千と千尋の神隠し都市伝説ハク。 【その後】ハクは八つ裂き、それとも…?「千と千尋の神隠し」の裏話

千と千尋の神隠しにまつわる都市伝説や謎!

千と千尋の神隠し都市伝説ハク

急いでいたはずがトンネルを見つけるやいなや、無邪気に入っていき母親は「車にあったサンドイッチを持ってこればよかった」と発言さえしています。 これは 「千尋達は事故に遭い、瀕死状態の中臨死体験として異世界の夢を見ている」という説を考えればこの違和感は解消されます。 トンネルは臨死体験をした人達が天に向かうトンネルであり、日暮れから現れた大きな川が「三途の河」です。 戻ろうとした時には川になってしまい「この世」には渡れなくなってしまったのです。 」といったもの。 実はその先のラストシーンを見たとファンの間では囁かれています。 両親が食べた食事は 「神様のおもてなしの料理」であり、 「迷い込んだ人間を罠にかけるもの」とも考えられます。 豚になったのは、 「豚のように欲望のままに食べ物を貪り尽くし、罠にかかった結果「喰らい尽くされる側」となったと考察されています。 宮崎駿監督は、バブル時代「喰らい尽くされる側」の人たち 豚そのものになってしまった人)が多く存在していて、今でもそのことに気がつかずに「不景気だ、餌が足りない」と言い続けているとコメントしています。 貪欲であり欲に忠実な愚かな人間の象徴をあらわしているのが豚なのです。 早い話、後先をしっかり考えて行動しろとも取れますよね。 宮崎駿監督は 「カオナシは誰の心にも存在する」とコメントしています。 カオナシは思春期の心の象徴であり、 不安や恐れといった思春期のもやもやとした感情がデフォルメしてあらわれた存在だと言われています。 千尋は最初はカオナシを拒んでいましたが、のちにカオナシを鎮め、招き入れることでひとつ成長するのです。 のちに宮崎駿監督による後付けされた冗談であると明かしています。 ですが並んだところを見ると目元やなで肩具合が似ており、「確かに似てる!」と思わずに入られません。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がモチーフとなっているといわれています。 銀河鉄道では、死者を天上へと運ぶ汽車であり乗客や車掌は黒く描かれています。 また周囲には何もない闇の中に線路が続いており車窓から草花や星々が見え、時折プラットホームだけの駅が現れるといった類似点が千と千尋にも見受けられます。 銀河鉄道の夜がモチーフとなっているのであれば、 千尋達が乗った乗客や車掌も死者ということになります。 宮崎駿監督はこの美しい風景を「千尋にこの世界にもきれいなところはあると知ってもらいたかったから描いた」とコメントしています。 世界の汚い面に翻弄されたとしても、少し外に出てみれば綺麗な世界があると我々にも伝えたかったのではないでしょうか。 宮崎駿監督は 「これだけ経験を経てきた千尋は両親がいないことがわかる。 なぜわかるか、でもわかるのが人生ですよ。 」とコメントしています。 湯屋で多くを学んできた千尋は、生還するためにこれまでに培ってきた智恵を使ったのではないでしょうか。 例えるなら、仕事のノウハウがある人とない人ではその結果はまちがいなく違います。 日本はすべて風俗産業みたいな社会になっているじゃないですか」 宮崎駿監督日本版プレミア誌上コメント 宮崎駿監督はそうコメントしています。 大人の社会にまだ子供である千尋がぶつかっていき心身ともに成長する物語として描きたかったのではないでしょうか。 「千」とつけられた名は源氏名といわれると納得してしまいますね。 本来は「萩野千尋」ですが、契約書に書いた名前は「萩」の「火」の部分が「犬」になっているのです。 そのおかげで本来契約は成立しておらず、千尋は元の世界に戻れるようになったともいわれています。 千と千尋の神隠しのその後はどうなる? ハクは千尋を元の世界へ返すことができます。 別れ際「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」とセリフを残します。 幻のラストシーンのようにハクが龍神として新しい小川に戻ってくれるのが一番幸せなおわりではありますが、ファンの間では「すべてのことはルールに従わなければならない」ため「八つ裂きにされる運命」を受け入れているのでは?と推測されています。 ハクの手が最後まで名残惜しく残るシーンは宮崎駿監督が「二人の永遠の別れを表現している」という記述が残されているようです。 千と千尋の神隠し都市伝説裏設定まとめ まだまだ探せば多くの都市伝説や裏設定がありそうですよね! 何度見ても新しい発見がある千と千尋の神隠し。 裏設定や都市伝説を知った上で視聴するとまた違った観点で楽しめるのでおすすめです。

