二重整形 有名。 おすすめの二重整形|クリニック選びのポイントや人気の二重術など

てんちむの二重まぶたは整形?天然?目のメイク方法とは?

二重整形 有名

名医がいると評判の二重整形クリニックを厳選 切らない、痛くない、そして仕上がりの精度も高い二重整形の施術が可能になっている現在。 とはいっても、どのくらい綺麗なまぶたになるか、やはり 医者のテクニックや蓄積された経験で変わってきます。 こちらのサイトで取り上げているのは、名医がいると評判の二重整形クリニック。 まずは、その中でも特に口コミ評価が高い5院をセレクトして、施術の特長や費用、口コミなどを比べてみました。 各クリニックの名医のプロフィールも紹介していますので、こちらも要チェックですよ。 と、その前にクリニック選びで見るべきポイント 二重の整形を施術している美容外科はたくさんあり、費用もピンキリ、評判を調べると良い口コミも悪い口コミも見受けられるので、選ぶ基準が難しいですよね。 良いクリニックに出会うために、チェックすべきポイントは3つあります。 医者の経験と技術 医者の技術力が低いと術後の腫れが強くなる可能性があります。• クリニックの特徴 口コミや公式HPの情報公開をチェックするのも手です。 医者がたくさん在籍しているクリニックは、ウェブ上で評判の良い医者に施術してもらえない可能性もあるため注意が必要です。• カウンセリング方法 自分の希望をしっかり聞いてくれた上で、その希望が叶えられるか良い事も悪い事も伝えてくれるか確認しましょう。 営利目的の美容外科が世の中にはたくさんあり、カウンセラーにノルマが課せられているところもあります。 自分にその施術が本当にあっているか、冷静に考えましょう。 真崎 信行 】 美容外科歴25年以上、日本美容外科学会の学会長歴もあるドクター。 眼瞼下垂や脂肪吸引においては自ら「痛くない」「腫れない」治療法を考案し、海外での学会発表、海外メディアへの出演なども行う。 世界の名医の一人に選ばれるなど、国内外から高い評価を獲得している。 【 真崎式埋没法 】 Dr. 真崎が考案した、 切らない、腫れない、痛みのない二重整形の施術法。 まぶたを開けているときだけ持ち上げる挙筋法(きょきんほう)をベースにしていて、 美しく、自然に近い見栄えの二重まぶたに仕上げることができる。 時間が経っても戻りにくいのも特徴。 「トライアルシステム」というサポートを取り入れており、万が一仕上がりが気に入らなければ、 手術費を返済のうえで元の状態に戻してもらえる。 傷跡やダウンタイムの不安もなく、治療の翌日からメイクができたという口コミも多く見られる。 施術の評判を聞いて、海外から受けにくるケースも多数とのこと。 クリニックの特徴 切らない二重整形を考案したDr. 真崎の施術を受けられる。 施術の評判を聞いて、著名人や海外の患者から施術を依頼されたケースも多数。 画像を送ればネットでの無料カウンセリングも受けられる。 公式サイトURL 真崎医院で二重整形した人たちの口コミ集 先生の丁寧な治療のおかげで、アイプチなしじゃ外に出れない重たい目がキレイな二重になって感激です。 (19歳女性) スタッフの方の丁寧な対応が安心感を与えてくれます。 他のお客さんに会う事のないよう完璧な配慮があったり、手術後の状態に気を配ってくれたりとパーフェクトな治療を受けることができました。 (25歳男性) 二重整形が切らなくてもできる、と噂の真崎医院で治療をしていただきました。 整形というと痛いイメージがあったのですが、痛みが少なく術後はすぐにまぶたが上がってビックリ。 (50歳女性) 手術直後なのに、以前他院で受けた時の2ヶ月後くらいの落ち着き方でびっくりしました。 先生の信念ある治療と間違いない術後の仕上がりに大満足でした。 福田 慶三 】 日本形成外科学会、日本美容外科学会の専門医を取得するドクター。 アメリカで世界的に有名な形成外科医のもと、コンピューターシミュレーションを用いた全顔整形の補佐を2年間手がける。 