スクール カースト take2。 スクールカースト 1軍・2軍・3軍 特徴と対策を全軍経験者が分析

スクールカースト 1軍のその後あるある(地方都市編)

スクール カースト take2

中学から高校時代にかけて、クラスの中心で積極的に活動していた男女。 運動神経が良く、容姿が良かったり、良くも悪くも賑やかな存在。 それがスクールカースト1軍と呼ばれる人たちです。 必ずしも勉強ができるタイプというわけではありません。 学生時代は人気者として目立っていた彼や彼女は、卒業後どうなるのでしょう? コミュニケーション能力と容姿の良さだけで上位にいた人が、社会に出た際に学力不足で貧困に陥るという事はよくある話です。 逆にコツコツと努力を重ねてきた3軍出身者が、就職や資格取得などを契機に成功する例も多いでしょう。 成績の良かった者は、地元を出て大学進学し、そのまま都会で就職するパターンが王道です。 そこまでではなかった人は、地元に根差した生活を送るケースが多いでしょう。 実家が事業者なら稼業を継ぐ人もいるかもしれません。 マイルドヤンキーの中には、スクールカースト1軍出身者も数多く含まれています。 スクールカースト1軍の出身者がここで述べたような「進路」を必ずしも歩むわけではありません。 人生には予期せぬことも起こります。 スクールカースト1軍の特徴 当記事は主に 地方での公立中学校のスクールカーストを想定して書いています。 お住いの地方によっては全く思い当たらない場合もあるかもしれませんがご了承ください。 地方の公立中学校には、基本的にその学区内に住んでいる子供たちがひとまとめにされます。 なので将来は医師になる子供もいれば、花火職人になる子供も同じ教室で学ぶようなことも起こり得ます。 面白いのは医者になるような成績優秀者が必ずしもカースト上位ではないことです。 スクールカーストとは学校内で何となく決まる序列のことです。 休み時間クラスを見渡すと、教室や校庭の目立つところで華やかに談笑しているのがカースト上位者です。 基本的には社交的な人が多く、文化祭の出し物やクラスの劇での主要キャラなど、目立つポジションを取り決めるグループです。 ここに所属している人にとっては、学校は楽しいところという印象を持つのが基本です。 運動神経やルックス、コミュニケーション能力に優れている人が多いでしょう。 積極的でリーダーシップのある人も基本1軍に所属します。 成績優秀、スポーツ万能、性格も良い完璧超人が1軍の場合もある一方、 成績はイマイチだけど、華やかで運動神経が良い人が1軍のケースもあります。 性格については、良い人も意地悪な人も1軍になる可能性があるでしょう。 詳しくは、私の実体験をふまえたこちらの記事にまとめています。 さて、楽しい思い出に満ち溢れた学生時代を過ごした1軍の男女も、卒業と共に巣立っていきます。 その後の彼らはどのような人生を歩むのでしょう。 もくじ• カースト上位者は地元で就職するケースが多い もちろんズバ抜けた逸材は、一流大学を経て大手企業などに就職するのでしょう。 ですが、先に述べたようにカースト上位者が必ずしも成績優秀とは限りません。 むしろ、勉強が苦手な人でも、持ち前の社交性と積極的な態度でクラスの中心にいたりします。 そんな彼や彼女らは、 たとえ大学進学で一時的に地元を離れても帰ってくるケースが多いでしょう。 マイルドヤンキーと呼ばれる人たちなら尚更、地元で就職したり家業を継いだりします。 その理由としては、小学校からの交友関係を維持している場合が多いからです。 そこに、良い思い出がたくさんあれば帰りたくなるのは自然なことです。 遊び仲間が変わらないというのは、安心感があるのかもしれません。 やがて彼らが結婚して子供が生まれると、子世代にも人間関係が引き継がれます。 土着的なコミュニティとも言えますが、おそらく本能的には しっくりくる生活ではないかと。 また、ここには社会に出た後でも草野球やフットサルなどのチームスポーツを続けたいという事情も関係しているのかもしれません。 体育会系でカースト1軍の進路 カースト1軍は男女問わず活発で運動神経に優れた人が多い印象です。 運動部のレギュラー選手として全国大会に出場した選手は、卒業後もスポーツと関わることは多いでしょう。 全国大会に出場した選手の中でもオリンピック選手やプロスポーツの世界に進む人たちはもちろん一握りではありますけれど。 知人や親せき、勤務先の人などでも意外と全国大会出場経験を持つ元選手がいるのではないでしょうか。 高齢化社会でシニアスポーツは盛んになっていますよ スクールカースト上位者が社会に出ると、実家の稼業を継いだり、地方公務員だったり、職業は様々です。 スポーツ好きな人は社会に出ても昔の仲間とチームを組んでアマチュアスポーツを生涯楽しんでいる層は多いでしょう。 地元に根差した等身大の生活を営む人たちは、本当の意味で「 充実した人生」を過ごすのかもしれません。 ヤンキーでカースト1軍の進路 現在では減少傾向にありますが、年代によってはいわゆる不良がカースト上位だった学校もあるでしょう。 彼らは中学や高校時代から男女交際をするような早熟で積極的な一面があります。 高校卒業後すぐに結婚するケースも多いでしょう。 十代で子供ができて結婚するというパターンも少なくないです。 経済的に厳しい状況に陥るケースもあるでしょう。 話してみると気の良い人たちは多い感じよ 1軍女子の「結婚」という選択肢 容姿に優れてコミュニケーション能力の高い一軍女子グループ。 