扶養 外れる手続き 忘れ。 失業手当と扶養との関係は!扶養を外れるタイミングはいつ?

夫の扶養から外れる手続き、忘れていたらどうなる?

扶養 外れる手続き 忘れ

<目次>• 第3号被保険者のままとなって不整合が生じていました (年金記録の不整合問題) ところが、実態を見てみると会社員や公務員( 第2号被保険者)に扶養されている専業主婦等( 第3号被保険者)は、夫の退職等により実態は 第1号被保険者となったにもかかわらず届出をしていないケースが多々見受けられていました。 そのため年金記録上 第3号被保険者のままとなって不整合が生じていたのです。 要するに国が管理しているデーターと実態が合っていないということです。 これに対応すべく、国民年金第3号被保険者の記録不整合に対応するための法律(平成25年6月公布)が平成26年12月から施行され不整合解消に向けた取り組みが始まりました。 平成26年12月~ 第3号被保険者 被扶養配偶者非該当届が必要 この法令施行に伴い、各事業主に対し新たな届出が求められるようになりました。 不整合を防ぐために 各事業主経由での届出になったのです。 必要となったのは次の場合です。 健康保険組合および国民健康保険組合に加入している事業主が対象 健康保険組合および 国民健康保険組合に加入している事業主が対象です。 なお全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入している事業所は届出不要となっています。 協会けんぽ加入事業主の届け出先は各年金事務所ですから自動的に日本年金機構が把握できるからです。 皆さんの加入制度はどちらでしょうか。 被扶養配偶者(第3号被保険者)が以下の いずれか に該当した場合• 1 第3号被保険者の収入が 基準額(現在年間130万円)以上に増加し扶養から外れた場合• 2 配偶者(第2号被保険者)と 離婚した場合 (注)妻が会社員、夫が被扶養配偶者の場合も同様です。 なお配偶者である第2号被保険者(夫)の退職等により第1号被保険者(妻)となる場合は、その事実を日本年金機構で確認できるため届出は必要ありません。 また第3号被保険者が被用者年金制度に加入したことにより第3号被保険者でなくなった場合も届出は不要です。 【新たな届出の対象となる事例(上記 1 の例)】 自身の配偶者の勤務先に「被扶養配偶者非該当届」を提出します 1. 第3号被保険者であった者が行うこと 自身の. 配偶者の勤務事業所に 「」を提出。 また従来と同様 「」とは別に、自分自身で第3号から第1号に変更する手続きも必要です。 事業主が行うこと 1. で提出された届について、該当者の基礎年金番号や届出内容の確認を行い、各年金事務所(日本年金機構)に提出しなければなりません。 日本年金機構による勧奨 2. で提出された 「」の届出情報に基づいて、日本年金機構が 第1号被保険者となるための手続きの 勧奨をします。 勧奨してもなお手続きがない場合は、日本年金機構が、届出によらない第1号被保険者への種別変更の処理を行って、 不整合記録となることを防止することになっています。 企業実務の留意点 今回の法律改正を踏まえ、各従業員に対し、被扶養配偶者でなくなった(第3号被保険者に該当しなくなった)場合は届出が必要となったことを周知していきましょう。 また扶養対象の配偶者の収入を把握する機会(年末調整等)があれば都度届出を行うなど漏れがなようにフォローしていきたいものです。

