持続 化 補助 金 コロナ 特別 対応 型。 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)申請書の書き方とは

【小規模事業者持続化補助金コロナ特別対応型】申請受付開始!受取までの流れとは?

持続 化 補助 金 コロナ 特別 対応 型

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型> 令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の公募について 商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者を対象にした小規模事業者持続化補助金の公募が、5月1日(金)から受付を開始いたします。 新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等が、地域の商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。 那覇市、浦添市、沖縄市、宮古島市で事業を営んでいる場合は、商工会へは申請できませんので 最寄りの商工会議所へお問い合わせください。 送付時の封筒の表紙には「コロナ特別対応型 応募書類在中」とお書き下さい。 ( ご不明な点があれば、お問い合わせください。 ) 4.留意点 本事業の申請に際しては、地域の商工会の確認が必要となります。 地域の商工会に「様式2」(経営計画書)の写し等を提出のうえ、「様式3・支援機関確認書」(以下「様式3」)の作成・交付を依頼してください。 (「様式3」の発行には一定の日数がかかります。 早めに地域の商工会にご連絡ください)。 5.応募方法 応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。 6.公募要領のダウンロード等について 公募要領については、下記よりダウンロード後、ご確認ください。

次の

小規模事業者持続化補助金《コロナ特別対応型》他

持続 化 補助 金 コロナ 特別 対応 型

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。 連日テレビなどで報じられている新型コロナウイルスにより、様々な業種で影響が出ていますが、4月30日(木)に可決・成立した補正予算で、中小企業や個人事業主向けの「持続化給付金(コロナ特別対応型)」の支給が決定しました。 使用用途としては、ホームページ制作、広告、店舗改修、新商品開発など幅広い目的で活用することができます。 また、この補助金において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた事業者に対しては加点措置等が講じられるようですので、活用できる事業者の方は是非とも活用してください。 「持続化給付金(コロナ特別対応型)」について、中小機構のサイトなどを調べて、まとめてみました。 参考になれば幸いです。 【概要】 新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等(注1、注2、注3、注4)が、地域の商工会または商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。 ただし、今回の公募においては、特例として、2020年2月18日以降に発生した経費を遡って補助対象経費として認める。 交付決定を受けた後、事業者の利便を考慮し、一定の売上が減少した小規模事業者等(前年同月比20%以上減少)が希望し一定の要件を満たす場合、概算払いによる即時支給を行うことが可能。 《概算払いの請求に必要な書類》 市区町村発行の売上減少証明書<20%以上売上減少>、もしくはセーフティーネット保証4号の認定書(コピー可) ・当該口座の情報が記載された預金通帳のページのコピー 【支出について】 支出行為は、銀行振込方式が原則です。 クレジットカードによる支払は補助対象期間中に引き落としが確認できる場合のみ認められます。 (購入品の引き取りが補助対象期間中でも、口座からの引き落としが補助対象期間外であれば、補助対象外経費となります。 分割払いにより、補助事業期間中に支払が完了せず、所有権が補助事業者に帰属しない物品購入も対象外です。 リボルビング払いの物品購入も、補助事業期間中に当該物品購入代金の支払いが完済し、かつ、第三者による証明がなされない限り対象外です。 《C:テレワーク環境の整備》 ・WEB会議システムの導入 ・クラウドサービスの導入 【補助対象となり得る販路開拓等(生産性向上)の取組事例】 ・新商品を陳列するための棚の購入 ・新たな販促用チラシの作成、送付 ・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告) ・新たな販促品の調達、配布 ・ネット販売システムの構築 ・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加 ・新商品の開発 ・新商品の開発にあたって必要な図書の購入 ・新たな販促用チラシのポスティング ・国内外での商品PRイベントの実施 ・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言 ・新商品開発にともなう成分分析の依頼 ・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。 ) つまり、ホームページやネット販売システムの制作を外部業者へ委託する場合の経費は補助対象になるが、自分たちで作った場合の経費(サーバー代金など)は補助対象にならないということ。 チラシやDM等の作成においても、デザインの作成や印刷を外部業者へ委託する場合の経費は補助対象になるが、自分たちで作った場合の印刷代やインク代などの経費は補助対象にならないということ。 【当社(ティードリームネットワークス)において補助対象となる事業】 ・ウェブサイト作成 ・チラシ、DM、パンフレット、フライヤー作成 ・プレスリリース作成、配信代行 ・映像制作(新たな販促用) ・電子メニュー注文システム「ハンディオーダー」 ・「PR戦略」等のブランディング指導、助言 《補助対象事業一覧》 【当社への委託から補助金申請、振込、補助事業終了までの主な流れ】 《事例1》 新型コロナウイルスによる業績低下を最小限にするため、今すぐにでもポスティングをしてテイクアウト(デリバリー)商品の販促につなげたい。 《事例2》 新型コロナウイルスによる影響で業態転換を余儀なくされたため、ホームページ(ウェブサイト)の制作が必要。 《事例3》 新型コロナウイルスによる影響でテイクアウト(デリバリー)事業へ乗り出す必要があり、告知や注文受注のためのホームページ(ウェブサイト)の制作が必要。 《事例4》 新型コロナウイルスによる業績低下を最小限にし、かつ感染リスクを押さえるため、電子メニュー注文システムの導入が必要。 ご自由にダウンロードしてください。

