消化 器 管。 消化管グループ

消化器

消化 器 管

消化管の構造 口腔から大腸までの消化管は、内部が空洞になっている中空性器官で、粘膜、筋層、漿膜という3層構造の壁でできています。 粘膜は、口腔かあ直腸まで続く、消化管の最も内側の層です。 筋層は、おもに平滑筋でできており、筋線維の走る方向によって、輪走筋層と縦走筋層の2層に分かれています。 漿膜は内臓を覆う半透明の薄い膜で、漿液を分泌し、他の器官との摩擦を防いでいます。 輪走筋と縦走筋が一定の間隔で収縮と弛緩を繰り返すことで蠕動運動を起こし、口から体内に取り込まれた食物を肛門まで送りながら、同時に振り子運動、分節運動を行って内容物を攪拌、分解します。 一方、肝臓、膵臓、唾液腺などは、中身が詰まった実質性器官で、食物を分解、吸収するために、酸素などを含んだ分泌物を分泌します。 消化と吸収とは 人が生きていくためには、食物に含まれる栄養素を身体に取り込む必要があります。 しかし、栄養素は、そのままでは分子が大きすぎて身体に取り込むことができないため、分解して分子を小さくする必要があります。 体内で食物の分子を分解する過程を消化といい、消化管でがその役割を担っています。 また、消化した食物の栄養素を体内に取り込むことを吸収といい、主に消化管のなかの小腸がその役割を担っています。 肝臓では、消化管で吸収した栄養素を化学的に処理し、体内で活用できる形にします。 消化には、機械的消化と化学的消化があります。 機械的消化は、口から取り込んだ食物を口腔で噛み砕いたり、胃で噛み砕かれた食物を攪拌し壊すことなどがこれにあたります。 化学的消化は、各器官から分泌される消化液の中の酵素をははたらきによって、栄養素をさらに分解することができます。 これらの機械的消化と化学的消化のはたらきをおこなう器官を総称して消化器系器官といいます。

次の

消化器系のはたらき(全体像)

消化 器 管

消化管フィルターを介した、人類の福祉への貢献を目指して 私たちは、消化器内科の中でも、消化管を専門として、診療、研究、教育に従事するグループです。 消化管は、口腔に始まり、咽頭・食道・胃・小腸・大腸を経て肛門に終わる一条の管であり、主に食物の消化・吸収を行う臓器です。 このような多岐にわたる機能を有している消化管の、器質的、または、機能的異常こそが、消化管疾患として、私たちが日々対峙する対象です。 日本は従前から胃癌大国と言われ、胃癌撲滅に向けての施策や研究が精力的に行われて参りました。 また、近年の大腸癌の増加なども相まって、現在の私たちの診療、研究の主体は、器質的疾患、特に、癌に傾倒しており、消化管癌の病態解明、発症予防・早期発見・低侵襲治療法の開発、切除不能でも諦めない医療の実践、などに数多くのグループ員が関わっております。 もちろん、癌以外にも、炎症性腸疾患などの難治性良性疾患や小腸などの未開拓領域の疾患を追求するグループ員も在籍しており、これらの分野でも多くの成果をあげております。 さらに、私たちの持つ高い内視鏡技術を生かして、消化管出血などの急性期疾患に対する最後の砦としての機能も果たしております。 大変ありがたいことに、消化器内科への入局を希望する若手医師が年々増加しており、それに伴って、私たち消化管グループも年々大きく成長しております。 更なる飛躍を目指して、今後は、これらの器質的疾患に加え、機能性疾患や機能異常による全身疾患への関わり、再生医療など、より広い視野での診療、研究を遂行していくことを模索しております。 大学病院の最大の使命は人材育成、教育であろうと思われます。 消化管グループでは、消化管分野を極めようと扉を叩く若き精鋭たちの個を大切に、共に学び、共に成長しながら、10年後、20年後には、皆で大輪の花を咲かせられるように、最大限の協力、配慮を行っております。 各グループ紹介をご覧いただき、もし私たちに興味をお持ちの方がおられましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。 (文責: 藤城光弘).

