女優 食生活。 女優、沢村貞子がつづる、くらしと食のエッセイが素敵

驚愕!あまりにも過酷なスーパーモデルの食生活|マシマロ

女優 食生活

波瑠の食生活 好きな食べ物や気をつけて食べてるものは? 肌は身体の状態が出る場所ですよね。 私はちょっと不摂生や食生活が荒れたりするとすぐ痒くなったりします。 波瑠さんはどんなに忙しいだろう時でも肌も綺麗なので食べてるものに美肌の秘密があるのでは? 波瑠の好きな食べ物は? 豆腐が大好きみたいです。 ブログでは純豆腐が好きで良く食べに行っているという記事もありました。 純豆腐は栄養もたっぷりでヘルシーで美容に良さそうですよね。 そして好きなスイーツは羊羹だそうです。 羊羹も小豆なのでヘルシーですし、やはり好きな食べ物も綺麗になる食べ物なんですね! 波瑠は基本白米は食べない! 波瑠さん、めっちゃ細いですよね!心配になるくらい。 スリムで羨ましいけど、それも食生活が影響してるのかなと思い調べてみると、基本白米は食べないそうです。 理由は元々少食でお腹いっぱいになってしまうからだそうです。 白米食べたら美味しくてますますおかずも進む私との身体の作りの違いよ、、笑 野菜は元々あまり好きではないけど、今は積極的に食べるようにしてるんだとか。 あとお肉や卵が好きでタンパク質も気をつけて摂ってるそうです。 糖分はなるべく果物からとるようにしているそうです。 ビタミンに気をつけてるんですね。 食生活にも美肌の理由がたくさんありました。 波瑠は半身浴と白湯で冷え性対策! 半身浴は肌と身体にダブルでいい? 半身浴はもちろん冷えにも効くし、血行が良くなるので、肌のくまやくすみにもいいんです。 波瑠さんはお酒をお風呂にいれて酒風呂でさらにポカポカ効果を高めているそうです。 半身浴のおすすめの方法はぬるめのお湯で20分から30分くらい浸かると副交感神経が優位になってリラックスできてストレス解消にもいいので普段は時間がなくてもお休みの日にゆっくり入るのもいいですよね。 美人はみんな半身浴好き?お風呂大好きを公言してる人 半身浴を習慣にしている人、結構いるんです。 美人さんが多いこと! 石原さとみさんは半身浴を日課にしていてお風呂に雑誌やテレビ、飲み物など色々持ち込んでマイルーム化してるそうです。 上戸彩さんもお風呂大好きで、オフの日は1日中お風呂とリビングを行き来しているそうです。 色白美肌の小雪さんも、お風呂大好きで1日3回入っているそうです。 お風呂好きの女優さん、皆さんめっちゃ美肌ですよね。 お風呂は一日一回、身体を洗浄するため、くらいに思っていました、私。 笑 これからは美容のため一日一回と言わず入れるだけ入ろうと思います!笑 波瑠は冷え対策に白湯、靴下! 波瑠さんは冷え対策もかなりしっかりされているようで、朝晩白湯を飲んでいます。 靴下も常に重ね履きしているそうです。 驚きなのがなんとそれは真夏も変わらないようです。 以前サバイバルウェディングの撮影では真夏に厚着でかなり周囲を驚かせていたようです。 「猛暑のなかで撮影が続いていますが、なぜか波瑠さんはいつも超厚着なんです。 それでも真夏にあの格好は、インパクトがすごい。 共演の伊勢谷友介さん(42)も『よく、そんな格好でいられるね……』と言って、驚いていました(笑)」 livedoor news 夏場に厚着してる人、見た事ないですよね。 桁違い人綺麗な人は並々ならぬ努力をしているんですね。 波瑠の気になるスキンケアは? 波瑠さんはスキンケアは特にメイクオフを気をつけています。 以前ブログでこのように言ってました。 「やっぱりしっかり落とさないといけないから、オイルクレンジングをつかうよ。 そして、乾燥を防ぐためにダブル洗顔が必要ないものを選んでます。 結構気を使うのはメイクオフかも。 落とさず寝るのは絶対だめだよ。 」 そのほかにも保湿、日焼け止めはかかさないそうです。 あの白肌美肌は、日焼けとめは絶対欠かさずしてますよね。 シンプルなケアをコツコツして美肌をは保ってるんですね。 綺麗になりたかったらうっかり日焼け止めを塗り忘れて子供と公園に行ってしまっている場合ではありませんね、反省。 以上、波瑠さんの美しさの秘訣を探ってみました。 調べて書きながら、見習いたい点がたくさんありました! 明日からみなさん一緒に頑張りましょう!.