帰国後、大手美容外科での勤務を経てヴェリテクリニック銀座院院長に就任。 【 全切開法 】 皮膚が厚い場合もキレイな二重にできる切開手術が評判。 カウンセリングでは、まぶたの厚みから眉毛の高さまでを考慮して、最も美しく見えるデザインを提案してくれる。 治療法は皮膚切除あり、なし、脂肪切除の3種類から選ぶことができ、高度な施術を受けられる。 クリニックの特徴 日本形成外科学会専門医であるDr. 福田の施術が受けられる。 アメリカで行われている美容医療を学ぶなど、最新の治療を実践している。 最先端のシミュレーション画像、完全個室によるカウンセリングも好評。 公式サイトURL ヴェリテクリニックで二重整形した人たちの口コミ集 福田先生の腕前は評判どおり。 憧れの優しいたれ目を手に入れることができました。 (20代女性) 施術後は目元に深みが出て、別人のように若返りました。 憧れのちょい悪おやじを実践中です。 (60代男性) 希望通りの目になるように何回も頭の中でイメージすることができたので、治療は不安もなく落ち着いて受けることができました。 飯田 秀雄 】 患者の声や要望にこまめに耳を傾け、学び向上することをモットーにしている東京院の院長。 美容外科で15年の経験があり、特に目の整形手術には定評がある。 【 SMK(スクエア・マルチプル・ノット)埋没法 】 3点、あるいは6点でまぶたを固定する二重手術。 片方5分ずつで終わるスピーディな施術ながら、二重の定着率は99%(6点固定の場合)と効果は高い。 通常は切開が必要な幅広の二重にも対応している。 クリニックの特徴 サーマクール認定医などの数々の資格を取得する飯田医師の治療を受けられる。 高度な医療技術をベースにした独自の施術方法を実践している。 公式サイトURL リッツ美容外科で二重整形した人たちの口コミ集 数日のあいだ腫れが残ったものの、落ち着いたら理想通りのラインになっていて良かったです。 (20歳女性) 先生や看護婦さんの対応がとても丁寧で、全力を尽くしてくれていると感じました。 (40歳女性) クリニック内で他の患者さんと顔を合わせないよう気遣ってくれるのがありがたいです。 伊藤 康平 】 聖心美容外科・東京院の院長を務めるドクター。 日本美容外科学会専門医、レスチレン認定医などの数々の資格を取得している。 海外での学会活動や美容雑誌・メディア出演も精力的に行っている。 【 マイクロメソッド埋没法 】 ミニ切開、全切開、目頭切開、目尻切開の4つの手法で行うデザイン自由度の高い切開手術が好評。 優しい印象のナチュラル二重から、西洋人顔のくっきり型まで、なりたい二重のイメージに合わせて施術を行ってもらえる。 クリニックの特徴 日本美容外科学会専門医・Dr. 伊藤の治療が受けられる。 似合わないものは似合わないとハッキリ伝える親身なカウンセリングが好評。 公式サイトURL 聖心美容外科で二重整形した人たちの口コミ集 先生のデザインセンスのおかげで、誰にも気付かれることなく程よく二重に変化することができました。 (42歳女性) カウンセリングでゆっくり丁寧に話してくれて分かりやすかったです。 (20歳女性) 腫れはかなりひどかったですが、眼鏡をかければあまり目立たず、二重のラインも思った通りになりとても嬉しいです。 岩田 浩嗣 】 日本形成外科学会専門医であり、20年以上の実績を誇るベテランドクター。 アイデザイナー、美容皮膚科、物資内科が一丸となって治療を行う目元専門医院・アイビューティークリニックの院長をつとめる。 【 ナチュラルアイビュー 】 二重埋没法と一緒に美容皮膚科での目元のスキンケア治療が受けられる。 事前に目元のむくみやたるみをケアしておくことで、数年後もバランスの良い二重をキープすることが可能。 クリニックの特徴 日本形成外科学会専門医・Dr. 岩田が院長をつとめる目元専門の美容クリニック。 医師、アイデザイナー、美容皮膚科が一丸となった目元のトータルケアを受けられる。 