バッタ 日本 影響。 バッタ大量発生の現在地はどこ?日本に来る?怖い・ヤバイという声多数!

アフリカのバッタが日本に来る可能性は?影響など調査!

バッタ 日本 影響

下記クリックで好きな項目にジャンプ• サバクトビバッタが日本に来ることは可能? 結論から言うと サバクトビバッタが日本に来る可能性はほぼゼロに近いようです。 実はサバクトビバッタによる蝗害 こうがい は紀元前から度々起きており、頻繁にアフリカ、中東、アジアに被害を与えています。 「え?アジアって言ったら日本も危なくない?」と思いそうですが、長い歴史の中でもサバクトビバッタが日本に渡ってきた記録はないそうです。 サバクトビバッタの被害が及んでいるアジアはパキスタンやインドなどで、日本に被害が及んだことは一度もないとのこと。 そもそもサバクトビバッタが日本に来るには、まずは中国に入る必要がありますが、中国にもサバクトビバッタは侵入することができないと言われています。 中国に侵入できない理由は以下の通りです。 ヒマラヤ山脈を超えられない サバクトビバッタの被害は中国の隣国であるインドやパキスタンまで及んでいるため、「中国への侵入も目前?」と言われていました。 しかし、パキスタンやインドから中国に侵入するには、広大な山々が連なるヒマラヤ山脈を超えないといけません。 サバクトビバッタの最大飛行高度は海抜2000mが限界であるとともに、生息の限界高度でもあるとのこと。 そのことから、平均して3000m級の山が重なる ヒマラヤ山脈をサバクトビバッタたちが超えることは基本的にはありえないようです。 気温が低いと飛行できない サバクトビバッタは名前に「サバク」とつくことから分かるように、暑い気候を好むそうです。 ヒマラヤ山脈の殆どの場所では想像通りに極寒なので、サバクトビバッタも結局 凍えて全滅する可能性が高いみたいですね。 中国への侵入の可能性はゼロではない? 上述した通り、気温や高度の問題でサバクトビバッタは基本的に中国へ入れません。 しかし、今回の爆発的な大繁殖で、 「ヒマラヤ山脈を迂回するサバクトビバッタも現れるのではないか?」とも言われているようです。 独立行政法人経済産業研究所 RIETI というところでは、 (1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート (2)ミャンマーから雲南省に至るルート (3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルート の3つがサバクトビバッタが迂回して中国に侵入する可能性があることを示唆しています。 でも今サバクトビバッタは何でも食べる「群生相」に変化しているので、 「有害な植物を食い荒らして迂回ルートからの侵入する」というのも可能性としてはありそうな気もしますよね。 ただ逆に、長年サバクトビバッタを監視している国際連合食糧農業機関 FAO では、そもそも中国がサバクトビバッタの被害を受ける対象にも含んでいません。 インドは注意を示す 「caution」、パキスタンは脅威を示す 「threat」のカラーで色付けされています。 しかし、肝心の中国はというと、サバクトビバッタの被害対象となる色すら塗られていません。 長年サバクトビバッタを監視している国連の機関が、 「そもそも中国に入る可能性はない」と判断している証拠ともとれますね。 古代からサバクトビバッタの大繁殖の被害はありますが、中国に侵入した記録がないようなので、侵入の可能性は限りなく低いのかもしれません。 サバクトビバッタが海を渡る可能性は? 仮に中国にサバクトビバッタが侵入したら、海を渡って日本に侵入することも想像できます。 そもそも 「サバクトビバッタが海を渡るほどの飛行距離をもっているのか?」というのが気になるところ。 サバクトビバッタの飛行距離とは一体どれほどなんでしょうか? サバクトビバッタの飛行距離 調べてみたところ、サバクトビバッタの飛行距離は1日に 100~200kmの距離だそうです。 また中国ニュースの日本版のネット記事によると、風に上手く乗った場合は700km以上に飛行距離が伸びるのだとか。 飛行距離が700km以上というのはエビデンスがないので正直盛っている感はありますが、風に乗ることで大きく飛行距離を伸ばせることは想像できますよね。 この飛行距離踏まえると、侵入経路次第では日本への飛来も全くのゼロではないのかもしれません。 日本への侵入経路と飛来について サバクトビバッタが海を渡るというのは極めて可能性が低いことです。 ただ上記の飛行距離を踏まえると可能性としてはゼロとは言い切れません。 