タリンのホテル。 イビス タリン センター ホテル ( タリン ) の宿泊予約

Top Hotels in Tallinn from ¥5,317 (FREE cancellation on select hotels)

タリンのホテル

市名 [ ] 、の手によるの世界地図では「クルワン」 Qlwn として記されている。 また東スラブの年代記では「コリヴァン」 Kolyvan とも表記されているが、これらはエストニアの神話に出てくる英雄「カレフ」 Kalev に由来する。 まではやの人々は、「リンダニサ」 Lindanisa と呼んでいた。 これはエストニアの国民的叙事詩であり、その英雄であるの母の名に因んでいる。 彼女は亡き夫の墓を作るために岩を積み上げ、それがとなった、とされる。 にに占領されると、エストニアの地方名の古名から「レバル」 Reval となった。 にエストニアが独立すると「タリン」となった。 で「デンマーク人の城」という意味である。 歴史 [ ] に、今日と呼ばれる中心部の丘に最初のが建設される。 トームペアとはで「聖堂の立つ丘」の意味である。 初頭には、と王らによるにより、と結ぶ軍事戦略地点として大いに着目される。 またと西欧を結ぶ中継貿易で繁栄を築く。 、デンマーク王がを率いて侵攻し、ここにを築いた(これが「タリン」の名の由来となった)。 にはに加わった。 ハンザ同盟都市としては最北に位置する。 、デンマークは東海岸地域のを1万3000でドイツ騎士団に売却し引き上げた。 これ以降、になるまでの影響が残る。 しかし、によって旧領のは解体し、北部は領エストラント()となった()。 のリヴォニア戦争終結後もスウェーデンの影響力は増して行き、その後、までに現エストニアの北部も支配下に入る。 レヴァルはエストニア公国の首都となり発展して行くが、その後、によりにの支配下に入り、エストニア公国はにの県に格下げされた。 にエストニアが独立するとそのとなった。 しかしその後の軍事占領を受ける。 との戦争を経て、、で、独立が承認される。 初期の、ソ連の軍事占領を受け、からの間は、の占領下にあった。 ナチス・ドイツの撤収後は、ソ連が再侵攻し、ソ連領とされる。 後半、ソ連の崩壊の兆しとともに独立の気運が高まり、、タリン近郊の「歌の原」に約30万人(当時エストニア全土の人口は約150万人)が集い、ソ連により禁止されていたエストニアの民謡などを歌う事件があった。 これによりますます独立の気運は高まり、にはタリン、、のの3都市を「」で結ぶ運動()に100万人が参加した。 にを達成。 このことからエストニアの独立は「歌による革命」とも言われることがある。 2 48. 6 10. 2 50. 4 15. 9 60. 6 27. 2 81 29. 7 85. 5 31. 2 88. 2 32. 3 90. 1 31. 2 88. 2 28. 5 83. 3 21. 8 71. 2 13. 4 56. 1 10. 7 51. 3 32. 3 90. 9 26. 0 26. 6 0. 8 33. 4 7. 3 45. 1 14. 0 57. 2 18. 8 65. 8 20. 8 69. 4 19. 9 67. 8 14. 9 58. 8 9. 0 48. 2 3. 3 37. 2 31. 6 8. 6 47. 2 17. 0 17. 6 21. 2 31. 6 4. 9 40. 8 9. 9 49. 8 12. 5 54. 5 12. 0 53. 6 8. 0 46. 4 3. 7 38. 9 30. 9 23. 2 1. 9 35. 3 24. 3 0. 0 32 4. 4 39. 9 1. 7 35. 7 23. 5 13. 77 29 1. 14 29 1. 14 36 1. 42 37 1. 46 53 2. 09 79 3. 11 84 3. 31 82 3. 23 70 2. 76 68 2. 68 55 2. 17 667 26. 26 出典: Pogoda. net 7. 2007 人口構成・言語 [ ] タリン旧市街 英名 Historic Centre Old Town of Tallinn 仏名 Centre historique vieille ville de Tallin 登録区分 2 , 4 登録年 1997年 公式サイト (英語) ・ 旧市街は、下町のローワータウン(Lower Town)と山の手のトームペアから成る。 ローワータウンは、城壁など欧州でも最も保存状態の良い旧市街地の1つである。 ラエコヤ広場• 旧市庁舎• 市議会薬局• 聖ニコラス教会• 聖霊教会• グレートギルド会館• 聖オラフ教会• - 1529年に建てられた砲塔。 高さ20メートル、直径25メートルで壁の厚さは5メートル近くある。 聖ミカエル修道院 山の手のトームペアは、石灰岩でできた丘で、を中心に歴史的建造物が多い。 6月15日、この地の攻防戦の際には誕生した。 トームペアを中心には、に登録された。 トームペア城• アレクサンドル・ネフスキー聖堂• トームキリク• 交通 [ ] 海路 [ ] 、、などへのフェリーの定期便が運行されている。 とはを隔ててわずか80キロしか離れておらず、フェリーで3時間程度、高速船なら1時間半程度の距離である。 道路 [ ] からタリン・・を通ってに到る高速道路「」の北側の基点にあたり、北欧と中欧を結んでいる。 鉄道 [ ] から、、などの国内主要都市への路線がによって運行されている他、によるおよびへの国際列車も運行されている。 航空路 [ ] 市内から約4km、の東岸に、国内最大の空港であるがあり、の主要エアラインが乗り入れている。 以前は、ヘルシンキとの間にヘリコプター便があったが、現在は運行されていない。 市内交通 [ ] が4路線、4路線、バスが70路線近くある。 タリン市民は発行されるカードを使うことで、無料でこれら交通機関を利用できる。 姉妹都市 [ ]• - 、• - 、• - 、• - 、• - 、• - 、• - , 脚注 [ ] []• 2019年4月11日. 2020年2月17日閲覧。 国防より、。 [ ]• 『地球の歩き方 2017〜18 バルトの国々』ダイヤモンド・ビッグ社、2017年、61頁。 コトバンク. 2018年4月9日閲覧。 DTACエストニア観光情報局. 2018年4月13日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 1985 ・ 1986 ・ 1987 ・ 1988 ・ 1989 ・ 1990 ・ 1991 ・ 1992 ・ 1993 ・ 1994 ・ 1995 ・ 1996 ・ 1997 ・ 1998 ・ 1999 ・ 2000• ・ 2001• ・ 2002• ・ 2003 ・ 2004• ・ 2005 ・ 2006 ・ 2007• ・ 2008• ・ 2009• ・ 2010• ・ 2011• ・ 2012• ・ 2013• ・ 2014• ・ 2015• ・ 2016• ・ 2017• ・ 2018• ・ 2019• ・ 2020• ・ 2021• ・ 2022•

