レシピ 茶碗蒸し。 ぷるぷる茶碗蒸しのレシピ・作り方:レンジでできる茶碗蒸しも紹介

失敗なし!なめらか「茶碗蒸し」の電子レンジレシピ人気5選

レシピ 茶碗蒸し

茶碗蒸しについて 茶碗蒸しは、古くから伝わる卵料理。 ルーツをたどると、中国から伝わってきているよう。 中国では今でも、メニューの中に「蒸蛋 ジェンダン 」という蒸した卵を意味する料理があります。 それが、長崎に伝わり和風料理へと変わっていった説が有力。 長崎には、卓袱料理があります。 卓袱料理とは、1689年に、長崎に唐人屋敷が設立され、唐人料理を基に卓袱料理が。 その卓袱料理の献立の一つが茶わん蒸しだったそうです。 吉田宗吉信武という伊予松山の藩士が、好んで立ち寄っていた長崎の肥後屋敷で初めて茶碗蒸しを口にし、その料理の美味しさに驚き、感動。 そこで1866年に、「吉宗」の屋号で長崎県の長崎市万町というところに、茶碗蒸しと蒸し寿司の専門店を開きました。 それ以来、茶碗蒸しは長崎の味として受け継がれているようです。 茶碗蒸しにも、興味深い歴史がありますね。 茶碗蒸し作りのポイント 茶碗蒸しは、難しそう、手間がかかりそうと思われがちですが、実はとても簡単で手軽に作れる料理なのです。 コツさえつかめば、食べたい時に、ささっと作ることができますよ。 例えば、茶碗蒸しは、蒸し器ななくても鍋やフライパンさらには電子レンジでも美味しく作れるんです。 さらに、卵液を濾す時は、こし器を持っていいなくても大丈夫です。 こし器の代わりに茶こしを使ったり、目の細かいザルを使ったりすることもできます。 茶碗蒸しで使う耐熱の容器は、ふた付きの専用の容器でなくても十分おいしい茶碗蒸しができます。 陶器のカップや、湯のみ、ココット、シリコンスチーマー、さらにはどんぶりなどを使ってボリュウムのある茶碗蒸しを作ることができます。 ふたの代わりに、アルミホイルを使えばOK。 レシピを参考に、気軽に茶碗蒸しにチャレンジしてみてくださいね。 耐熱容器に具材を入れます。 ボウルに溶いた卵、醤油、だし汁を加えて混ぜ、容器に濾しながら入れます。 沸騰した蒸し器に、容器を入れて布巾をかぶせ、蓋をして強火で約3分蒸したら火を止め、10分放置します。 上澄みが透明なら完成。 卵液が残っていたら再度蓋をして、しばらくおきます。 卵とだし汁を室温に戻しておくと、火が通りやすくなりますよ。 具材を、それぞれ切ります。 ボウルにだし汁用の調味料を入れて混ぜます。 卵は切るように混ぜ、だし汁と合わせ卵液を作ります。 容器に具材と卵液を入れ、最後に松茸をのせ、蓋をします。 蒸し器に入れ、蓋をしてから加熱し、沸騰したら弱火で12-15分待ちます。 串で刺して、液が透明なら完成。 松茸は、香りを十分出すために、手で割くと良いでしょう。 「肉豆腐」とは名前の通り、お肉と豆腐をだし汁としょうゆ、みりんなどの調味料で煮込んだ料理です。 お肉と豆腐の他にネギや水菜などの野菜やきのこ類も一緒に入れて煮込むこともあります。 甘辛い味付けなのでごはんとの相性もバツグンです。 地域によって牛肉、豚肉の違いや、家庭によって入れる野菜も違うので色々とアレンジができる料理です。 この記事では、肉豆腐の基礎知識に加え、 定番の肉豆腐レシピ、 レンジで作れるお手軽肉豆腐レシピ、ピリ辛肉豆腐レシピ、カレー味の肉豆腐レシピ、そのほかの肉豆腐レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【みんなが作ってる】 茶碗蒸しのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

