戦記絶唱シンフォギア リセマラ。 【アズールレーン】リセマラ当たりランキング(最新版)【アズレン】

戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED

戦記絶唱シンフォギア リセマラ

Gatrandis babel ziggurat edenal Emustolronzen fine el baral zizzl Gatrandis babel ziggurat edenal Emustolronzen fine el zizzl です。 調べても出てきます。 これと照らし合わせて絶唱を聞けば、なんと歌っているかよく分かると思います。 tやsなど子音だけの音もトやスなど日本語風に歌っている箇所もありますが、そこは目を瞑りましょう(^^;) 【補足】---------- はっきり公式で振りがなが出ているわけでもなく、この歌詞と実際の歌(絶唱)を聴き比べて自分なりに「こう言ってるのか!」と理解できるのが一番いいのですが…。 ガトゥランディス バベル ジグレット エデナール エミュストーロンゼン フィーネ エル バラ(ル)ズィー(ツル) ガトゥランディス バベル ジグレット エデナール エミュストーロンゼン フィーネ (エ)ル ツィー(ツル) です。 歌はメロディに合わせて歌うものですので、子音だけの音はほぼ言わなかったり、(言語的に伸ばすか謎だが)音に合わせて伸ばしていたりします。 また、読み方ですが、ドイツ語とかに近いです。 zの発音(zizzlの)や、ほぼローマ字読みに近いところなど。 ------------- 上松さんが作詞・作曲をしているのですが、たぶん明確に「この言語」と言えるような言語ではないと思います(造語かもということです。 特にzizzlとか) でもバベルとかジッグラト(実際つづりはziggurat)とかエデン、フィーネなど、なんかルルアメルに関係ありそうな言葉も入ってますから、意味はあるのだとは思いますが…。

次の

戦姫絶唱シンフォギアXDのリセマラ当たりランキング【9/4更新】

戦記絶唱シンフォギア リセマラ

—-スポンサードリンク—- 基本情報・攻略ポイント・動画など 2012年に放送され、第2期「G」、第3期「GX」と放送され、今夏には第4期「AXZ」の放送が予定されている人気アニメとのタイアップ機。 それぞれの継続率は最終決戦が約51%、シンフォギアチャンスは約80%(保留4個時)。 シンフォギアチャンスは5名の選択キャラによって異なるゲーム性が楽しめ、さらに最終変動の7回転目はリーチ濃厚で期待度50%超と最後まで期待できるようになっている。 出玉面では出玉上乗せの「V-COMBO」や、大当りを上乗せする「V-STOCK」、さらにはV-STOCK2個以上濃厚となる「エクスドライブ」を搭載している。 演出ではあらゆるタイミングで発動する「絶唱」が激アツで、「絶唱ゾーン」や「絶唱リーチ」も期待大。 また楽曲が流れればチャンス到来で、「聖詠」なら期待大、「楽曲連続予告」は歌が続くほど信頼度が上昇していく。 「強い。 00 いい方に方向けば強い。 現行最強も頷ける。 ライトミドルで万発狙えて当たりも軽いってなれば人気出るわな… 1つ文句つけるとするなら通常時の演出があまりにもつまらないくらい笑 でもパチンコは勝てばいいわけで…• 「一撃の出玉はハンパない」4. 67 なかなかシンフォギアチャンスに入らないけど、入ったら超楽しい! しょぼ2連で終わる事もあるけど、連チャンすれば一撃の出玉はかなりのもの。

