埼玉 県 公立 高校 ナビゲーション。 埼玉県高等学校一覧

野球部

埼玉 県 公立 高校 ナビゲーション

【浦和周辺】塾で伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。 今回は北辰テストと公立入試の作文で効率よく点数を取るための方法についてお伝えします。 国語の作文問題は、北辰テスト、埼玉県公立入試ともに16点分の配点があります。 作文で高得点を取れるようにしておくことは、成績上位の生徒であっても、成績下位の生徒であっても、すごく重要です。 成績上位の生徒であれば、基礎と標準レベルの問題を落とさずに取っていき、得意科目では発展レベルの問題も得点していく必要があります。 発展レベルの問題で3点多く取れるように勉強するよりも、作文で3点多く取れるようにする方が時間はかかりません。 偏差値60以上の生徒は作文で15点もしくは満点の16点を確実に取れるようにしましょう。 また、国語が苦手な生徒も作文で点数を稼ぐべきです。 なぜなら、読解の問題は勉強すれば、もちろん点数は上がるのですが、成績が上がるまでに時間がかかりやすい分野ではありますし、出題された内容がうまく理解できた時とできなかった時で点数の差が出やすく、成績が安定しにくいからです。 しかし、作文は練習をすれば短い時間でも点数を伸ばせますし、毎回安定して点数が取れるようになります。 国語が苦手な方も、作文ではなるべく15点~16点を取れるように練習して、最低でも12点は確保できるようにしましょう。 埼玉県公立入試の作文の特徴 埼玉県は300字の作文が出題されます。 300字の作文とは、原稿用紙の13行目~15行目で文章が終了しているものです。 また、作文を書く際の条件として、 「自分の体験をふまえて書くこと」を指定される可能性が非常に高いです。 ですので、普段から作文を書くときには、自分の体験を例として加えるように意識するといいでしょう。 国語の試験では、作文の他にも 現代文2題、古文1題、漢字や文法などの知識問題が1題 が出題されます。 そのため、作文を書くための時間は10分~12分が目安となります。 ここで知っておいてほしいポイントがあります。 それは、 採点方式が減点法だということです。 つまり、難しい言い回しや、難しい漢字を書いたから点数が加点されることはないということです。 点数を取るためには、むしろシンプルな言い回しを使うようにし、漢字も減点されないように、迷ったらひらがなで書くようにしましょう。 きれいな文章や難しい表現を使わなくても、条件さえ満たしていれば満点を取ることができます。 以下が減点の対象と、引かれる点数となっています。 (作文の採点基準については、県から明示されていません。 塾や学校で一般的にいわれているものです。 ) 【減点1点~2点】 ・原稿用紙の使い方が正しくない (句読点の位置や改行の誤りなど) ・文脈の乱れ (接続詞が不適切、文脈としておかしいなど) ・誤字脱字 (漢字や送り仮名の間違え、脱字など) ・文体が統一されていない (「~です。 ~ます。 」といった敬体と「~である。 ~と思う。 promotion173. 」「わたしは~に賛成です。 」というふうに、自分の意見を書きましょう。 この書き出しは「資料から読み取って自分の意見を書く場合」や「テーマに対して自分の意見を書く場合」など、万能に使うことできます。 また、書き出しをどのようにスタートさせるかを決めておくと、悩まずに書き進められますし、書きはじめれば、自然とその後の内容も浮かびやすくなるものです。 さらに、作文の条件に「書き出しは自分の意見を書くこと」と書かれていることがよくありますので、その対策にもなっています。 」と続ける。 はじめに、自分の意見を明確にしたら、その理由を書きます。 その時には、段落を変えて書きましょう。 その時には、最後にまとめとして自分の意見を入れることで、2~4行埋めることができます。 たとえば、「中学生はもう大人である」というテーマに対して、『中学生はまだ大人ではない』という意見の作文を書いていれば、最後に「このような理由で、わたしは中学生はまだ大人ではないと考えています。 」などと書きます。 この時にも、段落を変えるようにしましょう。 塾での講義や、作文の参考書では、さまざまなテクニックや書き方の流れなどを詳しく伝えてくれますが、 効率よく点数を取るためにはあまり向いていません。 たしかに、きれいな文章にはなるのですが、習得するためにどうしても時間がかかってしまうのです。 時間に余裕のある生徒は、ぜひ、きれいな作文を書く練習もしてみてほしいですが、「とにかく成績を伸ばしたい!」という生徒は、この記事を参考にして、短時間で効率よく作文を書く練習を行い、短縮した分の時間を他の勉強に時間を使いましょう。 練習の段階から見直しをする癖をつけておけば、「自分はどんな間違え方をするのか」のパターンがわかります。 すると、書いている途中に「ここはミスしやすいところだ!」と気づけるようになりますし、見直しする際にも、どこに注目すればいいかがわかってくるので、見直しのスピードも精度も高くなります。 それから、自分で自分の作文を添削することで、 「どこがおかしいのか」「どのように書き換えればいいか」を考えることになります。 これらを考える時間が、作文を書く実力をつける上で非常にいい練習になりますので、必ず行いましょう。 作文以外は、基本的に決まった答えがあるので、自分で丸つけをすればいいのですが、作文の場合には、自分では丸つけ できません。 ですので、 作文については、必ず先生にお願いして添削してもらうようにしてください。 また、その際に疑問思うことがあれば、メモしておいて聞くようにしましょう。 作文の練習することは、英作文をつくる時にも役に立ちますし、現代文の読解力を上げることにもつながります。 また、文章を書く訓練をしておくと、この先、高校生や大学生になった時にレポートや論文を書くための役に立ちますし、社会に出てからもメールや企画書など文章を書く機会はたくさんあります。 今のうちから作文を早く・正確に書く練習をしておくと、この先もずっと役に立ちますので、頑張って取り組んでみてください。 以上、【埼玉県公立入試で満点が取れる!作文の書き方】でした。

