スピードテスト 目安。 ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか|やさしくねっと.

快適なインターネットの回線速度とは?

スピードテスト 目安

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の

ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか|やさしくねっと.

スピードテスト 目安

ネットの「応答速度」である「Ping値」を測定する方法を紹介! 「Ping値」はサイトやアプリでカンタンに計測できます。 オンラインゲームなどでネットを利用するなら回線の「応答速度」はとても気になりますよね。 「Ping値」は「50ms」未満が快適に利用できる数値の目安になります。 測定方法や数値の目安の詳細についても記事内で順に解説していきます。 「Ping」について詳しく知りたい方はで詳しく解説しているので、参照してみてくださいね。 それでは「なるほどWi-Fi」がおすすめする「Ping値」測定サイトとアプリから見ていきましょう! 「Ping値」を測定できるおすすめサイトを紹介 「Ping値」を測定するサイトはいろいろとありますが、おすすめのサイトはになります! SPEEDTEST 計測する手順はサイトにアクセスして 【GO】ボタンを押すだけで、「Ping値」「ダウンロードスピード」「アップロードスピード」の3つのデータが測定できます。 利用方法にもよりますが、 「Ping値」は「50ms」未満が目安になり、「ダウンロードスピード」はネットでWebサイトの閲覧が中心であれば、「10Mbps」あればかなり快適にネットを利用できます。 「アップロードスピード」はファイル共有など大容量データを頻繁にやりとりしない限りは、「ダウンロードスピード」が確保できていれば、あまり気にしなくても問題ありません。 【SPEEDTEST】を実際に利用してみればわかりますが、シンプルで使いやすいだけでなく、暗い背景に【GO】ボタンの色合いも視認性が良くとてもキレイで、デザインもかなり良い印象です。 測定中のグラフの動きなども滑らかで、動きを見ていれば測定の待ち時間も気になりません。 以前測定した計測結果も確認することができますしサイトの「利便性」「デザイン性」「機能性」などとても高水準で、使いやすいサイトなので「Ping値」を測定するなら【SPEEDTEST】を利用してみて下さいね。 「Ping値」を測定できるおすすめアプリ3選 おすすめアプリ3選• Speedtest. net• Speedcheck• SpeedTest Master おすすめアプリ1:Speedtest. net 「Ping値」を測定できるおすすめアプリですが、まず1つ目のアプリ「Speedtest. net」は、おすすめサイトで紹介した【SPEEDTEST】のアプリ版になります。 アプリを立ち上げると中央に「スタート(GO)」と表示されていて、「スタート(GO)」をタップすれば計測が始まります。 画面がとてもシンプルなので、迷うことなく利用することができる使いやすいアプリです。 計測するテストサーバーも選択することができて、リアルタイムでグラフが表示されます。 過去のレポートを見ることもでき、計測結果を画像として保存できるので、テスト結果の共有もカンタンです。 「Ping値」測定アプリなら「Speedtest. net」が一番おすすめです! 「Speedcheck」は下記からダウンロードできます。 おすすめアプリ3:SpeedTest Master 3つ目のアプリは「SpeedTest Master」です。 計測方法はアプリを立ち上げ「始める」ボタンを押すだけです。 計測ボタンを押した時広告が表示されることがあるので、使い勝手が少し良くありませんが、検索結果にどの程度速いかを帯域幅のグラフで表示してくれます。 1点気にする部分としては、計測結果は「ping」という表示ではなく「ネットワーク遅延」というように日本語訳で表示されているので、「ネットワーク遅延」の数値を参照するようにしましょう。 「SpeedTest Master」はiOSのみになります。 「SpeedTest Master」は下記からダウンロードできます。 以上3つの「Ping値」測定アプリを紹介しました。 特にこだわりがなければ【SPEEDTEST】のアプリ版「Speedtest. net」がおすすめです!「Ping値」はサイトやアプリでカンタンに計測できるのでぜひ試してみて下さい。 次章では実際に計測した「Ping値」の目安を解説していきます。 紹介する数値を「Ping値」計測の参考にしてみて下さいね。 「Ping値」の速度は「50ms」未満を目安にする 「ping」値 スピード 30ms以下 速い 50ms 普通 100ms以上 遅い 「Ping値」の速度は表にまとめましたが、数字の低い方(低いほど速い)がより快適にネットを利用することができます。 