アンプリ チュード。 新メイクブランド「アンプリチュード」デビュー、RUMIKOによる“透き通る肌”を作るベースメイク

Amplitude(アンプリチュード) / ロングラスティング リキッドファンデーションの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

アンプリ チュード

「アンプリチュード」は豊かさや奥行き、振幅などを意味。 知性や色気をあわせ持ち、精神的にも成熟した「かっこいい大人美」という新しい価値を提案する。 クオリティーの高いパッケージや豊富なカラーバリエーションを揃え、9月にベースメイク、来年1月にはカラーメーキャップアイテムを展開していく。 ベースメイクでは、メーキャップベース2種(7,000円・7,500円)やファンデーション2種(各10色、9,000円・1万1,000円)、コンシーラー(4色、5,500円)、ルースパウダー(2色、6,500円)をラインナップ。 このほか、限定のアイカラーパレット(7,800円)やチークカラーパレット(7,800円)、ブラシなどのツール(1,000円〜5,500円/すべて税別)を販売する。 発表会では、ナチュラルな透明感のある肌を演出するリキッドベースや肌の凸凹や毛穴、シワを整えるクリームベース、カバー力や密着力に優れたファンデーションなどを用いたメーキャップデモンストレーションが披露された。 RUMIKO氏は「アンプリチュードは女性たちに向けて精神的にも高みにあげる化粧品、"第2章の化粧品"の始まりを宣言します」とコメント。 ACROの石橋寧会長は、近年化粧品バブルが続いており、メイドインジャパンの高級スキンケアは高い支持を得ている一方、メイク商品に関しては欧米のブランドが好まれる傾向があることから、「日本発のラグジュアリーメーキャップブランドを世界に向けて発信したい」と意気込みを語った。 9月1日に1号店を伊勢丹新宿本店にオープンし、9月25日に開業する、大阪の百貨店の計3店舗を年内に出店する。 来年は全国の主要都市への出店を予定しており、今後アジアの主要都市、数年後には欧米での展開を視野に入れている。 なお、ACROは今年創業10周年を機に、今秋アンプリチュードをはじめ、といった3つの新ブランドを始動する。

次の

Amplitude<アンプリチュード>から、水彩画にインスパイアされたサマーコレクションが発売

アンプリ チュード

「アンプリチュード」は豊かさや奥行き、振幅などを意味。 知性や色気をあわせ持ち、精神的にも成熟した「かっこいい大人美」という新しい価値を提案する。 クオリティーの高いパッケージや豊富なカラーバリエーションを揃え、9月にベースメイク、来年1月にはカラーメーキャップアイテムを展開していく。 ベースメイクでは、メーキャップベース2種(7,000円・7,500円)やファンデーション2種(各10色、9,000円・1万1,000円)、コンシーラー(4色、5,500円)、ルースパウダー(2色、6,500円)をラインナップ。 このほか、限定のアイカラーパレット(7,800円)やチークカラーパレット(7,800円)、ブラシなどのツール(1,000円〜5,500円/すべて税別)を販売する。 発表会では、ナチュラルな透明感のある肌を演出するリキッドベースや肌の凸凹や毛穴、シワを整えるクリームベース、カバー力や密着力に優れたファンデーションなどを用いたメーキャップデモンストレーションが披露された。 RUMIKO氏は「アンプリチュードは女性たちに向けて精神的にも高みにあげる化粧品、"第2章の化粧品"の始まりを宣言します」とコメント。 ACROの石橋寧会長は、近年化粧品バブルが続いており、メイドインジャパンの高級スキンケアは高い支持を得ている一方、メイク商品に関しては欧米のブランドが好まれる傾向があることから、「日本発のラグジュアリーメーキャップブランドを世界に向けて発信したい」と意気込みを語った。 9月1日に1号店を伊勢丹新宿本店にオープンし、9月25日に開業する、大阪の百貨店の計3店舗を年内に出店する。 来年は全国の主要都市への出店を予定しており、今後アジアの主要都市、数年後には欧米での展開を視野に入れている。 なお、ACROは今年創業10周年を機に、今秋アンプリチュードをはじめ、といった3つの新ブランドを始動する。