当然、学生時代の恋愛でも華やかな思い出をたくさん持っていると思われます。 また、1軍女子の話題の花形と言えば恋愛話でしょう。 その延長に結婚があるわけで、社交性に優れた彼女たちにとって、重要な関心事の一つでしょう。 こんなことを言うのも何ですが、結婚相手は仲間内で見栄やマウントにも影響する要素でもあります。 マウンティングの心理は以下の記事にまとめました。 良い人と出会いたい。 そう思うのは自然なことです。 1軍と呼ばれる人たちは友人関係も多いので出会いのキッカケも身の処し方も3軍出身者とは比較にならないほど華やかです。 自然な流れの中で結婚する機会も多いのではないでしょうか。 ですが人間、どのような形で出会いがあるかわかりません。 街コンなどを利用して積極的に出会いを求める人もいるでしょう。 現在はSNSがあるので、かなりマイナーな趣味であろうと同じ趣味の人と交流することも容易くなりました。 1軍女子の中に限らず、社交的な人は子供の頃からの友人関係を維持しているケースも多いでしょう。 1軍女子のネットワークは驚くほど速く情報が行き渡ります。 「誰と誰が結婚した」などという噂話は、瞬く間に仲間内に知れ渡ることになります。 彼女たちはそのことを熟知していますので、 結婚相手は仲間内の評判も加味して考えることが多いでしょう。 次・行きましょう… 進学校のカースト上位者の進路事情 これまでは主に地方での公立中学校のスクールカーストを想定して書いてきました。 ですが、私立の中高一貫校(それも名門と呼ばれるようなところ)や、偏差値の高い進学校などではカースト上位者の進路事情は変わってきます。 地方在住者の場合では、基本的に 進学校の卒業生の進路は有名大学に進むケースが多いでしょう。 ただ、 スクールカーストは偏差値の高い進学校ほど際立たない傾向があります。 一部の例外を除いて、学校の成績上位者は大人しくまじめな性格の人が多数派ですので。 それに加え、基本的には進学に備えて勉強しているので、交友関係よりも学業を優先する人たちが主流です。 ただし一部の私立の進学校の場合、成績で学級が分けられたりする場合があります。 そうした場合だと、下位のクラスが上位のクラスに対して威圧的に振る舞ったりするケースもあるようです。 人間関係の序列はさほど激しくない進学校でも、クラスの中で目立つ人たちは存在します。 容姿やコミュニケーション能力に優れていたり、運動が得意な人は人気者になりやすいでしょう。 進学校の場合だと、これに学力の要素も強く影響を持つようになります。 公立の中学校などでは、勉強ができる=クラスの人気者とはなりにくいですが、進学校では違ってきます。 商社マンなどはこのパターン多そうです 一方で、進学校に必ず一人はいる「独特のセンスで面白い人」「文化祭を盛り上げるタイプ」「一芸に秀でたタイプ」 彼らの将来は全く予測できません。 「独特の感性がある」ということは、何かのキッカケでハマったものによって人生が左右されてしまうからです。 美大に行くケースもあるでしょうし、劇団に所属する人もいるでしょう。 伝統技能の職人になったり、研究職に就いたりするケースもあるでしょう。 一方で美大卒業生の就職率は50%未満というデータもあります。 武蔵野美術大学や多摩美術大学のような難関大学の就職率は高めではありますが。 電通や博報堂などの大手広告代理店に就職する猛者がいる一方、いわゆる作家ニートやフリーター等になる人も少なくありません。 「個性が大事」なんて言いながら、この社会は「変わり者」に容赦ないからな 進学校であろうとなかろうと、人気者であろうとなかろうと「変わり者」は、自分の好きなことと社会との折り合いのつけ方に多かれ少なかれ悩むことになります。 他人を変えるのは不可能なので、自分自身で道を切り開くしかないのが「変わり者」の宿命ではないでしょうか。 当ブログではそのような「変わり者」たちを全力で応援しています。 同窓会での元1軍はどんな話題で盛り上がるのか? 同窓会は発起人がいて初めて動き出すものなので,「初めての同窓会」がいつになるのかは様々です。 成人式後に初めての同窓会を行うケースもよく聞かれますが、60歳を過ぎてから初めての同窓会が起きるケースもあります。 25歳の同窓会での話題と60歳での話題はもちろん異なるでしょう。 基本的には、学生時代の話題を切り出すことが多いのは共通していると思います。 それに加えてスクールカースト上位者ほどメンバーが固定です。 話題も、彼らが共有する関心ごとが中心になります。 3軍には同窓会のハードルが高すぎるわ… まとめ 地方都市のスクールカースト1軍のその後についてまとめてみました。 あくまでも「1軍にありがちな話」ですので、「1軍の将来はこうなる」と決めつけることではありません。 地元を離れて暮らす1軍出身者も多いでしょうし、その理由も人それぞれでしょう。 ですが、学生時代に輝かしい青春を送ったことは間違いなく成功体験としてその人の心に残っているはずです。 何かの機会で帰ってきた際には、故郷の景色と学生時代の思い出が心地よい懐かしさとなって甦るでしょう。 私が1軍に所属できたのは中学1年の一学期までと、カーストロンダリングした高1の半年間だけですが、一度でも3軍に落ちてしまうと輝かしい思い出が消し飛ぶのは皮肉なことです。 まあ、それでも毎日それなりに楽しく暮らしているので良しとしましょう。

次の

スクールカースト一軍の特徴7つ!上位になりたい男子女子必見!

