闇目覚めキャラ。 【グラブル】神崎蘭子(キャラ)の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

【パズドラ】レギンレイヴの評価!超覚醒と潜在覚醒のおすすめ

闇目覚めキャラ

評価内容について 以下の観点を盛り込んで記入していただけると、多くの方の参考になりやすいので助かります。 評価のポイント• 長所や運用方法を具体的に挙げる。 保守性も鑑みて、 極端な長文化はしない。 奥義、アビリティ、パラメータを踏まえた評価。 2chスレの評価。 注意点• ( )内の数値はLV55、LV75、最終解放後のLV90、LV100時の覚醒後の数値変化です。 バハムート武器の実装により、種族も重要なポイントになりました。 2015年7月9日のアップデートにより減衰値が大幅に変更されたため最新のデータではない可能性があります。 ご注意ください。 評価 作品中でも指折りの重い過去を背負う失語症のドラフの少女。 ほとんど言葉を発せないが彼女の人形が意思を代弁し共に戦う。 特殊タイプではあるものの攻撃性能が高く、HP吸収や反射系アビリティで防御面も手堅いため、しぶとく敵のHPを削り続けることができる。 最終上限解放が実装されており、解放後は攻撃・防御ともに大幅な強化がなされる。 特にLv80からのグリムリッパーがとにかく強力。 ただし睡眠が命中したターンは敵のチャージターンが進まない点に注意。 オーヴァーチュアで自己回復能力を高めれば更に盤石で、主人公スーパースターとの相性に恵まれていると言えるだろう。 使用間隔:6。 効果時間:3 他の特徴もヴェインのワイルドバッシュに準ずる。 アップデートで反射の回数が増えたことで、持続が見込める防御バフとして機能するようになった。 使用間隔:6。 減衰:420,000付近。 ディスペルマウントでは予防できないがクリア系で解除可能。 使用間隔:9。 回復上限値が1,000の為、下手なヒールより回復する。 火力も期待でき高性能。 【種族】ドラフ• 【タイプ】特殊• 【得意武器】短剣• 【サポート】マリオネットフィアー:アビリティダメージUP• 【入手方法】レジェンドガチャ(傀儡の包丁) 評価 カタリナお姉さまを病的なまでに慕うアルビオンの領主。 所謂ヤンデレ。 星晶獣の力をその身に宿している。 ちなみにフルネームは「ヴィーラ・リーリエ」。 自己強化に特化しており、相乗可能なバフを補ってやることでさらに伸びるアタッカー。 初心者でも分かりやすい構成である。 もともとの攻撃力もSRで7000と高いので、サポアビを込みにすればSSR並の攻撃力を獲得できることは長所。 余談だが、奥義【リストリクションズ・ネイル】はカタリナの奥義【アイシクルネイル】とそっくりだが、直後にえげつない追撃が入る点が異なる。 なお、フェイトエピソードはメインクエストの第20章をクリアしないと解放されない。 ぜひ見ておきたい。 使用間隔:6 5。 攻撃ダウンの効果は命中率に難ありなので、耐性弱化で補助しよう。 攻撃力の上昇は覚醒前で7. 回復上限は1,000。 使用間隔:9 8。 使用間隔:8。 リキャストは長いがモードゲージ削りと奥義加速も確実に行えるため便利。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】剣• 【奥義】リストリクションズ・ネイル:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ラスト) 評価 神撃のバハムートからの出演キャラの一人。 復讐のためにゴブリンを狩り続ける剣士。 妹のティナにだけ ツンデレ心を許している。 攻撃アビリティのみで構成されたフルアタッカー。 少々癖はあるが、無視して脳筋運用が可能。 自力で3アビの追撃条件を満たせるようになる。 即死効果は属性試練ボス程度ならば成功を見込めるため、稼ぎの加速も狙える点は評価できる。 なお、敵が付与してくる絶命とは異なり、即死効果はその名の通りその場で敵の体力が0になる。 種族ヒューマンということもあり、バハムートウェポン 剣・短剣 があればSSRにも引けを取らない優秀なアタッカーとなる。 使用間隔:7 6。 使用間隔:7 6。 減衰値:200,000付近 暗闇の成功率は低いが、効果はそれなり。 使用間隔:7 6。 追撃の威力もなかなかなので、ATなど奥義とアビ3が同時に撃てる状況では奥義後まで使用を待ってもよいだろう。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】剣• 【サポート】斬撃の応酬:奥義ゲージ上昇量UP• 【入手方法】レジェンドガチャ(無垢白刃) 評価 ハロウィンバージョンのアンジェ。 かぼちゃパンツがよく似合う。 水属性から闇属性に、タイプもバランスから攻撃へと変化した。 回数および持続ターンが優秀なカウンターアビリティを持つところは水属性のころと変わらず。 LBに敵対心UP関連が2つあるため、それらを取得させることで優秀なデコイになる。 使用間隔:8 7。 水属性の時と同じ性能。 やはり効果時間が3ターンと長いので、ダブル、トリプルアタックを使う敵と相性がいい。 5 倍の闇ダメージ。 使用間隔:7。 減衰:22万付近• 使用間隔:9。 減衰:38万付近 SRキャラとしては高倍率な攻撃アビリティ。 リキャストが長いので使いどころには気を配る必要がある。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】剣• 【奥義】フルール・トゥールビヨン:闇属性ダメージ 大• 【サポート】仮装の王子様:ダブルアタック発生確率UP• 【入手方法】レジェンドガチャ(ドラキュラハープ) 評価 異世界から召喚されたアイドルの少女。 とても仲の良い妹がいる。 アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。 を参照。 バフ・デバフをバランスよく持つアタッカー。 サポアビによりゲージ足も速い。 自己回復アビがあり、やや長期戦向き。 奥義は灼熱状態の敵に火属性追加ダメージ。 最終上限解放により奥義効果に魅了、2アビ強化で実用レベルの全体DAUPになり総合能力が大きく上がる。 実装当時は配布キャラに闇属性が少なく、キャラの揃っていない初心者にはありがたい存在でもあった。 ちなみに彼女のフェイトで明らかになるのだが、アイドル達が最終上限解放するとみんな乗っている小型ステージは 単なるイメージ映像ではなく、空の世界に実際にああいうメカがあるらしい。 使用間隔:7 6。 暗闇は命中率が高く、効果が低い。 妹 と黒騎士やゼタ 闇属性Ver とのシナジーが強化される形となる。 使用間隔:5。 効果時間:3 自己バフやデバフに偏りがちな闇属性キャラクターの中では貴重な全体バフアビリティ。 リキャストもやや短いため手数で攻められる。 使用間隔:9。 減衰値:約20万 与えたダメージ分のHPを吸収する攻撃アビリティ。 リキャストが長いため攻撃よりも回復の方で使うタイミングを見極めるべきだろう。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】短剣• 【サポート】ピンキーハート全開:アビリティ使用時に奥義ゲージUP• 【入手方法】アイドルマスターシンデレラガールズ パネルミッションの2nd達成 コラボ期間中のみ 『シンデレラファンタジー 〜PINYA HAZARD〜』「新たなる来訪者」クリア 評価 ネクロマンサーであり自身もゾンビの少女。 旅の同伴者だった髪型が特徴的な男を探している。 自身のアンデッド化により高い攻撃力を得られるハイリスク型のアタッカー。 敵に「アンデッド」「腐敗」付与は使い手が少ないので、キルストリークのダメージ稼ぎにも有効。 初期の限定キャラであり、かなり希少なキャラとなっている。 単純な攻撃バフに加え、外れたアンデッド化の再付加を兼ねる優秀なアビリティ。 各属性のマグナやミスラにはGUARDされてしまうが、プロトバハムートや一部の共闘ボスに対して有効。 腐敗ダメージは2,000。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【入手方法】神撃のバハムート GENESIS Blu-ray第1巻初回限定盤ゲームコラボ特典 有効期限切れのため現在入手不能 神撃のバハムート VIRGIN SOUL Blu-ray第2巻初回限定盤ゲームコラボ特典 シェロカルテの特別交換券 評価 戦で多くの「朋」を亡くし妄想と狂気に取り付かれた虚ろなる戦士。 主人公達にかつての朋の幻影を見、今度こそ護ると心に誓う。 また闇や光は弱点属性が無いので、壁としての他属性出張も可能。 全アビリティ併用により、シュヴァリエ・マグナの「光の剣」等の強力な技を一人で受け止められる点は大きい。 使用間隔:9 7。 使用間隔:6。 使用間隔:5。 他2アビリティやアテナ、カーバンクルと併用することでPT壊滅級の多段技を凌ぎ切ることも可能。 まさに鉄壁。 【種族】ドラフ• 【タイプ】防御• 【得意武器】斧• 【奥義】ヘレ・クリンゲ:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ヴォウジェ) 評価 自身の魔力の氾濫でSR化したゼヘク。 奥義時の姿はまさに怒れる魔獣。 しかし、その反動として凄まじい程の苦痛を負う。 暗闇を自身に付与することで攻撃力と奥義ゲージ上昇量が上がるサポートアビリティを持つ。 タイプ、アビリティ構成、サポートアビリティ全てにおいてに近いが、自身に付与するのが暗闇のため通常攻撃がやや苦手。 使用間隔:7 6。 自身に付与する暗闇は効果が弱く 約15%程度の命中率低下 外すときは外すものの気軽に使っても構わない。 使用間隔:6 5。 闇カーバンクル等の召喚効果と共存する。 使用間隔:7。 上限解放すると使用間隔が合わなくなってしまうのが玉にキズ。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】短剣• 【奥義】カオティック・マギア:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】『魔ガ散ルトキ、彼ハ』信頼度750達成 評価 「テイルズオブヴェスペリア」より参戦。 己の信じる正義のために剣を振るう青年。 2種のデバフ付きダメアビとドライブバーストを持つアタッカー。 デバフの効果量は控えめだが非常に命中精度が高く、メインのデバフの補填として実用的である。 使用間隔6 5。 5倍にアップ。 リキャストは早め。 使用間隔6 5。 防デバフ以外は蒼破刃と同じ。 使用間隔7。 表記にはないが、使用したターンに奥義を使うとダブルアタック確率UPのバフが発生する。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】刀• 【奥義】漸毅狼影陣:闇属性ダメージ 大• 【サポート】黒衣の断罪者:奥義発動後に奥義ゲージUP• 【入手方法】『交差する運命の物語』信頼度1,000達成 評価 ターニャが水着限定配信と共にSR昇格。 完全回避、ブレイクアサシンとR時代の性能をベースとして、SR相応の能力に順当に強化されている。 リミットボーナスが対ブレイク特化に偏っており、その爆発力はSSRに引けをとらない。 DA上昇は3T持続し効果は推定50%アップ前後と高く、他のDA強化スキルと組み合わせれば信頼性は高い。 回避スキルとして温存せず使い高いゲージ回転率を得たり、2アビの起爆剤として活用したい。 2016年7月のバランス調整によりDA確率がさらに引き上げられた。 使用間隔:7 効果時間:1 BREAK中の相手に一度限り大幅な攻撃力上昇を掛ける追い打ちと、微量の攻撃力上昇バフを同時に掛ける。 奥義に乗せることができればSRとしては破格の瞬発力を発揮する。 倍のダメージアビリティで、相手が暗闇状態だと1. 倍の追撃が加わる2HIT技になる。 ただし自力で暗闇を付与することは出来ない。 ゲージが咬み合わない際のブレイク追撃の役目も持つ。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】短剣• 【奥義】イミネントシャドウ:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(シェイドナイフ) 評価 異世界から召喚されたアイドルの少女。 霊感持ちでホラーやゾンビ好き。 フェイトエピソードで意外な人物? と交流することに……。 アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。 を参照。 奥義の追加ダメージはアンデッド状態に対して闇ダメージ。 自身もアンデッドデバフを持つため発生させやすい。 その代わりに追加ダメージの倍率は低めに設定されている。 闇属性では初となるレイジ持ちであり、防デバフも併せ持つ優秀なサポーターである。 余談であるが、デレマス本家での「[4thアニバーサリー]白坂小梅+」の台詞はグラブルコラボに触れたものになっている。 他キャラと異なり空の世界での冒険を実際の出来事と捉えており、デレマス側でコラボネタに触れたのはこれが初となる。 5倍闇属性ダメージ+防デバフ。 使用間隔7(6) デバフ効果は10%ほどと控えめ。 使用間隔:5。 効果:3T。 使用間隔8 自身の奥義追加ダメージの条件でもある。 成功率はやや低め。 各属性のマグナやミスラにはGUARDされてしまうが、プロトバハムートや一部の共闘ボスに対して有効。 またキルストリーク等の弱体効果数稼ぎにも有用である。