次の

【都市伝説】千と千尋の神隠しの幻のエンディング!ハクの八つ裂きシーンは存在する?|RealVoice

千と千尋の神隠し都市伝説ハク

僕は『耳をすませば』が好きだなぁ。 タイトルは『千とちさとの神隠し』の予定だった 『千と千尋の神隠し』は当初『千とちさとの神隠し』というタイトルの予定でした。 もともとこのストーリーができるきっかけとなったのは、宮崎監督の一家と、プロデューサー一家、そして『紅の豚』のポルコのモデルになった佐伯さん一家でキャンプに行ったときの出来事が発端なんです。 キャンプ中、佐伯さんの娘・ちさとちゃんの靴が川に流されてしまったそうです。 それを皆で拾おうとして全員がずぶぬれになって大笑いしたと言うことがありました。 宮崎監督はその出来事で元気を出し、笑いをくれたちさとちゃんに対する感謝の気持ちでタイトルを『千とちさとの神隠し』にしようとしていたそうです。 しかし、ストーリー制作が進むにつれ物語の方向性が変わってしまったため、最終的に『千と千尋の神隠し』というタイトルに決定されました。 湯婆婆の経営している温泉は「風俗」がモデル? (画像参照元:) 何気なく『千と千尋の神隠し』を観ていると、結局のところ異世界に迷い込んだ少女が、両親を元の姿に戻し人間界に戻るまでの話、で終わってしまいます。 しかし、湯婆婆の経営している油屋(銭湯)で千尋が「湯女」として働くことになったという部分で、歴史に詳しい人ならピンときた人がいたのではないでしょうか。 この「湯女」、何もしらなければお風呂担当で、お風呂掃除などをしているんだろうと思う人が多いと思います。 しかし、日本の歴史を見てみると「湯女」とは「遊女(売春婦)」のことを指す言葉なんです。 そして赤い提灯は居酒屋と言うイメージを持つ人が多いですが、世界共通で「売春宿」の目印にもなっています。 そして作品中の油屋の家具などの配色を見ていると、江戸時代の遊郭のようなデザインになっているんです。 また湯屋の屏風にはっきりと「回春」と書かれているものもあるので、「湯屋=風俗」説は当たっているといえます。 「千」は源氏名? さて、『千と千尋の神隠し』が裏設定で風俗を題材にしているとすると、初期タイトルが変更になった謎もわかってきます。 遊郭には本名とは別に遊女に着けられる「源氏名(げんじな)」というものがあります。 わかりやすく今風にいうならホステスなどのお店での名前ですね。 「ちさと」が「千尋」に変わった理由ですが、「千」が遊郭でいう源氏名に当たるのでは?という説が流れています。 ストーリーを練りこんでいくうちに、風俗を裏テーマにすることに方向性が変わったというのならそれも納得できますよね。 宮崎監督の発言にも風俗に関するものがあった! 油屋が風俗をモチーフにしているという仮説を裏付けるものとして、有力なのが宮崎監督自身の発言です。 『千と千尋の神隠し』のインタビューを受けていた時に、宮崎監督は今の世界を描くのに1番ふさわしいものが何かを考えたそうです。 そしてその結果、まるで風俗産業のようになっている日本を表現するならやはり風俗産業がぴったりだというように思ったそうです。 性的な意味合いは別としても、そういう目線でこの作品を見てみるとまた違った解釈などが出てきて面白いかもしれません。 実は原作となる作品があった? これは、意外と知られていない話なのかもしれません。 『千と千尋の神隠し』には、実は宮崎監督の考案したネタのほかに原作になったのではないかという作品が存在しています。 講談社の青い鳥文庫や電子書籍などで公開されている『霧のむこうのふしぎな町』という、柏葉幸子さんの作品です。 実際、企画の初期段階ではこの作品をアニメに出来ないかという話し合いはしていたそうですが、原作と大幅に内容が変わってしまうため『千と千尋の神隠し』はオリジナルストーリーとなっています。 しかし、『千と千尋の神隠し』の制作に影響を与えているのでは?と言われています。 実は神隠しではなく死んでいた? (画像参照元:) 「死んでいた」というよりは「死にかけて臨死体験をしていた」というほうがしっくりきます。 冒頭で千尋のお父さんが急にスピードを上げてふしぎ町の入り口になっているトンネルに向かいます。 この時に一家は車で事故にあってしまい、生死をさまよっていたのではないかという説です。 実際、千尋がふしぎの町に出たときには体が透けています。 生死をさまよって昏睡状態になっていた千尋が体験した臨死体験が、この映画の話になっているのではないかと言われています。 