レシピ 茶碗蒸し

鍋・フライパンを使った簡単茶碗蒸しの作り方 基本的には鍋でもフライパンでもどちらでも作り方は変わりませんが、一度にたくさん作りたいけど大きい鍋がない、という場合はフライパンを使うのが良いと思います。 ただしフライパンでも蓋は必須。 フライパンを使う場合は、深めで底が平らになっているものが使いやすいでしょう。 レシピに目安のだし汁の量を記載していますが、卵液は、卵:だしを1:3の分量で作るのが茶碗蒸しの基本の作り方。 余裕があれば卵の分量を測って作ってみてください。 2.卵を溶きほぐし、だし汁を入れて混ぜ、こし器かざるなどで濾す。 器に具材を入れ、泡立たないように卵液を静かに注ぐ。 お湯を沸かしておく。 鍋底にふきんを敷き、ラップかアルミホイルをかけた器を乗せて、沸騰したお湯を器の半分くらいの高さまで注ぐ。 5.蓋をして加熱し、再度沸騰したら弱火にして8分蒸し、火を消して8分余熱で蒸らす。 電子レンジを使った簡単茶碗蒸しの作り方 次は、電子レンジを使ったレシピです! 卵:だしが1:3で作るのが茶碗蒸しの基本ですが、電子レンジで作るときは加熱ムラが起こりやすいので、卵液のだし汁を少なめにしましょう。 卵:だしが1:2. 5くらいで作るのがおすすめです。 また、こまめに加熱具合を確認することもおいしい茶碗蒸しを作るためには大事。 一度に高温で加熱するのではなく、少しずつ様子を見ながら加熱して、すが入らないように気をつけてください。 2.耐熱の器に生の具材を入れ、ラップをせずに600Wで30秒加熱する。 3.卵液を注いでラップをかけ、爪楊枝で空気穴をあけて200Wで6分加熱、取り出して器を傾け卵液が流れてこないかを確認し、流れてこなければOK。 味に違いはある?鍋・フライパン・電子レンジおすすめはどれ? 蒸し器を使わない茶碗蒸し、作り方はわかったけど実際どれが一番作りやすいの? 味に違いはあるの? というところも気になりますよね。 すが入らないように加熱できれば、食感はあまり変わりませんが、電子レンジのレシピのほうがだし汁を少なくしているので、食べ比べてみると少し濃厚な味がしました。 ちなみに、我が家の茶碗蒸しはほとんど鍋で作ります! 鍋の良いところは、火加減さえ調整すれば放ったらかしでほぼ失敗なしのところ。 電子レンジは手軽に作れて洗い物が少なくてすむのが良いところですが、こまめに火の通り具合をチェックしないといけないので、他の料理を作りながらだと少し面倒に感じることも。 電子レンジによって加熱のクセがあるので、慣れるまでは加熱時間に気をつける必要があります。 いかがでしたか? 放っておくだけで簡単にできる鍋・フライパンのレシピから、手軽で洗い物が少なくてすむけれど少しコツがいる電子レンジを使うレシピまで作り方のコツをまとめて紹介しました。 どの作り方にも共通していますが、茶碗蒸しは急激に加熱すると「す」が入りボソボソとした食感になってしまうので、火加減には要注意です。 ぜひ家でおいしい茶碗蒸しを作ってみてください!.

次の

鍋で作る簡単 茶碗蒸しのレシピ/作り方:白ごはん.com

レシピ 茶碗蒸し

茶碗蒸しについて 茶碗蒸しは、古くから伝わる卵料理。 ルーツをたどると、中国から伝わってきているよう。 中国では今でも、メニューの中に「蒸蛋 ジェンダン 」という蒸した卵を意味する料理があります。 それが、長崎に伝わり和風料理へと変わっていった説が有力。 長崎には、卓袱料理があります。 卓袱料理とは、1689年に、長崎に唐人屋敷が設立され、唐人料理を基に卓袱料理が。 その卓袱料理の献立の一つが茶わん蒸しだったそうです。 吉田宗吉信武という伊予松山の藩士が、好んで立ち寄っていた長崎の肥後屋敷で初めて茶碗蒸しを口にし、その料理の美味しさに驚き、感動。 そこで1866年に、「吉宗」の屋号で長崎県の長崎市万町というところに、茶碗蒸しと蒸し寿司の専門店を開きました。 それ以来、茶碗蒸しは長崎の味として受け継がれているようです。 茶碗蒸しにも、興味深い歴史がありますね。 茶碗蒸し作りのポイント 茶碗蒸しは、難しそう、手間がかかりそうと思われがちですが、実はとても簡単で手軽に作れる料理なのです。 コツさえつかめば、食べたい時に、ささっと作ることができますよ。 例えば、茶碗蒸しは、蒸し器ななくても鍋やフライパンさらには電子レンジでも美味しく作れるんです。 さらに、卵液を濾す時は、こし器を持っていいなくても大丈夫です。 こし器の代わりに茶こしを使ったり、目の細かいザルを使ったりすることもできます。 茶碗蒸しで使う耐熱の容器は、ふた付きの専用の容器でなくても十分おいしい茶碗蒸しができます。 陶器のカップや、湯のみ、ココット、シリコンスチーマー、さらにはどんぶりなどを使ってボリュウムのある茶碗蒸しを作ることができます。 ふたの代わりに、アルミホイルを使えばOK。 レシピを参考に、気軽に茶碗蒸しにチャレンジしてみてくださいね。 耐熱容器に具材を入れます。 ボウルに溶いた卵、醤油、だし汁を加えて混ぜ、容器に濾しながら入れます。 沸騰した蒸し器に、容器を入れて布巾をかぶせ、蓋をして強火で約3分蒸したら火を止め、10分放置します。 上澄みが透明なら完成。 卵液が残っていたら再度蓋をして、しばらくおきます。 卵とだし汁を室温に戻しておくと、火が通りやすくなりますよ。 具材を、それぞれ切ります。 ボウルにだし汁用の調味料を入れて混ぜます。 卵は切るように混ぜ、だし汁と合わせ卵液を作ります。 容器に具材と卵液を入れ、最後に松茸をのせ、蓋をします。 蒸し器に入れ、蓋をしてから加熱し、沸騰したら弱火で12-15分待ちます。 串で刺して、液が透明なら完成。 松茸は、香りを十分出すために、手で割くと良いでしょう。 「肉豆腐」とは名前の通り、お肉と豆腐をだし汁としょうゆ、みりんなどの調味料で煮込んだ料理です。 お肉と豆腐の他にネギや水菜などの野菜やきのこ類も一緒に入れて煮込むこともあります。 甘辛い味付けなのでごはんとの相性もバツグンです。 地域によって牛肉、豚肉の違いや、家庭によって入れる野菜も違うので色々とアレンジができる料理です。 この記事では、肉豆腐の基礎知識に加え、 定番の肉豆腐レシピ、 レンジで作れるお手軽肉豆腐レシピ、ピリ辛肉豆腐レシピ、カレー味の肉豆腐レシピ、そのほかの肉豆腐レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の