薬物疑惑芸能人。 『サンジャポ』で薬物疑惑の芸能人発表「誰もが知っている...」

【2020年最新】薬物疑惑の芸能人を実名公開!今年も逮捕者続出!?

薬物疑惑芸能人

・自ら歌うだけではなく、作詞作曲も手掛ける希代のヒットメーカー。 ・時代を代表するような名曲も生み出し、あるミュージシャンに提供した楽曲は、ミリオンになったこともある。 ・Xは現在も音楽活動を続けており、最近も某芸能人に楽曲を提供している。 ・薬の使用歴は20年以上。 性行為時の激しい快楽にふけるために使っている。 ・Xの親友も覚醒剤で逮捕されている。 ・Xが出したゴミの中からは、薬物使用の証拠に加え、SMグッズも押収されている。 ・逮捕、起訴された暁には、Xの性癖もあらわになる衝撃的な公判が待っているかも。 情報引用元: 追記:2020年2月13日、槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました。 日本レコード大賞受賞の大物歌手M 日本レコード大賞も受賞したM。 ・バラードやダンス系ミュージックに定評がある。 ・XはNHKの紅白歌合戦に出場経験がある。 ・X本人にも薬物疑惑が掛かっていますが、マトリが行動確認などを行って狙っているのは主に旦那のZの方。 ・Zは元々チーマー上がりで六本木界隈の遊び人として有名で、その頃から仲間と一緒に違法薬物をやっていた。 ・実際に数人の仲間は大麻やコカインなどで最近も警視庁組対五課に逮捕されている。 ・XもZも夫婦揃って時期は違うがアメリカに留学経験あり。 ・2019年惜しまれつつ亡くなったロック界の大御所に可愛がられていた。 ・X自身も野外フェスや六本木のクラブなどでの奇行が多数目撃されている。 ・この夫婦とその周辺者からの違法薬物の噂は絶えない。 ・X自身は子供がいて、2人目の出産直後は夜の街で目撃情報なども無し。 ・だが実際は目立たない六本木のクラブなどで遊び歩いていた。 情報引用元: ・元々女優として芸能活動を始め、数々のヒット曲を出し、何度も紅白に出場。 ・女優としても数多くの映画やドラマなどに出演。 ・好感度が高いタレントとしてCMにも起用されている。 ・Xの出すアルバムはオリコンチャートでも常にベスト10にランクイン。 ・歌手として女優としても多くの賞を受賞するなど評価は高い。 ・Xの薬物使用疑惑は結構前から。 ・Xは体調が不良のときが結構多く、撮影をドタキャンすることも多い。 ・肌荒れなどがひどいときもあり、薬物の噂が絶えない。 ・独特の声、化粧も独特、性格は元々喜怒哀楽があり、感情の起伏が激しい。 ・かつては結婚していたが、躁鬱状態がひどく家庭内不和が噂され、離婚。 ・コカイン疑惑問題で芸能界を半ば引退したイケメン俳優Nとも一時親密な時期があった。 ・Xは芸能界の交友関係に違法薬物の噂が絶えない人間が多い。 情報引用元: 超人気バンドのボーカルK 第一線で活躍を続ける超人気バンドのボーカルK。

次の

薬物で前科!逮捕された芸能人50選【覚せい剤や大麻・2020最新版】

薬物疑惑芸能人

まず指摘できるのは、彼らは一般人よりもはるかに、日常生活の中でクスリと接する可能性が高いということだ。 「渋谷の一角にかつてバーがあった。 目立たないが、芸能事務所関係者、マスコミの人、海外の芸能関係者まで集う知る人ぞ知る店。 そこが『買える』ということで有名だったんです」 こう語るのは、芸能関係者のXである。 Xは 「今からでも2時間もらえれば、すぐにクスリを手に入れてきますよ」と豪語する。 Xは現在は薬物を断っているが、数年前に覚醒剤による逮捕歴がある。 現在も芸能界に関わっているため、匿名とする。 「クスリを手に入れることのできるバーはぼくが知っているだけで、現在も都内に5つはある。 経営者の方針にもよりますが、自らが売らずに、客同士に取引の場所を貸すパターンが多い。 そういう噂のあるバーは、外国人モデルが沢山遊びに来ていて流行っている」 その中の一つ、西麻布のバーでのことだ。 「ある程度人数が集まったら、店を閉めちゃうんですよ。 そしてテーブルをぴかぴかに磨いて、クスリ(コカイン)をざーっとテーブルの上に白線のように撒いて、みんなで鼻から吸っていく。 その場には、何人も芸能人がいましたよ」 昨年12月に『FRIDAY』で報じられた俳優・成宮寛貴の薬物使用疑惑の写真も、マンションの一室で撮られたとされるものだった。 成宮自身が薬物を使用していたか否かは今も定かではないが、こうした都心のクローズドな場所で、密かにクスリは取引され、使用されているのである。 Xは自ら薬物を使用する他、「運び屋」でもあった。 芸能事務所の人間、テレビ局員などに毎日のように覚醒剤を運んでいたという。 「カジュアルにつき合おうと思えばできるんですよ。 最初は葉巻みたいな感覚。 まあ、あったら気持ちがいいよな、程度です。 『覚醒剤を常用していると、身も心もボロボロになる』と言いますが、必ずしもそうならない人もいる。 15年、20年やりつづけて、中毒にならない人も知っています」 Xもまた「カジュアル」に覚醒剤に手を出した。 そして、その量は次第に増えていった。 「ぼくの場合、仕事が忙しいときは、やらなかった。 クスリをやると、自分では能率が上がっているつもりでも、実際の作業は遅く、そして雑になる。 やりたくなるのは、盆暮れとか、しばらく人に会わなくていいとき。 クスリをやって人に会うとばれてしまいますから。 清原さんが、『週に一度、子どもと会った後、寂しくなって覚醒剤を使っていた』という報道がありました。 でも、覚醒剤をやったことのあるぼくたちから見ると『来週まで子どもに会わないのだから、クスリを使えると考えたんじゃないか』と勘ぐってしまうんです」.

