大人 の おもちゃ 捨て 方。 バイブやローターの恥ずかしい大人のおもちゃのゴミ廃棄処分方法

おもちゃ処分のタイミングと方法!収納方法で部屋スッキリを目指せ!

大人 の おもちゃ 捨て 方

スポンサードリンク はじめに おもちゃが増えてきたらから処分する、これは完全に親の都合です。 子供なんて遊んでないし、どうせ忘れてるでしょ。 なんて思ってこっそり処分しちゃう親もいますが、ちゃんと覚えてますよ。 確かに全部覚えてることはないでしょうけど、お気に入りだったおもちゃは何年経っても忘れません。 小さい頃、以前遊んでたおもちゃが無くなってしまい親に聞いたところ、遊んでなかったから捨てた と言われ、なんで勝手に捨てるんだろうってすごく悲しい気持ちになったのを覚えてます。 なので、私の場合は出来る限り残しておきたい派なんですが、現実はそうも言ってられないですよね。 おもちゃを分別する まずは子供に選別させてみる 子供は忘れてるようで意外によく覚えていたりするもんです。 付録に付いていたり、マックのハッピーセットに付いてくるような 細々したおもちゃは、どうでもいいんでしょうけど。 自分が気に入って遊んでたものはしっかり覚えいます。 だた、ここで困るのは子供の自主性を尊重しても、ほとんどのおもちゃは残すということになります。 だったら聞くだけ野暮じゃんって話ですが、これは処分するもの決めるというよりも考えさせることが重要。 選別する過程で、なぜ処分する必要があるのかなど、一緒に考えてみます。 もう全然遊ばなくなったし、場所を取るので邪魔だし、なんとか処分したいっていう場合は、 子供を納得させて処分できるタイミングもあるのであとで紹介しますね。 興味がなさそうなおもちゃはこっそり処分 これはもうほんとに興味を示さなかったり、付録なんかで付いてきたおもちゃに限りますが こういうものは聞くよりもこっそり処分した方が楽です。 使わないおもちゃでも思い出のあるもの 最近使ってないけど、一時期はよく遊んでたなど、思い出のあるおもちゃは箱にまとめて押入れの奥深くへ。 いわゆるおうち版タイムカプセルです。 ついでに、他の思い出の品なんかも入れておけば 、数年後ふとした時にこれなんだっけ?となって懐かしさにひたれます。 スポンサードリンク おもちゃの処分方法 オークションで一石二鳥 我が家では、誕生日やクリスマス時期は、新しいおもちゃがくるから不要になったおもちゃはバイバイしようねと説明します。 親的には売買ですが... 汗。 このように伝えると、新しいおもちゃが手に入るという期待からすんなり納得してくれます。 しかもクリスマス前は、オークションでおもちゃが売れやすい時期。 次に買うプレゼントの資金調達として有効な方法ですよ。 おすすめのオークションはやっぱりYahooオークションです。 利用者は一番多いので落札されやすい。 最近では、手軽さからスマホ専用の「メルカリ」や「LINE MALL」が一気にシェアを伸ばしています。 写真を撮って簡単に出品できるので初心者にも利用しやすいかもしれませんね。 友達や親せきに譲る ジャングルジムやブランコと比較的大きなおもちゃは友達や親せきに子供ができたら譲りましょう。 大きなものってみんな一時的だから買うのを躊躇してしまいがちなんですよね。 ウチもジャングルジムやブランコは友達の家にあったもの狙ってましたからね。 「使わなくなったからいる?」って聞かれた時は、待ってましたと言わんばかりに即答でした。 そして、今はもう使わなくなったので妹の娘が使ってくれています。 リサイクルショップ オークションで出品するのは手間が掛かるし面倒という方は、リサイクルショップならまとめて処分ができます。 但し、利益はほとんどないので捨てるよりはマシと思ったほうがいいです。 おもちゃを必要な子たちへ寄付する 保育園や児童施設、養護施設、乳児園など、おもちゃが欲しくても買えない子供たちはたくさんいます。 おもちゃも喜んで使ってくれる子供たちの元へ行ければきっと幸せなはずです。 トイストーリーにも確かそんな場面があったと思うし。 売るのは面倒だし、捨てるのは可哀想、でも家にも置いておけないなんて場合は、こんな選択しもあります。 ただ、ここで注意してほしいのが、なんでもかんでもあげればいいってもんじゃないです。 壊れたおもちゃはもらった方も迷惑です。 次の子供が喜んで使えるものを選びましょう。 寄付したいけど、どこにすればいいかわからない場合は お住まいの自治体に問い合わせてみたり、ネットでも「おもちゃ 寄付」で検索するといろいろ出てきますよ。 まとめ こっそり処分してたものでも稀に子供からどうしたの?って聞かれることがあります。 でもこの時、正直に「捨てた」っていうのは禁句。 ウチでは必要な子のところへ旅立って行ったよと伝えてます。 そしたら5歳になる娘も「そっか、よかったね。 」と納得してくれます。 子供のおもちゃって増えてくるほんと困りますが、思い出のあるものだと、なかなか手放すことができませんよね。 捨てるかどうか悩むぐらいのものだったらすぐ処分はせず、そのまま残しておけばいいかなと思います。