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【サポート】あの子:アビリティ使用時に奥義ゲージUP• 【入手方法】『シンデレラファンタジー 〜迷える魂よ、安らかに〜』信頼度1,000達成 評価 Rから昇格した闇属性待望の恒常全体ヒーラー。 魔獣LOVEなのは相変わらず。 SSRでも希少な全体回復を持つため、火力偏重に陥りやすい闇属性をサポートできる希少な存在。 自己DAバフを持ち、奥義回転率の高い闇アタッカーにも十分付いていける。 更にモードゲージ削り、ブレイク維持のアビリティにより闇防御の補助役としても有用。 器用貧乏ではあるが、PT運用が楽になる能力をテクニカルに抑えている。 最終上限解放後は全体回復に奥義ゲージUPが付き、さらにDAアップが味方全体になるため、 味方全体の奥義加速も担えるようになる。 使用間隔:6。 効果時間:3。 上限は800 1200 1500。 Lv80の強化後はゲージ加速がついてくるので、開幕など回復の要らないタイミングでも腐らなくなる。 使用間隔:8。 効果時間:3。 使用間隔:9。 R時代の2アビを純粋に強化した代わりにリキャストも長くなった。 ブレイク維持としては十分有用。 対象がダメージではなく時間なので、高い火力を一気に叩きこむまでの時間稼ぎとして使おう。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】剣、杖• 【サポート】魔物観察日記:弱体効果耐性10UP• 麻痺・恐怖という2つの貴重かつ強力なデバフを有することが特長。 黒麒麟弦とLBによって弱体成功率を大きく上げられるようになり、ソーン同様に集団での使用による麻痺戦法でも起用される。 シュヴァリエ・マグナや同HL、アポロン、ジ・オーダー・グランデ戦等で面倒な特殊行動を防げるのが最大の強みで、マルチバトル高速周回用として重用される。 使用間隔:6 5 4。 闇は回復アビリティ持ちが少ないものの、対象が単体な上に回復量が心もとなくこれ1つで乗り切るのは少々難しい。 使用間隔:7 6 4。 効果時間:180秒 命中すれば180秒間有効。 暗闇がメインとなる。 持続と回転が同じなので4ターンおきに使えば切れ目なくかけ続けられるが、麻痺中に高速でターン回しをするような戦法には不向き。 使用間隔:10。 効果時間:60秒 基礎命中率はおよそ10%とかなり低いが、どちらも60秒と非常に強力。 LBの弱体命中率UPや麒麟弦のスキル等で底上げすれば実用的な確率まで上昇する。 【種族】エルーン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【サポート】薬籠中物:キュアポーションとオールポーションの効果UP• 【入手方法】レジェンドガチャ(スカルペル) 評価 アリーザを想うが故に暴走し、危険区域タルウィ特有の奇病に侵され どこか陰のある容貌に変わり果てた闇バージョンのスタン。 R時代の攻撃アビリティ2つを持ちつつ、特定キャラだけをかばうアビリティを習得。 耐久が低いわりに勇気の敵対心UPやかばうで被弾が多いため、サポートが必要な場合もある。 勇気リセットのためアビを使用するのもあり。 被弾の多さと勇気のDAUPによりゲージ足は速い。 ガチパワー系アイドルとなったアリーザを優しく見守っている ハズ。 ガチャ排出のRからSRに昇格したものの、入手出来たイベント「剣と脚に想いをのせて」は初回開催 2016年5月 以降一度も復刻開催がなかった。 しかし2019年8月に「剣と脚に想いをのせて」はサイドストーリー入りし、現在ではいつでも入手可能となっている。 5 2. 0 倍ダメージ攻撃。 使用間隔:5 減衰24万程度。 勇気を消費して使う価値は薄い。 使用間隔:9 8 効果時間:3 リキャストは長めだがその分3ターンかばう効果が持続する。 ヒーラーの比護・乱打技回避・勇気Lv稼ぎなど使いどころは少なくない。 Lv65でダメージ20%カットが追加、耐久の不安がある程度は払拭される。 使用間隔:5 減衰46万程度。 高めの威力を生かすため極力勇気Lv3で撃ち込みたいが、素撃ちでも悪くないダメージを出すのでそこは状況次第か。 【種族】エルーン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】剣• 6倍UP• 【入手方法】『剣と脚に、想いをのせて』信頼度750達成 評価 「テイルズオブエクシリア」の登場人物。 齢12にありながら精霊術の高い素養を有する天才少女。 生まれと育ちに関わる特殊な事情から、他者との距離を図るのが苦手。 ティポという名の喋って動く不思議なぬいぐるみを拠り所としている。 スロウ・全体バフ・蘇生・気絶など、配布キャラとしてはアビリティ構成が破格。 さらに配布SRでは標準以上のATK値を持ちアビリティのダメージ倍率も悪くないため、PTの火力を大きく低下させることがなく起用しやすい。 MANIAC等高難易度ソロバトルでは全属性出張もあり得る高いポテンシャルを秘める。 0 2. 5 倍。 スロウの命中率に過信は禁物。 低くは無いが信頼できるほどでもない。 5 2. 0 倍。 DA率の上昇量は控え目だが、5T持続するので影響は無視できない。 使用間隔:15 成功すればHP1で復帰。 失敗によりリキャストが2Tに短縮する。 現状、闇属性としてはオンリーワンの蘇生アビリティでかなり貴重。 復活後のHPが1という点は非常に心もとないため、ポーションメーカー等のリカバリー手段は用意したい。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【奥義】リベールゴーランド:闇属性ダメージ 大• 【サポート】ピコハン:アビリティを使用した時に稀に敵を気絶させる 30秒• 【入手方法】『空で紡ぐ絆の物語』トレジャー交換 評価 シンデレラガールズとのコラボ第1弾から召喚石で登場していた神崎蘭子が傷ついた悪姫・第3形態(プレイアブルキャラ)で登場。 公式側からは加入方法どころかプレイアブルキャラ化されたことすらイベント当時は告知されておらず、不具合修正やリミボ追加の時に名前が挙げられた程度で、隠しキャラのようなポジションとなっていた。 次弾コラボ開催時に加入方法は開示された バトル中に闇の力をチャージして3アビで自身を永続強化する。 その性質から短期戦に不向き。 反面、回転率の良い回避アビや吸収効果、恒久的な奥義加速により、長期戦に優れたキャラとなっている。 闇の力はDA、TAに成功するとその分上乗せされるので、連続攻撃UPのサポートがあるとより早くに強化できる。 奥義は倍率こそ低いものの、減衰35万に達する火と水の追加ダメージがあり極めれば破格の威力を誇る。 闇属性は優秀なアイドルが揃っているため、統一パーティを組む価値は十分にある。 加入させるためにはかなり手間が掛かる。 <初期状態>• 使用間隔:6 5 効果時間:1T 敵のチャージターンにもよるが、闇の力を溜めるために積極的に使いたい。 灼熱状態時追加ダメージを持つ美嘉との相性も良い。 効果はバトル中永続、死亡等で解除されない。 目覚める前は実質2つのアビリティしか持たないので、出来るだけ早く発動しよう。 <目覚めし鼓動使用後>• 使用間隔:5 効果時間:1T 完全回避は1ターン。 吸収は上限750回復が3ターン継続する。 吸収は3アビで減ったHPをカバーするのにも、背水の調整にも向く。 回転率も悪くないので、回復に乏しい闇属性において魅了付与の2アビなどと合わせ非常にしぶとく戦うことができる。 5倍程に増加。 魅了は一般的なSSRと同等、付与率も高くSRとしてはかなり強力なものに。 一方、変身後は灼熱付与がなくなってしまうため美嘉へのサポートができなくなる点には注意。 配布キャラとしてはストーリー加入のオイゲンに続き二人目となるウェポンバースト。 もちろん闇属性キャラではSSRにも所持者はおらず、オマケに奥義ダメージUPまでついている。 蘭子はサポアビで奥義加速もあるので、単独使用での全体加速にも使いやすい。 元ネタである蘭子の楽曲名に従えば読みは「アルマのみちびき」。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】杖• 【入手方法】召喚石「」を最終上限解放 評価 Rから昇格したターニャ。 水着Verが既に闇SRにおり、そのマイナーチェンジ版とも言える。 恒常闇SR唯一のレイジで味方を支援しつつ、3アビでブレイクを狙い、2アビ奥義で大ダメージを与える。 奥義を放てない場合はダブルアタック付与などでサポートしてあげよう。 と同じ追い討ち効果。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】短剣• 【奥義】シニスターシャドウ:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ウィルムスクロウ) 評価 シャドウバースとのコラボキャラ。 「お友達」になってくれる人を探している危ない少女。 3アビでデスタイラント、奥義ではゴーストと(それを生贄にしたであろう)骸の王を召喚して戦う。 原作のネクロマンスを再現した「墓場Lv」という概念を持つのが特徴。 味方戦闘不能毎にLvが増加、使用可能アビと奥義威力が上がる。 最大の持ち味は、味方を強制的に戦闘不能にするソウルコンバージョン。 能動的に味方キャラを退場できるため、サブとの入れ替えや輝き稼ぎなど特殊な用法が可能。 特に光SSRフェリや十天衆エッセルのように、他属性のキャラに仕事をさせて退場させる運用は非常に強力。 運用次第ではSSRすら抜いての起用も視野に入る、完全に独自の持ち味が光るキャラと言えるだろう。 なお墓場Lvは戦闘不能になった回数に応じて増えるだけなので、リヴァイヴなどで蘇生させても減少しないが、 自動蘇生で戦闘不能にならなかった場合や、タクティクスコマンドなどで単にサブメンバーに回った時はノーカウント。 戦力として最大限活用する場合は蘇生を積んで墓地LVを溜め、2アビを活用していくとよいだろう。 ただしその性質上、カグヤ編成との相性が悪いことに注意。 使用間隔:5 4 蘇生手段がない限り、墓場Lv3にしようとするとフロントの戦力まで削れることには注意したい。 使用間隔:8 7。 減衰115万付近 ソウルコンバージョンで戦闘不能にした場合も発動するが、自動復活した場合は発動しない。 発動のために墓場Lvが1以上必要なので最初の犠牲者には使えないのがネック。 効果時間は無制限だが、ルナがメンバーからいなくなると効果が消える。 使用間隔:3。 減衰80万付近 奥義ゲージも消費するが使用間隔が短く、コストに見合うだけの十分な威力がある。 【種族】ヒューマン• 【得意武器】• 【タイプ】特殊• 【奥義】ファントムハウル:闇属性ダメージ 大 倍率3. 【サポート】ネクロマンス:バトルメンバーが戦闘不能になる度に墓場Lvが1上昇 ロード・アトミ:墓場Lvに応じて奥義ダメージUP 倍率4. 0倍,5. 0倍,6. 【入手方法】『Shadowverse Duelist of Eternity』トレジャー交換 評価 キノコ好きだが新種の毒キノコを食べてしまったせいで常に笑っている元山賊娘のハーヴィン。 ずっと笑っている迫真の演技にも注目。 すべての行動で笑い声が響くため笑い声の絶えない戦場になる。 かなり癖のあるアタッカーで「威力は高いが命中しない事がある通常攻撃」「何が起こるかわからない奥義」という特徴を持つ。 特に無属性2000ダメはダメージ無効も貫通するため、場合によっては「奥義使ったら味方を3人倒した」なんて事も…。 銃得意のハーヴィンであったり、1アビ3アビを使っていく事で通常攻撃の火力はSSRや主人公をも超える高いポテンシャルを持つ。 …奥義だけはどうしようもない。 万全の体制で撃つように心掛けよう。 なお運良く当たれば10倍、上限も270万程とえげつないダメージを叩き出せる。 …当たれば。 ただし暗闇・発煙等で起こるミスを防ぐ効果はない。 【種族】ハーヴィン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】銃• 【奥義】アクシデント・シュート:何が起こるかわからない• 【入手方法】レジェンドガチャ(ハンターライフル) 評価 家族思いの中年槍士、齢による負担と共にレアリティをSRに上げ帝国軍の黒鎧を纏っての再登場 再就職奮闘中。 Rでは防御重視だったが、SRでは味方を守る事に特化したタンクであり、各種アビリティの周期・持続時間が長いのが特徴。 ただ同属性SRの壁キャラであるザザと異なり「通常攻撃・単体攻撃を長時間かばうタンクキャラ」になっている。 主に道中やボス戦で蓄積される通常攻撃を纏めて受けたり、ボスの特殊技で半壊したタイミングで一人だけキュアポーションで耐えながら仲間の背水を最大4ターン維持、といった仕事に向く。 反面ザザのような「敵の大技をカット系を駆使して防ぐ」という役割はサポアビが確率発動なのもあって向かない。 但し「単体連続攻撃」をデリフォートで全て受けるといった事は可能。 リミットボーナス等の補強で生き残れる程の硬さをもたせる事も。 攻撃特化な闇編成で道中や事前の事故を防ぐ地味だが重要な役となる。 カウンターポイントと合わせて単体連続攻撃を全て受ける構えを取れる様になった。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】防御• 【得意武器】槍• 【奥義】スピニング・ピアース:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ブロッケンランス) 評価 イベントで傷を負い力を失ったカリオストロ。 