縛りなしwifi 遅い。 縛りなしWiFiの評判は?実際に使ってレビューします!!

縛りなしWiFiが遅い!?速度が遅いときのチェック方法を解説

縛りなしwifi 遅い

2020年3月より新プランも開始したよ!詳しくは「」をチェックしてね! 縛りなしWiFiとは 縛りなしWiFiとは、ポケットWiFi・WiMAXのレンタルを行っております。 どちらも月々の通信制限はなく、WiMAXの場合は 3日で10GB、ポケットWiFi(ソフトバンクの回線)の場合は 1日2GBの通信制限が設定されています。 FONは世界中でWi-Fiサービスを提供しています。 そのため信用性は高いです。 縛りなしWiFiのメリットとして• 月額料金が安い(縛りなしプラン3,300円 縛っちゃうプラン2,800円)• 契約解除料、違約金0円(縛っちゃうプランは更新月以外の解約は15,000円請求されます)• レンタルのためいつ解約してもOK(縛っちゃうプランは3年契約)• 月間データ容量無制限(WiMAX端末の場合3日で10GB、SoftBank端末の場合1日2GBの速度制限有)• 最短翌日発送 見てのとおり、全部のいい所が詰まったレンタルWiFiとなっております。 あの WiMAX or SoftBankのポケットWiFiが月額3,300円で利用できます。 縛りなしWiFiの新料金プランについて 縛りなしWiFiでは• 契約期間の縛りなし「縛りなしプラン」• 3年契約の「縛っちゃうプラン」 上記の2つのプランが用意されていました。 2020年3月より、• 通常プラン(今までのプラン)• ライトプラン(1ヶ月20GB迄)• WiMAXプラン(3日で10GB制限)• 通常プラン(縛っちゃうプラン)• ライトプラン(縛っちゃうプラン)• WiMAXプラン(縛っちゃうプラン) 6つのプランにわけられました。 詳しく料金体系を見ていきます。 月額料金 通信量 契約期間 通常プラン 3,300円 1日2GB なし ライトプラン 3,000円 1ヶ月20GB なし WiMAXプラン 4,300円 3日で10GB なし 通常プラン 縛っちゃうプラン 2,800円 1日2GB 3年契約 ライトプラン 縛っちゃうプラン 2,600円 1ヶ月20GB 3年契約 WiMAXプラン 縛っちゃうプラン 3,600円 3日で10GB 3年契約 上記の通り安いのは「3年契約」の「縛っちゃうプラン」ですが、3年間使い続けるかわからないという人は多いと思いますので、 当サイトのおすすめは「縛りなしプラン」の「 通常プラン」もしくは「 WiMAXプラン」です。 WiMAXが良いという人には少し高くなってしまいますが、 月額4,300円のWiMAXプランはおすすめです。 料金を安く抑えたいという人は「縛りなしプラン」の 「通常プラン(月額3,300円)」が安くておすすめです。 2020年7月1日迄、 事務手数料3,000円が1,000円になるキャンペーン中です! 縛りなしWiFiは在庫有です! 縛りなしWiFiのデメリットも知っておこう! 2020年一番おすすめできるレンタルWiFiで間違いありませんが、デメリットも存在します。 契約前に必ず確認しておきましょう。 端末を壊した場合高額な請求が!? レンタルする端末は選べない!?• 契約期間の縛りがあった!?最低利用は?• 人気過ぎて電話がつながらない• 解約は電話での受付はしていません• au 4G LTEモードは有料(注意) 1.端末を壊した場合高額な請求が!? 端末を落下させて破損させてしまった、水没してしまった、紛失してしまったと言う場合は、端末弁済金として39,800円が請求されます。 SIMカードの再発行が必要な場合は3,000円請求されるため、 使用者の過失により端末の故障は、最大で42,800円(税抜)を支払わなければいけない可能性があります。 これなら安心ね! 2.レンタルする端末は選べない!? 縛りなしWiFiで扱っている端末は• Speed Wi-Fi NEXT WX05(WiMAX)• Speed Wi-Fi NEXT W04(WiMAX)• Pocket WiFi 603HW(SoftBank)• Pocket WiFi 502HW(SoftBank) 上記の4台が縛りなしWiFiのホームページには記載されていますが、他にも「FS030W(SoftBank)」の端末が取り扱われていたりします。 どの端末が手元に届くかは、選ぶことができません。 私自身も申し込みましたが手元に届いたのは「FS030W」でした。 なお、SoftBankとWiMAXの端末では、速度制限が違います。 