余市 蒸溜 所。 press.prosperity.com: ニッカ 余市蒸溜所限定 ブレンデッドウイスキー 500ml: 食品・飲料・お酒

蒸溜所

余市 蒸溜 所

概要 [編集 ] の創業地であり、がづくりの理想の地を求めてに似た気候風土を備えていた余市に蒸溜所を建設した。 蒸溜所では世界的に見ても今では珍しい昔ながらの「石炭直火蒸溜」を行って「品質第一主義」を貫いており、日本国内で初となるザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ(SMWS)認定のモルトウイスキー蒸溜所になった。 また、「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」として「」に選定されているほか 、蒸溜所内の建造物9棟が国の「」に登録され 、「余市町のウイスキー醸造関連遺産(ニッカウヰスキー(株)北海道工場)」としての「」に認定されている。 としても人気があり、から「エクセレンス認証」を授与されている。 歴史 [編集 ] (9年)、寿屋(現在の)を退社したは、かねてからづくりの適地としていた北海道での工場建設を実現しようとしていた。 竹鶴政孝が目指したのはであり、の蒸溜所と同じように力強くしっかりとした味わいのモルト()原酒をつくることであった。 北海道には原料や燃料となる、、ピート()、の入手が容易であり、の気候に加えて良質なやに必要なも豊富にあるため、ウイスキーづくりに必要な条件が揃っていた。 当初は現在の江別市を工場予定地にしていたが 、予定地が氾濫する恐れのあることがわかったために断念し、酒造家で資本家でもあった但馬八十次の紹介もあって余市での工場建設を決めた。 余市は三方を山に囲まれて北にはがあり、適度なを持ちながらも澄んだ空気やの良質な水があるなどの諸条件を満たしていたほか 、果汁の原料となるの産地であることも工場建設の決め手になった。 ウイスキーが熟成するには長い年月を必要とするため 、まずはをつくってウイスキーづくりを支えようと考え 、同年に「大日本果汁株式会社」を設立した。 1935年(昭和10年)の冬になって、ウイスキーをするためのポットスチル(単式蒸溜器)が1器届き 、翌年から製造を始めた。 1940年(昭和15年)の第1号「ニッカウヰスキー」発売後、程なくしてウイスキーなどは贅沢品として製造販売が制限された。 その後、余市蒸溜所はの指定工場となったためウイスキーは海軍が買い上げることになったが 、物資が乏しい中でも大麦の配給を受けることができたため、原酒を作り続けることができた。 ( 09年):「大日本果汁」設立し、余市に工場完成。 (昭和10年):「ニッカ林檎汁」()発売。 (昭和11年):・の製造開始。 (昭和15年):「ニッカウヰスキー」「ニッカブランデー」第1号発売。 (昭和27年):「」と社名変更し、本社が東京に移転。 (昭和55年):旧事務所が「大日本果汁株式会社(ニッカウヰスキー株式会社)工場創立事務所 」として町の「指定文化財」になる。 (元年):「」発売。 (平成13年):ニッカウヰスキーがと営業統合。 「シングルカスク余市」がウイスキー・マガジン『ベスト・オブ・ベスト』最高得点獲得。 (平成14年):ザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ(SMWS)認定のモルトウイスキー蒸溜所になる。 「ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所」として平成14年度「緑化優良工場経済産業大臣表彰」受賞。 (平成16年):「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」として「」認定。 (平成17年):建造物9棟が国の「」登録。 (平成19年):「余市町のウイスキー醸造関連遺産(ニッカウヰスキー(株)北海道工場)」としての「」選定。 (平成20年):「シングルモルト余市 1987」がウイスキー・マガジン『』(WWA)シングルモルトウイスキー部門で世界最高賞受賞。 (平成28年):西川浩一工場長が『アイコンズ・オブ・ウイスキー』(IOW)の「ワールド・ベスト・ディスティラリー・マネージャー」受賞。 