次の

シーサンヤオチュー

アンプリ チュード

上のリンク先で『Amplitube custom shop』の「FREE DOWNLOAD」を押します。 次のページでお使いのパソコンのOSに合わせてダウンロードを選択してください。 やっぱりデモ版で体験できるのはいいですね。 スタンドアロンで立ち上げて「custom shop」で色々なアンプ、キャビネット、エフェクターが試奏できるようになってます。 Amplitube4、Amplitube4 Deluxe、AmplitubeMAX Amplitube4は三種類あります。 『Amplitube4』と『Amplitube4Deluxe』と『AmplitubeMAX』。 入ってる内容が違うだけで、機能自体はどれも一緒の様ですね。 「64bit版」しか存在しません。 8トラックレコーダー これはどちらにも標準で入ってる機能なんですけど、個人的に「凄いな!」と感じた機能です。 シミュレーターにこんなん付いとるんかい…。 これはスタンドアロン(Amplitube4単独での立ち上げ)で起動させたときにしか使えない機能です。 練習してる最中にいいフレーズや曲が浮かんだ時に、DAWを立ち上げなくてもスグにAmplitube4で録音できちゃう。 アドリブ練習にもいいですよね。 そして後から録音したトラックをDAWに読み込ませることが出来ます。 切り貼りなどの編集もできちゃう。 素晴らしい。 4トラックルーパー ルーパーもあります。 こちらの録音したトラックもDAWにインポート可能です。 この2つの機能… DTMもギター練習も捗る事間違いない機能やんけ! これはDAW使ってる方には少しいじれば理解出来る画面でしょうね。 3Dキャブルーム こちらもAmplitube4の新たな機能ですね。 録音ルームも選べちゃう!す、凄すぎる…。 一つ一つ設定でどのくらい音の雰囲気が変わるのか気になりますね。 二種類のチューナー 従来のクロマティックラックチューナーにもう一つ、『 UltraTuner』というのが付いてきます。 (特許申請中らしいよ!) Amplitubeのチューナーは精度がいいなーって感じたんですよ。 アンプシミュレーターは、見づらくて合わせづらいチューナーを搭載してるのが多いなと思ってまして。 (個人的な意見) 精度のいいチューナーが、一つの画面でサッと使えるのはとても嬉しい。 『UltraTuner』という精度の高いチューナーが増えたのは、私からすると凄くポイントになりますね。 『UltraTuner』はスマホの無料アプリでも使用できますので、興味のある方はどうぞ。 10機種のストンプボックス(エフェクター)• 9 機種のアンプ• 10機種のキャビネット• 29機種のスピーカー• 4機種のマイク• 2機種のラックエフェクト• 2トラックレコーダー使用可能 ストンプボックスというのはエフェクターの事です。 最初に書いたのですが、 Deluxe・MAXとの違いは「中身」なんですよ。 こればっかりは、どんなサウンドが欲しいかって事で変わってきますよね。 Amplitubeはカスタムショップで個別でアンプやエフェクターを買い足すことが出来ます。 ノーマルのAmplitube4買って、どうしても欲しいのだけを買い足すというのもありですね。 Amplitube4Deluxe MAXは他の2つとは大きな違いがあります。 たくさん種類が入ってるというだけじゃありませんよ。 Z Amplification』『Fulltone』『Groove Tubes』… これらの、 ブランド公認のサウンドが入ってるからです。 本当に素晴らしいハイクオリティな実機モデルのサウンドが大集合です。 一度体験してみてください、本当に感動しますよ。 (私はした) スポンサーリンク 背面もかっこええやん…。 これで暖を取りたい…。 背面のブラウン管などの設定も出来ます。 私は実際トリプルレクチ持ってました。 