年末の挨拶 メール。 アポイントのメールの書き方・返信の仕方|初めて/年末/年始

年末の挨拶文例:ビジネスの基本マナーについて【まとめ】

年末の挨拶 メール

また、きちんとした言葉遣いをすることも大切なポイント。 敬語が誤っていたり「てにをは」の使い方に違和感があると、せっかくの挨拶メールが台無しになってしまいます。 送信前に声に出して内容を確認したり、先輩にチェックしてもらうなど、万全な状態でメールを送るようにしましょう。 お客様へ初めてメールでご挨拶する場合の例文 次に、挨拶メールの例文をご紹介します。 -既にお取引きがあるお客様に対して、前任からの引き継ぎで挨拶メールを送る 平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 不慣れな部分も多々あり、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、 いち早く貴社のお役に立てるよう努めます。 本来であれば直接伺うべきところですが、まずは書面にて失礼いたします。 なお、引き継ぎの挨拶メールは、タイミングや内容によってはトラブルの元にもなりかねません。 どこまで書くか、いつ送るかについては、前任の担当者や上司と相談をしておきましょう。 -新規(未取引き)のお客様を紹介され、挨拶メールを送る• 今年も残すところわずかとなりました。 お忙しくお過ごしのことと存じます。 ますます寒くなってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 年末のお忙しい時期かと存じますが、くれぐれも体調にはお気を付けください。 本年は大変お世話になりましたこと、御礼申し上げます。 ・年末年始の挨拶 年末年始はほとんどの会社が休暇となりますが、企業によって休業日が異なる場合もあります。 「いつからいつまでが休業で、いつから営業開始なのか」がわかるように工夫しましょう。 また、年の変わり目ですから、これまでのお礼や新年への意気込みを簡潔に述べ、お客様に新年を気持ちよく迎えていただけるようしたいものです。 旧年中はひとかたならぬお愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。 より一層ご満足いただけるよう、誠心誠意努めてまいります。 何卒ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。 何かございましたらご連絡ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 年末の挨拶を送ったのであれば、年始の挨拶は必ずしも送る必要はありません。 打ち合わせのアポイントを打診する、資料を送る場合などに、冒頭と締めに年頭の挨拶を書き添えておく程度で良いでしょう。 なお、「明けましておめでとうございます」などの年始の挨拶は、1月7日の松の内までが一般的です。 地域によって、1月15日までが松の内とされるケースもあるため、予め確認しておくと良いと思います。 ・夏季休暇の挨拶 夏季休暇を含めた長期休暇の前には、下記の挨拶を送っておくと良いでしょう。 「夏季休暇のご案内」などの件名でお知らせする場合もありますし、通常のメール内の署名の下部にお知らせ欄を設けておくというやり方もあります。 明確な決まりはありませんが、お客様にご迷惑がかからないように何かしらの形でお知らせしておきましょう。 誠に勝手ながら、弊社では夏期休暇のため下記の通り休業させていただきます。 予めご了承いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 最後に、社内で使える挨拶メールをご紹介します。 ・異動先の新しい上司に送る挨拶 異動前の上司への挨拶はなるべく直接行うのがマナー。 ただし、上司が会議や出張で席を外している場合は、メールで挨拶を送っておくと良いでしょう。 一般的な挨拶だけでなく、上司との会話のきっかけになるようなネタも書いておくと、その後のコミュニケーションがスムーズになります。 今週はご不在と伺いましたので、まずはメールにてご挨拶をさせてください。 若輩者ながら、ご一緒する機会を頂戴できましたら大変幸いです。 後程直接ご挨拶させていただければと思いますが、まずは書面にて失礼いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 節目となる時期に送るのが挨拶メール。 ご紹介した定型の挨拶だけでも十分ですが、ポイントを押さえたうえで、相手に気持ちが伝わる挨拶メールを送りたいものですね。