施設 [編集 ] 余市蒸溜所正門 事務所棟 、。 見学者待合室 ガイド付き見学は30分毎に案内している(予約制)。 登録有形文化財、近代化産業遺産。 乾燥棟(キルン塔) 第一乾燥棟、第二乾燥棟は登録有形文化財、近代化産業遺産。 粉砕・糖化棟 見学不可。 醗酵棟 見学不可。 蒸溜棟 単式蒸溜器(ポットスチル)が並んでいる。 釜の上部にが施されているのは、竹鶴政孝の生家が日本酒の蔵元()であったことに由来している。 登録有形文化財、近代化産業遺産。 混和棟 登録有形文化財。 旧事務所 の事務所として1934年(昭和9年)に建設。 余市町の「指定文化財」であり 、企業内の建物としては北海道内で初めてに指定された。 リタハウス 1931年(昭和6年)建設。 工場の操業開始後にウイスキー製造の研究室として使用していた。 見学不可。 登録有形文化財、近代化産業遺産。 製樽棟 見学不可。 旧竹鶴邸 1935年(昭和10年)に竹鶴政孝・リタ夫妻の住居として工場内に建設。 後に余市町の郊外山田町に移設するが、2002年(平成14年)に再び工場内に移築・復元した。 玄関ホールと庭園を一般公開している。 登録有形文化財、近代化産業遺産。 一号貯蔵庫 創業時に建てられた貯蔵庫。 見学用に開放しているため、空樽を設置している。 登録有形文化財、近代化産業遺産。 ウイスキー博物館 ウイスキー館:ウイスキーに関する情報や道具を展示。 有料の試飲コーナーあり。 ニッカ館:竹鶴政孝との生い立ちを資料やパネルで展示。 ニッカ会館・レストラン 樽 無料試飲会場。 レストランの営業時間は11:00〜16:00(ラストオーダー15:30)。 ディスティラリーショップ ノースランド。 アサヒスーパーレポート. 2013年. 2017年3月13日閲覧。 2017年3月11日閲覧。 北海道遺産協議会事務局. 2017年3月11日閲覧。 ニッカウヰスキー. 2017年3月11日閲覧。 30-33 2007年. 2017年3月11日閲覧。 2017年3月13日閲覧。 ニッカウヰスキーストーリー. ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 ニッカウヰスキーストーリー. ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 ニッカウヰスキーストーリー. ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 , p. ニッカウヰスキーストーリー. ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 ニッカウヰスキーストーリー. ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 ニッカウヰスキーストーリー. ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 7 2012年. 2017年3月12日閲覧。 nippon. com 2014年8月19日. 2017年3月13日閲覧。 ニッカウヰスキー. 2017年3月11日閲覧。 ニッカウヰスキー. 2017年3月12日閲覧。 財経新聞社. 2016年3月19日. 2017年3月13日閲覧。 nippon. com 2014年8月19日. 2017年3月12日閲覧。 ようこそさっぽろ 札幌市観光サイト. 2017年3月13日閲覧。 小樽開発建設部. 2017年3月13日閲覧。 参考文献 [編集 ]• 松尾秀助『琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とリタ ニッカウヰスキー物語』、2014年。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』、2014年。 余市町でおこったこんな話. 2013年. 2017年3月13日閲覧。 余市町でおこったこんな話. 余市町 2014年. 2017年4月23日閲覧。 余市町でおこったこんな話. 余市町 2014年. 2017年4月23日閲覧。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [編集 ]•