次の

バイブやローターの恥ずかしい大人のおもちゃのゴミ廃棄処分方法

大人 の おもちゃ 捨て 方

毎年増えていくおもちゃの山に、頭を抱えているパパ・ママはいませんか?生活スペースをおもちゃに占領されて、正直捨ててしまいたいと思いますよね…。 中には子どもに気づかれないように捨てている方もいるかもしれませんが、それは親子の信頼関係や子どもの判断能力に影響を与えることも…。 そこでここでは、 親子で納得できる「おもちゃの分別方法」や「捨て方」をご紹介します。 「リサイクル方法」や「最終的な処分の方法」もお伝えするので、おもちゃの処分の参考にしてくださいね! 子供も納得した上でおもちゃを捨てるタイミング おもちゃの処分で一番困るのが、親が勝手に捨てられないことではないでしょうか。 ここでは、親子で納得しながらできるおもちゃの捨て方や、タイミングについて解説します。 納得できるおもちゃの捨て方のポイントは「1年以内に使ったかどうか」 毎年増え続けるおもちゃに困って、子どもに確認せずに、勝手に捨ててしまう方もいるでしょう。 しかし 子どもに決めさせることなく、親が勝手に捨てていては、子どもが傷つくだけでなく、自分で決めるという能力が育たなくなってしまうかもしれません。 親子で納得できるおもちゃの捨て方のポイントは、「1年以内に使ったかどうか」です。 以下の図に手順を参考にしながら、一緒に分別してみましょう。 おもちゃの捨て方の手順。 まずはおもちゃを箱から全部出して、子どもと一緒に1年以内に使ったかどうかを考えましょう。 使ったものは元のおもちゃ箱へ、使っていないものは「これは捨てていい?」と子どもに聞いてから捨てるようにします。 しかし使っていないものの中に「これは捨てたくない」というものがあった場合は、「とりあえずBOX」に入れて、いったんとっておきます。 半年か一年後に再び「とりあえずBOX 」を開け、「捨ててもよい」と子どもが判断した場合はリサイクルかごみ箱へ、「捨てたくない」と判断したものは「お気に入りBOX」を用意して保存します。 「お気に入りBOX 」の中身がいっぱいになったら、その都度おもちゃの分別をしましょう。 おもちゃを捨てるタイミング おもちゃの整理を日常的にされている方は、捨てるタイミングを気にしないかもしれません。 しかし「整理する時間がない」「大量にたまったおもちゃを捨てるタイミングがわからない」という方も多いと思います。 以下の5つのタイミングで捨てれば、おもちゃを一気に整理して捨てられるかもしれません。 入園・入学で必要なグッズをしまうスペースを作るとき• 誕生日やクリスマスなど、新しいおもちゃを購入するとき• おもちゃの収納スペースがいっぱいになったとき• 年末の大掃除のとき• 引っ越しするとき 上記のタイミングのポイントは、「新しい学年の節目」「新しいおもちゃの購入」「収納可能な量を超えたこと」「大きな掃除のタイミング」です。 このポイントにあてはまるタイミングで、おもちゃを捨ててみましょう。 状態のよいおもちゃはリサイクルショップや不用品回収業者へ 子どもが「捨ててもよい」と判断したもののなかで、状態のよいものは、リサイクルショップや不用品回収業者を利用するのがおすすめ。 リサイクルショップへ持ち込むおもちゃを見分けるポイントは、素人では難しいもの。 