スクール カースト take2

スポンサーリンク 1軍次第でクラスの雰囲気が変わる ガッチガチのスクールカーストのクラスになるか、ゆるいスクールカーストなんて気にしないで過ごせるクラスになるかは1軍次第。 1軍の中でもトップに君臨しやすいスポーツ部のエースやクラスのマドンナ、お坊ちゃん、お嬢様の意見が反映されやすいです。 影響力のある人の性格が悪ければ雰囲気の悪いクラスになり、性格が良ければ雰囲気の良いクラスになるでしょう。 先生も1軍には強く出れない そもそも、1軍は不良タイプでなければ先生の信頼が厚い人がなりやすく、1軍の人に先生が任せてる部分も多いです。 もし、誤った道に進んでいても先生が強く言うことで正すというのはなかなか難しいでしょう。 1クラスをまとめる力があるので、先生を目の敵にしだすと大変。 多数決は1軍の意見が採用される 少数意見になりそうな意見でも1軍の人が言えば、多数決で採用。 1軍が圧倒的に有利な決め方が多数決です。 例えば、1軍の人と3軍の人が最終候補まで残れば、最終的には1軍の人の意見が採用されます。 文化祭の案で3軍の人の方が明らかにいいものでも採用されないということ。 1軍の人が自分のよりいいと思い、3軍の人の案の方がいいと発言した場合は、3軍の人のものが採用されますが、結局は1軍の人の意見次第ということです。 自分の軍を間違ってる人がいる 微妙な立ち位置の人もいて、1. 5軍や2. 5軍があればそこに入るような人もいるでしょう。 もちろん、上に間違っている人もいれば、下に間違ってる人も。 また、スクールカーストが緩いクラスの場合は、そもそも何軍と意識すること自体が少ないです。 カーストに属さない人がいる スクールカーストは勝手に入れられてしまうもの。 でも、カーストに属さない人がたまにいます。 クラスメイト誰とでも分け隔てなく接するタイプか孤高の一匹狼タイプがこれです。 スクールカーストは基本的には固定 スクールカーストは基本的に上に上がることもなければ、下に下がることもなく、固定です。 でも、1軍の人とケンカしてクラスメイトの評価が下がったり、1軍の人が面白さなどの魅力をクラスメイトの前で評価したりした場合は、変動します。 男子よりは女子のほうが変動しやすい傾向。 3軍が一番多いわけではない カーストというので1軍が5人、2軍が10人、3軍が15人となるのを想像しますが、実際はそうならないのが一般的。 実際は1軍が5人、2軍が20人、3軍が5人と1軍と3軍が少ないカーストになりやすいです。 3軍が極端に少なくて1,2人なんてパターンもあります。 1軍と仲が良いから2軍 3軍候補の人でも1軍と仲が良い場合は話が別。 同列にはもちろんいけませんが、1. 5軍~2. 5軍の対応をされることが多いでしょう。 スクールカーストなんてのがあまりない小学校の間に1軍候補と仲良くなっていて損はないです。 軍の間をつなぐ軍の代表みたいなのがいる 1軍と2軍、2軍と3軍をつなぐ軍の代表みたいな立ち位置の人がいるクラスもあります。 この人の立ち回りがうまければ、平和な学生生活を送りやすいです。 反対にこの人がトラブルメーカーだった場合は、学校の行事ごとに争いが起こります。 社会人になってから小さな世界だったと再認識する 社会人になってからも会社内でカーストがある場合もありますが、そんなガッチガチのカースト制はありません。 スクールカーストって本当に小さな世界のことだったと再認識するでしょう。 でも、学生にとってはその小さな世界が全てなので仕方ないですよね。

次の

スクールカースト 1軍・2軍・3軍 特徴と対策を全軍経験者が分析

スクール カースト take2

スクールカースト(または 学校カースト )とは、現代のの空間において、生徒の間に自然発生する人気の度合いを表す序列を、のようなになぞらえた表現。 元々で同種の現象が発生しており 、それが日本でも確認できるのではないかということから、上で「スクールカースト」という名称が定着した。 2006年11月16日の「青少年問題に関する」で参考人となったのが言及したあと 、のも著書『いじめの構造』で2007年に紹介し、その後やの文脈で議論の対象とされるようになった。 ただし、スクールカーストという言葉が流通するようになる前の1990年代から学校内に序列があること自体は研究者から指摘されており 、欧米などでは、およそ1990年代初期頃からヒエラルキー化が意識されるようになった。 雑誌『』2007年11月19日号にはスクールカーストという言葉を初めてインターネット上に登録したと述べている当時29歳の男性への取材記事が掲載されているため、この記事を信じるならば、これがスクールカーストという語の初出といえる。 スクールカーストの構造 [ ] 現代の学校空間では、クラス内にいくつかの友達同士のグループが形成され、それらの内部で活発に交流が行われるだけで人間関係が完結する現象がみられる。 