リヴァイ 幼少 期。 ハンジとリヴァイの関係は結局何なの?2人の関係性の徹底考察!【進撃の巨人】

【DGS×進撃の巨人3期】神谷浩史が明かす、幼少リヴァイのシーンの裏話[文字起こし]

リヴァイ 幼少 期

名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年01月31日 19:32 米337とか342の説とかもありえそう。 死刑人。 「喋る奴は一枚で喋る」発言で、拷問にも詳しいっぽいし。 士農工商時代は、そういう職の人達は差別されたもんな。 リミッタ解除人間になったのは、死刑仕事に関わってて…とか。 米392のもな、ありえるかもな。 諌山さん「名字がないのは、ないことそのものに意味がある」ってたのは、 進撃世界においての、名字がないのは、どういう人かわからんとなぁ。 ユミルの存在から、名字がなくても、みんな大して気にしない世界だと、自分は捉えてるけど。 うーん、物語に関わってくんのかなぁ。 名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年01月31日 23:39 有名になっても騒がれてないから重要人物じゃないっていうのは短絡的では? 例えば何か重要な一族の子孫でもその存在が世間から最初から隠されていたのであれば 隠し子とか 顔がわれても困らないだろ。 個人的な予想では貴族とかではなく宗教的な何かが関わってそうだ。 リヴァイの名前の元ネタも誕生日もキリスト教に関係しているし、本編では壁教の司祭と絡んでいたし、ファーランも名字がチャーチだよね? そもそも進撃の世界では壁教しか宗教がないみたいだけどこれは違和感がある。 リヴァイは禁じられた宗教とか密教とかに関わる人物で存在自体隠されていたとかどうだ?.

次の

【DGS×進撃の巨人3期】神谷浩史が明かす、幼少リヴァイのシーンの裏話[文字起こし]