次の

消化器系はどのように調節されているのか | イシペディア [IshiPedia]

消化 器 管

消化器系には消化管を構成する器官と消化を助ける附属器官がある。 消化管は口から肛門へと続く一本の管で、口腔・食道・胃・小腸・大腸・肛門管から構成される。 消化を助ける附属器官は、唾液腺・肝臓・胆嚢・膵臓がある。 消化器系の働きは摂取した食物を血液中に吸収できるまで分解することである。 消化器系の働きは、消化吸収であるが、厳密には以下の6つの作用がある。 1) 摂取:食物が人の意思により口の中に入れられる。 2) 移送:消化管の中で食物が肛門側へと送られていく。 食物を飲み込む(嚥下えんげ)、食物が腸管の肛門側へ送られる(蠕動ぜんどう)。 3) 機械的消化:食物を物理的により小さな粒子に破砕する。 口腔内では食物をかき混ぜたりかみ砕く(咀嚼そしゃく)、胃内では食物を混ぜ合わせて細かくする(撹拌かくはん)、小腸では腸壁が交互に収縮・弛緩して食べ物を前後に動かし混ぜ合わせる(分節ぶんせつ)。 4) 化学的消化:食物を酵素により食物成分が吸収されるまで分解する。 炭水化物(糖質)は単糖類(ブドウ糖=グルコース、ガラクトース、果糖=フルクトース)まで分解される。 蛋白質はアミノ酸まで分解される。 脂質は脂肪酸とグリセロールまで分解される。 5) 吸収:消化の最終産物を血液やリンパ液の中へ輸送する。 主に小腸で行われる。 単糖類とアミノ酸は血液中に吸収され門脈を経て肝臓へ行く。 脂肪酸・グリセロールは血液中とリンパ液のどちらかで吸収され、ともに肝臓へ運ばれる。 鉄とカルシウムは十二指腸、葉酸とビタミン類、胆汁酸は小腸、電解質は主に大腸で吸収される。 6) 排便:消化されずに残った食物を糞便の形で肛門から排出する。 がんとわかるまえにがん保険を検討しましょう! 国内最大級の保険比較・相談サイト 【保険コネクト】 保険コネクトは保険の相談をしたい方と、 全国の保険販売資格者 or FPをマッチングさせるサービスです。 無駄な保障を省いたコストパフォーマンスの高い保険や 保険の加入目的を叶えられる最適な保険が見つかるかもしれません。 がんのリスク判定は人生1回でOKの簡便な遺伝子検査で検討しましょう! 世界最多360項目を解析する 【ジーンライフ】 病気(3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等)と体質(長生き・肥満・肌質 等)の遺伝的傾向を知るフルパッケージ、国内シェア70% がん早期発見のフルカバーはがんドックです! 国内最大級の人間ドック予約サイト 【MRSO(マーソ)】・Tポイント貯ります がんドックは日本各地にいろいろありますが、MRSO(マーソ)というマッチングサイトから、利用するのがおすすめです。 がん早期発見の総合サポートはがん予防メディカルクラブ【まも〜る】です! がんの早期発見をプロの立場でサポート 【まも〜る】 会員(月額:3,480円)になると• 指定医療機関が実施するがんリスク評価を、年1回 (ゴールドプランの会員は年2回)無料で受けられます。 医師・保健師・看護師など、経験豊かな医療の専門家に、24時間365日、いつでも電話で医療・健康相談ができます。 医学界の各専門分野を代表する大学病院の教授クラスのドクターが総合相談医となり、セカンドオピニオンや必要に応じて優秀な専門医の紹介を行います。 がんは早期発見であれば治癒率も高く、見過ごして進行がんとなれば、治療費、生活費もかなりかかります。 がん保険含め医療保険は、がん治療においての投資です。 がん早期発見の投資は、いまだ脚光を浴びてはいませんが、今後ますます、普及していくと思います。

次の