ズーイー デシャネル。 ズーイー・デシャネル

Zooey Deschanel

ズーイー デシャネル

常に美しさとスタイルの良さが求められるハリウッドの世界。 最近では女性セレブのお腹周りが少しでも膨らんでいるように見えれば「妊娠か!? 」、はたまた「激太りか!? 」と騒ぐほどにボディイメージには極めて敏感である。 そんな兆候について、ある女優がインタビューにて苦言を呈した。 32歳とは思えないほどあどけない可愛らしさが魅力の女優。 女優、シンガー、そして現在アメリカでシーズン2が放映中の主演ドラマ『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』のプロデューサーをも務める彼女が、女性誌『GLAMOUR』のカバー&インタビューに登場。 今のハリウッド世界に生きる女性の体型について語っている。 「私が見てきた限りでは、昔に比べて女優の体型は明らかに細くなってきているわ。 デブラ・ウィンガーやダイアン・キートン、そしてメリル・ストリープ。 私が憧れた女優はみんな美しかったけれど、そこまで細くはなかった。 でも、今の多くの女優は不健康なほどに細過ぎる。 以前にも素晴らしいプロポーションを誇る女優のジェニファー・ローレンス(22)が「」と発言し話題になった。 しかしズーイーはそのハリウッドの基準に対し、意外な言葉を放つ。 「実際のハリウッドでは、みんなが思うよりも体型の許容範囲は広いのよ。 だから、ハリウッドで成功するために拒食症になるほど痩せる必要なんて全くないの。 自分の姿を鏡で見てイヤじゃなければそのままでいい。 私だってそうなんだから。 」 昨今では若い女性達がモデルや女優の体型を目標に、無理な減量を行うことが問題となってきている。 ズーイーといい、ジェニファーといい、こうしてハリウッドで成功し自然な健康美を保つ人気女優が「無茶なダイエットはダメ」と次々に声をあげていけば、今後のハリウッドのボディイメージも徐々に変わっていくのかもしれない。 (TechinsightJapan編集部 ピーリング麻里子).

次の

ズーイー・デシャネル

ズーイー デシャネル

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 出身。 名前のズーイーはの著作『』(Franny and Zooey)の登場人物「ゾーイー」に由来する。 父親は映画の、母親は女優の、姉のも女優である。 で学んでいたが中退している。 キャリア [ ] 舞台で経験を積んだ後、1999年に『』で映画デビューを果たす。 翌年には『』に主人公の姉役で出演。 この作品が注目を浴びたことから、デシャネルへの評価も高まった。 2003年公開の『All the Real Girls』で最優秀女優賞を受賞した。 にも積極的に出演しており、今、最も活躍している若手女優の1人である。 また、やを弾き、映画の中で歌ったこともあるが、2006年にのM・ウォードとを結成して本格的に音楽活動を開始。 2008年3月18日にデビューアルバム『ヴォリューム・ワン』をリリース。 ボーカルの他にも作曲、編曲、ウクレレやオルガンを演奏し、女優業と共にミュージシャンの活動も継続して行っている。 2014年3月ごろ、ズーイーが赤いを背負った写真が出回り、若い人たちの間でもランドセルを身に着けることの流行のきっかけの一つとなった。 私生活 [ ] 2008年12月にロックバンドのフロントマン、ベン・ギバードとの婚約が発表され、その後結婚するが、2011年に別居し、2012年12月に離婚が成立した。 2015年にジェイコブ・ペチェニックとの間に第1子となる女児を出産し、結婚。 2017年5月に第2子をもうけるが2019年9月10日に離婚。 De Vries, Hilary 2002年9月15日. The New York Times. 2007年12月1日閲覧。 女子大生のフラニーとすぐ上の兄で俳優のゾーイーの物語で、ゾーイー/ズーイーは男の名前。 シネマトゥデイ. 2012年12月19日. 2013年1月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年8月4日. 2015年8月4日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (英語).