リヴァイ 幼少 期

リヴァイ「幼少エレンとパパな俺。 」 の投稿を編集する ssnote• リヴァイ「幼少エレンとパパな俺。 」 の投稿を編集する このスレッドの編集には編集パスワードが必要です。 表示するレスにはチェックしを、表示しないレスはチェックを外してください。 ハンジの仕業 リヴァイ兵士長パパ役認定 若干キャラが崩壊しつつも本人は認めない。 男だろ?ただ若干ショタ化しただけだ。 男にトキメキを覚えてんじゃねぇ気持ち悪い) リヴァイ「……」 リヴァイ(ショタ化って何だよ) エレン「兵長?」キョトン リヴァイ ビクッ「!?」 リヴァイ「あ……あぁ、いや。 」 ハンジ「あー!リヴァイってば~ もしかして、エレンの幼児化した姿が気に入っちゃってたり…いでででっ」ガッ リヴァイ「んなわけねぇだろクソメガネ……寝言は寝てから言え。 何なら今から俺が永遠の眠りにでもつかせてやろうかぁあ?」 エレン(兵長マジデコワイ)ブルッ 小さな体に つぶらな瞳 綺麗な肌と 綺麗な黒髪 幼体 様態 に似合わず、鋭く強い意志を秘めた瞳……それは、誰もが釘付けになるような代物だった。 でねぇとてめぇの眼鏡がてめぇの目玉と入れ替わることになるぞ」 ハンジ「リヴァイ……今日は一段とヤバイ発言をするね……目がマジすぎるしwww」 リヴァイ「俺は元からこうだ」 エレン「……」ジィ-… リヴァイ「……」チラリ エレン「…… ! 」目が合う リヴァイ「!」 エレン「……?」首傾げ リヴァイ「チッ…!」フイッ エレン(何かとばっちり受けそうで怖すぎるんだが……)ガクブル ミカサ「震える幼エレン……とても可愛い…!」フルフル エレン「えっ?ミカサ?!冗談じゃねぇよ……さっさと戻りてぇ」プイッ ミカサ「その表情っ!!」バッ クリスタ「きゃわわわわ~!」 アニ「悪くはないね……」 サシャ「きゃあー!思わず食べてしまいたいー!!」ピョーン ユミル「ぐわぁああっ!その姿なら許せる!!その姿ならば私だってお前を抱けるぅー!」ガバッ エレン「うわっ!お前らっ、やめ!寄って集って俺を抱き締めるなぁ!!腕が折れるぅう!」ギューッ• ので、私が面倒を見る。 」ぎゅう エレン「だ…抱き締めるなっ!」 アニ「何言ってるんだい?あんたと居て過保護に育てられたりなんかしたら、エレンの体がなまっちまうよ。 ここは私が見るべき」べりっ エレン「うおっ!」 クリスタ「わたっ…私だったらエレンを自然体で育てられると思う!だから私が……!」ばっ エレン「育てられる限定!?」 ユミル「だったら私がクリスタの夫だ!一緒にこいつを育てよう!!」がっ エレン「何でそーなるんだよ!」 リヴァイ「……」イライライライラ…• ただ問題なのが、しばらくは君の言う〝駆逐〟をできなくなるということかな」 エレン「えっ!?」 エルヴィン「その体では壁外調査も無理だろう。 リヴァイ「わかった、俺がみよう」 男女一同「!?」ザワッ ハンジ「リヴァイっ?」キョトーン エレン「へ…へーちょ?」キョトン リヴァイ「勘違いするな?こいつを俺がみようってのは、こいつが俺よりも背が低い男になったからだ。 背が高けりゃ死んでも世話なんざごめんだ」 アルミン(どんな理由や)• 」ギロリ アニ「珍しく気が合うね……それは私も同感だよ。 」ギロリッ! 責任というものがあるんでな…」チラ エレン「」ポカン リヴァイ「……。 」 ハンジ「責任だったら私がとるべきだと思うんだけど、ダメかな」 リヴァイ「お前は信用に欠ける」 ハンジ「えぇ!?」 エレン「確かに……」 ハンジ「納得しないでよwww」• サシャ「ところで、あれからエレンはどこに連れて行かれたんでしょうか」もぐもぐ ジャン「そういえば……」 ベルトルト「とりあえず服を着替えさせるって言ってたよね」 ミカサ「」ビキッ アルミン(この人親指の指圧だけでスプーン折っちゃったよ…)• 少しだけ待っていろ」プイッ エレン「は……はぁ、はい…。 何かすみません……ぼく…… あっ…いや、お、おれ!!」アタフタ エレン「はぁ…」ションボリ リヴァイ(可愛いなクソ) リヴァイ「」ハッ リヴァイ「…しけた面すんじゃねぇ」 リヴァイ「そもそも悪いのはあのクソアホメガネだ。 お前は被害者だ。 お前が俺より小さくなったからそれだけだ」カァアア エレン(まったく意味がわからないんですけどぉお!?つーか何で顔真っ赤にしてんだこの人っ!)ガビーン• 間違ってばっかすみませんです…!• 服やらなんやら、エルヴィンの野郎に任せはしたが……少し心配でな」 リヴァイ(もしもあいつに変な癖 へき でもあったりしたらだな……) エレン「あ…… ありがとうございます……!」 リヴァイ「……」 リヴァイ「お前は……」 エレン「?」 リヴァイ「……可愛いな、エレン」 エレン「え?」 リヴァイ「いや……。 ガキの頃のお前は今と違って案外可愛いかったんだなぁ、とな。 」 リヴァイ「今じゃあ駆逐駆逐うるせぇ死に急ぎ野郎になっちまってるが……」ガチャリ リヴァイ「まぁ、しばらくはゆっくりしておけ。 あと、勝手に部屋から出るなよ?いいな」 エレン「あっ……は、はい!」 リヴァイ「……よし」バタン エレン(兵長……) リヴァイ「……。 ありえん……どうしちまったんだ? ……父性本能ってやつか? リヴァイ「…俺らしくねぇな……」 カサ「」ジー ミカサ「行ったようだ」コソッ アニ「ふん、まさかエレンをひとりにするとは……なってないよね」スッ クリスタ「エレン大丈夫かな…」 ユミル「何かしてやがったら許さねぇ」 アルミン(何で僕まで) ライナー「心配だな……」 アルミン(何で君まで)• 面倒を見られて当然。 」 アニ「私だって、これでもキッチリとした母性愛は持ってるつもりだから…」 ユミル「私とクリスタだったら完璧!私が働いてクリスタが専業主婦の可愛い新妻だ!!」 クリスタ「そうだよっそうだよっ!」 アルミン(クリスタ……)遠い目 ライナー「俺だったr リヴァイ「てめぇには訊いてねぇ…」• 結局最後には親に任せて世話もしなくなる」 クリスタ「そんなっ…!」 ミカサ「チビッ…!!」 アニ「何だって」 ユミル「アイツはペットじゃないし!」 ライナー「アイツの尻は兵長だけのモノでもない!!」 ユミル「えっ?」 クリスタ「えっ?」 アニ「」 ミカサ「……ライナー…?」 ライナー「えっ?」 アルミン(帰りたいわぁ)• そしてそこを退け。 俺の部屋だ」 ミカサ「退くわけには」 アニ「いかないねぇ…」 クリスタ「私たちは可愛いエレンを」 ユミル「大人たちの汚い手の内から取り戻すべくやって来たんだ……」 エレン(さっきから何の話してんだ?) キキミミ アルミン「! もしかして、リヴァイ兵長が手に持ってる、その服って……」 一同「!!」 リヴァイ「アイツの服だが?」ギロリ• 」 リヴァイ「エレンは譲らねぇ」 一同「!!?」 アルミン(まさか宣戦布告!?) リヴァイ「ハッキリ言おう。 俺は幼少期のエレンを気に入った。 だからお前たちには渡さねぇつもりだ。 」 アルミン「」キリキリキリキリキリキリ ミカサ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴ アニ「」ゴゴゴゴゴゴ クリスタ「うぅ…!」フラフラ ユミル「うぐぐっ…!」メラメラメラメラ ライナー(リヴァイ兵長もエレンのお尻を狙っていたのか……ライバルだな)ゴクリ リヴァイ「わかったらさっさとそこを退きやがれ。 退かねぇなら……削ぐ」ジャキ…ッ エレン(よく聞こえないな……)キキミミ• 30 : エガオ・イェーガー W. ただ面倒見てやるだけだ。 気持ち悪ぃ想像してんじゃねぇよ、どいつもこいつも」 ミカサ「……」 アニ「……くっ」 アルミン「」キリキリキリキリ• 多分合う。 」 リヴァイ(パンツ一丁だった…)ゴクリ• すぐ用意させる」スッ エレン「あっ、いえ!何か、あの、さっ……催促してしまったみたいですみません!なんならパンツなんて履かなくたっておれはっ」パッ リヴァイ「ノーパンだと!? やめろ汚ぇだろ!」バタンッ ガチャリ エレン「あ……」 リヴァイ「~~」顔真っ赤 リヴァイ「!」 リヴァイ「そうだ、エレン」ガチャガチャ ガチャッ エレン「ふあ!?」ビクッ 慌ててパンツを履く リヴァイ「あ、すまねぇ」扉半分閉め エレン「あ!いえ……」 エレン(兵長にお尻見られたwww) ドキドキ リヴァイ(変なもん見ちまった……)• 」 リヴァイ「守れなかったらおしおきだ」 扉の隙間からギロリ エレン「はっ……はい……」タジタジ リヴァイ「……よし」 パタン ガチャガチャ エレン(怖ぇよ……)ガクブル• エレン「はぁ……災難だ」ポフッ ベッドへちょこんっ エレン(とりあえず着替えは一旦ストップか……一応毛布被っとこ……)もふっ エレン「……。 」 エレン「」スンスン エレン「」 エレン(何だ柔軟剤の匂いか)• ライナー(可愛いからいいや)結婚しよ アルミン(僕の……僕の胃の身にもなってほしいッ…)キリキリキリキリ• 45 : ケンバン. こんなに言われてんのにまだ書かねぇのか。 ふざけてんじゃねえょ。 このバカが。 ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴコ• これでも早く書けてんならてめぇが書け。 しかもそんなんでみんなの迷惑かけてんじゃねぇよ甘ったれるな。 70 : アニ大好き!! なんの言葉もなしに終わるのはマジであかん• 作者です。 トリップ忘れました。 この作品は良作です。 文句いうならみるな。 編集パスワード スレッド投稿時に設定した編集パスワードを入力してください。 Powered by Luilak.