次の

健康(社会)保険:学生・専業主婦の扶養から外れるときの手続き方法

扶養 外れる手続き 忘れ

夫の会社に税務署からおたずねの書類が届く 夫側は勤めている会社の年末調整で「妻を扶養しています」と申告して、税金が少し安くなっています。 ですが、実際は妻が扶養に該当しないほどの収入があった場合、夫の申告は事実ではなくなります。 税務署でそれがわかると、夫が勤める会社宛てに「扶養控除等の見直しについて」と記載された通知が行きます。 「あなたの会社の従業員の〇〇さんが妻を扶養していると申告していますが、誤りではないですか?」という趣旨の文章です。 誤りではないですか? と書いてはあるものの、実際に間違っている事実を確認してから送付してくることがほとんどです。 最大3年ほどさかのぼって確認が行われます。 事実の確認が行われ、結果しだいで追加納税する 会社はこの通知が届くと、従業員に事実の確認をします。 確認の方法は会社しだいですが、最大3年分さかのぼって妻の所得証明・確定申告書・給与明細などのコピー提出を求められることが多いです。 (ほとんどの場合が)実際に扶養から外れているので、年末調整のやり直しというような形を取り、再計算を行います。 本来納めるべき税金より少なくしか納めていないわけですから、不足分をまとめて納税することになります。 給与から差し引くなどして会社にお金を払い、会社が税務署に納税するというステップです。 今回の相談ケースでは、年末調整を行うときに夫婦間でどういう話し合いがあったかはわかりませんが、夫は妻が扶養に入っていると思っていた場合は、このタイミングでトラブルになることが考えられます。 会社側としては、多少の手続きの手間は当然発生しますが、よほど度重なったりしない限り処理が終わればそれでおしまいです。 ですが夫のほうは、会社から呼ばれて間違いを指摘されて、追加でお金がとられるわけですから、ネガティブに受け取る人も多いのではないでしょうか。 社会保険の扶養からも外れる 税法上の扶養とは違いますが、社会保険上の扶養の条件からも外れていれば当然そちらも手続きが行われます。 いつまでさかのぼり、いつから外れるかは組合(運営団体)の判断になります。 いわゆる社会保険の扶養は主に「健康保険」と「年金」に分かれています。 扶養から外れた期間については、自分自身がパート先で社会保険に加入することができなければ、国民健康保険と国民年金に加入する必要があります。 例えば150万円の収入があると、筆者の自治体の場合だと国民健康保険が1年間で約9万円。 国民年金が20万円弱かかります。 合わせて30万円近い支払いが発生することになります。 また、さかのぼって扶養を外れた場合、その期間に健康保険証を使い病院にかかっていると、健保が負担した分の医療費を返還する必要がでてきます。 適正に扶養を外れていればそもそも支払っている金額ですので、決して「とられた」という趣旨ではないですが、やはり一度に多額の請求が来ると負担に感じてしまうかもしれません。 扶養関係がある場合はお互いに意思の疎通を 今回、相談にきた人は自分がすでに扶養を外れてしまっていることを認識していませんでした。 2カ所で年末調整を行ってしまっていたため、速やかに確定申告をして適正な納税をする必要があることをお伝えしました。 そしてそうなると、扶養で申告しているご主人の年末調整も修正が必要になってきます。 社会保険等の手続きも必要になってくるはずです。 扶養関係がある場合は、そもそもその都度状況の確認を避けて通ることはできません。 外から指摘される前にまず夫婦で話し合いをして、手続きを進めてもらうようにお伝えしました。 Text:塚越 菜々子(つかごし ななこ) 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP R 認定者 お金の不安を賢く手放す!/働くママのお金の教養講座/『ママスマ・マネープログラム』主催 関連記事.