ではこの侵入経路について深堀りしていきます。 朝鮮半島からの侵入経路 先ほど書いた通り、サバクトビバッタはかなりの距離を飛行します。 しかし、中国から日本までの距離はそれよりも全然ありますから、中国から直で飛来するのは難しいとのこと。 ただサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たら、流石に話は変わってきます。 仮にサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たとしたら距離的にもかなり縮まりますから、 サバクトビバッタの飛行距離でも十分飛来するのは可能です。 下の図を見ても分かりますが、韓国の釜山から対馬経由だと距離も全然近いですもんね。 ん~、ただですよ? 砂漠で生きているサバクトビバッタがそもそも中国大陸を横断して、韓国まで来ること自体がやはり考えづらいですねw 飛行距離的には可能かもしれませんが、中国には寒い地域もいっぱいあるようですから、そこを横断してくることは結構ムリがあります。 台湾から侵入経路 サバクトビバッタが中国大陸を横断して朝鮮半島へ、そこから日本へ飛来というのは色々とムリがあります。 しかし台湾経由だと 可能性的には全くのゼロでもない気もします。 というのも、1928年にフィリピンのルソン島で繁殖したトノサマバッタが、台湾や日本の石垣島、宮古島に飛来して作物を食い荒らしたことがあったとのこと。 台湾に近いフィリピンのバタン島でも200km以上の距離がありますし、石垣島は約500km、宮古島は約590kmほど離れています。 上でも書いたように、バッタ達は風に上手く乗ると飛距離大幅に伸びるので「海上の風に乗って飛来したのでは?」と言われているようですね。 その距離を飛行してきた事実があるということは、条件が揃えば サバクトビバッタも台湾経由で日本に飛来することが可能ということになります。 台湾と中国大陸の距離も近いですしから、飛行距離的にもサバクトビバッタが台湾に渡れることは実質可能と言えます。 可能性的には低いですが、風を利用して長距離を飛行できる事実がある以上、日本も油断できませんね! 日本のカビ エントモフトラ属 に弱い?・・・2020年4月17日追記 サバクトビバッタについてさらに調べていたんですが、彼らが日本に来ても被害の発生はあまり考えづらいそうです。 というのも、湿気が多い日本には「 エントモフトラ属」というカビが存在しており、この カビがバッタにとっては天敵だからのようです。 狭く平原の少ない日本の土地では、バッタ科(トノサマバッタ等)が数世代にわたって集団生活をする条件が整いにくいため、限られた地域でしか発生していない。 また、エントモフトラ属(ハエカビ属・ハエカビ目)のカビを始めとした天敵の存在も、結果として蝗害を抑えていると考えられている[34]。 このカビは寄生性のようで、昆虫などはよく寄生されて命を落とすことが多いみたいです。 仮にサバクトビバッタが日本に飛来したとしても、このカビによって日本国内での被害はかなり小さく済む可能性は高いようですね~。 ちなみに、ウィキペディアによると 「このカビの特性を利用して害虫などの駆除も過去に試された」とのこと。 その試みについての記事は見つからなかったのですが、害虫などがカビによって駆除できたら色々とメリットもありそうです。 ただし、一回も上手く言ったことがないようですよw サバクトビバッタが日本に来る可能性と侵入経路についてのまとめ サバクトビバッタが日本に来るにはまず中国に入る必要があります。 しかし、サバクトビバッタはヒマラヤ山脈を超えれないので、中国に侵入することは現実的には難しいようです。 国連の機関でも中国をサバクトビバッタの被害区域に含んでいないことから、中国侵入の可能性はかなり低いんでしょうね。 ということは、 サバクトビバッタが日本に来ることも現実的には難しいということですね。 仮に中国にサバクトビバッタが侵入しても、平均100~200kmの飛行距離を踏まえると日本への飛来は難しそうです。 朝鮮半島まで来たら流石に海を渡って飛来しそうですが、サバクトビバッタの構造上中国大陸を横断してくるのはまず不可能でしょう。 海を超えてきたのであれば、まず隣国まで侵入していなければ日本には到達できないので、なにかしらニュースになっていてもおかしくなさそうですが・・・。 考えられるものとしては、船に紛れて海を渡って来たとかでしょうか。 ちなみに調べて見たら、「イボバッタ」や「クルマバッタモドキ」というバッタは6月には成虫になっているものもいるようです。

