スクスタ 最強 キャラ。 ”「スクスタ」=キャラゲー” 認識の私が上級Sランクを叩き出すまでの記録①|かみなりひめ|note

【スクスタ】新規フェス限キャラが強すぎた…!!その強さと運用方法を解説します。

スクスタ 最強 キャラ

「 育成型」「 リズムアクション」「 RPG」。 上の問いの正解は、「 どっちも」ということです。 ところが、 「 ラブライブ!」シリーズのスマホゲームに 対する私の評価は、いつも同じでした。 とどのつまり、 キャラゲーなのです。 強い/弱い という評価軸以前に、 推しがゲットできればそれで良いのです。 「 ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」 (通称:「 スクフェス」)という 明らかな リズムアクションゲーム( 音ゲー)ですら、 キャラゲーだと思っていた私です。 「 スクフェス」だろうが「 スクスタ」だろうが、 推しが手もとにいればそれで幸せ!!!!! ……だったのですが。 どうも、心持ちが変わりました。 最近の私の欲望は、これです。 好きなキャラで好きな曲をクリアしたい! せっかくの 推しも、 肥やしにしていたら もったいない。 好きな楽曲もあるわけだし、 推しと一緒にクリアしたい! そう思った私は、友人や後輩の力を借りながら、 「 スクスタ」の勉強を始めたのです。 そんな私が感じた、 「 スクスタ」の 取っつきにくさについて 今日は書き連ねていきます。 そして、 攻略にはこれらの知識が 不可欠です。 「 スクフェス」時代には、 「 スマイル」「 クール」「 ピュア」 という 3種類の属性が存在してました。 しかも、 キャラクターと楽曲の両方に。 また、それぞれについて ・ スコアを伸ばすのが得意 ・ 体力を回復するのが得意 ・ ノーツ判定を強化するのが得意 といった3つのタイプが存在していました。 では、「 スクスタ」はどうなのでしょうか? 以下に挙げる表を見てみましょう。 (表を作るときに脳内再生されました) 話を戻すと、 推しを余すところなく手に入れたいオタクは、 重課金勢になるしかないのです。 「 24種のキャラが一網打尽なんだ」になりたい。 ともに 黒澤ダイヤですが、 名前の左にあるアイコンに注目。 「 巫女舞ステップ」の方は、 エレガント属性の スキルタイプ。 「 ラピヌ・ミミ」の方は、 クール属性の Spタイプになっています。 「 スクフェス」から「 スクスタ」に来てみると まずはこの 24通りの組合せに面食らうのです。 さらに、 楽曲にも属性があるのは従来通り。 楽曲と同じ属性のスクールアイドルを多く編成して プレイすることが重要なのは同じです。 しかし、 属性は倍増しているという……。 2,プレイ中に見る場所の多さ 「 スクフェス」は 流れ来るノーツをタップするという 単純明快な音ゲーでした。 9人のメンバーを編成するので、 9箇所をタップすることにはなります。 とはいえ、 半円状に並んでくれているので 慣れてくれば何の問題もありません。 では、「 スクスタ」に移りましょう。 「 スクスタ」の大きな特徴は、 ノーツをタップすると ボルテージが増加する一方、 自身の スタミナを減少させるという点です。 稼いだボルテージを気にしつつ、 スタミナの減りにも留意する必要があります。 さらに、編成したスクールアイドルを 3人組に分けた 「 作戦」というものが存在します。 青・ 赤・ 緑の 3つの作戦を使い分けて、 楽曲のクリアを目指していくことになります。 (公式の見解としては……) 他にも、「 SPゲージ」や「 アピールチャンス」など 用語の数々に圧倒されてしまいます。 一見、何の変哲もないプレイ画面のようです。 しかし、これだけで優に 画面の10箇所以上に 気を配らなくてはなりません。 同時に複数のことを意識してこなすことが重要です。 3,初心者殺しの表示 以下に挙げる二つの編成を見てください。 どちらも、実際に運用していた編成です。 さて、 上下の編成のうち どちらが強いと思いますか? これ、勘のいい人はすぐ分かると思います。 「 ライブパワー合計」「 スタミナ合計」 さらには「 平均アピール」。 これら全て 下の編成の方が高いですよね。 ということで、 答えは、下の編成だ! ……というわけでもないのです。 正確に言えば、 下の編成が強い場合もあるし、 上の編成が強い場合もあるのです。 たとえば、 上の編成は スマイル属性のスクールアイドルが 多めに組まれています。 ということは、 スマイル属性の楽曲であれば、 高いボルテージを稼げそうです。 放言してしまえば、 「 ライブパワー合計」や「 平均アピール」は 強さにほとんど結びつかない表示なのです。 私も、長らくここに騙されていました。。。 -・・- -・・-- ・・-・ では、以上のポイントを踏まえた上で、 どのように楽曲をクリアしていけばよいのか? 私の経験や見聞を交えて、 次回以降に書いていきたいと思います。

