カラス 本。 カラスの生態や習性は?知能の高さや記憶力に驚愕!

八咫烏

カラス 本

【内容情報】(出版社より) え、飼えるの? 意外とヘタレって本当? そもそも鳥としてどうなのよ。 鷹の速さやフクロウの平たい顔の秘密、恐竜との関係や天候不順にどう対応しているかなど、身近な鳥の秘密に迫りつつ、案外とヘタレで弱気なのに悪賢いと思われがちなカラスのことを、あますところなく「カラス先生」が伝えます。 カラスって、やっぱりおもしろい! カラス好き、鳥好きに贈る、愉快な一冊。 〈巻末にカラス情報付き〉 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 鷹の速さやフクロウの平たい顔の秘密、恐竜との関係や天候不順にどう対応しているかなど、身近な鳥の秘密に迫りつつ、案外とヘタレで弱気なのに悪賢いと思われがちなカラスの生態やポイントを、あますところなく「カラス先生」が伝えます。 カラスって、やっぱりおもしろい!カラス好き、鳥好きに贈る、愉快な一冊。 【目次】(「BOOK」データベースより) 脳内がカラスなもので/1章 フィールド武者修行/2章 カラスは食えるか/3章 人気の鳥の取扱説明書/4章 そこにいる鳥、いない鳥/5章 やっぱりカラスでしょ!/付録ーカラス情報 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 松原始(マツバラハジメ) 1969年奈良県生まれ。 京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。 専門は動物行動学。 東京大学総合研究博物館・特任准教授。 研究テーマはカラスの行動と進化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

カラス学のすすめの通販/杉田 昭栄

カラス 本

ゴミの回収や管理の徹底で、近年都心のカラスは減っている。 一方、増えているのが地方都市。 繁華街の電線に数千~数万羽単位で現れ、糞(ふん)害、騒音をまき散らす。 人がひたすら忌み嫌い、遠ざけてきたカラス。 夏休み、ヤツらの正体を垣間見てみませんか? 『』を書いた宇都宮大学の杉田昭栄名誉教授に詳しく聞いた。 体重当たりの脳の重さは人間で1. 8%なのに対し、カラスは1. 鳥類では断トツだし、馬などに比べても体重比で大きい。 カラスにできてイヌ、ネコにできないことも山ほどあります。 人の顔を見分ける実験をすると、カラスは2日くらいで覚えるんですね。 数人の顔写真を貼った容器を10回並べ替えても、10回とも餌が入ってる1人の顔写真を選ぶ。 イヌやネコは選ぼうとはせず、たまたま当たれば食べるみたいな感じ。 家畜化されていて、自ら生きる能力が鈍化しているのでしょう。 野生で親からトレーニングを受けて、生きるという思考のスイッチが入るんだと思います。 仕返しするかどうかは別として、人間相手に分が悪いのは察しているので、見かけたらきっとガーガー鳴き立てるでしょうね。 人間の男女を識別できるかの実験もしています。 男女各10人ほどで目や口、鼻など顔の一部を隠した顔写真を見せたところ、男女それぞれに何らかの共通性を見いだして、しっかり区別できました。 おそらく輪郭や色の具合のほか、いくつかのポイントでパターンを読んでいるんじゃないか。 さらに今、笑顔や怒り顔など表情の違いを見分けられるか実験中です。 柔和な表情の人を類似系の1つの集合体にまとめる力があるのかどうか。

次の

カラス(烏)の字が鳥より線一本少ない理由 │ NazeNani JillTone

カラス 本

カラスの基礎知識、餌と博物学、Q&A、カラス度診断など、くちばしの先から脚の先までカラスのことがわかる本。 【「TRC MARC」の商品解説】 ゴミを漁り、不吉を連想させ、カーカーとうるさがられるカラス。 だがその生態をつぶさに観察すると驚くことばかり。 走る車にくるみの殻を割らせ、マヨネーズが好き。 「東京にカラスが多い理由は」「カラスは人間を識別できるのか」「カラスは食えるのか」などなど。 日々、カラスを追う気鋭の動物行動学者がユーモアを交え、謎めいた愛すべき存在に迫る。 カラスと仲良くするための初級カラス語会話もついている。 投稿者: 端ノ上ぬりこ - 前に読んだ柴田佳秀氏の「カラスの常識」と、書かれていた時期も違うので比較はできませんが、松原始氏の本作品は今の時代に即して、より分かりやすく解説されていると思います。 カラス屋なる研究者の方々には敬意払いたいです。 地道に日々研究されているにもかかわらず、なかなか報われないこともあるようで応援したい気持ちになりました。 カラスの嫌いな方も、本作品を読んでいただきたいです。 実は、一度後頭部をカラスにやられたことが有り、それ以来カラスが怖くて怖くて歩道を歩いている黒い物体があれば、反対の歩道によけたり結構大変な時期が有りましたが、ある時から結構平気で歩けるようになったのです。 怖くないなと。 その後、カラスの本を見つけ現在に至る、です。 書いてある通り、そんなに怖くはないことがわかりました。 ぜひ、一読を。 投稿者: ねずみごっこ - 筆者の軽妙な語り口に、さりげなくジブリの名セリフが紛れ込んではいないだろうか? そういえば可愛いイラストとは別に、筆者のカラスや動物たちのスケッチが収録されているのだが、超絶技巧な画力に舌を巻いた。 どうやらジブリ映画を観ながら、動物たちの描写に、これは(動物学的に)まあまあ、これは正しい、なーんてツッコミもしていそうだ。 ジブリ主人公たちの可愛い仲間の動物たちが好きな方には、特におススメします。 読み終わるまで結構時間がかかったけど面白かった!ウチの裏の畑にはカラスの親子が来てたなぁ、確かに子供はガキっぽかったなぁなんて思いながら読みました。 それにしてもカラスって研究が進んでないんだなぁ、という事にびっくり。 鳥類の研究って欧米が進んでいるって聞いたからハシブトガラスがあちらにあまり居ないってことにも関係しているのかもしれないけど。 そして東京都はカラスを捕殺しているんだ… ペットの犬猫だって殺処分されているんだから綺麗ごとばかり言ってる場合じゃ無いけど…ナンダカナ、とは思う。 登山に行った人が山にまでカラスが居る!と憤慨していた話には笑わせて頂きました(笑)それ、逆だから。 知らないって恐ろしい。 ネコとかカラスを異様に怖がる人ってアレですよね、漫画で言うと象がネズミを怖がるコミカルなシーンと同じって事ですよねぇ。 向こうだって怖がっているってのはすごく納得。 そしてそうか、カラスは黄色がキライじゃないし、匂いには鈍感なんだ…。 じゃあ指定ゴミ袋の変な匂いはまったくもって無駄の長物ってことなんだなぁと色々勉強になりました。 それにしても本来は「お掃除やさん」であるカラスがこれほど大量に生息する都市部で、物流が止まり食料供給が行われなくなった際はどうなるのだろう?生産者がほぼゼロの状態を考えると背筋が寒くなる思いです。

次の