WiMAXの端末の場合 直近3日間で10GBを超えた翌日の18時から2時 合計8時間 まで通信速度が1Mbpsに制限 SoftBankの端末の場合 1日2GBを超えた場合に制限(翌日解除) SoftBankとWiMAXで比較すると若干WiMAXの端末の方が速度制限が緩いです。 電波状況の関係でSoftBankもしくはWiMAXどちらかしか使えないと言う人でも、 事前にサポートに連絡を入れておけば、機種の指定はできませんがSoftBankかWiMAXかの指定は可能だよ 3.契約期間の縛りがあった!?最低利用は? 契約期間の縛りがないと言うので有名ですが、縛りなしWiFiは解約を申し出た翌月末が解約月となります。 そのため、 1ヶ月だけ借りたいと言うことができません。 長期レンタルの人はいいのですが、1週間から2週間前後の短期レンタルの場合は他のレンタル会社の方が安く借りれます。 4.人気過ぎて電話がつながらない 縛りなしWiFiは電話が繋がらない事が多いです。 サポートの人員を増やしていると言う話も聞きますが、実際のところどうなんでしょうか。 質問がある場合は、お問い合わせフォームも設置されていますので、そちらから質問を入れると良いです。 私が利用した時は、その日のうちに返信のメールを頂けました。 電話での問い合わせが繋がらないのは非常に残念だよね。 それだけ今人気のレンタルWiFiとなっているということなんだ 5.解約は電話での受付はしていません 今後どうなるかわかりませんが、2019年3月時点で 縛りなしWiFiの解約はお問い合わせフォームからのみとなっております。 電話で解約の問い合わせを入れても、「問い合わせフォームからご連絡ください」との案内しか流れませんので注意してください。 お問い合わせフォームから「氏名」「メールアドレス」お問い合わせ内容に「何月付けで解約します」と記載して送信すれば、受付完了メールが届きます。 忘れてはいけないのが、端末の返却です。 使い終わった端末は、 解約日の5日後までに返却しないと翌月分の料金が発生してしまいます。 急いで返却するようにしましょう。 返却方法は、レターパックライトで届いたので、レターパックライトで返却と言う形でOKです。 端末が壊れないように、プチプチか緩衝材を入れたほうが安心です。 返却完了時の連絡は基本的に行っておりません。 返却内容等に確認事項がある場合のみ連絡が来ます。 6.ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)利用時は有料!? 縛りなしWiFiではau 4G LTEの利用は推奨しておらず、使った場合は、別途1,005円(税抜)の料金が請求されます。 このモードを使ってしまうと月間無制限のWiMAXが月7GBの通信制限になりますので、当サイトでも利用はあまりおすすめしておりません。 そのためau 4G LTEが有料なのは気にしないで良いと思いますが、使う予定がある人は、 料金が高くなってしまいますので縛りなしWiFiは辞めた方が良いです。 契約期間の縛りがなく、月額料金3,300円で月間無制限のWiFiが利用できます! 最安値で使えるのは間違いなく「縛りなしWiFi」 縛りなしWiFiのいつでも解約可能の縛りなしプランは月額3,300円、3年契約の縛っちゃうプランは月額2,800円と格安で月間無制限のWiFiが利用できます。 GMOとくとくBB WiMAXとの比較 GMOとくとくBB WiMAXであれば、業界最安値の料金で利用することができます。 そうだね。 月額3,800円で利用できるよ!でも今は在庫切れでWiMAXプランは受付停止中。 縛りなしWiFiとGMOとくとくBBのWiMAXの料金の比較をしてみます。 GMO WiMAX 1~2ヶ月目: 2,170円 3ヶ月目以降: 3,480円 縛りなしWiFi WiMAXプラン 3,800円 上記の通り GMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン)の方が安いです。 但し、注意点としてGMOとくとくBBのWiMAXは3年契約です。 長期契約でも大丈夫という人には「GMOのWiMAX」はおすすめですが、もしかしたら半年や1年で解約する可能性があるという人にはおすすめできません。 GMOとくとくBBなら在庫有!最短即日発送 どんなときもWiFiとの比較 今一番人気が出ている「どんなときもWiFi」との比較です。 初期費用 月額料金 1年間の総額 2年間の総額 どんなときもWiFi 3,000円 3,480円 44,760円 87,520円 縛りなしWiFi 1,000円 3,300円 40,600円 80,200円 料金で見ると圧倒的に縛りなしWiFiのほうが安いのですが、「どんなときもWiFi」は3日で10GB、1日2GBと言った上限がなく使い放題のWiFiとなっております。 