公式サイトURL アイビューティークリニックで二重整形した人たちの口コミ集 他院のプチ整形が取れてしまいこちらに通ったところ、理想の形の二重になることができました。 (20代女性) 手術日は緊張していたのですが、先生が笑わせてくれたり、スタッフの方が気配りしてくれて緊張がほぐれました。 痛みが少ない手術で、口コミや評判通りのクリニックでした。 (30代女性) モデルのようなはっきりした二重にしようと思っていたのですが、先生にオススメされた幅が狭い二重にすることにしました。 友達に「自然でいい感じだよ」と言われ、素直に聞いて良かったです。 (20代女性) 安心&確実な二重整形なら「真崎医院」がおすすめ 二重整形の名医がいるクリニックの中で、当サイトがいちおしするのは代官山にある「真崎医院」です。 体験者の口コミを見てみると…。 アイプチなしじゃ外に出れないほどの重たい目がキレイな二重になって感激!• 手術直後なのに他院で受けた時の2ヶ月後くらいの仕上がりの安定感でした。 術後の腫れの少なさにビックリ。 痛みもほとんどなくて安心できた。 二重整形を検討している人にとっては、二重にしたらどんな表情になるのかも気になるところ。 豊富な画像を閲覧すれば、施術後の状態を具体的にイメージできます。 治療前、治療中、治療直後…とリアルな写真を公開しているクリニックはなかなかないですよね。 治療直後の写真を見ても、技術の高さが感じられます。 仕上がりの評判を聞いて、著名人や海外の人から施術を依頼されるケースも多いとのことです。 人気の施術!埋没法とは? 施術中や施術後の痛み・腫れが少なく、メイクをするように短時間で二重になれる施術です。 低料金で目の印象を気軽に変えられる『埋没法』は、美容整形のなかでも最もポピュラーな二重整形手術です。 髪より細い特殊な糸を使用し、二重のラインに沿って数か所留めるだけの簡単な施術で、両目を合わせて10分程度で終了します。 麻酔をするため施術中の痛みも少なく、当日から洗顔やシャワーをすることも可能です。 縫い留めているだけなので、万が一のやり直しや、元に戻す施術も簡単におこなえます。 埋没が向いているのはこんな人!• メスを入れずに二重にしたい方 まぶたを切開せずに、糸の力で二重にする埋没法。 メスを入れないため術後の腫れや痛みも少ないことが利点です。• 元の目に戻す可能性がある方 糸で縫い留める施術法の埋没法は、糸を外せば元の形に戻すことができます。 切開法は元の形に戻すことができないため、ちょっと試してみたいという方の場合は埋没法がおすすめです。• ダウンタイムをなるべく短くしたい方 切開法は術後の腫れが1週間程度続きますが、埋没法はほとんど腫れず、腫れたとしても1~2日程度でおさまります。 そのため、ちょっとした連休を使って、仕事などに支障をきたさない施術が可能です。 予算や当日の過ごし方、施術方法の詳しい内容など、疑問に思うことや不安に感じることは何でも相談しましょう。 笑気麻酔をほどこすクリニックもあります。 メスを使用せずに医療用の特殊な細い糸で留めるため、施術はおよそ20~30分で終了します。 術後の過ごし方などを確認し、医師の指示に従いましょう。 ぶっちゃけ ダウンタイムはどのくらい? 多くの美容クリニックHP等で、二重まぶた埋没法のダウンタイムは「2日~1週間」程度と記載されています。 術後や翌日は腫れや糸で留めた箇所が目立つ場合が多く、施術当日の帰宅時などはサングラスなどを持参しておくことがおすすめです。 2~3日も経てばアイメイクをすることができますので、多少の腫れや糸で留めた箇所などをある程度ごまかすことが可能です。 しかし、元の顔を良く知る方から見えれば、まぶたの変化などがすぐにわかってしまうことも。 腫れが完全に引き、予定していたイメージの二重まぶたになるにはだいたい2~3ヶ月かかる場合が多いです。 どうしても整形したことが周りにばれるのが嫌だ!という方は、腫れがある程度落ち着く最低でも1週間程度は休みを取る方が無難です。 腫れにくくするためには? 