次の

サミタ正式版アプリ「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」の完成度と評価

戦記絶唱シンフォギア リセマラ

リセマラSSやSランク封入のステップダウンガチャも良い。 提供割合アップはないが、2種の絶属性キャロルが特におすすめ。 11連10回を1000歌唱石で引けるお得さも嬉しい。 最初は周回向きorイベカードがおすすめ! 完凸が理想だがリセマラでは難しい カードは限界突破なしだと戦力としてはいまいちで、理想的には上限解放するために6枚ほしい。 リセマラでの1枚入手に大きいリターンはないので、 まずは周回向きのカードで石を回収し、強いカードの狙い時に完凸を目指そう。 ボーナスカードでスタートダッシュもあり イベントでは「ボーナスカード」と呼ばれるものが設定されていることがあり、これをリセマラで狙うのは一つの手。 アイテムを手に入れやすくなるので、 強化素材やゴールド不足になりづらい。 好きなキャラで始めるのもあり! シンフォギアXDには、高難易度などの一部クエストを除き、このキャラがいないと攻略できない、というキャラはほぼいない。 リセマラランクを気にせず、 自分の好きなキャラで始めるのもありだ。 与ダメ時HP回復で特に序盤のクエスト周回ではかなり倒されづらい。 コストは重いが、長く使える高性能なカードだ。 ランクS 入手: 合重奏 クリティカル攻撃に特化した火力の高い力属性アタッカー。 力属性のサポートなどもできる優秀なカードだ。 コストは重いが、強力なアタッカーが欲しいならおすすめ。 ランクS 入手: 合重奏 力属性に追加ダメージ効果を付与して火力を底上げできる。 敵の受けるダメージ上昇要員や回復役としても活躍する使い勝手の良いサポートカードだ。 ランクA 入手: 渚の四騎士 状態異常「毒」や「即戦闘不能状態」を付与でき、状態異常が通る相手に強い。 基本的には同じ属性や種族と組み合わせて特に輝く、サポートタイプのカードだ。 味方の火力を大きく底上げできて汎用性も高く、長く使っていける。 入手: 超激唱 4体対象の防御無視攻撃技で敵を一掃して序盤をサクサク進められる。 アリーナで優秀で長く使っていくこともできる、リセマラおすすめの一枚だ。 陰属性かつ4体・5体攻撃に強いため倒されづらく、最初の一枚としてかなりおすすめだ。 追加ダメージが強く、アリーナや高難易度でも活躍しやすい。 入手: 超歌唱石 全体と4体攻撃技を持つ怒属性カードで、周回性能が高いため最初の1枚として非常におすすめ。 状態異常の常闇と火傷付与や追加ダメージなどで高難易度クエストやアリーナでも活躍できる超優秀なカードだ。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技が周回で優秀なだけでなく、防御無視技で敵のHPを大きく削れる。 状態異常の封印や常闇付与、物理ダメージ無効、力属性への麻痺無効なども持ちクエストやアリーナで広く活躍できる。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技を2つ持ち、周回性能が非常に高く、序盤をサクサク進めやすい。 通常攻撃後に確率で気絶状態を付与でき、敵の動きを止めつつ戦えるのも嬉しい。 入手: 超歌唱石 受ける全てのダメージ減少と反射のスキルが多くの場面で役立つ。 ボスに多い聖遺物やアリーナで多い装者に有利で、高難易度クエストからアリーナまで幅広く使える。 全体攻撃技を持ち、周回性能も高い。 クリティカル時の追加ダメージや封印付与、バフターン減少なども優秀だ。 攻防揃ったカードであり、クエスト・アリーナ問わず役立つ。 HP回復のパッシブスキルを持つため耐久力もそこそこある。 入手: 渚の四騎士 ATKの高さと手数の多さで非常に火力が高く、敵を次々倒していける。 与ダメ時HP回復で特に序盤のクエスト周回ではかなり倒されづらい。 コストは重いが、長く使える高性能なカードだ。 NEW!! 入手: 合重奏 クリティカル攻撃に特化した火力の高い力属性アタッカー。 力属性のサポートなどもできる優秀なカードだ。 コストは重いが、強力なアタッカーが欲しいならおすすめ。 NEW!! 入手: 合重奏 力属性に追加ダメージ効果を付与して火力を底上げできる。 敵の受けるダメージ上昇要員や回復役としても活躍する使い勝手の良いサポートカードだ。 入手: 超激唱 敵の防御を無視して攻撃したり、状態異常「即戦闘不能状態」を撒けるなど火力面で非常に強い。 ただし、コストが重いためリセマラで狙うかは要検討だ。 入手: 超激唱 火力バフと追加ダメージ効果で火力が高いうえ、アリーナで優秀なサポート性能を複数持つ。 全体攻撃技も持ち周回性能も良いが、コストの重さがリセマラで狙うにはネックだ。 入手: 超激唱 火力が高いうえ、復活能力や被ダメ減少などで耐久力もある。 4体攻撃技を持ち周回でも使えるが、コストが重い点には注意しよう。 入手: ステップダウン 4体攻撃技を持ち、周回性能はそこそこ良い。 火傷付与で敵のHPを削ることもできる。 サポート力が特に高く、長く使っていきやすい。 コストが重く序盤向きではないが、先を見据えて狙うのはアリ。 コストは重いが、汎用性の高い優秀なカードなので先を見据えて狙うのもアリ。 初期コストが76と高く序盤はパーティに入れづらいが、重ねなくても強力なので先を見据えて狙うのはアリ。 サポート力が高く、特定のカードと組み合わせて輝くタイプのカードだが、周回要員として狙うのはアリ。 