宇都宮 コロナ 最新。 新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口|宇都宮市公式Webサイト

なぜ今・・・ 栃木県民ら複雑 不安拡大を懸念 新型コロナ|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

宇都宮 コロナ 最新

ページID1023519 更新日 令和2年5月28日 新型コロナウイルス感染症に関する相談の流れ• よくあるお問い合わせ• 電話相談窓口(コールセンター) 栃木県 新型コロナウイルスコールセンター 新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、発熱などの症状が出たときの対応などの相談窓口です。 (電話番号) 0570-052-092 (受付時間) 24時間(土日、祝日を含む)• 上記番号にて相談受付後、必要に応じて、帰国者・接触者相談センターをご案内します。 厚生労働省においても、午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口を設置しています。 厚生労働省の電話相談窓口 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)• 宇都宮市新型コロナ生活相談センター 宇都宮市の公共施設の運営状況や市の支援策など、市民生活全般に関わる相談を受け付けています。 (電話番号) 028-632-5334 (受付時間) 平日 午前9時から午後5時 (注意)4月中のみ、土日祝も受付 総務省 「特別定額給付金」コールセンター 下記の電話番号において、制度に関する相談を受け付けています。 (電話番号) 0120-260020 (受付時間) 午前9時から午後8時 (土、日、祝日を除く) 聴覚に障がいがある方など電話での相談が難しい方の相談 聴覚に障がいのある市民の方で、電話での御相談が難しい方は、 ファクス(028-626-1133)を御利用ください。 (平日:午前8時30分から午後5時15分まで、お名前、連絡先、相談内容を御記載ください。 ) 聴覚に障がいのある市民の方で、夜間・休日に緊急の相談が必要な方は電子メールを御利用ください。 電子メールを御利用の際には事前登録が必要です。 登録をご希望の方は、お名前、連絡先の電子メールアドレスを、平日の時間帯にファクスにて御送付ください。 登録後に帰国者・接触者相談センターの連絡先電子メールアドレスをお知らせいたします。 日本語以外での相談窓口 日本語以外での相談を希望される方は、とちぎ外国人相談サポートセンターへお問い合わせください。 その他の相談先一覧 暮らし全般に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 経済的に困窮されている方の自立に向けた相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (他)市社会福祉協議会 新型コロナ専用携帯ダイヤル 携帯電話:090-8028-7570 携帯電話:090-8028-7571 電話番号:028-612-6668(代) 消費者からの消費生活に関する相談• 毎日(年末年始を除く)、午前9時から午後5時30分 ただし、土・日曜日、祝休日は午後4時30分まで (市)消費生活センター 電話番号:028-616-1547 人権に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 みんなの人権110番• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (国)宇都宮地方法務局人権擁護課 電話番号:0570-003-110 女性の人権ホットライン• 月から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 (国)宇都宮地方法務局人権擁護課 電話番号:0570-070-810 子どもの人権110番• 月から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 (国)宇都宮地方法務局人権擁護課 電話番号:0120-007-110 外国語人権相談• 月から金曜日 午前9時から午後5時• jinken. 配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援のため、開所日を拡大します。 期間:4月25日~5月6日 毎日 時間:午前9時~午後5時 以降は• 火から土曜日、午前9時から午後5時(第4土曜日は正午まで) ただし、年末年始祝休日を除く。 月曜が祝日の時は火曜日も休み。 (市)女性相談所 電話番号:028-636-5731 女性のための一般相談• 月から日曜日、午前9時から午後4時 ただし、祝休日・年末年始を除く (県)とちぎ男女共同参画センター 電話番号:028-665-8720 様々な困難を抱えて、ひとりで悩み、苦しみ生きる力を失いかけて いる時などの相談• 毎日、24時間 (他)栃木いのちの電話 電話番号:028-643-7830 女性をめぐる様々な人権問題• 月から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 (国)宇都宮地方法務局人権擁護課 女性の人権ホットライン 電話番号:0570-070-810 配偶者等からの暴力(DV)に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 配偶者や恋人など身近な人からの暴力(DV)についての相談• 配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援のため、開所日を拡大します。 