杉並区 リハビリテーション科。 リハビリテーション科

リハビリテーション科

杉並区 リハビリテーション科

超音波診断装置 エコー を積極的に用いた診療 エコー検査は内科や産婦人科で行われることが多いですが、機器の発達にともない、近年整形外科でも用いられるようになってきました。 エコー検査の利点として• レントゲン・CTと異なり被爆しない。 診察室で行えるので、その場で結果がわかる。 動きが見える。 ブロック注射を行う際、エコーを見ながら行うことで、血管や肺などを傷つけるリスクを減らせる。 当クリニックでは、エコー装置を診察室に常備しており、診断・治療に多く用いています。 しかし、 エコーは何でもわかる魔法の器械ではありません。 骨の中はわかりませんし、一度に見ることの出来る範囲が限られるので、広い範囲の位置関係を把握することは困難です。 あくまでも画像ですので、それを見てしっかりした診断をつけるには、整形外科疾患と解剖の知識・経験が十分に必要です。 各種ブロック治療 院長は、麻酔科医として大学病院に勤務していた際、ペインクリニック業務にも関わっていました。 整形外科医となった後も、ペインクリニックでの経験を生かし、積極的にブロック治療を診療に取り入れてまいりました。 近年ではエコー装置の性能が向上し、技術的には、より細かい神経、よりピンポイントでのブロック治療が可能となっていますし、いままで不明な点が多かった肩こりや腰痛の病態の解明も進んできています。 今後ブロック治療の役割は、整形外科診療の中で、より大きくなっていくものと考えています。 特に肩こりや腰痛に有効なことが多く、筋肉と筋肉の間や神経のまわりに生理食塩水を注入することで、痛みが緩和する方が多くいらっしゃいます。 当クリニックでも、エコーガイド下にハイドロリリースを行っています。 なぜ効果があるのかは、いまだ不明な点は多いですし、残念ながらすべての方にハイドロリリースの効果があるわけではありません。 しかし、エコーを見ながら行い、生理食塩水を使用しますので安全ですから、肩こりや腰痛などに長年悩まされている方は、試してみても良いのではないでしょうか。 リハビリテーション 当クリニックでは、常勤理学療法士が在籍しており、運動器リハビリテーションを提供しています(予約制)。 リハビリでは、患者さんの状態をまず評価させていただき、それに合わせた適切なメニュー(関節可動域訓練、筋力訓練、ストレッチなど)を組み、出来るだけ痛みが出ないよう進めていきます。 クリニックで行えるリハビリの時間は限られていますので、患者さんご自身で行っていただく運動が非常に重要となります。 リハビリの都度、理学療法士が回復状況を評価し、ご自身で行っていただける運動メニューをお知らせしますので、是非ご自宅でも行ってくださいますよう、お願いいたします。 理学療法士による運動器リハビリテーションとは別に、各種機器による物理療法も行っています。 当クリニックには、牽引装置や干渉波治療器等を備え付けてあります。 これらは、単独での治療効果は必ずしも高くない場合もあり、あくまでも補助的な治療という位置づけです。 また、あん摩・マッサージ、はり・きゅうに関する療養同意書も、特別な事情がない限り記載しておりません。