次の

【宿泊レポート】エストニア・タリンのおすすめのホテル!「Hestia Hotel Maestro」に滞在した

タリンのホテル

禁煙施設 ホテル ベルン バイ タリンホテルは、Kumu Art Museumに近接した豪華な4星ホテルです。 2007年にオープンしたホテルは、2010年に全面的に改装されました。 ホテルは、Kalevi Stadiumから1. 6kmのTallinn Old Town地区に位置しています。 Kumuまで約2. 6キロです。 その他の観光スポットの中には、Old Town of Tallinnがあります。 各客室にミニバー、衛星テレビとコーヒーマシンがあり、シャワー、ジャグジーとウォークインシャワー付きのプライベートなバスルームが備わっています。 全ての部屋からは海の景色が見えることを提供しています。 また、施設はカーペットを敷いた床があります。 ビュッフェスタイルの朝食は、レストランのすべてのお客様に07:00 to 10:00までの間に提供しています。 グルメレストランでは、ベジタリアン料理を提供します。 また、ホテルはラウンジバーを有しています。 オルデ・ハンザ、Rataskaevu16とIndia0kmなど、ホテル周辺の通りには様々なレストランがあります。 タリン駅まで歩いて10分です。 ナイトクラブとライブラリはホテル ベルン バイ タリンホテルホテルで利用できます。 施設は追加的にバドミントン、スカッシュと卓球を含むスポーツアクティビティーを提供しています。

次の

タリン ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

タリンのホテル

タリンでおすすめの観光スポット 1. ラエコヤ広場 ラエコヤ広場は、旧市街の中心部にある広場です。 おしゃれなレストランが立ち並び、イベント時には多くの人で賑わいます。 この場所にいるだけで力をもらえます。 住所:Raekoja plats 1, 10146 Tallinn 2. 聖オレフ教会 聖オレフ教会は、かなり高い一まで登ることができるゴシック教会です。 階段を登り上まで登ると絶景をみることができます。 階段は正直言ってかなりキツイですが、登り終えた後の景色をみると登って良かったなと思えます。 住所:Lai 50, 10133 Tallinn 教会の入場料は無料。 展望台にいく場合は3ユーロ。 アレクサンドル・ネフスキー大聖堂 アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は正教会の教会です。 ロシア風の教会の作りをしているため、他の教会と一味違います。 撮影禁止ですが、中も無料でみることができます。 修復中なのが残念でしたが、それでも圧巻の見ごたえでした。 住所:Lossi plats 10, 10130 Tallinn 4. スシキャット スシキャットは、猫耳メイドさんがお寿司を握ってくれるお店です。 旧市街のラエコヤ広場から徒歩数分でいくことができます。 メイド喫茶のような感じですが、お寿司は意外と美味しく値段も約6ユーロと安いです。 内装がピンクなのも斬新。 新しい世界に飛び込んで見たい人にスシキャットはおすすめです。 住所: Roosikrantsi 16, 10119 Tallinn 営業時間:月~木11:00~22:00 金11:00~23:00 土12:30~23:00 日12:30~20:00 タリンでおすすめのホテル宿は「旅の家タリンズトラベラーズハウス」 「旅の家タリンズトラベラーズハウス」は、日本人の方が経営しているホテル宿です。 立地がとても良いので旧市街の大広間まで徒歩数分で行けます。 レンタサイクルも貸し出し可。 スタッフさんも優しいので安心。 ドミトリーもあるので格安で泊まれ、洗濯機もあるので洗濯物にも困りません。 僕が宿泊した時は、日本人も多く宿泊していたので寂しくありませんでした。 「旅の家タリンズトラベラーズハウス」は、日本人が経営しているホテル宿に泊まりたい人におすすめです。 住所:Nunne1, Tallinn 宿泊料金:個室一泊平均57ユーロ(ドミトリーならもっと安い) ルームアメニティ: ・暖房装置 ・部屋で無料Wi-Fi利用可 ・ドレッシングエリア ・シッティングエリア ・共用キッチン ・ダイニングテーブル エストニアのタリンのホテル宿を格安で予約するならホテルズコンバインドがおすすめ! エストニアのタリンのホテル宿を格安で予約しようと思われているなら、 「ホテルズコンバインド」と言うサイトを使うのがおすすめです。 ホテルズコンバインドは、 ・Booking. com ・Expedia ・Hotels. com ・Agoda ・じゃらん ・楽天トラベル などのホテル予約サイトを一括で比較して、 最安値で泊まれるプランを提供してくれるサイトです。 一つ一つ検索する手間が省けるので楽チン。 僕自身もホテルズコンバインドを使ってホテルを予約しています。 ホテルズコンバインドを使えば、エストニアのタリンだけでなく世界中のホテル料金を格安で調べられるのでおすすめです。

次の