期間:4月25日~5月6日 毎日 時間:午前9時~午後5時 以降は• 火から土曜日、午前9時から午後5時(第4土曜日は正午まで) ただし、年末年始祝休日を除く。 月曜が祝日の時は火曜日も休み。 (市)配偶者暴力相談支援センター 電話番号:028-635-7751 配偶者暴力相談• 月から金曜日、午前9時から午後8時(土・日曜日は午後4時まで) ただし、祝休日・年末年始を除く (県)とちぎ男女共同参画センター 電話番号:028-665-8720 配偶者暴力相談• ナビダイヤルのため、ご相談は、つながった各機関の相談受付 時間に準じます。 (国)内閣府(DV相談ナビ) 電話番号:0570-0-55210 (4月20日から当面の間開設。 24時間対応は4月29日夜から) DV被害者相談支援窓口• メール 24時間受付 電話 午前9時から午後9時(4月29日から24時間受付) チャット相談 正午から午後10時 (注意)右記ホームページにアクセスし、メールやSNSを選択して ください。 (国)内閣府(DV相談プラス) HPアドレス: 電話番号:0120-279-889 犯罪等による被害の未然防止に関する相談• 24時間受付 緊急の対応を必要とする場合には、ためらわずに110番通報をして ください。 月曜日・水曜日 午後5時30分から午後7時30分 (県)とちぎ男女共同参画センター 電話番号:028-665-8724 性犯罪被害に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 性犯罪相談窓口• 月曜日から金曜日 午前9時から午後5時30分 土曜日 午前9時から午前12時30分 ただし、日曜、祝日、年末年始はお休みです。 (他)とちぎ性暴力被害者サポートセンター とちエール 電話番号:028-678-8200 保健、健康に関わる相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 妊娠・子育てから高齢者の介護まで、健康の悩み、福祉サービス全般 (保健と福祉の困りごとの相談)• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)保健福祉総務課(市役所1階) 電話番号:028-632-2941 (市)平石地区市民センター 電話番号:028-661-2369 (市)富屋地区市民センター 電話番号:028-665-3698 (市)姿川地区市民センター 電話番号:028-645-4535 (市)河内地区市民センター 電話番号:028-671-3205 生活習慣病や健康づくり、栄養や食事に関する相談• 保健所健康増進課 月から金曜日、午前9時から正午、午後1時から4時• 宇都宮市保健センター 水曜日、祝休日等の休館日を除く毎日、午前9時から正午、 午後1時から4時 (市)保健所健康増進課 電話番号:028-626-1126 (市)宇都宮市保健センター 電話番号:028-627-6666 特定健康診査やがん検診に関すること• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 ただし、祝日・年末年始を除く (市)保健所健康増進課 電話番号:028-626-1129 (注意)集団健診の予約は集団健診 予約センターへ 電話番号:028-611-1311 こころの健康に関する相談• SNS心の相談について 新型コロナウイルス感染症の影響による心の悩みについて、チャット形式で相談を受け付けております。 ・月から金曜日、午後6時から午後9時30分 土日祝日、午後2時から午後9時30分• こころのダイヤル(県) こころの健康に関する電話相談を行っています。 新型コロナウイルス感染症の感染流行や行動制限が続くとこころに疲れがたまりやすくなりますので、当面の間、相談時間を変更して対応しています。 ・月曜日から金曜日、午前9時から午後8時 土曜日、午前9時から正午 祝日、午前9時から午後5時 専用回線が限られているため、電話がつながりにくい場合があります。 その場合は、時間をおいておかけ直しください。 また、一人でも多くの相談者に応じられるよう、長時間にわたる電話は時間制限をする場合があります。 こころの健康相談(市) 保健師や精神保健福祉士による電話や面接のこころの健康相談を随時受け付けております。 ・月曜日から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (祝休日、年末年始を除く) 厚生労働省ホームページ(下記URL参照) (県)こころのダイヤル 電話番号:028-673-8341 (市)保健予防課 電話番号:028- 626-1114• 子育て・教育に関する相談・問い合わせ 相談内容・相談日時 問い合わせ先• 妊産婦やお子さんの健康、子育ての心配ごとや子どもに関する諸手続きに ついての相談• 月から金曜日(祝日・年末年始を除く)、午前8時30から午後7時 土・日曜日は電話相談のみで午後5時15分まで• 乳幼児健診に関すること• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)子育て世帯臨時特別給付金 事務局(子ども家庭課内) 電話番号:028-632-5274 