次の

ズーイー・デシャネルの年齢身長プロフィール&結婚子供についてとかわいいファッション画像まとめ

ズーイー デシャネル

大口広げて笑えるようなシーンは無く、コメディを期待して見ると肩透かしを食らいます。 かと言ってドラマとして見ても中途半端で、グズグズしたやり取りが延々と繰り返され、終盤にかけてはご都合展開で無理矢理まとめられ、あっけなく終わってしまいます。 結局何だったのか?そのくせエンディングにはNGシーン集なんかつけて、無性に腹が立ちました。 いや、きっと見る時期が悪かったんでしょうが、こういう馬鹿が自粛もせずに旅行に出かけたり、ろくに調べもせずに政治批判をしてたりするんだろうなあと、終始冷めた目線で眺めていました。 さて、作中の主人公の台詞に「まずは人を信頼すること」「こっちが疑いを捨てれば相手も応えてくれる」「信じていれば必要な時に助けてくれる」というものがあります。 ここから読み取れるのは、このお兄ちゃんは決して生粋の正直者ではなく、他人への疑念もあれば激情にも駆られる普通の未熟者だが、その気持ちを信条で塗り潰して生きている、という点です(見返りが前提にあるのもちょっと浅ましい)。 この話のテーマとも言うべき台詞だとは思いますが、もしそうなら、それをこの主人公に言わせるのはちょっとマズかったですね。 人間誰しも嫉妬心があるもので、芸能人がしょうもないゴシップで過剰に炎上するのも、メディアの政治批判が(有事の際には特に)持てはやされるのも、根本にあるのは相手を羨ましく思う気持ちがあるからです。 「偉そうなこと言いやがって」 「お高くとまりやがって」 「どうせ俺らと大して違わないくせに」と。 だからちょっとでもボロが出た瞬間に「それ見ろ!」と叩き始めるわけですね。 こういったご高説は、それなりに徳を積んだ本物の大人や、純粋無垢な子供に言わせないと逆効果です。 ただのヒッピーがそれっぽいことを言っても「お前が言うの?それ」と箸にも棒にも引っ掛かりません。 また疑いは、想像力の源でもあります。 それを捨てるということは、他人への想像力が欠如したただの厄介者でしかありません。 このお兄ちゃんは盲目的にそれをやっているのが尚更たちが悪い。 AmazonPrimeでは「超正直ものの天然男」と紹介されていますが、私には自分と向き合わず思考停止した「負け組」としか映らず、何の共感も救いも得られませんでした。 ヒッピームーブメント、フラワーチルドレンの生き残りのような男ネッド。 人がよすぎてバカ正直故に損をすることが多く、警官の点数稼ぎの罠に引っかかったり、彼女には逃げられ、しかもネグラまで失う羽目に。 理解者は無力の母親と犬のウィリー・ネルソンだけだった。 だが犬とも別れることに…。 リズ、ナタリー、ミランダ3人の妹たちにも疎まれている。 原題からして「私たちのおバカなアニキ」。 今時ヒッピースタイルでしかも子供の前でアレやったら「大人になって」と叱られても致し方ないわな。 セックスレスで夫とは冷め切った関係のリズ、バイセクシャルのナタリー、駆け出しジャーナリストのミランダ。 彼女たちの家庭や、仕事に関わって本人の意志ではないがバカ正直な性格によって波紋や迷惑をかけることになる。 だが実際には基本的にネッドは善人で、周囲の人間の欲望、身勝手な思惑や打算こそが問題であり、それが暴かれてしまうことでネッドを悪役に仕立てて逃げているだけであった。 リズはネッドが目撃した夫の浮気が原因で家庭崩壊の危機に。 ミランダはネッドから得た情報を記事にすることでスクープを狙うが思い通りに行かず社内で窮地に。 