次の

荻窪整形外科|杉並区荻窪の整形外科・リハビリテーション科

杉並区 リハビリテーション科

リハビリテーション科 外来担当医表 休診表 現在、休診の予定はございません。 リハビリテーション科について 主な役割 入院リハビリ 脳卒中をはじめとする急性期病院が関わるあらゆる疾患に対応できる体制を整備し、全ての診療科に入院したほとんどの患者さんに入院リハビリテーションを実施しています。 外来リハビリ 主に当院を退院された患者さんについて、回復期に相当するリハビリテーションをおこなっています。 訪問リハビリ 在宅で心身の機能の維持・回復、日常生活の自立を支援するためのリハビリテーションです。 部長からのメッセージ 河北総合病院は急性期から生活期までのリハビリを担当しています。 急性期とは病気の治療や全身管理が必要な時期です。 全身状態が落ち着いて、さらにリハビリが必要な脳卒中や骨折などの患者さんは、河北リハビリテーション病院に転院してリハビリを継続することができます。 河北リハビリテーション病院のリハビリは回復期リハビリと呼ばれています。 そして、生活期は訪問リハビリが担当しています。 在宅で心身の機能の維持・回復、日常生活の自立を支援するためのリハビリです。 介護する家族へのアドバイス、またご相談も伺っています。 脳卒中のリハビリを急性期から生活期まで一貫しておこなえるのは河北総合病院の特徴です。 スタッフ紹介 私たちリハビリテーション科では、主に病気で入院して間もない患者さんに対して、医師の指示に基づき、看護師、ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師、公認心理師/臨床心理士等関連職種と連携しリハビリテーションを開始しております。 もちろん病気の状態を医師と確認しながら安全に安心してリハビリテーションを受けて頂けるように細心の注意を払っています。 これにより入院後や術後早期から積極的に離床を促すことが可能となり、廃用予防や活動・生活範囲の拡大ができ、より充実したリハビリや病棟での生活につながっています。 対象疾患 当院では入院患者さん全員を対象に、全病棟にリハビリが関わり、整形疾患・脳血管疾患・心臓や呼吸リハビリ・寝たきり予防のリハビリなどをおこなっています。 整形外科疾患 大腿骨頸部骨折や下腿骨折・上肢の骨折・脊椎疾患・手の外科やスポーツリハビリなど 脳血管疾患 脳卒中・脳外科・神経難病・内科疾患によって起こる、さまざまな心身の機能低下(廃用症候群) 循環器疾患 心筋梗塞・狭心症・心不全・心臓血管外科など 呼吸器内科 性閉塞性肺疾患・肺炎・肺がんなど 訪問リハビリテーションについて 生活している中で困っていることありませんか?セラピストがお手伝いします ご希望や困りごとに応じて、動かしやすい身体づくりや、実際の生活動作に合った環境づくり、日常動作の練習・アドバイスなどをおこなう訪問リハビリサービスを実施いたします。 ご利用者さまの希望や困りごととリハビリ専門職の視点を併せて、「活動と参加」に向けた目標を定めて計画的に対応いたします。 具体例 ・心、身体機能の改善、維持 ・生活動作や介助方法の工夫 ・道具、環境の提案 ・充実した生活の支援 ・公共交通機関活用の支援 など 河北訪問リハビリテーションの方針 地域の保健・医療・福祉サービスと連携しておこなっています。 ご利用者様やご家族様がQOL(生活・生命・人生の質)を高められるよう、私たちはご自宅での生活に必要な知識・技術の提供やアドバイスをさせていただいております。 そして在宅生活の継続と社会への参加を支援します。 訪問リハビリの利用頻度は、1回20分・週6回までと限度時間・回数が設けられています。 当事業所では主に、1回60分のリハビリを週に1、2回提供しています。 訪問エリア 杉並区と中野区の一部を基本訪問エリア(当院より半径2km程度)としています。 但し、エリアを越えたご住所の場合も検討いたします。 訪問リハビリを利用するには 介護認定をされ、主治医が必要と認めた場合、ケアマネジャーのケアプランに基づいて訪問リハビリを受けることができます。利用料は、介護保険が適応されます。 介護保険以外(介護認定されていない方)でも主治医が必要と認めた場合は、医療保険で訪問リハビリを受けることができます。 主治医やケアマネジャーにご相談ください。 ご不明な点は、お気軽に下記までお問い合わせください。 お申込み 申し込み用紙をダウンロードし、ご記載ください。 FAX、もしくは郵送にてご送付ください。 理学療法士 理学療法の直接的な目的は運動機能にありますが、寝返る・起き上がる・座る・立ち上がる・歩くなどの日常生活 ADL の改善を図り、最終的には生活の質 QOL の向上を目指します。 その他運動機能低下が予測される高齢者の予防対策、糖尿病の運動療法、スポーツ分野でのパフォーマンス向上を図ります。 また、退院前に家屋訪問をおこない、福祉用具の適応相談、住宅改修相談もおこないます。 作業療法士 整形疾患や脳血管疾患などの疾患により、身体機能、精神機能、高次脳機能の障害が出現した患者さんに対して、機能訓練、食事・更衣・トイレ・入浴などの日常生活訓練、掃除・調理などの家事動作訓練、また福祉用具や自助具の紹介もおこないます。 出来る限りその人らしく生活が送れるように、作業活動を通して心と身体機能のサポートしています。 最後に ひとは、体を動かさないと日々、時間ごとに刻々と「身体的」にも「精神的」「社会的」にもその機能は落ちる、と言われています。 私たちは、患者さん・ご家族等への十分な説明とご理解を得た上で、退院後の日常生活への在宅復帰、職場等への社会復帰を速やかにおこなえるように、「患者さんの機能・能力を最大限引き出し、その人らしい生活が最大限できるように(生活の再構築)支援すること」をお手伝いしております。 今後とも、私たちは専門職として、社会人、組織人としての成長も常に考え、患者さんとより良い関係の中で、リハビリテーションが進められるように努めていきたいと考えております。

次の

中野区のリハビリテーション科/リハビリ科の病院・クリニック 27件 【病院なび】

杉並区 リハビリテーション科

その後、量的指標 365日リハ実施、1日提供リハ単位数etc や質的評価 在宅復帰率、重症者改善率etc が追加され、2016年には更に高い質を問う、回復期アウトカム評価が導入されました。 これらのことから、回復期リハビリテーション病棟は、より早くに急性期から患者様を受入れ、早い在宅復帰を実現しなければならないこと、重症患者様であっても多職種が連携、叡智を結集することで、できる限りの自立度向上、介助量軽減、在宅復帰を目指すことが望まれています。 当院は重症患者様受入、日常生活自立度改善率等において、全国平均を上回っており、回復期リハビリテーション病棟に求められる機能・役割を果たしていると自負しています。 今後も時代に、地域に必要とされる回復期リハビリテーション病棟であり続けます。 当院は回復期リハビリテーション機能に特化しており、地域に貢献できるサービスは決して多くはありません。 しかしながら、健康寿命延伸に寄与できるセラピストは地域包括支援センター ケア24 の協力を得て、病院外でも活躍しています。 回復期リハビリテーション病棟ですから、在宅復帰を目指すことは勿論、地域に戻った後、ひとりの生活者としてイキイキ暮らすことができるか、例えば運動習慣をつくって、病気や怪我の再発予防を自らできるようセルフマネジメントができるか、このような視点をもつことが大事だと考えています。 2020年度テーマは・・・ 「Re:Start It」~1つ上の回復期リハを目指して~ 「Re」とは、再びや新たに。 「Start It」とは、始めよう。 2020年度リハビリテーション科テーマは、「Re:Start It」。 1つ上の回復期リハを目指して、「再構築」「新たなスタート」の2つをテーマに力を合わせています。 1つ上の回復期リハビリテーションとは何なのか?それに応えることができるセラピストとは何なのか?まずは、専門職として期待されていることを知る。 そして、その役割を自覚し行動に移すことが大事だと思います。 そのために今年度は、自分たちの業務を振り返り「作り直す」こと、また、「新たな挑戦」をしていくことをテーマに各部門で『Mission』を打ち出しました。 私たちは、「患者様、ご家族を笑顔にする」ために成長していきます。

次の