エヌ 国 党首。 N国党の立花党首を警視庁が「脅迫」で聴取。緊急会見で辞職否定

ジャーナリストの上杉隆氏がエヌコク党幹事長に就任か!? 10日の党臨時総会後の13日に正式発表へ 怪傑

エヌ 国 党首

6月25日更新 党首あいさつ NHKから国民を守る党(N国党)は、文字通りNHKから国民をお守りする為の党です。 NHKが行っている戸別訪問は、勝手にNHKの電波を各世帯に送りつけて、NHKを見ていなくても集金する送りつけ商法です。 国民が「NHKは見ていないので、受信料は払いたくないです」と言っても、強引な集金行為により被害者が絶えません。 この現状を改善すべく、党としてコールセンターを設置して、NHKの集金に関する苦情を受け付け、一件一件問題を解決しています。 NHKから国民を守る党は、NHK集金人のトラブルを解決するために、集金行為が必要ないNHKのスクランブル放送化の実現を公約として掲げています。 NHKのスクランブル放送化を実現するためには放送法を改正しなければなりません。 放送法改正のためには、国会議員を数多く当選させる必要があり、この目的のため国政選挙にも取り組んでおります。 もし放送法改正により、NHKのスクランブル放送化が実現した曉には、党首立花孝志は、国会議員を辞めます。 NHKのスクランブル放送化は多くの国民が望んでいるにも関わらず、これまで国会内での議論は皆無でした。 国民意志と国家意志との乖離が、NHK問題の解決を遅らせている原因です。 問題解決のため我が党は「直接民主制」の実現も同時に訴えています。 我々はNHKのスクランブル放送化実現をめざすシングルイシュー政党です。 皆さま方のお力を貸してください。 令和元年10月1日 NHKから国民を守る党 党首 立花孝志.

次の

エヌリンクス(6578)の株価はN国党の立花孝志党首の辞職で今後どうなる?株価暴落からチャートは反転となるか… │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

エヌ 国 党首

57 ID:i1ojvLtE0 NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首は8日昼、参院議員を辞職する意向を明らかにした。 国会内で記者団に「辞職する方向で調整しているのは事実」と語った。 立花氏は参院埼玉選挙区補欠選挙(10日告示、27日投開票)への立候補が取り沙汰されており、同党は夕方に候補擁立などについて記者会見を開く。 65 ID:oTIStbS30. 04 ID:tu4ANoBG0. 19 ID:ZLU4p41d0. 29 ID:8SrBofid0. 36 ID:O2TEPS8V0. 03 ID:AkC6wN7B0. 21 ID:AoFSt8Wq0. やっと仕組みが分かった。 でも埼玉って前知事の上田じゃね? 勝てないぞたぶん。 78 ID:iqvTCgvJ0. 64 ID:oFyYnbFL0. 81 ID:ZYMnTHhW0. 12 ID:DY8Jcmfy0. net 自分が辞めりゃN国の奴が繰り上げ当選するから自分が埼玉勝てりゃ議席増やせる。 31 ID:E2tNml3Z0. 24 ID:lLTUhXaU0. 83 ID:SQmFiGps0. 15 ID:tImaxTiD0. 67 ID:0rxb5jAA0. 92 ID:lLTUhXaU0. net こいつに辞めろ辞めろと言ってたんだから、お前らの狙い通り辞めてくれたんだからちょっとは評価してやれよw.

次の

NHKをぶっ壊す!

エヌ 国 党首

高須克弥氏 美容外科、高須クリニックの高須克弥院長(74)が12日、ツイッターを更新。 参院選で初議席を得たNHKから国民を守る党の立花孝志党首(51)に苦言を呈した。 立花氏はタレント、マツコ・デラックス(46)が先月29日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)に生出演した際、同党に対する発言について非難している。 高須院長は「失望しました。 僕には立花さんがNHKくらい暴力的に見えます。 N国の政党助成金も我々の税金です。 払いたくない人の金も混ざってます。 同じ穴の狢」と批判。 「僕は建設を前提とした破壊とイノベーションが好きです。 投票はしませんでしたが心情はN党の支持者でもありました。 マツコさんを罵っている立花さんの動画を見てからマツコさんの考えに傾きつつあります。 残念であります」とつづった。 マツコは番組内でN国党について、「これからじゃないですか? この人たちがこの目的(NHKのスクランブル放送化)のためだけに国政に出られたら、これで税金が払われたら、受信料もそうだけど、そっちの方が迷惑」と複雑な表情。 「一体これからなにをしてくれるのか判断しないと」と警戒感を示した。 また「受信料を払うことに対して真剣に疑問に思っている人はいるだろうけど、なにかふざけて入れている人も相当数いる」と今回の投票結果に危機感を募らせた。

次の