はじめ の 一歩 復帰。 【はじめの一歩】幕之内一歩さん、ついに現役復帰しそうwwwwww

『はじめの一歩』1174話で復帰戦の相手が発表!?そ、その相手はヤバイ…(ネタバレあり):なんおも

はじめ の 一歩 復帰

はじめの一歩引退したのになぜ終わらない? 長きにわたり連載を続けてきたはじめの一歩ですが、もうさすがに完結か!?と思われる展開の中 2018年1月31日、最新話で一歩が引退したのにまだ終わらないようです! 最終話になるのではないかと噂されていた1月31日発売の最新話では、パンチを打たれすぎて脳に障害が生じる 「パンチドランカー」の疑惑を持たれていた一歩でしたが、診断の結果またまたとりあえずは健康体と判明。 (2回目やんかっ!!) しかし、とりあえずは健康というだけで、 今後さらなる打撃を浴びると発症のリスクが高まるとされ、ついに一歩は引退を決意。 「引退します」と宣言し、自らの思いを語った一歩。 さらに初めて練習をした場所で今まで戦ってきた相手のことを思い出すというシーンもあり、「お、ついに完結か!?」と思ってしまった読者でしたが、なんと 最後のページに「完」の一文字は書かれていませんでした。 いつになっても終わらない展開にネットでは炎上が止まらない状態です。 いったいなぜ主人公が引退しても終わらないのでしょうか?いったい作者はどうやって完結させたいのでしょうか? 考えられる今後の展開を以下で予想してみたいと思います。 今後どんな展開が予想される? 一歩が引退したにも関わらず終わらなかったはじめの一歩。 今後考えられる展開としては、以下の2つのパターンが考えられます。 復帰する この予想をされている人も多いのではないでしょうか? 一度は引退したものの、なんだかんだで再びリングに戻ってくるパターンです。 脳のダメージを回復し、再び戦いの舞台へ、というのは少年漫画ではよくありそうな流れですね。 永遠のライバル・宮田一郎やWBA世界フェザー級王者リカルド・マルチネスとの戦いを期待しているファンも多いだけに、可能性としては結構高そうです。 コーチになり、一歩の子どもの物語にシフト 引退は覆らないものの、 一歩の子どものコーチとなることで、悲願の世界制覇に親子で挑むという流れもありそうです。 自分が達成できなかった目標をわが子に託し、子どもが父親の無念を晴らす、というのもなかなか熱い展開ですし、可能性としてはありそうですね。 クミちゃんとの子供が出来るのは読者としてもうれしいことです。 しかし、そうなると「いつまで続くの?」と批判されまた炎上しそうですし、読者にとってこれが最善のストーリーであるかというと微妙なところですね。 まとめ 主人公が引退したにも関わらず終わらないはじめの一歩。 これからの展開はどうなっていくのでしょうか? ネットでは相変わらず炎上が続いています。 森川先生を尊敬してやみませんが、 さすがにネットが炎上しているのは分かります。 読んでいてしんどいです(笑 普通に一歩が負けると私もどんよりしてしまいますからね! とにかく最近のは「希望」がない。 少年漫画は「希望」があってこそですよね! 読者のためにも、もう少し求められている展開に持って行ってほしい気がしますね。

次の

『はじめの一歩』最新話で現役復帰が確定!? 「セコンド復帰」に隠された”情熱回復”と「パンチドランカー回避」の伏線?