次の

【朗報】桜内梨子ちゃんまさかの人権キャラwwwww【スクスタ】

スクスタ 最強 キャラ

個性ライブスキル 2. 特技ライブスキルの【疑似ボルテージ獲得】も比較的にボルテージ貢献度が高く、スキル面から見てもアタッカー向きです。 個性パッシブスキルの【同属性】対象を活かすためにも、 ナチュラル属性のアタッカーとして採用するのがベストです。 ただし、同属性のSPタイプのアタッカーにはフェス限エマちゃんやフェス限海未ちゃんと言った、強豪が存在しています。 特に、 フェス限海未ちゃんは類似効果のスキルを持ちながら、ステータスとスキルの効果量が上回っているので、新規UR梨子ちゃんの完全なる上位互換です。 また、 SPタイプのアタッカーでありながらSPゲージ回収能力がなく、結果的に中途半端な性能になってしまっているのも残念な点です。 【Noble Princess】朝香果林 強さ評価: 3. 7 役割: アタッカー 個性ライブスキル 2. 配分としてはテクニック寄りではありますが、フェス限以外のガチャ産キャラの中では、アタッカーとして十分に優秀なステータスと言えるでしょう。 さらに新規UR果林は、 最もボルテージ貢献度の高い【同作戦】対象のアピール増加を特技ライブスキルに持ち、アタッカーとしての性能に拍車をかけています。 ピュア属性は他の属性と比べてアタッカーの層が手薄ということもあるので、 同属性のアタッカーとして十分活躍が見込めるでしょう。 今回の新規果林も例外ではありません。 また、 個性スキルの性能が低いところも欠点です。 そのため、 カード単体の汎用性はどうしても低いと言えるでしょう。 【Noble Princess】高坂穂乃果 強さ評価: 4. 0 役割: サポーター 個性ライブスキル 5. さらに個性ライブスキルには最強の【永続】アピール増加を持ちます。 イベント配布キャラでは歴代最強のサポーター、ガチャ産のキャラを含めてもTOPクラスのサポーター性能と言えるでしょう。 さらに、今回のUR穂乃果ちゃんはイベント配布カードということで、合計で最大3枚獲得することができます(ポイント報酬:1枚、ランキング報酬:2枚)。 1凸することで個性ライブスキルのレベルを上げることができるので、 絶対に2枚取りはしておきたいところです!サポーター運用のため、3枚取りの恩恵はほとんどないです(アタッカー性能は元々低いので、ステータスだけ上げても意味がない)。 また、上でも述べた通りイベント配布故ステータスが低く、 アタッカーとしての活躍は見込めません(なおさらアタッカーに不向きなSkタイプでもあります)。