それなら神様や妖怪といった人外の存在がいる世界だったとしても違和感はないような気がしますね。 電車の乗客が黒い理由 この作品が千尋の臨死体験ではないかというのを裏付けるものとして、電車に乗っていた乗客がまずヒントになります。 千尋が電車に乗ったとき、他の乗客は黒く半透明な姿をしています。 これは生きる希望も、未来も失ってしまった自殺する人という設定になっており、途中駅は自殺を踏みとどまった人が降りるためだけに存在しています。 ちなみにこの電車のモデルは小田急電鉄と相模鉄道だと言われています。 駅のホームに立っているのは…? (画像参照元:) 千尋が海の上を走っている海原電鉄に乗車し、銭婆の家に向かっているときに、沼原駅のホームにおかっぱ頭の女の子がいたのを覚えているでしょうか? 一人で誰かを待っているような雰囲気で、他の乗客同様に真っ黒く顔を見ることができません。 しかし一説には『火垂るの墓』に登場した節子ではないかと言われています。 『火垂るの墓』の節子は兄・清太より先に亡くなっていて、清太は『駅舎で餓死』しています。 海原電鉄があちら側の電車という設定で考えると、清太よりも先についてしまった節子が、兄が来るのを待っているのでは?という説が流れています。 また別の説ではこのおかっぱ頭の女の子が、『となりのトトロ』に登場するサツキではないかという話もあります。 『となりのトトロ』では、サツキとその妹メイが母親のいる病院へ向かう途中に2人は死んでいる、という有名な都市伝説があるんです。 この場合、サツキはメイが来るのを待っているのか、もしくは探しているのかもしれませんね。 カオナシ=サタン説は本当? (画像参照元:) 『千と千尋の神隠し』の中で最も謎なキャラクターといえば「カオナシ」ではないでしょうか。 実はこのカオナシに「サタン説」というとんでもない噂が流れています。 サタンといえば、キリスト教では悪魔の頂点に立つ存在で、キリストと相反する存在。 人々を悪の道へとそそのかす存在としても知られています。 作品中、千尋がカオナシにどこからきて、なぜ湯屋にいるのか、両親は?といった質問をされても、あいまいな答えしかしませんが、元の世界を嫌がりしきりに「寂しい」を連呼しています。 戻るのも嫌な世界、そして「寂しい」ということから、元居た世界はとても忌まわしい世界か、荒れはてている世界なのでは?と推測できます。 また千尋と電車に乗るシーンで「サタン」というネオンサインが一度だけ画面に現れます。 まるでカオナシの正体を暗示しているかのようですよね。 カオナシはどこから来た? カオナシが元居た世界はどこなのか、とても気になりますよね。 実は映画のパンフレットにヒントとなる言葉が書かれています。 パンフレットには「湯屋のある世界とは別の場所からやってきた」と書かれています。 さらに「謎の男」という性別まで書かれているんです。 このことから「異世界=地獄」とも解釈を広げることができて、サタン説もあながち捨てきれないですね。 しかし「己を持たない悲しい存在」とも書かれているんです。 このあたりはキリスト教で言うサタンとは異なる点と言えるでしょう。 自分らしさ、自分に自信のないむなしい存在といったところでしょう。 結局カオナシの正体は? 宮崎監督は、カオナシを現代の日本人のイメージで作ったようです。 寂しがりや、そして一人になることを嫌うのに人と関わるのが苦手で、相手の気持ちを考えることができない人。 キレると手が付けられなくなるほど暴走するという、現代の若者に多いタイプの人達のイメージがカオナシの存在を作り上げたようです。 ちなみに、カオナシのモデルは『 借りぐらしのアリエッティ』の米林監督がモデルと言われています。 カオナシの歌知ってる? カオナシの歌があるの知っていますか? 作詞は宮崎監督で、イメージアルバムではムッシュかまやつさんが歌っています。 短い歌ですが、なんだか印象に残る曲です。 しかし、このリンの正体は劇中で明かされておらず、カオナシ同様その正体についてさまざまな意見が出ています。 油屋には人間のような外見を持った従業員がいますが、その正体はほとんどがナメクジか蛙です。 リンに関しては公式の資料で「イタチかテン」という設定にする予定があったそうですが、ラフ画には「リン(白狐)」と、書かれています。 白い狐といえば神様の遣いか、もしくは神と言ってもいいレベルの存在ではないでしょうか。 そんな存在がなぜ油屋に?