ゼノンザード レビュー。 ゼノンザードの評価・レビュー・感想・遊び方・序盤

【ゼノンザード】がマジで面白いのか実際に遊んだ評価レビューと評判まとめ

ゼノンザード レビュー

プレイを通じてAIを育成し、様々なプレイヤーと対戦していきます。 AIの育成や活用はもちろん、美麗イラストカードと豪華声優陣のボイス、3つのカードゲーム要素を組み合わせたバトルを楽しみましょう! ゼノンザードの戦闘・システム ライフが設定されプレイヤーに上昇効果を与える分身体の『フォース』、敵の攻撃に合わせてカウンターや防御を選択する『フラッシュタイミング』、フィールドに置いたカードをベースに移したり戻したりしてマナとして活用する『移動式マナシステム』の3つの要素がバトルに絡んでいます。 カードパックの配布量が多いので、ゲーム開始時から各属性のデッキを試すことができます。 序盤を効率よく攻略するためには、リセマラを行いましょう。 無課金ですぐに強力なデッキを組みたいなら、多少リセマラを行い、優秀なレジェンドカードを手に入れておいたほうがいいです! AI『コードマン』は、プレイヤーのバトルをサポートし、共に成長していきます。 レベルやプレイングに応じて、『コードマン』の性格は変化していき、親密度が上がるとそれぞれのストーリーが解禁されるのです! 個性豊かな16体からバディとなる1体と契約しましょう。 バトル中、次の一手に迷ったらバディAIが状況に応じてアドバイスをしてくれます。 また、AIによるバトル結果の分析やリプレイ機能も搭載されているので、カードゲーム初心者の方でも安心してプレイできます。 ゼノンザードの評価まとめ.

次の

ゼノンザード THE ANIMATION(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧【あにこれβ】

ゼノンザード レビュー

システム• 他のデジタルカードゲームには見られない特有の3つの要素があり、戦略性の高いゲームルールを楽しめる。 手軽さ• カードゲームなので気軽にというよりある程度時間を確保してやるゲーム。 テンポ• 配信されたばかりだからかロードが長かったり、アプリが落ちたりする。 グラフィック• どのバディAIも細かい部分まできれいに描かれている。 カードのイラストも良い。 やりこみ度• ランクマッチやフレンドマッチ、AIトレーニングなど多彩なバトルシステムが用意されている。 バトル中にAIがアドバイスをしてくれたり、デッキも入れたいカード1枚以上入れるだけでAIがデッキ構成を考えてくれるなど、カードゲーム初心者にも優しい印象。 手軽さ• 1回のバトルで10分前後かかったりするので、それで勝てるまでやるとなると、ちょっとした空き時間にプレイするっていう意味での手軽さは低い。 加えて、手動操作なのでオートで片手間プレイ、というのは不可。 テンポ• バトル中、所々でテンポの悪さを強く感じた。 これに関しては十分改善の余地はあると思います。 グラフィック• 特筆すべき点はなく、普通。 悪くはない。 やりこみ度• まだ手に入れてないカードを集めたり、ランクマッチで頂点を目指したり、AIを育成したりと、やれることはある。 ai関連は他のゲームにも深層学習aiを使って欲しい 手軽さ• デッキ作りとプレイのアドバイスがある程度的確なので 結構気楽にできる 苦手な人は指示に従って慣れて 得意な人はたまにAIに頼るくらいで テンポ• カードゲーは大抵テンポはあまり良くするのは難しいと思う 設定でオンオフ切り替えで多少マシに グラフィック• グラは普通 やりこみ度• ランクが上がるとAIも学習して強くなるらしいので 強くなる具合が高いとやりごたえは結構ありそう もっと見る ゼノンザード紹介 ゼノンザードは、バンダイの新ブランド「 AICARDDASS」の第一弾タイトルとして配信された 全く 新しいデジタルカードゲームです。 自分のAIの育成、AIとの対戦や共闘など、 今までにないカードバトルを体験できます。 バトル ゼノンザードは、40枚のカードを使ってデッキを組み戦っていく ターン制カードバトルです。 様々なカードを駆使して戦い、相手のライフを0にした方の勝利です。 またゼノンザードには「 フォース」、「 フラッシュタイミング」、「 移動式マナシステム」という他のデジタルカードゲームには見られない特有の3つの要素が存在し、これらの要素が組み合わさることで、戦略性の高いゲームルールが実現しています。 フォース フォースはプレイヤーを守る特殊な力で、 ゲーム開始時から効果を発揮しバトルをサポートしてくれます。 フォースはバトル前に使用する2種類を選択するので、フォースを変えれば同じデッキでも 全く異なる戦術を取れます。 フラッシュタイミング フラッシュタイミングを使うと、 相手のターン中にカードの効果を発揮してカウンターを決められます。 移動式マナシステム 移動式マナシステムは、ミニオン同士のバトルが展開される フィールドと、ミニオンをマナにする ベースを 自由に行き来させることができるシステムです。 マナの量を自由自在に増減させることで、自分の理想としたプレイが可能になります。 デッキ 40枚のカードとフォースを設定してデッキ作成を行います。 カードの組み合わせやフォースの相性を考えて作成していきましょう。 また、バディAIがデッキ作りのサポートをしてくれる「 AIデッキアドバイス」が搭載されているので、デッキ作りが苦手な方は利用しましょう。 手軽さ• テンポ• グラフィック• やりこみ度• 送信 関連記事 最新アプリ事前登録 これからが楽しみ!注目の事前登録ゲーム ラストオリジン ジャンル:ターン制戦略バトルRPG メーカー:PiG Corp. ・バイオロイド達の特徴を理解し、強力な分隊を作ろう!•

