妊娠 中 甘い もの。 妊娠中、甘いものはNG?【医師・管理栄養士監修】|妊娠・出産・マタニティ情報サイト

妊娠中甘いものが食べたい?!原因と注意点

妊娠 中 甘い もの

この記事の目次• 甘い物の何がいけないの?ママの体への影響 妊娠中どうしても食べたい甘い物。 甘い物を摂りすぎると、ママの体にはどのような影響があるのでしょうか? ここでは、いくつかの代表的な、体への悪影響についてお伝えします。 糖分は危険がいっぱい!体重増加の原因に 妊娠中の急な体重増加は、ママにとって大きな負担になります。 妊娠中の体重増加の上限は、もともとのBMIにより異なりますが、大体が10㎏前後です。 体重が必要以上に増えてしまうと、ママの体に余計な脂肪がついてしまいます。 特に骨盤周りや、出産に直接関わる体の部分に脂肪がつくと、難産になりやすいと言われています。 あまりにも糖分、塩分の多く含まれるものを摂りすぎた場合、妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性が指摘されています。 妊娠高血圧症候群にかかると、脳出血や子癇 妊娠20週以降に起きる痙攣 、脳血管障害など、ママの命に関わる合併症を引き起こしかねないのです。 ただの体重増加と甘く見ずに、体重増加の裏にあるリスクもしっかりと把握しておきたいですね。 過剰摂取が引き起こす【妊娠糖尿病】 妊娠糖尿病とは、妊娠してから発症する糖尿病のことです。 妊娠糖尿病も、ママや赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあります。 代表的なものが、前項で挙げた『妊娠高血圧症候群』です。 母体への影響としては、羊水の量が増えすぎる『羊水過多』や、逆に羊水が少ない『羊水過少』があげられます。 羊水量が異常になる事で、『前期破水』や『常位胎盤早期剝離』、『早期産』最悪の場合『流産』など、結果として赤ちゃんの命に関わる合併症を引き起こしてしまうことも考えられます。 意外と見落としがち!お口の中への悪影響! 妊娠すると、女性ホルモンが増えます。 女性ホルモンは、菌が増えるのを助ける働きがあるため、妊娠中は特に虫歯になりやすいと言われています。 また、つわりがひどいと、歯磨きを丁寧に行うことが難しく、虫歯菌がどんどん増えてしまうという結果に。 虫歯菌や歯周病菌が体内に入り込むと、早産のリスクが高まります。 これは、喫煙や、飲酒と同じくらいのリスクがあると言われています。 自治体によっては、妊婦さんの歯科検診を無料で行っているところもあります。 積極的に利用して、赤ちゃんを守りたいですね。 見えないからこそ気を付けたい!赤ちゃんへの影響 赤ちゃんが大きくなりすぎる!巨大児の原因に ママが妊娠糖尿病にかかると、必然的に赤ちゃんも高血糖になってしまい、4000gを超える巨大児になってしまうこともあります。 ただ体が大きくなるだけでなく、『新生児低血糖症』『発育不全』『新生児黄疸』など、様々な合併症を引き起こしてしまいます。 巨大児になってしまうことで、難産になるリスクも高まります。 ママと赤ちゃんの体は一心同体。 自分だけでなく、赤ちゃんにも影響があることを頭に入れておきたいですね。 本当に怖い!心疾患を患うことも 前項で巨大児になるリスクをお伝えしましたが、巨大児になる事でもう一つ赤ちゃんへの大きな影響があります。 『心疾患』です 特に妊娠初期に妊娠糖尿病になった母体の赤ちゃんは、先天性心疾患になるリスクが高くなるそうです。 妊娠糖尿病だけでなく、妊娠高血圧症候群も何らかの関係があるのではないかということで、研究が進められています。 