ナタリーは男と寝て妊娠してしまいパートナーのシンディを裏切ったことに苦しむが彼女に真実を話せずにいた。 ネッドはシンディの協力でウィリー・ネルソンの奪回を計画実行するがナタリーのことが露見し、見事に失敗。 皆、それぞれ悲惨な状況に。 妹たちに責められ遂に切れるネッド。 妹たちもさすがに反省し、ネッドの代わりにウィリー・ネルソンを取り返す。 正直に生きることは難しいが人として大切なことであるという実にベタな教訓物語であった。 正直者が損ばかりするどっかの国の人間には理解できない映画だったかもしれない。 ウィリー・ネルソンのガールフレンドがドリー・パートン(元祖山女)なのには笑った。 全体的にテレビドラマレベルの出来だったが物語は面白かった。 ただネッドを徹底的に狂言回しにして妹や周囲の人々の人間模様を描いたドラマにしてもよかったのではと感じた。 ポール・ラッドの芝居のうまさに感心した。 おバカ兄ちゃんを見事に演じていた。 あれが素だったら目も当てられないがw ほかのキャストも普段とは異なるファッション、メイクで臨んでおり、面白かった。 ディクシー・チックス、ドリー・パートンの名が出てきただけでも嬉しかったが、ラストにキャロル・キングで〆るあたり、個人的に音楽的趣味が気に入った。 序盤の始まり方がめちゃくちゃ好きです。 刑務所の刑期を終えて、なんか色んな人から、割と暖かく見送られながら自宅に帰って来る時の、 天気の良い郊外を散歩してる感じ笑 またあの場面で流れてる、『幸せの黄色いリボン』て曲が素晴らしく良いんだよね笑笑 幸せな感じなんだよね。 あの感じ笑 『悩みが無い』と言うか…笑 それにしても、あの兄貴も確かに若干ダメな人なんだけど、 それ以上に他の姉妹達がより『ダメな感じ』がしてしまうのは何故なんだろう笑笑 兄貴が基本『自然体』で、 姉妹達が『見栄』で生きてる分、 あの考え方や『人生観』じゃ、 結局いつまで経っても、『幸せにはなれないよ』。 って事なんだろうか…、、 ちなみに『トロピックサンダー』って映画の、『イギリス人の監督(かなり序盤で死ぬ)』人が、この映画に出てたけど、 『その時の役と全然違う役柄』で、 なんかちょっとショックだったw 個人的に『レズの子』の話しが、1番気持ち悪かったかも笑 何か妙に『ドロドロ』がリアルで笑 まあ、ちゃんとコミカルなんだけど。 結構コメディーな感じで、自分としてはテンポも良く、 若干どこか『ノスタルジックな感じ』がして、好きでした。 自分はおススメの映画です。 ポール・ラッドが、目を見たら確かにポール・ラッド!と何とかわかる髭もじゃ長髪のヒッピー姿で、気がよすぎて大迷惑な憎めないボンクラを演じ、その迷惑を被るのがズーイー・デシャネル、エリザベス・バンクス、エミリー・モーティマー(これは私の個人的な好みの順番です)の個性的魅力的な3姉妹というそれだけで絶対に見たくなる映画。 しかしタランティーノ監督が自身の年間ベスト10に選んだということからどんなにまた風変わりなものかと思うと肩透かしをくう位、いかにもミニシアターでかかっていそうなほんわかした洒落た小品でした。 始まりこそ制服警官に大麻を安く譲ってあげるというずっこけブラックなエピソードからなのですが、精神年齢の低さゆえの甥っ子やら同類のボンクラとの友情物語や、ピュアすぎるゆえに倦怠期夫婦や仕事に非情なキャリアウーマンやバイセクシャルな複雑な関係を引っ掻き回しながら癒していくという展開は、かっちりとしたドラマとして魅力のあるものでした。 その分腹をかかえて笑う準備をしていると、クスクス笑いのまま実に見事なラストに着地してしまうのが物足りないと言えば物足りないかな。

次の