次の

小規模事業者持続化補助金《コロナ特別対応型》他

持続 化 補助 金 コロナ 特別 対応 型

生産性革命推進事業(ものづくり補助金、持続化補助金、IT導入補助金)において、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を支援するため、補助率や上限額の引き上げ等を行った特別枠の申請が可能になっています。 生産性革命推進事業のうちの1つ、持続化補助金では、一般型だと50万円の補助上限額がコロナ特別対応型では倍の100万円まで引き上げられています。 それ以外にも、交付決定前(2020年2月18日以降)に発生した経費を遡って補助対象経費として認める特例や、概算払いによる即時支給の特例も認められています。 また、一般型では対象経費に含まれていなかった「移動販売車両」もコロナ特別対応型では対象になっています。 今回は、個人事業主でも使いやすいと人気の「持続化補助金」の特別枠である、コロナ特別対応型についてご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越え、持続的な経営に向けて販路開拓や売上拡大に取り組みたいとお考えの小規模事業者の皆さまはぜひご確認ください。 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】とは 持続化補助金のコロナ特別対応型について、要点をまとめると次のように表すことができます。 受付は通年で行われ複数回の締切が設けられる予定で、現在公表されている締切は 第1回:2020 年5月15日(金) 第2回:2020 年6月5日(金) となっています。 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】の補助対象事業 補助対象となる事業は、次の 1 ~ 4 の要件をすべて満たす事業であることとします。 2 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取り組みであること。 3 商工会(または商工会議所)の支援を受けながら取り組む事業であること。 4 以下に該当する事業を行うものではないこと。 ・国の助成金・補助金と重複する事業 ・概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれない事業 ・公の秩序もしくは善良の風俗を害することとなるおそれがあるもの 要件 1 について、イメージしやすいように、取り組み事例をもう少し確認しておきましょう。 ・新商品を陳列するための棚の購入 ・新たな販促用チラシの作成、送付 ・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告) ・新たな販促品の調達、配布 ・ネット販売システムの構築 ・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加 ・新商品の開発 ・新商品の開発にあたって必要な図書の購入 ・新たな販促用チラシのポスティング ・国内外での商品PRイベントの実施 ・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言 ・新商品開発にともなう成分分析の依頼 ・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。 ) つまり、コロナ特別対応型へ応募する前提として、 1 の要件に合致する投資であるかどうか、 2 に合致するような地道な販路開拓等(生産性向上)のための取り組みであるかどうかの確認が重要になるといえます。 ここでは単独申請の場合の要件をご紹介しましたが、複数事業者による共同申請を行うことも可能です。 複数事業者による共同申請の詳細等は公募要領でご確認ください。 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】の補助対象経費 次にどのような経費が対象になるか確認しましょう。 事業の遂行に必要な以下の経費が補助対象となります。 1 機械装置等費 事業の遂行に必要な機械装置等の購入に要する経費・・・例えば、高齢者・乳幼児連れ家族の集客力向上のための高齢者向け椅子・ベビーチェア、生産販売拡大のための鍋・オーブン・冷凍冷蔵庫、販路開拓等のための移動販売車両 など 2 広報費 パンフレット・ポスター・チラシ等を作成するため、および広報媒体等を活用するために支払われる経費 3 展示会等出展費 新商品等を展示会等に出展または商談会に参加するために要する経費 4 旅費 事業の遂行に必要な情報収集や各種調査を行うため、および販路開拓(展示会等の会場との往復を含む。 また、2020年2月18日以降に開業した者は、開業日以降に発生した経費に限り補助対象経費として認められます。 