ワン ドライブ 同期 しない。 OneDrive入門−基本の仕組みから同期、共有まで (1/2):まだ知らない人のOneDrive

OneDriveの自動保存を解除して同期を停止する方法

ワン ドライブ 同期 しない

今回は、Onedrive ワン ドライブ を同期するフォルダと同期しないフォルダの使い分けについてです。 最近Office365を購入したので、 (参考記事:) サブ的に使っているノートPCにもOffice365をインストールしました。 このノートPCですが、ノマドライフみたいなもんに憧れて、 外出時に気軽に使えるノートPCが1台欲しいなと思って購入したものです。 まあ安かったんでExcelなどのOffice製品は入っていません。 使ってると、やっぱり最低でもExceぐらいはあった方がいいなと感じてたんですが、 Office365があれば、このノートPCにもOfficeを入れることができました。 Office365を1つ購入すれば1つのアカウントでExcel、Word等のOffice製品が5台のPCやMacにインストールできるので便利ですね。 私の場合、自宅メインPC、Mac、職場PCと今回サブノートPCにも余裕で入れられました。 Office365持ってると新しいPC買うごとに「Office無しモデル」でいいのでその分安くなりますね。 しかしこのノートPC、もともとHDの容量がすごく少ないんです。 PCに貼ってあるシールに「500GB」って書いてあるから、ハードディスクの容量が500GBなのかと思いきや、 よく見ると「ASUSのストレージサービスが500GBが2年間無料で使えます」ってだけです。 実際は65GBしか容量は無いみたい。 少なっ! まあ安かったししょうが無いか、、、 そもそもこういうPCのコンセプトってクラウド時代を意識したものだろうから、 ローカルのハードディスクは少なくしてクラウド上に保存するという考え方なんでしょう。 家のPCはHDが容量あるんで常にOneDriveと同期を取るようにしていますが、 このサブノートはいろいろソフトを入れたりデータを保存してしまうと容量がすぐに一杯になってしまうんで、 必要最低限のみ同期するように設定しないといけません。 最初にOffice365のOnedriveをインストールしたばかりのデフォルトの設定では、 すべてのOnedrive上のフォルダをダウンロードしてしまうんで注意が必要です。 やり方は、右下のマークを右クリックして、設定をクリック。 「フォルダの選択」をクリック。 で、同期する必要最低限のフォルダだけチェック入れて、同期しないフォルダにはチェックを入れないようにします。 これで余計なものは同期しないようになりました。 このサブノートPCはハードディスクの容量がめっちゃ少ないので、 このサブノートのOneDriveフォルダには共通フォルダを1個作ってそのフォルダだけ同期するようにしています。 そうすれば、どうしても共有したいファイルだけ共有するようにして、他のすべてのOneDrive上のファイルは同期されずに済みます。

次の

デスクトップに文書を保存する人も安心! デスクトップを「OneDrive」と同期する

ワン ドライブ 同期 しない

今回は、Onedrive ワン ドライブ を同期するフォルダと同期しないフォルダの使い分けについてです。 最近Office365を購入したので、 (参考記事:) サブ的に使っているノートPCにもOffice365をインストールしました。 このノートPCですが、ノマドライフみたいなもんに憧れて、 外出時に気軽に使えるノートPCが1台欲しいなと思って購入したものです。 まあ安かったんでExcelなどのOffice製品は入っていません。 使ってると、やっぱり最低でもExceぐらいはあった方がいいなと感じてたんですが、 Office365があれば、このノートPCにもOfficeを入れることができました。 Office365を1つ購入すれば1つのアカウントでExcel、Word等のOffice製品が5台のPCやMacにインストールできるので便利ですね。 私の場合、自宅メインPC、Mac、職場PCと今回サブノートPCにも余裕で入れられました。 Office365持ってると新しいPC買うごとに「Office無しモデル」でいいのでその分安くなりますね。 しかしこのノートPC、もともとHDの容量がすごく少ないんです。 PCに貼ってあるシールに「500GB」って書いてあるから、ハードディスクの容量が500GBなのかと思いきや、 よく見ると「ASUSのストレージサービスが500GBが2年間無料で使えます」ってだけです。 実際は65GBしか容量は無いみたい。 少なっ! まあ安かったししょうが無いか、、、 そもそもこういうPCのコンセプトってクラウド時代を意識したものだろうから、 ローカルのハードディスクは少なくしてクラウド上に保存するという考え方なんでしょう。 家のPCはHDが容量あるんで常にOneDriveと同期を取るようにしていますが、 このサブノートはいろいろソフトを入れたりデータを保存してしまうと容量がすぐに一杯になってしまうんで、 必要最低限のみ同期するように設定しないといけません。 最初にOffice365のOnedriveをインストールしたばかりのデフォルトの設定では、 すべてのOnedrive上のフォルダをダウンロードしてしまうんで注意が必要です。 やり方は、右下のマークを右クリックして、設定をクリック。 「フォルダの選択」をクリック。 で、同期する必要最低限のフォルダだけチェック入れて、同期しないフォルダにはチェックを入れないようにします。 これで余計なものは同期しないようになりました。 このサブノートPCはハードディスクの容量がめっちゃ少ないので、 このサブノートのOneDriveフォルダには共通フォルダを1個作ってそのフォルダだけ同期するようにしています。 そうすれば、どうしても共有したいファイルだけ共有するようにして、他のすべてのOneDrive上のファイルは同期されずに済みます。