とさらなる疑問がわいてきますね。 もしかしたら、ハクのように湯婆婆に名前を取られ、さらに元の記憶がなくなって、いいよう働かされているのかもしれません。 ハクが振り返るなといった理由とは? (画像参照元:) 千尋が元の世界に戻るとき、振り向こうとした瞬間に銭婆にもらった髪留めが光って、振り向かずに済みます。 ハクがなぜ千尋に「振り向かないで」といったのか、一般的には戻るときに振り向いてしまうと、トンネルの近くにあっただるまになると言われていたから、と言われています。 しかし、あの世からこの世に戻ってくるという設定、日本神話の「イザナミ・イザナギ夫婦」の話を思い起こさせると思いませんか? 亡くなった妻・イザナミを黄泉の国から連れ戻そうとしたイザナミは、「自分の姿を見ないでほしい」というも、イザナギはイザナミの姿を見てしまいます。 おぞましい姿に変わり果てたイザナミに恐れをなしてイザナギは、慌ててこちら側に戻ってきます。 もしあの時、千尋が後ろを振り返ったなら、いわれているように本当にだるまになっていたのかもしれません。 しかし、深読みすると日本神話のように、本来のあちら側やとても酷い状態のハクの姿を見て引きずり込まれてしまい、二度とこちら側に戻れなくなっていたかもしれないとも考えられます。 トンネルが変わっていた理由とは? (像参照元:) 冒頭で、赤いトンネルを抜けてあちら側に行きますが、ラストではごく普通の石のトンネルになっていました。 単純に考えると、赤いトンネルの状態ならこちら側から油屋のある世界に行くことのできる状態で、石のトンネルだとあちら側にいくことができないといったところでしょう。 ハクとの再会はできるのか? ハクのその後ですが、劇場公開されたときにジブリの公式HP上で説明されていました。 ハクは湯婆婆の言葉に従い、八つ裂きにされるという運命を受け入れています。 ラストの千尋の手が離れるシーンは、永遠に2人が別れるということを表現しているそうです。 千尋が戻るときに髪ゴムが光るのは、八つ裂きにされたハクの涙が光っているという説もあります。 ハクが千尋と再び出会うことができるのは、「 ハクが魂の存在となって千尋のいる人間の世界に行くとき」という説が有力なようです。 『もののけ姫』との関連もささやかれている! ちょっと難しい、日本神話の話が関わってくるのですが、『千と千尋の神隠し』が、『もののけ姫』の続編ではないかという都市伝説があるんです。 公式資料集に千尋が『もののけ姫』のサンの子孫という記述があることから、こう言われているようです。 しかし、よく考えてみましょう。 千尋と出会う少年ハクは 「ニギハヤミ・コハクヌシ」と言う名前で「古事記」などに搭乗する「ニギハヤヒ(邇芸速日)」という神様ではないかと想像できます。 そして 『もののけ姫』でアシタカは『アシタカヒコ』と呼ばれていて、これが「足高彦」を意味するのであれば、大和朝廷と争った、東の狩猟民族の長「ナガスネビコ」から名付けられたと考えらえれます。 古事記などで 「ニギハヤミ」は「ナガスネビコ」の祖先となった神という表記があります。 これらのことからハクがアシタカの祖先と言う可能性が高いです。 アシタカの祖先ハクと、人の子サンの子孫である千尋が再会しているというふうにもとることができるんです。 人気の都市伝説• 存在しない駅きさらぎ駅『はすみ』の真相とは?インターネット上で有名となったきさらぎ駅。 発端は2ちゃん... Googleが提供している地図サービス「Googleマップ」では、「ストリートビュー」を使うと写真で... 最近はブームが去ったせいか、あまり名前を聞かない「8. 6秒バズーカー」をご存知でしょうか? 201... 2018年11月末現在、世界情勢はあまりよい状況とは言えません。 特に日韓関係は徴兵工裁判などから冷え... 日本だけでなく、世界には様々な都市伝説があふれかえっています。 そんな都市伝説の中から、今回は「電話番... 裏拍手 逆拍手 というものをご存知でしょうか? 島田秀平さんの会談で聞いた事のある方も多いのではな... ディープウェブで実際に起きた怖い体験をご紹介!ディープウェブ(深層web)は、一般の検索エンジンでは... こんなにあった!アニメの面白い都市伝説長く続いている国民的アニメから、その世代の少年少女が熱狂したヒ... 日本の童謡である「サッちゃん」ですが、2018年12月3日に作曲家、大中恩さんが94歳にて死去となり...