「実機使ってた耳なめんなよ!どんなもんか聞かせてみろや!」って感じだったんですよ! クリーン弾いた瞬間ね、あ…コノオト…オレ…シッテル…となってウルッとした。 懐かしくて、バンドしてた頃を思い出しました。 凄いです。 さすが公認ですね。 歪みも素晴らしい再現度! 歪と共にテンション爆上がりましたよ。 本気で凄いなってため息出ました。 モデリングした音聞いて、鼻で笑ってツバ吐きつけてた時代は終わってました。 (性格悪い) いや、Amplitubeが終わらせてたんですね…。 それも何年も前に…。 (遠い目) 「で、でもニュアンスとかその辺は、ま、まだまだなんだからねっ!」と言って、悔しさと共にギターを置きました。 夢中になっちゃいました。 ぜひ、皆さんにも「公認された音」を試していただきたいですね。 最初に、お値段高くなるって言いましたけど、 これだけのボリュームが入ってたら逆に安いんじゃないかなー?って感じです。 「実機買ったらいくらすんだよ」って!って思うとね…。 まぁ、そんな事言ってもしょうがないですけど。 (サンプル聞いてるだけで楽しい) Amplitube MAXに収録されていないギア一覧 「MAXが一番いいんだし、Amplitube MAX買ったら全部入っとるんやろ?」と思ったら大間違いです。 AmpliTube MAX収録ギアは2016年2月時点までに発売されたものとなりますので、下記のコレクションが未収録となります。 上の中にあるギアが欲しい方は、Amplitube MAXを入手しても別途購入が必要ですので、注意してください。 コレクションシリーズ・バンドル 拡張パックみたいな感じですね。 アンプ、キャビネット、エフェクターなどを、 カスタムショップで一つからでもダウンロード購入できるんですが、パッケージになってる商品が沢山あります。 Fenderのアンプ、エフェクターなどを集めた「」、Ampegのベースアンプシミュレーターが数種類入っている「」、ジミ・ヘンドリクスが愛用していた機材が詰め込まれた「」などなど沢山あります。 カスタムショップで一つ一つ買うと高くなってしまうので、追加で購入するなら、必要なパッケージ品を考えて買うといいですね。 (気長に待てればだけど…) クロスアップグレードについて これは様々なソフトウェア会社がやってますが、IK multimediaもやってます。 クロスアップグレードというのは「ウチの商品を買った人は、ウチの他の商品もお得に買えるやでー」ってやつです。 (説明がくそ) 要は、他社にお客を取られない様にやってるサービスですよね。 クロスアップグレードで結構安くなります。 99(ユーロ)以上の商品を買うと、クロスアップグレードの対象者になります。 99以上で買うと、 回数制限なくずっとクロスアップグレードの対象者です。 パッケージ版でも登録可能。 IK multimediaで購入する際に、お得に買い物が出来るようになります。 99以上の買い物をしてからクロスグレード商品を購入するとお得になりますので、覚えておいて損はありません。 基本どの商品も「クロスアップグレード」と付く商品は、「クロスアップグレード対象者」しか使えない物です。 「クロスグレード版ってやつがなんだか安いやんけ!!買ったろ!!」とならないよう、購入の際は充分に気をつけてください。 おわりに 調べて実感したんですけど、Amplitube先輩まじすげぇ…でした。 AmplitubeMAX持ってたら他のシミュレーターが要らないんじゃないか、というぐらいのパワーとヴォリュームがありますね。 「ブランドが公認」があるので、やっぱり音のクオリティが高くて凄いなって。 Amplitubeが有名な理由が分かりました。 操作性もよく、安定感とクオリティに驚きましたね。 エクスプレッションペダルを繋げば、ワウやボリュームペダルでさらにAmplitubeを楽しむことができます。

次の