次の

アフリカでバッタ大量発生の第2波、食料不足の危機

バッタ 日本 影響

東アフリカで大発生したバッタの大群が、海を越えて中東、さらに中国やインドに迫っている• 国連の食糧農業機関はその大発生の規模を「70年に一度」のものとも表現している• これによって懸念される食糧不足は人道危機であるばかりか、新型コロナの影響を受ける日本のサプライチェーンをさらに揺さぶりかねない 新型コロナに揺れるアジア諸国にもう一つの危機が迫っている。 アフリカから飛来し、各地で農産物を食い荒らしてきたバッタの大群が、中国西部にまで接近しているのだ。 コロナ蔓延に続くバッタ来襲 中国政府は、地方政府にバッタの来襲に備えるよう通達した。 それに先立って、2月末からにも、バッタの大群による農作物などへの蝗害(こうがい)を防ぐための専門家チームを派遣している。 パキスタンは中国の「一帯一路」構想にとって最重要拠点の一つだ。 その意味で、この支援は不思議でない。 しかし、いうまでもなく中国政府は新型コロナ対応に追われている。 その中国を突き動かすバッタの大群とは、どのようなものか。 一口にいえば、このバッタの大群は 東アフリカで大発生し、アジアにまで飛んできたものだ。 このバッタは乾燥地帯に暮らすサバクトビバッタで、基本的に日本にはいない種類のものだ。 より詳しくは昆虫学者に譲るが、生息環境の変化などに応じてサバクトビバッタの外見や行動パターンには変化が生まれ、集団で行動するようになると、風に乗って1日に100~200キロも移動しながら、行く先々で穀物や果物を食い荒らす。 1平方キロメートルに集まるサイズの比較的小さな群でも、といわれる。 70年に一度の危機 その大発生は、新型コロナとほぼ時を同じくして始まった。 新型コロナが問題になり始めていた、東アフリカのソマリア政府はバッタの大量発生で食糧危機が発生しつつあると緊急事態を宣言。 これと前後して、バッタの被害は東アフリカ一帯に広がり、国連のはソマリアでは25年、隣国ケニアでは70年に一度の危機として緊急事態を宣言した。 (出所)FAOウェブサイト その後、バッタの大群は紅海を越えてアラビア半島に至り、さらにペルシア湾を超えてアジアにまで飛来するようになった。 段階で、FAOは東アフリカ8カ国、中東5カ国、南アジア2カ国(アフガニスタン、パキスタン)で新たな群を確認している。 このうち、パキスタンの北東には中国の新疆ウイグル自治区がある。 つまり、バッタの大群は西からの風に乗って中国にも押し寄せる可能性がある。 先述の中国のパキスタンに対する支援は、単に外交的な関係に基づくものではなく、いわば自己防衛のための水際対策でもあるのだ。 スーパーコンピューターを用いた駆除 サバクトビバッタはこれまでにもしばしば大発生してきたが、今回の場合、昨年末に東アフリカ一帯で雨量が多かったことが原因とみられている。 サバクトビバッタは雨量が多いと大量に発生しやすい。 ところで、東アフリカではサバクトビバッタの産卵シーズンだった昨年10月から11月にかけて、降雨量が例年のに達したといわれる。 これが地球温暖化の影響によるものかは、。 ともあれ、この大雨がサバクトビバッタの大発生を促したとみられるのだが、これに対して各国も無策というわけではない。 