ミス 謝罪 メール。 謝罪メールへの返信|ビジネスで用いる場合の例文【社内&社外】

【例文つき】メールで名前を誤ったときに送るお詫び文の最適解とは? |【業界シェアNo.1】メール共有・メール管理システムのメールディーラー

ミス 謝罪 メール

謝罪メールへの返信は、どんな内容にすればいいのかな… こんな状況で悩んだことはありませんか? というのも、私は過去に、納品ミスをした取引先から謝罪メールを受けた経験があります。 すぐに対応してくれていたので、私自身が特に気に留めておらず、返信はしなかったんですね。 すると、先方の担当者から電話があり、 「本当に申し訳ありませんでした。 大問題になっているのではないか• まだ怒っているのではないか• 今後の関係に影響してしまうのではないか と不安になっていたようでした・・ この件を通して思ったのは、 「お気になさらずに」という内容のメールを返信してあげていれば良かったということ。 では ビジネスメール で 謝罪 への 返信 をする際は、どんな内容にすればよいのでしょうか? そこで今回お伝えするのが・・・ 謝罪メールに対する返信例文 謝罪メールに対しては、相手の気持ちを考えた上で、返信することが非常に大切です。 社内・社外別の返信例文と、 意識すべき3つのポイントをお伝えしていきますね! まずは社内の相手に送る場合の、謝罪メール返信例文を見ていきましょう。 件名:Re:スケジュール調整のお詫び 〇〇 様 お疲れ様です。 山田です。 お気遣いいただき、大変恐縮です。 こちらこそスケジュールの確認が不足しており、申し訳ありませんでした。 どうかお気になさらないでください。 今後ともよろしくお願いいたします。 山田 一郎 件名は謝罪メールに対する返信であることがわかるよう、「 Re:」のままにしておきましょう。 相手が分かりやすいように配慮することが大事。 本文では、「 メールを確認しましたよ」という旨を伝えてくださいね。 ミスをした本人は、非常に気にして落ち込んでいる可能性が高いです・・。 そんな状態の相手に 優しい言葉をかけてあげることが大切! では次に、取引先など社外の方の場合はどうなのでしょうか? 社外の相手から謝罪メールをもらった場合の、返信例文を見てみましょう。 件名:Re:スケジュール調整のお詫び 〇〇株式会社 営業部 〇〇 〇〇 様 いつもお世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 このたびは丁寧にご対応いただきありがとうございます。 こちらこそスケジュールの確認が不足しており、申し訳ございませんでした。 どうぞお気遣いなさらないよう、お願い申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。 jp 社内向けのメールよりも、 言葉遣いを丁寧にすることを意識しましょう。 件名は社内と同様に、返信であることを明確にするため、「Re:」の状態で送ります。 ただし、気を付けたいのが、「山田様へのお詫び」などこちらの名前を記載している場合。 そんな時は、 名前の部分は削除しておきましょう。 例文のように、あなたにも多少の非がある場合には、その旨を入れると親切です。 また、「気にしないでほしい」ということを盛り込む際に、くれぐれも「許す」「目をつぶる」というような表現はNG。 先方に全面的な非がある場合でも、 上から目線となるので、避けるようにしましょう。 