心疾患も、症状の軽いものから、泣いたりすると酸素不足でチアノーゼになってしまうもの、命に直接かかわるものまで様々です。 命の危険も!早産の恐れ お母さんへの影響でも前述した『妊娠糖尿病』。 赤ちゃんにも影響があります。 お母さんのおなかの羊水の量が異常になる事で、『前期破水』『常位胎盤早期剝離』になり、結果的に早産を招くことになりかねません。 外の世界で生きていくために必要な、肺や皮膚。 これらが完全に発達しない状態で生まれてきてしまうと、体に障害が残ることも。 最悪の場合、命を落とす危険性もあります。 それでも甘い物が食べたい!そんな時におススメのおやつ 前項では、甘い物の摂りすぎによるママと赤ちゃんへの恐ろしい影響について述べました。 しかし、糖分だって、ママと赤ちゃんに必要不可欠な立派な栄養素です。 量や質を守り、摂りすぎなければ怖い物ではありません。 ここでは、どうしても甘い物が食べたい時におススメの、満腹感も得られて栄養もあるものを紹介します。 赤ちゃんにも嬉しい!サツマイモ サツマイモは、鉄分と食物繊維が豊富です。 お母さんの体は、赤ちゃんに血液を送るため、妊娠するとより多くの血液を作ろうとします。 そこで鉄分は非妊娠時より積極的に取りたいもの。 サツマイモは甘い物を食べたい欲を満たす嬉しい食べ物です。 余談ですが、私は妊娠時に貧血になったことがありませんでした。 産科の先生にも『普通の女性より鉄が多いね!ふつうは鉄が少し足りなくなるものだけどねえ。 何食べてるの?』と聞かれたこともありました。 その時は気づきませんでしたが、元々無類の芋好きで、おやつによく芋を食べていました。 鉄が多かったのはそのせいかもしれません。 おススメの食べ方は焼き芋。 スーパーなどで売っているサツマイモをサッと水で洗います。 水は拭き取らずに、そのままアルミホイルで包みます。 160度のオーブンで90分焼くと、ホクホクの焼き芋ができますよ。 焼きあがるのにかなりの時間を要しますので、何個か焼いて、切って冷凍するのもいいと思います。 芋と一緒に暖かい飲み物を多めに摂ると、ぐっと満腹感がでて、食べすぎを防いでくれます。 たまには手作りも!お豆腐白玉 芋もいいけれど、ちょっとスイーツ感が欲しい時におススメです。 材料は白玉粉、木綿豆腐、氷水のみ。 白玉粉200gに木綿豆腐を小さくちぎり入れ、こねていきます。 生地が耳たぶの柔らかさになるように木綿豆腐を足してこねていきます。 鍋にお湯を沸騰させ、好きな大きさに丸めた生地をお湯に入れます。 そのまま沸騰させ続け、お団子が浮いてきたらそこから2分待ちます。 2分経ったら、団子を氷水にサッと上げ、水気を取って出来上がり。 味付けは、きな粉がおススメ。 お豆腐ときなこで、体を作るのに必要なたんぱく質が摂れます。 やはりここでも、温かい飲み物と一緒に食べると、食べすぎを防いでくれます。 噛み応え十分で満腹感も!ドライフルーツ ドライフルーツは、糖質はとても高いと言われています。 しかし、フルーツをそのまま食べるよりは噛み応えがあり、体を冷やさないのでお勧めです。 中でも、ドライイチゴは、妊婦さんに嬉しい葉酸も豊富に含まれています。 最近は、砂糖を使っていない無添加の物も売られています。 ただ、糖質はぐっと上がるので、おやつに何個も食べるよりは、口さみしい時に一粒食べる様にするといいでしょう。 ストレスを溜めないよう、適度に甘い物を楽しもう! 妊娠中はどうしても食べたくなる甘い物。 摂りすぎると、ママと赤ちゃんにも悪影響ですが、糖分だって大切な栄養素。 摂りすぎのリスクを知り、量を守り、良質なものを食べることで、体にいい影響に変えていきたいですね。 我慢しすぎてストレスを溜めないように、適度に楽しみたいものですね。