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】の補助対象者 以下のすべての要件を満たすものが、補助対象事業者となります。 商業・サービス業(宿泊業・娯楽施設を除く) 常時使用する従業員の数 5人以下 サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下 製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下 補助対象となりうる事業者としては、会社及び会社に準ずる営利法人や個人事業主、または一定の要件を満たした特定非営利活動法人となります。 また、補助対象にならない者は以下のとおりです。 対象にならない者 ・医師、歯科医師、助産師・系統出荷による収入のみである個人農業者(個人の林業・水産業者についても同様)・協同組合等の組合(企業組合・協業組合を除く)・一般社団法人、公益社団法人・一般財団法人、公益財団法人・医療法人・宗教法人・学校法人・農事組合法人・社会福祉法人・申請時点で開業していない創業予定者(例えば、既に税務署に開業届を提出していても、開業届上の開業日が申請日よりも後の場合は対象外)・任意団体 等 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】の手続きの流れ 応募およびその後の手続きは、従来の郵送方式のほか、政府が開発した統一的な補助金申請システム(名称:Jグランツ)による電子申請の利用が可能となりますが、Jグランツは現在準備中とのことですので、現段階では郵送での提出となります。 受付締切は、以下のとおりです。 「経営計画書」(様式2)を作成する。 Step2. 「経営計画書」(様式2)の写し等を地域の商工会(または商工会議所)に提出し「支援機関確認書」(様式3)の作成・交付を依頼する。 Step3. 後日、地域の商工会(または商工会議所)から「支援機関確認書」(様式3)を受け取る。 Step4. 受付締切までに、必要な提出物を全て揃え補助金事務局の住所まで郵送により提出する。 概算払いによる即時支給を受けるには、申請時に様式5「概算払請求書」と市区町村が発行した売上減少証明書を提出する必要があります。 まとめ 今回は、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えて、販路開拓や売上拡大に取り組む小規模事業者を対象とした「持続化補助金」のコロナ特別対応型についてご紹介しました。 持続化補助金では、地域の商工会または商工会議所の助言、指導等を受けながら取り組むことができるので、初めて補助金を利用する方でも活用しやすい補助金といえるでしょう。 補助金ポータルでは、今後の経営を持続していくために必要な取り組みのご相談などを承っておりますので、お気軽にご連絡ください。 令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。 ・ ・ ・ 株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井 彰次、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、幅広い補助金・助成金に対する疑問を解決する窓口を拡大するため、「補助金ラボ(所在:東京都新宿区、以下「補助金ラボ」)」を開設いたしました。 新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、各省庁をはじめ地方自治体でも多くの対応策が日々更新されている中で、どこに問い合わせたらいいのか困ってしまうという声が高まっています。 こうした中で当社は日々更新される補助金・助成金の情報を収集し、問合せ窓口場所にお困りの方をサポートするため、窓口を拡大し「補助金ラボ」を開設することにいたしました。 補助金ラボの基本サービス 補助金ラボでは、企業のみなさまのお悩み毎、ご要望毎に対応した、きめ細かいサービスをモットーに運用してまいります。 企業の補助金顧問となれる「補助金コモン」サービスを始め、今申請が殺到している「雇用調整助成金」や「省エネ補助金」「IT導入補助金」など各種補助金・助成金の申請における基本情報から疑問に関する補助金・助成金の総合相談窓口として、対応をしてまいります。 今、雇用調整助成金は経済環境の悪化などにより事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために活用できる制度で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主への特例措置として、これまで複数回の拡充が行われています。 「最新の助成内容や申請要件がわかりにくい」 「結局どのくらい助成金がもらえるのか知りたい」 といったご質問にも、補助金ラボでお答えいたしますので、お気軽に補助金ラボの相談窓口までお問合せください。

次の