性能はハロウィンver. をベースにSR相当に抑えられている。 全体回復とクリアが揃っているのはウィルやシャオにはない利点。 調整で回転率もそこそこになりSRとしては使いやすいキャラに改変された。 5 2. 0 減衰:約23万• 【種族】ヒューマン• 【タイプ】回復• 【得意武器】杖• 【奥義】アルス・マグナ:闇属性ダメージ 大• 【サポート】手負いの錬金術師:被ダメージ時に稀にアビリティ再使用間隔を1ターン短縮• 【入手方法】『アストレイ・アルケミスト』信頼度750達成 評価 常時確定トリプルアタックのサポアビを持つ強力なアタッカー。 加入フェイトが63章とかなり後半になる。 敵ブレイク時に与ダメージを大幅UPするいわゆるブレイクアサシンを持ち火力面は申し分ない。 種族ヒューマン、得意武器が格闘とキャラ特性も闇PTに合致する。 反面、1アビやターン経過により著しく防御が下がり、簡単に退場するリスクがある。 防御低下の累積は奥義発動によって一定量軽減できるので奥義ゲージが溜まり次第、積極的に撃っていきたい。 特に短期戦に向くキャラではあるが2アビの完全回避をタイミング良く使用することで、ある程度の戦列維持は可能。 敵の攻撃が極めて弱い時や、あえて退場させる時に使う手もある。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】格闘• 【入手方法】レジェンドガチャ(クルエルクロー) 評価 ファータ・グランデを離れる主人公達と一旦別れ、復讐に舞い戻った暗殺者。 ただ追い打ち系のような減衰引き上げ効果はなく、ダンサーで引っ張らないかぎり連撃もほぼ不可能になる。 三手装備が豊富な闇では上級者ほど使いにくさが目立つものの、腐りにくい属性防御DOWNもあり攻撃力は高い。 使用間隔:7。 効果時間:5。 倍率:2. 使用するごとに倍率が0. 5 1 倍ずつ、上限も約5万ずつ上がっていく。 ジャミルは奥義効果で立ち上がりが速く、ほぼ永続するクリティカルバフとしても使いやすくなっている。 使用間隔:1。 効果時間:180秒。 ゲージ消費を逆手に取ってフルチェインに参加せず、ブレイクさせて連射するとかなりのダメージが稼げる。 使用間隔:1。 背水装備が揃ってくれば数字以上のダメージが出せる。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】短剣• 【入手方法】レジェンドガチャ(カッツバルゲル) 評価 お祭りのためにおめかししたヴァンピィちゃん。 かわいい。 SSR版から引き続き貴重なディスペル持ちで、闇属性パの仮想敵として挙げられやすいシュバマグに有効。 リキャストはSSRまで含めても闇キャラ中最速で、ディスペル役としては闇属性で最も優秀な人材と言える。 シュバマグはディスペルの使用回数が多ければ多いほど安全にダメージを稼げるので、確定流しに大きく貢献してくれるだろう。 シュバマグ以外の相手でもディスペルとスロウは腐りにくく、とりあえず入れておけば働いてくれる便利キャラといえる。 種族不明でバハ武器に縛られることがなくパーティに組み込みやすいのもありがたい。 ただしディスペルと違いスロウは必中ではなくSR相当の命中率であることに注意したい。 SSR版と同様パーティが育ってきて火力でゴリ押せるようになると出番を失っていくことになる。 逆に言えばそれまでは長く活躍してくれるキャラなので、早期に迎え入れられたなら優先的に育てていくと良いだろう。 使用間隔:4 3。 効果時間:3。 使用間隔:7 6。 上限:約18万• 使用間隔:6。 上限:約42万• 【種族】不明• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【入手方法】レジェンドガチャ(ヴァンプネイル) 評価 特訓によりSRに昇格したランドル。 特訓相手は老練の拳法家であるソリッズ。 加速付きの攻撃アビリティ2種とサポアビにより奥義アタッカーとしてさらに磨きがかかっている。 独自スタック「信念の足」を上昇させて高倍率ダメージを叩き込む奥義アタッカー。 「信念の足」はサポアビか3アビで上昇可能。 3アビは回転率もよく実質スタックを2こ積めることになるが奥義ゲージと要相談。 1回攻撃時高倍率の追撃効果が発生するため、DATA率DOWNのデバフ状態でもダメージ量の変化が小さいのが地味に嬉しいポイント。 しかし追撃ばかりに着目してしまうと、肝心のバフスタックが追いつかなくなるためあくまで保険程度に考えるのが無難。 連撃率を盛りにくい序盤でも悪くないダメージが出せる為、ある意味初心者向けのキャラなのかもしれない。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】格闘• 【入手方法】レジェンドガチャ(シルバーショテル) 評価 バレンタイン期間限定排出のナルメア。 エプロン姿で戦場に立つ。 SSRの高火力、紙防御のスタイルから一転、ドロシーのような主人公限定のサポート寄りの性能に。 サポアビの効果は要するにターン開始時一定確率で主人公だけに何らかのプラス効果が発揮されるということ。 ナルメアのケーキというストック制の独自バフがあるわけでもなく、アイテムが勝手に消費されるわけでもない。 いずれも効果はかなり高い部類だが発動確率はあまり高くなく効果もランダムなのであまりあてにはできない。 効果時間:5 効果時間は長めで効果もなかなか。 DA率上昇はそこまで大きくはない印象。 奥義使用後は主人公だけでなくナルメアにも効果があるのでなるべく奥義後に使用したい。 効果時間:3 攻撃と奥義加速を兼ねるアビリティ。 1アビの関係で奥義加速はありがたい。 5倍程度 使用間隔:7。 効果時間:3 主人公だけをかばうアビリティ。 ナルメア本人がターゲットされても回避カウンターが発動するようだが 特殊攻撃に対してはかばう効果だけが発動しダメージが直撃してしまう。 効果時間の長さが災いして通常攻撃だけを受けるという展開にしづらい。 守ってあげたいならスロウなどでフォローを入れよう。 【種族】ドラフ• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】刀• 【サポート】甘くて重い想い:ターン開始時、ナルメアのケーキを食べ確率で主人公にランダムな強化効果• 人間界に馴染むために水着で海遊びに参加してみたオリヴィエ。 宵闇の恐怖、スロウ、連撃UPとSSRのアビ構成はそのままに、配布SR相当にデチューンされている。 敵の特殊行動を遅延させるのに特化したアタッカーだが、アビリティのCTが長いため一人で稼げる時間は限られる。 「宵闇の恐怖」は敵のほとんどの特殊行動を封じられるが、効果は1ターンだけなので使いどころはよく考えて。 経過ターンに応じて追撃威力が上がるサポアビから光防御DOWNがなくなっているのが地味に嬉しい。 マルチバトルでは自分にしか効果がない。 【種族】星晶獣• 【タイプ】バランス• 【得意武器】剣• 【サポート】落日の堕天司:経過ターンに応じて自分の闇属性追撃効果UP• 夏の夜がフェイトエピソードの主舞台になっているためか闇属性。 アビリティ構成は土SSR時代からほぼそのまま引き継がれており、癖が無く扱いやすい。 闇属性でも希少なマウント効果はこちらでも健在。 【種族】ハーヴィン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【入手方法】レジェンドガチャ(サマーナイトロシュ) 評価 ハロウィン仕様のフェザー。 …といっても本人はお菓子よりイタズラだけど結局拳にたどり着くのは変わらない様子。 サポアビにより狙われやすく、かばう&被ダメカウンターも持っているが、味方を守るよりも魂の拳集め用…と敵と真向から殴り合う事しか考えていない。 ウェポンバーストも持っている事から開幕数ターンの爆発力も折り紙付き。 魂の拳はそのまま累積攻撃UPになるので純粋に高攻撃力となる。 なおライバルであると同属性になったため一緒に使えるようになった他 フェザーは「敵の攻撃を受けて手数攻め」に対してランドルは「敵の攻撃を受けずに奥義攻め」と凸凹してながらもそれぞれ噛み合っている様子。 魂の拳をどう3つ集めるかが鍵となる。 発動後は確定TA3ターンで奥義が出せるようになり、魂の拳を更に集めて再び発動させて…とこれが軸で立ち回る事となる。 なお最速で出そうとすると3アビと2アビを使って奥義を放ちかばった後の2ターン目。 本人は 背水LBがあるとはいえ HPが低めであり大技を受けるのには向いていない。 そのため従来の「味方を守る為のかばう」より「魂の拳を集める為のかばう」として使うことになる。 奥義で「魂の拳」が2集まるため開幕から2アビとセットで使う事で3集めることが可能。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】• 【得意武器】格闘• 【入手方法】レジェンドガチャ(ゴーストナックル) 評価 任務を遂行すべく、虚空より舞い降りた「月の民」のエージェント。 そちら側としてはかなり異質で、人間の非合理性を「興味深い」と評する変わり者。 出自のせいか種族不明でバハ武器の恩恵も受けやすい。 HPの減りを抑えて戦う渾身型の構成。 戦力が整っていないうちでもサポアビにより一定の火力を発揮するため、初心者でも扱いやすい。 得意武器が格闘と槍なのでマグナ武器の恩恵を十二分に受けられる。 そのためイメージ以上に火力を出せる場合も。 ただしサポアビの都合上、背水のセレ拳編成とは噛み合いにくい。 セレ拳編成までのつなぎでセレ槍を多めに投入している場合には一考の価値あり。 回避カウンター付きなのでサポアビの維持にも向く。 【種族】不明• 【タイプ】バランス• 【入手方法】イベント『Second Advent』関心度500達成 評価 闇属性版のスカル。 相棒のノース・ハスキー「スカルジュニア」に騎乗したことで、大幅にステータスとプロフィール欄の身長が底上げされている。 特徴的なのがスリップダメージのリスクを伴うかわりに、TA率を激増させる1アビ。 HP管理の必要は生じるが、言うまでもなく背水編成との相性は抜群。 またサポアピはスカルのHPが低いほど闇属性味方全体のTA率を上げるというもので装備や奥義効果やアビと合わせて全員にTAを連打させることも十分に可能。 3アビのクリティカル部分以外は消去を受けず、ディスペルに強いのも地味ながら嬉しいポイント。 総じて背水編成においてはSSRと比較しても破格の性能を持ち、上手に守る事ができれば非常に高いポテンシャルを発揮する。 HPが高速で減っていくが、サポートアビリティによりTA率がさらに上がる。 基本的には常時使いっ放しにするのが推奨されるだろう。 この手のモードチェンジアビリティとしては珍しく、解除に最低1ターンを要する点に注意。 発動毎に「ジーニアス」Lvが最大3まで累積し、威力が0. 5ずつ、上限も5万ずつ上乗せされていく。 奥義の使用でも追加発動するので、これも込みで考えると長期的な奥義火力はSSRにも劣らないものとなる。 土SR時代と比較して倍率が大きく上がり、デメリットがクリティカル効果に置き換わっている。 【種族】ハーヴィン• 【タイプ】攻撃• 【入手方法】レジェンドガチャ ジーニアス・ジーニアス 評価 5年という長き時を経て念願のSR昇格を果たしたリチャード。 (テレーズに見られてさえいなければ)その強運は健在のようだ。 戦闘中にポーカーのダブルアップを行い、その勝敗にて増減する所持チップの枚数に応じて能力が変動するという大変に異色な性能を有する。 ・チップの所持状況は最大10枚まで、消去不可かつ10T継続。 失敗してもチップ没収だけでターンを回す必要もなく何度でも再挑戦が可能だが、どこでダブルアップに見切りをつけて戦闘を再開するかのさじ加減は 最終的にプレイヤー自身の運と直感へ任される。 戦闘そっちのけでダブルアップにばかりのめり込まないよう注意が必要。 サポアビはガチャ排出キャラでは初めてとなるドロップ率アップ。 エッセル同様サブメンバーに配置しても効果を発揮する上、エッセルのサポアビと共存可能。 なお、ダブルアップ失敗時は手札が配り直しになる点に留意。 8の場合は等確率なので、完全に運を天に任せる他ない。 確実に勝てそうな時に使う他、単純な奥義加速と割り切って使う手もある。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】銃• 【入手方法】レジェンドガチャ(オブ・ゴールド) 評価• 【種族】エルーン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】格闘• 【入手方法】イベント『コウと空っぽ影法師』エピローグクリア.

次の

【パズドラ】修羅の幻界を最新パーティーで攻略! 対策を理解すればクリアは容易?

闇目覚めキャラ