ひとり親家庭の就労・生活支援・貸付に関する相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)子ども家庭課 電話番号:028-632-2386 児童に関する虐待、生活習慣、学校、家庭生活などの相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)子ども家庭課 電話番号:028-632-2390 小・中学生の不登校や学校生活(発達障がいを含む)、年長児の就学に 関することなど• 月から金曜日、午前9時から午後5時 (市)教育センター 電話番号:028-639-4380 028-639-4381 自立を目指す若者の不安や悩み、キャリアカウンセリング、青少年の 非行や問題行動など• 月から金曜日、午前9時から午後5時 (市)青少年自立支援センター ふらっぷ 電話番号:028-633-3715 経済的理由で学校集金などの支払いが困難となった場合の相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)学校管理課 電話番号:028-632-2723 経済的理由で学費などの支払いが困難となった場合の相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)教育企画課 電話番号:028-632-2705 乳幼児期から高校生期の子どもを持つ保護者のための家庭教育やしつけなど に関する相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時30分 土曜日、午前8時30分から午後5時30分 (県)家庭教育ホットライン 電話番号:028-665-7867 高齢者・障がい者サービスに関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 保健、福祉や権利擁護などに関する相談、支援• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)高齢福祉課 電話番号:028-632-2357 (注意)その他、各地域包括支援センター でも相談受付 障がい福祉制度、サービスなどに関する相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)障がい福祉課 電話番号:028-632-2366 労働に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 労働時間、賃金、解雇、ハラスメント、雇止め、事業者からの 労務管理に関する、社会保険労務士による労働相談• 月2回(予約優先)、午後1時30分から午後4時30分 (市)商工振興課 電話番号:028-632-2446 労働問題全般についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (県)宇都宮労政事務所 電話番号:028-626-3053 労働者と事業主との間の紛争に関する労働相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (国)栃木労働局雇用環境・均等室 総合労働相談コーナー 電話番号:028-633-2795 若年者をはじめ、中高年齢者や障がいのある人などを対象に、就職活動に 向けての様々な相談から職場定着までを支援• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 土曜日、午前10時から午後5時 (県)とちぎジョブモール 電話番号:028-623-3226 売り上げが落ち込んでしまった中堅・中小企業、個人事業者などに 対する支援• 月から金曜日、午前9時から午後5時 (国)中小企業金融・給付金 相談窓口 電話番号:0570-783-183 保険料、市税等の猶予に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 市税についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)納税課 電話番号:028-632-2226 国民健康保険税についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)保険年金課 電話番号:028-632-2309 介護保険料についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)高齢福祉課 028-632-2907 後期高齢者医療保険料についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)保険年金課 電話番号:028-632-2333 国民年金保険料についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)保険年金課 電話番号:028-632-2327 (他)宇都宮西年金事務所 電話番号:028-622-4281 保育費扶養者負担金についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)保育課 028-632-2393 市営住宅使用料・市営住宅専用駐車場使用料についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)住宅課 電話番号:028-632-2506 水道料金・下水道使用料についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)上下水道局サービスセンター 