入手: 超激唱 ダメージを与えたときにHP回復ができるため、敵が強いクエストでも粘りつつクリアしやすいリセマラ向きのカード。 複数のサポート効果も持ち、使い勝手が良い。 周回性能は高くないが、アリーナやクエスト全般で幅広く使える。 コストが重いのがネックだが、強力なカードなので先を見据えて狙うのはアリ。 入手: ステップダウン サポートに特化したカードで、サポート役としてはかなり優秀な部類のカード。 全体攻撃技を持ち周回性能も悪くないが、コストが重い点に注意。 必殺技がどちらも4体攻撃で周回でも役立つが、コストが重い点に注意。 全てのダメージ最大7回無効で耐久力もあるが、必殺技で自身が狂化状態になる欠点もある点に注意。 状態異常耐性やブロック効果も持ち耐久力も高い。 コストは重いが、先を見据えて狙うのもアリだ。 4体攻撃技を持ち、周回性能も悪くない。 コストが重いため最初の1枚向きではないが、先を見据えて所持しておくのはアリ。 4体攻撃技は周回でも使える。 ただし、必殺技2には自身のDEF減少と狂化状態になる欠点がある点に注意。 2種類の追加ダメージ効果を持ち、火力も高い。 4対攻撃技を持つため、周回性能もそこそこある。 強力なカードである一方、 コストが重くリセマラにはあまり向かない。 4体攻撃技を持ち、周回性能も持ち合わせている。 入手: 超歌唱石 暗闇や常闇などの状態異常を付与でき、それらの状態異常の敵に追加ダメージを与えられ、火力が高い。 3体攻撃と4体攻撃技を持ち、周回でも便利。 入手: 超歌唱石 暗闇や常闇などの状態異常を付与する必殺技を持ち、それらの状態異常の敵に追加ダメージを与えられる火力の高いカード。 4体攻撃技も持ち、周回面でも役立てやすい。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技を持つため、周回で優秀。 という特定のクエスト攻略に向いているカードで、自身のみが対象だが麻痺無効も持つ。 入手: 超歌唱石 敵の防御を無視できる攻撃技で大ダメージを出せるので、物理技が通る場面で非常に優秀。 即戦闘不能状態にする状態異常技も持ち、アリーナや状態異常が効くクエストなどで活躍できる。 入手: 超歌唱石 全状態異常無効・全ての攻撃時に追加の特殊ダメージなどのスキルを持ち、どこでも活躍する超強力なカード。 コストが99と非常に高く序盤は編成しづらいが、非常に強力なので先を見据えて狙うのはアリ。 入手: 超歌唱石 敵の防御を無視して攻撃できる必殺技で敵のHPを大きく削れるため、特殊技が通る場面では非常に優秀。 技属性を火傷から守れるのも便利で、サポート力も高い。 DEFダウン付きの3体攻撃技や火傷の付与やバフターン減少ができる必殺技も持ち、汎用性が高い。 気絶や毒状態付与で攻めていける点でも、アタッカーとして優秀。 即戦闘不能という状態異常への耐性も嬉しい。 入手: 超歌唱石 必殺技はどちらも4体攻撃で、周回要員として役立つリセマラ向きのカード。 必殺技1はクールタイムを減少させるもので、手数を増やせる点も良い。 サクサク進めるのには向かないが、アリーナやクエストなど幅広く活躍できる。 入手: 超歌唱石 攻撃しつつ技属性の味方全体にブロックを付与する必殺技が優秀。 HPが減ると1度だけ自動回復する能力や、全体攻撃技も持ち、クエストでもアリーナでも活躍できる。 技属性の毒無効・ブロック効果・クリティカル時の追加ダメージなどの優秀な能力も持つ。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技が周回で優秀で、特殊ダメージを一定回数無効にできるため、耐久力も悪くない点で最初の一枚として使いやすい。 最大ステが低めな点には注意。 属性を問わず敵全体が受けるダメージを上昇できるのも便利。 ただし、最大ステがやや低めな点には注意したい。 特に全体攻撃の必殺技が強く、周回にも向くことからリセマラで狙うのにおすすめのカードと言える。 必殺技1も麻痺効果がついた4体攻撃で、敵の殲滅に優れるアタッカーだ。 リセマラで狙うのにかなり向いたキャラである。 バフやデバフは汎用性を重視 バフやデバフは多くのカードが行えるため、優先度はさほど高くない。 ただし、下記の効果を持つカードは評価が上がることがある。 ATKや与ダメなどの大幅な固定値上昇• 目安としてパッシブスキルの効果が4つ以上、必殺技の追加効果が3つずつ 計6つ 以上あると多い。 ステータスが高いかどうか 単純にステータスが高ければ、攻略への貢献度は高くなりやすい。 通常攻撃だけでなく必殺技や反撃、追加攻撃などの火力も上がるため、ATKの値は特に重視している。 シンフォギアXDでは、事前登録キャンペーン達成報酬で 最初から歌唱石200個入手した状態でゲームを始められる。 歌唱石はお知らせの「事前登録ありがとうキャンペーン」を選ぶことで取得可能だ。 カードタイプは2種類 ガチャから登場するカードは以下の2種類。 シンフォギアカード キャラ• メモリアカード 装備 バトルでの重要度は装備よりキャラの方が上なので、 なるべくシンフォギアカードを狙いたい。 同キャラの別バージョン多数! 例えば同じ「立花響」というキャラであっても、レアリティや属性、スキルや技などそれぞれ違うタイプのカードがいくつも存在する。 リセマラの際は間違えないよう気をつけよう。 星5が狙い目! 現在ガチャで出る最高レアリティは星6。 ただしコストが高く、育成も大変なのでリセマラにはあまり向かない。 性能意識なら、星5シンフォギアカードを狙いたい。 もちろん、好きなキャラで始めるのもアリ! ガチャの当たり確率 レア ギア メモリア 星6 0.

次の