最後には、下記のような文言を書いておきましょう。 これからも変わらぬお付き合いをしたい• スポンサーリンク 謝罪への返信で意識すべき3つのポイント 謝罪に対する返信のメールで、どのようなことを意識すればよいのでしょうか? それが・・• 謝罪をしてくれたことへの配慮の気持ちを書く• 相手を安心させる• 今後も関係を築いていきたい旨を盛り込む それぞれの項目についてお伝えしていきますね! 謝罪をしてくれたことへの配慮の気持ちを書く 相手が非を認め、しっかりと謝罪をしてくれたということへの、配慮を伝えることが大切。 ビジネス上のミスは、どちらか一方が全面的に悪いということは少ないはずです。 こちらにも、確認ミスなどの非がある場合も想定されるので、一方的に相手を責めるような内容は慎むべき。 謝罪をしてくれたことに対する配慮の気持ちは、必ず盛り込みましょう。 丁寧にご対応いただきありがとうございます• お気遣いいただき大変恐縮です のような文言がオススメです。 相手を安心させる ミスをした張本人は、今回の失敗に対して責任を痛感しているはずです。 例えば・・• このミスで取引がなくなったらどうしよう…• 先方を怒らせてしまったらどうしよう…• 担当から外されてしまうかもしれない… このような心配をしていることが非常に多いです。 ミスは誰にでも起こり得ること。 「 お気遣いなさらずに」のような文言によって、相手を安心させてあげましょう! 今後も関係を築いていきたい旨を盛り込む 社内の場合には、こちらが相手を許せば、今後の関係作りはそれほど難しいことではありません。 「 今後ともよろしくお願いいたします」のような文言を添えるようにしましょう。 社外の場合は、会社という看板があるため、少し難易度が上がります。 取引のある会社であれば、今までの経緯やお付き合いの歴史がありますからね。 それでも、謝罪メールを受け取ったということは、 相手が継続して関係を築いていきたいと思っていることを頭に入れておきましょう。 社内・社外問わず、今後も良好な関係を築いていきたいという気持ちを、しっかりと盛り込んでいきましょうね! また、相手の立場になって考えてみることも大切です。 その理由について、次の見出しで解説しますね。 相手の立場でも考えてみよう もしも、あなたが謝罪メールを送った立場だとすれば、返信がないと不安な気持ちが続きますよね。 大きな問題になっているのではないか…• 怒らせているのではないか…• そうなると、あなたに対しての印象がアップしやすいです。 確認漏れ・勘違い・連絡不足など 多少なりともあなたにも原因があれば、その旨を記載することをオススメします。 例文にも記載したように、「こちらこそ、申し訳ございませんでした」というような文面です。 このような文面を入れることによって、相手の安心感がより高まるでしょう。 そのため、相手は結構精神的な負担を感じているもの。 丁寧な対応をしてくれている以上、責め立てたりするのはよくありません。 相手をただ許すだけではなく、 安心させる配慮をするのがデキる社会人! 私は冒頭でお話した過去の経験を踏まえて、謝罪メールへの返信は確実に行うようにしています。 「 相手は今どんな心境だろう」ということをしっかりと考えて、返信を行うようにしていきましょうね! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

