黒埼 ちとせ。 黒埼ちとせが、わからない。

【アイドルマスター】「Driving My Way」(歌:黒埼ちとせ、松永涼、木村夏樹)

黒埼 ちとせ

「白雪千夜。 私が一持っているものの名前です。 私がにできるのは私だけ。 でもここへ来たのは、私の意思ではありません。 戯れでしかない。 でも、それでも良いから来たのです」 概要 7周年を機にが予告された、7人の新のうちの一人。 にてより開催された「 9」の兼報酬として、同じく新のとともに登場。 同時に2人の「Velve」による新曲「」もされた。 ちとせとともに、史上初めて版ではなくを初出とし、かつ史上初めて 初登場時点でがされた。 予告で初めて存在がになった間から賛否のを巻き起こした。 前にい、いを着た物静かな。 の下にはターックのナーを着ており、N・(報酬)の特訓前・特訓後ともに首元を一切見せていない。 の時に何らかの理由で涯孤独の身の上となり、のいる埼へ引き取られた。 以来ちとせを「お嬢さま」と呼び、に仕える従者として絶対的な忠を誓っており、はの高級マンションでと二人暮らしをしながら身の回りの世話をしている。 ちなみに埼の養子には入っておらず、その理由は「がなくなってしまうから」とのこと。 ちとせに対する思いは狂信的なまでに強く、ちとせに仕えることを至上の喜びとし、のあらゆる言葉を絶対視する。 自らを「」「価値のない」などと称するように、自分を底的に低く見ており、ちとせのそばにいること、ちとせをかせることのみが自分の存在意義であると固く信じ込んでいる、になったのも本人の意志ではなく、先にウトされた(させた)ちとせにへの参加を命じられたためである。 一方、ちとせのほうは、冗談めかしてを「()ちゃん」と呼んだりもするが、基本的にはを対等な親友として扱っている。 をにさせたのも、を自分のから解放し、に自分自身の喜びを見つけさせるためである。 なお、浮世離れした設定の持ちではあるが、を着ていることからも分かる通りにに通っている。 ちとせとは同じだが学年が違う(が高2、ちとせは高3)のため校内では基本的に別行動をとっており、ともりに交流を持つなど、一般から全に外れているわけでもないようだ。 ちとせ以外の他人にほとんどを持たず、またになりたくてなったわけでもないため、のことはちとせと自分の関係性に介入する存在としてかなり強い不信感を持っており、Pを「」呼ばわりして 非常に辛辣な態度を取る。 まあもいるわけだが。 もっとも、N特訓後の時点ですでに態度は軟化しており、信頼がえるような発言もするようになるが、それも「自分と共にお嬢さまをかせてくれる存在」としての信頼であり、自分自身へのに対しては頓着なままである。 総じて、今までのの中でも「 Pよりも他のとの関係性に重点が置かれている」という点で非常に異色の存在。 がから離れ、自分自身の喜びを見つけ出す日は来るのだろうか……。 関連動画 関連静画 関連項目• Velve• ・・(7周年新のうち、にてされた3名)• ・・・・・(出身、と同郷) 7周年記念・新(7名) - - - 白雪千夜 - - お仕事エリアのライバル 白雪千夜 脚注• N特訓前親度では「あなた…いえ、くらいでいいか」とめるくだりがある。 「」呼びのとしてが挙げられるが、はどちらかといえば対等な関係をめており、に対しても強くしているという点で的に異なる。

次の

白雪千夜とは (シラユキチヨとは) [単語記事]