次の

綾瀬はるかの食事法・食生活

女優 食生活

昭和生まれの方なら、誰もが一度はドラマや映画でその顔を見たことがあり、記憶に残っているであろう女優、沢村貞子。 生涯脇役を貫き通し、350本以上の映画や数々のTVドラマに出演、なくてはならない名脇役女優として確固たる地位を築きました。 また、突出した文才の持ち主でもあり、素晴らしいエッセイ・名言を多数残しています。 ここでは「女優」ではなく「エッセイスト」沢村貞子の遺した作品を中心にご紹介していきます。 昭和の大女優 沢村貞子を知っていますか? 1908年東京生まれ。 大学時代に左翼運動家と結婚、自身も活動に参加し逮捕・獄中生活も経験するなど、波乱の学生生活を送ります。 その一方で役者を志し、小劇場で女優としても活動していましたが、1934年、当時既に日活の映画スターとして活躍していた兄、沢村國太郎の勧めで日活へ入社し、本格的に女優としてスタートを切ったのです。 入社後すぐ、小さな作品の主役に抜擢されますが、自ら脇役を志願し、周囲を驚かせました。 「スターになる夢などもたず、自立のために役者という職業を選んだ以上、一生この仕事を続けるには脇役がいいと計算しました。 」と後に語っています。 この凛として一本筋の通った考え方は、1996年に87歳で生涯を終えるまで変わることはありませんでした。 エッセイスト・沢村貞子の誕生「私の浅草」 既に名脇役として様々な作品に出演し、高い評価を得ていた1969年、初のエッセイ「貝のうた」を発表した沢村貞子。 この作品は、自身が逮捕された経緯を克明に記すなど、37歳までの自伝とも言えるものでした。 その7年後の1976年、2冊目のエッセイ「私の浅草」を発表します。 こちらは、生まれ育った浅草で過ごした22年間、つまり少女時代の沢村貞子の生活ぶりを綴った一冊です。 役者一家にもかかわらず、質素でつつましい暮らしの中で体験した日常を、昔ならではの人情味あふれる近所付き合いや、下町・浅草独特の風情を織りまぜながら、臨場感溢れる生き生きとした文章で綴っています。 今なお名著と評価されているこの作品は、翌1977年の日本エッセイスト・クラブ賞に選出されました。 「エッセイスト」沢村貞子の誕生です。 弟、加東大介の死。 「私の浅草」の最終章では、この本が発表される前年に64歳で早世した弟、加東大介への痛切な想いが綴られています。 加東大介は、黒澤明監督にその演技を高く評価され、「羅生門」「七人の侍」など数々の名作に起用され、TV・舞台でも大活躍していた名優でしたが、1975年に癌を発病し入院、そのまま帰らぬ人となりました。 病名を告知されていなかった弟との、病室での会話の場面などは、涙なくして読むことができません。 「萬盛庵物語」は今でも続いています。 中華料理耕治・小倉鳥町本店 「私の浅草」の中に、当時としては珍しく、店舗に日本庭園まで併設されていた蕎麦の名店「おく山萬盛庵」について書かれた「萬盛庵物語」という章があります。 もちろん当時のお店は現存しませんが、その萬盛庵の末っ子として生まれた平野耕治さんが、1955年小倉の地で中華料理の店を創業していたのです。 その名も「中華料理耕治」。 蕎麦から中華へとメニューは変わりましたが、先代が親交の深かったタレント、永六輔氏は「浅草を相続している店、人も味も」と絶賛し、その歴史は脈々と受け継がれているようです。 現在は代替わりして息子さんが後を継ぎ、開業時からの看板メニュー「醤油ラーメン」は現在でも大人気のメニューだそうです。 母から子へ伝えられてきた宝物のような言葉の数々は、これからもずっと受け継がれていくのだろうか…。 