のは、教室内に限らず若者の空間全般で発生しているこの変容を「島宇宙化」と呼び、分断された各グループ(島宇宙)は優劣のつけられない横並びの状態になっており(フラット化)、異なるグループ間でのつながりが失われたと論じた。 これについてやのは、分断化自体は認めながらも 、教室内の各グループは等価な横並び状態にあるのではなく序列化(上下関係の付与)が働いていると述べている。 この序列はスクールカーストと呼ばれ、のは、現代の若者は思春期頃に親から分離した人格を得て親友をつくっていくという発達プロセスを適切に踏むことができていないため、同じ価値観を持つ親友同士からなる教室内グループを形成することができず代わりにスクールカーストという階層が形成されたのだとしている。 スクールカーストでは、上位層・中位層・下位層をそれぞれ「一軍・二軍・三軍」「A・B・C」などと表現する。 一般的なイメージとしては、以下のようになる。 ・経験 - 豊富なほど上位• - 恵まれているほど上位• センス - 優れているほど上位• - 読めたり支配できたりするほど上位• ・文化圏 - ・系(で遊び慣れているなど)は上位 、系は下位• - 、、等の花形部活のレギュラーはカーストトップ、文化部は下位、部は運動部ながら下位になることも多い。 自己像 - 自分探し系は上位、系は下位 によれば、スクールカースト上での位置決定に影響する最大の特性はである。 クラス内でのステータスの上下関係自体は以前からあったものの、それは運動神経や学力が大きく関係したものであり、そうではなく判断基準がほとんどコミュニケーション能力に依存している点が近年のスクールカーストの新しい点であるといえる。 ここでいうコミュニケーション能力とは、具体的には「自己主張力(を得るために必要な能力)」「(人望を得るために必要な能力)」そして「同調力(に適応するために必要な能力)」の3つを指す。 和田によれば、コミュニケーション能力の有無に偏重したスクールカーストという序列が発生した背景には、学業成績の相対評価を廃止するなど生徒に対する序列付け自体を否定するような過剰な平等主義があり、「学業成績」「運動能力」といった(努力で挽回可能な)特性によるアイデンティティを失った子供たちは「人気(コミュニケーション能力)」という(努力で挽回不可能な)特性に依存した序列付けを発生させてしまったのだという。 カーストの規定要因については、本田が統計分析を用いて具体的に研究している()。 スクールカーストとコミュニケーション能力の関係について、中高生の交友関係を研究しているは、「自分の意見を押し通す」能力とスクールカーストの高低には相関関係があるものの、「友達の意見に合わせる」能力とスクールカーストの高低にはあまり相関がみられないという統計に注目している。 この事実からは、コミュニケーション能力が高いとカースト上位になるのではなく、カースト上位という立場を利用してクラスメイトに自分の意見を強引に押し付けることができる ようになり、 実際にはコミュニケーション能力が他生徒とさほど変わらなくても コミュニケーション能力が高いと周りから判断されるという解釈も可能となる。 スクールカーストの格差は小学校段階で発生するもののまだ目立たないが、(中学校ぐらい)からは顕著にみられるようになる。 大学に入ると高校までのように常に同じ教室内で生徒同士で時間を過ごすのではなく自由に講義を履修するようになるためスクールカーストのような人間関係は薄れていくと考えられるが、実際には(するようないじめに発展するような熾烈な事態にはならないにせよ)場の空気を読むことが強制されが過大評価されるような高校までの環境の延長線上にあるような大学も相当数あり 、SNSでの交友関係の広さや恋人の社会的地位などによって決まるとされる「女子大生カースト」の特集が女性向けで組まれたこともある。 鈴木は自身の行ったインタビュー調査に基づき、小学校時代のスクールカーストと中学・高校時代のスクールカーストでは、それがどの程度強く意識されるかという程度の差だけではない異なった様相がみられると論じている。 それによると、小学校の段階では生徒の地位の高低が特定の生徒の名前と結びつけて認識されているのに対し、中学以降では「(地位の高い)ギャル系」「(地位の低い)オタク系」というようなグループ単位で認識されている傾向があるという。 和田によれば、スクールカーストによる階層化には地域差が存在するという。 スクールカースト化は人間関係の流動性が低く閉鎖的な場(いざというときに逃げられない状況)で起こりやすい現象であるため、具体的には以下のような地域ではカースト化が進みにくいと考えられる。 への通塾率が高い地域 - 塾という学校とは別の場が用意されているため• への意識が高い地域 - 受験によって別々の学校に進学し友人関係がリセットされるため• (公立中学校の)がある地域 - 受験しなかったとしても、友人関係のリセットが行われるため 小中一貫校(9年制)や中高一貫校(6年制)のような一貫教育は、スクールカーストの条件が整いやすい。 