はじめ の 一歩 復帰

はじめの一歩1252話の考察です。 ネタバレ含みますのでご注意ください。 そして、本日は こちらも発売です! ベストバウトはじめの一歩 幕之内一歩 vs. 伊達英二 日本フェザー級 タイトルマッチです!! — 『はじめの一歩』担当 hajimenoippo100 ベストバウトシリーズは一歩対伊達英二。 あの時引退していたのは伊達ですが今は一歩が引退状態・・・帰ってこい! 前回1251話では、 「お前がパンチドランカーだと断定したものは誰もいない」という宮田の言葉でしたが、一歩はイマイチ変化がない様子。 しかも恋人の久美ちゃんは完全にパンチドランカーだと断定していましたw 意見が割れていますが、宮田も久美ちゃんもどっちも一歩も求めているのは一緒です。 そして間柴の防衛戦も迫っています。 はじめの一歩1252話 久美ちゃんは人外となり、泰平らに探りを入れながら、一歩の復帰をこれでもかと邪魔しているのは何故なんでしょうか。 久美ちゃんの年齢 久美ちゃんの誕生日は1974年3月生まれ。 はじめの一歩の作中年表は確か現在1999年ぐらい。 (リアルタイムとは20年近くのギャップがあります)久美ちゃんの年齢はおよそ26歳ぐらい。 ということは、 まだ結婚を焦るような年齢ではありません。 結婚への焦り説もあるかなと思ったんですが、やはり純粋に一歩の体を心配しているのでしょう。 宮田は戦えばそれで終わりですが、久美ちゃんは仮に一歩と結婚したら何十年と一緒に過ごすのですから、健康を優先させるのは当然ですね。 ドランカーになってしまっても宮田一郎は面倒を見てくれません。 間柴vs伊賀 伊賀といえば鴨川ジムの青木を倒した実力のあるボクサーです。 なぜか間柴は強い伊賀を指名しました。 一方青木はひっそりと伊賀の敗北を願っていましたww なんという小さい男でしょうか。 青木の面白いところでもありますが、この意識の差がボクサーとして今一歩殻を破り切れない原因かもしれません。 しかし伊賀が仮に間柴に勝てば世界ランカーです。 そして間柴が負けたら久美ちゃんが悲しんでしまいます。 もしかすると久美ちゃんは、兄と恋人とどっちも心配するのがつらくなった側面もあるのかもしれません。 (考えたくはないですが、間柴が負けるパターンも結構ありそうなんですよね・・・鷹村ほど絶対的なボクサーじゃないですし、どこかで負けがきても不思議ではないです。 ) 一歩の復帰ルート 一歩としては久美ちゃんもそうですが、 何より母親に苦労させたくないという思いがあります。 父親が早逝したため女手一つで育ててもらった恩があるので、それが 一歩復帰最大の障害でしょう。 ですのでネットなどでは一歩の母親が死んで復帰という予想も結構ありました。 ただ肝心の母親は一歩の復帰には多分反対しないでしょう。 一歩の復帰に唯一反対しているのは久美ちゃんです。 一歩が復帰するとすれば(必ず復帰すると思いますが)母とボクシングではなく、 久美ちゃんとボクシングのどちらか選ばなければいけない選択があるかもしれません。 まあ別れたとしても一歩は巨根ですし、また復縁するんでしょうけど、久美ちゃんと一歩が一旦お別れするパターンも考えられます。 1253話 なかなか一歩の復帰が決まらないですねw 間柴と一歩は久美ちゃんのこともあって何気に強い関係性があるので、間柴と伊賀の試合が、何かしら一歩の考えに影響を及ぼす結果となる可能性は高そうです。 間柴好きなので負けて欲しくはないですけどね。 1253話では、何故わざわざ間柴が強い伊賀を対戦相手として指名したのか理由が明かされるでしょう。 時期はともかく一歩の復帰は間違いないはずですが、宮田一郎という第一の矢は失敗に終わりました。 あとは間柴の試合や、一歩の母親という第二第三の矢で一歩がどのように変化するか見守りたいと思います。

次の

【はじめの一歩】迷走を続ける一歩の現在!一歩の現役復帰はある?先を行くライバル達の現在とは?

はじめ の 一歩 復帰

『はじめの一歩』1174話「サウスポー」 一歩の復帰戦…!ここ重要、超重要。 一歩がこれから戦えるかどうか…もっというなら、パンチドランカーは100%大丈夫なのかを確認できる戦いでもあるし、この試合によっては一歩がボクサーをやめることもありうる、非常に非常に大切な試合だ。 一歩の復帰戦は今回が初めてではない。 …いや、復帰戦というか再起戦というか…伊達英二に負けて日本フェザー級タイトル戦で王座獲得に失敗し、その後にタイのポンチャイ・チュワタナに勝利した。 そして日本フェザー級タイトル戦で千堂と戦い、そして日本王座になった一歩は真田やハンマー・ナオと戦い勝利した。 そして様々な化物じみた男たちに勝利してきた。 もしポンチャイに負けていたら、一歩はまた違う世界を歩いていたかもしれない…。 もし一歩が再び復帰戦で勝利をあげられれば、次は世界で戦える…さあ、次の対戦相手は…!? 久しぶりのゲドーだぁ! 取り敢えず国内王者キープしていたのね。 八百長ボクシングするのは、ノンタイトル戦だけだったよね…確か でも、売り込み用の看板無くしちゃったから八百長で稼げなくなったね~ 残念!! 自分はこんなタイプのボクサーもありっちゃありで、ゲドーのことは面白かったから再登場したのは嬉しかったよ。 が良かったな。 ゲドーに判定勝ちした程度の相手では役不足じゃないかしら。 ランディは正直、宮田君に負けたのが謎な程には強いもの。 板垣君にサウスポー攻略の方法教えて貰うような人で、だけどそんなんでも20戦勝ち続けられてきたことに一歩さんらしさがある…ならば、それなりの相手の方が新型試すにしても面白いじゃん😆 再起戦ということで確実に勝てる相手を…で決めた訳ではないにしても、なんか余裕で勝てそうでちょびっとつまんないなぁ😞 ランディ…まだボクサー続けているかしら?消息知りたいよ。

次の