黒埼 ちとせ

シンデレラガールズで新アイドル 黒埼ちとせと白雪千夜 にいきなりボイスと楽曲が与えられた件。 やはり批判的な意見もあり、ネットでは想像してた以上に荒れていました。 そこで疑問が、 新キャラのボイス実装がなぜそこまで荒れるのか? シンデレラガールズの魅力を取り除いている 新アイドルにデフォルトで声を付けたことで荒れた理由について、 最初は声がついていないアイドルのプロデューサー ファン が腹いせに怒っているものだと思っていましたが、 こえのおとさんの下記記事を読みながら自分の納得できる理由に落とし込むことができました。 シンデレラガールズは本来灰かぶりであるはずの女の子たちを立派なお姫様にする過程が大きな魅力のコンテンツです。 つまり、 ファン プロデューサー が魔法使いとなってアイドルたちに現実世界でのボイス実装やら楽曲の提供という 魔法をかけるわけです。 ともすれば、はじめからボイスや楽曲の実装を新アイドルに充てる行為は シンデレラガールズという世界観を否定する行為となりかねないのです。 AKBグループで例えると 【炎上】デレステの黒崎ちとせと白雪千夜にいきなり声優と曲が与えられた件について思うこと 俯瞰的な視点でわかりやすかった。 AKBで例えたら新人アイドルがデビューしていきなり主メンバーの中に混じってる感覚か、そりゃ荒れるわ。 今回のVelvet Rose騒動をAKBの仕組みで例えれば、 本人の努力+ファンの買い支えでようやく活躍が出来るような世界にも関わらず、現場経験のない新人がいきなりメインメンバーに混じってテレビ出演を果たすようなものです。 ファンからしてみたら、 いままでの買い支えはなんだったのか?と冷める要因となってしまいます。 一度でも主メンバーになった子ならともかく、これから登っていくぞ!と思っているアイドルとそのファンからしてみれば根底からのルール変更に不満しか出ないでしょう。 2次元と3次元の壁 今回の件で 損をする 怒りを抱える ひとは誰か? 3次元アイドル AKBグループ の場合は運営が極端な行動 選挙結果度外視で新人を主メンバーに入れる をすることで 他のアイドルとその ファンが怒りを覚えます。 外部の一般人からしてみれば、急にデビューした 新人に魅力があれば問題はありません 特に他アイドルからの妬みつらみは新人アイドルだけでなく様々な箇所で悪い影響を及ぼすことは容易に想像できます。 逆に 2次元アイドル デレマス であれば、新キャラがどんなであろうが 他のアイドルから妬みの感情は一切生まれません。 となると、 2次元コンテンツで怒りを覚えるのはファンだけです。 Velvet Rose 黒埼ちとせと白雪千夜 の2人はまっさきに人気を狙いに行ったキャラ設定のため外部の人間から批判されることはありません。 運営としては既存キャラファンの怒りだけを受け流しておけばよいだけとなります。 デレステでの思い切ったボイス実装は 既存アイドルに個の感情がない2次元アイドルの世界だからこそ成り立つやりかたとも言えます。 2次元コンテンツの希望 今回2次元アイドルコンテンツの特徴を利用した運営の強引なやり口に愛想をつかしたひとも多くいるでしょう。 しかし、2次元アイドルだからこそ 時間がかかっても灰かぶりをお姫様にする希望が残されているという事実も再認識しました。 シンデレラガールズはサービス開始から今年で8年目ですが、3次元の時間軸で言えば高校生だった子 15歳 が社会人 23歳 になるような期間です。 リアルアイドルで8年も花が咲かなければほとんどが引退をします。 推し 担当 のアイドルが引退をせずにまだ夢を見続けられるというのはファン プロデューサー としては喜ばしいことかもしれません。 さいごに 今回のやりかたが気にくわないというのであれば一応抵抗する手段も。 デレステでわりと荒れているTLですが運営に対して物申すなら無関心を決め込む事です。 運営的にはログイン率が一番大事なのでイベント期間中ログインしなければ担当者は白目になります。 平均で5%下がったら担当者はゲロ吐きます。 — アオトユウキ DontP あと、ちなみに黒崎ちとせ 山へんの崎 ではなく黒埼ちとせ 土へんの埼 が正しい名称です。

次の

【デレマス】新アイドルのボイス実装が荒れている理由【デレステ】

黒埼 ちとせ

デレマスにおけるボイスの特異性 モバマスは2011年11月にサービスを開始したソーシャルゲームであり、当時は声付きゲームが少なかった。 声優を前面に押し出したソシャゲ『ガールフレンド(仮)』がリリースされたのは2012年10月のことであり、ボイスがないのも致し方のないことだった。 その後、様々なソシャゲが乱立するにつれて、モバマスも声をつけないと太刀打ちできないという状況になり、徐々に声優がつき始めた。 基本的には総選挙上位のアイドルから声が実装されていった。 アイドルに声優をつかせるための課金も加熱していった。 途中から声がつき始めたという理由のため、 現在でも声のないアイドルが多数存在するという歪なゲームになっている。 つまり例外はあるものの、声のあるアイドル、イコール人気のあるアイドルという言い方もできないことはない。 そういうゲームであるから、ぽっと出の新人アイドルにいきなり声と曲を与えるというのは、 破格の優遇措置であり、声なしPが憤るのも一理ある。 しかしながら、今のスマホゲームが乱立している状況にあって、声のないキャラクターを追加したところで、なんの話題にもならないだろうし、売上もそこまで伸びないだろう。 現在デレステはアクティブユーザーも30万人を切り、バンドリやスクフェスにも負けている状況にある。 なにか新しいことをということで、声ありアイドルの投入に至ったのではないか。 例えば誰かだけが運営に優遇されたり、干されたりということはあってはいけない。 しかしながらデレマスでは、声あり声なしという点で大きな格差が存在する。 ただこの 格差がデレマスをここまで人気ゲームに押し上げた要因の一つではないかと思う。 声なしアイドルは言ってしまえば不遇なアイドルだ。 だけどその不遇さは、Pにとっては「自分が支えてやらなきゃこの子はダメなんだ」と言った アンダードッグ効果(判官贔屓)が生まれてくる。 そして、そのアイドルを応援していて、いよいよ声が実装されるとなったときには、その喜びもひとしおだ。 このアイドル格差を利用しているグループが現実にも存在する。 他ならぬAKBグループだ。 総選挙という露骨なまでに順位付けされたランキングを発表され、上位メンバーはテレビなどにも登場できる。 新人アイドルのオタは総選挙ランクインや上位を目指して、CDを買いまくったりSNSで宣伝したりする。 AKBがここまで大きくなったのも総選挙があったからというのを理由の一つとするのは間違いではないと思う。 デレマスは狙ってそうなったわけではないが、結果的にそういう状況になっている。 アイドル格差がさらなる熱狂を生む。 むしろ 声ありからスタートした優遇されている新人アイドルの2人には、あまり熱狂できないのではないかとすら思う。 ちなみに声優の片方は、黒崎ちとせの声優は佐倉薫さんではないかと予想されている。 彼女のTwitterでアイマスの公式アカウントをフォローしていたので、可能性は高いのでは。

次の