しかし、現代では逃げられる環境であろうがなかろうが、スクールカーストは全国的に大多数の中高生が体験するものであるという意見もある。 また、や、は公立や共学よりもスクールカーストが少ないとの指摘もある。 いじめとの関係 [ ] 場の空気を読んで摩擦・衝突を回避しながらポジションをさぐりあうという教室内における生徒たちの人間関係に対する緊張感は、しばしばに喩えられる。 荻上は(するようなキャラをコントロールしながら行うコミュニケーションの闘争を)「(終わりなき)キャラ戦争」と呼び 、評論家のも「好きの女子」と「好きの男子」というように文化的トライブを異にする者同士が(場合によっては互いに軽蔑しあいながら)共存する学校教室を、化の進行によって複数の異なる価値観が乱立する「バトルロワイヤル状況」のミクロな意味での象徴だとしている (詳しくは)。 また、のは中学生が創作した「教室はたとえて言えば」というをスクールカースト的な一触即発の環境を端的に表現したものとして紹介している。 こうしたシビアなコミュニケーション環境 は、場合によってはを誘発して生徒をに追い込むなどの深刻な事態を引き起こす背景にもなっており 、もともと森口が著書『いじめの構造』にてスクールカーストを紹介したのは、者のによる理念的ないじめの分類 に当事者間で使用されている概念を組み合わせてリアリティを補強することが目的であった。 いじめは基本的にはスクールカーストが下位のものを対象として行われ、同一カースト内か隣接するカーストの者が対象となることも多い。 生徒が形成している各グループ内部で行われるいじめについては、グループ間の移動の可能性はカースト上位ほど容易であることから 、カースト下位のグループほどいじめが発生しやすい(自分がいじめの対象となりそうな兆候があっても別グループへ離脱できないため)。 いじめとカーストの関係は、いじめの加害者(被害者)になることによってカーストが上昇(下降)するという面もあり、両者は相互に干渉しあっている。 いじめには示威行為としての側面があるため、特にもともと多くの生徒が内心では嫌っていた相手に対して先陣を切っていじめを始めた場合などは人気の獲得によってカーストが上昇する。 他方、加害者側と同等以上にカーストの高い別の生徒あるいは教師などの介入によってクラスのモラルが回復した場合(いじめが恥ずべき行為であるとの意識が共有された場合)、いじめ加害者のカーストが下降することもある。 中立者(いじめの直接的な加害者でも被害者でもない人)が被害者の救済を試みた場合、成功すればヒーローとしてカーストの上昇が期待できるが、失敗した場合はカーストの下降の危険性(さらにそれと付随して次は自分がいじめの新たな対象となる可能性)がある。 また、年少者の間ではいじめが発生していることを教員に密告する(チクる)ことは、不名誉なことであるとされているため、そのことが知られればカーストは下降することになる。 和田は、スクールカーストに依拠したいじめの発生を精神分析家のによるの理論によって説明している。 それによれば、集団における無意識(基底想定グループ)には、集団内に自己が位置づけられることによる不安を解消するための手段として「グループ(リーダーに全責任をゆだねて不安から逃れる)」「つがいグループ(幸福なカップルへの期待感によって不安から逃れる)」「闘争・逃避グループ(共通敵を想定して不安から逃れる)」という3つのパターンがあるが、スクールカーストの構造は「カースト下位者」という共通の敵を設定していじめの対象とするという意味で「闘争・逃避グループ」の反応であると考えられる。 や環境の普及によって、例えばやなどを舞台としたが化しているが、荻上チキによればネット上で誹謗中傷などの対象となるのも(通常のいじめと同様に)概ねスクールカーストの下位者だという。 メディア社会論を専門とするは、加害者の特定が難しい「ネットいじめ」では「リアルいじめ」 と違って、「少数側が多数側を攻撃する」「弱者が強者を攻撃する」といったことが可能であり、現実世界でのカースト上位者の支配に納得のいかない下位者側が、反動としてネットいじめの加害者側になるケースが存在することは珍しくないとしている。 いじめとスクールカーストが関連して論じられることについて鈴木は、両者は同じものではなく、スクールカーストが存在することの弊害のひとつとしていじめの問題があるという関係であると整理し、いじめという文脈を外してスクールカーストを検証することも必要であると述べている。 キャラ的コミュニケーション [ ] 現代の日本の若者は、各自の実際の性格だけではなく場合によってはによる暗黙の圧力で配分される「」を演じてコミュニケーションをとるというスタイルが定着しており、教室内は例えば「キャラ」「キャラ」のような様々なキャラがひしめきあう状態となっている。 