次の

【薬物で逮捕?】大物歌手A+人気モデルB+お笑い芸人Cは誰?名前は?

薬物疑惑芸能人

薬物で逮捕?極秘内偵リストの3人とは? 薬物疑惑が浮上している3人について東スポWebは次のように報じています。 そうしたなか、 本紙はマトリが新たに逮捕を狙っているという 「極秘内偵リスト」を入手。 そこには 3人の芸能人の名があった。 まずは 大物歌手Aだ。 「以前から不自然な言動が多いと評判だった。 感情の起伏が激しく、 必要以上にハイテンションなことも多いので、 薬物の噂は絶えない」 (芸能関係者) 次は 人気モデルB。 とても違法薬物に手を染めているようには見えないが、「 とにかく交友関係が怪しい。 クスリ疑惑のある人物とよくつるんでおり、 一緒に使用しているのでは? と水面下でささやかれている」 (同) 3人目はマルチな才能を持つ お笑い芸人Cだ。 「AやBと違って、 Cは芸能マスコミで噂になったことすらなかった。 ただマトリは数年前から内偵していた。 上記の通り、一部からは 「長渕 剛」さんの名前が挙がっていました。 事実、彼は1995年に 大麻を所持していたとして逮捕されています。 家宅捜査を受けた際、自宅から大麻1gが発見され、本人が使用を認めたため、 その場で現行犯逮捕されました。 こうした過去があるため、芸能人の薬物疑惑が浮上する度に長渕さんの名前が挙がってしまうというわけです。 しかし、現在において彼が 薬を使用しているという事実は一切ありません。 そのため、今回の一件とは 無関係と判断できます。 ちなみに、長渕さん以外の大物歌手としては 「玉置浩二」さんの名前も挙がっていましたが、こちらも 全くの事実無根です。 しかし、冨永さんに 薬の疑惑が浮上したことは一切ありません。 恐らく、彼女の名前が挙がった背景には長渕さんの存在が関係していると思われます。 実は、2015年に2人の 不倫疑惑がスクープされているのです。 「週刊文春」で 不倫疑惑を報じられた、 歌手の長渕剛とモデルの冨永愛。 「文春」によると、 いまや冨永は長渕に心酔し、 長渕以外の人間の言うことは聞かず、 国内外に活躍の場を広げてきたモデルの仕事にも消極的になっているという。 しかし、冨永さんが薬物を使用しているという事実は一切ありません。 入手ルートは元不倫相手or暴力団? 現在のところ、沢尻容疑者が合成麻薬(MDMA)を 入手したルートは不明です。 ただ、彼女は 以前からMDMAの使用が疑われていたのです。 それは2011年の時。 当時の沢尻容疑は、元夫である高城 剛氏と 離婚協議中でした。 それがスペイン人の セルジオ氏でした。 そのため、現在でも沢尻容疑者がセルジオ氏と交流を持っていれば、彼を経由してMDMAを入手した可能性は否定できません。 そのルートというのが 「暴力団」です。 というのも、彼女を逮捕したのは警視庁の 「組織犯罪対策5課」なのです。 違法薬物を所持していたとして、 警視庁 組織犯罪対策5課は麻薬取締法違反の疑いで、 女優の沢尻エリカ容疑者を逮捕した。 そのため、この部署が捜査に乗り出したということは、沢尻容疑者と暴力団に 何かしらの接点があることを意味します。

次の