イギリスの支援で設立されたではを用いてバッタの行動範囲などを計算し、この情報に基づいて、時に軍隊まで動員しながら、アフリカ各国は効率的な駆除を試みている。 新型コロナに手を貸されるバッタ しかし、それでもバッタの大群は各地に飛散し続けており、それは大きな被害をもたらし得る。 2003年から2005年にかけても、アフリカや中東の20カ国以上でサバクトビバッタによる蝗害が広がった。 この時のによると、対策のためにかかった経費は総額4億ドルを上回り、西アフリカ6カ国だけで838万人が食糧不足などの影響を受けた。 今回、FAOは各国に約1億3800万ドルの資金協力を呼びかけている。 少なくとも現状で金額だけ比べると、15年前より規模は小さい。 しかし、今回の場合、タイミングが悪すぎる。 ただでさえアフリカの問題は各国の関心を集めにくいが、新型コロナで各国の景気は冷え込んでいる。 そのため、寄せられた支援は3月3日段階でにとどまる。 つまり、 前回より各国の手が回らない状況は、バッタの大群にとって勢力を広げやすくする要因になる。 いわば新型コロナがバッタに手を貸しているともいえる。 対応が間に合わなければ、その影響は各方面におよぶ。 アフリカから中東にかけてはテロが横行し、紛争の火の手が各地であがっているが、。 アジアに迫る影 そのうえ、今回はアジアも無縁ではない。 2003~2005年の場合、最終的にはサウジアラビアなどアラビア半島でもサバクトビバッタの来襲は確認されたが、それまでに1年以上の月日を費やした。 発生したのが西アフリカで、中東に達するまで距離と時間がかかったからだ。 しかし、今回は東アフリカが発生源のため、15年前より早くアラビア半島を通過し、すでにアジアにその影をみせ始めている。 アフリカと比べても人口過密なアジアでバッタが農作物を奪えば、食糧危機が発生するリスクはさらに高い。 そのため、例えばパキスタンと隣接するインドでは、政府が。 また、インドはもともとパキスタンとの間でカシミール地方の領有を巡って緊張が高まっていたが、バッタの来襲を受け、。 気候などの問題から、サバクトビバッタが日本にまで飛来してくる可能性は限りなく低いかもしれない。 しかし、今回の大発生は人道危機であるだけでなく、日本にも直接かかわり得る。 アジアは中東やアフリカと比べて日本経済により緊密に結びついており、この地域で生産が滞れば、ただでさえ新型コロナでダメージを受けている日本のサプライチェーンは今よりさらに停滞しかねない。 旧約聖書には、神の怒りに触れた古代エジプトで、病気の蔓延やバッタの大発生といった災禍が相次いだという記述がある(出エジプト記)。 これを踏まえて、欧米メディアのなかには「」といったセンセーショナルな見出しを煽るものさえある。 筆者はそこまで信心深くはない。 しかし、バッタの来襲で食糧事情が悪化すれば、新型コロナですでに高まっていた国家間の緊張がさらに高まることは想像に難くない。 少なくとも、バッタが日本にまで来なければ無関係、といえないことは確かなのである。

次の

バッタ大量発生が日本に近づいてるけど影響ないよね?過去事例と現状は?