この本を読むと、ふとそんな事を考えてしまいます。 家族の形も大きく変わってしまった今では、いずれ跡形もなく消えてしまうのかもしれません。 だからこそ、世の女性達には、この本を読み、次の世代へ「昔の暮らし」を伝えていってほしいのです。 夫に対する深い愛情が伝わってきます。 「わたしの献立日記」 沢村さんがつけていた「献立日記」の実物 「私の台所」でも記されていますが、沢村さんは57歳から84歳までの27年間、一日も欠かさず「献立日記」をつけていました。 2度目の結婚をしていた38歳の時、京都の新聞記者だった大橋恭彦氏と恋に落ち、駆け落ち同然で無一文から2人の生活を始めた沢村さん。 大橋氏も既婚者だった為、正式に結婚できたのは彼女が60歳の時でした。 大橋氏と生活するようになってからは、彼を献身的に支える事が沢村さんの生きがいとなり、泊りの仕事は一切受けず、必ず毎日台所に立ち、彼の食事を作りました。 同じメニューを出さないよう、創意工夫してバラエティに富んだ料理を作っていましたが、ある時から日々の献立に迷う事が多くなります。 それが「献立日記」を書き始めたきっかけでした。 「わたしの献立日記」には、最初の1冊目と、この本が出版された頃に書かれた30冊目の「献立日記」がそのまま収録され、その合間には様々なエピソードも記されています。 献立を見ているだけでも、そこにはストーリーがあり、彼女の真っ直ぐに生きる姿勢や、夫に対する愛情の深さがひしひしと伝わってきます。 沢村さんの献立を再現している本があります! 「献立日記」に関連する本も一冊ご紹介しておきます。 フードスタイリストの高橋みどり氏が、沢村さんが書いた実際の「献立日記」36冊を全て読み込み、その中から厳選した献立を再現しているのが「沢村貞子の献立日記」です。 沢村さんと親交の深かった黒柳徹子、山田太一両氏も寄稿しており、彼女をリスペクトする想いが溢れる作品です。 夫が愛した味、大学芋。 「献立日記」にたびたび登場するメニューが大学芋。 夫である大橋氏の大好物で、よくリクエストされたメニューだそうです。 NHKの番組「グレーテルのかまど」の中でも「沢村貞子の大学芋」として紹介されていました。 沢村貞子、生涯最後のエッセイ。 「老いの道連れ-二人で歩いた五十年-」 沢村さんは1989年、81歳で女優を引退。 湘南の海が一望できる横須賀へ転居し、執筆活動に専念します。 ようやく夫に寄り添える生活を手に入れ、二人きりの楽しい老後を迎えたのも束の間、夫が急死。 悲嘆にくれながら遺品の整理をしていた時、夫が密かに書いていた原稿が見つかります。 そこには沢村さんに対する感謝の言葉が綿々と書き綴られていました。 「ぼくは幸せだった。 」その言葉に涙が止まらなかったそうです。 沢村さんは後にこう語っています。 「私は何もできなかった。 でも、1人だけ幸せにできた。 夫の死後、あれだけ一生懸命考えて作り続けた食事も、全てお手伝いさんに任せ、一切作らなくなった沢村さん。 夫の死後2年たった1996年、87歳で亡くなられました。 そして沢村さんの遺骨は、最愛の夫の遺骨とともに相模湾に散骨されたのです。 夫を亡くした翌年に出版された生涯最後の作品「老いの道づれ」は、悲しみの中、幸せだった50年間の大切な想い出を一つ一つ振り返りながら、来世で再会し、また二人で楽しく過ごしたいという気持ちが克明に綴られています。 この写真にある本の表紙は、夫の遺骨を包んでいた風呂敷のデザインだそうです。 これこそが本当の「添い遂げる」という事なのでしょう。 昭和の時代を生きた「かっこいい女性」沢村貞子のエッセイを是非一度手に取ってみてください。

