木材 やすり がけ。 電動工具で木材削り!グラインダーとサンダーってなに?

かんなをかける方向

木材 やすり がけ

グラインダーとサンダーって何? どちらもDIYに使われる電動工具です。 円形のヤスリやブラシなどの旋盤(ディスク)を取り付けて削り加工や切断加工をするのがグラインダー。 サンドペーパーを取り付けて研磨加工をするのがサンダーです。 回るのがグラインダー往復運動をするのがサンダーと覚えると分かりやすいでしょう。 どう違うの? では次に両者の違いについて説明します。 サンダーは基本的にサンドペーパーをつけて作業するものなので研磨しかできません。 またパワーも弱いです。 グラインダーはサンドペーパー以外にもブラシや砥石やフェルト製の旋盤もあり、金属の切断や鏡面磨きなどもできます。 パワーも回転数も強めなので扱いに注意しましょう。 グラインダーのディスクの種類 グラインダーにつけることができるディスクには様々な種類があります。 代表的なものをいくつか紹介しましょう。 木工用ペーパーサンダー 木材の研磨に使うグラインダーのディスクとしては最も一般的なタイプです。 サンダーより削る力が強いので削りすぎないよう注意してください。 関連リンク ・ どう使い分ければいいの? どちらも木材の研磨に使える工具ではありますが、使い分けとしては以下の通りです。 サンダー• 木材のバリ取り• 木材の表面を整える グラインダー• 木材を大きく削る(椅子にへこみをつけるなど)• 木材の木目を浮き上がらせる• 金属を切断する• 金属の表面をピカピカにする(綿のディスクなど)• ウレタンニスの表面をピカピカにする(綿のディスクなど) となっております。 基本的には粗削りならグラインダー。 仕上げならサンダーという分け方ですね。 グラインダーに丸ノコの刃をつけてもいい? 絶対にダメです!パッと見てつけられそうに見えますし、規格が合えばつけられるものもあります。 しかしグラインダーは丸ノコより回転数が高いので、刃をつけて木材を切ろうとすると抵抗が大きすぎて暴れだします。 大怪我をしかねないので絶対やめてください。 木材研磨の強い味方! どちらも研磨作業を手助けしてくれる心強い工具です。 荒削りも仕上げも適した工具をえらんでDIYを楽しみましょう。 サンダーの詳しい使い方はこちらをご覧ください。

次の

ド素人が木材塗装を始める

木材 やすり がけ

当記事の内容はこちら• 木材を塗装する前の準備• 木材を塗装する手順 木材を塗装するといっても、そのまま塗れば良いというわけではありません。 ヤニの染み出し、表面の凸凹などは下地処理をきちんと行うことできれいにペイントすることが出来ます。 実際に、僕がDIYでやっている具体的な内容を当記事でお話します。 木材の下地処理 塗装する前に一番大事なことは、木材に適切な下地処理をすることです。 ザラザラでボコボコの木材にペンキを塗っても、仕上がりにムラができたり、ペンキが乾いた後に違う色になってしまうことがあります。 そこで、それぞれのポイントごとに下地処理をおこなってください。 木材を塗装する前に「ヤニ止め」で下地処理 ヤニ止めどは、木材から出る樹脂を止めるという意味です。 どの木材にもヤニ(樹脂)は重要な栄養分なので、ヤニ止めをしないと塗料の色がヤニで変色してしまいます。 画像ではヤニ止めシーラーを塗っています。 木材がシーラーを吸い込んで色が変わっていますね。 壁や天井の木材を塗装する時、シーラーでヤニ止めをしないと、ペンキが木材の樹脂を吸い取って変色するんです。 なので、シーラーで膜をはってペンキが変色しないようにします。 木材を塗装する前に「ヤスリ掛け」で下地処理 木材で家具やインテリアを作る時、荒れた面にペンキを塗っても、木材の表面の凸凹がペンキではカバーできずにひどい仕上がりなります。 塗装する前にあれた面をヤスリ掛けすることで、木材表面を滑らかにして、均一にペンキや塗料がなじむようにするのです。 ヤスリには 40~ 80、 120~ 150、 180~240という風に、番号が低いほどヤスリの目が粗い仕様になっています。 なので、大きく削りたい時は低い番号。 塗装前に滑らかにしたい場合は 240以上の大きい番号を選んだりします。 木材を塗装する前に「凹みの補修」で下地処理 木の節や、釘や画鋲の穴など美観的にない方がいい物は木部用パテを使って埋めてしまいます。 画像の柱は、釘が刺さっていた穴をパテで塞いでいる状態です。 穴を塞がないで塗装するとその部分だけ塗料が染まらず残念な感じになります。 節目をあえてデザインとして残す方法もあるので、用途によって下地処理を使い分けてください。 木材を塗装する前に「ハケの準備」 新しい刷毛を使う時は抜け毛をしっかり取っておきます。 抜け毛を取っておかないと、塗装する木材にへばりついて取れなくなってしまうからです。 なので、左右に伸びている毛や少し引っ張ると取れる毛は、抜いておきましょう。 木材を塗装する前に、分離しているペンキを混ぜる ペンキを容器に出す前によく振ってからでないと、上の方に薄い液体、下の方に濃い液体(顔料)に分離してしまいます。 始めて塗装した時は、そんなことも知らず、なんか水っぽいなと感じていた頃が懐かしいです。 1回目の塗装は厚塗りはせず、出来るだけ薄目に塗装。 (白塗装の場合) 広げてならすように塗料を伸ばします。 垂れた塗料は固まると処理できないので絶対に残らないようにしましょう。 色が薄いところは厚めに重ね塗りして滑らかになるように刷毛でならします。 この時見た目が良くなるように、木目に沿って端から端まで軽く刷毛を動かし仕上げていきます。 刷毛の方向がバラバラだとムラができているように見えて仕上がりが微妙になってしまいます。 木材を塗装する前の下準備と手順まとめ 木材を塗装する前に、以外とやらなければいけないことが多いんです。 一気に塗装して仕上げたい気持ちになりますが、下地処理をしっかりおこない、1回目の塗装の上から2回目を塗装することで綺麗になるので、2回の塗装で仕上げる前提で1回目を塗装しましょう。