次の

OneDrive を同期する

ワン ドライブ 同期 しない

OneDriveを利用すると、どの端末でも同じファイルを共有できる Windows PCやMac、iPhone/iPad(iOS端末)、Androidスマートフォン/タブレットなど複数の端末間で、OneDriveのオンラインストレージを介したファイルの共有が可能だ。 例えば、外出先で作業したファイルをOneDriveで同期しておき、帰宅後に自宅のPCでそのファイルを用いて作業を続行する、といったことも可能だ。 Windows PCやMacの場合はオンラインストレージと自動的な同期が可能だ(閲覧・編集も可能)。 スマートフォンやWebブラウザでは、必要なファイルを手動でアップロード/ダウンロードすることで閲覧・編集ができる。 ファイルの保存や共有などで、インターネット上のストレージサーバ「オンラインストレージサービス」を利用している人も多いのではないだろうか。 複数のデバイスでファイルが共有できたり、大事なファイルのバックアップを取ったり、といった用途で重宝する。 一定容量までなら無料で利用できるサービスに限っても、「」や「(有料プランはGoogle Oneという名称に変更になっている)」「」「」など多くの選択肢がある。 また、Windows 8. 1以降、Windows OSではオンラインストレージサービスとしてMicrosoftの「OneDrive(ワンドライブ、旧SkyDrive)」が標準機能として実装されており、Windows 10では初期設定の際にOneDriveへのサインインが促されるようになっている。 ただ、OneDriveをどうやって使っていいのかよく分からない、という人もいるだろう。 本稿ではこのOneDriveを個人で利用するという前提で、何ができるのか、どういった特長があるのか、どういう仕組みなのか、探ってみる。 OneDriveや前述のオンラインストレージサービスでは、個人向けプランの他、複数人利用を前提としたビジネス向けプランが用意されている。 本稿では特記しない限り、個人向けプランを前提として解説する。 なおOneDriveのより進んだ活用方法については、関連記事「」を、またMicrosoftの公式情報はOneDriveのをそれぞれ参照していただきたい。 さまざまな端末間でファイルを共有できる 「OneDrive」はMicrosoftが提供しているオンラインストレージサービスだ。 複数の端末間で同じファイルを簡単に共有したり、第三者にファイルを公開したりといった機能を提供している。 OneDriveと連携しているWindows PCやMacでファイルを作成すると、同期機能によって自動的かつ速やかにOneDriveのオンラインストレージにコピーされ、同じく連携している別のPCにも同期される。 スマートフォン/タブレットからも閲覧・編集できるようになる。 インターネット上にあるOneDriveのオンラインストレージにアクセス可能であれば、いつでもどこでもこのファイル同期は実行できる。 例えば、外出先で作業したファイルをOneDriveで同期しておき、帰宅後に自宅のPCでそのファイルを用いて作業を続行する、といったことも可能だ。 OneDriveは以下の端末で利用できる。 OneDrive Dropbox Google One iCloudストレージ Amazon Drive *2 2GB 無料 無料 無料 無料 無料 5GB 15GB 50GB 130円/月 100GB 224円/月 250円/月 207. 5円/月 200GB 380円/月 400円/月 1TB 1274円/月 *1 1150円/月 2TB 1500円/月 1300円/月 1300円/月 2300円/月 3TB 2400円/月 3450円/月 OneDriveとその他のオンラインストレージサービスとの料金比較(2019年9月3時点) OneDriveは無料プランの場合、5GBまで利用できる。 有料プランについては、100GBであれば容量単価は他のサービスとおおよそ同じレベルである。 *1 Office 365 Soloの価格。 Microsoft Officeの利用料金が含まれる。 *2 年間契約の金額を12カ月で割った金額。 また月額224円で100GBまでのストレージ容量が提供される「OneDrive 100GB」という有料プランもある。 さらにOffice 365 Soloなど、Office 365を契約すると1TBまでのOneDriveが利用できる、いわば特典がある。 他のオンラインストレージに若干の上乗せする料金で、ExcelやWordといったOfficeアプリが利用できるので、その分OneDriveの方が割安とも考えられる。 Windows OS環境とは自動で手間なくオンラインストレージと同期できる Windows PCの場合、OneDriveアプリがインストール済みであれば、OneDriveのことをほとんど意識することなく、そのオンラインストレージに保存したファイルをエクスプローラーで普通に操作できる。 