくと良いかもしれません。 ただ、 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は漢方とはいえ、効き目は意外に強いです。 便秘薬がまったくの初心者の方は、少ない錠数から試してみるといいですね。 便秘薬の場合、多くは飲む錠数が「1~3錠」という風に幅を持たせていますので、1錠からスタートすると良いです。 で、それであまり効果が無ければ、次回は2錠、という具合に増やして飲むと良いでしょう。 便秘薬の効き目は、個人差がとても大きいので、人によって効く量が異なります。 ただし、決められた量を超えて飲むのは、止めてくださいね。 お薬の重複に注意! 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)には、ダイオウとカンゾウという生薬が配合されているのですが、市販の風邪薬や胃腸薬の中には、カンゾウを配合した製品が多数あります。 カンゾウは摂り過ぎると体がむくんだり、他にもいろんなリスクを引き起こすことがありますので、市販のお薬と併用して飲まないよう気をつけてくださいね。 高齢者や体力が低下している人の便秘には麻子仁丸(ましにんがん) 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は、効き目が強いので頑固な便秘の人などに適しているのですが、高齢者や病後で体力が低下している人には、麻子仁丸(ましにんがん)という漢方薬が適しています。 体力が低下したり、加齢によって腹筋などの筋力が低下すると、腸の運動が弱まることで便の滞留時間が長くなり、便の水分が失われてカチカチのウンチになる傾向がありますが、麻子仁丸(ましにんがん)はこうした便秘に効果があります。 麻子仁丸(ましにんがん)の「麻」は、あの布の麻のことで、麻子仁は麻の実から取れる種なんですね。 ですから繊維が豊富で保水力があり、便秘の解消に効果があるというわけです。 他にも、ダイオウやシャクヤクなど、全部で6種類の生薬を配合した処方になっていて、便秘による膨満感や腹痛などを解消していきます。 医師の治療を受けている人は主治医に相談して ご高齢の方は、食事の量が減る傾向があるんですが、食べる量が減ると便の量も減ってしまうため、どうしてもお通じの回数が少なくなりがちです。 また、腹筋などの筋力も低下するため、上手に排便することが出来ずに「スッキリしない」とおっしゃる方も多いです。 お通じの回数が減っても、膨満感や残便感、腹痛などの違和感がなければ、それほど心配は要らないのですが、お腹のハリやガス(おならが臭いなど)などがあると辛いと思います。 ドラッグストアで薬剤師や登録販売者に相談してみてください。 また、加齢による便秘の他に、たとえば医薬品の副作用で便秘になることもありますので、持病をお持ちの方や医師の治療を受けている方は、まずはかかりつけの医師に相談してからお薬を飲むことをお勧めします。 昔から使用されてきた便秘薬、センナやアロエ 即効性のある生薬として便秘薬の代表的成分 医薬品としてのセンナは、葉の部分を使用していますが、スーパーなどでも市販されている「センナ茶」はセンナの茎の部分を使用していて、健康茶として昔から飲まれています。 茎の部分は医薬品ではないため、「食品」として販売されています。 センナの葉からセンノシドという成分が抽出され、そのセンノシドが下剤として便秘解消に効果があります。 センノシドは、たくさんの市販の便秘薬に配合されており、もっともメジャーな成分と言えます。 センノシドの特徴として、非常に即効性があり、かなり頑固な便秘でも速やかに改善することができます。 ただし、漢方の便秘薬だからといって、副作用がないわけではなく、かなり重篤な症状を招くこともありますので、過信は禁物です。 ので、お読みになってくださいね。 アロエは、傷薬としても昔からよく使用されてきましたが、内服薬では下剤として便秘薬に配合されています。 大腸内の水分を増やす働きがあり、便秘を改善する効果がありますが、アロエも長期間飲み続けるのは良くありません。 自然由来のものですし、アロエというと健康に良いイメージがありますが、下剤のアロエの場合はセンナと同様、気をつけなければならないことがありますので、使用上の注意等をよく読んでご使用ください。 漢方の便秘薬の特徴と主な製品 大黄甘草湯や麻子仁丸の他に、アロエやセンナを配合した市販の便秘薬をご紹介します。 便秘解消に効果のある漢方薬は他にもたくさんありますが、種類が多すぎるため、ここでは代表的な製品のみを掲載しています。 タケダ漢方便秘薬(武田薬品)• 大黄甘草湯。 1日1回就寝前に服用。 5歳から飲むことができます。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 大正漢方便秘薬(大正製薬)• 大黄甘草湯。 1日1回就寝前に服用。 5歳から飲むことができます。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 皇漢堂漢方便秘薬(皇漢堂製薬)• 大黄甘草湯。 1日1回就寝前に服用。 5歳から飲むことができます。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 山本漢方 センナTS便秘錠(山本漢方)• 日本薬局方センナ末。 11歳以上、1日1回就寝前に服用。 11歳未満は服用できません。 最初は少ない量から試してください。 楽天で購入:• アマゾンで購入: コーラックハーブ(大正製薬)• センノシドと甘草エキス末を配合。 15歳以上、1日1回就寝前に服用。 15歳未満は服用できません。 楽天で購入:• アマゾンで購入: カイベールアロエプラス(アラクス)• センノサイドとアロエエキス、DSSを配合。 15歳以上、1日1回就寝前に服用。 15歳未満は服用できません。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 市販の便秘薬について.