次の

【DIY入門編】やすりがけは必要?電動サンダーの基礎知識と使い方

木材 やすり がけ

紙やすり、サンドペーパーとは? サンドペーパーは、単に「ペーパー」とも呼ばれます。 紙ヤスリのことです。 紙ベース以外にも種類があります。 サンドペーパーは紙、布のシートに研磨剤が接着されているもので、木材や金属を研磨する時に使います。 必要に応じてカットして使います。 木材や金属を研磨すると、目詰まりが起き、接着された研磨剤が剥がれ落ちてしまいます。 そのため、製品というよりも消耗品に近いものがあり、金属製やすりとは違い、耐久性はかなり劣ります。 ただ、金属やすりよりも価格は安く、紙や布などの形状から広範囲に研磨が出来ることや、素材表面に付着したサビや不要な塗料などを削り落とす作業に適しています。 サンドペーパーは研ぎの方向性がなく、曲面も自由に研げる道具です。 金属製のヤスリが研削用なのに対して、これは表面の研磨が主体です。 もっとも 手軽に研磨を行えるのがサンドペーパー、細かな部分の仕上げには手の感覚で作業できるサンドペーパーがベストです。 サンドペーパーは サンディングペーパーともいい、ペーパーと略されることも多い。 金属やすりで荒く作業をした後に、サンドペーパーで仕上げするなど、用途によって使い分けます、サンドペーパーの表面の目の粗さは番手といわれ「#」を付けた数字で表示します。 #は粒度とも言われ研磨剤の粒子のサイズで、数字が小さいほど粗目になります。 英語:sandpaper サンドペーパー 種類 紙やすり 最も安価なのが 木工用空研ぎペーパー。 黄色い砥粒(砂状の研磨粒子)で、裏は紙です。 砥粒ははがれやすく耐久性は高くありません。 早めに交換して使います。 最もスタンダードなサンドペーパーです、木工で使う、いわゆる 紙やすり。 厚紙に黄色い砥粒(研磨するための粒子)がコーティングされたもので、主に木材の研磨に使います。 厚紙でできているので耐久性にはあまり優れていません。 また、研磨したときに出るクズが砥粒の中に入って目詰まりを起こしやすいのも欠点です。 これも裏は紙ですが、比較的耐久性があります。 水研ぎができ、金属や塗膜の研ぎでは目詰まりが少ないタイプです。 もちろん木材には空研ぎで用います。 非常に細かい粒度まで揃ったペーパーです。 耐水ペーパーは紙やすりの耐水タイプであり、水研ぎができる利点があります、ちなみに水研ぎとは、やすりを水に濡らしてから研ぐこと。 水研ぎの利点は、水で表面を削ったクズを流しながら研磨ができるので、目詰まりを起こしくく、また、研磨するときに発生する摩擦熱を水で緩和できることもできます。 日本製、容: 400・ 1000・ 1500 各6枚入 布ヤスリ 研磨布サンドクロス 布ヤスリ は黒い砥粒で裏は布です。 通称は「布ペーパー」。 砥粒が落ちにくいだけでなく、曲面や鋭角な切り口を研いでも破れにくく丈夫です。 金属面やサビ取りに適しています。 これは空研ぎ用で、水をかけると砥粒が流れてしまいます。 紙やすりと違って、紙ではなく布に砥粒がコーティングされたものですので紙よりも耐久性があるので金属の研磨も可能です。 又布でできているので紙よりも曲がりやすいので曲面を磨くのに適しています、さらに、やすりをくっつけて効率よく研磨する機械、電動サンダーにくっつけて使用することも可能です。 おすすめ Astage アステージ AC 布ヤスリミックスセット アマゾンで布ヤスリ部門で ベストセラー1位の商品です。 網目ヤスリ、 ポリネットシート やや特殊なものとしては 網目ヤスリがあります。 別名「網目状研磨シート」。 名前のとおり、網目状になっている合成繊維に研磨剤がコーティングされたやすりです。 研ぎクズが網を通過し、目詰まりしにくいのが特徴です。 石膏や、深く浸透したサビなどの研磨に適します。 耐久性も高く、宝石など金属の研磨に適しています。 