特にWindows 10には、標準でOneDriveアプリがプリインストールされていて、Microsoftアカウントでサインインするだけで、すぐに使い始められる。 設定変更によって別のフォルダも指定できるが、単一のフォルダツリーだけが同期の対象となる。 そのため、同期したいファイルをこのフォルダ以下に集めて保存する必要がある。 OneDriveフォルダに保存されたファイルや書き換えられたファイルは、ほぼリアルタイムで自動的にオンラインストレージとの同期が実行される。 そしてオンラインストレージから同様に連携中のWindows PCも自動的に同期される。 またエクスプローラーでは、右クリックで表示されるコンテキストメニューから共有や公開(詳細は後述)といったOneDrive関連の設定ができる。 OneDriveのオンラインストレージと同期されるフォルダ これはWindows 10の例。 ローカルにある同期対象のファイルを更新すると、通信可能であればすぐにオンラインストレージ上のファイルも同様に更新される。 ファイルの種類に制限は特にない。 同期はバックグラウンドで行われるため、同期対象だからといって特に意識してファイルを操作する必要はない。 エクスプローラーでファイルの作成や上書き、削除などをしたり、アプリケーションで開いたりできるのも通常と変わらない。 ネットワークの帯域が逼迫するような環境ならば、個別のPCで制限をかけるとよい。 OneDriveの同期の設定 Windows 10のOneDriveアプリでは、インジケーター領域の[OneDrive]アイコンをクリックし、開いた画面の右下にある[その他]をクリックするとメニューが表示される。 そこで、[設定]を選択すると、このダイアログが表示される。 ここで、[ネットワーク]タブを開くと、アップロード速度/ダウンロード速度が設定できる。 インターネット接続がオフラインの場合、同期は中断するもののファイル操作は可能だ。 ローカルのOneDriveフォルダにキャッシュされているファイルやフォルダで操作を行い、インターネット接続が復旧すれば自動的に変更内容がオンラインストレージに反映される。 OneDriveフォルダに作業ファイルを集める必要があることを除けば、OneDrive利用前と比べて作業や操作の方法・手順などを大幅に変える必要はないだろう。 Windows 10では「オンデマンド機能」でディスク容量を節約可能 Windows 10のOneDriveでは、ファイルやフォルダごとにオンラインストレージから即座にダウンロードするか、それとも必要なタイミング(オンデマンド)でダウンロードするかの選択が可能だ。 これは「オンデマンド機能」などと呼ばれる。 例えばオンラインストレージに100GBのデータが保存されているとする。 それと同期しているWindows 10のOneDriveフォルダをエクスプローラーで参照すると、全てのファイル/フォルダが同期されているように見える。 しかし実際には、オンデマンドに設定したファイルの実体はダウンロードされておらず、そのファイルをアプリケーションで開いたりした時に初めてダウンロードが実行される。 その結果、100GB全部をダウンロードする必要はなくなり、OneDriveによるディスク消費をもっと少なく抑えられる。 ファイルのアクセス時にダウンロードが始まるため、多少のタイムラグは生じるデメリットはあるものの、頻繁にアクセスするファイルは常時ダウンロードしておくように設定できる。 特にディスク容量の小さいノートPCで重宝する機能といえる。 オンデマンド機能の詳細については、Windows 10 The Latestの「」を参照していただきたい。 スマートフォンではファイルの操作/閲覧/編集ができる iOSやAndroid OSを搭載したスマートフォン/タブレットでは、それぞれのアプリストア(マーケット)からOneDriveアプリを無償でインストールできる。 (App Store)• (Playストア) これらをインストールするとOneDriveのファイル操作(アップロードやダウンロード、削除、移動など)ができる。 写真のプレビューの他、オンラインストレージへの自動的なバックアップも可能だ。 対応するアプリケーションがインストール済みなら、文書ファイルなどの閲覧や編集も可能だ。 総じて使い方は難しくない。 Microsoftは、iOS/Android向けにMicrosoft Word/Excel/PowerPointの各アプリを提供している。 これらを利用するとOneDrive上にあるWord文書やExcelシート、PowerPointプレゼンテーションを編集できる(DropboxやGoogleドライブにも対応しているが)。 これらのアプリは、App StoreやPlayストア上で「Microsoft」で検索すると簡単に見つけられるだろう。

次の