次の

漢方薬で便秘をスッキリ!|武田薬報web

漢方便秘薬

ツムラの便秘薬の特徴と、購入方法? ツムラは日本の代表的な漢方ブランドです。 まずは、ツムラの便秘に効果的な漢方薬はどのような特徴があり、どこで購入できるのか紹介します。 医療用と市販薬がある ツムラの漢方には、病院で処方してもらう医療用と、市販薬があります。 医療用には市販では手に入らないような種類もあります。 病院に行くことが忙しくて難しいときや、自分が使ってみたい処方が決まっているならば、市販薬が便利です。 しかし、市販薬では、医療用と比べて選択肢が少ないため、自分にあった処方があるとは限りません。 そして自分で選んだ処方が、体質にあっているとは限らないので、効果的な治療ができないかもしれないというデメリットがあります。 漢方って飲みにくくない? ツムラの漢方の医療用は主に顆粒タイプであるため、飲みにくいと感じる方もいるようです。 漢方の味は、独特の苦みやえぐみがある場合が多く、飲む量も多いため、途中で挫折してしまうケースも少なくありません。 もし、味が苦手、粉薬が苦手という方には、市販薬の錠剤タイプを使うという手もあります。 例えば、大黄甘草湯であれば、市販の「タケダ漢方便秘薬」で代用することもできます。 どんな時に処方される? 便秘に困っていて、漢方を処方してもらいたい、と思った時、どうすれば処方してもらうことができるのでしょう? 漢方の処方は何科を受診しなければいけない、という決まりはありません。 ただ、お医者さんによって漢方を使うのが得意な場合と、あまり処方を好まない場合もあります。 できれば、漢方に詳しい内科、消化器科、漢方外来などを受診するのがおすすめです。 市販薬はどこで販売されている? 市販薬のツムラの漢方は、薬局やドラッグストアで買うことができます。 お店の規模によって、扱っている種類や品数は異なるため、インターネット等でよく調べてから買うのがおすすめです。 ツムラの便秘薬の種類と使いわけ ツムラの漢方の中には、便秘に対して効果があるものがいくつかあります。 漢方を使うときに、最も大事なことは、自分の体質にあった処方を選ぶことです。 市販のツムラの便秘薬 ツムラの漢方便秘薬 便秘、便秘に伴う頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・ふきでもの(にきび)・食欲不振(食欲減退)・腹部膨満・腸内異常醗酵・痔などの症状の緩和 注)体力に関わらず、使用できる 大黄甘草湯の顆粒タイプです。 大腸を刺激する大黄と、副作用を和らげる甘草から成る処方で、効果は比較的強めです。 体質を選ばず効き目が出やすいですが、使いすぎによって、腸が刺激になれて効きにくくなることもあるので注意が必要です。 ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒 体力が充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症: 高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症• 便秘に効く漢方薬に特徴的な副作用は? ツムラの漢方薬をはじめとして、漢方には副作用が無いように思われがちですが、副作用はあります。 漢方の種類によって副作用は異なるため、この記事では全般的な解説をしたいと思います。 漢方にも副作用はある 西洋薬と比べると、漢方は副作用が起こりにくいといわれています。 それは、西洋薬の場合には、ターゲットとなる部位を狙って集中的に効かせるのに対して、漢方の場合には、体全体に働くことで症状をおだやかに改善するからです。 ただし、漢方で重い副作用が出ることは稀ですが、危険性はゼロではないため、注意しておくことが大切です。 漢方で注意したい副作用 便秘に効く漢方では、下痢や腹痛を起こすこともあります。 漢方の種類や体質にもよるので、飲みはじめは注意しましょう。 胃もたれ、胃痛 漢方薬を飲んで、胃もたれ、むかつき、食欲不振、胃痛などの胃の症状が出ることがあります。 特に虚弱体質、胃腸が弱い方は説明書をよく読んで選びましょう。 アレルギー 過去にお薬、漢方で副作用が起きたことがある人は、よく相談してから使いましょう。 高齢者の場合 高齢者の場合、体の代謝機能が落ちているため、思わぬ副作用が起きることがあります。 服用前によく相談することをおすすめします。 漢方を併用している場合 いくつかの漢方を併用していると、配合生薬が重複してしまう可能性があります。 例えば「カンゾウ」を摂りすぎると、むくみの副作用が出たりすることもあるのです。 漢方を2つ以上飲むときには、あらかじめ医師や薬剤師などに確認しておくと安心です。 漢方で注意したい重い副作用 漢方では、まれに次のような重い副作用が起きることがあります。 ツムラの便秘薬を使い続ける上での注意点は? 便秘に効果のある漢方薬を使い続けることで、どのような問題が考えられるのでしょう?また、センナのように生薬成分だけが含まれる下剤と比べた時のメリットについてもお話します。 耐性(たいせい)は起こらない? 便秘薬の中でも、大腸を刺激するタイプの下剤では、使いすぎによって効果が出にくくなる「耐性」という問題があります。 漢方の場合には、複数の成分が合わさって働き、副作用を防ぐ成分も入っていることで、耐性は起こりにくいとされています。 しかし、便秘に対する効果のある漢方の場合には、体調や便秘の状態によって、効果を感じにくくなることはあります。 しかし、いわゆる下剤を使うよりは、比較的に安全に使うことができるのが、漢方のメリットです。 センナと比べて漢方を使うメリットは? 生薬成分のセンナは、便秘薬にもよく配合されています。 生薬だから安全そうなイメージがありますが、センナ、ダイオウなどの刺激作用のある生薬を単味で含むタイプは、耐性が起きやすいので注意が必要です。 生薬単味の下剤と比べて、複数の生薬が合わさった漢方の方が、長期的にみても問題が起こりにくいでしょう。 便秘薬の飲み過ぎについては次の記事を参考にしてください。

次の