明らかに破損していて使えないもの以外は、すべてリサイクルショップへ持って行き、店員さんに判断してもらいましょう。 滑り台やブランコなどの大型のものは、出張買取を利用すれば楽々です。 少しでも買取価格を上げたい方は、おもちゃの箱や説明書も一緒に持って行ったり、汚れを綺麗に落としたり、おもちゃ以外の洋服や家電とまとめて買取りしてもらいましょう。 とにかく捨てたいおもちゃが多くて、「リサイクルショップへ持っていくのも大変」「状態のよいものを分別するのが面倒」という方は、不用品回収業者の利用がおすすめです。 回収のみを行っている場合もあれば、買取りと回収の両方をおこなっているところも。 買取りと回収の両方をおこなっている不用品回収業者は、買取価格から回収費用を引いた額で引取ってくれます。 リサイクルショップでは値段がつかないようなおもちゃの引取りに便利です。 また、子どもにもリサイクル・リユースの大切さを伝えるきっかけにもなるので、買取りや回収をお願いするときに、ただ捨てるのではなく「他の誰かの役に立つ」ということも説明すると良いかもしれませんね。 おもちゃの分別ってどうするの?簡単な見分け方と捨て方 おもちゃの分別のポイントは、「電池を使うおもちゃかどうか」です。 電池を使わない積み木や紙のパズルなどのおもちゃは、可燃ごみに捨てましょう。 自治体によっては紙や木のおもちゃ以外にも、プラスチック素材やレゴブロックなどの樹脂製のおもちゃも可燃ごみになる場合もあります。 各自治体の分別方法にしたがって捨てましょう。 電池を使うおもちゃは、すべて不燃ごみの対象になります。 また、一部が金属でできているおもちゃも不燃ごみとなるので注意しましょう。 捨てる前には必ず、電池をはずすことも大事なポイントです。 電池を入れたまま不燃ごみに出してしまうと、電池から発火して火災の原因になったり、ボタン電池から少量の水銀が漏れ出して環境汚染の原因になったりします。 ごみ箱に捨てられない大型サイズのおもちゃの捨て方 室内用の滑り台やジャングルジムといった、ごみ箱に捨てられないサイズのおもちゃは、以下の2つの方法で捨てましょう。 分解して可燃ごみと不燃ごみに出す• 粗大ごみに出す 粗大ごみに出すと、処分のための料金がかかります。 そのため、 組立式のおもちゃはできるだけ小さく分解し、可燃ごみと不燃ごみに分別するのがおすすめ。 どうしても小さく分解できないものは、最終手段として粗大ごみに捨てましょう。 もちろん、不用品回収業者に回収をお願いすることもおすすめの手段です。 子どもの判断能力を養えるおもちゃの捨て方とリサイクルをはじめよう! 大人には「ごみ」に見えてしまうものでも、子どもにとってはどれも大切なおもちゃです。 無理強いして捨てると、親子の信頼関係に影響がでたり、本当に必要なものを自分で判断する能力が身に付きにくくなったりします。 子ども自身に捨てるおもちゃを決めさせれば、判断能力が養われたり、責任感が身に付いたり、子ども自身の満足感にもつながるでしょう。 不要となったおもちゃも、ごみとして処分するのではなく、まずはリユースすることが大切です。 子どもにとっておもちゃは、必ずしも新しいものである必要はありません。 まだ使えるおもちゃは、次に必要としている子どもへバトンタッチしましょう!•