次の

【ゼノンザード】リリース直前『魔術都市の9戦士』の全カードを評価レビューしてみる

ゼノンザード レビュー

戦略性がとても高く、決着がつくまで油断大敵• 7つの属性、9つのフォースからデッキ構築• 個性豊かなバディAI。 個別ストーリーも収録 それぞれ簡単に説明をしますね! 戦略性がとても高く、決着がつくまで油断大敵 マナを貯めたり、フォースを破壊したり選択肢が多いので、序盤は優勢だったのに一瞬で劣勢になったということも。 戦略性の高いカードゲームを楽しみたい方にピッタリな作品です。 先にフォースを破壊して優位に立ちまわるか、フォース効果を無視してプレイヤーを直接攻撃するか、1回1回の試合ごとに攻め方が変わる楽しさがあります。 ランクシステムがあるので、他プレイヤーと競争することも可能です。 自分だけのオリジナルデッキを構築して、他プレイヤーと熱いバトルを繰り広げましょう。 7つの属性、9つのフォースからデッキ構築 デッキは40枚構成で 「赤」「黄」「紫」「緑」「青」「白」「無」の7つの属性があり、それぞれ異なった特徴を持っています。 例えば、赤属性は速攻に強く、白属性は守りが堅いカードが多いです。 シャドウバースでいう、「ロイヤル」や「ビショップ」のようなポジションです。 シャドウバースと違って、赤と黄属性を組みわせてデッキを構成することもできます。 属性とは別に「フォース」というカードバトルにおいて重要な役割を担うシステムが存在! 自分のデッキと相性のいいフォースを選択しましょう。 また、同じ属性のデッキでもフォースが異なるだけで、攻め方が大きく変わります。 最初に好きなバディAIを選んでスタート。 バディによって特性が異なるといった仕様ではないので、見た目や声優で選ぶ といいでしょう。 上坂すみれ、杉田智和、福山潤など豪華声優陣がCVを務めています。 また、バディAIの親密度を上げていくと、個別ストーリーが解放されていきます。 カードゲームを遊びつつ、ストーリーも楽しめるのも本作の魅力ポイントです。 実際に遊んでみた本音のレビュー ここがヤダ! ある程度の考える力を持っていないと、強いカードを持っていても勝てないところがGood。 しかし、AIが成長して親密度が上がることで、フレンドリーに接してくれるように。 性格や言動も変化するので、AIの成長を実感しやすいです。 しかし、課金してデッキをしっかり構築している相手には、どうあがいても勝てません。 ただ、同じレートの人とマッチングしやすいので、序盤は初心者同士でカードゲームを楽しめます。 ゼノンザードの評価まとめ.

次の