誠意が伝わる「謝罪文・お詫びメール」の書き方と例文8選|件名・締め、社内・お客様など事例別

ミス 謝罪 メール

ビジネスでのお詫びの方法 ビジネスシーンにおいてお詫びの方法は、おもに下記の4つの手段があります。 1つだけではなく、いくつかの方法と組み合わせることによって、より深い謝罪の気持ちを伝えることができます。 相手がいる場所に直接出向く 最も相手に対して誠意が伝わりやすいのは、相手に直接会いに行ってその場で謝罪することです。 ただし、突然謝罪しに行くのではなく、必ず相手にアポイントを取りつけてから行くことです。 突然会いに行っても相手が不在の場合もありますし、相手がいたとしてもアポイントなしで行くことがビジネスマナーに欠けると判断され、かえって悪い印象を与えることもあります。 電話でお詫びの言葉を伝える 軽いミスである場合は、直接相手のところに行って謝罪するよりは、電話の方が適している場合もあります。 「まずは、状況を確認する必要がある」という場合にも電話をすると良いでしょう。 また「相手に会いに行くほどのことでもないけれど、メールの文面では真意が伝わりにくい」という場合も、電話でのお詫びが有効です。 メールでお詫びする 営業時間外や外出・出張などで相手の不在、電話がつながらない時に、急ぎで謝罪の気持ちを伝えられるのはメールの利点です。 ただし、あくまでも応急的な処置なので、程度によって直接会う、電話するなどといった手段で改めてお詫びをしましょう。 手紙でお詫びする 最初から手紙でお詫びをするのは効果的ではありません。 まずは、直接会う、電話するなどで謝罪していることが前提になりますす。 手紙による謝罪が好感をもたれるのは、ある程度時間が経過して問題が解決に向かい、収束する頃のタイミング。 相手からお許しをいただいたことについてのお礼も伝えましょう。 謝罪メールのポイント 4つの注意点をチェック 謝罪は直接会って詫びるのが基本です。 すぐに会えない場合や、会って謝罪するまでもない場合は電話で謝罪する流れになります。 メールでの謝罪は「先方の会社が営業時間外、担当者が出張中など、直接会ったり電話で連絡したりするのが難しい」もしくは「直接会って(電話で)謝罪はしているが、ミスの原因や今後の対応について書面でも送っておきたい」という場合に適しています。 メールでの謝罪で注意したいのは次の4つのポイントです。 ・ミスに対する言い訳は絶対にしない! ・ミスが起きた経緯を分かりやすく説明する。 ・ミスに対する反省と今後の改善策をまとめる。 ・直接会って(電話で)謝罪できていない状態でお詫びのメールを送った場合、後で会って謝罪するか、電話で謝罪する。 謝罪メールは文面に残るものなので、謝罪の気持ちだけでなく、分かりやすさ&読みやすさも考えて作成しましょう。 謝罪メールの件名のつけ方 会社のメールボックスには毎日様々なメールが届きます。 送る相手によっては、他のメールに埋もれて、謝罪メールが見落とされてしまう危険も…。 謝罪メールであることが件名を見てすぐに分かるように、注意を払いたいですね。 具体的には、次のような内容を件名に入れると謝罪の内容が伝わりやすくなります。 日付と内容を組み合わせても良いでしょう。 できる限り早く見てほしい場合や、見落とされたくない場合に使いましょう。 (例)「撮影中止のお詫び・日程再調整のお願い」「書類誤送付のお詫び・破棄のお願い」 そのほか、 件名を長くしすぎないといった配慮も必要です。 件名が長すぎると、メール一覧で見た時に件名の最後の方が省略されてしまう可能性があります。 20文字以内を心掛けるようにしましょう。 件名が短い場合は、 件名に社名や名前を記載しても良いでしょう。 基本の形式をおさらいしておきましょう。 相手の名前• 今回の連絡についての要旨• お詫びの言葉• トラブルの詳細(原因・調査結果・今後の対策)• 結びの挨拶• 長文で申し訳ございませんが、ご一読をお願いいたします」などと書くと良いでしょう。 そして「4、お詫びの言葉」で改めて謝罪をし、「5、トラブルの詳細」でトラブルの原因や今後の対策について分かりやすく書きます。 メールを送ってから謝罪に行ったり電話をしたりする場合は「 お伺いしてお詫びさせてください」「後ほどお電話にてご説明させてください」などの言葉を書いておくようにしましょう。 「6、結びの挨拶」では「よろしくお願いいたします」ではなく、謝罪時にふさわしい挨拶 「何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます」と書くようにします。 本日の機材トラブルの件でお詫びを申し上げたくご連絡いたしました。 長文で申し訳ございませんが、ご一読をお願いいたします。 改めまして、この度は機材トラブルにより多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。 機材メーカーに確認したところ、接続部のバネの劣化が原因という回答が返ってきました。 今後はこのようなことが起きないよう、機材のメンテナンス・管理を徹底し、代替機材の手配もスムーズに行えるようなシステムに整えます。 何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。 昨日お送りしたメールの件でご連絡いたしました。 おそらく混乱されたことと存じます。 申し訳ございません。 誤送信してしまったメールにつきましては、お手数をおかけしますが、削除をお願いできますでしょうか。 今後はこのようなことがないよう十分に注意いたしますので、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 このたびは弊社商品の発送の遅延でご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 現在、原因の特定を急ぎ調べておりますが、今後はこのようなことがないように、十分に留意してまいります。 何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。 誠に申し訳ございません。 今回、ご迷惑をお掛けしたことを深く反省し、今後はこのようなミスがないよう、資料の確認を徹底します。 資料につきましては、急ぎ修正し、本日中にお持ちいたします。 大変申し訳ございませんでした。