次の

バイブやローターの恥ずかしい大人のおもちゃのゴミ廃棄処分方法

大人 の おもちゃ 捨て 方

赤ちゃんの頃は、人形や知育おもちゃ、音の出るもの、光るものなど、いろいろとおもちゃ買いがちですよね。 子どもの成長とともに遊ぶおもちゃもどんどん変わっていくもの。 するとおもちゃは増える一方・・・。 使わなくなったおもちゃをどうしようと悩んでいる人も多いのでは?そこでHugKum編集部は、0歳〜12歳のお子さんをお持ちのママ・パパ119人に、おもちゃの捨て方についてリサーチしました! いらなくなったおもちゃの処分はどうする? 半数の人が「捨てる」という回答に。 そのほかは順番に、「捨てずに保管」、「譲る」、「売る」という結果になりました。 やはり考えるより前に手っ取り早く捨ててしまう、という人が多いようですね。 Q:いらなくなったおもちゃはどうしていますか? 捨てる 一番多かった、潔く「捨てる」という回答。 どんどん増えていくおもちゃを収納するところもないので、という理由が多数でした。 正しいおもちゃの捨て方ガイド おもちゃをなかなか捨てられない原因のひとつとして、いざ捨てようと思うとどのように捨てればいいか分からない、悩んでしまうということもありますよね。 その間にもおもちゃはどんどん増えていくという・・・笑 そこで、悩まずにさっと処分できるように、おもちゃ別捨て方をご紹介します。 大型おもちゃの捨て方 捨て方は各自治体によって違います。 大きさや素材などによっても違い、通常のゴミの日に捨てられるものもあれば、粗大ゴミの申し込みが必要なものなどさまざまです。 住んでいる自治体から配布されるガイドブックやウェブサイトなどを確認してみましょう。 ゴミの日に、清掃員の方に聞いてみる、というのも手です。 電池入りおもちゃの捨て方(分別方法) 捨てようとして、ふと悩む人が多いのが電池入りのおもちゃの捨て方ではないでしょうか。 プラスチックのものは燃えるゴミor不燃ゴミと自治体によって違いますが、電池入りの場合は金属が使われているので、基本的には不燃ゴミという扱いになる場合が多いでしょう。 電池は取り外して捨てるのが基本です。 肝心の電池については捨て方がさまざま。 回収車の中で発火する場合もあるようなので、きちんと確認しておきましょう。 <電池の正しい捨て方> 一番多くのおもちゃに使われている 「乾電池」「リチウムイオン電池」については自治体で回収してくれますが実は捨て方についてポイントが。 それぞれの電池の端子部分(プラスとマイナス)にセロハンテープなどを貼り絶縁してから出すのが正しい捨て方なので覚えておきましょう。 音が出たり、ピカピカ光るおもちゃなどに多く使われている 「ボタン電池」、ラジコンなどに使う人が多い 「充電式電池」についてはリサイクル可能なので、販売店や回収業者に引き取ってもらう必要があります。 下記サイトでお近くの引き取り業者を調べることができます。 ・ボタン電池については、 ・小形充電式電池については、 ぬいぐるみ・人形の捨て方 布製のぬいぐるみ、樹脂製の人形などは基本的に燃えるゴミで大丈夫。 とはいえ、顔のあるぬいぐるみや人形は簡単にポイとは捨てにくいもの。 子どもと一緒にありがとうとお礼を言いながら紙袋や包み紙でくるんでゴミ袋に入れるものよいのでは。 プレイマットやベッドメリーなど プラスチックやスチール製の軸にぬいぐるみがついているものなどは、燃えるゴミと燃えないゴミ、場合によっては粗大ゴミに分別して捨てるようにしましょう。 捨てるのはもったいない!その他の対処法 保育園、児童館、児童養護施設、NPO団体などに寄付 小さい子どもが多くいる保育園や児童館などに譲る場合には喜ばれそうです(しかし区立保育園など自治体が運営している園は受け取らない場合が多いようです)。 同じように、児童養護施設や子どもに対する場を提供しているNPO団体などは寄付を募っていることもあります。 周りに譲れるような知り合いがいない場合は、近くの施設に聞いているとよいかもしれません。 おもちゃのリユースで寄付をしてくれるサービスを活用 不要になったおもちゃを適正にリサイクル、リユースしてその売上額を、子どものための団体に寄付するというサービスも最近増えています。 寄付する先を指定することもできたりするので、おもちゃの処分で社会貢献ができることになります。 基本は寄付という考え方なので、送料は元払いになる場合も多いので頭に入れておきましょう。 さまざまなサービスがありますがいくつかご紹介します。 ・ いいことシップ-ECO to SHIP- 日本赤十字社、国境なき医師団など、15ヶ所ほどある中から寄付先を自分で指定することができます。 ・ 国際子供友好協会 主に発展途上国の子どもの支援に役立ちます。 ・ セカンドライフ 回収した箱数でワクチン募金につながります。 納得のいく処分ができれば気分もスッキリ! いろいろな処分の仕方をご紹介してきましたが、一番大事なことはは子どもも大人も納得できるように捨てる、ということではないでしょうか。 親から見るといらないものでも、実は子どもはそこにあるだけで安心できる、というようなものもあるかもしれません。 定期的に一緒におもちゃを見直して、これはもうバイバイしようね、と話ができたらハッピーですよね。 ぜひ自分にあった処分方法でおうちも気分もスッキリさせてください。

次の