「Ping値」は50msくらいが理想的な数値で、100ms以下なら快適に利用できる速さになります。 LINEやSkype、オンラインゲームではリアルな通信を連続して行うので、 「Ping値」値が高く通信速度が遅いとタイムラグが発生して、快適にネットが利用できなくなります。 特にオンラインゲームについては素早い動きや発射回数など、より速さを求められるゲームもあり 「応答速度」が遅くなると、PCやスマホから入力した指示が反映されるまで時間がかかってしまい、相手の攻撃についても実際より遅いタイミングで受け取ることになります。 ゲーム中のタイムラグは、格闘ゲームであれば避けたつもりでも相手の攻撃が当たってしまったり、自分の行動も遅れて反映されるので、良いタイミングで攻撃したつもりでも避けられてしまったりします。 快適にオンラインゲームを遊ぶには「Ping値」にそれなりの速さが必要になります。 オンラインゲームで遊ぶときの「Ping値」の目安については下の表を参考にしてみてください。 「ping」値 ゲームのジャンル 15ms以下 FPS、格闘などの対戦ゲーム 50ms以下 RPG、育成などのゲーム 100ms以下 将棋、囲碁などのゲーム 待ち時間がそれほど気にならないタイプのゲームであれば、「Ping値」は高くてもそれほど問題ありませんが、やはり シューティングや格闘ゲームなどアクションが多く、素早い動きが必要なゲームの「Ping値」は「10ms」以下が理想になります。 「Ping値」はできるだけ低いほうが良いけど、計測してみて数値が高い場合どうすれば良いのか気になりますよね。 次章では数値が高い時はどうすればを解説していきます。 「Ping値」のスピードを改善する3つの方法 「Ping値」を改善する3つの方法• 無線(wifi)から有線(LANケーブル)に変更する• 「Ping値」の速いプロバイダに乗り換える• ルーターを変更する 「Ping値」のスピードを改善するには、遅くなっている原因を解消する必要があります。 「Ping値」が高い(=遅い)原因は、主に「wifi」「プロバイダ」「ルーター」の3つが原因となっていることが多いので、その原因を取り除くことが、スピード改善に繋がります。 それではスピードが遅くなっている原因ごとに、3つの対応方法を解説していきますね。 1:無線(wifi)から有線(LANケーブル)に変更する まず無線LAN(wifi)を利用していると、 電波干渉を受けたり、ルーターからの離れると速度が低下したりします。 無線(wifi)から有線(LANケーブル)に変更すれば、電波干渉も受けず、距離的な問題もなくなり、ネットへの安定した接続が可能になります。 安定性が上がれば「Ping値」も、プロバイダ規定の接続スピードを最大限活かすことができるので、スピード改善に繋がります。 またLANケーブルの規格が古いと回線速度に影響が出る場合もあります。 すでにLANケーブルを利用していて回線スピードが気になるようであれば、新しいものに変えることで、速度が改善する場合もあります。 LANケーブルを取り替えるときは、現在一般的な「カテゴリ6」の規格のLANケーブルに替えてみることをおすすめします。 2:「Ping値」の速いプロバイダに乗り換える 回線スピードは、プロバイダとの契約プランによっても違いますが、 自宅から基地局までの距離なども影響します。 速度が同じプランであってもプロバイダが違えば、基地局も異なるので、自宅からの距離も変わってきます。 ですので、プロバイダを変更することで同じようなプランであっても回線速度が違うので、現状利用しているプロバイダの「Ping値」が遅いのであれば、回線スピードの速いプロバイダへの乗り換えを検討しましょう! 3:ルーターを変更する wifiを利用している状況であれば、ルーターとの距離はとても重要で、ルーターに近いほど「Ping値」は低くなります。 ルーターまでの物理的な距離や遮断物も回線スピードに影響しますが、 ルーターの性能によっても「Ping値」は変わってきます。 ですが、ルーターが「Ping値」の高い原因になっているとはなかなか特定することは難しいです。 最近の機種ではそれほど問題はないかと思いますので、古いルーターを使っているのであれば、ルーターの変更も検討してみましょう! 「Ping値」を測定する方法のまとめ 「Ping値」を測定する方法のまとめ• 「Ping値」はサイト、アプリで測定できる• 「Ping値」の速度は「50ms」未満を目安にする• オンラインゲームは遊ぶジャンルで目安の「Ping値」が違う• 「Ping値」の改善には有線ケーブルやプロバイダ乗換を検討する 「Ping値」の測定する方法を紹介しました。 「Ping値」はサイトやアプリでカンタンに測定できるので、数値が気になる方は、ぜひ測定してみてください。 特にオンラインゲームは遊ぶジャンルによって「Ping値」の目安が違うので、快適にプレイしたい方は、「Ping値」を測定してスピードが遅いようであれば、この記事で紹介した、有線ケーブルやプロバイダ乗換などの改善方法もご検討くださいね。