次の

謝罪文・謝罪メールの書き方って?マナーや例文をご紹介します

ミス 謝罪 メール

ヒューマンエラーという言葉があるように、人は誰しもミスをしてしまうことがあります。 仕事の出来る人と出来ない人は、ミスが起こった時の対処で分かれると言っても過言ではありません。 例えば、あなたが取引先へメールを送信してから1週間返信がなく、その指摘をした際に 「先日いただきましたメールの返信をすっかり忘れていました。 申し訳ございませんでした。 」 というメールを送られてきました。 このメールを見て、あなたはどう感じましたでしょうか?正直に謝罪をしていますが、お詫びメールとしては悪い例です。 「すっかり忘れていました」なんて返事がきたら「また忘れられるかも?」と不安になりますよね。 取引先へのお詫びメールは、今後の関係を損なわないためにも、 相手にマイナスな印象を与えない表現が必要です。 取引先に迷惑をかけてしまうミスがあった時に、信頼回復につながるお詫びメールの書き方を身につけておきましょう。 どんな時にお詫びメールを送るべき? お詫びメールを送る場面の大半は、直接謝れない場面で活用されます。 ビジネスにおけるメールは堅い表現が多く、逆に冷たい印象を与える可能性がありますので、できれば直接謝罪に伺うべきです。 また、実際にそのような局面になった時「とにかくお詫びの気持ちを伝えなくちゃ」と焦ってしまいがちです。 お詫びの気持ちが伝わる行動順序や、どのような行動が好ましいのかをしっかりと押さえておけば冷静に判断できます。 では、まずはお詫びの気持ちを伝えるポイントから身につけていきましょう。 適切な謝罪の順番は?「電話・メール・訪問」 謝罪の方法は「電話」「メール」「訪問」など色々ありますが、最も誠意が伝わるのはやはり「訪問」です。 ・・・とはいえ、同じ建物の取引先ならともかく、取引先側の都合もありますので、なかなかすぐには会えません。 そこで「電話」や「メール」が必要になります。 一番ベターな方法は「 まずは電話で謝罪と状況説明の上、訪問で改めて謝罪に伺う」でしょう。 しかし、電話がつながらなかったときは、ミスのあった事実を伝える手段はメールしかありません。 謝罪の順番は、優先順位を考えた時に実行の可否によって変わってきます。 直接訪問 > 電話 > メール ここでいう優先順位は、誠意の伝わりやすさを考えています。 直接訪問の場合は、お詫びの気持ちを「声」だけでなく「体」でも表現できますし、行動が目に見えるところが他と違います。 次に電話です。 電話の場合は姿は見えませんが、「声」を通してお詫びの気持ちを伝えることができます。 そしてメールについては、「文章」として事実を伝えることができますが、気持ちを伝えることは非常に難しいです。 これらの特徴を考慮して、実際にどのような順番が正しいのかを状況判断していくことが必要です。 誰が送るべき?「社長 or 上司 or 自分」 お詫びメールは基本的には 自身で送るものです。 例えば、普段の担当者以外の人から突然お詫びメールを受け取ったら、まるで誠意を感じられないですよね。 ミスの度合い等にもよりますが、お詫びの気持ちを伝えるためにも、まずはご自身で送りましょう。 しかし、例外もあります。 「取引先側からクレームがあり、そこでミスが発覚した」というような場面です。 このような場面では、上司や社長の対応が必要になる場合がありますので、社内で状況を正確に伝える必要があります。 お詫びメールのみの謝罪はあり? メールのみで謝罪を終わらせてしまうことは、基本は NGです。 なぜなら、でも述べましたが、メールは 誠意が伝わりにくい謝罪方法だからです。 お詫びメールを送るときは、主に下記のような利用シーンが考えられます。 至急の「経緯の報告」が必要になるとき• 電話や訪問での謝罪後のアフターケア• 訪問も電話もできない場合 メールや必要な書類の誤植程度であれば、お詫びメールのみで問題はないですが、「連絡をとることが怖い」という理由でお詫びメールで済ます、なんてことは避けましょう。 お詫びメールの書き方とマナー お詫びメールを送る目的はなんでしょうか? それをしっかり押さえておけば、お詫びメールは自然と書くことができます。 ミスの報告とそれに対する謝罪• 今後の信頼回復 特にこの2点を意識することで、お詫びメールのポイントを押さえることができます。 では次に、細かい注意点やポイントを紹介します。 