電話番号:028-633-3189 母子父子寡婦福祉資金貸付金についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)子ども家庭課 電話番号:028-632-2386 奨学資金貸付金についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (市)教育企画課 電話番号:028-632-2705 外国人のための相談窓口 相談内容・相談日時・場所 問い合わせ先 外国人のための生活一般の相談• 月・火・水・金曜日・第4日(要予約)、午後3時から午後6時 (受付は終了時間の30分前まで)、国際交流プラザ• 木、午前9時から正午・午後2時から午後5時(受付は終了時間の 30分前まで)、市役所2階市民相談コーナー 対応言語:日本語、ポルトガル語、スペイン語、英語、中国語、 タイ語、ベトナム語 (注意)言語ごとに相談日時が違いますので、事前に電話で ご確認ください。 (市)国際交流プラザ 電話番号:028-616-1564 (市)国際交流プラザ (市役所2階市民相談コーナー) 電話番号:028-632-2834 外国人のための生活一般の相談• 火から土曜日、午前9時から午後4時、とちぎ国際交流センター 対応言語:日本語、ポルトガル語、スペイン語、英語、中国語、 ベトナム語など11言語 (注意)言語ごとに相談日時が違いますので、事前に電話でご確認 ください。 (他)栃木県国際交流協会 電話番号:028-627-3399 外国人向け新型コロナウイルス相談ホットライン 電話番号:028-678-8282(3者通話による電話通訳)• 毎日、24時間対応 対応言語:ポルトガル語、スペイン語、英語、中国語、タイ語、 ベトナム語、韓国語、タガログ語(フィリピン語)、ネパール語など 18言語 (5月1日から)メール・SNSによる、外国人相談者向けDV相談• 受付時間:メール相談は24時間受付 SNS相談は正午から午後10時まで 対応言語:英語、中国語、韓国語、タガログ語、ポルトガル語、 スペイン語、タイ語、ベトナム語(予定) (注意)右記ホームページにアクセスし、メールやSNSを選択して ください。 (国)内閣府 HPアドレス: 事業者のための相談窓口 相談内容・相談日時 問い合わせ先 企業等応援助成金・新業態開拓等支援補助金の相談• 月から金曜日、午前9時から午後5時 (市)新型コロナウイルス感染症 緊急経済対策コールセンター 電話番号:028-632-5209 セーフティネット保証の認定申請、市制度融資の相談• 月から金曜日、午前9時30分から午後4時30分 (市)商工振興課(融資振興会) 電話番号:028-632-2438 売り上げが落ち込んでしまった中堅・中小企業、個人事業者などに 対する支援• 月から日曜日、午前9時から午後5時 (国)中小企業金融・給付金 相談窓口 電話番号:0570-783-183 経営全般についての相談• 月から日曜日:午前9時から午前12時、午後1時から午後5時 (他)栃木県よろず支援拠点 電話番号:028-670-2618 経営全般、資金繰りに関する相談• 月から金曜日:午前8時30分から午後5時15分 (他)宇都宮商工会議所 電話番号:028-637-3131 経営全般についての相談• 月から金曜日、午前8時30分から午後5時15分 (県)栃木県産業振興センター 電話番号:028-670-2607 資金繰りに関する相談• 月から金曜日、午前9時から午後5時 (他)日本政策金融公庫 電話番号:0120-154-505 セーフティネット保証、資金繰りに関する相談• 月から日曜日、午前9時から午後5時 (他)栃木県信用保証協会 電話番号:028-635-2195 農業に関する相談 相談内容・相談日時 問い合わせ先 就農や作物生産など農業全般についての相談• 月から金曜日(祝日は除く)、午前8時30分から午後5時15分 (市)農業企画課 電話番号:028-632-2472 (市)農林生産流通課 電話番号:028-632-2457 感染防止対策や営農を継続するために必要なリスク管理についての相談• 月から金曜日(祝日は除く)、午前8時30分から午後5時15分 (県)河内農業振興事務所 企画振興部 電話番号:028-626-3061 資金融資の利用など経営安定対策についての相談 (利用可能な支援制度の紹介など)• 月から金曜日(祝日は除く)、午前8時30分から午後5時15分 (県)河内農業振興事務所 経営普及部 電話番号:028-626-3072 国の支援制度などについての相談• 月から金曜日(祝日は除く)、午前9時から午後4時 (国)関東農政局企画調整室 電話番号:048-740-0311,048-740-0016 資金繰り支援策についての相談• 月から金曜日(祝日は除く)、午前9時から午後4時 (他)日本政策金融公庫 宇都宮支(農林水産事業) 電話番号:028-636-3901 (他)宇都宮農業協同組合 各支所 (注意)お近くの支所にご相談ください。 農業保険(収入保険、農業共済)についての相談• 月から金曜日(祝日は除く)、午前8時30分から午後5時15分 (他)栃木県農業共済組合 河宇支所 電話番号:028-660-7300.

次の

栃木県 新型コロナ関連情報

宇都宮 コロナ 最新