そのため、縛りなしWiFiと比較すると少し高くなってしまいますが、使い放題のポケットWiFiを探している人にはおすすめです。 2020年3月18日頃より「どんなときもWiFi」は通信障害が起きているため、おすすめできません。 契約すると痛い目を見る可能性がありますので注意してください。 最安値保証WiFiとの比較 縛りなしWiFiは1日2GBですが、最安値保証WiFiは月100GB迄高速通信が可能です。 1日あたりで考えれば約3. 3GB利用できますので、縛りなしWiFiよりも通信量は多く利用できます。 気になる料金ですが、ビックリする程安いです。 初期費用 月額料金 1年間の総額 2年間の総額 最安値保証WiFi 0円 3,280円 39,360円 78,720円 縛りなしWiFi 1,000円 3,300円 40,600円 80,200円 初期費用0円で、月額料金は3,280円と縛りなしWiFiよりも安く利用できます。 そうだね!月100GB迄高速通信が利用できるから縛りなしWiFiよりも通信量は多く使えるよ! 電波も「縛りなしWiFi」と同じソフトバンク回線を使用していますので、エリアも広く快適に使う事が出来ます。 FUJi WiFiとの比較 レンタルで安いと言われているFUJI WiFiと料金を比較してみると 初期費用 月額料金 1年間の総額 2年間の総額 FUJI WiFi 2,000円 3,200円 40,400円 78,800円 縛りなしWiFi 1,000円 3,300円 40,600円 80,200円 上記のとおり、初期費用が0円のためFUJI WiFiよりも縛りなしWiFiの方が料金が安く使うことができます。 長期契約を希望の方は「縛っちゃうプラン(3年契約)」を選択すれば、月額料金が2,800円と格安で利用できます。 FUJI WiFiには上記の月間無制限プラン以外にも「25GB」「50GB」「100GB」「200GB」「いつも快適プラン」と沢山のプランが揃っているという特徴もありますが、本人確認書類を出さないといけない点、初期費用等考慮すると 「縛りなしWiFi」の方が簡単に契約ができてお得と言うのが現状です。 FUJI WiFiがおすすめできないという意味ではないんだよね。 縛りなしWiFiと比較した場合、月額料金の安さ、本人確認書類の提出がない事から縛りないWiFiをおすすめしているよ SPACE WiFiとの比較 民泊WiFiの中で安いと言われているSPACE WiFiですが、縛りなしWiFiと比較した場合どうなのでしょうか。 初期費用 月額料金 1年間の総額 通信量 SPACE WiFi 0円 3,680円 44,160円 1日3GB 縛りなしWiFi 0円 3,300円 39,600円 1日2GB 縛りなしWiFiとSPACE WiFiを比較した時の大きな違いは、• 縛りなしWiFiは 1日2GBで速度制限• SPACE WiFiは 1日3GBで速度制限 となっております。 1日2GBだと、HULUで1時間のドラマを見ると1GB~2GB消費してしまうのでそれだけでポケットWiFiは使い物にならなくなってしまいます。 そう考えると最低でも1日3GBは欲しいので SPACE WiFiの方が速度制限にならずにインターネットを使う事ができます。 縛りなしWiFiの評判&レビュー 2019年4月頃に起きた配送遅延、2019年8月のお盆辺りから起きた速度制限についても口コミを集めました! 対処法も記載していますので、ぜひご確認ください。 8月中旬以降速度が遅い!使い物にならない 縛りなしWiFiの口コミを見るとわかるのですが8月の中旬以降、 ネットに繋がらない速度が遅いというユーザーが増えています。 14日からずっとこの調子なんだが? 問い合わせしても返信なし。 事実か事実でないかというと、 一部端末で実際に起きている事態のようです。 実は8月中旬位までは、SoftBankの1日3GBの制限を設けていなかったようで、1日3GB以上使えていました。 8月中旬以降は1日3GB制限を厳密に設定をしたため、速度制限にかかる人が増えてしまいました。 その場合は、• SIMカードがしっかり挿入されているかの確認• 端末の電源リセット を行ってください。 こちらの方法で速度遅延が解除された例もあります。 それでも速度が遅い場合は、 縛りなしWiFiのお問い合わせフォームよりご連絡ください。 端末の不具合が考えられますので、交換対応していただける場合もあります。 この後のレビューでも記載してるけど、遅くなったという口コミをみてから 僕が利用している縛りなしWiFiの速度を計測したけど、以前と変わらない速度で快適に動画視聴できたよ! 