次の

蒸溜所

余市 蒸溜 所

ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。 創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。 そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。 余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。 つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。 「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。 」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。 それが余市流なんだわ。 ホント、美味いよ。 酒がなんぼでも進むんだわ。 美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。 そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。 日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる。 できないはずがない。 竹鶴のそんな意志と悲願を託したポットスチルが稼働したのは、1936年。 粉々に砕いた石炭を、スチルマンは汗にまみれながら炉にくべた。 本場スコットランドと全く同じ、微粉炭直火蒸溜だった。 1936年、余市蒸溜所に最初に作られたポットスチルは伝説になる。 創業以来、受け継がれる「石炭直火蒸溜」————— 余市蒸溜所 余市のポットスチルは「ストレートヘッド型」。 胴体部分に膨らみがありません。 また、上部のラインアーム(冷却器へつながるパイプのような部分)は下向きになっています。 この胴体とラインアームの形状からは、重厚でコクのあるモルトが生まれるとされています。 さらに、余市ならではの香り高く力強いモルトを生み出す決め手となるのが「石炭直火蒸溜」。 創業当時からの変わらぬ手法です。 火をゆっくりと焚き、ゆっくりと蒸溜するのが難しいところ。 熟練職人が長年の経験を元に温度が上がりすぎぬよう石炭をくべ続け、燃えかすを取り出し続けます。 難しくても、効率が悪くても伝統の技が受け継がれているのは、これこそが「余市モルト」を生み出す手法であるからに他なりません。 竹鶴政孝が学んだロングモーン蒸溜所のポットスチルは「ストレートヘッド型」、そして当時は「石炭直火蒸溜」を行っていました。 今ではスコットランドでも珍しくなった「石炭直火蒸溜」の技は、時代と国境を越え、余市蒸溜所に生き続けているのです。 リタにプロポーズの時「スコットランドに残っても構わない」と言う竹鶴に、「私はあなたの夢を共に生き、お手伝いしたいのです」と答えたリタ。 日本の生活に溶け込もうと努力を重ね、漬け物や塩辛まで手作りした彼女を、人々は「日本人以上に日本人らしい」と評したほど。 日本語の勉強にも励み、流暢な関西弁を操るまでになったが「マサタカサン」という発音が難しかったためか、竹鶴のことを「マッサン」と呼んだ。 リタとマッサンが住んでいた家 「マッサン」クランクアップ式典 2015. 23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。 後藤義人が語る NIKKA 余市蒸溜所 限定NA年 余市蒸留所のみで限定で販売されたブレンドッドウイスキーは、育ちの良い素性と凛とした品を感じます。 非常に豊かに広がる、ふくらみのある芳香とある程度の熟成感が思ったより十分に楽しめますね。 余市特有の石炭直火焚きから感じる、野性的なピート香に由来する香りも、見つけれるはずです。 やや浅めのローストを感じさせる樽の焼き加減を感じます。 優しいロースト香が、育ちの良さを感じさせます。 浅煎りのコーヒーを連想させる香りも良いですね。 そして、洋梨のラ・フランスや千両梨のような香り、アカシヤ、スターアニス、シナモンなどの香も漂っています。 優しさと強さを兼ね備えている、優しい味わい。 エレガントな味わい。 アフターティストは長い印象が有ります。 500ml 40% ラ・ブリック支配人 後藤義人シニアソムリエ その粘性に誰もが眼を奪われる。 日本製の桐箱に布製のリボンがたすき掛けされています。 北海道地区のみ限定! [ 配送と商品在庫について ] ご注文頂いてから1〜3日以内にご発送いたします。 新型コロナウィルスの影響による航空会社の運休・減便・機材変更にともない、お届けに遅れが発生しております。 また、緊急事態宣言の発令に伴い、航空会社にてさらなる追加運休および機材小型化が計画されており、お届けまでの日数が増える可能性がありますことご理解くださいますようお願い申し上げます。 [ 在庫について ] ホームページ上の商品は 実店舗と並行して販売いたしております。 在庫の管理には細心の注意をはらっておりますが、実店舗との売り違いにより 実際には売り切れの場合がございます。 写真と実際の商品のヴィンテージは異なる場合がございます。 商品説明にヴィンテージが明記されていない商品についてはお問い合わせくださいませ。 ラベル・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