前期の一部対面授業の実施について、次のとおりお知らせします。 1.前期日程中の授業は、原則としてメディア授業としますが、一部の授業のみ7月6日(月)~9月までの期間で対面授業を実施します。 2.対面授業の詳細は、授業担当教員から C-Learning等で連絡されます。 3.実施される対面授業に関する問い合わせは、授業担当教員へ C-Learning等により行ってください。 注) 新型コロナウイルス感染症対策のための本学の対応方針はステージ2のままです。 なお、許可を受けた一部の実験・実習等に限り、7月6日(月)以降、9月までの日程で対面授業の形式で実施する予定です。 詳細については、あらためて連絡します。 このため、受講する学生が教員に無断で再配布したり、SNSで共有したり、別のサイトにアップロードすると違法行為になりますので注意してください。 【問い合わせ先:修学支援課】 専用窓口:028-649-5264(月~金 9:00-16:00 土日祝日を除きます。 ) 専用メールアドレス:gakumu2020 miya. utsunomiya-u. このため、受講する学生が教員に無断で再配布したり、SNSで共有したり、別のサイトにアップロードすると 違法行為になります。 静止画の場合でも、毎月4GB程度の通信量が必要となります。 今後、教育効果を高めるために動画による講義を行う予定ですので、できるだけ早くWi-Fi契約やスマホのデータ通信量の増量(50GB~無制限)をお願いします。 5月末までは 当面の間は 前期の授業は 事態が好転しない限り、遠隔授業(メディア授業)を基本として実施いたします。 今後、新たにお知らせする情報が決定次第、大学ホームページ及び教務ポータルサイトへ掲載していきますので、随時、ご確認をお願いいたします。 新入生・在学生の皆さんにおかれましては、新型コロナウイルス蔓延を防ぐため、不要不急の外出は避けるとともに、3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避け、自分自身が感染のリスクを最小限に抑えるための行動を取ることを心掛けてください。 令和2年度から授業開始時間が変更(昨年度より10分早くなりました。 )となっておりますのでご注意ください。 教務ポータルサイトへログイン出来ない学生は、指導教員・担任又は修学支援課・陽東学務課へお問い合わせください。 日本学生支援機構から、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、アルバイト収入等の大幅な減少で、修学継続が困難となった学生の皆さんが安心して学業を継続できるよう、『緊急特別無利子貸与型奨学金』事業が新設されました。 今回第二種奨学金の「緊急特別無利子貸与奨学金」を実施します。 本奨学金は、第二種奨学金 有利子 制度を利用しつつ利子分を国が補填し、 実質無利子で 貸与されるもので、期間は令和3年3月となります。 〇緊急学生支援 ~一時貸与金の貸与について ~ 新型コロナウイルス感染症拡大の影響でアルバイト等の収入減や保護者の収入減により仕送り等が減少するなど、生活資金が不足している学生を対象に、学生生活及び修学支援を目的に、緊急措置として「宇都宮大学3C基金」による一時貸与金の貸与を行います。 追加での授業料免除申請を受け付けますので、以下の要件を確認して、期限までに申請してください。 なお、この支援は、本学独自の授業料免除基準により実施します。 ご了承ください。 (貸出台数に制限がありますのでご了承ください。 ) メールアドレス gakumu2020 miya. utsunomiya-u. また、この影響により経済的に困難な状況に陥る場合もあります。 本学では、全学的な相談窓口として、学生なんでも相談窓口を設置しています。 学生生活において困ったことや心配ごとなど、どんなことでもOKです。 お気軽にご連絡ください。 [学生なんでも相談窓口] 峰地区 学務部学生支援課 電話 028-649-5072 E-mail: gakgakus miya. utsunomiya-u. jp 陽東地区 学務部陽東学務課 電話 028-689-6003 E-mail: gkmyoto miya. utsunomiya-u. jp [こころとからだの健康相談] 保健管理センター 電話 028-649-5123 E-mail: hokekan cc. utsunomiya-u. jp また、みなさんの「こころの健康」を保つヒントとして、次のサイトをぜひお役立てください。 WHO ・コロナウイルスに備えよう Be READY for coronavirus / ・COVID-19流行によるストレスの対処(Coping with stress during the 2019-nCoV outbreak) / 日本赤十字社 ・新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~ ・「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズの紹介 ・「ウイルスの次にやってくるもの」• 2020年4月20日 月 ~(利用禁止期間が終了する際には、改めてホームページ等でお知らせします。 ) ・キャリア相談・・・現在予約をされている方はオンラインでの利用が可能です。 詳しくはUUキャリアナビをご確認ください。 (最小限の人員配置で業務を行っている関係で、返信に時間を要する場合がありますので予めご了承ください。 utsunomiya-u. ) 〔情報の発信はこのほかに、、等を活用して行っていますので随時確認をお願いします。 また、体育施設等の予約・利用開始時期については、ステージ1以下となることが決定した後、改めて通知します。 