一部端末で速度が遅い不具合が起きていますので、1日3GB以下なのに速度が遅いという場合は直ぐにお問合せフォームから連絡してくださいね! 配送遅延で縛りなしWiFiが届かない!? やっと縛りなしwifiきたーーーーーー 申し込んでから17日、、長かった、、発送されてから届くまでが特に(田舎万歳) 待った甲斐あって、ソフトバンクの最新機種来たよ。 たぶんこの島のほとんどのエリアで使えるはず。 縛りなしWiFiでも、申込みが殺到したため、配送に遅延が起きてしまいました。 配送遅延は最大で2週間前後となっており、 当該時期に申し込みをした一部のお客様は端末の到着が遅れてしまい評判は最悪です。 4月18日時点で配送遅延はほぼ解消されており、申し込みをしましたら通常通り発送されますのでご安心ください。 縛りなしWiFiの運営元「株式会社クーペックス」に確認済みです。 縛りなしWiFiをかばうわけではありませんが、他のWiMAXのプロバイダやレンタルWiFiも3月末から4月上旬は配送遅延が起きています。 口コミや評判でも速度が速いといわれているけど、実際に使ってみてどうだったか、速度の画像付でレビューしていくね! 縛りなしWiFiの速度について 端末 下り速度 上り速度 FS030W(SoftBank) 31Mbps 9. 4Mbps W06(WiMAX) 39Mbps 3. 2Mbps あくまでも私の環境下でのテスト通信ですが、 WiMAXの最新端末W06に対して縛りなしWiFiのFS030Wはほぼ同等の速度を出しておりました。 これでわかった事は、W06は最大速度1. 2Gbpsとなっていますが、実際に家の中で使う分には最大速度はそこまで関係ないと言う事です。 もう少し速度に差がでるのかな?と思いましたが、意外と同等でびっくりです。 そのため、縛りなしWiFiの速度が不安と思っている人もいますが、速度は速く動画がカクカクすることもありませんでした。 9Mbps 新幹線内でも問題なく縛りなしWiFiは速度が出ています。 トンネル内でも圏外になって使えない場合と、使える所も一部ありました。 SoftBankの4G LTEの電波を利用しているため速度は気にしないで大丈夫です! 縛りなしWiFiでAMAZONのPrime Videoが止まることなく快適に視聴できたよ! サポートの対応はどうなの? 私自身不明点があり、何度か電話をしましたが、混雑していたためお問い合わせフォームから質問を入れました。 その日のうちに丁寧な返信があり、質問にもシッカリと回答して頂きました。 電話が繋がりづらいと言うのは評価を下げますが、 お問い合わせフォームの返信が即日対応だったので個人的に高評価です。 以前、JP WiMAXというプロバイダを利用したときに、メールの返信を忘れられるという事があったため、即日対応はかなり嬉しいです。 今後は縛りなしWiFiの電話サポートの窓口が広がってくれると良いですね! 契約書類が手元に一切ないので不安と言う口コミも 縛りなしWiFiは契約すればわかりますが、• USBケーブル• 本体端末(モバイルルーター)• 電源アダプタ 上記の3点しか送られてきません。 通常WiMAXを契約した場合は、契約書類等が届きますが、縛りWiFiでは書類は一切送られてきません。 几帳面な人は大丈夫だと思いますが、 管理が雑な人は「このWiFiどこでレンタルしたっけ?」と言うことにもなりますので、契約先は忘れないようにしましょう。 クーポンコードは存在しなかった 申し込みページにクーポンコード記入欄がありますが、2019年3月の時点でクーポンコードは存在しません。 クーポンを使わなくても1年目月額3,300円、2年目以降は月額2,800円でご利用できますのでご安心ください。 STAR WiFiやSAKURA WiFiではクーポンコードを使わないと月額料金が安くないと言うことも有り、縛りなしWiFiもそうなのかと心配になりサポートに問い合わせをしましたが、現時点でクーポンは一切発行していないと教えてもらいました。 「通常速度を維持するための料金を請求」というメッセージについて 縛りなしWiFiのSoftBankの一部端末において、一定量の通信を行うと「通常速度を維持するための料金を請求」のメッセージが表示されます。 追加の請求が来るのではと驚く人もいると思いますが、 縛りなしWiFiは定額サービスとなっておりますので、追加での請求は発生しません。 有線での利用はできない!? 縛りなしWiFiの端末は、クレードルはついてこないため有線接続はできません。 残念ながら有線での接続を希望の人は縛りなしWiFiは向いておりません。 再契約は可能? 解約後、再度契約することは可能です。 再契約の際は、新規申込時と同じく申込みフォームより必要事項を記入して申込みをしてください。 実際に再契約したけど、問題なく契約できたよ! 