(最短5ターン) 1ターンの間、火ドロップが落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 2ターンの間、火ドロップが落ちやすくなる。 「ヘルフレイム」エンデヴァーに変身。 (最短15ターン) 15ターンの間、火と木ドロップが少し落ちやすくなる。 焔猛龍の戦士・グリゴリーに変身。 (最短18ターン) 99ターンの間、火ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 全ドロップを火と回復ドロップに変化。 (最短16ターン) 2ターンの間、受けるダメージを激減。 3ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短14ターン) 3ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで火ドロップを2個生成。 (最短6ターン) 1ターンの間、火属性の攻撃力が3倍。 1ターンの間、火ドロップが落ちやすくなる。 (最短12ターン) 全ドロップを火と回復ドロップに変化。 2ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短13ターン) 水と回復ドロップを火ドロップに変化。 2ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 光と闇ドロップを火ドロップに変化。 火ドロップをロック。 10ターンの間、火ドロップがロック状態で落ちてくる。 (最短8ターン) 4ターンの間、受けるダメージを半減(50%)。 4ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短14ターン) 最上段横1列を火に、最下段1列を水ドロップに変化。 4ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 3ターンの間、火と木ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで火と木ドロップを2個ずつ生成。 1ターンの間、火ドロップが落ちやすくなる。 (最短9ターン) 10ターンの間、落ちコンしなくなる。 10ターンの、火ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 2ターンの間、火と光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで火と光ドロップを2個ずつ生成。 (最短6ターン) 回復、お邪魔、毒ドロップを火ドロップに変化。 5ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短7ターン) 3ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 右端縦1列を火ドロップに変化。 (最短6ターン) 5ターンの間、火と光ドロップが落ちやすくなる。 (最短5ターン) 全ドロップのロックを解除し、火と光ドロップに変化。 8ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短14ターン) 木、回復、お邪魔、毒ドロップを火ドロップに変化。 4ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短9ターン) 99ターンの間、火ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 2ターンの間、HPを50%回復。 (最短10ターン) 99ターンの間、火と木ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 ランダムで火と木ドロップを3個ずつ生成。 (最短12ターン) 3ターンの間、火と光ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 6ターンの間、受けるダメージを軽減。 6ターンの間、火と闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短7ターン) 5ターンの間、闇と火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短5ターン) 水目覚め キャラ 効果 敵の行動を2ターン遅らせる。 4ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短12ターン) 2ターンの間、水ドロップが落ちやすくなる。 火と光ドロップを水ドロップに変化。 (最短12ターン) 敵の行動を2ターン遅らせる。 3ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短12ターン) 木ドロップを水に、回復ドロップを闇に変化。 4ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短7ターン) 3ターンの間、水属性の攻撃力が2. 3ターンの間、水ドロップが落ちやすくなる。 (最短14ターン) 1ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短1ターン) 光、回復、お邪魔、毒ドロップを水ドロップに変化。 4ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 3ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで水ドロップを2個生成。 (最短6ターン) 木と回復ドロップを水ドロップに変化。 2ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくする。 (最短8ターン) 2ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで水ドロップを6個ずつ生成。 (最短8ターン) 6ターンの間、水と木ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで水と木ドロップを2個ずつ生成。 (最短7ターン) 1ターンの間、属性吸収を無効化する。 3ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短11ターン) 4ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短6ターン) 3ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 右端縦1列を水ドロップに変化。 (最短6ターン) 99ターンの間、水ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 ランダムで水ドロップを3個生成。 (最短11ターン) 2ターンの間、落ちコンなし、回復力が1. 2ターンの間、水、木、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短4ターン) 木、回復、お邪魔、毒ドロップを水ドロップに変化。 4ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 1ターンの間、水と光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで水と光ドロップを3個ずつ生成。 (最短8ターン) 木目覚め キャラ 効果 15ターンの間、火と木ドロップが少し落ちやすくなる。 焔猛龍の戦士・グリゴリーに変身。 (最短18ターン) 3ターンの間、火と木ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで火と木ドロップを2個ずつ生成。 (最短6ターン) 6ターンの間、水と木ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで水と木ドロップを2個ずつ生成。 (最短7ターン) 99ターンの間、木ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 最下段横1列を木ドロップに変化。 (最短13ターン) ランダムで木ドロップを1個生成。 1ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短2ターン) 10ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 装身・ロシェに変身。 (最短10ターン) 2ターンの間、木属性の攻撃力が3倍。 1ターンの間、木ドロップが落ちやすくなる。 (最短15ターン) 全ドロップを火、木、闇、回復ドロップに変化。 4ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 水ドロップを木に、光ドロップを火に変化。 木ドロップをロック。 10ターンの間、木ドロップがロック状態で落ちてくる。 (最短5ターン) 3ターンの間、木ドロップが落ちやすくなる。 1ターンの間、ダメージ吸収を無効化する。 (最短22ターン) 99ターンの間、火と木ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 ランダムで火と木ドロップを3個ずつ生成。 (最短12ターン) 光、回復、お邪魔、毒ドロップを木ドロップに変化。 10ターンの間、木ドロップがロック状態で落ちてくる。 (最短10ターン) 2ターンの間、落ちコンなし、回復力が1. 2ターンの間、水、木、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短4ターン) 光、回復、お邪魔、毒ドロップを木ドロップに変化。 4ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 火と回復ドロップを木ドロップに変化。 2ターンの間、木ドロップを少し落ちやすくする。 (最短8ターン) 3ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで木ドロップを2個生成。 (最短6ターン) HPを25%回復。 4ターンの間、木ドロップと回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 99ターンの間、木ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 ランダムで木ドロップを3個生成。 (最短11ターン) 10ターンの間、木と光ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 敵全体に99の固定ダメージ。 3ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) ランダムで木ドロップを4個生成。 4ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなり、回復力が2倍。 (最短6ターン) 3ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 右端縦1列を木ドロップに変化。 (最短6ターン) 3ターンの間、木ドロップが少し落ちやすくなる。 敵の行動を2ターン遅らせる。 (最短10ターン) 光目覚め キャラ 効果 2ターンの間、火と光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで火と光ドロップを2個ずつ生成。 (最短6ターン) 5ターンの間、火と光ドロップが落ちやすくなる。 (最短5ターン) 10ターンの間、木と光ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 7ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短7ターン) 1ターンの間、水と光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで水と光ドロップを3個ずつ生成。 (最短8ターン) 3ターンの間、光ドロップが落ちやすくなる。 敵の攻撃を3ターン遅らせる。 (最短15ターン) 1ターンの間、光ドロップが落ちやすくなる。 右端縦1列を光ドロップに変化。 (最短8ターン) 2ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで光ドロップを2個生成。 (最短5ターン) 3ターンの間、火と光ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 左端縦1列を光に、右端縦1列を回復ドロップに変化。 4ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 5ターンの間、光と回復ドロップが少し落ちやすくなる。 バインド状態と覚醒無効状態を5ターン回復。 (最短7ターン) 両端の縦1列を光ドロップに変化。 4ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 木、回復、お邪魔、毒ドロップを光ドロップに変化。 4ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 3ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 1ターンの間、1コンボ加算される。 (最短6ターン) 1ターンの間、光ドロップが落ちやすくなる。 敵の行動を2ターン遅らせる。 (最短12ターン) 闇と回復ドロップを光ドロップに変化。 2ターンの間、光ドロップを少し落ちやすくする。 (最短8ターン) 2ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで光ドロップを3個生成。 (最短5ターン) 99ターンの間、光ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 最上段1列を光ドロップに変化。 (最短12ターン) 3ターンの間、光と闇ドロップが少し落ちやすくなる。 敵の行動を2ターン遅らせる。 (最短11ターン) 左端縦1列を光に、右端縦1列をお邪魔ドロップに変化。 3ターンの間、光とお邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短12ターン) 敵の行動を2ターン遅らせる。 2ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 5ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 左端縦1列を光ドロップに変化。 3ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短6ターン) 3ターンの間、光ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで光ドロップを2個生成。 (最短6ターン) 闇目覚め キャラ 効果 3ターンの間、光と闇ドロップが少し落ちやすくなる。 敵の行動を2ターン遅らせる。 (最短11ターン) 6ターンの間、受けるダメージを軽減。 6ターンの間、火と闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短7ターン) 15ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 銀遊龍の道化師・チェニに変身。 (最短18ターン) 敵全体を超絶毒にする。 3ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短12ターン) 99ターンの間、闇ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 全ドロップを光、闇、回復ドロップに変化。 (最短15ターン) 3ターンの間、受けるダメージを軽減(35%)。 3ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 1ターンの間、闇ドロップが落ちやすくなる。 ランダムで闇ドロップを3個生成。 (最短7ターン) 覚醒無効状態を全回復。 1ターンの間、闇ドロップが落ちやすくなる。 (最短7ターン) 99ターンの間、闇ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 最上段横1列を闇ドロップに変化。 (最短12ターン) 5ターンの間、闇と火ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短5ターン) 3ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 消せないドロップと覚醒無効状態を3ターン回復。 (最短6ターン) 3ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 1ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 上から2列目横1列を闇ドロップに変化。 (最短6ターン) 左端縦1列を闇に、右端縦1列を回復ドロップに変化。 4ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 木、回復、お邪魔、毒ドロップを闇ドロップに変化。 4ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 1ターンの間、闇ドロップが落ちやすくなる。 敵の行動を2ターン遅らせる。 (最短12ターン) 木、回復、お邪魔、毒ドロップを闇ドロップに変化。 99ターンの間、闇ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 (最短12ターン) 2ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで闇ドロップを3個生成。 (最短5ターン) 光と回復ドロップを闇ドロップに変化。 2ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 5ターンの間、闇と毒ドロップが少し落ちやすくなる(最短5ターン) 1ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムで闇ドロップを2個生成。 (最短5ターン) 回復目覚め キャラ 効果 木、光、お邪魔、爆弾ドロップを火ドロップに変化。 3ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短6ターン) 99ターンの間、回復ドロップがほんの少し落ちやすくなる。 1ターンの間、回復力が2倍。 (最短11ターン) 6ターンの間、回復力が3倍。 6ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 敵の行動を1ターン遅らせる。 5ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短10ターン) 3ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短5ターン) 5ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる(最短10ターン) 2ターンの間、落ちコンなし、回復力が1. 2ターンの間、水、木、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短4ターン) HPを25%回復。 4ターンの間、木ドロップと回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短8ターン) 2ターンの間、回復とお邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 左端縦1列を回復ドロップに変化。 (最短3ターン) 1ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短1ターン) 5ターンの間、光と回復ドロップが少し落ちやすくなる。 バインド状態と覚醒無効状態を5ターン回復。 (最短7ターン) 3ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 光以外のドロップから回復ドロップを3個生成。 (最短5ターン) 1ターンの間、回復と毒ドロップが少し落ちやすくなる。 3ターンの間、受けるダメージを軽減。 (最短8ターン) 1ターンの間、回復とお邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 敵全体を超絶毒にする。 (最短8ターン) 3ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 (最短7ターン) 毒目覚め キャラ 効果 1ターンの間、回復と毒ドロップが少し落ちやすくなる。 3ターンの間、受けるダメージを軽減。 (最短8ターン) 1ターンの間、毒ドロップが少し落ちやすくなる。 2ターンの間、HPを30%回復。 (最短6ターン) 1ターンの間、毒ドロップが少し落ちやすくなる。 最上段横1列を闇に、最下段横1列を光ドロップに変化。 (最短10ターン) 火、水ドロップをランダムで回復、毒ドロップに変化。 3ターンの間、毒ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短6ターン) 1ターンの間、毒ドロップが落ちやすくなる。 ランダムで闇と毒ドロップを3個ずつ生成。 (最短3ターン) 5ターンの間、闇と毒ドロップが少し落ちやすくなる(最短5ターン) 2ターンの間、お邪魔と毒ドロップが少し落ちやすくなる。 お邪魔と毒ドロップを闇ドロップに変化。 (最短2ターン) 猛毒目覚め なし お邪魔目覚め キャラ 効果 3ターンの間、1コンボ加算される。 3ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短11ターン) 1ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 全ドロップを水、闇、お邪魔ドロップに変化。 (最短5ターン) 2ターンの間、回復とお邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 左端縦1列を回復ドロップに変化。 (最短3ターン) 1ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。 (最短5ターン) 1ターンの間、お邪魔ドロップが落ちやすくなる。 (最短1ターン) 左端縦1列を光に、右端縦1列をお邪魔ドロップに変化。 3ターンの間、光とお邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短12ターン) 3ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムでドロップを入れ替える。 (最短6ターン) 1ターンの間、回復とお邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 敵全体を超絶毒にする。 (最短8ターン) 1ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 全ドロップを火、木、闇、回復ドロップに変化。 (最短8ターン) 1ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 ランダムでドロップを入れ替える。 (最短6ターン) ランダムで闇とお邪魔ドロップを15個ずつ生成。 1ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短13ターン) ランダムで闇とお邪魔ドロップを3個ずつ生成。 1ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 (最短4ターン) 2ターンの間、お邪魔と毒ドロップが少し落ちやすくなる。 お邪魔と毒ドロップを闇ドロップに変化。 (最短2ターン) 強化ドロップ目覚め キャラ 効果 5ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 全ドロップを火、水、光ドロップに変化。 (最短11ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 回復、お邪魔、毒ドロップを火ドロップに変化。 (最短6ターン) 5ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 ランダムで火ドロップを3個生成。 (最短6ターン) 水ドロップを強化。 6ターンの間、強化ドロップが50%の確率で降ってくる。 (最短6ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 全ドロップを火、水、光、回復ドロップに変化。 (最短10ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 木、お邪魔、毒ドロップを水ドロップに変化。 (最短6ターン) 5ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 (最短10ターン) 7ターンの間、マシンタイプの攻撃力が1. 7ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 (最短10ターン) 6ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 ランダムでドロップを入れ替える。 (最短10ターン) 5ターンの間、受けるダメージを軽減(30%)。 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 (最短7ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 火、お邪魔、毒ドロップを木ドロップに変化。 (最短6ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 ランダムでドロップを入れ替える。 (最短8ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 お邪魔と毒ドロップを光ドロップに変化。 (最短3ターン) 全ドロップを強化。 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 (最短10ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 回復と毒ドロップを光に、火とお邪魔ドロップを闇に変化。 (最短7ターン) 1ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 闇ドロップを強化。 (最短4ターン) 3ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 HPを30%回復。 (最短5ターン) 目覚めについて 特定のドロップが落ちやすくなる 「目覚め」とは、特定のドロップが落ちやすくなるスキルのことです。 どの程度落ちやすくなるかには差があり、スキルによって5〜15%程度とされています。 初めて実装された、のスキル名から「目覚め」と呼ばれるようになりました。 毒ドロップやお邪魔ドロップが落ちてくるようになるスキルも同様に「目覚め」と呼ばれます。 火水木光闇回ドロップの目覚め• 毒、猛毒、お邪魔の目覚め• 強化ドロップの目覚め 目覚めは、上記のように大まかに3つの種類があります。 このうち、同じグループの目覚めスキルは 後に使ったほうが優先され、上書きされます。 これを利用して、敵が使う厄介な目覚めを回避することも可能です。 例えば、敵が使用する15ターン毒目覚めを1ターンのお邪魔目覚めで対策するなどです。 高難易度ダンジョンでは重要になるテクニックなので、覚えておくといいでしょう。 掲示板・スレッド• ランキング一覧• キャラの一覧• 属性別の一覧• スキル別の一覧• 進化・育成に関連する一覧• ダンジョンの一覧 最新ダンジョンの攻略一覧• ダンジョン一覧• お役立ち情報• 各種稼ぎ• その他• メニュー•

