大江山の歌。 十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

大江山: 高校古文こういう話

大江山の歌

しかし、和泉式部が代わって作っている噂があった。 歌詠み =名詞 に =格助詞 とら =ラ行四段動詞「とる」の未然形、選ぶ、選び出す れ =受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形 て =接続助詞 歌 =名詞 を =格助詞 詠み =マ行四段動詞「詠む」の連用形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 を =接続助詞 定頼中納言 (さだよりのちゅうなごん)=名詞 たはぶれ =ラ行下二段動詞「戯る(たはぶる)」の連用形、ふざける、からかう て =接続助詞 小 こ 式 しき 部 ぶの 内 ない 侍 し 、歌詠みに とら れ て、歌を詠み ける を、 定 さだ 頼 よりの 中 ちゅう 納 な 言 ごん たはぶれ て、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍 =名詞 局 つぼね =名詞 に =格助詞 あり =ラ変動詞「あり」の連用形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 に =格助詞 丹後 (たんご)=名詞 へ =格助詞 遣はし =サ行四段動詞「遣はす(つかはす)」の連用形、派遣する、使いを送る ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 人 =名詞 は =係助詞 参り =ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。 参る、参上する たり =完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 や =疑問の終助詞 いかに =副詞、どんなに、どう。 「いかに」の中には係助詞「か」が含まれていて係り結びが起こる。 心もとなく =ク活用の「心もとなし」の連用形、待ち遠しい、じれったい。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 らん =現在推量の助動詞「らむ」の連体形が音便化したもの、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。 係り結び。 と =格助詞 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 小式部内侍、 局 つぼね にあり ける に、「丹後へ 遣はし ける 人は 参り たり や。 いかに 心もとなく 思 おぼ すらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局 =名詞 の =格助詞 前 =名詞 を =格助詞 過ぎ =ガ行上二段動詞「過ぐ」の未然形、通り過ぎる、通過する られ =尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 を =接続助詞 御簾 (みす)=名詞 より =格助詞、(起点)~から。 (手段・用法)~で。 (経過点)~を通って。 (即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。 半ら (なから)=名詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 「ふみ」が掛詞となっており、「踏み」と「文」が掛けられている。 「橋」が「踏み」の縁語となっている。 つまり、ある言葉から連想されるような言葉。 (例:「海」の縁語として「沖」や「漕ぐ」、「釣り」など) 大 おお 江 え 山 やま いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天 あま の 橋立 はしだて (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と =格助詞 詠みかけ =カ行下二段動詞「詠みかく」の連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 思はずに =ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外である、思いがけない あさましく =シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれるばかりだ、びっくりすることだ て =接続助詞 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 こ =代名詞、これ、ここ は =係助詞 いかに =副詞、どのように、なぜ かかる =連体詞、このような、こういう やう (様)=名詞 や =疑問・反語の係助詞、結び(文末)は連体形となる。 係り結び。 ここでの結びは「ある」。 反語 は =強調の係助詞。 現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。 「~か!(いや、そうじゃないだろう。 なので、「~かは・~やは」とあれば反語の可能性が高い。 ある =ラ変動詞「あり」の連体形。 文末だが、係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 と =格助詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌 =名詞 に =格助詞 も =係助詞 及ば =バ行四段動詞「及ぶ」の未然形 ず =打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 袖 =名詞 を =格助詞 引き放ち =タ行四段動詞「引き放つ」の連用形 て =接続助詞 逃げ =ガ行下二段動詞「逃ぐ」の未然形 られ =尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 もう一つの「けり」も同じ。 小式部 (こしきぶ)=名詞 これ =代名詞 より =格助詞、(起点)~から。 (手段・用法)~で。 (経過点)~を通って。 (即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。 歌詠み =名詞、歌人 の =格助詞 世 =名詞 に =格助詞 おぼえ =名詞、世評、良い評判 出で来 (いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形、出てくる、現れる、起こる。 直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「出で来(き)」と読む。 に =完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。