前回契約したときは書類が一枚も入っていなかったのですが、今回入っていた書類は• ご案内状(同梱内容等)• 簡易説明書 上記の2枚が入っていました。 同梱内容と実際に届いた内容が違う場合は、サポートにスグに連絡するようにしてください。 縛りなしWiFiが届かないは本当? 縛りなしWi-FiではWiMAXの端末を希望した場合、発送まで時間を頂くケースが多いです。 人によって違いますが、1週間~3週間前後待たされる場合がありますので、 WiMAXを希望するのはおすすめしておりません。 おすすめしない理由として、• 発送が遅い、待たされる(1週間~3週間前後)• ハイスピードプラスエリアモード使用時は別途1,000円前後料金が発生 となっております。 縛りなしWiFiは端末を指定しないと基本的にはソフトバンクの端末が届きますが、 ソフトバンクの端末が嫌だなという人は、時間をかけて待つか、もしくはWiMAXの安いプロバイダと契約したほうが良いです。 WiMAX最安値のプロバイダは下記ページよりご案内しております。 縛りなしWiFiの嘘・本当?運営元の「株式会社クーペックス」に聞いちゃいました! インターネット上で縛りなしWiFiの良い評判から悪い評判まで、たくさん出回っていますが、実際の所どうなのか、運営元の株式会社クーペックスに質問を答えていただける機会がありましたので、その全てを公開します。 Q1.SoftBank端末は1日3GBでの速度制限と記載がありましたが、1日のデータ通信量2GBで制限がかかったという口コミが複数見られますが、これは何故でしょうか。 いくつか原因が考えられます。 縛りなしWiFi側も人員の増加をしてるみたいだから、お問い合わせの対応も早くなるね! Q10.縛りなしWiFiを検討中の人に一言頂けないでしょうか。 縛りなしWiFiは、少しでもお安くモバイルWi-Fiを手軽にご利用いただきたいという想いでサービスを運営しております。 「契約期間なし」「違約金なし」「低価格」という点を重視してモバイルWi-Fiをお選びいただく場合には、自信をもっておすすめできるサービスです。 また、縛っちゃうプランは契約期間の縛りはありますが、縛りなしプランよりもさらにお安くご利用いただけますので、より安くモバイルWi-Fiをご利用いただきたいというお客様にはご満足いただけるサービスになりますので、ぜひご利用下さい。 3年以上利用するなら「縛っちゃうプラン(月額2,800円)」、3年間も使うかわからないという人は「縛りなしプラン(月額3,300円)」がおすすめだよ! 追加質問!2019年9月から1日2GB制限導入ついての真否について 2019年9月より縛りなしWiFiの公式サイトで、密かに変更された情報があります。 それは、 ソフトバンク端末の1日3GB制限が、1日2GBの制限になったことです。 急遽、縛りなしWiFiへ追加で質問させていただきました。 Q11.SoftBank端末は1日3GB使えるという認識でしたが、ホームページ上では1日2GBの表記に変更されています。 この変更はおそらく9月からだと思うのですが、9月から申し込んだユーザーは1日2GBの制限があるのでしょうか。 それとも、既存ユーザーも1日2GBの制限になるのでしょうか。 1日2GBへの変更は9月以降の新規申込ユーザー様が対象となっており、既存ユーザー様は変更が御座いません。 9月から新規に申し込んだ人だけが対象みたいだね!今まで縛りなしWiFiを使ってた人は1日3GB迄利用できるよ! 縛りなしWiFiはおすすめできる? 回線BOYの運営者としても「縛りなしWiFi」はおすすめできます。 月額料金の安さ、初期費用0円、契約解除料0円、解約はいつでもお問い合わせフォームから可能、お手軽に使えるレンタルWiFi、レンタルなのに本人確認書類の提出不要となっております。 注意点は、端末を壊してしまうと高額な費用が請求される点と契約終了後は端末返却必須です。 1日2GBじゃ足りない人へ 縛りなしWiFiは1日2GB迄しか高速通信が使う事ができません。 速度制限になると128Kbps以下とホームページを開くだけでも時間がかかる場合があります。 そこで今人気なのが「SPACE WiFi」です。 SPACE WiFiは毎月3,680円となっており、縛りなしWiFiよりも380円程毎月の料金は高いですが、 1日3GB迄利用可能です。 端末も3日以内に発送とSPACE WiFiの公式サイトには記載ありますが、実際に注文したところ翌日に発送していただけました。 縛りなしWiFiの1日2GB制限じゃちょっと足りない!という人におすすめなのはSPACE WiFiです。

次の

評判悪い?「縛りなしWiFi」利用者の私が10のメリットデメリットを解説!