次の

【パズドラ】レギンレイヴの評価!超覚醒と潜在覚醒のおすすめ

闇目覚めキャラ

評価内容について 以下の観点を盛り込んで記入していただけると、多くの方の参考になりやすいので助かります。 評価のポイント• 長所や運用方法を具体的に挙げる。 保守性も鑑みて、 極端な長文化はしない。 奥義、アビリティ、パラメータを踏まえた評価。 2chスレの評価。 注意点• ( )内の数値はLV55、LV75、最終解放後のLV90、LV100時の覚醒後の数値変化です。 バハムート武器の実装により、種族も重要なポイントになりました。 2015年7月9日のアップデートにより減衰値が大幅に変更されたため最新のデータではない可能性があります。 ご注意ください。 評価 作品中でも指折りの重い過去を背負う失語症のドラフの少女。 ほとんど言葉を発せないが彼女の人形が意思を代弁し共に戦う。 特殊タイプではあるものの攻撃性能が高く、HP吸収や反射系アビリティで防御面も手堅いため、しぶとく敵のHPを削り続けることができる。 最終上限解放が実装されており、解放後は攻撃・防御ともに大幅な強化がなされる。 特にLv80からのグリムリッパーがとにかく強力。 ただし睡眠が命中したターンは敵のチャージターンが進まない点に注意。 オーヴァーチュアで自己回復能力を高めれば更に盤石で、主人公スーパースターとの相性に恵まれていると言えるだろう。 使用間隔:6。 効果時間:3 他の特徴もヴェインのワイルドバッシュに準ずる。 アップデートで反射の回数が増えたことで、持続が見込める防御バフとして機能するようになった。 使用間隔:6。 減衰:420,000付近。 ディスペルマウントでは予防できないがクリア系で解除可能。 使用間隔:9。 回復上限値が1,000の為、下手なヒールより回復する。 火力も期待でき高性能。 【種族】ドラフ• 【タイプ】特殊• 【得意武器】短剣• 【サポート】マリオネットフィアー:アビリティダメージUP• 【入手方法】レジェンドガチャ(傀儡の包丁) 評価 カタリナお姉さまを病的なまでに慕うアルビオンの領主。 所謂ヤンデレ。 星晶獣の力をその身に宿している。 ちなみにフルネームは「ヴィーラ・リーリエ」。 自己強化に特化しており、相乗可能なバフを補ってやることでさらに伸びるアタッカー。 初心者でも分かりやすい構成である。 もともとの攻撃力もSRで7000と高いので、サポアビを込みにすればSSR並の攻撃力を獲得できることは長所。 余談だが、奥義【リストリクションズ・ネイル】はカタリナの奥義【アイシクルネイル】とそっくりだが、直後にえげつない追撃が入る点が異なる。 なお、フェイトエピソードはメインクエストの第20章をクリアしないと解放されない。 ぜひ見ておきたい。 使用間隔:6 5。 攻撃ダウンの効果は命中率に難ありなので、耐性弱化で補助しよう。 攻撃力の上昇は覚醒前で7. 回復上限は1,000。 使用間隔:9 8。 使用間隔:8。 リキャストは長いがモードゲージ削りと奥義加速も確実に行えるため便利。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】剣• 【奥義】リストリクションズ・ネイル:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ラスト) 評価 神撃のバハムートからの出演キャラの一人。 復讐のためにゴブリンを狩り続ける剣士。 妹のティナにだけ ツンデレ心を許している。 攻撃アビリティのみで構成されたフルアタッカー。 少々癖はあるが、無視して脳筋運用が可能。 自力で3アビの追撃条件を満たせるようになる。 即死効果は属性試練ボス程度ならば成功を見込めるため、稼ぎの加速も狙える点は評価できる。 なお、敵が付与してくる絶命とは異なり、即死効果はその名の通りその場で敵の体力が0になる。 種族ヒューマンということもあり、バハムートウェポン 剣・短剣 があればSSRにも引けを取らない優秀なアタッカーとなる。 使用間隔:7 6。 使用間隔:7 6。 減衰値:200,000付近 暗闇の成功率は低いが、効果はそれなり。 使用間隔:7 6。 追撃の威力もなかなかなので、ATなど奥義とアビ3が同時に撃てる状況では奥義後まで使用を待ってもよいだろう。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】剣• 【サポート】斬撃の応酬:奥義ゲージ上昇量UP• 【入手方法】レジェンドガチャ(無垢白刃) 評価 ハロウィンバージョンのアンジェ。 かぼちゃパンツがよく似合う。 水属性から闇属性に、タイプもバランスから攻撃へと変化した。 回数および持続ターンが優秀なカウンターアビリティを持つところは水属性のころと変わらず。 LBに敵対心UP関連が2つあるため、それらを取得させることで優秀なデコイになる。 使用間隔:8 7。 水属性の時と同じ性能。 やはり効果時間が3ターンと長いので、ダブル、トリプルアタックを使う敵と相性がいい。 5 倍の闇ダメージ。 使用間隔:7。 減衰:22万付近• 使用間隔:9。 減衰:38万付近 SRキャラとしては高倍率な攻撃アビリティ。 リキャストが長いので使いどころには気を配る必要がある。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】剣• 【奥義】フルール・トゥールビヨン:闇属性ダメージ 大• 【サポート】仮装の王子様:ダブルアタック発生確率UP• 【入手方法】レジェンドガチャ(ドラキュラハープ) 評価 異世界から召喚されたアイドルの少女。 とても仲の良い妹がいる。 アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。 を参照。 バフ・デバフをバランスよく持つアタッカー。 サポアビによりゲージ足も速い。 自己回復アビがあり、やや長期戦向き。 奥義は灼熱状態の敵に火属性追加ダメージ。 最終上限解放により奥義効果に魅了、2アビ強化で実用レベルの全体DAUPになり総合能力が大きく上がる。 実装当時は配布キャラに闇属性が少なく、キャラの揃っていない初心者にはありがたい存在でもあった。 ちなみに彼女のフェイトで明らかになるのだが、アイドル達が最終上限解放するとみんな乗っている小型ステージは 単なるイメージ映像ではなく、空の世界に実際にああいうメカがあるらしい。 使用間隔:7 6。 暗闇は命中率が高く、効果が低い。 妹 と黒騎士やゼタ 闇属性Ver とのシナジーが強化される形となる。 使用間隔:5。 効果時間:3 自己バフやデバフに偏りがちな闇属性キャラクターの中では貴重な全体バフアビリティ。 リキャストもやや短いため手数で攻められる。 使用間隔:9。 減衰値:約20万 与えたダメージ分のHPを吸収する攻撃アビリティ。 リキャストが長いため攻撃よりも回復の方で使うタイミングを見極めるべきだろう。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】短剣• 【サポート】ピンキーハート全開:アビリティ使用時に奥義ゲージUP• 【入手方法】アイドルマスターシンデレラガールズ パネルミッションの2nd達成 コラボ期間中のみ 『シンデレラファンタジー 〜PINYA HAZARD〜』「新たなる来訪者」クリア 評価 ネクロマンサーであり自身もゾンビの少女。 旅の同伴者だった髪型が特徴的な男を探している。 自身のアンデッド化により高い攻撃力を得られるハイリスク型のアタッカー。 敵に「アンデッド」「腐敗」付与は使い手が少ないので、キルストリークのダメージ稼ぎにも有効。 初期の限定キャラであり、かなり希少なキャラとなっている。 単純な攻撃バフに加え、外れたアンデッド化の再付加を兼ねる優秀なアビリティ。 各属性のマグナやミスラにはGUARDされてしまうが、プロトバハムートや一部の共闘ボスに対して有効。 腐敗ダメージは2,000。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【入手方法】神撃のバハムート GENESIS Blu-ray第1巻初回限定盤ゲームコラボ特典 有効期限切れのため現在入手不能 神撃のバハムート VIRGIN SOUL Blu-ray第2巻初回限定盤ゲームコラボ特典 シェロカルテの特別交換券 評価 戦で多くの「朋」を亡くし妄想と狂気に取り付かれた虚ろなる戦士。 主人公達にかつての朋の幻影を見、今度こそ護ると心に誓う。 また闇や光は弱点属性が無いので、壁としての他属性出張も可能。 全アビリティ併用により、シュヴァリエ・マグナの「光の剣」等の強力な技を一人で受け止められる点は大きい。 使用間隔:9 7。 使用間隔:6。 使用間隔:5。 他2アビリティやアテナ、カーバンクルと併用することでPT壊滅級の多段技を凌ぎ切ることも可能。 まさに鉄壁。 【種族】ドラフ• 【タイプ】防御• 【得意武器】斧• 【奥義】ヘレ・クリンゲ:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ヴォウジェ) 評価 自身の魔力の氾濫でSR化したゼヘク。 奥義時の姿はまさに怒れる魔獣。 しかし、その反動として凄まじい程の苦痛を負う。 暗闇を自身に付与することで攻撃力と奥義ゲージ上昇量が上がるサポートアビリティを持つ。 タイプ、アビリティ構成、サポートアビリティ全てにおいてに近いが、自身に付与するのが暗闇のため通常攻撃がやや苦手。 使用間隔:7 6。 自身に付与する暗闇は効果が弱く 約15%程度の命中率低下 外すときは外すものの気軽に使っても構わない。 使用間隔:6 5。 闇カーバンクル等の召喚効果と共存する。 使用間隔:7。 上限解放すると使用間隔が合わなくなってしまうのが玉にキズ。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】短剣• 【奥義】カオティック・マギア:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】『魔ガ散ルトキ、彼ハ』信頼度750達成 評価 「テイルズオブヴェスペリア」より参戦。 己の信じる正義のために剣を振るう青年。 2種のデバフ付きダメアビとドライブバーストを持つアタッカー。 デバフの効果量は控えめだが非常に命中精度が高く、メインのデバフの補填として実用的である。 使用間隔6 5。 5倍にアップ。 リキャストは早め。 使用間隔6 5。 防デバフ以外は蒼破刃と同じ。 使用間隔7。 表記にはないが、使用したターンに奥義を使うとダブルアタック確率UPのバフが発生する。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】刀• 【奥義】漸毅狼影陣:闇属性ダメージ 大• 【サポート】黒衣の断罪者:奥義発動後に奥義ゲージUP• 【入手方法】『交差する運命の物語』信頼度1,000達成 評価 ターニャが水着限定配信と共にSR昇格。 完全回避、ブレイクアサシンとR時代の性能をベースとして、SR相応の能力に順当に強化されている。 リミットボーナスが対ブレイク特化に偏っており、その爆発力はSSRに引けをとらない。 DA上昇は3T持続し効果は推定50%アップ前後と高く、他のDA強化スキルと組み合わせれば信頼性は高い。 回避スキルとして温存せず使い高いゲージ回転率を得たり、2アビの起爆剤として活用したい。 2016年7月のバランス調整によりDA確率がさらに引き上げられた。 使用間隔:7 効果時間:1 BREAK中の相手に一度限り大幅な攻撃力上昇を掛ける追い打ちと、微量の攻撃力上昇バフを同時に掛ける。 奥義に乗せることができればSRとしては破格の瞬発力を発揮する。 倍のダメージアビリティで、相手が暗闇状態だと1. 倍の追撃が加わる2HIT技になる。 ただし自力で暗闇を付与することは出来ない。 ゲージが咬み合わない際のブレイク追撃の役目も持つ。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】短剣• 【奥義】イミネントシャドウ:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(シェイドナイフ) 評価 異世界から召喚されたアイドルの少女。 霊感持ちでホラーやゾンビ好き。 