埋没法の施術後は多少の腫れが生じますが、人によっては腫れが長引くことがあります。 ダウンタイムが長く取れないなど、早く腫れを引かせたい場合はちょっとした工夫が必要です。 まず、施術前はアイプチやアイテープの使用を控え、まぶたに炎症を起こさないようにしましょう。 そしてできる限りまぶたに負担をかけない施術にするためにも、無理のない自然な二重幅を希望することが大切です。 施術中は目をギュッとつぶるなどして力を入れないようにすると、内出血や腫れが起こりにくくなります。 できるだけリラックスした状態で、目に力を入れないようにしましょう。 施術後は熱いお湯での入浴や激しい運動、アルコールなどの摂取を控えておきましょう。 保冷剤をタオルやガーゼでくるみ、患部を冷やすことも効果的です。 費用の相場 二重まぶた埋没法の費用相場は、だいたい5万円~13万円ほど。 平均すると8万円程度です。 何点留めにするか、麻酔はどうするかの施術方法や、保証期間はどうするかなどのアフターケアの内容によって、価格が大きく異なってきます。 価格が安いところは一点留めのみであったり、麻酔などのオプション料金が発生したりする場合もあります。 カウンセリングなどで料金体系をしっかりと確認し、納得したうえで施術を受けるようにしましょう。 糸はとれてしまうの? 埋没法は糸でまぶたを留める施術法のため、時間が経つにつれて糸の緩みが生じたり、取れてしまったりすることは避けられません。 まぶたの皮膚は人体のなかでもかなり薄い箇所のため、まばたきをしたりメイクや洗顔をしたりという日常生活の行動でどうしても糸にダメージが生じてしまいます。 二重が取れてしまう前には、「二重の線がぼやけてくる」、「二重の幅が狭くなる」などの前兆が起こる場合があります。 だいたい数年は二重が持続しますが、糸が取れてしまう前兆を感じたら取れると思った方がいいです。 手術後に糸が取れてしまった場合は修正をしてくれるクリニックもありますが、同じリスクを背負わないためにもさらに腕の良い医者に修正してもらう「他院修正」も検討したほうがいいでしょう。 埋没法のメリット・デメリット メスを使わない施術のため、施術時間が短く施術中の痛みや術後の腫れなどが少なく、患者の負担が軽いことがメリットです。 周囲に気付かれにくい、美容整形のなかでは安価に施術が受けられる、ということも大きな利点だと言えます。 デメリットは切開法と比べ永久的な施術方法ではないため、数年で二重まぶたの効果が消失します。 人によっては長く二重が持続しますが、幅が狭くなったり線がぼやけたりと、ピーク時の美しさを保持することが難しいです。 また、糸についた色が透けて見えたり、施術箇所から菌が入って炎症を起こしたりというトラブルが生じることがあります。 クリニックに行く前に知識をつけよう! 二重まぶた埋没法は美容界では手軽な施術のため、商業目的化されているケースがほとんどです。 そのため、予備知識を持ってクリニックを選ばなければ、必要のない手術を勧められてしまうことがあります。 例えば、まぶたの脂肪除去手術を同時に勧められるケースが挙げられます。 まぶたの脂肪を除去すると腫れぼったい印象が解消される、というイメージを利用しているパターンです。 一般的には埋没法だけで十分に変化を感じられますし、まぶたの腫れぼったさは皮膚や皮下組織の厚みが原因であることが多いため、脂肪除去にはあまり意味がないことがあります。 また、「特別な針」や「特別な糸」を利用するため価格が上がる、というケースにも注意が必要です。 一般的な埋没法に利用する針や糸などは通常で十分細く丈夫なため、効果を持続させるという目的などでない場合は特殊なものは必要ありません。 このように、商売目的で不要な施術やオプションをつけられることのないよう、クリニック選びは慎重におこないましょう。 あなたのなりたい目を明確にしていきましょう。 末広な二重 日本人に似合いやすい二重です。 自然で綺麗な二重なので、どなたにも好かれやすい目元になります。• ナチュラルな奥二重 一重まぶたよりも全体的に目が大きく、丸く見えます。 