次の

妊娠後期に甘いものがやめられない!甘いものを食べたいときの注意点とおすすめスイーツ

妊娠 中 甘い もの

まずは、糖質制限ダイエットの仕組みを知ろう! 食事において、糖質を制限するという、糖質制限ダイエット。 糖質は減らすけれど、糖質以外は、カロリーを気にせず自由に食べてもよいとされるダイエットです。 そして、 糖質制限ダイエットの仕組みは、大きく分けて二つ。 その仕組みを1つずつ、ご説明していきますね。 中性脂肪がエネルギー源になる 人は体内に糖が足りなくなったと感じると、体内に蓄積されていた中性脂肪を分解してエネルギーを作りだす仕組みが。 「インスリン」の分泌も抑制される 糖質をとると、血中の糖質量が増えてしまうことから、糖質量を抑える働きをする「インスリン」が分泌されるわけですが、糖質制限をする(糖質を摂らない)と、 血中の糖質量が増えないことから、 インスリンが分泌されにくくなる、という仕組み。 そのため、肥満ホルモンと言われるわけですが、肥満ホルモンがそもそも分泌されなければ、 糖質が脂肪として蓄積されることもなくなるので、結果として太りにくくなるというわけ。 妊娠中の甘いもの、毎日食べてしまうのは、実は良くないの? 妊娠中の甘いもの、毎日食べてしまうのは、実は良くないのでしょうか?糖質制限の観点からいうと、甘いものは要注意すべき対象。 なぜなら、甘いものは糖質を多く含み、太る原因になるのだから。 では、1日にどれくらい糖質を摂っているか、ご自身の食生活を、以下チェックリストを使って、チェックしてみましょう。 チェックリスト• 野菜不足から、野菜ジュースを買って飲むことがある• スポーツ飲料を飲む習慣がある• お菓子といえば、チョコレートやせんべい、クッキーなどが定番• ドライフルーツをよく摂る 上記のなかに当てはまるものがあるでしょうか? 1つでもある場合は、糖質を摂りすぎている可能性が大。 このチェックリスト、すべてが甘いもの? さて、このチェックリストにあるものは、すべてが甘いものでしょうか?いやいや、味覚にもよりますが、すべてが甘いものというわけではありません。 ですが、驚くなかれ、 実はすべて糖質を多く含んでいるもの。 チェックリスト内の糖質について• 野菜ジュース: にんじんなどの根菜類には、糖質が多い。 (少し甘味を感じるかな?)• スポーツ飲料:水分を乾燥させてみると、なんと! 砂糖を含む糖質が残ります。 麺類+チャーハン:麵はそもそも糖質の塊、チャーハンの ご飯は噛んでいると甘くなりますね。 チョコレートやせんべい、クッキー:チョコレートには甘味があり、クッキーは砂糖が入っています。 せんべいは、お米から作るので糖質は多いもの。 ドライフルーツ:ドライフルーツは、その名の通り、フルーツから水分を抜いたもの。 果物には、果糖、ブドウ糖、ショ糖、ソルビトールなどが含まれています。 表面が白くなるのはこれらの 糖 が含まれている、何よりの証拠。 いかがでしたか?• 甘いものは当然、砂糖などの糖質が含まれている。 甘さを感じないものであっても、結構糖質が含まれている。 ことが分かったと思います。 妊娠中の甘いもの、毎日食べてしまうのは、実は良くないの? 日本人の通常の食生活では、ご飯やパン、麺類を摂ることが多いので、それだけで1日の糖質必要量の上限を、軽々と超えてしまうもの。 そこで、甘いものを毎日食べつつも、太らないようにするには、• 主食の量を減らす• 主菜やおやつをよくチェックして、含まれる糖質を減らす これを徹底する必要がありますね。 せっかく主食を減らしたのに、甘いもので摂取する糖質量が多くなってしまっては、主客転倒となり、糖質過多でもあり、よくはありませんので、気を付けたいもの。 糖質摂取量の上限を意識しつつ、甘いものを毎日食べるのはできるだけ避けること。 代わりに、糖質を抑えた甘いものを量を決めてたべるようにする、を心がけたいですね。 妊婦の糖質必要量は、どれくらいが適切? これまで、妊婦の糖質必要量は、どれくらいが適切であるか、過去の記事にも記載があります。 この記事では、甘いものに焦点をしぼり、摂ってよい糖質量を確認していくことにしましょう。 和菓子は洋菓子より、糖質が少ない!? 一般に、和菓子は洋菓子よりカロリーが少ないとされますね。 では糖質については、どうなのでしょうか? 答えは、 和菓子も洋菓子同様に糖質が多い、です。 答えは、 甘くないものにも、糖質が多いものはある、です。 せんべいやあられは、お米が原料。 お米は糖質が多いので、当然これらも糖質は多くなりますね。 (参考:下表) 食品 カロリー 糖質 アイスクリーム 224kcal 22. 2g 大福 165kcal 35. 2g 果物は糖質が多いもの? 果物はビタミンが豊富で体によいとされる食べ物。 果物には、果糖、ブドウ糖、ショ糖、ソルビトールなどが含まれています。 果糖は、血糖値を上げにくい一方、肝臓で体脂肪として蓄積されやすい特徴が。 そのため、適量を守らずに食べてしまうと、あっという合間に太るもの。 果物における、糖質の目安量は、5~7g。 それぞれの果物ごとの糖質量については、以下表をご参照ください。 果物名 糖質含有量と適量 アボガド 1. 5g(1個) イチゴ 3. 5g(3粒) イチジク 10. 5g(1個) かき 33. 8g(1個) グレープフルーツ 12. 2g(5粒) スイカ 13. 