バッタ 日本 影響

バッタが大発生!日本への影響は? 結論から言うと、 日本にバッタの大群は直接押し寄せることはないでしょう。 島国で海に囲まれているからです。 さすがに海は越えて来られないですよね。 暑い地域で発生したバッタですからもしバッタが日本に来たとしても、生き延びられないでしょう・・・。 ただし、 影響は全くないとは言えないのです。 それは日本の食料自給率が4割を切っているということ。 30数パーセントの自給率ですから世界的に食料が不足すると 日本への影響が及ぶ可能性はじゅうぶんにあると言えそうです。 次にこのバッタの大群が中国を襲ったらどうなるでしょう。 ヒマラヤ山脈は越えられないと言われていますので 可能性としては低いです。 ですがこのバッタがきっかけで以前から心配されている食糧危機が世界的に起こるのではないかと言われています。 日本の場合は輸入に頼っていますから、 食料の高騰が心配ですよね。 とんでもなく高くなってしまったら・・・買い控えてしまいます。 食料危機に備えて今からベランダでプランターの家庭菜園から始めたほうがいいかもしれません。 日本のバッタ塚が語る警鐘 バッタの大発生は実は過去に日本でも起きているんです! それはなんと 北海道。 今や北海道の食料自給率は100パーセントを超えていて日本の台所を支えているのですが、その北海道で昔大量のバッタが発生し、各地にバッタ塚が残っているというのです。 明治初期に台風が直撃、大洪水がありました。 そのあとイネ科の植物が生い茂り数年間、好天が続き トノサマバッタが繁殖する条件が重なり大発生していきました。 発生場所は十勝なのですがその後日高山脈を越えて 札幌を襲っています。 それを裏付けるバッタ塚が各地に残っているのですがその一つが札幌の手稲山口に残っています。 引用:ウィキペディア この時も農作物が食い荒らされて被害が収まらなかったため、卵を穴に埋めたり雨ごいの大砲をうったり大変だったらしいのですがバッタ塚はバッタの撲滅を願って建立されたのだとか。 後世に伝える警鐘に感じるのは私だけでしょうか。 今回のアフリカのバッタの大発生も長雨がきっかけですから 大雨が続くとバッタの大発生が起きやすくなのかもしれません。 日本も近年雨の被害が多いですよね。 他人事とは言えないかもしれませんね。 ネットの声 ネットでも今回のバッタの大発生によって、日本への影響を心配している声が多いですね。 日本にもあんな大群のバッタ来たらコロナよりも外に出れなくなるわ… — miyashin shingo19961111 バッタの大群コロナより無理🤢 あんなん日本来たら生き抜く自信無い 無理…無理…死ぬ…🥶🥶🥶 窓開けず玄関もあけられず食料どうしようってなるわ… — YUKI OTAFU25 バッタの大群の正体はサバクトビバッタで古来より飛蝗や蝗害と呼ばれ災害の1つとして恐れられて来た。 サバクトビバッタはヤンキーと同じで1人では何も出来ない孤独相と大群になると凶暴化する群生相がある。 バッタは繁殖しながらあらゆるものを食べ、日本に近ずいて来ている。 1兆を超える数と言われる — がく Gaku0205 バッタ来たら日本終わるよ — Ryota 022KA3rEg1JBfho 今回は、海を渡ってくることはありませんが、国内の発生も否定できないので頭の片隅に入れておいたほうがいいのかもしれませんね。 農作物だけでも被害は甚大なのに紙や小物など食物性のものは全部食い荒らされるということなので木造住宅もでしょうか。 それにしても自分の体重と同じ量を食べるだなんて恐ろしい食欲ですね! まとめ バッタが大発生!日本への影響は?日本のバッタ塚が語る警鐘という検証してみましたが、いかがでしたか? まさか、日本で発生した歴史があったなんてびっくりですよね。 今後もバッタの大発生のニュースはしばらく続くと思われます。 もしかすると地球環境破壊への警鐘かもしれません。 これはまたスピリチュアルな解明も必要かもしれません。 またの機会に検証していきますね。 それでは今日はこの辺で失礼します。 最後までご覧いただきましてありがとうございます。 さようなら!.

次の