こうした環境はスクールカーストの形成やいじめの発生と密接に関係しており 、スクールカーストという序列は各々の「キャラ」に対して行われる格付けであるともいえる。 うまくキャラを確立できた者が勝利するという構造は日本の芸能界における・の生存競争にみられるものであり 、与えられたキャラを演じる若者の作法は日本の・・における彼らのやりとりの影響を強く受けている。 荻上は、スクールカーストによるキャラの序列化を「コミュニケーションの」として説明している。 地形効果とは、において戦闘キャラクター自身の属性とそれが位置している場所(地形)の属性の相性に良し悪しによって戦闘能力にプラスまたはマイナスの修正が与えられるということであるが、これと同じように現実世界のコミュニケーション空間でもどのような場にどのようなキャラの人が存在しているかによってその位置づけは変わるのであり、例えば「学校空間」という場では「根暗キャラ()な人はマイナスの修正を受ける」というような地形効果の影響を受けていると考えられる。 キャラおよびスクールカーストの可変性について、森口は(したようにいじめの発生に付随した行動によってカーストの上昇/下降がみられることを指摘しながらも)新しい学年の始まる4月〜5月頃のポジション取り(カーストの決定)が基本的には次のクラス替えまで1年間保存されるとしている。 鈴木は2010年から2011年に大学1年生を対象としてインタビューを行っているが、その結果ではカーストが下降することはあっても自力で上昇するのはほとんど不可能であるとの意見が多かったとしている。 それによると、部活動をはじめとするクラス間をまたぐ交友関係によって個々の生徒の情報は共有されることになるため、クラス替えなどを契機に人間関係がある程度リセットされたとしても過去のカーストが新年度もそのまま維持されてしまいがちなのだという。 やの、らは学校空間でのカーストの固定性が強いことや固定化がいじめへつながる危険性を持つことを認めながらも 、キャラ自体は周囲の状況に応じて切り替えられていく可変的なものであることを指摘しており 、 や荻上 はこのキャラの可変性に注目した論考を行っている。 それらを踏まえた評論家のの論 によれば、カースト/キャラが可変性と不変性を併有しているのは、その位置決定にかかわるコミュニケーション能力そのものが、具体的な対人関係の中で成長させることが可能ではあるが、家庭環境のような(当人にはコントロール不可能な)外的要因の影響も受けるという二面性を持っているからであるとしている。 そして、そもそもカースト/キャラの可変性の前提となっているのは現代におけるメディア・テクノロジー環境の変化をもたらした個人の固定的な身体性(階級・生育環境など)の抑圧であり、その箍が外れたときに(あたかも本物のカースト制度のように)「本来あるべきカースト」への固定化が働くと考えられる。 統計調査 [ ] 本田は、2009年〜2010年にのの生徒2874名に対して調査を行った。 そのデータを元に分析すると、「高位・中位・低位・いじられ 」の比率が「10:60:25:5」になったという。 さらに、・・(自主性・主体性・論理性)・(家庭の)・(家庭の)・クラス内友人数・(普段一緒に行動する)友人の固定性・部活動(運動系か文化系か)といった要素がカーストの位置決定にどう影響しているかをによって調べている。 それによれば、(「中位」を基準として)「高位」に位置する典型的な生徒像は「友人数が多くてかつ固定的で生きる力が高く学力も高め」、「低位」に位置する生徒像は「文化資本は豊富だが学力は低めで友人数は少なく文化部所属の男子」、「いじられ」に属する生徒像は「友人数が多くてかつ固定的で生きる力と文化資本が豊富かつ学力は低めの男子」となる。 また、本田はカーストが「(学校での)友人関係」「教師との関係」「将来像(進路希望)」と関係しているかどうかも調査している。 友人関係について、学校生活で自分の本心に反して求められているキャラを演出したりするかという質問への肯定的な回答は、「上位」と「中位」が同程度で、それより「低位」が高く、さらにそれより「いじられ」が高くなっている。 教師との関係については、「上位」「いじられ」の生徒が他と比べて教師と積極的にコミュニケーションをとっている。 将来像については、「高位」「中位」「低位」の順に大学進学の希望率が下がる。 スクールカーストもの [ ] 教室内での人間関係をめぐる駆け引きを描いた物語()は、スクールカーストもの(スクールカースト小説)と呼称され、頃から日本では若手作家によるやの分野で存在感を保っている。 中には著者自身が実際に学校空間で体験したことが反映されていると考えられるものもあり、的な面もある。 は、に入った頃からや主導の路線()といった社会状況の影響により、それまで(後半頃)の日本のポップカルチャーで優勢だったがちな自意識の葛藤を描く作風(いわゆる)から「価値相対的な過酷な状況を自分の力で生き延びる」という「サヴァイヴ系/バトルロワイヤル系」の作風に物語のパラダイムシフトが起こっていると論じており、一連のスクールカースト小説も後者の想像力のひとつに位置づけている。 