6g(30g バナナ 47g(1本) ぶどう 21. 3g(45g メロン 14. 5g(1個) ドライフルーツの糖質には、注意が必要? 前述の通り、果物には糖質が多いもの。 ではドライフルーツはどうなのでしょうか。 ドライフルーツは水分が抜けた分だけ、単位g数あたりの糖質は多くなっている食品の代表例でもあります。 食品 糖質量 ふどう(1房140g) 21. 3g 干したぶどう10g 7. 7g 食品 糖質量 バナナ(1本220g) 47g バナナチップス15g 10. 7g 甘くないものは、糖質が少ない!? 甘いものは砂糖を含むので糖質が多い、これはよく分かりました。 では、甘くないものは、糖質が少ない、と考えてもよいのでしょうか? 答えは、 甘くないものにも、糖質が多いものがある、が正解です。 せんべいやあられは、お米が原料。 お米は糖質が多いので、当然これらも糖質は多くなりますね。 (参考:下表) 食品 糖質 あられ15g 12. 4g 塩味せんべい2枚 12. 3g ポップコーン(ひとつかみ) 6g ポテトチップス(ひとつかみ) 7. 6g 妊婦さん必見! 体重管理に悩むのを終わらせるには? 妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。 できれば、和食• 塩分は控えめ• 栄養はあれど、低カロリーなものを• これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・ ・・ 1日3食、しかも毎日。 はっきり言って、大変です・・・・。 もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。 ご飯を作る時間が省略できて、その分、 自由な時間を確保。 夢にまで見た、 しっかり食べても太らないが実現。 もう、 体重増えすぎの心配をしなくていい。 安産を迎えることができる! 食事作りは、まるっとプロに任せ、 体重増えすぎの ストレスから、ご自分を解放してあげましょう。 さて、 妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。 もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。 ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。 すべての妊婦さんに必見の映像です。 いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。 「 糖質過多は太る原因。 妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。 また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。 」 ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、 糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。 ・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。 だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。 その代わり、 食べる量はしっかりとって大丈夫。 糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。 これぞ、 夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。 最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。 糖質90%オフの NOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん。 砂糖不使用など、もちろん、 調味料に至るまで糖質計算に配慮。 新メニューも定期的に追加。 だから、飽きることもありません。 糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。 だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、 そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう! あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。 電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。 また、甘いものには糖質があるので、妊娠中に適量を守らず、毎日食べてしまうと、立派に、太る原因となって、やっぱり良くない。 そこで、毎日甘いものを食べたいと思うなら、果物の適量を守ったり、糖質が少なく甘いものを常備するようにしたりするのが、おすすめ。 プチ糖質制限ダイエットによって、 今までよりずっと楽に体重管理に取り組めるようになり、 あなたの妊婦さんライフが、もっともっと素敵になりますように! 食べて太らないとなるよう、応援しています!.