次の

年末の挨拶文例:ビジネスの基本マナーについて【まとめ】

年末の挨拶 メール

社会人として仕事をしている上で、ビジネスマナーは絶対に欠かせません。 ビジネスマナーと一口に言っても、敬語の使い方から始まり、メール、接客・電話応対、名刺の渡し方、挨拶の仕方など様々です。 ビジネスマナーがしっかりしていないと、上司や取引先の相手、同僚にも良い印象は与えられません。 相手に迷惑や不快な気持ちを与えないためにも、ビジネスマナーについては心得ておきましょう。 年末の挨拶メールは社長や取引先相手などに書く必要がある 当然、忙しいを理由にビジネスマナーをおろそかにしてはなりません。 特に、12月に入り、年末年始にかけてどの企業も忙しくなるでしょう。 しかし、それを理由に年末の挨拶メールを書かない・適当に済ませるなどは決してしてはいけません。 年末の挨拶メールは、自社そして取引先の相手に書くことになります。 自社といえども適当な年末の挨拶のメールを送るわけにもいかないですし、取引先に至ってはきちんと書かなければ、その後の会社同士の関係に悪影響が出てしまう可能性すらあるのです。 ビジネスマナーに則った、年末の挨拶メールのポイントや注意点を知っておく必要があります。 自社へ年末の挨拶メールを送るタイミングは仕事納め日で良い 多くの企業の仕事納めは、クリスマスが過ぎた大体28日~30日の間からが多いでしょう。 自社の場合は仕事納めの日に送れば良いですが、取引先へのビジネスマナーに則った年末の挨拶メールを送るタイミングとしては、クリスマスが終わった直後ぐらいが良いです。 あまりに早く送りすぎてしまうのもおかしいですし、年末ギリギリに送っても見てもらえない可能性があります。 そして、取引先相手への年末の挨拶メールに、以下の内容は必ず記載しましょう。 ・件名 ・メールの宛先の名前 ・本文 ・休業期間 ・年始の営業開始の日付 これらを書かずして、年末の挨拶メールを送る意味はありませんので、漏れ・失礼がないように確認しながら書いていきましょう。 年末の挨拶メール紹介【例文】 自社に年末の挨拶メールを送る場合は、明確な書式があるわけではありませんので、失礼のないように感謝の気持ちや仕事に関することを述べましょう。 取引先の場合は、上記の通り、記載すべき内容を盛り込んだ上で締めの挨拶まできちんと書く必要があります。 それぞれのパターンについて例文をみていきましょう。 今年も残すところあと僅かとなり 何かとご多忙の日々を送られていることと存じます。 貴社におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 それと共に、今年一年大変お世話になり、厚くお礼を申し上げます。 尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りになります。 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 年末の挨拶メールでは自社と取引先とで内容・送るタイミングを分けて例文を参考にしよう ここまで、ビジネスマナーに則った年末の挨拶メールのポイントや例文を紹介してきましたが、いかがでしたか。 メールでは相手の顔が見えない分、言葉の選択、構成、正確な情報が必要です。 一歩間違えれば誤解を生んでしまい、ややこしい問題に発展する場合もあります。 しかし、ビジネスマナーに則った年末の挨拶メールを送れば、お互い気持ちの良い締めくくりと年始を迎えることができるでしょう。

次の

年末の挨拶 例文

年末の挨拶 メール

ありがとうございます。 しかし、普段の仕事では単純なミスが多く、振り返れば、やり直しの指示を頂いてばかりの一年でした。 来年はそうしたミスの回数を減らすため、細心の注意を払って業務を行っていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、より一層の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年もよろしくお願いいたします。 その際には何かとお時間を取ってご相談に乗って頂き、誠にありがとうございました。 現在は先生にご指導いただいたことを活かし、日々の業務に向き合っております。 とは言え、少しは慣れたもののまだまだ社会生活で迷うことや分からないことも多いので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 お身体にお気をつけ、良き新年をお迎えください。 さて、ここまで年末の挨拶メールへの送り方を見てきましたが、逆に誰かから年末の挨拶メールを受け取った場合の返信について、取り上げてみましょう。 まず、ビジネスにおけるメールの返信は当日中、遅くとも翌日までが期限です。 やむを得ず、メールを見るまでに時間が掛かってしまった場合には、「返信が遅くなってしまいまして、誠に申し訳ございません」など、お詫びのメッセージを入れておくのが基本です。 年末の挨拶メールも、たいていは最終営業日の数日前に届きますので、このルールに従って返信すればOKです。 返信内容は、最初に挨拶メールを受け取った事への御礼を述べる以外は、通常の年末のメールと同じで構いません。 御礼だけでは片手落ちですから、自社の休業情報などもきちんと伝えるようにしましょう。 この度はご丁寧に年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年も引き続きよろしくお願いいたします。 年末の挨拶メールは、基本的に相手を訪問する手間を避けるために送るので、通常は送った相手をわざわざ訪問することはありません。 逆に訪問をするのであれば、そこで直接挨拶をすれば良いわけで、やはりメールを送る必要はなくなります。 しかし、年末は、1年の御礼の挨拶にかこつけて、普段あまり行くキッカケのない取引先に行くチャンスでもあります。 もちろん、取引先への挨拶は直接訪問するのが一番ですから、伺うことに問題はありません。 とは言え、普段から顔を出している相手であれば、そのついでに挨拶をすればいいのですが、そうでない場合は、あらかじめアポイントをとってから訪問するのがマナーです。 また忙しい年末ですから、長居は先方に対して失礼です。 メールで希望する日付と時間帯を複数上げて選んで貰い、所要時間も伝えておくようにしましょう。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年末の挨拶メールの結び.

次の