次の

「Speedcheck」通信速度の計測方法と見方を解説|正確なスピードを計測

スピードテスト 目安

「インターネットの速度の目安ってどのくらいなんだろう?」 「自分が今利用している回線速度って遅いのかな?」 と思われたことはありませんか? 回線速度ってどれくらいの速度があれば、速いのか遅いのか自分で判断するのって難しいですよね。 速度の目安がわからないと、実際は遅い速度なのに、それに気づかず使い続けてしまっている場合も。 この記事では 様々な用途に合わせて、ランク別で回線速度の目安を紹介!! 自分の回線速度を計測する方法や、目安に達していなかった時の対処法も解説していきます。 私のインターネットの速度が遅いかも、、、と不安な人も、この記事を読めば、遅いかどうかはっきりとわかり、速度を改善することが出来ますよ。 ぜひ参考にして、快適にインターネットを利用していきましょう。 Dランク|1Mbps〜 Dランクの回線速度でできること 1Mbps SNS メール 音声通話 低画質の動画視聴(480p)• Dランクの場合は「WiFiは必要なし」 目安の速度を下回ってしまう程遅くストレスになってしまうので、できる限り目安の速度を目指すようにしましょう。 2.実際に回線速度を計測してみよう! 必要な回線速度の目安がわかったら、次に今現在の回線速度がどの程度出ているのかを調べてみましょう。 方法は非常に簡単で、Googleで「」と検索するだけで計測することができます。 計測結果で左に表示された「ダウンロード」の数値を参考にしてください。 下の画像の計測結果では26Mbpsの回線速度が出ているので、Aランクほどの速度が出ているということになります。 ほとんどの作業は「ダウンロード」の速度が重要になってきますが、「アップロード」の速度が大事な場面もいくつかあります。 「アップロード」の速度は、SNSやLINEなどで何かを送信する時や、生放送や配信をするときに必要です。 「写真や動画の送信が遅い」「生放送が頻繁に止まってしまう」と感じる場合には「アップロード」の速度も確認してみましょう。 3.速度が足りていない場合は回線を乗り換えよう! ここまで、回線速度の目安や、回線速度の計測方法について紹介しました。 自分の用途に必要な速度を十分に満たしている人は、快適に利用することができます。 ですが、「自分の必要とする回線速度に達していない、、、」という人もいるのではないでしょうか。 ここからは、回線速度の改善方法について紹介していきます。 回線速度の改善で、一番確実な方法が新しい回線への乗り換えです。 大本となる回線自体を乗り換えない限り、どれだけネット環境や設定を見直しても速度改善はあまり期待できません。 また、古い回線の場合、料金プランの改定が行われておらず、最新の回線より料金が高いということもあります。 新しい回線に乗り換えれば、速度改善もできますし、料金も安くなる場合もあるのでおすすめです。 ランク別におすすめの回線を以下にまとめてみました。 外でも利用したい人• すぐに利用したい人• 転勤や引っ越しなどが多い人• 利用料金を少しでも安くしたい人 光回線は、導入するために開通工事をする必要があります。 工事は時期によっては1か月以上かかる場合もあり、マンションや家によっては工事自体が不可能ということも。 すぐに利用したい人やすぐに速度改善をしたい人、転勤や引っ越しをよくする人は注意が必要です。 また、利用料金も後に紹介するホームルーターやポケットWiFiより高いため、少しでも安く利用したい人にもおすすめできません。 光回線の口コミ ほとんどの人が100Mbpsを超えた速度で接続できていてます。 光回線が繋がりました。 J:COMと比べるのも失礼なレベルの速度です。 まあ光ってこういうモンだしね。 — すすきのジゴロウ コンサドーレリレーションシップパートナー susukino456 全体的に利用していて非常に満足だという声が多く見られました。 回線2.Bランク(外)に必要なポケットWiFi Bランクの回線速度を求めている人におすすめなのは、ポケットWiFiです。 速度は大体10Mbps以上は安定して出ることが多く、Bランクの用途であれば快適に利用できます。 ポケットWiFiがおすすめな人• 速度制限が気になる人• 同時に3人以上で利用したい人• オンラインゲームを遅延なくプレイしたい人 ポケットWiFiは、たくさんインターネットを利用していると速度制限にかかってしまいます。 無制限と謡っているWiFiも、厳密には速度制限がある場合が多くあるので注意しましょう。 また、複数台の機器を同時に接続した場合、どうしても速度が落ちてしまうこともあります。 ポケットWiFiの口コミ ほとんどの人が10Mbps以上で接続できています。 古い光回線からの乗り換えで、ポケットWiFiのほうが速度も速くなって非常に満足だというコメントも。 回線3.Bランク(屋内)に必要なホームルーター Bランクの回線速度を求めている人にもうひとつ、おすすめなのがホームルーターです。 速度は大体30Mbps以上は安定して出ることが多く、光回線とポケットWiFiの間くらいの性能となっています。 ホームルーターがおすすめな人• 速度制限が気になる人• 外でも利用したい人• オンラインゲームを遅延なくプレイしたい人 ホームルーターはコンセントがない場所では利用ができないので、基本的には屋内での利用に限定されます。 オンラインゲームを利用するための回線速度は出るものの、光回線のように直接線を引っ張っているわけではないので遅延の心配がありおすすめできません。 ホームルーターの口コミ 光回線ほどの速度は出ませんが、100Mbps近い速度が出ています。 今朝もWiMAX(Speed Wi-Fi HOME L02)は絶好調です。 HOME01も使いましたが、断然L02の方がおすすめ。 安定感・通信速度が違います。 よくできたホームルーターです。 回線4.Cランクに必要なフリーWiFi Cランクの回線速度を求めている人におすすめなのは、フリーWiFiです。 フリーWiFiがおすすめな人• 安全に利用したい人• 低速だと厳しい人• 動画視聴に利用したい人 ポケットWiFiがなくても無料で利用できるので、とても便利に思えるフリーWiFiですが実は様々な危険があります。 例えば、通信内容が覗き見され、クレジットカードや口座情報、SNSのパスワードの流出や、ウイルス感染のリスクなど。 同じフリーWiFiを利用している人数が多くなれば多くなるほど速度が落ちたり、お店によって利用制限があったりなど様々ですね。 速度もCランクからDランクほどの速度のものが多く、サイト閲覧をするだけでも非常に低速な場合が多いです。 フリーWiFiの口コミ 空港のフリーWiFiは比較的高速だという口コミが多く見られましたが、そのほかのフリーWiFiは速度が速くてもよく途切れる、繋ぐまでの設定がややこしい、速度が遅いなど様々でした。 新幹線にフリーwifiついたのか!と意気揚々繋いだのに全く使えなくて速度調べたらこんな結果。 誰がこんなの使うんだよw kbpsとか久々に見たわw BNRスピードテスト 画像版 最高速度:153. 43kbps 平均速度:83. 40kbps — Dr. 熱血 keioha 最初は速度が速かったのに、人が増えるにつれて全く速度が出なくなったという口コミも多くありました。 4.回線ごとのおすすめプロバイダを紹介! ここからはより具体的な話で、最もお得に利用することが出来るプロバイダ(回線を提供してくれる会社)について紹介します! 先ほど紹介した光回線やホームルーターなどの回線は、色々なプロバイダが提供してくれているんですね。 例えば、光回線だけでもフレッツ光やeo光、NURO光などプロバイダはたくさんあります。 