フェイトエピソードで意外な人物? と交流することに……。 アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。 を参照。 奥義の追加ダメージはアンデッド状態に対して闇ダメージ。 自身もアンデッドデバフを持つため発生させやすい。 その代わりに追加ダメージの倍率は低めに設定されている。 闇属性では初となるレイジ持ちであり、防デバフも併せ持つ優秀なサポーターである。 余談であるが、デレマス本家での「[4thアニバーサリー]白坂小梅+」の台詞はグラブルコラボに触れたものになっている。 他キャラと異なり空の世界での冒険を実際の出来事と捉えており、デレマス側でコラボネタに触れたのはこれが初となる。 5倍闇属性ダメージ+防デバフ。 使用間隔7(6) デバフ効果は10%ほどと控えめ。 使用間隔:5。 効果:3T。 使用間隔8 自身の奥義追加ダメージの条件でもある。 成功率はやや低め。 各属性のマグナやミスラにはGUARDされてしまうが、プロトバハムートや一部の共闘ボスに対して有効。 またキルストリーク等の弱体効果数稼ぎにも有用である。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【サポート】あの子:アビリティ使用時に奥義ゲージUP• 【入手方法】『シンデレラファンタジー 〜迷える魂よ、安らかに〜』信頼度1,000達成 評価 Rから昇格した闇属性待望の恒常全体ヒーラー。 魔獣LOVEなのは相変わらず。 SSRでも希少な全体回復を持つため、火力偏重に陥りやすい闇属性をサポートできる希少な存在。 自己DAバフを持ち、奥義回転率の高い闇アタッカーにも十分付いていける。 更にモードゲージ削り、ブレイク維持のアビリティにより闇防御の補助役としても有用。 器用貧乏ではあるが、PT運用が楽になる能力をテクニカルに抑えている。 最終上限解放後は全体回復に奥義ゲージUPが付き、さらにDAアップが味方全体になるため、 味方全体の奥義加速も担えるようになる。 使用間隔:6。 効果時間:3。 上限は800 1200 1500。 Lv80の強化後はゲージ加速がついてくるので、開幕など回復の要らないタイミングでも腐らなくなる。 使用間隔:8。 効果時間:3。 使用間隔:9。 R時代の2アビを純粋に強化した代わりにリキャストも長くなった。 ブレイク維持としては十分有用。 対象がダメージではなく時間なので、高い火力を一気に叩きこむまでの時間稼ぎとして使おう。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】剣、杖• 【サポート】魔物観察日記:弱体効果耐性10UP• 麻痺・恐怖という2つの貴重かつ強力なデバフを有することが特長。 黒麒麟弦とLBによって弱体成功率を大きく上げられるようになり、ソーン同様に集団での使用による麻痺戦法でも起用される。 シュヴァリエ・マグナや同HL、アポロン、ジ・オーダー・グランデ戦等で面倒な特殊行動を防げるのが最大の強みで、マルチバトル高速周回用として重用される。 使用間隔:6 5 4。 闇は回復アビリティ持ちが少ないものの、対象が単体な上に回復量が心もとなくこれ1つで乗り切るのは少々難しい。 使用間隔:7 6 4。 効果時間:180秒 命中すれば180秒間有効。 暗闇がメインとなる。 持続と回転が同じなので4ターンおきに使えば切れ目なくかけ続けられるが、麻痺中に高速でターン回しをするような戦法には不向き。 使用間隔:10。 効果時間:60秒 基礎命中率はおよそ10%とかなり低いが、どちらも60秒と非常に強力。 LBの弱体命中率UPや麒麟弦のスキル等で底上げすれば実用的な確率まで上昇する。 【種族】エルーン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【サポート】薬籠中物:キュアポーションとオールポーションの効果UP• 【入手方法】レジェンドガチャ(スカルペル) 評価 アリーザを想うが故に暴走し、危険区域タルウィ特有の奇病に侵され どこか陰のある容貌に変わり果てた闇バージョンのスタン。 R時代の攻撃アビリティ2つを持ちつつ、特定キャラだけをかばうアビリティを習得。 耐久が低いわりに勇気の敵対心UPやかばうで被弾が多いため、サポートが必要な場合もある。 勇気リセットのためアビを使用するのもあり。 被弾の多さと勇気のDAUPによりゲージ足は速い。 ガチパワー系アイドルとなったアリーザを優しく見守っている ハズ。 ガチャ排出のRからSRに昇格したものの、入手出来たイベント「剣と脚に想いをのせて」は初回開催 2016年5月 以降一度も復刻開催がなかった。 しかし2019年8月に「剣と脚に想いをのせて」はサイドストーリー入りし、現在ではいつでも入手可能となっている。 5 2. 0 倍ダメージ攻撃。 使用間隔:5 減衰24万程度。 勇気を消費して使う価値は薄い。 使用間隔:9 8 効果時間:3 リキャストは長めだがその分3ターンかばう効果が持続する。 ヒーラーの比護・乱打技回避・勇気Lv稼ぎなど使いどころは少なくない。 Lv65でダメージ20%カットが追加、耐久の不安がある程度は払拭される。 使用間隔:5 減衰46万程度。 高めの威力を生かすため極力勇気Lv3で撃ち込みたいが、素撃ちでも悪くないダメージを出すのでそこは状況次第か。 【種族】エルーン• 【タイプ】バランス• 【得意武器】剣• 6倍UP• 【入手方法】『剣と脚に、想いをのせて』信頼度750達成 評価 「テイルズオブエクシリア」の登場人物。 齢12にありながら精霊術の高い素養を有する天才少女。 生まれと育ちに関わる特殊な事情から、他者との距離を図るのが苦手。 ティポという名の喋って動く不思議なぬいぐるみを拠り所としている。 スロウ・全体バフ・蘇生・気絶など、配布キャラとしてはアビリティ構成が破格。 さらに配布SRでは標準以上のATK値を持ちアビリティのダメージ倍率も悪くないため、PTの火力を大きく低下させることがなく起用しやすい。 MANIAC等高難易度ソロバトルでは全属性出張もあり得る高いポテンシャルを秘める。 0 2. 5 倍。 スロウの命中率に過信は禁物。 低くは無いが信頼できるほどでもない。 5 2. 0 倍。 DA率の上昇量は控え目だが、5T持続するので影響は無視できない。 使用間隔:15 成功すればHP1で復帰。 失敗によりリキャストが2Tに短縮する。 現状、闇属性としてはオンリーワンの蘇生アビリティでかなり貴重。 復活後のHPが1という点は非常に心もとないため、ポーションメーカー等のリカバリー手段は用意したい。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【奥義】リベールゴーランド:闇属性ダメージ 大• 【サポート】ピコハン:アビリティを使用した時に稀に敵を気絶させる 30秒• 【入手方法】『空で紡ぐ絆の物語』トレジャー交換 評価 シンデレラガールズとのコラボ第1弾から召喚石で登場していた神崎蘭子が傷ついた悪姫・第3形態(プレイアブルキャラ)で登場。 公式側からは加入方法どころかプレイアブルキャラ化されたことすらイベント当時は告知されておらず、不具合修正やリミボ追加の時に名前が挙げられた程度で、隠しキャラのようなポジションとなっていた。 次弾コラボ開催時に加入方法は開示された バトル中に闇の力をチャージして3アビで自身を永続強化する。 その性質から短期戦に不向き。 反面、回転率の良い回避アビや吸収効果、恒久的な奥義加速により、長期戦に優れたキャラとなっている。 闇の力はDA、TAに成功するとその分上乗せされるので、連続攻撃UPのサポートがあるとより早くに強化できる。 奥義は倍率こそ低いものの、減衰35万に達する火と水の追加ダメージがあり極めれば破格の威力を誇る。 闇属性は優秀なアイドルが揃っているため、統一パーティを組む価値は十分にある。 加入させるためにはかなり手間が掛かる。 <初期状態>• 使用間隔:6 5 効果時間:1T 敵のチャージターンにもよるが、闇の力を溜めるために積極的に使いたい。 灼熱状態時追加ダメージを持つ美嘉との相性も良い。 効果はバトル中永続、死亡等で解除されない。 目覚める前は実質2つのアビリティしか持たないので、出来るだけ早く発動しよう。 <目覚めし鼓動使用後>• 使用間隔:5 効果時間:1T 完全回避は1ターン。 吸収は上限750回復が3ターン継続する。 吸収は3アビで減ったHPをカバーするのにも、背水の調整にも向く。 回転率も悪くないので、回復に乏しい闇属性において魅了付与の2アビなどと合わせ非常にしぶとく戦うことができる。 5倍程に増加。 魅了は一般的なSSRと同等、付与率も高くSRとしてはかなり強力なものに。 一方、変身後は灼熱付与がなくなってしまうため美嘉へのサポートができなくなる点には注意。 配布キャラとしてはストーリー加入のオイゲンに続き二人目となるウェポンバースト。 もちろん闇属性キャラではSSRにも所持者はおらず、オマケに奥義ダメージUPまでついている。 蘭子はサポアビで奥義加速もあるので、単独使用での全体加速にも使いやすい。 元ネタである蘭子の楽曲名に従えば読みは「アルマのみちびき」。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】杖• 【入手方法】召喚石「」を最終上限解放 評価 Rから昇格したターニャ。 水着Verが既に闇SRにおり、そのマイナーチェンジ版とも言える。 恒常闇SR唯一のレイジで味方を支援しつつ、3アビでブレイクを狙い、2アビ奥義で大ダメージを与える。 奥義を放てない場合はダブルアタック付与などでサポートしてあげよう。 と同じ追い討ち効果。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】短剣• 【奥義】シニスターシャドウ:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ウィルムスクロウ) 評価 シャドウバースとのコラボキャラ。 「お友達」になってくれる人を探している危ない少女。 3アビでデスタイラント、奥義ではゴーストと(それを生贄にしたであろう)骸の王を召喚して戦う。 原作のネクロマンスを再現した「墓場Lv」という概念を持つのが特徴。 味方戦闘不能毎にLvが増加、使用可能アビと奥義威力が上がる。 最大の持ち味は、味方を強制的に戦闘不能にするソウルコンバージョン。 能動的に味方キャラを退場できるため、サブとの入れ替えや輝き稼ぎなど特殊な用法が可能。 特に光SSRフェリや十天衆エッセルのように、他属性のキャラに仕事をさせて退場させる運用は非常に強力。 運用次第ではSSRすら抜いての起用も視野に入る、完全に独自の持ち味が光るキャラと言えるだろう。 なお墓場Lvは戦闘不能になった回数に応じて増えるだけなので、リヴァイヴなどで蘇生させても減少しないが、 自動蘇生で戦闘不能にならなかった場合や、タクティクスコマンドなどで単にサブメンバーに回った時はノーカウント。 戦力として最大限活用する場合は蘇生を積んで墓地LVを溜め、2アビを活用していくとよいだろう。 ただしその性質上、カグヤ編成との相性が悪いことに注意。 使用間隔:5 4 蘇生手段がない限り、墓場Lv3にしようとするとフロントの戦力まで削れることには注意したい。 使用間隔:8 7。 減衰115万付近 ソウルコンバージョンで戦闘不能にした場合も発動するが、自動復活した場合は発動しない。 発動のために墓場Lvが1以上必要なので最初の犠牲者には使えないのがネック。 効果時間は無制限だが、ルナがメンバーからいなくなると効果が消える。 使用間隔:3。 減衰80万付近 奥義ゲージも消費するが使用間隔が短く、コストに見合うだけの十分な威力がある。 【種族】ヒューマン• 【得意武器】• 【タイプ】特殊• 【奥義】ファントムハウル:闇属性ダメージ 大 倍率3. 【サポート】ネクロマンス:バトルメンバーが戦闘不能になる度に墓場Lvが1上昇 ロード・アトミ:墓場Lvに応じて奥義ダメージUP 倍率4. 0倍,5. 0倍,6. 【入手方法】『Shadowverse Duelist of Eternity』トレジャー交換 評価 キノコ好きだが新種の毒キノコを食べてしまったせいで常に笑っている元山賊娘のハーヴィン。 ずっと笑っている迫真の演技にも注目。 すべての行動で笑い声が響くため笑い声の絶えない戦場になる。 かなり癖のあるアタッカーで「威力は高いが命中しない事がある通常攻撃」「何が起こるかわからない奥義」という特徴を持つ。 特に無属性2000ダメはダメージ無効も貫通するため、場合によっては「奥義使ったら味方を3人倒した」なんて事も…。 銃得意のハーヴィンであったり、1アビ3アビを使っていく事で通常攻撃の火力はSSRや主人公をも超える高いポテンシャルを持つ。 …奥義だけはどうしようもない。 万全の体制で撃つように心掛けよう。 なお運良く当たれば10倍、上限も270万程とえげつないダメージを叩き出せる。 …当たれば。 ただし暗闇・発煙等で起こるミスを防ぐ効果はない。 【種族】ハーヴィン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】銃• 【奥義】アクシデント・シュート:何が起こるかわからない• 【入手方法】レジェンドガチャ(ハンターライフル) 評価 家族思いの中年槍士、齢による負担と共にレアリティをSRに上げ帝国軍の黒鎧を纏っての再登場 再就職奮闘中。 Rでは防御重視だったが、SRでは味方を守る事に特化したタンクであり、各種アビリティの周期・持続時間が長いのが特徴。 