次の

千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

千と千尋の神隠し都市伝説ハク

この記事で分かること• ハクは湯婆婆の弟子だけど「ウザい」存在? まず、 千と千尋の神隠しで通説となっている彼の設定について見ていきましょう。 「千と千尋の神隠し」の設定上、ハクは温泉施設「油屋」の主人かつ、経営者である 湯婆婆の弟子ということになっています。 千尋と同じく、ひょんなきっかけから湯婆婆たちの世界にあらわれ、強力な魔法使いでもある 湯婆婆の弟子入りを果たしました。 この決断に周囲は反対しますが、それとは裏腹に湯婆婆の下についた彼。 その結果、湯婆婆の手先のような存在として油屋に所属することになった。 というのが、映画上での大まかな設定ですね。 湯婆婆の側近とも言える存在だったことから、油屋の従業員の中では比較的上の立場にいるようです。 ただ皆から尊敬されながらも、態度は冷たく冷淡。 千尋の姉貴分であるリンからは「 ハクみたいな奴が2人もいたら、たまったものではない」と愚痴を言われる始末… ハクは「川の神様」だったが、その正体をなかなか思い出せなかった 「千と千尋の神隠し」の世界にやってきた人間は、 自分が誰なのか正体をしっかり覚えておかないと元の世界に帰れなくなってしまうと千尋はハクから忠告されます。 そのハクも自分はどこからやってきたのか、その正体がもう思い出せず苦労しているとも言っていましたよね。 Sponsored Link しかし物語の終盤になって、ようやくハクは 自身の正体を自覚するのです。 そう、彼の正体とは「 川の神様」。 ハクは千尋が住む家の近くにあった「琥珀川」 コハクガワ の神様で、「 ニギハヤミコハクヌシ」という名前を持っていたと、作品の最後の方でやっとハッキリしますよね。 それなのに、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだことで名前を湯婆婆に取られることに。 そして「ハク」という名前だけ残されて、この世界で生き続けていたということになります。 それが絶体絶命の時期を千尋に助けられたことにより、ハクはようやく 自分の名前と正体を悟ったのです。 不思議なことに千尋が物語の世界に入ってきた時、ハクは彼女のことを覚えていた反面、彼女はハクに全く心当たりがありませんでした。 しかしストーリーの後半では、ようやく千尋もハクのことを思い出し彼の正体について口を開くのです。 と言うのも、千尋はハクが神様となっている 川に落ちた経験があったからです。 それに気づいた川の神・ハクが千尋を救い出し、無事に両親の元まで送り届けたということになっています。 日本には800万もの神様が存在するとされ、木や川など至るところに神様がいると信じられています。 要するに、ハクの正体は「 日本に存在する川の神様だった」ということ。 千と千尋の神隠しでは、ハクは常に千尋の味方となって助け役でしたが、終盤になって彼女に助けられる…こんなストーリーだったら、大抵の人は感動しちゃいますよね。 ハクのもう一つの正体…それは「白竜」 そうかと思えば、ハクは「 白い竜」に姿を変えることも出来ます。 この姿は千と千尋の神隠しの中盤から確認することができ、物語の中でも大事な部分を担っていますね。 実はこの白い竜も、 ハクの正体だったという見方があるのです。 千と千尋の神隠しの中で、ハクとは別に川の神様が登場するシーンを思い出してみてください。 最初はゴミや泥にまみれた汚い姿で油屋をパニックに陥れますが、汚れを落としたあとは神様らしく神々しい姿になってご機嫌よろしく油屋を後にします。 ハクもこの神と同様、川の神様ですよね。 つまり度々登場する白竜とは、神様が時空を超えて移動するときに「 その存在を世に示すための姿」と考えることが出来るそう。 だとすれば「 白竜=ハクの正体」と捉えて良いのかもしれません。 ただ「千と千尋の神隠し」を観ていると、彼は自分の正体を知る前ですら白竜の姿で銭婆の魔法の契約印を盗まされたり、それによって銭婆から制裁を受けたりと… 神様ながらも不遜な扱いを受けていてかわいそうですよね。 普段は少年の姿をしつつも、様々な側面が垣間見えるハク。 もう二度と元の世界に戻れないと思いきや、無事に正体を思い出せて何よりでしょう。 彼の正体を知った上で「千と千尋の神隠し」を視聴すれば、また違った楽しみが味わえそうです。

次の