宇野の議論によれば、大きな物語(社会全体に共有されるような特権的な価値観)が失墜し化の進行した現代社会では個人が自力で拠り所とする小さな物語を決断的に選び取らなければならない状況に陥っており、無数に散在する小さな物語(島宇宙)の内部において、自分がその共同体に帰属していることを確認するための自己目的化したコミュニケーション(のがいう)が繰り返されているという。 そして、それを現実認知として描けばスクールカーストものも属するバトルロワイヤル系の想像力となり、逆に消費者の欲望に合わせて理想化させて描けば(スクールカーストものと同様にしばしば教室空間を舞台としてつながりの社会性が顕在化したコミュニケーションの連鎖が描かれる)の想像力になると考えられる。 のは、主に小説()などを参照した上で日常圏に侵食する社会圏の困難を描く想像力を「シャカイ系」と呼んでいるが、若者にとって日常の大半の時間をすごすことになる学校空間も、人間関係からの隔離という危険と隣り合わせの「社会」に変貌しつつあるとしている。 スクールカーストに言及した論考などで参照されたことのある作品 [ ] 小説・ライトノベル [ ]• 『』(1988年)• 『』(1997年)• 重松清『』(1999年)• 『』(1999年)• 『』(2001年)• 『』(2003年)• 『』(2004年)• 『』(2004年)• 『』(2005年)• 『』(2005年)• 『』(2006年)• 『』(2006年)• 『』(2008年)• 木堂椎『』(2008年)• 土井隆義『友だち地獄』筑摩書房〈ちくま新書〉、2008年3月。 『』(2009年)• 『』(2010年) 漫画 [ ]• 『』(2001年 - 2007年連載)• 『』(2000年 - 2003年連載)• 『』(2007年) スクールカーストを取り入れた・題材にした作品 [ ] ドラマ [ ]• (2005年)• (2007年)• (2009年)• (2013年) - 典型的な学園ヒエラルキーとしてのスクールカーストが描かれている。 (2013年) - 教諭の窪内満が作成した学級内のシミュレーションソフトにおいて、スクールカーストが要素として項目にある。 (2015年)• (2015年)• (2017年) 特撮 [ ]• (2011年) - 主人公である如月弦太朗が通う天ノ川学園高校において、主人公を取り巻く登場人物がやクイーンを頂点とするなど学園といった形でスクールカーストが描かれている。 映画 [ ]• (1984年)• (1985年)• (1988年)• (1995年)• (1997年)• (1998年)• (1999年)• (1999年)• ニュー・ガイ(2002年)• (2003年)• (2004年)• (2006年)• (2007年• (2008年)• (2010年)• (2010年)• (2012年)• (2012年)• (2012年)• (2013年)• (2016年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年• (2018年)• (2018年) 楽曲 [ ]• - ゲーム [ ]• 2008年 -海外産のゲームで、欧米におけるスクールカーストを題材としたアクションアドベンチャーゲーム。 主人公のいたずらっ子ジミーを操作して様々なミッションや出来事をクリアし、スクールカーストの頂点を目指す。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• を参照。 荻上は、(環境の普及を背景として)全体としてある程度の棲み分けが進行する一方で、個人は単一の島宇宙にとどまるのではなく複数の島宇宙に帰属して常時接続することが求められるとして、これを「コミュニケーションの網状化」と呼んでいる。 精神科医のは、若者の傾向をコミュニケーション能力は低いが自己像が安定的な「引きこもり系」とコミュニケーション能力は高いが自己像が不安定な「自分探し系」に大別した。 一般に社会で人間に対する評価指標がコミュニケーション能力・人間力といった抽象的なものにシフトしているということは、例えばという用語でも論じられている。 これらは「優しい関係」 ・「マサツ回避の世代」 と表現されたりするもので、のの寓話であるに相当するともいえる。 いじめを「モラルの低下・混乱によるもの」「社会的偏見・差別による排除的なもの」「閉鎖的な集団内で発生するもの」「特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの」の4つに分類した。 詳細はを参照。 これは森口の著述による。 する本田の統計調査によれば、一緒に行動する友人の固定性が強いことはカースト上位を得ることにプラスの影響があるとされる。 