印象を大きく変えたくないという人におすすめです。• 平行二重(幅広・幅狭) 平行二重はくっきりした二重が特徴的です。 幅広はハーフのような印象のはっきりした二重で、濃いめのアイメイクなどを好む人に向いています。 幅狭は大人っぽく穏やかな印象の二重になります。• とにかく大きい目 黒目が90~100%見えている目の形は、お人形のようにクリっとした目が特徴です。 埋没法だけでは作りにくい場合、別の手術も要するパターンもあります。 自然で綺麗に見える二重ラインの決め方 二重のラインは、その人の黒目の大きさに合わせて決めると自然になります。 黒目に対してだいたい20~30%以下の太さでラインを取ると綺麗に見えます。 何点止めがベスト? 二重まぶた埋没法について調べていると、一点留め、二点留めなどの糸を留める数を目にすることがあるかと思います。 安価なものでは一点留めの施術が多いため、「点数が多いほど施術のグレードが高い」という錯覚を起こしそうになりますが、たくさん留めるほど綺麗な二重が出るというのは大きな間違いです。 埋没法は抜糸しない限り糸がまぶたのなかに残ったままになるため、留める数が多いほど違和感や炎症などのトラブルが起こる確率が高くなります。 希望の二重ラインによっては三点留めが必要となる場合がありますが、たいていの場合は二点留めで十分理想の二重ラインが作れます。 のちのちのことを考えると、あまり留める数が多数にならない方がよいでしょう。 埋没?切開?施術別特徴をまとめました!• 埋没法 メスを使わず、糸でまぶたを縫い留める施術法です。 術中や術後の痛みが少なく、大きな腫れも数日程度でおさまります。 費用も安価であるため、他の施術よりも気軽に受けられます。 術後2~3日後にはアイメイクも可能になるため、ちょっとした連休などを利用してダウンタイムを過ごすことができます。 半永久的に効果が続く切開法とは異なり、数年程度で効果が消えてしまうというデメリットがあります。 何度も受け直したりするのが嫌な場合や、まぶたの厚みなどで埋没法が向かない場合など、切開法を選択した方がいいケースも。• 部分切開法 まぶたの厚さなどが原因で、埋没法では希望通りの二重にならない場合、部分切開法を使用します。 局所麻酔をほどこし、まぶたの表面に1~2cmほどメスを入れ、まぶたの厚みなどを整えて縫合します。 吸収されるタイプの糸を使用していない場合は、1週間後くらいに抜糸処理をおこないます。• 全切開法 まぶたが厚く腫れぼったい、太い幅の二重ラインを作りたいなどの場合は、全切開法を使用します。 希望の二重ラインに沿ってメスを入れ、内部の組織や筋を切り、眼窩脂肪を除去する処理をしたのち、縫合します。 希望する二重のラインにあわせてメスで施術するため、くっきりとした理想の二重になります。 また、まぶたの腫れぼったさも解消されるため、目元全体の印象を大きく変えることが可能です。 部分切開と同じく、1週間後くらいに抜糸処理をおこないます。 当サイトに掲載している情報は、すべて管理人が独自に調査したものです。 二重整形のクリニックに相談するときには、公式サイトで必ず最新のデータを確認してください。

次の

二重整形の名医を紹介!二重手術が得意な医師一覧

二重整形 有名

有名人や芸能人の二重整形について 現在、一重まぶたや奥二重で悩んでいる方の中には、特定の芸能人に憧れて二重になりたいと考えている方も多いでしょう。 実際にカウンセリングに来られる患者さまの中には、モデルさんやタレントさんの画像をスマホで探して、「こんな二重にしたい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。 最近は一重まぶたのタレントさんなども増えてきてはいますが、テレビなどに出ている方々は、確かに二重まぶたでぱっちりしている方が今でも多いです。 また、デビュー当時は一重まぶたや奥二重だったのに、時を経たら二重まぶたになっていたという方もいらっしゃいます。 