次の

埼玉県高等学校一覧

埼玉 県 公立 高校 ナビゲーション

埼玉県教育委員会は2020年2月17日、「令和2年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報」を更新。 同日午後6時30分以降、「彩の国さいたま公立高校ナビゲーション」を随時公開するとしている。 「彩の国さいたま公立高校ナビゲーション」は、埼玉県内の公立高校の学校情報や転編入学情報、入学者選抜情報などを掲載。 県内の公立高校を受験するのに有用な情報が発信されている。 「入学者選抜情報」のページでは入学者選抜の倍率情報も提供予定。 2月17日午後6時現在、提供準備中となっている。 このあと午後6時30分以降、「彩の国さいたま公立高校ナビゲーション」は情報を随時更新するとしているが、頻繁に更新ボタンを押すと、混雑を招く原因となるため遠慮するようアナウンスしている。 2020年度埼玉県公立高等学校入学者選抜の日程は、出願期間が2020年2月17日・18日、志願先変更期間が2月20日・21日。 学力検査は2月28日、芸術系学科などの実技検査や一部の学校における面接は3月2日に実施する。 追試験は3月4日。 入学許可候補者発表は3月9日に行う。 《鶴田雅美》.

次の

卓球部

埼玉 県 公立 高校 ナビゲーション

こんにちは。 今日は埼玉県内の音楽科高校について調べてみました! 埼玉県内の音楽科のある高校は全部で5校です。 そのうち3校が公立高校、残りの2校は音大附属の私立高校となります。 以下、ご紹介いたします。 埼玉県立芸術総合高等学校 埼玉県所沢市三ケ島に所在。 「芸術総合高等学校」という名の通り、この高校には芸術系の学科しか存在しません。 普通科がなく、芸術系の学科(音楽家、美術科、映像芸術科、舞台芸術科の4学科)だけという高校は、全国的に見てもとても珍しいです。 このような環境であれば、芸術に囲まれた学生生活の中で豊かな感性を育むことができそうですね。 また、他の高校と違うところとしては、チャイムが鳴らないという点があげられます。 つまり、自分で時間を見ながら行動することができるようになるというメリットがありますね。 一般の音楽科高校と同じように専攻と副専攻の楽器を学ぶことになります。 しかし、ピアノ以外の楽器の人の副専攻はピアノですが、ピアノ専攻の人の副専攻は声楽、と決まっています。 ピアノ専攻で入学を考えている方で、ピアノ以外の楽器をやってみたい方は注意です。 埼玉県立松伏高等学校 埼玉県北葛飾郡に所在。 学科は、普通科、普通科情報ビジネスコース、音楽科の3つに分けられています。 こちらの高校の良いところは、何と言っても設備の良さでしょう。 「シンフォニア」と呼ばれる音楽科専用の校舎があるのですが、その中には冷暖房完備の練習室が18室も設置されています。 こちらの練習室は朝、昼休み、放課後などに無料で利用することができます。 また、高校の近くに「エローラ」というホールがあり、演奏会などでよく使われています。 このようなホールが学校の近くにあるというのは何かと便利ですよね。 埼玉県立大宮光陵高等学校 埼玉県さいたま市西区に所在。 こちらの高校は普通科、普通科外国語コース、音楽科、書道科、美術科の5つに分かれています。 4つの定期演奏会、卒業演奏会の他に、年10回の校内演奏会が開かれます。 それに加えて公開レッスンが年2,3回、特別講座が年10回ということで、音楽を学べる機会が沢山ある学校です。 武蔵野音楽大学附属高等学校 埼玉県入間市に所在。 武蔵野音大の附属高校ということで、音大と共用のコンサートホールがあったり、大学の方から講師を招いて公演を開いたりなど、やはりレベルの高い教育が受けられるようですね。 個人的には「3P主義の実践」と言われる以下のポリシーに惹かれました。 本校では、日々の学校生活の中で「3P主義」すなわち、礼儀(Propriety)、清潔(Purity)、時間厳守(Punctuality)を生活の規範として実践しています。 これらは将来社会人となったときに、欠かすことのできない生活の基礎といえるでしょう。 出典: もちろん音楽を学ぶことも大切なのですが、このような社会人としてのマナーを高校生のうちから身に着けられるというのはとても素晴らしいことだと思います。 東邦音楽大学附属東邦第二高等学校 埼玉県川越市に所在。 こちらの高校の特色の一つとして、週6日制であることがあげられます。 また、3年時にはドイツ語を学ぶこともできます。 これは他の高校にはなかなかないですよね。 声楽科の人はもちろんのこと、器楽専攻でも楽譜上に書かれた音楽用語を読み解くために、ドイツ語などのヨーロッパ言語を学ぶのはとても意義のあることです。 練習室やレッスン室は、グランドピアノを利用する際は10分20円で、アップライトピアノを利用する際は10分10円で使用することができます。 どの高校もそれぞれの魅力があってなかなか一つにしぼるのは難しいですね。 この記事を読んで興味を持った高校があれば、さらに情報収集をするなどして比較検討することをお勧めします。 スポンサードリンク.

次の