ただ同属性SRの壁キャラであるザザと異なり「通常攻撃・単体攻撃を長時間かばうタンクキャラ」になっている。 主に道中やボス戦で蓄積される通常攻撃を纏めて受けたり、ボスの特殊技で半壊したタイミングで一人だけキュアポーションで耐えながら仲間の背水を最大4ターン維持、といった仕事に向く。 反面ザザのような「敵の大技をカット系を駆使して防ぐ」という役割はサポアビが確率発動なのもあって向かない。 但し「単体連続攻撃」をデリフォートで全て受けるといった事は可能。 リミットボーナス等の補強で生き残れる程の硬さをもたせる事も。 攻撃特化な闇編成で道中や事前の事故を防ぐ地味だが重要な役となる。 カウンターポイントと合わせて単体連続攻撃を全て受ける構えを取れる様になった。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】防御• 【得意武器】槍• 【奥義】スピニング・ピアース:闇属性ダメージ 大• 【入手方法】レジェンドガチャ(ブロッケンランス) 評価 イベントで傷を負い力を失ったカリオストロ。 性能はハロウィンver. をベースにSR相当に抑えられている。 全体回復とクリアが揃っているのはウィルやシャオにはない利点。 調整で回転率もそこそこになりSRとしては使いやすいキャラに改変された。 5 2. 0 減衰:約23万• 【種族】ヒューマン• 【タイプ】回復• 【得意武器】杖• 【奥義】アルス・マグナ:闇属性ダメージ 大• 【サポート】手負いの錬金術師:被ダメージ時に稀にアビリティ再使用間隔を1ターン短縮• 【入手方法】『アストレイ・アルケミスト』信頼度750達成 評価 常時確定トリプルアタックのサポアビを持つ強力なアタッカー。 加入フェイトが63章とかなり後半になる。 敵ブレイク時に与ダメージを大幅UPするいわゆるブレイクアサシンを持ち火力面は申し分ない。 種族ヒューマン、得意武器が格闘とキャラ特性も闇PTに合致する。 反面、1アビやターン経過により著しく防御が下がり、簡単に退場するリスクがある。 防御低下の累積は奥義発動によって一定量軽減できるので奥義ゲージが溜まり次第、積極的に撃っていきたい。 特に短期戦に向くキャラではあるが2アビの完全回避をタイミング良く使用することで、ある程度の戦列維持は可能。 敵の攻撃が極めて弱い時や、あえて退場させる時に使う手もある。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】格闘• 【入手方法】レジェンドガチャ(クルエルクロー) 評価 ファータ・グランデを離れる主人公達と一旦別れ、復讐に舞い戻った暗殺者。 ただ追い打ち系のような減衰引き上げ効果はなく、ダンサーで引っ張らないかぎり連撃もほぼ不可能になる。 三手装備が豊富な闇では上級者ほど使いにくさが目立つものの、腐りにくい属性防御DOWNもあり攻撃力は高い。 使用間隔:7。 効果時間:5。 倍率:2. 使用するごとに倍率が0. 5 1 倍ずつ、上限も約5万ずつ上がっていく。 ジャミルは奥義効果で立ち上がりが速く、ほぼ永続するクリティカルバフとしても使いやすくなっている。 使用間隔:1。 効果時間:180秒。 ゲージ消費を逆手に取ってフルチェインに参加せず、ブレイクさせて連射するとかなりのダメージが稼げる。 使用間隔:1。 背水装備が揃ってくれば数字以上のダメージが出せる。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】短剣• 【入手方法】レジェンドガチャ(カッツバルゲル) 評価 お祭りのためにおめかししたヴァンピィちゃん。 かわいい。 SSR版から引き続き貴重なディスペル持ちで、闇属性パの仮想敵として挙げられやすいシュバマグに有効。 リキャストはSSRまで含めても闇キャラ中最速で、ディスペル役としては闇属性で最も優秀な人材と言える。 シュバマグはディスペルの使用回数が多ければ多いほど安全にダメージを稼げるので、確定流しに大きく貢献してくれるだろう。 シュバマグ以外の相手でもディスペルとスロウは腐りにくく、とりあえず入れておけば働いてくれる便利キャラといえる。 種族不明でバハ武器に縛られることがなくパーティに組み込みやすいのもありがたい。 ただしディスペルと違いスロウは必中ではなくSR相当の命中率であることに注意したい。 SSR版と同様パーティが育ってきて火力でゴリ押せるようになると出番を失っていくことになる。 逆に言えばそれまでは長く活躍してくれるキャラなので、早期に迎え入れられたなら優先的に育てていくと良いだろう。 使用間隔:4 3。 効果時間:3。 使用間隔:7 6。 上限:約18万• 使用間隔:6。 上限:約42万• 【種族】不明• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【入手方法】レジェンドガチャ(ヴァンプネイル) 評価 特訓によりSRに昇格したランドル。 特訓相手は老練の拳法家であるソリッズ。 加速付きの攻撃アビリティ2種とサポアビにより奥義アタッカーとしてさらに磨きがかかっている。 独自スタック「信念の足」を上昇させて高倍率ダメージを叩き込む奥義アタッカー。 「信念の足」はサポアビか3アビで上昇可能。 3アビは回転率もよく実質スタックを2こ積めることになるが奥義ゲージと要相談。 1回攻撃時高倍率の追撃効果が発生するため、DATA率DOWNのデバフ状態でもダメージ量の変化が小さいのが地味に嬉しいポイント。 しかし追撃ばかりに着目してしまうと、肝心のバフスタックが追いつかなくなるためあくまで保険程度に考えるのが無難。 連撃率を盛りにくい序盤でも悪くないダメージが出せる為、ある意味初心者向けのキャラなのかもしれない。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】格闘• 【入手方法】レジェンドガチャ(シルバーショテル) 評価 バレンタイン期間限定排出のナルメア。 エプロン姿で戦場に立つ。 SSRの高火力、紙防御のスタイルから一転、ドロシーのような主人公限定のサポート寄りの性能に。 サポアビの効果は要するにターン開始時一定確率で主人公だけに何らかのプラス効果が発揮されるということ。 ナルメアのケーキというストック制の独自バフがあるわけでもなく、アイテムが勝手に消費されるわけでもない。 いずれも効果はかなり高い部類だが発動確率はあまり高くなく効果もランダムなのであまりあてにはできない。 効果時間:5 効果時間は長めで効果もなかなか。 DA率上昇はそこまで大きくはない印象。 奥義使用後は主人公だけでなくナルメアにも効果があるのでなるべく奥義後に使用したい。 効果時間:3 攻撃と奥義加速を兼ねるアビリティ。 1アビの関係で奥義加速はありがたい。 5倍程度 使用間隔:7。 効果時間:3 主人公だけをかばうアビリティ。 ナルメア本人がターゲットされても回避カウンターが発動するようだが 特殊攻撃に対してはかばう効果だけが発動しダメージが直撃してしまう。 効果時間の長さが災いして通常攻撃だけを受けるという展開にしづらい。 守ってあげたいならスロウなどでフォローを入れよう。 【種族】ドラフ• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】刀• 【サポート】甘くて重い想い:ターン開始時、ナルメアのケーキを食べ確率で主人公にランダムな強化効果• 人間界に馴染むために水着で海遊びに参加してみたオリヴィエ。 宵闇の恐怖、スロウ、連撃UPとSSRのアビ構成はそのままに、配布SR相当にデチューンされている。 敵の特殊行動を遅延させるのに特化したアタッカーだが、アビリティのCTが長いため一人で稼げる時間は限られる。 「宵闇の恐怖」は敵のほとんどの特殊行動を封じられるが、効果は1ターンだけなので使いどころはよく考えて。 経過ターンに応じて追撃威力が上がるサポアビから光防御DOWNがなくなっているのが地味に嬉しい。 マルチバトルでは自分にしか効果がない。 【種族】星晶獣• 【タイプ】バランス• 【得意武器】剣• 【サポート】落日の堕天司:経過ターンに応じて自分の闇属性追撃効果UP• 夏の夜がフェイトエピソードの主舞台になっているためか闇属性。 アビリティ構成は土SSR時代からほぼそのまま引き継がれており、癖が無く扱いやすい。 闇属性でも希少なマウント効果はこちらでも健在。 【種族】ハーヴィン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】杖• 【入手方法】レジェンドガチャ(サマーナイトロシュ) 評価 ハロウィン仕様のフェザー。 …といっても本人はお菓子よりイタズラだけど結局拳にたどり着くのは変わらない様子。 サポアビにより狙われやすく、かばう&被ダメカウンターも持っているが、味方を守るよりも魂の拳集め用…と敵と真向から殴り合う事しか考えていない。 ウェポンバーストも持っている事から開幕数ターンの爆発力も折り紙付き。 魂の拳はそのまま累積攻撃UPになるので純粋に高攻撃力となる。 なおライバルであると同属性になったため一緒に使えるようになった他 フェザーは「敵の攻撃を受けて手数攻め」に対してランドルは「敵の攻撃を受けずに奥義攻め」と凸凹してながらもそれぞれ噛み合っている様子。 魂の拳をどう3つ集めるかが鍵となる。 発動後は確定TA3ターンで奥義が出せるようになり、魂の拳を更に集めて再び発動させて…とこれが軸で立ち回る事となる。 なお最速で出そうとすると3アビと2アビを使って奥義を放ちかばった後の2ターン目。 本人は 背水LBがあるとはいえ HPが低めであり大技を受けるのには向いていない。 そのため従来の「味方を守る為のかばう」より「魂の拳を集める為のかばう」として使うことになる。 奥義で「魂の拳」が2集まるため開幕から2アビとセットで使う事で3集めることが可能。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】• 【得意武器】格闘• 【入手方法】レジェンドガチャ(ゴーストナックル) 評価 任務を遂行すべく、虚空より舞い降りた「月の民」のエージェント。 そちら側としてはかなり異質で、人間の非合理性を「興味深い」と評する変わり者。 出自のせいか種族不明でバハ武器の恩恵も受けやすい。 HPの減りを抑えて戦う渾身型の構成。 戦力が整っていないうちでもサポアビにより一定の火力を発揮するため、初心者でも扱いやすい。 得意武器が格闘と槍なのでマグナ武器の恩恵を十二分に受けられる。 そのためイメージ以上に火力を出せる場合も。 ただしサポアビの都合上、背水のセレ拳編成とは噛み合いにくい。 セレ拳編成までのつなぎでセレ槍を多めに投入している場合には一考の価値あり。 回避カウンター付きなのでサポアビの維持にも向く。 【種族】不明• 【タイプ】バランス• 【入手方法】イベント『Second Advent』関心度500達成 評価 闇属性版のスカル。 相棒のノース・ハスキー「スカルジュニア」に騎乗したことで、大幅にステータスとプロフィール欄の身長が底上げされている。 特徴的なのがスリップダメージのリスクを伴うかわりに、TA率を激増させる1アビ。 HP管理の必要は生じるが、言うまでもなく背水編成との相性は抜群。 またサポアピはスカルのHPが低いほど闇属性味方全体のTA率を上げるというもので装備や奥義効果やアビと合わせて全員にTAを連打させることも十分に可能。 3アビのクリティカル部分以外は消去を受けず、ディスペルに強いのも地味ながら嬉しいポイント。 総じて背水編成においてはSSRと比較しても破格の性能を持ち、上手に守る事ができれば非常に高いポテンシャルを発揮する。 HPが高速で減っていくが、サポートアビリティによりTA率がさらに上がる。 基本的には常時使いっ放しにするのが推奨されるだろう。 この手のモードチェンジアビリティとしては珍しく、解除に最低1ターンを要する点に注意。 発動毎に「ジーニアス」Lvが最大3まで累積し、威力が0. 5ずつ、上限も5万ずつ上乗せされていく。 奥義の使用でも追加発動するので、これも込みで考えると長期的な奥義火力はSSRにも劣らないものとなる。 土SR時代と比較して倍率が大きく上がり、デメリットがクリティカル効果に置き換わっている。 【種族】ハーヴィン• 【タイプ】攻撃• 【入手方法】レジェンドガチャ ジーニアス・ジーニアス 評価 5年という長き時を経て念願のSR昇格を果たしたリチャード。 (テレーズに見られてさえいなければ)その強運は健在のようだ。 戦闘中にポーカーのダブルアップを行い、その勝敗にて増減する所持チップの枚数に応じて能力が変動するという大変に異色な性能を有する。 ・チップの所持状況は最大10枚まで、消去不可かつ10T継続。 失敗してもチップ没収だけでターンを回す必要もなく何度でも再挑戦が可能だが、どこでダブルアップに見切りをつけて戦闘を再開するかのさじ加減は 最終的にプレイヤー自身の運と直感へ任される。 戦闘そっちのけでダブルアップにばかりのめり込まないよう注意が必要。 サポアビはガチャ排出キャラでは初めてとなるドロップ率アップ。 エッセル同様サブメンバーに配置しても効果を発揮する上、エッセルのサポアビと共存可能。 なお、ダブルアップ失敗時は手札が配り直しになる点に留意。 8の場合は等確率なので、完全に運を天に任せる他ない。 確実に勝てそうな時に使う他、単純な奥義加速と割り切って使う手もある。 【種族】ヒューマン• 【タイプ】特殊• 【得意武器】銃• 【入手方法】レジェンドガチャ(オブ・ゴールド) 評価• 【種族】エルーン• 【タイプ】攻撃• 【得意武器】格闘• 【入手方法】イベント『コウと空っぽ影法師』エピローグクリア.

次の