次の

十訓抄『大江山』問題(1)

大江山の歌

小式部内侍 小式部内侍(こしきぶ の ないし、元年()頃 - 2年()11月)はの女流。。 の一人。 父は、母は。 母の和泉式部と共にの中宮・に出仕した。 そのため、母式部と区別するために「小式部」というで呼ばれるようになった。 経歴 [ ] 母の和泉式部は小式部内侍を妊娠した時に郷里の湖山へと戻っていた。 和泉式部は安産祈願の為、現在の鹿野にある住吉神社へ17日間に亘って参詣し、内侍は鹿野町水谷で誕生したとされる。 住吉神社の西にはその際の産湯に使われたとされる井戸が残っている。 母同様恋多き女流歌人として、・・・など多くの高貴な男性との交際で知られる。 教通との間には、範永との間には娘をもうけている。 万寿2年、の子(頼忍阿闍梨)を出産した際に20代で死去し、周囲を嘆かせた。 この際母の和泉式部が詠んだ歌 「教導立志基」より『小式部内侍』 筆 当時、小式部内侍の歌は母が代作しているという噂があったため、四条中納言()は歌合に歌を詠進することになった小式部内侍に「代作を頼む使者は出しましたか。 使者は帰って来ましたか」などとからかったのだが、小式部内侍は即興でこの歌を詠んだ。 意味としては「大江山()を越えて、近くの生野へと向かう道のりですら行ったことがないので(または、に向かって行く野の道・大江山の前の生野への道が遠くて、大江山の向こうの)、まだ母のいる遠いの地を踏んだこともありませんし、母からの手紙もまだ見ていません」であり、「行く野・生野」「文・踏み」の巧みなを使用しつつ、当意即妙の受け答えが高く評価された。 四条中納言もまた小倉百人一首に選ばれているほどの歌人であったが、当時歌を詠まれれば返歌を行うのが礼儀であり習慣であったにもかかわらず、狼狽のあまり返歌も出来ずに立ち去ってしまい恥を掻き、この一件以後小式部内侍の歌人としての名声は高まったという。 脚注 [ ] [].

次の

小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

大江山の歌

小式部内侍が大江山の歌の事 ・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる ・ 下の画像クリックで次の画像に進む。 」と声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、 小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山から生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋 立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 と歌を詠んだ。 思いがけず驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 」とだけ言って、返歌することもできず、袖を引き放して逃げてしまわれた。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 [ 原文 ] 和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、 定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、「丹後へつかはしける人は参りにたりや。 」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、 小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天橋立 とよみかけけり。 思はずにあさましくて、「こはいかに。 」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 [ 品詞分解 ] ・ 和泉式部 … 名詞 ・ 保昌 … 名詞 ・ が … 格助詞 ・ 妻 … 名詞 ・ にて … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ ほどに … 接続助詞 ・ 京 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 歌合 … 名詞 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 定頼 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 中納言 … 名詞 ・ たはぶれ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ へ … 格助詞 ・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 人 … 名詞 ・ は … 係助詞 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 ・ や … 係助詞 ・ と … 格助詞 ・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 局 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 前 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 御簾 … 名詞 ・ より … 格助詞 ・ なかば … 名詞 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 直衣 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 大江山 … 名詞 ・ いくの … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 道 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 ・ ば … 接続助詞 ・ まだ … 副詞 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ も … 係助詞 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 ・ 天橋立 … 名詞 ・ と … 格助詞 ・ よみかけ … カ行下二段活用の助動詞「よみかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ こ … 代名詞 ・ は … 係助詞 ・ いかに … 副詞 ・ と … 格助詞 ・ ばかり … 副助詞 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 返し … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ も … 係助詞 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひきはなち … タ行四段活用の動詞「ひきはなつ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 小式部 … 名詞 ・ これ … 代名詞 ・ より … 格助詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 世おぼえ … 名詞 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の