年齢とともに自然と二重ラインがはっきりした方もいるでしょうが、どうもよくよく見てみると、プチ整形で二重まぶたにした方、さらに目頭切開や目尻切開、たれ目形成や涙袋形成などで全体的に目元の印象を大きく変えられた方もいます。 そこでここでは、最近の芸能人の二重ラインについて少し見てみたいと思います。 そもそも芸能人に二重が多いのはなぜか 実際に数えたわけではないですが、女性の場合は感覚的に7、8割程度が二重まぶたなのではないでしょうか。 もちろん一重まぶたや奥二重の芸能人も多くいます。 しかし、やはり第一印象としては、ぱっちりした二重ラインの女性が人目を引くのは事実です。 一重まぶたや奥二重よりも二重ラインが入ることで目元が大きく黒めがちに見えるからでしょう。 また二重まぶたのほうが、化粧映えすることも理由のひとつです。 二重のラインがあることでしっかりとした色味や濃紺を目元に出しやすくなります。 雑誌で、一重まぶたや奥二重でも二重ラインに見えるメイク特集などが組まれるのは、世の中的に二重ラインだとメイクがより合うという認識が一般化しているからだといえます。 昔の日本人は一重まぶたが多かったのですが、やはり西洋人に憧れをもっていることも関係していると思います。 西洋人はぱっちりとした二重ラインであることが多いですから、西洋人のような印象になるために二重ラインにしようとする芸能人が多いのかもしれません。 芸能人はそこで整形しているのか? 芸能界の中でも、整形をしているということをカミングアウトしている方はまだまだ多くはありません。 できるだけひっそりと治療をされている方が多いです。 特に人前に出てお仕事をされている芸能人・モデルさんの場合は、術後に腫れや赤みが長引いては仕事に支障があるかもしれません。 また「いかにも整形をした」という術後になってしまっても困りものです。 それではどこで彼女たちは整形をされているのでしょうか。 ここから先は私の妄想にはなりますが、 ・他のお客様とお顔を合わせないように配慮がされているクリニック ・技術力があり症例数が多い医師が担当してくれるクリニック ・医師はもちろんスタッフも含めて、不要な噂などをしない信頼できるクリニック といったところになるでしょう。 逆に、芸能人御用達のクリニックなどと紹介されているクリニックは、芸能人を使って宣伝効果を期待しているケースが多いのではないでしょうか。 本当に有名人がお忍びで来ているクリニックであれば、あえて大々的にそのことを宣伝せずに堅実且つ信頼できる形でクリニックを運営しているはずです。 信頼できるクリニックを選ぶポイント 今回は芸能人の方について考察しましたが、一般の方ももちろん、施術前にきちんとドクターと信頼関係を築くことは重要なポイントとなります。 顔の印象を大きく左右する目を整形するわけですから、一方的に話をしてくるドクターや、細かな手術法を説明しないドクターなどではなく、きちんと相互コミュニケーションが取れる信頼できるドクターにお願いしたいところです。 大手クリニックなどによっては、ドクターをこちらで選ぶことができない場合もあります。 しかし私としては、施術を担当するドクターに直接悩んでいる箇所をしっかりと伝えることができ、且つ希望をちゃんと理解してもらえる関係性を築けるようなドクターを選ぶことが大切だと考えています。 希望する二重ラインを手に入れるために 二重整形手術を通してできるだけ理想に近いラインにするためには、希望する二重の形をしっかりとドクターに伝えることがまずはポイントです。 具体的には、憧れのなりたいラインに近い芸能人やモデルの写真や画像を持っていくなどになります。 目の形や脂肪の状態などで全く同じラインにすることができないこともありますが、きちんとしたクリニックであれば、ドクターがきちんとその旨を説明してくれ、さらに代替案を提案し、よりご自身にあった二重ラインを提案してくれるはずです。

次の

【名古屋】二重整形でおすすめのクリニック7選!安くて評判のいいところは?