【お問い合わせ先】学務部学生支援課課外活動係 028-649-5097• (6月1日から予約開始) 附属図書館ホームページで案内している手順により事前に取置予約を行ったうえで、窓口でお渡しします。 なお、入館の際はマスクの着用と、体温測定をお願いします。 マスク未着用、37. 5度以上ある場合は入館できません。 【電子ジャーナルについて】 6月1日 予定 より学内者(本学学生及び教職員)は、下記のURLからログインすることで学外からも利用できるようになります。 なお、利用禁止を解除するときには宇都宮大学公式ホームページ、および下記ラーニング・コモンズのホームページやSNSにて告知をしますので、必ず確認をしてください。 引き続き、学生各位は各自適切な対応をお願いいたします。 下記ページをご確認ください。 なお、感染(陽性)と診断された場合は、保健所から過去2週間の行動履歴の提出を求められることになりますので、各自行動記録を常に作成いただくよう、併せてお願いいたします。 (1(4)「行動記録」・「接触者リスト」の作成参照) 【PDF】 【Excel】• 前期の一部対面授業の実施について、次のとおりお知らせします。 1.前期日程中の授業は、原則としてメディア授業とし、一部の授業のみ7月6日(月)~9月までの期間で対面授業を実施します。 2.一部の授業とは、「対面での実施が不可欠な授業科目」として申請を受け付け、担当教員・担当部局による「受講生の通学状況」及び「前後の受講状況」等の確認が行われ、本学の了承を得た授業です。 3.対面授業の日程等は、添付のとおりとなります。 4.各部局及び授業担当教員は、対面授業の詳細をC-Learning等により遅くとも 2 週間前までに周知すること。 なお、新型コロナウイルス感染拡大の状況は、日々変化しており、今後、緊急事態宣言が再宣言される等の場合は対面授業の実施を中止することも含め、方針等を見直すことがあります。 また、令和 2 年6月22日付けで周知した「宇都宮大学における対面授業の一部実施等に向けたガイドライン【教職員用】」及び「別紙対面授業の実施についての方針」を確認の上、対面授業を実施してください。 注) 新型コロナウイルス感染症対策のための本学の対応方針はステージ2のままです。 なお、感染(陽性)と診断された場合は、保健所から過去2週間の行動履歴の提出を求められることになりますので、各自行動記録を常に作成いただくよう、併せてお願いいたします。 この現状を踏まえ、本学としての対応を下記のとおりとりまとめましたので、各部局等において周知徹底いただくとともに、各部局等の長は【 各部局等の長に求める対応 】を、教職員各位 は【 教職員各自に求める対応 】をご確認いただき、各自適切な対応をお願いいたします。 なお、新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化しているところであり、本通知についても状況に応じて見直しを行う場合があることを申し添えます。 【PDF】• 講演への講師派遣をオンライン開催のものに限り再開いたします。 詳細は、以下のページをご確認ください。 そのため、学生は大学から発行された健康診断書を速やかに提出することができません。 つきましては、学生自らが病院等で健康診断を受診しなければならないようなことを避けるため、企業等人事担当の皆様には健康診断書の提出を留保いただけますようお願いします。 なお、このことについては就職問題懇談会座長より2020年3月31日付け事務連絡により依頼が発出されております。 よろしくお願いします。 公開までしばらくお待ちください。 詳細は、以下のページをご確認ください。 なお、以下のページの通り、進学説明会への参加を予定しております。 お気軽にお越しください。 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 オープンキャンパスのご案内(公式ホームページ)• 詳しくはにあるお知らせ「新型コロナウイルス感染症について(2020. 12)」をご覧ください。 ・咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる を徹底すること。 ・当面の間、不要不急の外出は避けること。 ・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておくこと。 ・風邪の症状や 37. 5 度以上の発熱が4日以上(高齢者や基礎疾患等のある方は2日以上続いたときは、「帰国者・接触者相談センター」に相談すること。 ~栃木SCメッセージ動画~ 学生教職員が少しでも笑顔になれればと、選手・監督からメッセージ動画をいただきました。 こちらのリンクからご覧ください。 こちらの動画をご覧ください。 登録方法や利用の仕方はに掲載されています。 わからない場合は修学支援課もしくは陽東学務課へご連絡ください。 申請希望者は、「申請の手引き」で要件を確認し、以下のとおり申請してください。 大学ごとの推薦上限があるため、要件を満たしても支給されるとは限りませんので、予めご了承願います。 学生生活に対する緊急支援として募集します。 こちらの動画をご覧ください。 なお、アドレスの変更等により受信できなかった学生は、大学メールを確認してください。 この現状を踏まえ、本学としての対応を下記のとおりとりまとめましたので、学生各位は各自適切な対応をお願いいたします。 詳細については、をご確認ください。 ・就職関連書籍の貸出及び閲覧を中止しています。 ・各種資料の閲覧についても中止しています。 ・センター窓口業務は行っていますが、極力短時間でのご利用にご協力ください。 