縛りなしwifi 遅い

今日は 縛りなしWiFiで後悔しないための情報を、お届けしたいと思います。 縛りなしWiFiを契約しようかどうか検討中の方は、どうぞ参考にしてください。 WiFiは家庭でも使われる無線LANですが、これを屋外でも利用できるようにしたものです。 メリットとしては、キャリアのデジタル通信と比べて通信費が安価であるにもかかわらず、速度面においては、通常のインターネットを利用するには問題ないというところにあります。 安く済むので、通信料金を節約する目的として契約するという人が大多数です。 ただ、WiFiもキャリアのデジタル通信と同様に、縛り契約としているものが多く見られます。 そもそも縛り契約とは、一定期間、契約をしてくれることを前提に料金を安くするというもので、上手く使えばお得ですが、その契約期間内に解約をする場合には、違約金を支払わなければなりません。 違約金の金額は、契約してからの期間が近ければ近いほど高額になります。 たいていの縛りの期間は2年から3年ですから、いずれも長期間となります。 このような縛りをなくしたサービスを提供しているのが、縛りなしWiFiなのです。 縛りなしWiFiはその名の通り、 ・契約期間なし! ・違約金なし! ・月額料金を支払うだけで使える! といった特徴があります。 この縛りなしWiFiは、東京都大田区にある「株式会社クーペックス」が提供していて、独自のインフラがあるわけではなく、ソフトバンクやWiMAXなどの既存の通信回線を提供している事業者から、回線枠を買い上げて小売をしています。 つまり格安スマートフォンや格安SIMのWiFi版のようなものと言ってよいでしょう。 通信速度は端末によって異なりますが、150Mbpsから612Mbpsで、通信量制限はソフトバンクで1日3GB、WiMAXで3日で10GBに設定されており、制限時の速度はソフトバンクが128kbpsですがWiMAXは1Mbpsになっています。 縛りなしWiFiのメリットはやはり月額料金を支払うだけで良いというもので、端末がセットになった料金で利用できます。 縛りなしWiFiは既存のインフラを利用しているので、ソフトバンクまたはWiMAXの通信エリアであれば全国どこでも利用することができ、また特殊な契約も不要ですから、簡単にインターネットに接続サービスを月額料金だけで手に入れることができます。 ・ 「縛りなしプラン」… 月額3,300円(税抜) ・ 「縛っちゃうプラン」… 月額2,800円(税抜) この料金は業界最安値の水準にあり、単純に安く利用したいといった場合には、とても魅力的なプランと思うことでしょう。 送料も無料で、注文をすれば即日で端末が発送されます。 ただし注意しなければならないのは、端末に対する扱いです。 端末はレンタルという形になるため、契約解除時には返却しなければなりません。 この時に端末を紛失したり、利用者が原因によって故障や水没などをした場合には弁済金として39,800円(税抜)が発生するため、屋外での利用を想定した場合には注意が必要です。 この弁済金を完全に無くすことはできませんが、月額500円(税抜)の安心サポートプランを追加すれば補償金を10,000円(税抜)に減額することができます。 ただこの安心サポートプランは、契約時にしか加入することができませんので、しっかり頭に入れておいてください。 なお、「縛りなしプラン」の最低契約は1ヶ月間で、契約日から1ヶ月目以内での解約することはできません。 また37ヶ月目に解約手続きをしないと、自動更新となるのでしっかり覚えておく必要があります。 「縛っちゃうプラン」そのものは初期費用、無料期間などは発生しません。 送料も無料で利用することができますが、端末が601HWシリーズに限定されます。 契約期間内に解除しようとした場合には、契約解除料が15,000円(税抜)が発生し、さらに契約残り月数に1,200円をかけた端末代が発生します。 これは「縛っちゃうプラン」では端末が買取になるためで、もし端末紛失・故障水没をしても弁済金は発生しません。 「縛っちゃうプラン」でも、縛りなしWiFiの安心サポートプランに加入が可能で、この場合には故障や水没などによって失われた場合には中古端末ですが無料での交換が可能です。 月額料金2,800円ですから、3年間は利用するのであれば、こちらのプランがお得といえます。 また共通のオプションでモバイルバッテリーを月額300円(税抜)で、利用することができますが、こちらも端末契約時のみの加入になります。 また「縛りなしプラン」でも月額3,300円(税抜)は、同条件下にあるサービスと比べても、安く利用することができるのも大きな魅力といえます。 このあたりはライバル会社が、月間通信量の制限なしの場合、ほぼ同一で4,380円となっているので、どれだけ通信費を節約することができるかお判りだと思います。 また発送にかかる時間も短く、即日または翌日には端末が発送され、到着後すぐに使うことができます。 他の会社が、申し込みから2営業日以内が一般的で、到着までには数日かかりますが、縛りなしWiFiでは最短で翌日から利用することが可能で、この点は大きな違いといえます。 また一般的なWiFiサービスでは、多くは年式が古くなったものや、もともと廉価なシリーズが提供されるものですが、縛りなしWiFiでは、端末が選べないとはいえ、最新のWX05や603HWといった機種が利用できるのも魅力です。 