件名をつける4つのポイント いざ「お詫びメールを書こう」と思った時、件名で手が止まってしまうことはよくあることです。 通常のビジネスメールでも、件名だけで何についてのメールかをわかるように注意を払います。 お詫びメールも同様に、受け取った側が件名で「お詫びメール」だとわかるようにする必要があります。 わかりやすく、失礼のない件名に必要なポイントを4つご紹介します。 「ミスの報告とそれに対する謝罪」をするために必要なことは 「ミスの経緯」を明確にすることです。 そこで初めて、何に対しての謝罪なのかがわかります。 そして「今後の信頼回復」については、「 反省と改善策」を伝えることです。 信頼回復に必要なこととして、 「二度と同様のミスが起こらない」と取引先が納得できなければなりません。 何よりも大事なことは、ミスの後のリカバリーになります。 ミスの経緯• 反省と改善策 この2点は、お詫びメールには最低限入れておきたい内容です。 謝罪の言葉の適切な表現方法 口頭では謝罪の気持ちを伝えることが容易ですが、メール等の文面では日常で使う謝罪の言葉では気持ちが伝わりにくいものです。 文面でも気持ちが伝わる、特によく使う表現を紹介します。 心より(深く)お詫び申し上げます。 誠に申し訳ございませんでした。 大変失礼いたしました。 陳謝いたします。 お詫びの申し上げようもございません。 メールの場合は考える時間や適切な表現を調べる時間がありますが、電話や対面ではその場で対応が必要です。 このような場合に備えるには、こちらの書籍をおすすめします。 お詫びメールを送った後の対応について お詫びメールが無事に送信できても、まだ安心はできません。 お詫びの後の対応次第で、失った信頼を取り戻せるかどうかが決まります。 お詫びメールに返信がきた後の返事はどうすべき? 取引先からの返信内容にもよりますが、返事があった後の返事も悩むポイントです。 このような場合は、相手の気持ちをいかに理解するのかが大事です。 例えば、• ミスが起きたことに対して納得がいかなかったのか• ミスが起きた後の会社の対応に納得がいかなかったのか• ミスが引き金となって自身の対応に納得がいかなかったのか このように同じミスで、相手の受け取り方は複数あります。 しっかり相手の真意を読み取り、相手の気持ちを理解して返事を送りましょう。 もし「ミスが起きたことに対して納得がいかなかった」という場合は、次のように「 原因・反省・改善策」の内容を整理し、取引先の気持ちの合わせて返信をすると良いです。 【具体的な改善策】 「誤入力が発生しないよう発注コードと商品の確認工程を追加し、再発防止を徹底する。 」 シーン別お詫びメールの例文3選 シーン別のお詫びメールの文例を3つ紹介します。 今回お問い合わせいただきました広告掲載のお問い合わせの件ですが ご返信が遅くなりまして、誠に申し訳ございませんでした。 多忙につき、返信が遅れてしまいました。 申し訳ございません。 ご発注書を添付ファイルにて送付いたしますので、ご確認をお願いいたします。 ご返信が遅れましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 すべて私どもの監督不行き届きであり お詫びの申し上げようもございません。 今後はこのような不手際のないよう 社員のマナー向上に努めてまいります。 後日、改めてお詫びに伺いたいと存じますが、 取り急ぎお詫びを申し上げます。 お伝えしておりました納期に間に合わせることができず 大変申し訳ございません。 現在は既に新しいものを作成が終わっており 梱包から検品までを至急取り掛かっております。 今後は、二度とこうした事態を起こさぬよう 万全の体制で取り組んで参る所存です。 今後とも、変わらぬお引き立ての程 よろしくお願い申し上げます。 メールにて恐縮ですが、取り急ぎお詫び申し上げます。 まとめ 取引先へのお詫びメールは、電話や直接謝罪をすることが難しいときや、状況を取り急ぎ伝えるときの手段です。 謝罪には スピードと、今後の信頼回復のための 反省や改善ポイントを的確に伝える必要があります。 何よりも第一に考えなくてはいけないことは、お詫びの気持ちを相手に伝えることは勿論、 しっかりミスを認めて、そのミスに対して誠意を持って対処する姿勢を伝えることです。 ミスのシーンによって対応の仕方は変わりますが、ミスに対する姿勢を伝えることは変わりません。 お詫びメールは誰もが送る機会がありますので、万が一の時に冷静に対応できるよう身につけておきましょう。

次の