実は、このプロバイダ選びを間違えると、とても損をしてしまうことがあるんですね。 理由は、プロバイダによってキャンペーン割引があったり、料金が大きく変わってくることがあるからです。 そこでここでは、最もお得に申し込みができるプロバイダをそれぞれおすすめの回線ごとに紹介していきます! 回線選びとプロバイダ選びさえ終わってしまえば、残るは数分程度の申し込みだけです! 4-1.光回線はNURO光がおすすめ NURO光がおすすめな理由は以下の3点です。 回線速度が速い• 月額料金が安い• ソフトバンクユーザーには割引が入る ほとんどの光回線が最大速度1Gbpsまで対応してるのに対して、NURO光は2Gbpsまで対応しています。 1Gbpsでも十分な速度ではありますが、2Gbpsに対応しているNURO光のほうがファイルの転送速度が速くなるのでおすすめです。 更に、他社と比べても月額料金が1,000円ほど安く、ソフトバンクユーザーであれば毎月スマホの利用料金も500円から1,000円割引されます。 もし家族4人全員がソフトバンクユーザーであれば月額最大で4,000円の割引、年間で48,000円もの割引が入るので嬉しいですね。 速度面・料金面で強いNURO光は光回線の中で特におすすめです。 回線速度が速い• 月額料金が安い• 速度制限の条件が緩く制限後もある程度快適 WiMAXは、ポケットWiFiの中で回線速度が一番速いポケットWiFiです。 ポケットWiFiは利用しすぎると速度制限にかかってしまうのですが、WiMAXは速度制限の条件が緩く制限後も快適に利用することが可能なんですね。 ネットを3日間で10GB以上利用すると翌日夜間のみ速度制限にかかってしまいますが、かかったとしてもYoutubeの標準画質が見れる程度のものなので非常におすすめです。 また、 WiMAXを提供するプロバイダごとに大きく異なるのは料金だけなので、一番料金の安いプロバイダのを選ぶようにしましょう。 WiMAXを申し込む場合の注意点 申し込む場合に希望の端末を選ぶことができるのですが、ポケットWiFiなら「W06」、ホームルーターなら「L02」を選ぶようにしましょう。 その他の機器は、古いモデルなので速度が遅くなっています。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 5-1.無線機器 ポケットWiFiやホームルーター、光回線の場合は無線ルーターなど、利用している無線機器が低速度の原因の場合があります。 基本的に古い機器は速度が遅いものが多かったり、消耗により本来の速度が出せないことがあるからです。 このような場合には、 新しい速度の速い機種を新調することによって対策できます。 ポケットWiFiやホームルーターの場合には、新型機種が出ているようであれば新調しましょう。 光回線で無線ルーターを利用しているのであれば、家電量販店などで売っている比較的新しく速度のはやい無線ルーターを選ぶようにしましょう。 5-2.LANケーブル LANケーブルを接続している場合は、LANケーブルが原因かもしれません。 LANケーブルが古い規格の場合や、折り曲げなどによる物理的ダメージで消耗していると、回線速度に影響が出る場合があります。 LANケーブルの規格はCAT6aを選べば速度に不満なく利用できます。 利用年月が長く、見るからに消耗しているLANケーブルの場合は買い替えを検討してみましょう。 LANケーブルの選び方についてはこちらの記事で詳しく解説しているので是非参考にしてみてください。 5-3.端末 PCやスマホなど、端末側の設定や状態が原因という場合もあります。 例えば、速度の速い無線ルーターを利用していても、端末側が対応していない場合は速度はあまり出ません。 