次の

被扶養者削除手続き

扶養 外れる手続き 忘れ

夫の扶養から外れる手続きを徹底ガイド!忘れた時に起こる悲劇とは? パートの仕事時間が増えて収入が多くなったとき・・。 配偶者が正社員として就職したとなると、夫の扶養を外れる必要があります。 扶養に入る手続きは夫の会社で簡単に出来るのですが・・。 扶養から外れるとなると、自分で手続きをする必要があります。 実際に扶養を外れる方法はどうなっているのでしょうか? もし、手続きを忘れた場合はどうなるのでしょうか? 絶対に覚えておきたい。 大事なポイントを確認しておきましょう! 1. 「扶養の条件」とは? 妻が夫の扶養に入る場合。 「」と「」という2つのタイプを知っておく必要があります。 扶養となるためには、以下の様な条件が定められているので、まずはこの条件を理解しておきましょう。 ・ 税金の扶養: 年収が103万円以下であること ・ 社会保険の扶養: 年収130万円未満であること 夫の扶養に入っている妻が仕事をする場合。 「 103万円の壁」という言葉をよく耳にしますよね? これは「税金も社会保険も扶養」という、どちらの条件も満たしている場合のことです。 例えば妻の1ヵ月の収入が8万円程度ならば、一年間の収入は100万円前後ですので、税金も社会保険の条件も同時にクリアしています。 そした収入が高くなるにつれて、税金の扶養から外れる。 社会保険から外れる。 という順番になります。 扶養を外れるタイミング 一般的なサラリーマンの場合。 会社に「」を提出します。 その時に、扶養となる家族の1年間の所得の見込み額を記入する必要があります。 この金額が103万円以上になる場合、扶養から外れるということです。 税金の扶養は、1月~12月の所得で決まるので、年度中の変更はありません。 これに対して社会保険の扶養は、常に現状を基準にしているので、年間の収入見込みが130万円を超えると分った時点で、年度中でも申告しなければならないのです。 妻を扶養から外す手続きについて 扶養の手続きは、黙っていても誰も手続きをしてくれません。 自分から申し出ないと、いつまでも変更できないのです。 担当部署から「」を渡されますので、そこに必要事項を記載して提出します。 担当者が不在だったり、わからないという場合。 会社が加入している健康保険組合に問い合わせをしてみましょう。 この時に書類と一緒に、妻の分の健康保険証を忘れずに返却する必要があります。 「年金のお知らせ」の中で、扶養家族なっている妻に「第3号」というタイトルが付いてくることがあります。 「」とは、年金の加入者である夫のに扶養されている人を指し、夫は「」になります。 「被扶養配偶者非該当届」は、妻が第3号被保険者の資格を喪失したことを申告する書類です。 企業の厚生年金や健康保険は、妻の分を会社が負担しています。 「第3号被保険者」のままだと、年金の徴収がスムーズにできず、後で追加として請求されるなどトラブルに発展する可能性があります。 これは、妻が「国民年金・国民健康保険」に加入する時に必要な書類ですので忘れない様にしましょう。 会社から貰えなければ、夫が加入している社会保険組合に問い合わせする必要があります。 【 「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」】 これは、年収103万円以下の配偶者がいる場合、「」を受ける為に必要な書類です。 妻を扶養から外した場合には、妻の名前は記載せずに提出します。 【 「給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告書」】 妻の年収が103万円~141万円未満の場合、「」を受ける為に必要な書類です。 妻の年収が141万円以上の場合には控除はありませんので、記載せずに提出します。 妻が扶養から外れる時の手続き 妻が扶養から外れる場合には、社会保険や厚生年金に加入している会社に勤めるのであれば、会社が全ての手続きを行ってくれます。 年金手帳を提出する様に言われるので、準備しておきましょう。 ただし、勤務先が自営業の場合には、自分で「」に加入手続きをする必要があります。 「国民健康保険・国民年金」への切り替え手続きは自分で行うしかありません。 社会保険や厚生年金の加入手続きは会社でして貰えるので、脱退した場合。 会社が「国民健康保険・国民年金」に切り替えてくれるだろうと思っている人もいますが、まずそれはありえません。 現在でも多くの人がそう思っていたところ未加入のままだった、という事例が発覚しています。 いつまでも手続きをしないと、健康保険証が手に入らなかったり、年金の未納期間ができてしまいます。 法律で「扶養を外れてから14日以内に手続きをすること」と定められていますので、忘れない様にしましょう。 この時に、夫の社会保険組合から発行される「」が必要になるので、忘れない様にしましょう。 必要書類を揃えていけば、当日保険証を発行して貰えることもあります。 事前に役所に問い合わせてから行くようにしましょう。 手続きを忘れた場合はどうなるの? 「国民健康保険」や「国民年金」の加入日は法律で定められています。 夫の扶養になっていて「第3号被保険者」の場合、健康保険料も年金も、企業が50%負担してくれています。 現在夫が支払っている社会保険料が3万円ならば、妻の分の3万円を企業が払ってくれているのです。 扶養から外れて「第1号被保険者」になったのに「第3号保険者」のままでいると、不正が発覚した時点からさかのぼって請求がきます。 手続きを忘れていた分だけ、妻の社会保険料を支払わなければならないのです。 一度に請求が来ると家計にかなり打撃を与えることになります。 また、社会保険と厚生年金から外れたものの、「国民年金」と「国民健康保険」への切り替えを忘れていたという人も多くいます。 この場合、健康保険証が手元にないので、病院に行っても自費治療になります。 病院で保険治療を受けると3割負担ですので、普段医療費が3000円かかる人は、自費治療だと1万円かかることになります。 検査が入ると益々金額が高くなり、入院や手術などは受けられなくなります。 そして未加入状態で病気になり、病院にかかりたくて慌てて手続きをすると、今迄滞納していた分をさかのぼって納めなければならないのです。 しかし医療費を自己負担にすると、それよりも更にお金がかかります。 健康保険証が手元にない場合、病院の窓口で100%医療費を支払い、役所で手続きをして保険証を手に入れてから差額を返して貰うという方法もあります。 しかしその時に保険料をさかのぼって徴収されるし、一時的とはいえ医療費を数万円仮負担するのはかなり辛いものです。 まとめ 扶養家族は様々な優遇を受けています。 しかし社会の流れとして、これからその優遇措置は段々となくなっていく傾向にあります。 妻の収入が増えた場合、速やかに夫の扶養を外れる手続きをしましょう。 参照元: 参照元: 参照元:.

次の