網目状のため、もちろん目詰まりしにくく、また両面が使えるのが利点です、さらに、曲がりやすいので曲面も磨きやすく、種類にもよりますが水研ぎも可能です。 1cm 本体: 高さ28cm 本体: 幅23cm 紙ヤスリ 刷毛目痕 処理 面取り加工 面取り加工とは木材の角を丸く仕上げる加工方法。 微細な部分の面取りは紙ヤスリ、サンドペーパーでゆっくり仕上げると綺麗に面取りができます。 模型加工 模型製作に欠かせないヤスリが「紙ヤスリ」です。 シート状のため平面・曲面のどちらにも対応できるヤスリです。 プラモデル製作には耐水性のある紙ヤスリ(耐水ペーパー)を使うのが一般的で、#400・#600・#800・#1000くらいを使用します。 紙やすり、サンドペーパーの選び方|耐水ペーパー 適用範囲が広いのは 耐水ペーパーです。 番手としては木工用に80、150、240番。 塗装では400番。 これが最小限の揃え方でしょう。 金属の研磨にも木工用と同じ番手が使えます。 しかし金工作業がメインなら、破れにくい研磨布のほうが便利です。 サビ取りや塗膜はがしなどの塗り替え作業には、網目ヤスリやナイロンタワシに比重を置くとよいでしょう。 サンドペーパー、紙やすりの番手(番号) 一般には、汚れ落としやサビ落としの用途で知られています。 研ぎの場面では、金属表面に起きた研ぎ目の不揃いを整える道具として使われます。 サンドペーパーの粗さ(粒度)は 番手で表わします。 数字が大きいほど粒度は細かくなります。 一覧表にはペーパーの種類も併せて整理しておきます。 サンドペーパーの番手(粒度) 数字の大きさと粒の大きさが逆です。 紙ヤスリの番手は数字が小さいほど目が粗く、数字が大きいほど目が細かくなっていきます。 ちなみにこの数字は 1平方センチメートルあたりの研磨剤の粒子数をあらわしています。 それぞれ粗目、中目、細目、極細目となっています。 粗目 40~100番 最も目が 粗いやすりです。 表面をなめらかにするというよりは、 形状を修正するのに使用します。 角ばった木材を丸くしたり、またペンキを剝がしたりするのにも使えます。 基本的には40~100番のやすりで削った後に、細かいやすりで表面をなめらかにすることを前提として使用します。 おすすめ SK11 空研ぎ紙やすり 木工用 60 荒目 サイズ:幅100mmX長さ3m 仕様:荒目、空研ぎ用 粒度:60 極細目 1,000番~ 最も細かい種類のやすり。 金属や石、堅い木材など キズを付けたくないもののツヤ出しに使いましょう。 特に 金属面は1,000番以上のものを使うのがおすすめです。 ここまで細かいと下地が紙の紙ヤスリではなく、水をつけて使用するような耐水ペーパーになります。 金属の研磨、陶器の水垢取りや車のボディなどに使用します。 プラスチックや石材、繊細な機械部品などの研磨に使用します。 おすすめ三共理化学 超精密研磨フィルム 15000 生産国:日本 番手:15000 0. 3ミクロン 用途:プラスチック類、石材表面、金型の仕上研磨・クリーニングに。 塗装面磨きの前仕上げに。 その他の用途:光ファイバーの端面研磨、オーディオ・フロッピーヘッドの研磨・クリーニング、磁気ディスク・ドラム研磨、モーターなどのシャフト研磨、ベアリングのハウジング研磨、爪磨きなどに使用上の注意:目立たない部分で試してからご使用ください。 シンナーなどの溶剤とは併用しないでください。 楽天 サンドペーパー ランキング(現在2019年6月) Yahoo! ショッピング サンドペーパー ランキング Yahoo! ショッピングの売れ筋 サンドペーパーランキングは下記のとおり。 最新のランキングが知りたい方は画像を クリックして下さい。 Yahoo! 日本製、使いやすい大きさにカット済み。 自在にカットしやすい紙素材を使ったサンドペーパーです。 サンドペーパーの切断 しかしこの状態では手の動きで強弱が生まれ、研磨面を平らに仕上げることはできません。 