また、端末が消耗によって状態が悪い場合、電波受信が困難になり回線速度が出ないということもあるんですね。 端末側の設定の見直しや、端末自体に故障がないか確認してみましょう。 5-4.無線環境 無線環境の場合、端末と無線機器との距離が離れすぎていることが原因かもしれません。 無線機器と端末間の距離を近づけて利用するか、無線中継器を用いて環境を改善させましょう。 また、最近の無線機器は、2. 4Ghzと5Ghzという2種類の電波が存在していて、どちらを利用してWiFiにつなげるか選ぶことが出来ます。 4Ghzは障害物に強いですが電子レンジなどの電波に弱く5Ghzより速度が遅いという特徴があります。 5Ghzは速度は速いですが障害物などに弱い特性を持ちます。 一度この2つの電波を切り替えるなどして様子を見てみてみるのもいいでしょう。 周波数に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。 それぞれの特徴について解説します。 上り(アップロード) サイトによって上りをアップロードと表記していることもあります。 上りは、パソコンやスマホからファイルやデータをインターネット上に送信する回線速度です。 上りが大きければ大きいほど、メールの送信やSNSでの画像や動画をアップロードするといった、 ネット上にアップロードする速度が速くなります。 下り(ダウンロード) サイトによって下りをダウンロードと表記していることもあります。 下りは、インターネット上からファイルやデータをパソコンやスマホに受信する回線速度です。 下りが大きければ大きいほど、サイトの読み込みや動画の読み込みといった、 ネット上からダウンロードする速度が速くなります。 用途にも寄りますが、一般的に上りよりも下りのほうが重要になりやすいです。 そのため、商品パッケージなどに表記されている「最大速度」は、上りではなく下りの速度を表記していることが多くあります。 6-3.ベストエフォート インターネットの回線を契約する時や無線ルーターを購入する時、よく目にする速度の数値は「ベストエフォート」と呼ばれるものが多いです。 ベストエフォートとは、名前の通り「最大の努力」をした場合に出る回線速度を表す速度。 例えば、ベストエフォート値が1733Mbpsの無線ルーターを購入したからと言って、常に1733Mbpsもの速度が出るわけではありません。 ベストエフォートはあくまで「最大の努力」をした結果の数値で、WiFiの設置環境や時間帯、接続する機種の相性など全てが完璧な状態で計測した結果の数値です。 普段利用する際にベストエフォート値近い速度が出ることはまずあり得ないため、 ベストエフォート値の10ほどの速度が出れば十分と思いましょう。 6-4.ping pingとは、パソコンやスマホからサーバーにデータを送り、そのデータが返ってくるまでの時間を数値化したもので、単位はミリ秒(ms)で表されます。 データが返ってくるまでの時間が短ければ短いほど、遅延なくスムーズにネットが利用できるので、 ping値は小さければ小さいほどいいです。 上り下りのbpsと似ていますが、bpsはどの程度のデータ量を送受信できるかに対して、pingはどの程度遅延が発生するかを知ることができます。 pingは少しの遅延が大きな障害となるオンラインゲームをしてる場合に特に重要で、pingの数値が高いとゲーム中の遅延も大きくなってしまうんですね。 30ms以下のpingであれば快適にできますが、サーバーが海外にあるようなゲームではpingも大きく遅延も大きくなってしまうでしょう。 まとめ 回線速度の目安や測定方法、速度の改善方法などについて解説してきました。 回線速度を測定し、5年以上回線を変えてないなという人は回線を乗り換えてみて速度の改善を試みましょう。 回線速度の目安を参考にして、快適なインターネットライフを送ってくださいね。

次の