インターネット上ではなく現実の空間で行われるいじめのこと。 「」と呼ばれる人気投票(序列化)によって、「おっさんキャラの」「キャラの」といったキャラの分化が促進され、実質的には(個々のアイドルの身体性というより)それらキャラクター性がファンから消費の対象となっている。 詳細はを参照。 を参照。 によると、いわゆるの読めない人は自己のを「…である」という固定的な自己像に対する承認によって獲得しようとするが、現実には「…した」という具体的な行動によって他者からの人物像が形成されるのであり、現代社会の流動性の高いコミュニティにおいてキャラクターは自身のコミュニケーションによって書き換え可能であるという。 荻上チキは、一般に個人が複数のキャラを持っており場面に応じてそのどれかひとつを決めてそれを演じる「キャラ分け」が行われているとしている。 例えば、中学時代にいじめられていた子供が、中学卒業・高校入学を機会にキャラを変更して(いわゆる「高校デビュー」)カーストの上昇を試みて成功したかに見えても、ひとたび過去の自分の姿を暴露されれば(抑圧が解放されれば)再びカースト最下層への転落を余儀なくされる、ということ。 「人気がある」「馬鹿にされている」という一見すると相反する評価を周囲が受けている「いじられキャラ」のことで、のように、からかわれる(=いじられる)ことによって人気を得ている。 森口朗は、スクールカーストを規定するコミュニケーション能力の3要素のうち、「同調力は高いが共感力と自己主張力が低い」ものがいじられキャラのポジションにおさまるとしている。 出典 [ ]• 2018年9月29日閲覧。 「学校カーストが「キモメン」生む」 『』2007年11月19日号、朝日新聞出版、62-63頁。 国立国会図書館. 2018年9月30日閲覧。 , p. 285. , p. 289. , pp. 30-33. 宮台真司 『制服少女たちの選択』 、1994年11月。。 [ ]• , pp. 41-45. , pp. 199-202. , pp. 172-173. , p. 152. , p. , pp. 65,86-87. , pp. 130-132. , p. , pp. 186-187. J-CAST, Inc. 2013年7月14日. 2018年9月30日閲覧。 , p. , pp. 73-77. 宇都宮大学. 2019年10月8日閲覧。 誠一郎. 2019年10月8日閲覧。 348. , p. 206. , p. , p. , p. , p. [ ]• 『若者とアイデンティティ』、2006年、114頁。。 320-321. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , pp. 80-85. 「ネットいじめとスクールカースト」『ネットいじめはなぜ「痛い」のか』原清治・山内乾史 編著 、 、2011年11月、106-109頁。。 , pp. 40-41. , pp. 18-20. , p. 28,31. 『社会的な身体〜振る舞い・運動・お笑い・ゲーム』、2009年、122頁。。 , p. , p. , pp. 182-183. , pp. 214-218. , pp. 190-194. , p. 24など [ ]. , pp. 20-21. , p. 205. , pp. 310-315. , p. 225など [ ]. 343-346. , pp. 49-50. 165. , p. , p. , pp. 50-53. , pp. 54-55. , pp. 79-80. , pp. 100-101. , p. 114. , p. 111-114. 宇野常寛『リトル・ピープルの時代』 、2011年、297-298頁。。 , p. 38,131. 324-349. , pp. 52-53. , p. 『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』 、2010年、189-190頁。。 25-27. , p. 207. , p. , p. 参考文献 [ ]• 『いじめの構造』〈新潮新書〉、2007年6月。 『ゼロ年代の想像力』、2008年7月。 『なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか』、2010年6月。 『学校の「空気」 若者の気分 』岩波書店、2011年2月。 『キャラクター精神分析:マンガ・文学・日本人』、2011年3月。 『シャカイ系の想像力(若者の気分)』岩波書店、2011年3月。 『ギャルと不思議ちゃん論: 女の子たちの三十年戦争』原書房、2012年8月。 『教室内 スクール カースト』〈光文社新書〉、2012年12月。 関連項目 [ ]• - のスクールカーストについて• - 日本のスクールカースト観の原点ともいえる人気漫画.

次の