次の

ニッカウヰスキー余市蒸溜所工場見学へ!予約なしでガイド見学!駐車場は注意が必要だよ

余市 蒸溜 所

ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。 創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。 そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。 余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。 つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。 「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。 」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。 それが余市流なんだわ。 ホント、美味いよ。 酒がなんぼでも進むんだわ。 美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。 そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。 日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる。 できないはずがない。 竹鶴のそんな意志と悲願を託したポットスチルが稼働したのは、1936年。 粉々に砕いた石炭を、スチルマンは汗にまみれながら炉にくべた。 本場スコットランドと全く同じ、微粉炭直火蒸溜だった。 1936年、余市蒸溜所に最初に作られたポットスチルは伝説になる。 創業以来、受け継がれる「石炭直火蒸溜」————— 余市蒸溜所 余市のポットスチルは「ストレートヘッド型」。 胴体部分に膨らみがありません。 また、上部のラインアーム(冷却器へつながるパイプのような部分)は下向きになっています。 この胴体とラインアームの形状からは、重厚でコクのあるモルトが生まれるとされています。 さらに、余市ならではの香り高く力強いモルトを生み出す決め手となるのが「石炭直火蒸溜」。 創業当時からの変わらぬ手法です。 火をゆっくりと焚き、ゆっくりと蒸溜するのが難しいところ。 熟練職人が長年の経験を元に温度が上がりすぎぬよう石炭をくべ続け、燃えかすを取り出し続けます。 難しくても、効率が悪くても伝統の技が受け継がれているのは、これこそが「余市モルト」を生み出す手法であるからに他なりません。 竹鶴政孝が学んだロングモーン蒸溜所のポットスチルは「ストレートヘッド型」、そして当時は「石炭直火蒸溜」を行っていました。 今ではスコットランドでも珍しくなった「石炭直火蒸溜」の技は、時代と国境を越え、余市蒸溜所に生き続けているのです。 リタにプロポーズの時「スコットランドに残っても構わない」と言う竹鶴に、「私はあなたの夢を共に生き、お手伝いしたいのです」と答えたリタ。 日本の生活に溶け込もうと努力を重ね、漬け物や塩辛まで手作りした彼女を、人々は「日本人以上に日本人らしい」と評したほど。 日本語の勉強にも励み、流暢な関西弁を操るまでになったが「マサタカサン」という発音が難しかったためか、竹鶴のことを「マッサン」と呼んだ。 リタとマッサンが住んでいた家 「マッサン」クランクアップ式典 2015. 23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。 後藤義人が語る NIKKA 余市蒸溜所 限定NA年 余市蒸留所のみで限定で販売されたブレンドッドウイスキーは、育ちの良い素性と凛とした品を感じます。 非常に豊かに広がる、ふくらみのある芳香とある程度の熟成感が思ったより十分に楽しめますね。 余市特有の石炭直火焚きから感じる、野性的なピート香に由来する香りも、見つけれるはずです。 やや浅めのローストを感じさせる樽の焼き加減を感じます。 優しいロースト香が、育ちの良さを感じさせます。 浅煎りのコーヒーを連想させる香りも良いですね。 そして、洋梨のラ・フランスや千両梨のような香り、アカシヤ、スターアニス、シナモンなどの香も漂っています。 優しさと強さを兼ね備えている、優しい味わい。 エレガントな味わい。 アフターティストは長い印象が有ります。 500ml 40% ラ・ブリック支配人 後藤義人シニアソムリエ その粘性に誰もが眼を奪われる。 日本製の桐箱に布製のリボンがたすき掛けされています。 北海道地区のみ限定! [ 配送と商品在庫について ] ご注文頂いてから1〜3日以内にご発送いたします。 新型コロナウィルスの影響による航空会社の運休・減便・機材変更にともない、お届けに遅れが発生しております。 また、緊急事態宣言の発令に伴い、航空会社にてさらなる追加運休および機材小型化が計画されており、お届けまでの日数が増える可能性がありますことご理解くださいますようお願い申し上げます。 [ 在庫について ] ホームページ上の商品は 実店舗と並行して販売いたしております。 在庫の管理には細心の注意をはらっておりますが、実店舗との売り違いにより 実際には売り切れの場合がございます。 写真と実際の商品のヴィンテージは異なる場合がございます。 商品説明にヴィンテージが明記されていない商品についてはお問い合わせくださいませ。 ラベル・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

次の