次の

”「スクスタ」=キャラゲー” 認識の私が上級Sランクを叩き出すまでの記録①|かみなりひめ|note

スクスタ 最強 キャラ

・特技のアピ増加が同作戦で強い• ・パッシブで全員のアピール増加• ・メインでもサブでも役立つ性能• ・特技のVo増加割合が高い• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・クール編成で強力な性能• ・高アピでVoを稼ぎやすい• ・パッシブが同作戦内アピ増加で倍率が高い• ・特技と個性でVoを獲得• ・特技が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・個性の対象も全員アピ増加でどの編成でも役立つ• ・アピールが高め• ・アピ値が高く特技が3年編成で活躍• ・パッシブは全員のアピール増加• ・パッシブでスマイルのアピ増加• ・AC成功時に確率でCRT率アップ• ・1年生&スマイル編成で強力• ・アピールが高くVo稼ぎに役立つ• ・特技のアピール増加が1年編成で強力• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・高アピールで2年編成をすると特技も強い• ・高難易度ピュア曲で役立つ• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・高アピールでSP特技のVoを増やしやすい• ・パッシブの効果がテクニック編成で使える• ・特技でVoを獲得できアピールも高め• ・同属性のアピ増加でクール曲のVo稼ぎで有用• ・個性が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・特技でもボルテージ増加が可能• ・ライブスキル発動でアピ増加• ・特技とパッシブでアピ増加• ・パッシブが全員なのでサブでも役立つ• ・Voでアピ値が高め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・SP特技に特化した性能• ・パッシブは同属性のテク増加• ・アピが高めでテクが上回るのでCRTでVoを稼げる• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・パッシブの同学年アピ増加が2年編成で有用• ・高テクでクリティカルを狙いやすい• ・パッシブで同属性のテク増加• ・特技のSP上昇が高難度曲で役立つ• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・テクが最も高くアピ値も高いのでCRTでVoを稼げる• ・1年編成で強いVoタイプ• ・特技で全員のアピール増加• ・個性2種で1年のアピール増加• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブの同学年テク増加が3年編成で活躍• ・スマイル曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・Voタイプでメイン作戦に役立つ• ・SP獲得増加が高難易度曲で有用• ・AC成功時に確率でシールド獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技と個性でSPゲージを獲得• ・スマイル曲のSP要員として活躍• ・高テクニックでクリティカルを狙える• ・特技で全員、パッシブでスマイルのアピ増加• ・効果解除が一部の楽曲で有用• ・スマイルのサブ編成でも役立つ• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブは同属性のテクニック増加• ・CRTが出やすく個性のSP特技UPを狙いやすい• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは同作戦のテク増加• ・トップクラスのテクニック持ち• ・パッシブで全員のテクニック増加も可能• ・サブ作戦でもSP特技発動メンバーには編成するのがおすすめ• ・手持ち次第でピュア曲のメイン編成に• ・SPゲージ獲得に優れた性能• ・パッシブで全員のアピール増加• ・特技でVoを獲得可能• ・ピュア編成のVo要員として活躍• ・特技の同作戦アピ増加が強い• ・パッシブで同作戦のテク増加• ・ピュア編成で特技発動率を上げるときに有用• ・特技で全員のVo、個性で全員のアピ増加• ・対象が全員なのでサブや切替作戦でも有効• ・メイン作戦は特技と個性強化後におすすめ• ・アピ値がとても高い• ・特技で全員のアピ増加• ・クール編成なら個性でさらにアピ増加• ・アピよりテクのが少し高くCRTで稼ぎやすい• ・パッシブは同属性のアピ増加• ・クール編成で活用• ・特技のSP獲得が序盤でSP特技が必要なACで役立つ• ・テクニックが高くクリティカルを狙いやすい• ・パッシブの同属性アピ増加がサブでも役立つ• ・特技でSP特技Vo、パッシブでアクティブのテク増加• ・作戦切替の編成でSP特技でのVo稼ぎに有用• ・特技でSPゲージ獲得量上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・SP獲得要員+CRTでアピールを稼げる• ・ナチュラル曲や統一編成のメイン作戦に最適• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・バランスが良いステータス• ・ナチュラル曲や編成でおすすめ• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・特技発動率関連の特技とライブスキル持ち• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・Vo要員がいない時のメイン• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・同作戦が多くメイン向きの性能• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同属性のテク増加• ・SP編成やサブで回復役もこなせる• ・パッシブが同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・AC時30%で終了までアピ増加• ・個性を強化するとより強力に• ・エレガント曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・特技のSP獲得増加でVoを稼げる• ・特技でSP特技の回転率が早まる• ・アピ値が高いがテクがさらに高いのでCRTを狙える• ・パッシブで同作戦内のテクニックが増加• ・特技でVoを獲得• ・アピ値高めのVoでエレガント曲で役立つ• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・ステータスは全体的に低い• ・パッシブの対象が全員なのでサブ作戦でおすすめ• ・特技で同作戦の特技発動率アップ• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスが低め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・楽曲開始時30%でSPゲージを獲得可能• ・特技でSPゲージを獲得• ・ステータスは低め• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・揃ってないときのメインVo枠としても使える• ・特技で同属性の特技発動率上昇• ・パッシブで全員のアピ増加• ・サブ編成のアピ増加で役立つ• ・バランスが良いステータス• ・パッシブが同作戦内でテク増加の倍率は高め• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技で同作戦2人の特技発動率を上昇• ・確率でGd切替時回復を大幅強化• ・切替が必要な高難度曲で有用• ・特技でVoを獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスは低いが切替編成のサブで有用• ・特技でアピ、パッシブでテクを全員増加• ・高スタミナで特技の回復量が多い• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・楽曲開始40%でシールド獲得• ・自身でVoは稼ぎづらい• ・高スタミナで特技はシールド獲得• ・ピュア曲で回復が足りないときに有用• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・スタミナが高く特技で回復しやすい• ・個性でも回復やスタミナ増加が可能• ・特技でスタミナを回復• ・パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・特技でシールド獲得、パッシブで全員のスタミナ増加• ・回復役として役立つ• ・テクニックが高いのでクリティカルを狙いやすい• ・高スタミナで回復要員として優秀• ・特技で回復、個性でシールド獲得も可能• ・アピールが低くVoを稼ぎづらい• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・メイン向きだがVoは稼ぎづらい• ・特技のシールド獲得が優秀• ・バランスが良いステータスでスタミナ維持とVo稼ぎが可能• ・スタミナが高く特技のシールド効果も得やすい• ・パッシブで自身以外のスタミナ増加• ・Skなのでメイン作戦に使いづらい• ・特技で回復、パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・高難度ピュア曲の回復役として役立つ• ・特技でシールド獲得、パッシブで同作戦内のテクニック増加• ・回復役がいないときや曲の属性に合わせた編成で有効• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技でシールド獲得• ・パッシブで同属性のスタミナ増加• ・回復要員がいないときのメインorサブで活用• ・特技でダメージを軽減• ・メインはVoを稼ぎづらいのでサブのスタミナ底上げに• ・特技でボルテージ獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・アクティブのメイン編成でも使える• ・特技でシールド獲得• ・Gd編成時に個性の回復が役立つ• ・ナチュラル曲の回復役で有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同作戦のスタミナ増加• ・サブのシールドで要員で活用• ・特技はシールド獲得だがステータスが低め• ・パッシブは同属性のアピール増加• ・パッシブで全員のテクニックを増加• ・高アピの穂乃果編成なら50%の確率でアピ増加もあり• ・ステータスは全体的に低め• ・パッシブで同属性テク増加なのでピュア編成のサブに• ・アピール値が低くSkなのでメインは非推奨• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ステは低いのでピュア編成のテク増加要員で編成• ・パッシブで自身以外のスタミナを増加• ・個性のSP獲得量増加率が高め• ・ステは全体的に低め• ・特技のCRT率アップがテク編成で有用• ・パッシブで全員のテク増加なのでサブに編成• ・アピール値が低くメインで使いづらい• ・エレガントのテクニック重視編成で活用可.

次の