特に材料のカドがダレやすくなります。 それを防ぐため、当て木に巻いて使います。 さらにペーパーは研磨面だけにして、両面テープで貼ればムダがありません。 そして弱粘性テープなら貼り替えも利きます。 紙やすりの使い方|木材の研磨 サンドペーパーは目の粗い 番手の数字が小さい ものから始めて、順次目の細かい 番手の大きな ものにかえていって仕上げるのが基本。 木工の場合は 40~80番で粗けずりし、 100~150番で調整、 180~240番で仕上げるのが一般的。 塗装を行う場合はさらに目が細かい800番程度までを使用する。 木材の研磨では、ペーパーを木目に沿って動かします。 これなら研ぎ目は目立ちません。 当て木は、平面には平らな端材、曲面にはゴム板を使います。 この持ち替えは手間でも、全体としては速くきれいな面に仕上げられます。 新しいペーパーは砥粒が落ち、強く押していると木材繊維に食い込みます。 ペーパーは軽く押さえ、むしろ往復の回数で仕上げるのがコツです。 木材の研磨 耐水サンドペーパーの使い方|金属面の研磨 金属の場合は木工より全般に目の細かいサンドペーパーが使われる。 クルマのボディ塗装のような場合は耐水サンドペーパーの 800番程度で始め 1000~1500番で終わらせる。 ただし、ボディ塗装の場合はさらに研磨剤 コンパウンド で磨いて仕上げを行う必要がある。 細かな部分をサンドペーパーで磨く際には指先で使うのが一番だが、広い面を手だけで磨くときれいな平面が作りにくい。 研磨ブロックやサンドペーパーホルダーを使えば平面が作りやすくなるし作業も早くなる。 研磨ブロックは硬質スポンジやコルク製などが販売されているが、木っ端でも十分に役立つ。 形を工夫して自分専用のものを作ってもいい。 金属面の研磨には破れにくい研磨布が適します。 80番を使えばバリ取りもできます。 この場合は安全のため、必ず当て木をしてバリの突起面を倒す向きで研ぎましょう。 バリに沿って研いだのでは、手がズレた時にケガをしてしまいます。 軍手も着用したほうが安全です。 塗膜の研ぎは耐水ペーパー。 ただし水研ぎができるのは、金属面に塗った塗膜に限られます。 木材はわずかなピンホールからも水が浸人して、表面にフクレが起きるからです。 金属面の塗膜を研ぐ時は、当て木の選定に迷います。 基本的には、作品の形状が出ていないパテ盛り面や下塗り面には、硬い平面の当て木で面を研ぎ出します。 面ができ上がっていて塗膜の欠点を研ぐ場合は、ゴム板の当て木で面を追従します。 変化の大きい曲面には、これらの状況に関係なくゴム板の当て木が適切です。 普通は400番に水をつけながら研ぎます。 生乾きや水性塗料の軟らかい塗膜には、手洗い用の石鹸も併用して目詰まりを防ぎます。 紙やすりは、木材や金属のバリ取りや塗装の下地処理、、錆び落としなどさまざまなDIYシーンで使用する必需品です。 紙やすりの種類や特性を理解して使いこなせれば、作品の仕上がりも驚くほど違います。 サンドペーパーは金属やすりに比較して耐久性が低く、 使い捨ての消耗品製品です。 価格も安いという利点のあり、どんな作業にも対応できるように、ある程度 準備していた方が絶対に便利で作業の効率が図れます。 価格も安いものが多いので、耐水ペーパーをメインにしながら、耐久性が高いポリネットシート、また空研ぎペーパーも準備しておいてください。 又、電動でサンディングしたい場合は下記にで電動サンダーの記事が参考になります。 参考文献: 1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社 2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店 3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞 4. 道具の徹底使用術 著者:荒井章 山海堂.

次の