二重整形 有名

せっかく二重整形したのに「痛い」「とれる」なんていう失敗をしないためにも、TCBの悪い口コミを調べてみました! 「一重でまぶたが重い」「アイプチを卒業したい」「二重整形で失敗したくない」という方は要チェックです。 失敗?東京中央美容外科TCBの悪い口コミ評判まとめ TCB式1dayクイックアイ埋没法は切らないのに痛い? 「パッチリ二重になりたいけど、痛いのが怖い」という方も多いはず。 痛いという口コミを見ると、不安になってしまいますよね。 で人気の「1dayクイックアイ埋没法」は、切らない二重術。 まぶたの裏側で二重を留める手法なので、まぶたの表に傷をつける通常の埋没法より、痛みが少ないと評判です。 とはいえ、皮膚に糸を通すため、多少の痛みは生じます。 なかには「チクっとした痛みを感じた」「我慢できる程度だったが痛みはあった」という口コミも。 痛くないという口コミの方が圧倒的に多いTCBですが、痛みの感じ方は個人差があるため、一概に痛くないとは言い切れないようです。 ただ、TCBでは痛みの感じ方に合わせた対応ができるよう、麻酔のバリエーションを豊富に取り揃えています。 1人1人に合った、気分が落ち着くような麻酔の仕方をしてくれるので、大きな痛みは感じにくいでしょう。 麻酔の注射も超極細針で行い、痛点を避けた施術をしてくれます。 また、TCBは、術前カウンセリングが丁寧なことで有名。 整形する前は、不安なことがあって当然です。 TBCでは、不安を解消できるまで、医師がしっかり対応してくれます。 痛みはもちろん、傷跡やダウンタイムについてなど、不安なことは無料カウンセリングで納得できるまで相談しておきましょう。 カウンセリングは無料なので、相談して納得できてから施術を検討するのがおすすめです。 「1dayクイックアイ埋没法」の2点留めは、14,300円でできるため、かなり安いと評判。 しかし、まぶたの状態によっては、2点留めだけではきれいな二重にならないこともあります。 理想の二重にするためには、どうしても「まぶたの脂肪除去」や「切開」が必要になってしまう場合も。 そうなると、追加料金がかかってしまうため、思っていたより高くついてしまうこともあるようです。 適切な施術方法は、まぶたの状態によって異なります。 そのため、どれくらいの料金がかかるかの判断は、カウンセリングで確認するのが1番早いです。 カウンセリング自体は無料なので、まずはまぶたの状態を見てもらって、必要になる施術を確認してみるのがおすすめです。 基本的に、カウンセリングの時点で医師が適切な施術法を提案してくれるため、「二重がとれる」なんてことはありません。 万が一、二重がとれてしまった場合も、保証期間中であれば無料で再施術が可能です。 安くすませたいからといって、医師の意向を無視して2点留めにこだわると、失敗につながってしまうので注意しましょう。 ダウンタイムも少なく、術後すぐにメイクもできると評判です。 しかし、「1週間程度は腫れがあった」「ゴロゴロ感があった」という口コミもありました。 腫れるか腫れないかは、体質によっても異なります。 また、施術方法によってもダウンタイムにかかる時間が変わると思っておいた方がいいでしょう。 埋没法は、切開法に比べればダウンタイムが少ないですが、数日から1週間は腫れることもあると考えておいた方がいいかもしれません。 1dayクイック法には、「瞼板法」「挙筋法」の2種類があり、「瞼板法」の方が腫れが少ないといわれています。 ダウンタイムが気になる方は、「瞼板法」を選択するのも1つの方法です。 体質によっては腫れることもありますが、TCBでは施術後の腫れや違和感を感じた場合、すぐに診察してもらえます。 保証制度やアフターケアの体制が整っているため、万が一の場合も安心です。 正直、二重デザインの上手さは、医師によって異なります。 福岡院の村田院長は、「自然職人」といわれる名医。 「二重ならTCBの村田院長」といわれるほど口コミ評判で、自然でバレない二重にしてくれます。 外科医として技術が高いのはもちろん、デザインの美しさにもこだわり、徹底して腫れを抑えた施術を行ってくれるので安心。 福岡で二重整形を考えているなら、TCBの村田院長に相談してみるのがおすすめです。 TCB福岡院の公式ホームページやインスタグラムでは、実際に施術した症例写真を見ることができます。 理想の二重になれそうか、チェックしておきましょう。 福岡院では「Dr指名モニター」という、医師を指名できるモニターもあります。 条件が合えば、料金が100%オフになることも。 ただ、条件が合わなければ、モニター審査で断られたり、たいして安くならなかったりする可能性もあります。 InstagramやYouTubeなど、SNSのフォロワーが多い方は割引額が大きくなりやすいかもしれません。 ただ、モニターは、術前術後の写真や動画提供への協力が必要。 WEB上に写真が公開され、宣伝に使用されるというリスクを考えた上で応募しましょう。 料金重視で「とにかく安く二重整形したい!」という方は、モニターを使ってみるのもありです。 でも、初めての二重整形はどうしても迷ってしまいますよね。 失敗しないためにも、整形を受ける前に、まずは無料カウンセリングで不安なことを相談しておきましょう。 TCBのカウンセリングは丁寧なので、「痛みはないか」「どんなデザインにするか」「料金はどれくらいになるか」など、気になることに全て答えてくれます。 事前に納得できるまで確認しておくことで、後悔しない二重整形ができますよ。

次の