次の

妊娠後期に甘いものがやめられない!甘いものを食べたいときの注意点とおすすめスイーツ

妊娠 中 甘い もの

オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類がおすすめ 冷凍フルーツ バナナやパインなどを一口大に切って冷凍しておくと、おやつが欲しくなったときにつまむことができます。 また、凍らすことで食べるのに時間がかかり、一度に大量に食べてしまうことも抑制できます! 丸ごと凍らすと変色しがちなものや柔らかいものは、難しいのでは?と思ってしまいますよね? フルーツを細かく刻んでミックスしておいて、ア イスキューブに入れて冷凍庫で冷やして固めるのがおすすめです。 夏場、アイスクリームが食べたくなった時に特におすすめな食べ方です。 口に入れてゆっくり溶かすようにすれば、甘いものがほしい気持ちを満たすことができます。 カロリーの低く栄養価のあるクラッカーなどに挟んだら、クッキーサンドのようなおやつにもなります。 甘いものの誘惑対策2. ジュースが欲しい時のおすすめ 野菜やフルーツを一緒にジューサーにかけて、スムージーにしてみてください。 鉄分補給に! 小松菜などは少しレンジで熱を通します。 しっとりした小松菜をバナナやリンゴとミックスすると、とても栄養価の高いスムージーになります。 腹持ちの良いスムージーが欲しい! 牛乳や豆乳などを好きなフルーツと混ぜてみるのもとてもこっくりした味になります。 腹持ちもよくなり甘いものを食べたい気分を満たしてくれます。 ココナッツミルクやヨーグルトを足してみると、まろやかになりクリーミーなババロアをイメージした飲みごたえになります。 カロリーが跳ね上がります。 繊維質と栄養価たっぷりのスムージーを! ニンジンやほうれん草、火を入れて柔らかくしたかぼちゃなども積極的に取り入れてみませんか? 栄養価の高い野菜も上手に取り入れて、自分の好みのスムージーを考えてみるのも楽しいと思います。 妊娠期は太ってはいけないけれど、いろんな栄養素を摂らなければいけないのも事実ですよね。 サプリメントに頼るより、新鮮な野菜と果物スムージーはおすすめです。 ドライフルーツや、ミールの歯応えをゆっくりと楽しむことによって、満腹中枢を刺激してくれるので食べすぎも抑えられますね。 栄養もしっかりとれ、アレンジ次第では毎日楽しめます。 豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きで、妊娠で荒れがちな肌を健やかに保ってくれます。 ヨーグルトと食べて、カルシウムと善玉菌を! ヨーグルトを混ぜると甘さと酸味が爽やかになります。 カルシウム対策や便秘対策にもなっておすすめです。 余った時のアレンジ法 おからを混ぜてクッキー生地を作り、焼くと、簡単でヘルシーなクッキーになります。 パンケーキ風にアレンジすることもできますね。 ノンカフェインのコーヒーを揃えてカフェタイムを楽しめば、気持ちにもゆとりがもてますね。 我慢しきれず、ケーキを食べてしまったこともありましたが、素直に体重はそのたびに増えてしまっていました。 フルーツをそのまま食べるのも良いですが、やっぱり甘いものを食べたという気持ちに浸りたく色々アレンジしていました。 ゼリーにしてみたり、豆乳やヨーグルトを足してコッテリ、マッタリ感を感じられるように工夫していました。 ヘルシーなクラッカーなどをプラスして歯応え良くして、よく噛むようにもしていました。 おしゃれな器に丁寧に盛り付けてみるのも、ティータイムの気持ちを高めるのによかったと思います。 (くーちゃん・40歳・9歳息子・大阪府在住) 4. 体重計に乗って現状把握をわすれずに。 なにより大切なのが、 毎日体重を計り体重の増加を常に把握しておくことです。 体重を計るタイミングは可能であれば毎日同じ時間がおすすめです。 体重を計るタイミングとしては、起床して排尿した後が一番いいタイミングです。 切迫早産などでドクターストップがかかっていないなら一番良いのは運動です。 マタニティーヨガやストレッチ、マタニティースイミングなど色々なマタニティー向けアクティビティーがあります。 けれども、体力作りや安産をしやすい身体づくりのためにも、 手軽に始められるウォーキングがおすすめです。 もちろん妊娠中の運動には制限がありますので、産院の医師に相談してみてくださいね。 いつもより少し歩幅を広くして歩けば、股関節のストレッチにもなり一石二鳥です。 でもお腹の張りが強くなった時や、痛みを感じた時などは、すぐに中止してください。 急激に体重が増加してしまったら… 妊娠中の体重増加をおさえるためには、毎日の食生活を見直す必要があります。 まず食べた物、食べた時間を書き出してみませんか? 出産するまで毎日書きだす必要はないです。 けれど、体重増加があった時は1週間程度食事内容をチェックしてみることがおすすめ。 書き出してみると なにげなく食べている自分の食生活の傾向が見えてきます。 例えば、脂っこい物や甘いデザートを食べている頻度が高かったり、夕食のボリュームが多かったりなどです。 野菜が不足していて、偏った食事内容になっていることにも気が付くかもしれません。 書き出してみると、健康的な食生活を送っていると思っていても意外な落とし穴や体重増加の原因が分かってきます。 脂っこい食事が多い方は、野菜中心の食生活になるようにメニューを見直してみてください。 ただ野菜といってもサラダだけでは飽きてしまい長続きしません。 温野菜や薄味の煮物などがお勧めです。 こうした野菜を食事にとるとボリュームがでて、満足感が得られると思います。 もしデザートが止められないときは、思い切って外出するのがいいと思います。 家にいるとどうしても、デザートの甘い誘惑に負けてしまいそうになりますよね。 気分転換も兼ねて、お散歩してみてください。 先輩ママの体験談.

次の