次の

『進撃の巨人』リヴァイの魅力を徹底解剖! | MOVIE SCOOP!

リヴァイ 幼少 期

進撃の巨人:リヴァイ兵長が掃除好きで潔癖症すぎる リヴァイ兵長に怒られそうなぐらい、部屋に埃やら髪の毛やらが落ちてたので、小説を書く前に掃除する。 エレンを監視するにあたって、新リヴァイ班は旧調査兵団本部に拠点を構えます。 しばらく使われていなかったということもあり、荒れ放題の場所。 そのため、リヴァイ兵長を筆頭に掃除をするメンバーたち。 初めていっしょに行うエレンの掃除を見て、チェックをし、 「全然なってない。 やり直せ」というほどの徹底ぶりです。 >> このチェックの厳しさからもリヴァイは潔癖症であることがうかがえます。 過去には、巨人と戦った時に 「汚ねえな、チクショー」と吐き捨てたことも…。 リヴァイ兵長は掃除に厳しい! 新リヴァイ班の最初の任務は、拠点の掃除を行なうことです。 エレンは以前の旧調査兵団本部の掃除を経験しているため、リヴァイの掃除に対する姿勢を理解しています。 そのため、外から帰ってきたジャンとサシャに対して 「家に入る前にちゃんと埃や泥を落としてきたか?」と話しかけたり、一人三角巾をして掃除をしたり…。 兵長流の掃除がすでに身に付いているようです。 そして兵長が戻ってきてから机の裏を手でなで、埃を確認すると 「時間は十分にあったはずだが…」と話す兵長。 その言葉を聞いてエレンだけはうなだれていました。 このことからももう潔癖症であるということは明らかです。 ではなぜここまでこだわるのでしょうか? いくつか考えを挙げてみたいと思います。 汚い環境で育ったことで、汚い環境を見るとそのときのことを思い出してしまうからその過去を思い出したくないために、徹底的に掃除をしているのかもしれません。 でも強い人こそ病気を患って短命、ということも可能性としてはありますよね。 普段のリヴァイの姿から考えるとこのパターンも大いにあり得ると思います。 作中で潔癖症の理由が描かれていないため、考察で3つあげてみました。 この中に答えはあるのでしょうか? 作者がどこかで答えない限り、この答えは迷宮入りしそうです。 強さとのギャップが好き!リヴァイの掃除姿 進撃の巨人(リヴァイ) なんと三十路だそうです。 ネットではリヴァイ兵長に部屋の掃除をしてもらい人が多数見られました。

次の