入室の際はマスク着用、手指消毒のうえ、感染拡大防止にご留意くださいますようお願いします。 その他ご不明なことがありましたら次へご連絡ください。 これは、学生の安全を最優先に考え、また学生が媒体となって新たな感染者を出さないための極めて重要な措置です。 ご理解くださるよう、お願いいたします。 なお、6月1日(月)以降の取扱いについては改めて通知します。 これは、学生の安全を最優先に考え、また学生が媒体となって新たな感染者を出さないための極めて重要な措置です。 ご理解くださるよう、お願いいたします。 なお、4月20日(月)以降については改めて通知します。 記 全ての課外活動の禁止(通常の練習を含む。 また、学内・学外を問わない)。 万が一、発熱等の症状が出た場合は、本サイト「発熱等の症状が出た場合について」を参考にしてください。 【お問い合わせ先】学務部学生支援課課外活動係 028-649-5097 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本学では「当面の間、不要不急の外出は避けること」として通知しているところですが、当面の間、課外活動に関しても以下の対応を取るよう強く要請します。 (1)新歓を含む課外活動での 食事会・飲み会等は禁止すること。 )や合宿、遠征、ライブ、演奏会等の活動は、中止または延期に努めること。 (4)上記に当たらない活動においても、可能な限り自粛するなどし、感染リスクを抑えること。 (5)実施が避けられない場合は、十分な衛生管理に努めること。 ・風邪様症状のある方の参加を自粛すること。 ・石鹸やアルコール消毒液等による頻繁な手洗いに努めること。 ・咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる)を徹底すること。 ・屋内においては、こまめな換気を実施すること。 詳しいメールを送りますので、該当する学生は、まずは留学生・国際交流センター事務室(exchange miya. utsunomiya-u. jp)までご連絡ください。 これを受け本学では、 学生及び教職員に対し、すべての国・地域への渡航の自粛を強く要請いたします。 やむを得ない事情等がある場合は、留学生・国際交流センター事務室、教職員は総務課労務・安全係に、必ずご相談ください。 (レベルに応じた対応をとること。 危険度レベル2(不要不急の渡航は止めてください)以上の場合は中止を基本方針とし、危険度レベル1(注意喚起)は基本的に渡航を自粛してください。 ) ・海外渡航を計画している場合は、必ず、事前相談の上、渡航可となった場合は私事渡航する場合であっても海外渡航届を提出すること。 (教職員)総務課028-649-5031 (参考)宇都宮市保健所028-626-1102 ・出張、私事渡航を問わず、帰国後2週間は体温を計測し、体調と体温の記録をして、保健管理センターへ報告すること。 (記録様式は総務課労務・安全係で配付しています )。 下記ページをご確認ください。 )で学生証や資料等の配付と最小限の説明のみの対応となります。 なお、当該期間に受け取れなかった学生には郵送します。 また、「メディア利用アカウントの発行及び教務ポータルサイト利用方法等ガイダンス」、 「TOEIC IPテスト」は中止いたします。 「新入生健康診断」については、延期にいたします。 詳細及び令和2年度授業計画等、授業料免除・徴収猶予申請、日本学生支援機構奨学金説明会、自動車入構許可申請、自転車ステッカーの配布については、「お知らせ」欄に掲載しています。 ) 令和2年度新入生オリエンテーション(ガイダンス)は、4月6日、7日、8日で実施することといたします。 詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。 前期授業は、4月20日(月)から開始することといたします。 講義日程(学事日程)の詳細は改めてお知らせいたします。 また、TOEIC IPテストにつきましては、4月15日(水)に実施します。 学部新入生及び3年次編入生は12時集合となります。 集合場所は改めて本学ホームページでお知らせいたします。 今後の感染拡大も懸念されております。 受験予定の皆さんは、体調管理に十分注意してください。 マスクの着用や入念な手洗い、人込みへの外出を避けるなど、しっかりとした感染対策をとり、万全の体調で個別学力検査に臨んでください。 なお、個別学力検査等の試験時間中は、感染予防の観点からマスクの着用を推奨します。 マスクを着用して受験する場合は、写真照合の時など監督者から指示があった際には、マスクを一旦取り外してください。 本学の試験監督者もマスクを着用しますので、ご承知おきください。 しかしながら、合格者発表には多数の受験者や関係者、本学の学生が集まることもあり、 令和2年度の合格者発表(前期日程・後期日程・私費外国人留学生入試)においては、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため 合格者の受験番号掲示は取りやめ、合格通知書の郵送(速達)及びホームページでの掲載のみによることとしましたので、お知らせします。 (ホームページ掲載日時) 前期日程・私費外国人留学生入試 3月6日(金)14時(予定) 後期日程 3月20日(金)15時(予定) なお、 3月中の他の入試の合格者発表(地域創生科学研究科(第2次)、国際学研究科博士課程(第2次・第3次))についても同様に受験番号掲示を取りやめますので、あわせてお知らせいたします。 要件が揃わない場合は、特別休暇とし、自宅に待機し外出を控えること。 個人的な事情(冠婚葬祭等)で外出する場合には別の休暇届を提出すること。 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 再開については、決定次第公式ホームページにてお知らせしてまいります。 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 進学相談会への参加・出前授業への講師派遣・大学見学の受け入れの再開については、決定次第公式ホームページ及び受験生応援サイトにてお知らせしてまいります。