次の

驚愕!あまりにも過酷なスーパーモデルの食生活|マシマロ

女優 食生活

髙橋ひかるプロフィール 髙橋ひかる(たかはしひかる) 生年月日 2001年9月22日 身長 165cm 血液型 O型 出身 滋賀県大津市 出身中学・高校 大津市立日吉中学校 バスケットボール部に所属するも1年の秋に退部 高校は東京都の堀越高校ではないかと言われています。 趣味 音楽鑑賞(K-POP) 漫才鑑賞 吉本新喜劇、辻本重雄のファン 関西出身なのでお笑いが好きなようですね。 私も辻本重雄演じる破天荒キャラ「しげぞう」のファンなのでますます応援したい気持ちが強くなりました。 特技 ダンス 小学5年生から地元のダンススクールに通う 幼い頃から運動をしていことが、現在のきれいなスタイルを保つ基礎になっているのかもしれません。 所属 オスカープロモーション 髙橋ひかるさんは父、母、姉の4人家族で、 性格は非常にきれい好き、洗面台にあるタオルで顔を拭くのは嫌なそうです。 きれい好きというより少し潔癖に近いような気もしますが、 几帳面ということは、周りにも気遣いができるということなので女優として大切な部分ですね。 2014年第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、芸能界入りしました。 当時は12歳ながら、すでに完成された美しさを持っていますね。 2016年公開映画、人生の約束(渡辺瞳役)で女優デビューしました。 石橋監督は、「会ったとき、大女優になる予感があった。 何よりも、根性があると見た」とコメントしています。 一流の女優になるためには厳しい環境でもやり遂げる根性が大切です。 かなりのポテンシャルを秘めているのではないでしょうか? 2018年ドラマ高嶺の花(原田秋保役)でドラマデビューしました。 主演の石原さとみさんから、かわいいと絶賛されていたみそうです。 スポンサーリンク 髙橋ひかるのコスプレがかわいい ドラマ「高嶺の花」に出演していた高橋ひかるさん コスプレ好きの原田秋保(はらだあきほ)を演じていました。 ドラマでは様々なコスプレを披露し、 クオリティーが高くさらにかわいいと話題でした。 2次元のキャラは手足が長くスタイルがいいので、コスプレをした時どうしても違和感を感じることが多いです。 しかし、高橋ひかるさんは持ち前のすらっとしたプロポーションで見事に再現しています。 スレンダーな彼女にしかできないレベルの高いコスプレですね。 髙橋ひかるさんのコスプレを楽しみにドラマを見ていたという人も多いのではないでしょうか? 「ドラマでのコスプレをきっかけにコミケにも行きたいと思っていて、はまりそうです」とコメントしています。 コミケに彼女がいたら会場が大混乱になりそうですね。 私もぜひ参加したいです! スポンサーリンク 韓国人の噂は眉毛と食生活が原因? 高橋ひかるさんは「韓国人ではないか?」という噂が流れています。 しかし、髙橋ひかるさんのご両親は日本人でのため、本人も当然純日本人です。 ではなぜこのような噂が広まったのでしょうか? 韓国人ではないかというデマが広まった原因は、彼女の食生活と眉毛が原因だと考えられます。 異常な食生活 髙橋ひかるさんは超激辛料理好きです。 激辛料理を食べ歩いたり、 韓国料理店の激辛料理をペロリとたいらげてしまいます。 これから辛いものを好んで食べる韓国人ではないかというデマが広がったみたいです。 特徴的な眉毛 また、高橋ひかるさんの魅力の1つといえば特徴的な眉毛です。 眉毛が太く下がっていてかわいいですね。 韓国では女子に人気の「オルチャンメイク」というメイク方法が流行っています。 オルチャンメイクでは、眉毛は太くて平行な眉毛が特徴です。 眉毛の形からも、韓国人ではないかと言われる理由の1つになったようです。 個人的にも眉毛が細い女性より、しっかりとした濃い女性のほうがタイプです。 また、高橋ひかるさんは細身で高身長のため、美脚の多い韓国人と思われたのかもしれません。 髙橋ひかるまとめ ブレイク必至の若手女優、高橋ひかる 12歳で、国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、芸能界へ足を踏み入れました。 ドラマ「高嶺の花」ではコスプレ姿がかわいいと話題になりました。 激辛料理が好きで、困り眉毛がかわいい彼女は韓国人ではないかという噂も流れました。 女優としてもモデルとしても大きな可能性を秘めている、高橋ひかるさんから今後も目が離せません。

次の