この理由としては、やはり機種を限定することで費用を抑えるというもので、その点がデメリットでもありメリットになります。 ただ、やはり他社との最大の違いは、縛りのないプランがあるということでしょう。 「縛りなしプラン」であれば、最短1ヶ月だけ利用するということもできますし、たいていの場合には3年間縛りとなりますが、それよりも短い期間で解約する可能性がある場合には、縛りなしWiFiは非常に有利になります。 そもそも縛りなしでも月額料金が安いですから、ともかくWiFiを短期間だけ利用したいといった場合は、魅力いっぱいと言えるでしょう。 それに縛りなしWiFiでは、初期費用が掛かりません。 他社ではキャンペーンなどで割引を受けられるといったケースもありますが、キャンペーンは定期的に行われているわけではありませんから、タイミングがマッチしないことも多くあります。 初期費用としては、他社では数千円から1万円前後とさまざまですが、サービスが良さそうでも初期費用が高すぎる場合には、それだけ負担が大きくなるものです。 その点縛りなしWiFiは初期費用がかかりませんから、加入するタイミングに迷う必要はなく、いつでも好きなタイミングで、業界最安値のWiFiサービスを利用することができるメリットがあります。 良い口コミも悪い口コミも、それぞれに縛りなしWiFiが抱えている問題点を知ることができますし、そのデメリットを理解することで、メリットも知ることができます。 また、ご自身がこのサービスの利用に適しているかも知ることができます。 月額3,300円(税抜)は、同業の業界内では最安値水準にありますから、単純に費用を抑えたいといった場合には縛りなしWiFiが選択肢になります。 それに縛り期間がありませんから、いつでも解約できる、手数料もかからないといったことが良い口コミで評価されていました。 一方で縛りなしWiFiは既存の回線を小売りするという形ですから、通信環境に関しては賛否が分かれています。 良い条件の場合には通信速度も速いので、安定して利用できるという口コミが多く見られました。 特にWiMAXの場合には、3日で10GBですし制限を受けたとしても1Mbpsですから、余裕を持って利用出来る点が評価されています。 WiFiサービスでは、通信速度の制限が厳しいものの通信速度が速い回線か通信速度の制限が緩やかでも通信速度が遅いという種類に分かれますが、縛りなしWiFiでは通信速度が安定し、また制限にも余裕があるといった点が高い評価となっていました。 実際のところ、通信回線がWiMAXの3日で10GBやソフトバンクの1日で1GBというのは、WiFiサービス業界では極めて低い水準にあります。 この点でヘビーユーザーからはあまり縛りなしWiFiは良い評価を受けておらず、悪い口コミとして見られました。 ただこの点は、ユーザーの使い方次第といったところと言えます。 縛りなしWiFiの良いと言われているモノやサービスには、必ずユーザーがどこに視点を置くかによって、良い面として評価されたり、悪い面として評価されるものです。 一方で縛りなしWiFiの悪い口コミで将来的なリスクという考え方で書き込まれているのが、サポート対応が悪いことや、破損時の弁償代などです。 基本的にトラブルがなければ、これらは問題にはなりませんが、端末が破損した場合には多額の出費が必要になることを嫌う人もいます。 また端末は在庫限りですから即日契約が出来たとしても、望む機種に在庫がなければそれを選ぶことができません。 この点も、安いからそこの部分は我慢しようという風にならない人たちもいるということです。 このような事から、使用頻度の多い人や、こだわりを持って端末を購入したいといった層からの口コミでは、縛りなしWiFiの評価が分かれる結果となっていました。 サポート対応に関しては、トラブルがなければ大きな問題とはなりませんが、トラブルが起こると、ご自身で解決する必要があります。 若い人であれば難なく解決することであっても、お年寄りでは無理なことがあるでしょう。 ですので、いくら安いからと言って、安易に年配の方々に薦めるのは考え物であります。 それと契約するためにはクレジットカードが必要ですから、クレジットカードを持っていない人はそもそも利用することができません。 また縛りが無いとは言いますが、最低1ヶ月間は解約できませんので、1日単位といった長短期での利用にも向いていません。 一方縛りなしWiFiのメリットは、なんと言ってもその料金が安いということで、初期費用不要で申し込みをしただけで利用することができますし、それに縛りがナシで契約することができるので、短期間での利用ができます。 一方で料金や縛りがない以外の面では、ペナルティなどに関する内容を、よく理解しておかなければ思わぬ出費となるため注意が必要です。 縛りなしWiFiを利用することにメリットがある人は、月額料金をともかく抑えたいケースといえます。 また月額料金が安くなるからといって、ヘビーな使い方をすると通信制限を受けることになるため、比較的ライトな使い方をすることも条件です。 料金面でのメリットは縛り期間を設定することにより、より安くなるのでやはり月額料金の支払いを抑えたい人に縛りなしWiFiは向いているサービスといえます。 それと最新端末の利用にも力を入れているので、新しい機種が使える可能性もあると言えます。 このようなことから、ライトユーザー向けには、非常に強みのあるサービス内容になっています。