次の

なぜ今・・・ 栃木県民ら複雑 不安拡大を懸念 新型コロナ|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

宇都宮 コロナ 最新

ページID1023114 更新日 令和2年6月10日 受付について 宇都宮市制度融資及びセーフティネット4号等の認定申込受付について 受付日時:月曜日から金曜日まで(年末年始、祝日を除く)午前9時30分から午後4時 午前中は比較的空いておりますが、午後は大変混み合います。 なるべくお早めにご来庁ください。 資金の使途 運転資金(原材料・商品仕入など) 融資対象者 市内に事業所を有し、引き続き1年以上現在の事業を営んでいる中小企業者で、法人にあってはその商業登記を、個人にあっては市内での住民登録を行っていること。 資格要件• 市税を滞納していないこと• 経営が健全で、返済能力が確実であること• 資金の申し込みを令和2年8月31日までに行っていること 上記の1~3に該当する場合であって、かつ、下記のいずれかに該当する場合• 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等の影響により融資の申し込み前最近1月間における売上高、販売数量、売上総利益率又は営業利益率が、前々年又は前年の同月1月間における売上高、販売数量、売上総利益率又は営業利益率の3パーセントに相当する額以上減少していると認められる場合• 危機関連保証の認定をうけたもの 融資限度額 1企業 年度間3,000万円 融資期間 7年以内 融資利率 5年以内 年利0. 5パーセント 7年以内 年利0. 6パーセント 信用保証 栃木県信用保証協会の保証(保証料率1. 71パーセント以内)を付すこと 保証人 原則不要(法人は原則として代表者1名) 返済方法 1年以内の据置後月賦返済 融資の申込窓口 市内に本店又は支店を有する銀行、信用金庫又は商工組合中央金庫 申込書の添付書類 (1) 市税完納証明書(原本) (2) 営業状況調書(原本) (3) 直近期の決算書の写し なお、危機関連保証の認定を受けた場合は、(2)営業状況調書(原本)に代えて危機関連保証にかかる認定書を添付してください。 信用保証料補助 申込金額が1,000万円以内の資金については、信用保証料の補助があります。 保証料の補助を受けるときは、補助申請書の提出をしてください。 ・補助回数:貸付累計額1,000万円の範囲で申し込みの都度 補助例 ・申込金額が1,000万円を超える場合は、信用保証料の補助は受けられません。 ・同一年度内に、申込金額が500万円の融資を受け、その後さらに申込金額が500万円の融資を受ける場合は、いずれの申込金額についても信用保証料の補助は受けられます。 ・同一年度内に、申込金額が500万円の融資を受け、その後さらに申込金額が600万円の融資を受ける場合は、申込金額500万円については信用保証料の補助は受けられますが、申込金額600万円については、貸付累計額1,000万円を超過いたしますので、信用保証料の補助は受けられません。 利子補給 当資金の融資を受けた者は、当初3年間については支払った利子の補助が受けられます。 利子の補給を受けるときは、申請書の提出が必要になります。 ・利子補給率:0. 6%以内• 新型コロナウイルス感染症対策特別資金利子補給事業 利子補給金の名称 新型コロナウイルス感染症対策特別資金利子補給金 交付の対象 次に掲げる要件のいずれにも該当する融資 ・新型コロナウイルス感染症対策特別資金の融資申込案件であること ・宇都宮市融資振興会が令和2年3月25日から令和2年8月31日までに接受した融資案件であること 交付対象者 上記に規定する対象融資を受けている者 対象期間・助成額 当初借入日から起算して3年を経過するまでの間に実際に支払いを行った利子額 1年度に1回、市から交付対象者へ利子補給金を支給いたします 申請方法 交付対象となる中小企業者は、新型コロナウイルス感染症対策特別資金の融資をお申込みいただく際に、融資依頼書類に加えて利子補給を受けるために必要となる「補助金等交付申請書」をご金融機関担当者にお渡しください。 金融機関は、新型コロナウイルス感染症対策特別資金の融資案件を本市へお持ち込みいただく際に、中小企業者から預かった上記「補助金等交付申請書」を市にご提出ください。 なお、すでに新型コロナウイルス感染症対策特別資金の融資を申し込まれて利子補給金の交付対象となる中小企業者であって、市「補助金等交付申請書」の提出がお済みでない事業者については、市より「補助金等交付申請書」を郵送いたしますので、必要事項等をご記入のうえ、ご返送をお願いいたします。 必要書類 利子補給のご申請に必要な書類は以下となります ・補助金等交付申請書 補助金等交付申請書には、振込先口座を記載いただく欄がございます。 振込先口座は、新型コロナウイルス感染症対策特別資金の返済口座を記載いただくようお願いいたします。

次の