次の

縛りなしWiFiのメリットと評判からわかるデメリットを解説【2020年7月】

縛りなしwifi 遅い

space wifiは民泊を営む方向けのWiFiサービスとして有名です。 もちろん個人用としても使うことができます。 space wifiは• 初期費用が0円• 契約の縛りがない というのが最も大きな特徴です。 でも、月額料金や使えるデータ通信量などは他社と比較してお得なのかどうか気になりますよね。 今回は、• space wifiのメリット・デメリット• space wifiと他社と比較してお得なのか• どんな人がspace wifiが向いているのか を解説していきます。 また、 『 space wifiが向いていない人に代わりにおすすめできるWi-Fiサービス』 も紹介しています。 記事を最後まで読んでいただければ、あなたに最適なWi-Fiサービスがきっと見つかるでしょう。 この記事の目次• 月額料金はそれほど安くない• 端末が古い 速度が遅い• 速度制限がある• 解約時には端末の返却が必要• 故障・紛失時の費用が高い• 海外利用はできない それぞれ詳しく解説します。 月額料金 space wifi 3,680円 MUGEN WiFi 3,280円 GMOとくとくBB WiMAX 1~2カ月目3,690円 以降4,263円 MUGEN WiFiと比べると、space wifiは 400円も高いです。 なので、 MUGEN WiFiのほうがコスパは高いです。 GMOとくとくBB WiMAXも月額料金は高いですが、 約3万円のキャッシュバックが手に入ります。 なので、2~3年使う場合は space wifiよりも安い計算となります。 機種 最大速度 space wifi SoftBank回線 Pocket WiFi 801ZT 下り112. 5Mbps 上り37. 5Mbps space wifi WiMAX回線 W05 下り558Mbps 上り30Mbps MUGEN WiFi U2s 下り150Mbps 上り50Mbps GMOとくとくBB WiMAX W06、WX06など <W06> 下り558Mbps 上り30Mbps <WX06> 下り440Mbps 上り75Mbps SoftBank回線で使う「Pocket WiFi 801ZT」は 下り112. 5Mbps です。 WiMAX回線で使うW05は遅くはありませんが、それでもやはり古い機種となります。 GMOとくとくBB WiMAXの最新機種と比較すると• 繋がりやすさ• バッテリー持ち などが劣ります。 しかし、 SoftBank回線は 1日3GB を超えると当日中 速度が制限されます。 WiMAX回線は他社WiMAX事業者と同じく 3日で10GB を超えると 翌日18時~翌々日2時頃まで速度制限がかかります。 これは無制限で使えるMUGEN WiFiと比較するとあまりお得ではありません。 契約最終日から5日以内に端末返却がされない場合、 自動的に契約を1カ月延長とし月額料金を請求 されます。 また、紛失などでそもそも返却ができなくなってしまった場合、• 保証に入っていないと 40,000円• 保証に入っていたとしても 10,000円 の端末弁償金がかかります。 それに比べ、 MUGEN WiFiであれば25カ月以上使っていれば 返却不要です。 GMOとくとくBB WiMAXもレンタル型契約ではないため 返却不要です。 混雑時間帯とか1MB以下になるます。 業者より端末で慎重に選んだほうが良いかもです😇 — なるよし@開運ブロガー NY10150427 しばらく民泊 使ってみたが 最近 異常に速度が遅いので解約予定。 実際 無制限ではなく1日3GBであったし、wifi切れることも多いし。 これで月4000円は高い。 都内の恵比寿でこの速度。 他の時間に計測しても最大2Mbpsしかでない。 ベストエフォートとはいえ、努力の跡は見せろや!!! これから契約する人は、Wimaxのほうがおすすめ DMMのAVを見ようとすると全身モザイクになって全く捗らない。 — オヴィーノ・ケンタウロス pipipi30898949 速度に関する口コミ評判は イマイチなようです。 実際使っているspace wifiの通信ネットワークはSoftBankもしくはWiMAXです。 なので、Wi-Fi業者により差が出ることは基本的にはないのです。 やはり 古い端末だというのが遅い原因かもしれません。 【space wifiがおすすめできる人】• 国内だけで通信できればいい• 短い期間だけ利用する space wifiは海外利用ができないので、 国内だけ通信できればいい人が使います。 海外でも使いたいのであればMUGEN WiFiにしましょう。 そして、• 契約の縛りがない点• 初期費用が0円 という2つの理由から、 短い期間だけ使うのであればベストな選択肢になり得ます。 でも、25カ月以上使うならMUGEN WiFiのほうが断然おすすめです。 MUGEN WiFiは25カ月以上使えば 違約金なしで解約できます。 そもそもspace wifiよりも 月額料金が安い上に端末スペックも上なのでお得です。

次の